Top PDF 1407【音声研究会】pdf 最近の更新履歴 Ryo Masumura: Web

1407【音声研究会】pdf 最近の更新履歴  Ryo Masumura: Web

1407【音声研究会】pdf 最近の更新履歴 Ryo Masumura: Web

リスコ リング 適用 技術 詳細... 観測語 生成.[r]

37 Read more

1012【音声言語シンポジウム】pdf 最近の更新履歴  Ryo Masumura: Web

1012【音声言語シンポジウム】pdf 最近の更新履歴 Ryo Masumura: Web

Web 検索ヒット数 用い スムヸジング 評価 0.3 0.35 0.4 0.45 0.5. Collection Global Collection+Global Smoothing method[r]

21 Read more

1307【SLP研究会】pdf 最近の更新履歴  Ryo Masumura: Web

1307【SLP研究会】pdf 最近の更新履歴 Ryo Masumura: Web

従来 ㅋ - gㅯaㅪモデル 比較実験 検証 ⇒ 言語モデル学習データ 異なるタスク(Out-Of-Domain) 検証 ⇒ 言語モデル学習データ 同一タスク (In-Domain) 検証 対象タスク 対 高い音声認識性能 期待

35 Read more

1508【音声研究会】pdf 最近の更新履歴  Ryo Masumura: Web

1508【音声研究会】pdf 最近の更新履歴 Ryo Masumura: Web

Recurrent Neural Network LM Latent Words LM.. 識別モデルベヸス 生成モデルベヸス.[r]

30 Read more

LM masumura 最近の更新履歴  Ryo Masumura: Web

LM masumura 最近の更新履歴 Ryo Masumura: Web

国際会議 INTERSPEECH2015 報告. 言語モデルヷ音声言語理解[r]

18 Read more

マイボイス音声研究pdf 最近の更新履歴  川原繁人の論文倉庫3

マイボイス音声研究pdf 最近の更新履歴 川原繁人の論文倉庫3

Beckman (1988) Japanese Tone Structure. MIT Press, Cambridge.[r]

9 Read more

音声研究192_ 川原先生1pdf 最近の更新履歴  川原繁人の論文倉庫3

音声研究192_ 川原先生1pdf 最近の更新履歴 川原繁人の論文倉庫3

The C/D Model as a Theory of the Phonetics-Phonology Interface 1) Shigeto K awahara * 音韻・音声インターフェースとC/Dモデル SUMMARY: The C/D model is a theory of the phonology-phonetics interface. This paper presents my personal under-

7 Read more

錬成大会pdf 最近の更新履歴  GKF

錬成大会pdf 最近の更新履歴 GKF

吉本弥可 崎市立第一中学校 中島風花 カ アカ ー 飯 音 尚武館 周藤芽衣 群馬空手道研究所 菊地凌之輔 前橋工業 等学校 小泉俊輔 前橋工業 等学校 小倉良輝 群馬空手道研究所 大塚圭 崎商科大学附属 等学校 周藤里緒 崎商科大学附属 等学校 田実季 技徳掛園道場 本島里桜 前橋工業 等学校 竹之内環 大泉剛柔 小林 大泉剛柔 森 智道 昭和塾 谷春彦 修武館 塚越尚 俊剛館

1 Read more

最近の更新履歴  関西イタリア学研究会

最近の更新履歴 関西イタリア学研究会

A questo scopo, è dal luglio 2014 che si tiene ogni mese un incontro di studio: il tema può essere di varia natura. Chiunque fosse interessato a partecipare sarà benvenuto[r]

1 Read more

大序pdf 最近の更新履歴  日本語教育と映画研究

大序pdf 最近の更新履歴 日本語教育と映画研究

第一部は、タルコフスキー論を集めた。筆者が最初にタルコフスキーを自ら 論文主題としたは、 『ノスタルジア』を論じた卒業特別研究論文にまで遡 る。その成果を踏まえ、修士論文では遺作『サクリファイス』を扱った。そ れ以降も、タルコフスキーについて研究を続け、いくつか学会で発表し、 論文を発表してきた。本書第一部を成すは、それら論考である。書かれた 時期には差があるが、昔書いたものも、全体バランスを考え、大幅な加筆修 正上、組み入れることにした。第一部各章元となっている論文主な初 出を以下に挙げる。
Show more

6 Read more

年度更新pdf 最近の更新履歴  図書館ナノ

年度更新pdf 最近の更新履歴 図書館ナノ

○Excelや三四郎など表計算ソフトで作成しCSV形式で保存する。(ワークシート書式設定を 「文字列」にしてデータを作成します) ○上学年から順に空行を入れずに作成。(最終学年後に教職員名簿を続けて入力) ○ (注1) 利用者コード  「児童」、「生徒」、「教員」などをコード番号(五桁-00XXX)で設定。

5 Read more

ishii 最近の更新履歴  文字研究会

ishii 最近の更新履歴 文字研究会

changes occur, updating the normative constraints defined herein as necessary and incrementing the minor version number of EPUB 3 (e.g., publishing an EPUB 3.0.n).[r]

16 Read more

ohishi 最近の更新履歴  文字研究会

ohishi 最近の更新履歴 文字研究会

連続約物の処理 (letter-spacing: -0.5em; Adobe Digital Editionsでの表示). 連続約物の処理 (letter-spacing: -0.5em; iBooksで稀にある表示不具合).[r]

26 Read more

決定論の理論的証明過程pdf 最近の更新履歴  京都大学哲学研究会

決定論の理論的証明過程pdf 最近の更新履歴 京都大学哲学研究会

このように、 「独自原理で動くものが、経験的にふたつ存在し、それが矛盾である」という問題定式化 をし、それを解決しようということは問題意識としてデカルト、スピノザ、ライプニッツあたりで共有されて いる。 「独自原理で動く」ものは、実体という名で呼ばれる。このとき、 「実体は自然のみであって実体は唯 一である」と言えば唯物論となり、人間はただその一部に過ぎず、ただ自然全体法則に従うだけものだと いうことになる。このような主張をしたがスピノザであり、デカルトとライプニッツは、実体は複数存在し うる、という主張をする。
Show more

5 Read more

最近の更新履歴  関西イタリア学研究会

最近の更新履歴 関西イタリア学研究会

Benché l’interpretazione proposta da Christianus Gryphius (1710), che riconosce le vi- cende di Elisabetta Stuart e Federico V del Palatinato nel romanzo Eromena (1624), sia ampia- me[r]

1 Read more

研究発表プログラム(150807更新)pdf 最近の更新履歴  雪氷研究大会(2015・松本)

研究発表プログラム(150807更新)pdf 最近の更新履歴 雪氷研究大会(2015・松本)

○ 大廣智則(ネクスコ・エンジニアリング北海道) ,高倉清(ネクスコ・メンテナンス北海道) ,田中映(東日 本高速道路) A4- 6 凍結防止剤事後散布後路面すべり推定法構築(2) −通過車両による凍結防止剤飛散定量的評価− ○ 藤本明宏(土木研究所寒地土木研究所) ,田中俊輔(土木研究所寒地土木研究所) ,佐藤賢治(土木研究所寒 地土木研究所) ,徳永ロベルト(土木研究所寒地土木研究所) ,高橋尚人(土木研究所寒地土木研究所) ,石田 樹(土木研究所寒地土木研究所) ,武市靖(北海学園大学)
Show more

25 Read more

最近の更新履歴  関西イタリア学研究会

最近の更新履歴 関西イタリア学研究会

Ci occupiamo della promozione e dello sviluppo degli studi d'italianistica nella regione di Kansai. Chiunque fosse interessato a partecipare sarà benvenuto[r]

1 Read more

最近の更新履歴  関西イタリア学研究会

最近の更新履歴 関西イタリア学研究会

L’opera significativa di Giordano dimostra non solo la profondità della sua conoscenza della maniera rubensiana e della tradizione pittorica fiamminga, ma anche il suo intento [r]

1 Read more

最近の更新履歴  関西イタリア学研究会

最近の更新履歴 関西イタリア学研究会

Successivamente attraverso l ’ analisi delle opere di Giovanni Francesco Biondi (1572-1644), che è considerato come precursore dei romanzieri italiani secenteschi, sarà esami-. nato qua[r]

1 Read more

Show all 10000 documents...