トップPDF dSPACE Magazin Autosar 2009 2 ja

dSPACE Magazin Autosar 2009 2 ja

dSPACE Magazin Autosar 2009 2 ja

AUTOSAR 規格をベースにして、このイ ンターフェースが定義されました。基本ソ フトウエアと標準ソフトウエアアーキテク チャも、確立された標準コアがベースにな り、選択された AUTOSAR ソフトウエア サ ー ビ ス によって 補 完 さ れ ました。 この最初の手順により、この ECU が従来 の方法で開発された ECU とネットワーク 互換であることが保証されました。このよ うに、 AUTOSAR テクノロジを段階的に 導入することができます。 2

4 さらに読み込む

dSPACE Magazine RTIAUTOSAR 2009 3 ja

dSPACE Magazine RTIAUTOSAR 2009 3 ja

AUTOSAR Package は、 AUTOSAR ソフトウエアのコンポーネントおよびコンポジ ションを MATLAB ® /Simulink ® 環境に容易に統合し、 dSPACE リアルタイムハード ウエア上で実行できます。. 強力なパッケージ[r]

2 さらに読み込む

dSPACE Magazin 2009 2 autosar scenarios en

dSPACE Magazin 2009 2 autosar scenarios en

Example: Body ECU To introduce the standard, the car- maker Daimler AG systematically di- vided the software architecture into an application part and a basic soft- ware part, which communicate with one another via a defined interface. The AUTOSAR standard was the basis for defining this interface. The basic software and the standard soft- ware architecture were also based on an established standard core and were supplemented by selected AUTOSAR software services. This initial procedure ensured that the ECU was network-com patible with ECUs developed by the classic method. This allows AUTOSAR technology to be introduced step by step. 2
さらに見せる

4 さらに読み込む

dSPACE Magazin 2009 2 autosar scenarios de

dSPACE Magazin 2009 2 autosar scenarios de

Datenaustausch Die Stärken von AUTOSAR zeigen sich unter anderem im Datenaus- tausch zwischen Fahrzeugherstellern und Zulieferern. Es ist möglich, Projektvereinbarungen zu treffen, die auf einem Standard basieren. Eine Erkenntnis aus dem ersten AUTOSAR-Serienprojekt der Daimler AG: „Die Voraussetzung für einen prozesssicheren und breiteren Ein- satz der modellbasierten Entwick- lung ist somit eine einheitliche liefe- rantenübergreifende Softwarearchi- tektur und eine standardisierte Beschreibung der Metadaten.“ 2

4 さらに読み込む

LuaTeX-jaパッケージ

LuaTeX-jaパッケージ

1 \newcommand\test{\vrule ダイナミックダイクマ \vrule\\} 2 \jfont\KMFW = KozMinPr6N-Regular:jfm=prop;-kern at 17pt 3 \jfont\KMFK = KozMinPr6N-Regular:jfm=prop at 17pt % kern is activated 4 \jfont\KMPW = KozMinPr6N-Regular:jfm=prop;script=dflt;+pwid;-kern at 17pt 5 \jfont\KMPK = KozMinPr6N-Regular:jfm=prop;script=dflt;+pwid;+kern at 17pt 6 \begin{multicols}{2}

83 さらに読み込む

LuaTeX-jaパッケージ

LuaTeX-jaパッケージ

\fontfamily{ ⟨ family ⟩ } 元々の LaTEX 2 𝜀 におけるものと同様に,このコマンドは現在のフォントファミリ(欧文,和文, もしくは両方)を ⟨ family ⟩ に変更する.詳細は 10.3 節を参照すること. \DeclareAlternateKanjiFont{ ⟨ base-encoding ⟩ }{ ⟨ base-family ⟩ }{ ⟨ base-series ⟩ }{ ⟨ base-shape ⟩ } { ⟨ alt-encoding ⟩ }{ ⟨ alt-family ⟩ }{ ⟨ alt-series ⟩ }{ ⟨ alt-shape ⟩ }{ ⟨ range ⟩ }

104 さらに読み込む

help_ja

help_ja

この手法では、interviewScribeの他に Soundflowerという仮想AudioDeviceを使用し ます。Soundflowerは、 cycling74.com にて配布されているフリーの仮想AudioDeviceで す。Soundflowerをインストールすると、入出力AudioDeviceとして認識されるので、 interviewScribeの出力とシステム音声入力の入力にSoundflower(2ch)を割り付ければ、 外部に音を出すことなくMac内で接続させることが出来ます。また、Soundflowerのユー ティリティソフト、SoundflowerbedによりSoundflowerに入力された音声を他の出力機 器にも出力させることが出来るので、ヘッドフォン等にて再生音を確認しながら作業を進め ることが出来ます。Soundflowerに関する情報はWebにて「Soundflower」で検索すれ ば、多くの情報を得ることが出来ます。
さらに見せる

20 さらに読み込む

(2/24) AV OA 288 / ferrite_mn-zn_material_characteristics_ja.fm

(2/24) AV OA 288 / ferrite_mn-zn_material_characteristics_ja.fm

本製品をご使用の前に必ずお読み下さい。 本仕様書に記載の製品は、一般電子機器(AV 機器、OA 機器、通信機器、家電機器、アミューズメント機器、コンピュータ機器、パー ソナル機器、事務機器、計測機器、産業用ロボット)に汎用標準的な用途で使用され、また、当該一般電子機器が、通常の操作、使用 方法で用いられることを意図しております。 高度な安全性や信頼性が必要とされ、または[r]

24 さらに読み込む

mvd_nas_2.0.5_release_notes_v1_ja.doc

mvd_nas_2.0.5_release_notes_v1_ja.doc

以前のバージョンからのアップデート情報 以前のバージョン 1.1.2 と比較した、MVD Powered NAS 本バージョンのアップデート情報は以下のとおりで す。 1. 複数のストレージプールをサポートしました。以前のバージョンでは使用可能なデバイスは、すべて一 つのストレージプールに”shares” という決まったストレージプール名から付けられていました。これに 対し本バージョンでは、複数のストレージプールにそれぞれ異なる名前を付けて扱うことができ、各ス トレージプールに対して任意のデバイスを割り振ることができます。これらの機能は、システムメニュ ーのストレージタブ中からストレージプールの作成、ディスクの追加といった作業を行うことにより使 います。新たにシェアを作成する際には、どのストレージプールに追加するかを選択する必要がありま す。
さらに見せる

14 さらに読み込む

WUP-FELJ_ja

WUP-FELJ_ja

※ 「2 PLAYERS」を選んで、2人プレイを行う場合は、コント ローラーが2つ必要です。 ※ Wii U GamePadは、1台しか登録できません。 ※ Wiiリモコンの代わりに、Wiiリモコンプラスも使用できます。

19 さらに読み込む

ja_distinctives

ja_distinctives

第九章 第九章 第九章 第九章 聖霊 聖霊 聖霊 聖霊によって によって によって始 によって 始 始 始まった まった まった まった 「何事かを自分のしたことと考える資格が私たち自身にあるというのではありません。私たちの資 格は神からのものです。神は私たちに、新しい契約に仕える者となる資格を下さいました。文字に 仕える者ではなく、御霊に仕える者です。[r]

85 さらに読み込む

Microsoft Word - ECALSDS06_Vr2_8_080305_ja.doc

Microsoft Word - ECALSDS06_Vr2_8_080305_ja.doc

表 6.2 - プロパティ XJG021 が取りうる値の例 Property code Property Name Property Value.EN Property Value.JA Value Meaning.EN Value Meaning.JP XJG021 機能種別 Fast Page ファーストページ FP(fast page)DRAM ファーストページ XJG021 機能種別 EDO EDO EDO(Extended Data

30 さらに読み込む

-Pamphlet-ja _list

-Pamphlet-ja _list

対応フォーマット ※フォーマットの対応依頼は随時受付中 Protel, Allegro, OrCAD Capture, OrCAD PCBⅡ, WireList, CSiEDA5, EAGLE(PCB), EAGLE(SCH), MENTOR, Expedition PCB, PADS PowerPCB(v2-3), PADS PowerPCB(v4-5), WorkView, CADVANCE V, CADVANCE αⅢ, CADSTAR, CR-2000, CR-3000, CR-5000(BD), CR-5000PWS(CCF),CR-5000PWS(ECF), CR-8000(CCF), CR-8000(NDF), CADLUS, Calay, ComputerVision, DesignSpark, DK-Magic, DK-∑, D2 CAD, ECA, DEDIF 200, KiCad(Legacy), Intergraph, MM-2, MM-Colmo, MM-ColmoNEO, P-CAD(ASCII), P-CAD(ALT), P-CAD(NLT), P-CAD(WRL), SCICARDS, TANGO, Telesis, VISULA
さらに見せる

6 さらに読み込む

WUP-FEPJ_ja

WUP-FEPJ_ja

11 権利表 記など 重要 本品は著作権により保護されています。ソフトウェアや説明 書の無断複製や無断配布は法律で厳重に禁じられています。 違反は罰せられますのでご注意ください。なお、この警告は 著作権法上認められている私的使用を目的とする行為を制限 するものではありません。 本品は日本仕様のWii U本体でのみ使用可能です。法律で認 められている場合を除き、商業的使用[r]

15 さらに読み込む

FIDOTokyo-gomi final-ja

FIDOTokyo-gomi final-ja

FIDO 認証とID連携 ユーザー FIDO 認証 FIDO サーバー RP / IdP ( アイデンティティプロバイダー ) アサーション 発⾏ アイデンティティ サービス 連携RP ( サービスプロバイダー ) ID 連携(フェデレーション) FIDO クライアント 認証器 認証アサーション シンプルで堅牢な認証 シームレスで安全なサービス 認証 コンテキスト FI[r]

25 さらに読み込む

IMC_31.ja.indd

IMC_31.ja.indd

1. FINDER を起動します。 2. アプリケーション /imc_xx/bin にある imc.command をダブルクリックします。 • するとターミナルウィンドウと IMC の起動画面が表示されます。ここでターミナルウィンドウにメッセージが表 示される場合があります。これらのメッセージはトラブルの原因を究明するために使用されます。

13 さらに読み込む

TEF021-S _ja

TEF021-S _ja

TA_TFIFO,TA_TPRI では、タスクがメモリ獲得のためにメモリプールの待ち行列に並ぶ際の並び方を指定すること ができる。属性が TA_TFIFO であればタスクの待ち行列は FIFO となり、属性が TA_TPRI であればタスクの待ち行列 はタスクの優先度順となる。 TA_RNGn では、メモリのアクセスを制限する保護レベルを指定する。指定された保護レベルと同じかより高い保護 レベルで実行しているタスクからのみアクセス可能である。低いレベルで実行しているタスクがアクセスすると CPU の保護違反の例外が発生する。例えば、TA_RNG1 を指定して作成したメモリプールから獲得したメモリは、TA_RNG0,1 で動作しているタスクからはアクセス可能だが、TA_RNG2,3 で動作しているタスクからはアクセスできない。 作成されるメモリプールは、共有空間上の常駐メモリとなる。タスク固有空間上にメモリプールを作成する機能 はない。
さらに見せる

325 さらに読み込む

LuaTeX-jaの近況

LuaTeX-jaの近況

目次 ■ luatexja-adjust の新機能:行送り決定 TEX の行送り決定方法 luatexja-adjust の新機能 実行例 ■和文フォントの指定 読み込む和文フォントは減らしたい luatexja-fontspec パッケージ luatexja-preset パッケージ フォントの存在判定 ■ LuaTEX-ja 20180825.0 で直したバグ 数式[r]

40 さらに読み込む

R0915_ja.book

R0915_ja.book

携帯電話機の比吸収率(SAR)について この機種 Nokia 6630 の携帯電話機は、国が定めた 電波の人体吸収に関する技術基準に適合しています。 この技術基準は、人体頭部のそばで使用する携帯電 話機などの無線機器から送出される電波が人間の健 康に影響を及ぼさないよう、科学的根拠に基づいて 定められたものであり、人体側頭部に吸収される電 波の平均エネルギー量を表す比吸収率(SAR: Specific Absorption Rate)について、これが 2W/kg ※の許容値を超えないこととしています。こ の許容値は、使用者の年齢や身体の大きさに関係な く十分な安全率を含んでおり、世界保健機関 (WHO)と協力関係にある国際非電離放射線防護委
さらに見せる

120 さらに読み込む

Microsoft Word - gtoss_e-Learning_system_operating_manual_ja_ver1.2.docx

Microsoft Word - gtoss_e-Learning_system_operating_manual_ja_ver1.2.docx

・受講回数(チャプター毎) ・最新の受講回数(チャプター毎) (2) CSV ダウンロード(P.11 の ④ ボタンに該当) 「CSV ダウンロード」のボタンをクリックすると、受講者別に、以下の内容が記載されたデータがダウンロ ードできます。

15 さらに読み込む

Show all 10000 documents...

関連した話題