トップPDF [補助資料] CV 草薙邦広のページ 草薙2013メソ研補助資料

[補助資料] CV  草薙邦広のページ 草薙2013メソ研補助資料

[補助資料] CV 草薙邦広のページ 草薙2013メソ研補助資料

草薙邦広 https://sites.google.com/site/kusanagikuni/home/cv 4 Zhang, D. (2012). Vocabulary and Grammar knowledge in second language reading comprehension: A structural equation modeling study. The Modern Language Journal, 96, 559–575.

4 さらに読み込む

[補助資料] CV  草薙邦広のページ 草薙 2013 CELES 補助資料

[補助資料] CV 草薙邦広のページ 草薙 2013 CELES 補助資料

Kalaja, P., & ラarcelos, A. M. F. (2003). Introduction. In P. Kalaja & M. F. ラarcelos (Eds.), ラeliefs about SLA : New research approaches. Dordrecht: Kluwer. 草薙邦広 (2013) 時間制限を用いた文法性判断課題—基礎的検討 時間制限 設定方法 い — 外国 語教育メデ 学会 LET 関西支部メソドロ ー研究部会 2012 年度報告論集 46-67.

2 さらに読み込む

[配布資料] CV  草薙邦広のページ ことばの科学会シンポジウム資料 草薙

[配布資料] CV 草薙邦広のページ ことばの科学会シンポジウム資料 草薙

■複眼的 見方 必要性 う一度 ■磯辺先生,水本先生 発表 見 紹介 頂いた私 研究 1. Kusanagi, K., Leung, C. Y., Bando, T., Fukuta, J., & Sugiura, M. (2013). L2 learners’ online insensitivity to malformed collocations: A study using eye tracking and self-paced reading tasks. Kyklos: International communication, 10, 49-64.

4 さらに読み込む

[配布資料] CV  草薙邦広のページ LET2017 ベイズワークショップ

[配布資料] CV 草薙邦広のページ LET2017 ベイズワークショップ

・Dぁeneか 方法 hががえ://くくく.lぁfeかcぁ.かきかかeぐ.ac.きk/home/Zolがan_Dぁeneか/ぁnfeおence/Baけeか.hがm ・Roきdeお 方法 hががえ://えcl.mぁかかoきおぁ.edき/baけeかfacがoお. ■高度 UI ソ[r]

15 さらに読み込む

[配布資料] CV  草薙邦広のページ LET2017 kusanagi

[配布資料] CV 草薙邦広のページ LET2017 kusanagi

10 [13]. Ajzen, I. (1991). The theory of planned behavior. Organizational Behavior and Human Decision Processes, 50, 179–211. [14]. 草薙邦広 (2017). ン ン学習履歴 タ 統計的 扱い 広島外国語教育研究 20, 231–244. [15]. Marquardt, D. W. (1963). An algorithm for least-squares estimation of nonlinear parameters. Journal of the

10 さらに読み込む

[発表資料] CV  草薙邦広のページ 草薙2012LET中部秋季 発表資料

[発表資料] CV 草薙邦広のページ 草薙2012LET中部秋季 発表資料

コ パ • Nagoya Interlinguistic Corpus of English (NICE, ver. 2.01) • 日本学術振興会 成17、18、19 度科学研究費補助金 基盤研究(B) 英語学習者 コロケーション知識に関す 基礎的研究 代表:杉浦正利 課題番

8 さらに読み込む

[発表資料] CV  草薙邦広のページ 草薙山下JASELE2012発表資料

[発表資料] CV 草薙邦広のページ 草薙山下JASELE2012発表資料

複数形明⽰的及び暗⽰的知識習得 おけ 数一致種類と形態統語的規則性影響: 時間制限を操作した文法性判断課題を用いて 草薙邦広 名古屋大学大学院 山下淳子 名古屋大学 全国英語教育学会愛知研究大会

8 さらに読み込む

[投影資料] CV  草薙邦広のページ 草薙他 LET2013春 投影資料

[投影資料] CV 草薙邦広のページ 草薙他 LET2013春 投影資料

• 尾関修治 (1993). ー け 学習履歴 記録 利用 . 北尾他編 コン ュータ利用 外国語教育:CAI 動向 実践 (pp. 12-23). 東京:英知社 • 草薙邦広・高橋改太・菊池優希 (2012) キー入力記録 用い 英語 学習者 ン ロセ 分析―語数・推敲回数・正確さ 時系列推移 ― 外国語教育 学会第52回全国研究大会要綱集 172–173.

41 さらに読み込む

[本文リンク:研究部会のサイト] CV  草薙邦広のページ

[本文リンク:研究部会のサイト] CV 草薙邦広のページ

荻 忠則 (1983). 教育評価 統計法―心 技術 再統合― 日本文化科学社 . Olejnik, S., & Algina, J. (2000). Measures of effect size for comparative studies: Applications, interpretations, and limitations. Contemporary Educational Psychology, 25, 241–286. 大久保街亜 (2009). 日本 統計改革―基礎心理学研究 資料 ― 基礎心理 学研究 28, 88–93.

39 さらに読み込む

【12】補助事業概要の広報資料

【12】補助事業概要の広報資料

3 オープニング作品は、アンドリュー・アダムソン監督「シルク・ドゥ・ソレイユ 3D 彼 方から物語」で、同監督と主演女優エリカ・リンツ、及び、オフィシャル・ナビゲー ター上戸彩等舞台挨拶もあり、会場は感動と興奮に包まれた。今年はまた特別オープ ニング作品として、成田岳/フィリップ・マーティン共同監督「JAPAN IN A DAY [ジャ パン イン ア デイ]」も上映され、大いに賑やかなオープニングデイとなった。 「シルク・ ドゥ・ソレイユ」終映後、グランドハイアット東京宴会場に場所を移し、歓迎レセプ ション、グリーンタイ晩餐会が行なわれた。
さらに見せる

9 さらに読み込む

コース提案補助資料

コース提案補助資料

WebアプリケーションやWebサービスに関する技術研究で、数多く講演や執筆を担当。 技術的なことだ けでなく、早くからビジネス重要性を認識し、研究啓発活動を行う。組織的な成長ため人材育成、 組織マネージメント、ビジネスコンサルティングを主な活動とする。 ◆著書/講演

60 さらに読み込む

  化学工学プログラミング補助資料

  化学工学プログラミング補助資料

目盛りでは、水沸点は標準気圧(101325Pa)下では、100 と 華氏(Fahrenheit scale)というは、1715年 ーレンハイト(Gabriel D. Fahrenheit;この人名が中国で「華倫海」と音訳された)に よって考案されました。摂氏は、スウェーデンセルシウス(Celsius, Anders、1701∼1744) が、1742年に、水氷点(融点)を 0、沸点を 100 として、それを 100 等分して温度 目を定めたものです。後に、大気圧変化で水氷点、沸点が変化することから、1気圧 もとで測定した値を用いるように改めました。 さらに、1990 年に国際度量衡委員会に より、セルシウス温度は次に述べる絶対温度Tを用いて、
さらに見せる

12 さらに読み込む

参考文献・補助資料

参考文献・補助資料

1.2 雨水利用・雑排水再利用 0.40 0.40 0.40 0.40 0.40 0.40 0.40 0.40 0.40 1.2.1 雨水利用システム導入有無 0.67 0.67 0.67 0.67 0.67 0.67 0.67 0.67 0.67 1.2.2 雑排水再利用システム導入有無 0.33 0.33 0.33 0.33 0.33 0.33 0.33 0.33 0.33 2 低環境負荷材 0.85 0.85 0.85 0.85 0.85 0.85 0.85 0.85 0.85 2.1 資源再利用効率 0.35 0.35 0.35 0.35 0.35 0.35 0.35 0.35 0.35 2.1.1 躯体材料再利用効率 0.67 0.67 0.67 0.67 0.67 0.67 0.67 0.67 0.67 2.1.2 非構造材料再利用効率 0.33 0.33 0.33 0.33 0.33 0.33 0.33 0.33 0.33 2.2 持続可能な森林から産出された木材 0.04 0.04 0.04 0.04 0.04 0.04 0.04 0.04 0.04 2.3 有害物質を含まない材料 0.08 0.08 0.08 0.08 0.08 0.08 0.08 0.08 0.08 2.4 既存建築躯体など再利用 0.18 0.18 0.18 0.18 0.18 0.18 0.18 0.18 0.18 2.5 部材再利用可能性 0.18 0.18 0.18 0.18 0.18 0.18 0.18 0.18 0.18 2.6 フロン・ハロン回避 0.18 0.18 0.18 0.18 0.18 0.18 0.18 0.18 0.18 2.6.1 消火剤 0.33 0.33 0.33 0.33 0.33 0.33 0.33 0.33 0.33 2.6.2 断熱材 0.33 0.33 0.33 0.33 0.33 0.33 0.33 0.33 0.33 2.6.3 冷媒 0.33 0.33 0.33 0.33 0.33 0.33 0.33 0.33 0.33 LR-3 敷地外環境 0.30 0.30 0.30 0.30 0.30 0.30 0.30 0.30 0.30 1 大気汚染防止 0.15 0.15 0.15 0.15 0.10 0.10 0.10 0.15 0.15 2 騒音・振動・悪臭防止 0.10 0.10 0.10 0.10 0.05 0.05 0.05 0.10 0.10
さらに見せる

24 さらに読み込む

コース提案補助資料

コース提案補助資料

要求仕様明確さ ユーザ担当者要求仕様関与 ユーザ担当者システム経験 ユーザと役割分担・責任所在明確さ ユーザ担当者設計内容理解度 ユーザ担当者受け入れ試験関与

39 さらに読み込む

草薙 2016 再現可能性と文芸的プログラミング

草薙 2016 再現可能性と文芸的プログラミング

-同様傾向(e.g., Bagley & Ellis, 2012) ■オープンソース・オープンコード動きと再現可能性プロジェクト “Publish (your data) or (let the data) perish! Why not publish your data too?” (Wicherts & Bakker, 2012)

4 さらに読み込む

  化学工学プログラミング補助資料

  化学工学プログラミング補助資料

ポリスチレンで作られている発泡スチロールリサイクル技術として、ソニーがその利用 を提案している。 テレビやパソコンなど家電製品や精密機械を販売・搬送する際、移動時衝撃などに よる商品破損を防ぐために、多く発泡スチロールが利用されています。発泡スチロー ルはポリスチレンを発泡させて作られており、軽く衝撃に強い優れた緩衝材として広く利 用されている。しかし、これがゴミとして廃棄されると最終処分場を圧迫する厄介な物質 となってしまいます。そこで、その発泡スチロールリサイクル技術が提案された。しか も、このリサイクル技術では、従来は廃棄物となっていたミカンなど柑橘類カワに多 く含まれるリモネンを利用しているところが興味深い。ミカンなど柑橘類カワに多く 含まれる成分であり、それ自体が人間や生物毒性がなく環境にやさしい材料です。
さらに見せる

30 さらに読み込む

科学研究費補助金制度についての説明会資料 [資料1]

科学研究費補助金制度についての説明会資料 [資料1]

‹ 研究実施観点からは、大学等ように研究者自由な発想に基づく研究(ボトムアップ型)から、独立行政法人事業、各府省直 轄事業ように、組織使命に沿った研究(トップダウン型)まで様々な性格ものがある。 ※下図中、各楕円大きさは、概ね、予算額規模を示している (出典: 内閣府作成(平成17年度)

14 さらに読み込む

Microsoft Word - UA_ηA計算補助資料

Microsoft Word - UA_ηA計算補助資料

鉄骨柱等熱橋部熱損失は、外装材、断熱補強熱抵抗ごとに定められた値(熱橋部線熱 貫流率、という。)を用い、その値に熱橋長さを乗じて求める。 壁体全体貫流熱損失= ((壁一般部 U g,s,i +補正熱橋係数 U r,s )×壁面全体面積)+(熱橋部線熱貫流率ψ s,i ×熱橋長さ)

13 さらに読み込む

「読影の補助」のスライド(配布資料) 資料  富山消化管撮影研究会

「読影の補助」のスライド(配布資料) 資料 富山消化管撮影研究会

わずかなびらん,または粘膜浅い陥凹が認められるもの 0-III 型 陥凹型 明らかに深い陥凹が認められるもの 日本消化器がん検診学会 東海北陸支部技師部会 平成24年度消化管撮影技術向上セミナー:セミナー4 「胃X線検査と読影補助」 0 - I

17 さらに読み込む

  化学工学プログラミング補助資料

  化学工学プログラミング補助資料

問 乗法で求めたい。 a 1 を与える基礎式を導け。 問 を整数型(変数型)で宣言し、さらに、文字変数として、season を文字列型(変数型) で宣言する。season には、 春 、 夏 、 秋 、 冬 、 入力エラー いずれかを使用す る。Excel sheet1 においてセル C5、C6 にそれぞれ文字 "何月ですか?" と数値 6 を 記述する。month=6 となるように Cells を用いて Excel sheet1 値 6 を変数 month に代入する。 Select Case 文を用いて、変数 mont が、”3,4,5”いずれかであれば、season に 春 、 ”6,7,8”いずれかであれば、season に 夏 、”9,10,11”いずれかであれば、 season に 秋 、”12,1,2”いずれかであれば、season に 冬 、それら以外であれば、 season に 入力エラー と代入 する。そして、その season 値(文字列)を Excel sheet1
さらに見せる

21 さらに読み込む

Show all 10000 documents...