トップPDF 第4期中長期計画 4th mid plan

第4期中長期計画 4th mid plan

第4期中長期計画 4th mid plan

(以下「領域」という。 )を組織の枠を超えて時限的に設定し、関連機関とも密接 に連携して、 科学技術イノベーションにつながる創造的な新技術の創出のための研 究開発を推進する。 具体的には、 戦略目標の実現に資する創造的な新技術の創出に 向けた基礎研究(以下「新技術シーズ創出研究」という。 ) 、中長期にわたって温室 効果ガスの削減を実践するための従来技術の延長線上にない新たな科学的 ・ 技術的 知見に基づいた革新的技術の研究(以下「先端的低炭素化技術開発」という。 ) 、社 会を直接の対象として、 自然科学と人文社会科学の双方の知見を活用した、 ステー クホルダーとの協働による社会技術研究開発をそれぞれ推進する。 加えて、 新技術 シーズ創出研究の推進に当たっては、 科学技術イノベーションを創出し、 実用化を 目指す観点から、 有望な成果について、 イノベーション指向のマネジメントによっ
さらに見せる

43 さらに読み込む

目次 1. 重要なお知らせ 2. 第16期 2015年7月期 第3四半期連結決算概要 3. エンターテインメント事業 詳説 4. ライフスタイルサポート事業 詳説 5. 第16期 2015年7月期 通期連結業績予想 6. 中長期的な展望 参考資料 エイチーム グループ概要 当社グループは第14期 2

目次 1. 重要なお知らせ 2. 第16期 2015年7月期 第3四半期連結決算概要 3. エンターテインメント事業 詳説 4. ライフスタイルサポート事業 詳説 5. 第16期 2015年7月期 通期連結業績予想 6. 中長期的な展望 参考資料 エイチーム グループ概要 当社グループは第14期 2

 各サービスの足元の売上・利益、各種KPIの状況例年の季節要因による業 績動向、そして体制構築のための投資計画を加味して売上・利益を予想  既存の収益貢献は足元並みを想定、新規は費用のみを織り込む  「ユニゾンリーグ」、「三国大戦スマッシュ!」を含む既存タイトルは足

61 さらに読み込む

目次 2 1.JAXAに対する国の監督 (1) 中長期目標 中長期計画 2.JAXAに対する国の監督 (2) 宇宙諸条約の履行 3.JAXAに対する国の監督 (3) 打上げ 射場管理業務 4.JAXAによる安全審査の概要 5.JAXAに対する国の監督 (4) 衛星管理 データ配布 6. 宇宙活動法に

目次 2 1.JAXAに対する国の監督 (1) 中長期目標 中長期計画 2.JAXAに対する国の監督 (2) 宇宙諸条約の履行 3.JAXAに対する国の監督 (3) 打上げ 射場管理業務 4.JAXAによる安全審査の概要 5.JAXAに対する国の監督 (4) 衛星管理 データ配布 6. 宇宙活動法に

1.安全審査と国の監督 JAXAは以下のプロセスを通じて、安全確認を実施してきた。 ①JAXAは、公共の安全の確保等のため、JAXA法18条2項に定められた国(文部科学省)の 認可を受けた基準(人工衛星等打上げ基準)に基づき、打上げ毎に厳格な安全審査を行っている。 ②JAXAの審査結果は、文部科学省宇宙開発利用部会の調査審議を受けている。

12 さらに読み込む

Ⅳ 中長期計画書・定期報告書

Ⅳ 中長期計画書・定期報告書

2-4.中長期計画書の書き方と記入例(様式8のⅢ,Ⅳ) 1 平成20年改正省エネ法の施行に合わせて、社長の命により、従来からの 「省エネ推進責任者会議」を改組し、エネルギー管理統括者として選任予定の 環境・ CSR担当役員を委員長、エネルギー管理企画推進者に選任予定のエ

9 さらに読み込む

Ⅳ 中長期計画書・定期報告書

Ⅳ 中長期計画書・定期報告書

3.主務大臣は、 前項 の指針をまとめた場合には、これを公表するものとする。 ( 注)省エネ法 5条1項に規定する判断の基準となるべき事項 エネルギーの合理化の目標および計画的に取り組むべき措置 努力目標:事業者全体で(エネルギー消費又は電気需要平準化)原単位の年平均1%以上低減 業種ごとのベンチマーク指標を向上又は低減

10 さらに読み込む

Ⅳ 中長期計画書・定期報告書

Ⅳ 中長期計画書・定期報告書

① 直近5年度間の原単位及び対前年度比(%)を記入。最右欄が当該年度となるように記入 ●直近5年度間の途中で報告義務が発生した場合には、報告を始めた年度の値から記入 ●原単位については、原則、有効数字4桁で記入 ② 5年度間平均原単位変化は、過去5年度間の対前年度比をそれぞれ乗じた値を4乗根し、小 数点2位を四捨五入して小数点1位まで記入。(5年度間データがない場合は算定不要) (ⓓ×ⓔ×ⓕ×ⓖ) 1/4 (%) {( ⓓ’×ⓔ’×ⓕ’×ⓖ’) 1/4 (%) }
さらに見せる

73 さらに読み込む

小千谷市水道事業中長期経営計画 全91ページ

小千谷市水道事業中長期経営計画 全91ページ

2 節 水道事業のあゆみ 小千谷市の上水道は、昭和 30 年に水源を地下水に求め、計画給水人口 24, 000 人、1 人 1 日最大給水量 200 ㍑、日最大給水量 4, 800 ㎥の規模で創 設されたのが始まりです。その後、水需要の拡大とともに、昭和 37 年に信 濃川表流水の取水許可を得て 1 次拡張工事を実施したのを始め、昭和 57 年には小千谷市北部上水道(昭和 52 年創設)を統合し、平成 3 年までに 5 次にわたる拡張事業を施行し、現在では計画給水人口 42, 000 人、1 人 1 日 最大給水量 512 ㍑、計画日最大給水量 21, 500 ㎥の施設規模を有するに至り ました。
さらに見せる

91 さらに読み込む

ISBN コウヨウザンの特性と増殖の手引き 2018 年 3 月 国立研究開発法人森林研究 整備機構 森林総合研究所林木育種センター 第 4 期中長期計画成果 15( 育種 生物機能 -2)

ISBN コウヨウザンの特性と増殖の手引き 2018 年 3 月 国立研究開発法人森林研究 整備機構 森林総合研究所林木育種センター 第 4 期中長期計画成果 15( 育種 生物機能 -2)

穂の大きさは採穂できる萌芽枝の大きさに左右されますが、2 月下旬~4 月頃の春ざ しであれば先端から 8~12cm 程度、5 月~6 月頃の萌芽枝が伸長した時期に梅雨ざしを 行う場合は先端から 15cm 程度の穂木を用いれば、1 年で山行苗の生産が可能です。秋 ざしの場合は鹿沼土のさし床にさし付け、春に発根した苗をコンテナに移植して苗を 生産する方法も有効です。採穂後に穂の長さを切りそろえ、さし付けし易いように基 部の針葉を 4~5cm 程度落としてさし穂を調整した後(図 22) 、一昼夜流水に浸けてお きます。
さらに見せる

29 さらに読み込む

文京区区有施設中長期改修計画

文京区区有施設中長期改修計画

本郷保健 スセンタ 本駒込西保育園 本駒込 目ア さ や保育園 小日向台璼幼稚園 岩 学園教室棟 岩 学園職員住宅 千石西保育園 礫川小学校校舎 柳璼幼稚園 水道職員住宅 本駒込南保育園 明 小学校体育館 幼稚園 勤労福祉会館 本駒込保育園 明 幼稚園 白山四 目ア 向丘地域活動センタ 千石保育園 向丘保育園 水道保育園 駒本小学校校舎

39 さらに読み込む

Income update & Blueprint of JSR’s next mid-term business plan

Income update & Blueprint of JSR’s next mid-term business plan

当資料に記載の業績予想、見通し及び事業計画につきましては、現時点で入手可能な情報からの判断に基 づいて作成したものであり、様々な不確定要素が内在しております。今後、当社を取り巻く市場の経済情勢等 により実際の業績は、当資料記載のものと異なる可能性があります。 2011年3月11日に発生致しました東日本大震災を受け、当社の生産活動並びに顧客業界は少なからず影響 を受けております。中長期的な観点においての影響は軽微であろうとの判断から、本中期経営計画を予定通り 公表致しますが、今後状況の変化が判明した場合、計画を修正する事に致します。
さらに見せる

33 さらに読み込む

参考資料3 日本原子力研究開発機構 施設中長期計画案

参考資料3 日本原子力研究開発機構 施設中長期計画案

今回の「施設中長期計画案」の作成において、3~中長期目標期間中の廃止措置 計画及び放射性廃棄物の処理のために必要な施設等の整備計画を取りまとめることができ、 バックエンド対策に一定のめどをつけることができた。長期的には、中長期目標期間 以降も同様に施設のマネジメントを適切に行い、バックエンド対策の資金を確保することに より、施設の廃止措置を含めたバックエンド対策を計画的に進めていく。
さらに見せる

52 さらに読み込む

目次 中長期ビジョン P3 第二次中期経営計画総括 P4 第三次中期経営計画概要 P6 事

目次 中長期ビジョン P3 第二次中期経営計画総括 P4 第三次中期経営計画概要 P6 事

• 本資料に含まれる当行の中期経営計画には、当行の財務状況及び将来の業績に関する当行経営者 の判断及び現時点の予測について、将来の予測に関する記載が含まれています。こうした記載は当 行の現時点における将来事項の予測を反映したものですが、かかる将来事項はリスクや不確実性を 内包し、また一定の前提に基づくものです。かかるリスクや不確実要素が現実化した場合、あるいは 前提事項に誤りがあった場合、当行の業績等は現時点で予測しているものから大きく乖離する可能 性があります。こうした潜在的リスクには、当行の有価証券報告書に記載されたリスク情報が含まれ ます。将来の予測に関する記載に全面的に依拠されることのないようご注意下さい。
さらに見せる

27 さらに読み込む

目次 1. 重要なお知らせ 2. 第15期 2014年7月期 第1四半期連結決算概要 3. エンターテインメント事業 トピック 4. ライフスタイルサポート事業 トピック 5. 第15期 2014年7月期 の見通し 6. 中長期的な展望 参考資料 エイチーム グループ概要 当社グループは第14期第3

目次 1. 重要なお知らせ 2. 第15期 2014年7月期 第1四半期連結決算概要 3. エンターテインメント事業 トピック 4. ライフスタイルサポート事業 トピック 5. 第15期 2014年7月期 の見通し 6. 中長期的な展望 参考資料 エイチーム グループ概要 当社グループは第14期第3

 Good:例年10-11月は閑散であるものの、消費税増税前の新車販売数の 増加に伴い、例年に比べ、落ち込みが少ない  Good:11月は過去最高の成約報酬売上を達成  Good:11/6にウェディング、二次会、リゾートを『merciブランド』に統一  Good:二次会プロデュース事業merciが計画を上回る受注を継続

59 さらに読み込む

第4期中長期計画成果6

第4期中長期計画成果6

我が国におけるトリュフの生態を紹介してきました。国産トリュフの人工栽 培技術の開発には、海外での人工栽培技術を、国産トリュフの特徴に応じて改 良することが必要です。 また、トリュフ菌の生態については未解明な点も多く、人工栽培に向けて研 究課題が残されています。例えば、トリュフ菌の菌糸にはオスとメスがあって、 その両方がトリュフの発生には必要であることが2013年に[r]

8 さらに読み込む

第4期中長期目標 4th mid target

第4期中長期目標 4th mid target

標期間中に抜本的に再編し、 プログラム ・ マネージャーの下で基礎研究から実用化支援、 知的財産化まで一貫して実施可能な体制を構築する。 なお、 5 科学技術基本計画に おいて、 経済・社会的インパクトが大きい挑戦的な研究開発プロジェクトの普及拡大が 求められていることから、 成功率は低いが成功すれば大きなインパクトが得られる挑戦 的な課題にも果敢に取り組む。 また、 社会問題の解決や新たな科学技術の社会実装に関 して生じる倫理的・法制度的・社会的課題へ対応するため、人文社会科学及び自然科学 の様々な分野やステークホルダーが参画する社会技術研究開発を推進する。
さらに見せる

32 さらに読み込む

分割版(第4章) 第3期障害者計画(後期計画)、第5期障害福祉計画及び第1期障害児福祉計画/羽曳野市

分割版(第4章) 第3期障害者計画(後期計画)、第5期障害福祉計画及び第1期障害児福祉計画/羽曳野市

○2017(平成 29)年3月に近鉄上ノ太子駅におけるスロープの新設・改修、点字ブロッ クの改修等を行い、安全性・利便性の向上を図っています。 ○2016(平成 28)年2月に策定した地域防災計画において、 「災害時要援護者支援体制 の整備」として、災害時の情報提供、安否確認、避難誘導等の要援護者に配慮したき め細かな対策を行うための体制の整備について定めています。要援護者に配慮した避 難場所の確保や、 「避難行動要支援者名簿」等の整備、地域による支援体制づくり、防 災に関する情報伝達手段の構築等、取り組みの強化が求められています。
さらに見せる

28 さらに読み込む

第4期牛久沼水質保全計画(案)

第4期牛久沼水質保全計画(案)

6 推進体制の整備 ----------------------------------------------------- 21 参考 牛久沼水質保全計画体系 --------------------------------------- 22 牛久沼水質保全計画施策一覧 ----------------------------------- 23 フレームの推移 ----------------------------------------------------- 27 汚濁負荷量の推移 ---------------------------------------------------- 27 計画における水質目標について ---------------------------------- 28
さらに見せる

31 さらに読み込む

目次 1. ライフサポート事業3社の分社化のご報告 2. 第14期 2013年7月期 通期決算 3. エンターテインメント事業 トピック 4. ライフサポート事業 トピック 5. 第15期 2014年7月期 の見通し 6. 中長期的な展望 参考資料 エイチームグループ 会社概要 2013年4月に設立

目次 1. ライフサポート事業3社の分社化のご報告 2. 第14期 2013年7月期 通期決算 3. エンターテインメント事業 トピック 4. ライフサポート事業 トピック 5. 第15期 2014年7月期 の見通し 6. 中長期的な展望 参考資料 エイチームグループ 会社概要 2013年4月に設立

ライフサポート事業 ‐15 方針  グループ会社としての運営を軌道に乗せるとともに、各サービスの周辺需要 の取り込みに挑戦し、15も安定的な収益の拡大を目指す ※ラルーンは、15よりエンターテインメント事業へのセグメント変更を行っております。

56 さらに読み込む

Show all 10000 documents...

関連した話題