トップPDF Depreciation and Impairment 豊泉研の研究活動 toyo_classes

Depreciation and Impairment 豊泉研の研究活動  toyo_classes

Depreciation and Impairment 豊泉研の研究活動 toyo_classes

1 Introduction Allocating the cost of an asset over time via a method of depreciation and the recogni- tion of future impairment losses are closely related for a simple reason: an impairment loss occurs if the carrying amount (cost of aquisition less accumulated depreciation) of an asset exceeds a specific reference value. However, there is no need for an impair- ment, if a large amount of the original cost has already been allocated, that means the book value of the asset is sufficiently low. This relationship can lead to a tradeoff if (1) depreciation is necessary in order to match an asset’s accounting and economic value and (2) impairment is used as a channel to convey information about the asset’s perfor- mance during its useful life. Condition (1) is typical for the “measurement perspective” on accounting: ex ante determined depreciation helps to approximate economic value. Condition (2) can be seen as representative for the “information content perspective”: impairment charges convey information about ex post performance 1 . In this sense, our
さらに見せる

22 さらに読み込む

optimal impairment rule 豊泉研の研究活動  toyo_classes

optimal impairment rule 豊泉研の研究活動 toyo_classes

Other papers examine the role of conservatism in accounting systems for investment settings with different decisions. Gigler et al. (2009) consider debt-financed investment in a two-period setting, in which the accounting system reports information that is useful for deciding on whether or not to abandon the project. They find that conservatism in the accounting report decreases the efficiency of debt contracting because it increases the cost of falsely liquidating the asset (type I error), and this cost is larger than the gain from the reduction in the type II error. Caskey and Hughes (2008) extend the analysis of Gigler et al. (2009) by introducing stochastic abandonment and continuation values and by allowing for different post-contract decisions by the manager. They find that impairment accounting can improve the debt contract in that it avoids inefficient project selection. Li (2009) considers renegotiation of debt covenants and finds that conservative accounting is welfare-enhancing if the cost of renegotiation is low. Smith (2007) uses a setting with staged investments and abandonment to examine the conservatism of accounting systems. In his model, a firm undertakes a first investment project and must sell it to investors. A more conservative accounting system makes the sale potentially more attractive to investors, but also increases the opportunity cost of abandoning the project. He finds that conservative accounting is preferable if the second-stage investment is more important; otherwise, aggressive accounting is preferable. In our paper we do not consider potential abandonment of the investment project.
さらに見せる

15 さらに読み込む

中間発表用ppt 豊泉研の研究活動  toyo_classes

中間発表用ppt 豊泉研の研究活動 toyo_classes

減減減減減減減減減減減 減減減減減減減減減減減減減減減減 減減減減減減減減減減減減.[r]

7 さらに読み込む

【論文】中間発表ppt 豊泉研の研究活動  toyo_classes

【論文】中間発表ppt 豊泉研の研究活動 toyo_classes

• 財財財財財財 (information of continuous disclosure).. 財財財財財財財財財財財財財財財財財財財財財財財財財財財財財財財財財 財財財財財[r]

16 さらに読み込む

研究系および研究施設の現状 分子研リポート2000 | 分子科学研究所

研究系および研究施設の現状 分子研リポート2000 | 分子科学研究所

b) 我々がこれまでに見出してきた水中で混合状態に関する重要な結論ひとつであるが、 「水中で、 アルコール やカルボン酸など水素結合性溶質分子は自己会合を優先させ、 クラスターユニットで存在する 『Micro Phase』 を 形成している」 という概念は、 これまで常識とは大きく異なるが、 熱力学や理論的研究からも次第に受け入れられ つつある。 これは、 溶媒として水がその水素結合ネットワークをできるだけ壊さないように、 即ち、 水素結合切 断によるエネルギー損失を最小限に抑えるためには、 溶質を水中にばらまくではなく、 限られた空間に閉じこ めることによって水クラスター占める領域を最大にする必要があるためであると解釈される。 何でも 「 M i cro Phase」 を形成するわけではなく、 「Micro Phase」 生成は、 水溶媒に特有な現象であるはずである。 このことを確証す るために、 水代わりに同じ極性溶媒であるが、 水素結合性が弱いアセトニトリル系で、 酢酸がどのように溶解する かを調べた。 その結果、 アセトニトリル中では、 1) 酢酸と水が 1 : 1会合体を作っているか、 2) 酢酸分子はアセトニ トリルと全く会合体を形成しないで、 むしろ自由分子として存在しているかどちらかであり、 温度が高くなるほ ど後者が増えてゆくことが明らかになった。 また、 酢酸濃度を少し高くしても、 酢酸会合は起こりにくいことか ら、 双極子モーメントを持たない環状2量体はアセトニトリル中でも安定化されないと理解され、 このことに関 しては水中と同様であることが解った。 今回結果は、 「Micro Phase」 形成、 即ち、 水素結合性溶質自己会合ク ラスター形成が水環境に特有ものであることを示している。
さらに見せる

151 さらに読み込む

研究系および研究施設の現状 分子研リポート1999 | 分子科学研究所

研究系および研究施設の現状 分子研リポート1999 | 分子科学研究所

トル測定などから明らかになった。 d) 集積型金属錯体合成・構造・機能: (1)亜鉛イオンと,二つ bidentate な金属配位部位をもつ含窒素芳香族配 位子から,四角型亜鉛四核錯体が定量的に生成した。この錯体は,自然分晶しており,一つ結晶内には一方 光学活性体のみが含まれていた。これは,亜鉛複核錯体として亜鉛上キラリティーと亜鉛間相対的立体配 置が完全にコントロールされた最初例である。 キラリティーを有する金属イオンとアキラルな配位子から直接 光学活性な化合物を創出することは困難と考えられていたが,今回結果により,合成法に関する非常に重要な 知見が得られた。不斉場を提供する化合物として,今後その機能化を図る予定である。 (2)銀イオンと,三つ bidentateな金属配位部位をもつ含窒素芳香族配位子から, 1 0 個銀イオンと 1 0 個配位子から成る 20-gonを単位 ユ ニ ッ ト と す る ヘ キ サ ゴ ナ ル な 3 次 元 ポ リ マ ー 錯 体 が 得 ら れ た 。 し か も こ ネ ッ ト ワ ー ク 二 つ が お 互 い に interpenetratingしている珍しい構造をとっていることがX線結晶解析から明らかになった。 それぞれネットワー クにはらせん構造も含まれており,お互いに鏡像体関係(全体ではラセミ体)になっている。これは,編み目 状ポリマーが interpenetrating している非常に稀な例であり,どのような性質をもっているか興味が持たれる。 e) 金属錯体を用いた抗H I V活性化合物開発:これまでに,種々大環状ポリアミン亜鉛錯体が抗エイズ活性をも つことを見出し, 活性構造相関を検討してきた。 その結果, 単核亜鉛錯体 S electivity Index は 1 0 程度であるが, これを芳香族化合物をスペーサーとする二量体にすることにより, 数万オーダーまで上昇することがわかった。 メカニズムについては,C X C R 4 アンタゴニストであることが生化学的な実験より明らかになった。
さらに見せる

150 さらに読み込む

研究系および研究施設の現状 分子研リポート2001 | 分子科学研究所

研究系および研究施設の現状 分子研リポート2001 | 分子科学研究所

文献 3 では, 1 9 8 1 年 1 月から 1 9 9 7 年 6 月まで 1 6 年半間に, IS I 社が厳選した雑誌 (原則的に英文誌で, 数は約 6,400, そのう ち自然科学分野では約 3,600) に発表された, 853,323件 「日本論文」 のう ち, 文献種別が article, note, proceedings である, 737,039件論文を調査対象と している (lettersが考慮からはずれているは, その重要性を考える と問題である。 lettersにだけ 投稿して, 本論文を出さない場合も多いからである。 また, proceedingsは Proceedings of National Academy of Sciences USAとい う 雑誌を除いて, 多 く 場合オ リ ジナル論文ではな く , 国際会議会議録が掲載されるので, articleやlettersに比べて重要性が落 ちる と と も に, ほと んど引用されないこ とが多い。 む しろ, 考慮からはずすべきかも しれない。 これらは, 文献 3 よ う な調査今後 検討課題と言え よ う ) 。 そ して, 文献 3 では, これら論文所属機関を大学 ・ 企業 ・ その他 3 つセク タ ーに分類 した。 こ こで, 「大 学セク ター」 は 4 年制大学, 大学院大学, 大学共同利用機関, 短期大学, 高等専門学校, 高等学校な どの教育機関を含む (特に, 5 3 2 大学と 1 7 大学共同利用機関が含まれている) 。 また, 「その他セク ター」 は, 基本的に旧文部省以外官公セク ターであ り , 国公立試験研究機関, 特殊法人 ・ 財団法人研究所や大学付属病院以外病院, その他公的団体等が含まれる 。 文献 3 では, 特に大学セク ター論文589,472件調査結果を中心に紹介 している。 と ころで, 対象と している期間が 1 9 9 7 年まででは, 少 し古 いのではないかと思う 人があるかも知れない。 しか し, 論文が発表されてから引用され出すまで, 普通数年時差があるので, こ 期間はむしろ適切である と言える。
さらに見せる

164 さらに読み込む

研究系および研究施設の現状 分子研リポート1998 | 分子科学研究所

研究系および研究施設の現状 分子研リポート1998 | 分子科学研究所

d) D C NQI-M 塩(M:金属)は,金属や置換基を変化させる事により様々な状態を取る。このような多様性は,分子 僅かな違いを反映していると考えらるが,理論的な研究としてはモデルを仮定し,そのパラメータを実験から 決め,物性を探るというトップダウン的なアプローチを取る場合が多い。これに対し,我々は,最近ハード的に もソフト的にも非常に強力になった,量子化学計算を用いて,それをベースにモデルを構築し,その物性研究を 行い実験と比較するというボトムアップ的アプローチをこころみた。D C NQI 分子中性,アニオン両方モノ マーを ab initio HF /D Z P レベルで行い実験データーと比較して, よい一致を見た。 さらにダイマー電子状態を計 算し, トランスファー積分を評価した。 サイト間トランスファー積分を計算するため, テトラマー ab initio HF 計算で得られた電子軌道を D C NQI 分子に局在化させ,L UMO 軌道のみを考慮した,テトラマー,オクタマーモ デル有効ハミルトニアンを構築し,それを厳密対角化して基底状態を求めたところ,サイト一つごとに電子が 反強磁性にならぶ signlet 状態である事がわかり,実験と一致する結果を得た。同様な計算を B E D T − T T F 塩につ いても行っている。
さらに見せる

149 さらに読み込む

研究系および研究施設の現状 分子研リポート2002 | 分子科学研究所

研究系および研究施設の現状 分子研リポート2002 | 分子科学研究所

A -3) 研究活動概略と主な成果 a) 蛋白質は自然界に存在する最も複雑な分子である。 よって, その立体構造を予測することは (その生化学的機能と 関係上, 極めて重要であるにもかかわらず) 至難業である。 特に, 理論的に第一原理から (エネルギー関数を最小化 することにより) 立体構造を予測することは不可能と広く信じられている。 それは, 溶媒効果を取り入れるが困 難であるばかりでなく, 系にエネルギー関数極小状態が無数に存在するため, シミュレーションがそれらに留まっ てしまって, 世界最速スーパーコンピューターをもってしても, 最小エネルギー状態に到達するが絶望的であ るからである。 我々はシミュレーションがエネルギー極小状態に留まらない強力な計算手法を, 蛋白質立体構造 予測問題に適用することを提唱してきた。 具体的には, 徐冷法 ( si mul ated anneal i ng ) 及び拡張アンサンブル法 (generalized-ensemble algorithm) を導入し, これら手法が小ペプチド系において従来方法よりはるかに有効であ ることを示してきた。 拡張アンサンブル法では, 非ボルツマン的な重み因子に基づいて, ポテンシャルエネルギー空 間上酔歩を実現することによって, エネルギー極小状態に留まるを避ける。 この手法最大特徴は唯一回 シミュレーション結果から, 最小エネルギー状態ばかりでなく, 物理量任意温度におけるアンサンブル平均 を求めることができることである。 拡張アンサンブル法代表的な例がマルチカノニカル法 ( multicanonical algorithm) と焼き戻し法 (simulated tempering) であるが, これら二手法ではその重み因子を決定することが自明ではない。 こ 問題を克服するため, 我々は新たに T sal l i s 統計に基づく拡張アンサンブル法を開発したり, レプリカ交換法 (replica-exchange method) 分子動力学法版を導入したりしてきた。 特に, レプリカ交換法はその適用が簡便である ため, 幅広い問題に適用される可能性がある。 更には, 正確な溶媒効果をエネルギー関数に取り入れていくことも 大切であるが, 距離に依存した誘電率で表すもの (レベル1) や溶質溶媒へ露出表面積に比例する項 (レベル2) を試すとともに, 厳密な溶媒効果 (レベル3) として, R ISMやSPT など液体統計力学に基づくものや水分子を陽 にシミュレーションに取り入れること等を検討してきた。
さらに見せる

154 さらに読み込む

2 農研機構研究報告次世代作物開発研究センター第 1 号 (2017) Development and Evaluation of the Core Collection of Japanese Wheat Varieties Hisayo KOJIMA, Masaya FUJITA, Hitosh

2 農研機構研究報告次世代作物開発研究センター第 1 号 (2017) Development and Evaluation of the Core Collection of Japanese Wheat Varieties Hisayo KOJIMA, Masaya FUJITA, Hitosh

え、計 96 品種とした。選定にあたって、在来品種 および 1955 年以前育成品種については、当時 農林省ジーンバンクに当たる関東東山農業試 験場(埼玉県鴻巣市)麦育種材料研究室がとり まとめた「麦類品種一覧」に掲載されている主要 品種別作付面積変遷をもとに、各地域をカバー するように作付面積多い品種を年代別に選定し た。また、1956 年以降育成品種およびその系譜 上親は、福永・稲垣(1985)が作成した日本 コムギ育成系譜図をカバーできるように近縁度や系 譜出現頻度等を考慮して、最終的に 96 品種に絞
さらに見せる

14 さらに読み込む

地球研要覧2016_日本語 | Part 3 研究プロジェクト・予備研究の紹介 予備研究(FS)

地球研要覧2016_日本語 | Part 3 研究プロジェクト・予備研究の紹介 予備研究(FS)

地球上熱帯雨林多くが、不十分な管理もとで今なお劣化・ 減少し続けています。残存する熱帯雨林を単に保護するだけでなく、 持続させるために、そこから価値が生み出せることを実証していくこ とが重要になります。その実現には、熱帯雨林存在によって影響 を受ける地域住民理解や協力、主体的な参加が不可欠ですが、 これまでは熱帯雨林から得られる長期的な利益を地域側が十分認識 できずにきたため、彼ら積極的な参加が得られてきませんでした。 森林伐採などで得られる金銭的利益は、短期的な経済効果は大 きいものの、環境を劣化あるいは破壊し、収奪的かつ非持続的な ものとなります。一方で、非金銭的利益は、可視化しにくく、短期 的な効果は小さいものの、文化継承や人々教育水準向上、 生態系サービス長期的な享受など、さまざまな形で波及的な効果 を生み出し、長期的には地域により大きな利益を生み出すことが考 えられます。
さらに見せる

11 さらに読み込む

55:709 Alzheimer * l proton magnetic resonance spectroscopy (1H-MRS), N-acetylaspartate (NAA), amnestic mild cognitive impairment (amci)

55:709 Alzheimer * l proton magnetic resonance spectroscopy (1H-MRS), N-acetylaspartate (NAA), amnestic mild cognitive impairment (amci)

MRI および 1H-MRS MRI と 1H-MRS はいずれも初診時点において施行した.と もに,標準的頭部用コイルを用いて,1.5 テスラ装置(Signa Horizon LX, General Electric Medical Systems, Milwaukee, Wisconsin, USA)にて施行した.解剖用 MRI は FLAIR 像(TR 4 秒,TE 0.124 秒,IR 2 秒)にて撮影した.Fig. 1 に示すよう に,1H-MRS 測定関心領域(voxels of interest; VOI)は両側 海馬と後部帯状回に設定した.後部帯状回 VOI は傍正中部 に設定し,半球間裂を中心に左右 10 mm とした.海馬 VOI を設定するために,まずは T 2 強調像(TR 4 秒 /TE 0.107 秒) で矢状断像を撮影し,次に海馬長軸に直交するように3 mm 間隔で冠状断像を撮影した.この直交する冠状断に沿って, 扁桃核直後から 20 mm 後方に及ぶ直方体を海馬 VOI と した.VOI 容積は左右海馬で約 3 ml,後部帯状回で約 5 ml とした.
さらに見せる

7 さらに読み込む

壁報論文格式 newdocx 最新協作平台活動  2016年臺灣的東南亞區域研究年度研討會

壁報論文格式 newdocx 最新協作平台活動 2016年臺灣的東南亞區域研究年度研討會

一、中文字請用「新細明體」,英文請用「Times New Roman」。 二、正文最上方統一使用主標題「2016 年臺灣的東南亞區域研究年度討會」 字眼。字體設為「粗體」,並以「標楷體」為準,字型大小設為 136pt。 其底下放置副標題「轉型政治下的東南亞:共創以民為本的新議程 」,以「標 楷體」為準,字型大小設為 120pt。

1 さらに読み込む

研究系および研究施設の現状 分子研リポート2003 | 分子科学研究所

研究系および研究施設の現状 分子研リポート2003 | 分子科学研究所

~ 10 5 個) 必要であり, TB が 1000 K以上粒子でなければ, スピン緩和により情報が消失してしまうからである。 スーパーク ラス タ ーを合成する という 方針から, 遷移金属原子イ オ ン と 2 つ直交 したπ 電子系を持つ最小分子系 ( C ≡C 2– ) を交互に (NaC l型に) 集積 した金属アセチリ ド ・ イ オン結晶をナノ粒子と して光や熱によ って合成する こ と に成功 した。 この合 成がこれまで成功しなかったは, 原料と なる カーバイ ド化合物純度が通常極めて悪いこ と とその空気中で急激な反 応性によ る もの と思われる。 (特願2004-026797) Mn, F e, C o, およ びNiアセチリ ド結晶が全て, 強磁性物質である こ と を実 証した。 また, これらが 10 nm程度大き さ になる と室温磁石と して振る舞い, 保持力が 250 Oe程度とそこそこ性能を示 すこ と も明らかと なった。 この内, MnC2及び F eC2は水や酸素に対して反応性が高いが, C oC2及び NiC2は空気中でも安定 であ り , 水によ る洗浄が可能であった。 高分解能電子顕微鏡及び粒子中央部電子エネルギー損失分光スペク ト ル観 測, そ して赤外吸収スペク ト ル, E X A F S解析から, 配列に乱れを伴う 数ナノ メ ー ト ル以下結晶では構造が立方晶形に近 く , 10 K 以下転移点を示した。 これに対して, これよ り 大き く 成長した結晶では, 構造がMgC2 と同様正方晶形と な り 金属 原子間距離が長 く なる と同時に異方性が大き く な り 転移温度は一気に室温を超えた。 これら化合物, 特にC oC2及びNiC2 はイ オン結晶性と共有結合性を同時に有しているためその安定性が高 く なった と考え られるが, その伝導性に も興味が高 ま っている。
さらに見せる

163 さらに読み込む

研究系及び研究施設の概要 分子研リポート2006 | 分子科学研究所

研究系及び研究施設の概要 分子研リポート2006 | 分子科学研究所

研究目的 触媒機能発現機構解明と理解上に立った新しい機能を発現する新触媒創成および生体分 子が示す特徴を活用した反応制御,エネルギー変換,情報伝達系など新たな設計指針確立 を目指す 研究課題 1, 両親媒性レジン坦持ナノパラジウム触媒創成:設計・調整および水中触媒作用 2, 光励起電子移動を利用した触媒反応開発

7 さらに読み込む

研究系および研究施設の現状 分子研リポート2005 | 分子科学研究所

研究系および研究施設の現状 分子研リポート2005 | 分子科学研究所

d) ヘキサベンゾコロネン (HB C ) ナノチューブは, 1 3 個ベンゼン環が融合したグラフェン構造をもつHB C 分子に種々 化学修飾を施した誘導体を基本ユニットとしている。 その基本ユニットが溶液中で自己組織化によりナノメー トルサイズ直径をもつチューブ状ポリマーとして成長する。 HB C ナノチューブでは, カーボンナノチューブとは 異なり, 個々HB C グラフェン面がチューブ円周方向に沿ってらせん状に積層している。 このためグラフェン 面がチューブ中心軸方向を向いているカーボンナノチューブとは基本的に異なるπ 電子共役系を構成しており, 新規機能性ポリマーナノチューブ開拓観点から興味深い。 東大工 ・ E R A T O-S OR S T 相田グループによりヨウ素 など化学酸化によるキャリアドーピングを行い高い電気伝導性を示すHB C ナノチューブが開発された。 我々は, このπ 電子共役系をもつHB C ナノチューブ電子状態を, E S R やNMR といった磁気共鳴測定法を用いて調べてい る。 中性でHB C ナノチューブでは不純物に起因すると思われる極弱いE S R 信号が観測されるだけであるが, ヨウ 素をドープすると大きなE SR 信号が観測される。 強度やE SR 線幅は時間とともに増加し, 約一ヶ月で飽和する。 これ ら結果から観測しているE S R 信号は, ヨウ素ドープによるキャリアに起因すると考えられる。 飽和状態で無配 向試料に対するE SR 線幅は約8 Gaussとヘテロ原子を含まない系としては非常に広く, 遍歴性を示唆している。 実際 E S R 線幅は温度低下とともに減少しており, E lliot 機構つまり伝導電子フォノンによる緩和が支配的と考えられ る。 ただし E S R 信号強度から見積もったスピン磁化率温度依存性は, 室温ではフラットであるが低温では C urie- W eiss的に増大し, キャリアが低温では局在していることを意味している。 C urie定数から見積もったキャリア濃度 は 8% 程度でかなりドーピングが進んでいる。 さらに, キャリアドープに伴う g 値や線幅解析を行い, 電子状態 解析を行っている。
さらに見せる

185 さらに読み込む

研究系及び研究施設の概要 分子研リポート2005 | 分子科学研究所

研究系及び研究施設の概要 分子研リポート2005 | 分子科学研究所

研究目的 触媒機能発現機構解明と理解上に立った新しい機能を発現する新触媒創成および生体分子 が示す特徴を活用した反応制御, エネルギー変換, 情報伝達系など新たな設計指針確立を目 指す 研究課題 1, 両親媒性レジン坦持ナノパラジウム触媒創成:設計・調整および水中触媒作用 2, 光励起電子移動を利用した触媒反応開発

7 さらに読み込む

研究系および研究施設の現状 分子研リポート2006 | 分子科学研究所

研究系および研究施設の現状 分子研リポート2006 | 分子科学研究所

b) 高輝度光発生に関する研究 c) 非線形光学波長変換に関する研究 A -3) 研究活動概略と主な成果 a) 発振スペクトル高純度化と高効率化観点より,1 9 9 0年には Nd:Y V O4 優位性を見出しマイクロチップ構造と する事を提案した。さらに,1 9 9 3年に Y b:Y A G,1 9 9 7年にはセラミック Y A G へと展開を図り,当該分野を創出, 牽引してきた。ここで,Y b: Y A G は原子量子効率が 91% と非常に高いものレーザー下準位が基底準位群内に属 する準四準位系であるため長らくレーザーには適さないとされてきた。1 9 9 4年には Y b: Y A G モデルを提案,高 効率発振ため条件を明らかにしスロープ効率 75% 高効率動作と単一縦モード発振を最初に実証した。並行 して,日本固有技術であるセラミック固体レーザー可能性を検討し,単結晶では不可能であった高濃度添加 Nd:Y A G セラミック高効率発振,非線形波長変換による緑色光発生を初めて実証した。驚くべき事に,一般に用 いられる N d: Y A G ですら,その基礎となるパラメータやモデルに問題が残っていた。そこで新たに光学特性評価 法とその過程で見い出した直接励起法有用性を提案, 室温にて効率 80% と従来量子限界をも超える高効率レー ザー発振に,Nd:Y A G,Nd:Y V O4,Nd:G dV O4 などを用いて成功した。さらに高出力化際に重要な光学材料熱 伝導率高精度測定法も開発し, Y V O4 熱伝導率が Y A G を上回る事を発見した。ところで, レーザー光コヒー レンスを損なわずに任意波長に変換する手法として非線形光学波長変換がある。特に,材料透明波長領域にお いて任意に位相整合可能な擬似位相整合(Q P M)法に関して注目が集っている。しかしながら,Q P M 材料として 有名な L iNbO3 (L N) は光損傷閾値が低く寸法にも制約が有った為, 問題となっていた。また, MgO 添加 L N (MgL N) は光損傷耐性が高いものの Q P M 構造作製は困難とされていた。そこで分極反転法基礎に立ち返った検討を行 い,2 0 0 0年にはその場観察法を,2 0 0 2年には QPM 作製法を確立した。これにより高効率で多機能な波長変換が 可能となった。
さらに見せる

157 さらに読み込む

2017年度自由記述 FD・SD活動  教育・研究・社会連携Education, research and social engagement|金沢大学国際基幹教育院

2017年度自由記述 FD・SD活動 教育・研究・社会連携Education, research and social engagement|金沢大学国際基幹教育院

平成29年度 授業アンケート(自由記述)分類結果 授業期間中に随時届いた意見や要望は前期 619 件,後期 90 件,授業後に実施したアンケ ートに付された意見や要望は前期 579 件,後期 249 件でした。上記表とグラフはその内 容を主な項目に分類したものです(1 件自由記述が複数項目に関わる場合もあるため, 件数と回答数は異なります) 。

3 さらに読み込む

研究系及び研究施設の概要 分子研リポート2004 | 分子科学研究所

研究系及び研究施設の概要 分子研リポート2004 | 分子科学研究所

分子制御レーザー開発研究センター 研究目的 分子科学今後発展ために, 分子科学研究手段としてふさわしい, 新しいレーザーシステ ムを開発し,光分子科学における新しい分野開拓を目指す。 研究課題 1, 放射光に完全同期した紫外レーザーシステム開発とその分子科学研究応用 2, 赤外パルスレーザーシステム開発とその分子科学研究応用
さらに見せる

7 さらに読み込む

Show all 10000 documents...