トップPDF sd2012 03 hack4j 04 最近の更新履歴 Hack For Japan sd2012 03 hack4j 04

sd2012 03 hack4j 04 最近の更新履歴  Hack For Japan sd2012 03 hack4j 04

sd2012 03 hack4j 04 最近の更新履歴 Hack For Japan sd2012 03 hack4j 04

148 - Software Design Hack For Miyagi紹介  Hack For Miyagiはこれまで連載で紹介されて きたHack For Japan宮城県で活動となります。 他開催地同様アイデアソン/ハッカソンを行う 運営をしていますが、これに加えて「被災地と直接 つながっている」という立地上利点を活かすべく、 震災復興団体とIT技術者がお互いに意見を出し合 うミーティングを定期開催することになりました。  復興活動ではハッカソンように実際に新しくも をつくることが求められることもありますが、 「その問題点はEvernoteを使えば解決するので
さらに見せる

4 さらに読み込む

sd2013 07 hack4j 19 最近の更新履歴  Hack For Japan sd2013 07 hack4j 19

sd2013 07 hack4j 19 最近の更新履歴 Hack For Japan sd2013 07 hack4j 19

という話をすると…… 関:Hack For Japanwikiを作って、みんなにもっ とHackathonをやってもらうようにしようという はやりたいです。もっとコミュニティ力を生かせ る組織にするべきだと思ってるんですよ。  スタッフが企画してというではなく、やりたい ことをHack For Japan名前を使ってできる、ブ ランドやみんなリソース、知恵を使ってやりたい ことができるというようなものに、被災地コミュ ニティが生まれるような手助けをしたいと思ってい ます。あとは先ほど言ったCode for Japan。
さらに見せる

4 さらに読み込む

sd2013 06 hack4j 18 最近の更新履歴  Hack For Japan sd2013 06 hack4j 18

sd2013 06 hack4j 18 最近の更新履歴 Hack For Japan sd2013 06 hack4j 18

岩切:佐伯さん復興イベントカレンダー 注8 もいい ですね。 佐伯:復興イベントカレンダーを作った理由は、自 分が東京で何ができるかという思いがあった と、イベント日付が手軽に作れるしくみを作って おくと減災に役立てることができるかと思って、コ ンパクトに作れるしくみを運用してみようと考えま した。これが形になれば被災地で使える可能性もあ ると思ってやっています。あとは、ちょこちょこと ネタを落としていくとコミュニティ活性化につな がるかなという気がしてやっています。
さらに見せる

4 さらに読み込む

sd2013 08 hack4j 20 最近の更新履歴  Hack For Japan sd2013 08 hack4j 20

sd2013 08 hack4j 20 最近の更新履歴 Hack For Japan sd2013 08 hack4j 20

グローバルアワード結果  日本からは、1位Personal CosmosとCloudless Spotがグローバルアワードに進みました。5つある グローバルアワード特別賞は逃したものの、 Personal Cosmosは「Best Use of Hardware」部門、 Cloudless Spotsは「Galactic Impact」部門でそれぞ れ「Honorable Mentions(佳作)」として選出されまし た。この「Honorable Mentions」に選ばれたはグ ローバルアワードに参加した134プロジェクト中 29プロジェクトのみで、かなり高い評価だったと 言えるでしょう。昨年は日本から選出された2チー ムはグローバルアワードでは選外でしたので、今年 はかなり東京地域は成長したではないかと思って います。
さらに見せる

4 さらに読み込む

sd2013 05 hack4j 17 最近の更新履歴  Hack For Japan sd2013 05 hack4j 17

sd2013 05 hack4j 17 最近の更新履歴 Hack For Japan sd2013 05 hack4j 17

オープンデータと International Open Data Day  International Open Data Day 注1 とは、産官学一体 となってオープンデータ政策を盛り上げ、普及させ ていくためイベントです。政府、地方自治体、公 共機関などが、それぞれが持つデータ公開を進め ているなか、それにかかわる政策や活動促進を、 市民や企業側から支えることを目的としていま す。今回イベントは「2013年2月23日」という日 付で、世界34ヵ国、100都市以上で開催され、日本 では「Open Knowledge Foundation Japan(OKFJ)」 が運営中心となり、青森、会津若松、千葉、東 京、横浜、名古屋、鯖江、福岡8都市会場で大 いに盛り上がりました。
さらに見せる

4 さらに読み込む

sd2012 07 hack4j 07 最近の更新履歴  Hack For Japan sd2012 07 hack4j 07

sd2012 07 hack4j 07 最近の更新履歴 Hack For Japan sd2012 07 hack4j 07

 今回2日間だけでも多く成果が生まれました が、これらほとんどプロジェクトがソースコー ドをGitHub上に公開し、誰もがアクセスできるこ とも重要だと思います。オープンテクノロジを使っ てソリューションを開発し、世界にその成果を公開 する。今回イベント目的はアワードそのもので はなく、そのムーブメントに参加することです。さ まざまな人々が集まり、楽しい雰囲気中課題設定 を共有し、それについて意見を自由に交換し、短 い期間に集中してソリューションを作り上げる。 ハッカソンが持つ力は、多様な人々アイデア組 み合わせと、短期間でアウトプットを引き出す部 分にあります。
さらに見せる

4 さらに読み込む

sd2011 11 hack4j 01 最近の更新履歴  Hack For Japan sd2011 11 hack4j 01

sd2011 11 hack4j 01 最近の更新履歴 Hack For Japan sd2011 11 hack4j 01

 その後7月には23日にアイデアソン、1週おいた 30日にハッカソンを仙台、会津、東京に加えて、 岩手遠野でも開催しました。遠野会場のみ23日 と24日と連続でアイデアソンとハッカソンを行い、 沿岸部にボランティア活動に出かける皆さん中継 基地的な役割を担っている「遠野まごころネット」 協力で、実際にボランティア活動を行っている皆さ んと同じ場所にスタッフも宿泊して開催しました。  避難所から仮設住宅へと移る中で、コミュニティ 形成と情報へアクセス問題解決を目指し て、仮設住宅ネットカフェプロジェクトなどが スタートしています。
さらに見せる

4 さらに読み込む

sd2011 12 hack4j 02 最近の更新履歴  Hack For Japan sd2011 12 hack4j 02

sd2011 12 hack4j 02 最近の更新履歴 Hack For Japan sd2011 12 hack4j 02

 そして、10月中旬には仮設ネットカフェをテーマ にしてHack For Iwate Vol.2が開催されました。 ネットカフェを作ることが現実的になってきた今、 その場所をどのように利用、運用すれば被災地人 たち役に立つものになるだろうかということを2 日間かけて皆で考えたということです(15名以上 参加者があったそうです)。近々、本当にネットカ フェが生まれることになるだろうと思います。Hack For Iwate Vol.1で生まれた1つアイデアが、こ うやって形になっていくことはとても嬉しいことだ と思います。
さらに見せる

4 さらに読み込む

sd2013 01 hack4j 13 最近の更新履歴  Hack For Japan sd2013 01 hack4j 13

sd2013 01 hack4j 13 最近の更新履歴 Hack For Japan sd2013 01 hack4j 13

して」みたいな感じになっちゃって。動いたあとに 意味を説明しましたが、ちょっとプッシュしすぎた かなという反省があるんですよね。 佐々木 ▶ ソフトウェア開発では時間制約を守ること が非常に重要なので、逆に言うとそれで良かったん じゃないかと思うんですよね。最後に発表できる状 態までにするが最優先。そのあと落ち着いてコー ドを見て、自分ものにする。とにかく限られた時 間中で、ぎりぎりところで超えさせるという が重要だったかなと思います。そこが今回はよく できたなぁと思うところですね。
さらに見せる

4 さらに読み込む

sd2013 02 hack4j 14 最近の更新履歴  Hack For Japan sd2013 02 hack4j 14

sd2013 02 hack4j 14 最近の更新履歴 Hack For Japan sd2013 02 hack4j 14

「エフスタ!!」とは  エフスタ!!誕生経緯や由来について、代表をつ とめる大久保仁 注4 さんに伺いました。もともとIT が好きな大久保さんは、“楽しみを持つ人はそうで ない人に比べて20倍も幸せを感じる”という説を知 り、ITを楽しんで仕事ができるよう自身が勤めてい る会社を変えたい、夢と希望を持った技術者を育て たい、そのために教育に力を注ぎたいと考えたそう です。しかし、会社しくみを中から変えるには時 間がかかってしまうという思いから、その活動に加 注4) URL http://el.jibun.atmarkit.co.jp/jin/
さらに見せる

4 さらに読み込む

sd2012 05 hack4j 06 最近の更新履歴  Hack For Japan sd2012 05 hack4j 06

sd2012 05 hack4j 06 最近の更新履歴 Hack For Japan sd2012 05 hack4j 06

 講師にはオープンストリートマップ・ファウン デーションジャパン副理事長古橋 大地さん、そ してHack For Japanスタッフ関 治之さんとい うOpenStreetMap界で活躍している2人を迎え、 午前中はOpenStreetMap説明後に実際にGPS ロガーを持って計測を行いながら釜石お店を歩い て回り、午後に集めてきたデータを入力する、とい う構成で行われました。

4 さらに読み込む

sd2013 04 hack4j 16 最近の更新履歴  Hack For Japan sd2013 04 hack4j 16

sd2013 04 hack4j 16 最近の更新履歴 Hack For Japan sd2013 04 hack4j 16

うやって出していくかなどを進めています。 OpenDataへ取り組み状況  昨年3月から政府全体でOpenDataに取り組むこ とになりました。個人情報問題もあるのでできる ところからという状況です。また、公共データWG 中で経産省持っているデータを試行的に出して みて、これを政府全体話に持って行くため試行 的取り組みもしております。昨年12月には電子行 政OpenData実務者会議を設置し、2013年度以降ど ように進めていくかロードマップを作成中です。  ほかにもOpen Data METI 注7 サイトを設置して、
さらに見せる

4 さらに読み込む

sd2012 12 hack4j 12 最近の更新履歴  Hack For Japan sd2012 12 hack4j 12

sd2012 12 hack4j 12 最近の更新履歴 Hack For Japan sd2012 12 hack4j 12

注7) 災害など危機的状況を地図上にマッピングする活動こと。 た。釜石、大槌を中心に回りましたが、根浜海岸 旅館、宝来館では、自身も津波にさらわれかけた経 験を持つ女将さん話をうかがいました。宝来館が ある集落では津波により64軒が破壊され17人が亡 くなったですが、ほとんどはハザードマップ ボーダーラインより上、昭和8年津波が来な かった位置に住んでおり、そこまで津波はこないと 思っていたために逃げ遅れて亡くなったそうです。  女将さん言葉で、「外国方によくこう言われ る。『三陸人は愚かだ。何度も津波で大きな被害 にあっているのに、どうして同じところに住む か』と。私たちは自然から逃げるではなく、共生 して生きている。その共生している場所がふるさ と。こういう生き方しかできない。でも命さえあれ ば、日本は何度でも再生させてくれる。再生するた めに支援してくれる。日本とはそういう国だ。だか ら、何があっても乗り越えて行く姿を私たちは見せ たい」という趣旨発言があり、ゲスト方々はと ても真剣に聞いてくれていました。
さらに見せる

4 さらに読み込む

sd2013 03 hack4j 15 最近の更新履歴  Hack For Japan sd2013 03 hack4j 15

sd2013 03 hack4j 15 最近の更新履歴 Hack For Japan sd2013 03 hack4j 15

 対象ドメインに対するスペシャリストやクリエイ ターを緩くつなげられるコミュニティビルディング という意味でも、ハッカソンとFacebookグループ 組み合わせは有効であると考えています。  一方、半日ではできることが限られてしまってい るため、正直なところアウトプットとしてはあまり たいしたレベルにはなりません。チームとしても ハッカソンが終わったら解散してしまうがほとん どであるため、ハッカソンで発見したコンセプトを どう育て、サービス化までつなげるかという部分は 依然として課題になっています。何か良いアイデア をお持ち方は、ぜひ筆者までご連絡いただれば幸 いです。
さらに見せる

4 さらに読み込む

sd2012 01 hack4j 03 最近の更新履歴  Hack For Japan sd2012 01 hack4j 03

sd2012 01 hack4j 03 最近の更新履歴 Hack For Japan sd2012 01 hack4j 03

googlewave.com/w+nMqw8yksD/~/conv+root/b+PUIM5OIbC 自動停止させるなどです。  寝る間も惜しんで開発し、最初バージョンを3 月19日に公開しました。この版はGoogleマップ上 に現在地を表示し、メニュー呼び出しにより原発と 距離が表示されるもので、アプリケーション名 前は『距離@福島原発』としました(図2)。  公開してすぐに、被災地で役立ちそうな情報を提 供することも重要だと考えて、災害・原発事故や食 料・飲料水配給所など各種情報へリンクを追 加しました。とくに、多くボランティアによって
さらに見せる

4 さらに読み込む

sd2012 04 hack4j 05 最近の更新履歴  Hack For Japan sd2012 04 hack4j 05

sd2012 04 hack4j 05 最近の更新履歴 Hack For Japan sd2012 04 hack4j 05

 福島県内だけでなく仙台、東京ほかさまざまな地 域から約40名方に参加いただき、風評被害も含 めた放射線問題、雇用問題などについてディス カッションが行われました。放射線問題では「正 しい数値を知りたい」という強い思いから、自分た ちでガイガーカウンタを作成し、Androidデバイス と連携ができるようなものにしていくというプロ ジェクト芽がこのときに出始めていました。そし て、このミーティング最後では「会津でもハッカ ソンを行う」という合意を確認しました。
さらに見せる

4 さらに読み込む

sd2012 09 hack4j 09 最近の更新履歴  Hack For Japan sd2012 09 hack4j 09

sd2012 09 hack4j 09 最近の更新履歴 Hack For Japan sd2012 09 hack4j 09

「地理情報」プロジェクト  嘉山陽一さんらによるこのグループは、被災者が 各種制度を利用する際、地理情報によって利便性を 高めることを目的とした発表を行ってくださいまし た。支援制度は複雑な申請フローに加えてたくさん 申請書類が発生しますが、それら書類をどこで入 手したらよいかをいちいち探し出す手間が、申請者 にとって負担になっているではないか?といった仮 定でアイデアをブラッシュアップしています。  被災地域では津波や原発問題により、居住区が元 場所とは異なっている被災者方も多く、また申 請書類を入手するために訪れる役所も1ヵ所ですむ とは限りません。あちこち探し回る負担を減らすた めに、アプリケーション上で制度を選択すると手続 きしたい人現在位置情報をもとに、申請に必要 な書類とその書類を取得できる役所などが表示さ れ、それをToDoリストにでき、地図とも連係する というサービスアイデアが提案されました。さら には手続きを相談できる近隣税理士や司法書士リスト、その事務所へ地図などとも連携する ことで、支援制度を利用する負担を大幅に軽減でき ると考えられたものです。
さらに見せる

4 さらに読み込む

sd2012 08 hack4j 08 最近の更新履歴  Hack For Japan sd2012 08 hack4j 08

sd2012 08 hack4j 08 最近の更新履歴 Hack For Japan sd2012 08 hack4j 08

多様なだけでなく、対象となる支援先定義も多種 多様であるため、利用に際した判断が非常に難し く、支援制度自体も被災状況が明らかになるにつ れ、その内容に変更が加わったりもしたそうです。  たとえば、支援制度1つに津波で流された家と 家境界としてコンクリート基礎部分を対象と していたものがあったが、その支援制度ができた当 初は家基礎部分は線引き判断対象には含まれ ていなかったなど、支援制度も運用実態中で変 わることもあれば、必要な手続きや中身が簡略化さ れたり、定められた期限が変わったりすることもま まあるようです。
さらに見せる

4 さらに読み込む

sd2012 11 hack4j 11 最近の更新履歴  Hack For Japan sd2012 11 hack4j 11

sd2012 11 hack4j 11 最近の更新履歴 Hack For Japan sd2012 11 hack4j 11

 Startup Weekendは起業を目指してビジネスモデ ルを競い合うもので、日本でも東京などで週末を利 用して行われているものです。今回は「地域住民が 抱えるさまざまな問題について、ITを駆使して解決 し、新たなビジネスモデルを構築する」ことを目標 として、グループ単位で競い合いました。  もう1つIT Bootcamp(本稿ではBootcampと 略します)ほうにHack For Japanとしてはおも にかかわりましたので、こちらを少し詳しく紹介 します。
さらに見せる

4 さらに読み込む

sd2012 10 hack4j 10 最近の更新履歴  Hack For Japan sd2012 10 hack4j 10

sd2012 10 hack4j 10 最近の更新履歴 Hack For Japan sd2012 10 hack4j 10

オープンデータ活用 ハッカソン  本ハッカソンは、「オープンデータ活用アイディア ソン ∼ハッカーと起こす社会イノベーション」とい うタイトルで開催された3日間にわたるワークショッ プ で、Hack For Japan 協 力 も と 国 際 大 学 GLOCOMが主催しました。1日目(6月9日)がアイデ アソン、2日目、3日目(6月30日、7月1日)がハッカ ソンという形式で、オープンデータを活用したアプ リケーションを開発することを目的としています。  アイデアソン参加者は40名ほど。ハッカソン 注2) テクノロジ(T)、エンターテイメント(E)、デザイン(D)に関
さらに見せる

4 さらに読み込む

Show all 10000 documents...