トップPDF symposium hiromori 最近の更新履歴 中部地区英語教育学会 岐阜地区

symposium hiromori 最近の更新履歴  中部地区英語教育学会 岐阜地区

symposium hiromori 最近の更新履歴 中部地区英語教育学会 岐阜地区

JACET 学習 研究会 (2006) 英語教師 学習 ン ッ 東京 : 大修館書店 . 河合靖 (2000) 外国語自律学習 学習者論 海 大学言語文 部紀要 第 38 号 , 55-83 頁 . 廣森友人 (2006) 外国語学習者 動機 け 高 理論 実践 東京 : 多賀出版 .

24 さらに読み込む

project 4a1a 最近の更新履歴  中部地区英語教育学会 岐阜地区 project 4a1a

project 4a1a 最近の更新履歴 中部地区英語教育学会 岐阜地区 project 4a1a

学ぶ質的研究 歯薬出 株式会社 (Richards, L. Thousand Oaks, Sage publications.).[r]

4 さらに読み込む

project 4a2 最近の更新履歴  中部地区英語教育学会 岐阜地区

project 4a2 最近の更新履歴 中部地区英語教育学会 岐阜地区

o   ☑ そのアプローチは適切であるかを考えたか 。  •   質的アプローチ場合 、 そのアプローチ妥当性を述べることが求められる 場合が多い 。  o   時折散見されるは、アプローチ混乱 •   探索的研究でありながら、仮説検証

26 さらに読み込む

seminar urano 最近の更新履歴  中部地区英語教育学会 岐阜地区

seminar urano 最近の更新履歴 中部地区英語教育学会 岐阜地区

• 文献データベース(CiNii, Science Direct, IngentaConnect, ERIC, Google Scholar 等) • 英語教育関連分野(心理学、教育学、言語学等)先行研究や、それらを概観した書籍 2-2. 研究課題絞り込み、関連づけ(先行研究分析) (1) 選定したテーマが、英語教育研究ではどのような切り口で扱われているかを把握する。 該当する関連研究がない場合には、(可能性はとても低いが)その観点がとても斬新で画 期的なものであるか、英語教育研究としてはあまり「面白くない」ものであるかどち らかであることが多い。(よい研究条件1を参照。)
さらに見せる

6 さらに読み込む

paper watari slides 最近の更新履歴  中部地区英語教育学会 岐阜地区 paper watari slides

paper watari slides 最近の更新履歴 中部地区英語教育学会 岐阜地区 paper watari slides

5. 示唆と課題 • 文法教育内容構成理論構築を目的とし て,学習者が受け取る明示的説明質を分析 的に捉える枠組み一つとしてEngeström (1994)を採用し,いくつか文法解説書知 識表象され方と組織され方を検討

31 さらに読み込む

(light) 最近の更新履歴  中部地区英語教育学会 岐阜地区 (light)

(light) 最近の更新履歴 中部地区英語教育学会 岐阜地区 (light)

発表者氏名(所属) 発表題目 ⑥ 藤田 賢 (三重県立神戸高等学校) 「ラウンド制指導法」とそのカスタマイズによる英語授業づくり: 「進学校」における事例報告 ⑦ 小山由紀江 (名古屋工業大学) 工学部学生に適した教材:リーダビリティー指標 Coh­Metrix によるテキスト分析

8 さらに読み込む

CELES 12 Flyer2 最近の更新履歴  中部地区英語教育学会 岐阜地区

CELES 12 Flyer2 最近の更新履歴 中部地区英語教育学会 岐阜地区

コーディネーター: 浦野 研 (北海学園大学) 全体趣旨  本セミナーは、英語教育に関する研究をこれから始めようと する方や、既に研究を行っているものの、課題設定仕方や研 究手法等に自信持てない方を主な対象に、研究を行う上で注 意すべき点や取るべき手段など、特に研究方法に焦点を当てて 提案、議論することを目的とする。また、既に英語教育研究を 数多く行ってこられた方々にもぜひご参加いただき、活発な意 見交換、質疑応答を期待したい。
さらに見せる

4 さらに読み込む

paper watari 最近の更新履歴  中部地区英語教育学会 岐阜地区

paper watari 最近の更新履歴 中部地区英語教育学会 岐阜地区

教育内容 教材 具体 教育内容 構成 教材 選択 配列 元 異 区 柴田 1967: [ 柴田 2010: 18] 。 例 . 現在進行相 教育内容 教材構成 用例 通 『BE 変化形+動詞 ing』 形であり,活動がすでに始まっていて,終わりに向かって進行しているが,まだ終わってはいない

9 さらに読み込む

最近の更新履歴  中部地区英語教育学会 岐阜地区

最近の更新履歴 中部地区英語教育学会 岐阜地区

Effects of a debate task on changes of communication variables 賀 城大学 佐藤臨 郎 良教育大学 In recent years, junior high and high school teachers have been confronted with various difficulties, such as developing learners’ communicative skills and conducting classes completely in English. Many of us would admit that it is very difficult to enhance learners’ communication abilities in an all-English-classroom context because of their limited linguistic resources. Consequently, in some classrooms traditional grammar instruction may be dominated, and in other classrooms English instruction may be scarcely employed. However, some studies showed negative effects of traditional language classroom on learners’ motivation and basic human needs and also suggested positive effects of all English instruction and communicative language classroom on learners’ communication variables. Although these studies gave us insights into motivation research in classroom, the number of studies and research contexts are still restricted. Therefore, the purpose of this study is to investigate how communication variables (i.e., willingness to communicate (WTC), communication apprehension (CA), and perceived communication competence (PCC)) of Japanese university learners would vary in seven-week debate activities. This study is unique in that even though WTC is considered to have both trait (relatively fixed) and state (relatively dynamic) aspects, few studies have been conducted to examine the development of communication variables in a short-span communicative task. Seventy learners participated in the study and were asked to complete a questionnaire before and after the debate task. As a result of a paired sample t-test, it was revealed that WTC and CA did not significantly change, but PCC showed a dramatic increase with a moderate effect size. It is inferred from these results that (a) if learners gained their experiences of actually speaking and using English, they were able to foster the level of PCC, (b) the increase in PCC did not lead to the development of WTC probably because of a limited period, and (c) the difficulties of the debate activity and the debate topic must be taken into account. Two presenters, each of whom has a different view toward task activities, will have heated discussion on the results, followed by much more heated discussion with the audience.
さらに見せる

51 さらに読み込む

paper imai 最近の更新履歴  中部地区英語教育学会 岐阜地区

paper imai 最近の更新履歴 中部地区英語教育学会 岐阜地区

Sciences 池上嘉彦( 2011 ) 「言語 研究お もしろさ」 in 大津 由紀雄編『こ とばワーク ショップ :言語を発 見する』 (開拓社言語文化選書 26 )東京:開拓社 今井隆夫( 2010 ) 『イメージで捉える感覚英文法』 (開拓社言語文化選書 20 )東京:開拓社

4 さらに読み込む

project 1 最近の更新履歴  中部地区英語教育学会 岐阜地区

project 1 最近の更新履歴 中部地区英語教育学会 岐阜地区

http://www.urano-ken.com/research/project/ 趣旨 英語教育研究分野においても、近年研究質向上に関する様々な取り組みが行われてい る。英語教育研究法をテーマにした書籍が出版され、多く学会で研究法に焦点を当てたセ ミナー、ワークショップ、研究会などが開催されている。中部地区英語教育学会でも 2005 年度より英語教育研究法セミナーを実施しており、毎年多く参加者を集めている。 研究法へ関心高まりは、この分野発展ためにも好ましいことと言える。しかしな がら、このような関心高まりは必ずしも研究そのもの質が向上したことを示しているわ けではない。そこで本プロジェクトでは、中部地区英語教育学会においてこれまでに研究が どのような形で行われてきたかを明らかにし、それを研究法点から議論することによっ て、より良い研究あり方や、今まであまり採られてこなかったが今後参考にしたい研究法 を提案することを目標とする。
さらに見せる

2 さらに読み込む

project 2 最近の更新履歴  中部地区英語教育学会 岐阜地区

project 2 最近の更新履歴 中部地区英語教育学会 岐阜地区

A practical guide. Chichester, West Sussex: Wiley-Blackwell. • 松川禮子(1991)「『これから英語教育学はいかにあるべきか』本学会における研究レビューと展 望」『中部地区英語教育学会』20: 159-163. • Seliger, H. W., & Shohamy, E. (1989). Second language research methods. Oxford: Oxford

26 さらに読み込む

九州 Script 最近の更新履歴  九州地区高等学校英語ディベート大会

九州 Script 最近の更新履歴 九州地区高等学校英語ディベート大会

的にチーム定位置席にて起立してスピーチする。やむを得ない事情ある場合を除き,スピーチ 中はずっと起立しておく(質疑応答質問者も含む)。ただし本選決勝戦や準決勝戦や,特殊な形 状教室が会場となっている場合には,運営委員やジャッジ指示などに従って(前演壇などで) スピーチを行うこととする。

6 さらに読み込む

qshu rule J 2011 最近の更新履歴  九州地区高等学校英語ディベート大会 qshu rule J 2011

qshu rule J 2011 最近の更新履歴 九州地区高等学校英語ディベート大会 qshu rule J 2011

⑪ 肯定 総括 Affirmative Summary 2 分 ⑫ 否定 総括 Negative Summary 2 分 計 38 分 17. 各会場に2名係員をおく。1名がタイムキーパーを務め,もう1名がチェアパーソンとして各試合で 的確な指示をし,円滑に進行するようにする。チェアパーソンと審査委員は,スピーチがあまりに小さ い声で行われている場合やスピーチ中に私語をしている観客がいる場合などは,教育的な観点から 必要最低限試合指揮を行うことができる。静寂性確保が問題となり,あるチームがスピーチを妨 害された形になる場合には,チェアパーソンはスピーチ時間計測を一時中断,場合によっては多少延 長指示をし,スピーチを妨害されたチーム側に損がでないよう,できるだけ公平に試合進行を行う。 ただし,スピーチが早すぎるを注意された場合や質疑進行に問題がある場合などは,自己責任と みなして時間計測上便宜を図る必要はない。会場係員はスピーチ中に議論内容にまで直接踏み 込んで発言や質問することや,試合終了前準備時間などに個々論点へ反論・疑問などを呈示 することはできない。
さらに見せる

12 さらに読み込む

qshu rule E 2011 最近の更新履歴  九州地区高等学校英語ディベート大会 qshu rule E 2011

qshu rule E 2011 最近の更新履歴 九州地区高等学校英語ディベート大会 qshu rule E 2011

2. The debate topic will be chosen by 九州地区高等学校英語教育研究会 , The Kyushu Regional Federation of English Education Research. 3. All schools will compete in the preliminary round, after which the top four schools will advance to the final tournament. The remaining four teams will compete against one another for first, second, third, and fourth place, respectively.

13 さらに読み込む

岐阜県庁110513 最近の更新履歴  長良川おんぱく forプレス

岐阜県庁110513 最近の更新履歴 長良川おんぱく forプレス

( 社) 日本旅行業協会中部支部岐阜地区委員会、( 財) 岐阜市にぎわいまち公社、ぎふまちづくりセンター、 川原町まちづくり会、 井口まちづくり会、 伊奈波界隈まちつくり会、 N PO 法人ぎふN PO センター、 N PO 法人O RG AN 、 岐阜市、岐阜教育委員会 ◆ 鶴田浩一郎氏プロフィール◆

2 さらに読み込む

JASELE Seminar 最近の更新履歴  東北英語教育学会:The Tohoku English Language Education Society (TELES)

JASELE Seminar 最近の更新履歴 東北英語教育学会:The Tohoku English Language Education Society (TELES)

会 場 内田洋行 新川本社 ユビキタス協創広場 CANVAS 2F
   東京都中央区新川2-4-7
   東京メトロ 日比谷線「八丁堀駅」A4出口より徒歩4分 参 加 JASELE ウェブ受付 http://www.jasele.jp/seminar/ ※定員130名になりしだい受付終了(参加無料) 主 催 全国英語教育学会

3 さらに読み込む

岐阜県庁PR110617 最近の更新履歴  長良川おんぱく forプレス

岐阜県庁PR110617 最近の更新履歴 長良川おんぱく forプレス

岐阜県“ 明日宝もの” に認定された「川原町界隈(岐阜公園周辺地域) 」観光活用を推進し、 川原町界隈を中心とした長良川ブランドを構築するため、本年 10 月 1 ケ月間に“ 岐阜ならでは” 体験交流型観光プログラム約 50 本を行う「長良川おんぱく(長良川温泉泊覧会) 」開催を予定し ております。

3 さらに読み込む

Show all 10000 documents...