トップPDF 発表資料6 Mathematica研究会 TuringMachine

発表資料6  Mathematica研究会 TuringMachine

発表資料6 Mathematica研究会 TuringMachine

The function tape creates a tape which contents is given by list and which head is specified by offset.. The symbol indicates a blank.[r]

11 さらに読み込む

科学技術・学術審議会 研究計画・評価分科会 原子力分野の研究開発に関する委員会 原子力研究開発作業部会(第6回)配付資料 [資料6-3(4)]

科学技術・学術審議会 研究計画・評価分科会 原子力分野の研究開発に関する委員会 原子力研究開発作業部会(第6回)配付資料 [資料6-3(4)]

– 当初予定:2004年建設開始、2007年運転開始 – 現在:建設着工が2006年に遅れる模様 • 2003年1月:DOEが「先進的燃料サイクルイニシアチブ( AFCI )に関する議会への 報告書:使用済燃料の先進処理研究と核変換研究」を議会に提出→AFCIプログ ラム開始

15 さらに読み込む

第46回教育研究発表大会 発表資料 平成24年6月分 | 相模原市

第46回教育研究発表大会 発表資料 平成24年6月分 | 相模原市

「『教師としての力量向上をめざす』とりくみについて」 野原 重信 弥栄中学校 【独立行政法人研修機関主催研修】「学校における危機管理について」 小林 俊幸 横山小学校 篠崎 孝爾 青少年相談員協議田名地区会長 宮崎 文江 副会長

2 さらに読み込む

情報組織化研究グループ2013年6月月例研究会(配布資料)

情報組織化研究グループ2013年6月月例研究会(配布資料)

Resource Description and Access: ALA Rep notesによる。 <http://www.personal.psu.edu/jxa16/blogs/resource_description_and_access_ala_rep_notes/> 最後に-いくつかの課題- 以上のエレメント・セットのステータスが published となる時点がひとつの区切りとなるであ ろう。しかし、「決定を RDA 刊行後に持ち越した課題」から見る RDA の方向性」と題して『資 料組織化研究-e』に 3 回に分けて発表した論文で示したように、多くの課題が現時点でも未決定 のままである。RDA で定義しているデータ・エレメントを定義し、それらの URI を確定する作 業と旧来型の目録規則との考え方には大きな隔たりがあり、その溝を埋める努力は今でも続けら れている。いくつかの課題を示して本日の報告を終える。
さらに見せる

6 さらに読み込む

日本機械学会 生産システム部門研究発表講演会 2015 資料

日本機械学会 生産システム部門研究発表講演会 2015 資料

4)対応策の具体化とシステム設計 製造実行 システム 生産 オーダ 在庫 引当 製品 在庫 オーダ管理 システム 品質管理 システム 資材管理 システム 計量サブ システム 投入サブ システム 充填サブ システム トレースサブ システム 品質 認証 計量 指示 製造 予定 生産 実績 文書管理 システム 生産 方法 標準プロセス 条件 材料 品質 資材 在庫 仕掛 在庫[r]

29 さらに読み込む

2019 年 本マインドフルネス学会第 6 回 会 ( 於 : 関 学 ) 概要 発表形式 : ポスター発表 般研究発表 ( ポスター発表形式 ) 発表申込要領 募集内容 : 機関誌 マインドフルネス研究 と同様に, 直接的, もしくは間接的に, 広くマインド フルネスに関係する内容

2019 年 本マインドフルネス学会第 6 回 会 ( 於 : 関 学 ) 概要 発表形式 : ポスター発表 般研究発表 ( ポスター発表形式 ) 発表申込要領 募集内容 : 機関誌 マインドフルネス研究 と同様に, 直接的, もしくは間接的に, 広くマインド フルネスに関係する内容

募集内容:機関誌「マインドフルネス研究」と同様に,直接的,もしくは間接的に,広くマインド フルネスに関係する内容を,学問分野と研究⼿法を問わず,募集します。今回の⼤テ ーマと関連した発表も歓迎します。 応募資格・要件:応募にあたって,次のことをご確認ください。 ü 筆頭著者は,本学会の 正会員あるいは準会員とします※1。 ü ⾮会員は研究発表の共著者となることが可能です※2。 ü 筆頭著者が責任をもって応募⼿続きを⾏ってください。
さらに見せる

6 さらに読み込む

研究発表会の記録

研究発表会の記録

− 道央地域に分布する強粘質転換畑の物理性改善に関する研究(Ⅰ)− 北海道立中央農業試験場 永野 道雄・○北川 巌・横井 義雄 19. 重粘性土壌の浸入度と排水性 − 廃棄発泡スチロール片を混合した凍上対策材料の特性と試験施工− 北海道大学農学部 相馬 尅之・柏木 淳一・○中川 進平 20. 幕別ダム基礎地盤室内パイピング試験について

104 さらに読み込む

JAPLA研究会資料 2018/6/16

JAPLA研究会資料 2018/6/16

 先月の JAPLA の例会では、山本洋一氏より z 値(偏差値)と χ 2 値との数値的関連性 指摘の発表があった。  これに触発されて、今回、私自身もあらためて、偏差値というテーマを見直してみた。 1.生データから、度数分布表、ヒストグラムを作る

9 さらに読み込む

Microsoft Word - P.4.1.2研究発表会要旨(東燃ゼネラル) v6.doc

Microsoft Word - P.4.1.2研究発表会要旨(東燃ゼネラル) v6.doc

3.2.最新ディーゼルエンジン・車両技術およびその性能評価技術に関する調査 燃料性状が燃費に及ぼす影響を正確に評価するためには高精度燃費評価技術の確立 が必要であると考えられるため、研究目標として、繰返し再現精度 1.0%以内の測定手 法開発を設定している。当該目標の達成には、燃費計測にかかわる技術開発・ノウハ ウの蓄積が必要であるが、効率的に研究を進める観点では、内外の研究機関の知見・ ノウハウを積極的に吸収・採用することが重要である。今回、米国の代表的自動車評 価機関を訪問し、また、米国自動車技術主催の国際会議 2007 Powertrain and Fluid Systems Conference に参加し、パワートレインの燃費向上技術の動向ならびに自動車 燃料評価技術の動向について調査した。
さらに見せる

10 さらに読み込む

0308 成果発表会用資料(リチャージ)

0308 成果発表会用資料(リチャージ)

・児童生徒へは、21世紀型グローバルスキルの向上、を目指す ■背景と課題 現在、国内の沖縄本島以外の島部では、実験・研究施設のみの場合を除くと、 大学生が恒常的にいる地域はほとんどなく、プログラミング教育の メンター候補者を見つ けることが困難 な状況にある。

24 さらに読み込む

発表資料4  Mathematica研究会 CUDA Mathematica

発表資料4 Mathematica研究会 CUDA Mathematica

る CUDALink が提供された。 CUDALink は従来の MathLink 方式ではなく、 Mathematica カーネルは CUDA 用にコンパイ. ル・ライブラリ化された DLL(Dynamic Link Libray) を直接呼び出す方式を採用。[r]

13 さらに読み込む

品質管理研究会成果発表資料

品質管理研究会成果発表資料

内藤 次郎 東京海上日動システムズ株式会社 守屋 晋 ピー・シー・エー株式会社 大島 弘充 メルコ・パワー・システムズ株式会社 日科技連 第33年度ソフトウェア品質管理研究 成果発表

17 さらに読み込む

発表資料3  Mathematica研究会 FoodScience

発表資料3 Mathematica研究会 FoodScience

“Modern Cusine: : The Art and Science of Cooking ( 説明 ) Nathan Myhrvold (著者の一人) たとえばバーベキューグリルで肉を焼く。肉の位置、炭の温度、鍋の形状、様々な要因により肉に伝わる温度(熱伝 導)は変化する。数千行のMathematicaコードを使い、完璧なステーキの焼き方を研究

32 さらに読み込む

発表資料2  Mathematica研究会 seminar2011

発表資料2 Mathematica研究会 seminar2011

12/07/11 14:11 Untitled 保存量が2個(HとI)がある場合は、Gを次のように取って両方を同時に収束させることができます。学会発表のようになってしまうので、詳細を知 りたい人は以下の文献を読んでください。

18 さらに読み込む

発表資料1  Mathematica研究会 3D Fitting

発表資料1 Mathematica研究会 3D Fitting

3次元フィッティング 松田裕幸@Mathematica研究 2011.9.10 なんらかの理由で入手できない欠損データを類推したい。既存データからフィッテング関数を求め、この関数を用い欠損値を知る。記号処理と数式処理の連携 の好例。

5 さらに読み込む

第6回豊田ビームライン研究発表会プロシーディングス

第6回豊田ビームライン研究発表会プロシーディングス

壊計測 背景と研究目的 機械部品や電子部品の多くは、金属や無機材料などの異種材料を接合して作られるため、 線膨張係数の差や使用時の温度分布等により、内部に応力が発生し、そのために損傷が引き 起こされる場合がある。これらを評価するために部品を切断すると、損傷の過程を追跡計測 できなくなり、また拘束状態が変化するため正確な応力や損傷を測定できないという課題が あった。新部品の開発において高い信頼性を確保するため、非破壊計測による内部の応力お よび形態の可視化技術が必要とされている。そこで我々は、内部応力の計測については、鈴
さらに見せる

56 さらに読み込む

領域研究報告会ポスター発表資料(2004/12/07)

領域研究報告会ポスター発表資料(2004/12/07)

計算手法 まず,固有値解法,線形解法については,スケーラビリティの観点から共役勾配法・共役残差 法系の反復解法を中心に研究を進め,これらの拡張について複数の提案,発表を行った. また,代数的マルチグリッド前処理法に着目するとともにその並列実装手法に関して研究を 進め,大規模計算機環境上で有効性を実証した.また,高速関数変換については,高速ル ジャンドル変換の提案,ライブラリ化を行うとともに,高速フーリエ変換の効率的な実装手法 について研究を行い,複数のアーキテクチャ上での効率的な実装方式を提案した.これらの 成果の一部は論文として発表するとともに,ライブラリの核となる技術として現在実装を進め ている.
さらに見せる

8 さらに読み込む

実験「燃料電池」 研究発表一覧  第46回関東理科教育研究発表会千葉大会

実験「燃料電池」 研究発表一覧 第46回関東理科教育研究発表会千葉大会

 水素を身近なエネルギーとし、低炭素社会の実現、エネルギーセキュリティの改善、エネルギー効率の向 上など様々なメリットを享受しようとする動きが盛んになっている。燃料電池自動車やグリーン電力スト レージなどの研究が進められている一方、コストや規制、住民の理解など、課題も山積している。日本政府 は、2014年に定めた「エネルギー基本計画」の中で、新たな二次エネルギー源として水素を活用する方針を 定めた。これまで水素は工業プロセスの中で産業ガスとしてしか利用されなかったが、水素を一般消費者の 身近なシーンで利用することによって、低炭素社会の実現、エネルギーセキュリティの改善、エネルギー効 率の向上など様々なメリットを享受することを目指すとしている。そのような状況の中で、高校教育では燃 料電池を作成し、説明する機会が少ないように感じた。そこで、簡易的で安価な燃料電池作成を目指すこと にした。
さらに見せる

2 さらに読み込む

発表資料2  Mathematica研究会

発表資料2 Mathematica研究会

in Developing Solutions for Real-World Image Processing. Tim Kirchner Wolfram Research seminars@wolfram.com.[r]

46 さらに読み込む

兵庫医科大学|研究発表会

兵庫医科大学|研究発表会

整形外科 学( 指導教授 吉矢 晋一 ) 氏 名 武田 悠 当科では 2006 年より CT 画像を用いないイメージフリーのナビゲーションシステムを用いて人 工股関節置換術(THA)を行ってきている。初期のナビゲーションシステムを用いることで、臼 蓋側インプラント設置の正確性と再現性が得られることをこれまでに報告してきた。2011 年より 新しいソフト(Orthopilot THApro)を使用し、これにより、臼蓋側に加え、大腿骨側インプラン トの前捻角、および脚延長量についての術中評価が可能となった。本研究の目的は、この新しい システムを用いた THA における術中ナビゲーション評価の正確性を検討することであった。
さらに見せる

1 さらに読み込む

Show all 10000 documents...

関連した話題