トップPDF 過去問アーカイブ 生物情報科学科2013 genetics exam 11

過去問アーカイブ  生物情報科学科2013 genetics exam 11

過去問アーカイブ 生物情報科学科2013 genetics exam 11

儌湓媟烖墐 顢櫈顣顢 顢櫈顢褙 顢櫈顢顣. 顣 餚櫈吵顣 歽櫈餻歾 吴櫈吴歾[r]

1 さらに読み込む

生物圏科学研究科研究紀要53.indb

生物圏科学研究科研究紀要53.indb

 本目録では,ヒジキムシ内の各属をアルファベット順に並べた後,各属では種小名のアルファベット順 に各種を記述した。標準和名と最新の学名をまず記し,異名リストと宿主,寄生部位を示したあと,地理的 分布を示した。異名リストに示した学名はわが国で用いられたものに限り,これを欠くものは異名での報告 がわが国にないことを示す。各異名の直後には,それらを報告した著者名と出版年を示した。宿主が魚類の 場合は,中坊(2013)が示した分類体系に従って配列し,標準和名と学名を記した。この際,過去の論文 で現在の和名と学名と異なるものが使われた場合には括弧内にそれを記した。地理的分布に関する情報は海 域(北太平洋,日本海,オホーツク海,東シナ海,瀬戸内海)ごとに整理し,都道府県名を含む詳細な採集 地と出典情報(著者名と出版年)を示した。都道府県名は北から南に順に配列した。原典に詳細な採集地の 情報を欠く場合には「-」で示した。備考では,当該種の生物学的情報(分類,他国での分布,寄生部位等 に関する特記事項)や新標準和名の提案根拠などを記した。なお,国際動物命名規約第4版(動物命名国際 審議会,2000)に従って異名リスト,新参異名,種小名,タイプ標本などの用語を本目録で用いた。  各寄生虫の記録を上記のようにまとめたあと,さらに宿主-寄生虫リストとして整理した。このリストで は,宿主として報告された魚類を中坊(2013)の分類体系に従って並べ,各魚種から記録されたカイアシ 類を示した。各科において宿主魚類は五十音順に並べた。
さらに見せる

161 さらに読み込む

生物圏科学研究科研究紀要53.indb

生物圏科学研究科研究紀要53.indb

 近隣では,極東ロシア日本海から5属6種(Markewitsch and Titar, 1978),韓国から1属2種(Kim, 1998), 中国から1属1種(淡水種:Song and Kuang, 1980),台湾から1属1種(Ho, 1966)が報告されているに過ぎ ない。この数値からも,わが国のヒジキムシカイアシ類相の多様さを知ることができる。  ただし,筆者らは,わが国おけるヒジキムシカイアシ類相の研究は,まだ不十分であると感じている。 筆者らの最近の経験を記すと,漁業の対象になっていないハゼ類やフグ類,ソコダラ類等から11種の新種(ホ シノカンザシ,シンノカンザシ,ホシノノワキザシ,シラカワノワキザシ,ナガワキザシ,シンオワキザシ, ドウブトツバサヒジキムシ,ホソミツバサヒジキムシ,シリオツバサヒジキムシ,ミナミツバサヒジキムシ, シンカイヒジキムシ)を得て記載した(Uyeno and Nagasawa, 2010a, 2010b;Uyeno et al., 2012;Uyeno, 2013, 2014)。わが国で過去に寄生性カイアシ類の研究に供された海水魚の多くは漁業で採捕されたもので, 水産上,経済的価値の高いものがほとんどであった。一方,わが国には極めて多数の魚類(4,180種[中坊, 2013],その多くは海水魚)が生息するが,経済的価値のある種は一部である。また,上記の宿主-寄生虫 リストで示したように,これまでにわが国でヒジキムシカイアシ類が得られた魚種は約80種でしかない。 したがって,今後,経済的価値が低くとも過去に寄生虫検査に供されなかった魚種を中心に調査を行えば, ヒジキムシカイアシ類相の解明は一層進むと期待される。
さらに見せる

29 さらに読み込む

教務資料アーカイブ  名古屋大学大学院多元数理科学研究科・理学部数理学科

教務資料アーカイブ 名古屋大学大学院多元数理科学研究科・理学部数理学科

る内容です.著者の Milnor は 20 世紀位相幾何学の礎を築いた研究者の一人であり,その語り 口には味わいがあります.位相幾何学への好個の入門書でしょう.テキスト [3] ( 1 章から 11 章 までを扱う)と [4] ( 1 章から 2 章までを扱う ) は.さらに進んだ本格的な位相幾何学の教科書 です.これらの本を読み進めるには,ホモロジー論に関する知識があった方が望ましいと思い ますが, [3] の Appendix A から読み始めたり,他の参考書で補ったりすれば,理解は十分に
さらに見せる

26 さらに読み込む

教務資料アーカイブ  名古屋大学大学院多元数理科学研究科・理学部数理学科

教務資料アーカイブ 名古屋大学大学院多元数理科学研究科・理学部数理学科

論理学は元々数学の基礎理論として作られて来たが,計算機科学における役割も大きい.プロ グラムの正しさを議論する上では,プログラムの性質を表現した論理は不可欠であり,そのた めに新しい論理が考案される事もある.例えば,ホア論理は手続き型プログラムの正しさを証 明するために作られた.また, 60 年代に発見されたカリー・ハワード同型は論理とプログラミ ング言語の関係の深さを表している.対応する論理と型システムを選ぶと,命題と型,そして 証明とプログラムが同型関係にある事が示された.論理型プログラミング言語がそれと少し異 なる観点を取り,プログラムの実行を証明の探索として見なす.それを可能にするレゾリュー ションという原理は計算機による定理の自動証明も可能にする.
さらに見せる

47 さらに読み込む

教務資料アーカイブ  名古屋大学大学院多元数理科学研究科・理学部数理学科

教務資料アーカイブ 名古屋大学大学院多元数理科学研究科・理学部数理学科

表現論 , 確率論 , 情報理論に関連した話題をテーマにセミナーを行う . 表現論初歩については , 有限群の線形表現について書かれた名著セール 「有限群の線形表現」もしくは , より幾何的な 面を強調している Fulton, Harris の ”Representation Theory: a first course” Springer 表現論 と確率論 , 統計の関連については Persi Diaconis の ”Group Representations in Probability and Statistics” 情報理論とさまざまな分野の間の関連については MacKay による好著 ”Information Theory, Inference, and Learning Algorithms” がある .
さらに見せる

49 さらに読み込む

教務資料アーカイブ  名古屋大学大学院多元数理科学研究科・理学部数理学科

教務資料アーカイブ 名古屋大学大学院多元数理科学研究科・理学部数理学科

情報理論は 1948 年の C. E. Shanon による「通信の数学的理論 (A Mathematical Theory of Communication) 」によって始まる。彼は確率論の手法を用い、ある種の通信路において通信 速度の限界 ( キャパシティ ) をエントロピーで与えた。この後、多くの研究者たちにより、様々 な通信路におけるキャパシティの評価が行われることとなる。これらキャパシティの評価に関 する理論を通信路符号化の理論とよぶ。また近年では韓氏により、確率過程の概念を拡張する ことでより、それまで個別の通信路ごとに展開されてきた理論を、より統一した形で展開する 試みもなされている ([4]) 。
さらに見せる

49 さらに読み込む

教務資料アーカイブ  名古屋大学大学院多元数理科学研究科・理学部数理学科

教務資料アーカイブ 名古屋大学大学院多元数理科学研究科・理学部数理学科

Hiller 「 Geometry of Coxeter Groups 」 Research Notes in Mathematics 54, Pitman Advanced Publishing Program. 7.[r]

17 さらに読み込む

教務資料アーカイブ  名古屋大学大学院多元数理科学研究科・理学部数理学科

教務資料アーカイブ 名古屋大学大学院多元数理科学研究科・理学部数理学科

るので予習時間を考慮して,月に 2 回程度の頻度で集中的に行うこととする.特に,年度の後 半では,きちんとした予習ノートを事前に作成することが求められる. 6. 知っていることが望ましい知識: この分野を学ぶための基礎知識としては,線型代数,微積分及び確率・統計の基礎が必要とな る.これに加えて,表現論や関数解析の初歩的な知識があることが望ましいが,必ずしも必要 としない.この分野の研究には,量子力学の知識が必要となるが,これについては,本コース の中で取り扱うので特に予備知識としては必要としない.本分野は数学のほかに物理学や情報 理論との接点も多いので,これらの分野についても,必要に応じて自ら学ぶ姿勢が必要である. 数学としての必要な予備知識は少ないが,それ以外に,扱っている数学的概念の背景にある操 作的概念を常に意識することが求められる.
さらに見せる

48 さらに読み込む

教務資料アーカイブ  名古屋大学大学院多元数理科学研究科・理学部数理学科

教務資料アーカイブ 名古屋大学大学院多元数理科学研究科・理学部数理学科

内容・様式ともに前期と後期で大きく異なります.前期は以下に挙げる参考書のいずれかを使っ て輪講形式で卒業研究を実施します.参考書の内容は,曲線・曲面論です.1,2年生の微積 分・線形代数が分かっていれば,十分に読みこなせるはずの標準的な教科書です.ただし,教 書の内容を身につけるだけが目的ではありません.教科書を丹念に読み,その内容を十分に 理解し,そしてそれを他の学生達に分かるよう説明する:これが出来るようになることを目指 します.
さらに見せる

16 さらに読み込む

教務資料アーカイブ  名古屋大学大学院多元数理科学研究科・理学部数理学科

教務資料アーカイブ 名古屋大学大学院多元数理科学研究科・理学部数理学科

量子情報理論及びその周辺分野について基礎からスタートし,何らかの形で研究成果を挙げる ことができるレベルに到達することを目指す. 5. 実施方法: 量子情報理論には様々な方向性がある.年度の前半では,集まった学生と相談の上,学生の望 む方向性を踏まえて,主に下記の参考書の中から適切なものを選び,輪講形式で量子情報理論 の基礎を学ぶ.年度の後半は林が海外出張で不在のことが多いため,不在時はスカイプを駆使 して,遠距離でセミナーを行うことが多くなる.そのため,年度の後半では,きちんとした予 習ノートを事前に作成することが求められる.また,上記の事情から本年度は受講者の数を 2
さらに見せる

47 さらに読み込む

教務資料アーカイブ  名古屋大学大学院多元数理科学研究科・理学部数理学科

教務資料アーカイブ 名古屋大学大学院多元数理科学研究科・理学部数理学科

リー環 ( リー代数 ) は , 幾何学 , 数理物理学等 , 数理科学の様々な分野との関わりを持っている重 要な代数系です . また , リー環論自体も大変豊富な内容を持っており , とりわけ複素単純リー環 (リー群)の分類定理は , 数理学科の4年間の締めくくりとしてふさわしいものであると思って おります . 幸いなことに , 必要な予備知識はほぼ線形代数学だけです . リー環とその具体例を学

26 さらに読み込む

教務資料アーカイブ  名古屋大学大学院多元数理科学研究科・理学部数理学科

教務資料アーカイブ 名古屋大学大学院多元数理科学研究科・理学部数理学科

Folland, Introduction to Partial Differential Equations, Princeton University Press 1995.. 7..[r]

18 さらに読み込む

教務資料アーカイブ  名古屋大学大学院多元数理科学研究科・理学部数理学科

教務資料アーカイブ 名古屋大学大学院多元数理科学研究科・理学部数理学科

シャノンによって創始された情報理論は現在、統計学などと密接な関係をもちながら現在目をみ はるような発展をとげている。ここでは、 MacKay による好著 ”Information Theory, Inference, and Learning Algorithms” を通してその一端にふれるのがこのクラスの目的である。伝統的な 情報理論のテキストでは、シャノンの理論的なアイデアのみならず、コミュニケーションを達 成するための現実的なソリューションが記述されている。この本では、ベイジアンな立場、モ ンテカルロ法、変分法、クラスタリング手法、そしてニューラルネットワークなどによる情報 理論が展開されている。到達目標としては、これらのことばがどのようなことを意味している のか、理解できるようになることである。
さらに見せる

48 さらに読み込む

教務資料アーカイブ  名古屋大学大学院多元数理科学研究科・理学部数理学科

教務資料アーカイブ 名古屋大学大学院多元数理科学研究科・理学部数理学科

1) 教員名: 林 孝宏(はやし たかひろ) 2) 卒業研究のテーマ: リー環論 3)目的: リー環は、幾何学、数理物理学をはじめとして数理科学の様々な分野との関わり を持っている重要な代数系です。また、リー環論自体も大変豊富な内容を持っており、とり わけ複素単純リー環(リー群)の分類定理は、数理学科の4年間の締めくくりとしてふさわ しいものであると思っております。幸いなことに、必要な予備知識はほぼ線形代数学だけで す。リー環とその具体例を学ぶことで、固有値などの諸概念の理解を深めると共に、代数的 な理論のおもしろさを体感していただくことを目的としたいと思います。
さらに見せる

12 さらに読み込む

教務資料アーカイブ  名古屋大学大学院多元数理科学研究科・理学部数理学科

教務資料アーカイブ 名古屋大学大学院多元数理科学研究科・理学部数理学科

2017 年度講義結果報告 春学期:数理科学展望 III /数理科学展望 I The purpose of my part is to give an elementary proof of the duality in the ADHM construction in four dimensional Euclidean space, together with a brief introduction to instantons in geometry and physics. There would be no need to know manifolds, vector bundles, connections and so on in advance. I would also like to mention the D-brane interpretations of them, generalization to noncommutative spaces, and application to monopoles in three dimension. More detailed syllabus will be distributed at the beginning of part 3 (on June 27th). 」
さらに見せる

160 さらに読み込む

教務資料アーカイブ  名古屋大学大学院多元数理科学研究科・理学部数理学科

教務資料アーカイブ 名古屋大学大学院多元数理科学研究科・理学部数理学科

5)少人数クラスの方法 テキストは受講者と相談の上、上記の[ST]または[CL0]のどちらかを決め、集まる時間は毎 週2時間程度を考えています。休み期間は特に何も行いません。普通のセミナーのようにあま りテキストをみんなの前で精読するようなことをせず順番に、なるべく手早くどのようなこと が書いてあったかをまとめて話してもらいます。そして前項でも述べたように、テキストの 題を考えて来てもらい、分かればそのӕ答を発表し、分からなければ、どのように問題を考え ればいいかを全員で討論するというような方法で進めて行くつもりです。教官が必要と考えた ときには講義することもあると思います。
さらに見せる

18 さらに読み込む

教務資料アーカイブ  名古屋大学大学院多元数理科学研究科・理学部数理学科

教務資料アーカイブ 名古屋大学大学院多元数理科学研究科・理学部数理学科

 群は数学におけるもっとも基本的な概念であり、自然界における対称性を記述する言語 として物理学等の自然科学において重要な役割を果たしている。 このクラスでは、群を 行列表示して研究する表現論を学習する。一般線型群と対称群の表現論は最も基本的であ り、よく研究されている分野であり、その内容は深い関連を持っている。 前期には一般 線型群の代数群としての記述やリー環の記述から始まって表現論の基礎事項を学習する。 後期は、一般線型群と対称群の表現の構成 , 分類 , 指標の計算等を行う。
さらに見せる

32 さらに読み込む

教務資料アーカイブ  名古屋大学大学院多元数理科学研究科・理学部数理学科

教務資料アーカイブ 名古屋大学大学院多元数理科学研究科・理学部数理学科

1) 教官名: 粟田 英資 2) 卒業研究のテーマ: 解析力学 3)目的: 本卒業研究の主題である解析力学とは、ニュートン力学を座標系の選び方に依ら ない様に定式化したもので、いわゆる古典物理のかなめであると同時に量子物理の基礎にも なっています。 ニュートン力学はその誕生以来、数学、特に解析学や幾何学と互いに大き く影響をおよぼし合いながら発展してきました。数学を良く理解するためにも、物理の言葉 に慣れておく事は有用です。本卒業研究では、数学(解析学、幾何学、代数学など)が物理 にどの様に応用されているか、又、なぜ数学がこの様に発展してきたかを研究し、科学の多 様性を学ぶ事を目的とします。 なお、必要な知識としては、物理は仮定しません。あえて 言うなら高校程度の物理学の漠然とした記憶がある程度で構いません。
さらに見せる

13 さらに読み込む

教務資料アーカイブ  名古屋大学大学院多元数理科学研究科・理学部数理学科

教務資料アーカイブ 名古屋大学大学院多元数理科学研究科・理学部数理学科

Tenenbaum: Introduction to analytic and probabilistic number theory Cambridge studies in advanced mathematics 46 (1990). それ以外は適宜紹介していきます。.[r]

48 さらに読み込む

Show all 10000 documents...

関連した話題