トップPDF 理学部・大学院理学研究院 ・大学院先端生命科学研究院

理学部・大学院理学研究院 ・大学院先端生命科学研究院

理学部・大学院理学研究院 ・大学院先端生命科学研究院

HP アドレス : http://astro3.sci.hokudai.ac.jp/~habe 何を目指しているのですか? 宇宙の中で銀河の形成と進化の物理的な過程を研究しています。ビックバンで膨張を開 始した初期宇宙はほぼ一様な状態であり、銀河や星は形成されていません。そのような宇 宙から、銀河がいつごろどのように形成され進化してきたのかを明らかにする事を目指し ています。初期宇宙ではインフレーションと呼ばれる過程で、極小さな密度揺らぎが作ら れたと考えられています。この小さな揺らぎの証拠は、宇宙背景放射の観測から見つかっ ています。この揺らぎが、宇宙の膨張とともに成長して銀河が形成され、星が形成されま した。星の中心の核融合によって元素の合成が進み、その元素が超新星の爆発によって宇 宙空間にまき散らされ、その後の惑星の形成や生命の誕生につながったと考えられます。 初期宇宙には水素とヘリウムしかなかったので、このような過程が無かったら、地球や生 命のもとになる元素ができなかったのです。私たちの研究室では、宇宙の密度揺らぎから 銀河が形成される過程や、銀河の中でガスから星が形成される過程を理論的に研究してい ます。ダークマターの密度揺らぎの重力によって物質が集められ、銀河が形成される過程 は大変複雑で、スーパーコンピュータによる膨大な計算が必要になります。宇宙のエネル ギーの 70 %以上がダークエネルギーであり、 23 %がダークマターで、 我々の体を作ってい るような普通の物質はわずか4%に過ぎません。この理由は解っていません。この宇宙の 組成は銀河形成や進化と密接な関係にあると考えられています。こうしたことからダーク マターの揺らぎの成長による構造の形成の研究は現在、盛んに取り組まれている研究分野 なのです。
さらに見せる

24 さらに読み込む

長時間労働と健康に関する疫学研究 学位論文内容の要旨(平成27年度修了:平成19年度以降入学者) | 北海道大学 医学部医学科|大学院医学院|大学院医理工学院|大学院医学研究院

長時間労働と健康に関する疫学研究 学位論文内容の要旨(平成27年度修了:平成19年度以降入学者) | 北海道大学 医学部医学科|大学院医学院|大学院医理工学院|大学院医学研究院

【方法】長時間労働の定義は世界各国の標準労働時間を参照し、労働時間 40 時間 / 週( 8 時間 / 日) 前後を超えたものとした。 またシフト勤務自体が研究結果に与える影響を最小限 に抑えるため、シフト勤務者を統計学的解析で除外、シフト勤務別で層別化、または共変 量として調整している研究を対象とした。これらに基づく選択基準を作成し、 Medline 及 び PsycINFO にある 1995 年から 2012 年までの文献を 8 つの検索語を用いて系統的に検索 した。
さらに見せる

2 さらに読み込む

プライマリケア外来における診察時間に関する研究 学位論文内容の要旨(平成23年度修了:平成19年度以降入学者) | 北海道大学 医学部医学科|大学院医学院|大学院医理工学院|大学院医学研究院

プライマリケア外来における診察時間に関する研究 学位論文内容の要旨(平成23年度修了:平成19年度以降入学者) | 北海道大学 医学部医学科|大学院医学院|大学院医理工学院|大学院医学研究院

いることから、日本国内で実施された診察時間に関する研究の論文を抽出した。医学中央雑誌、 CiNii、 JMEDPlus、 Google Scholar、 MEDLINE で具体的な診察時間に言及していた論文を検索した。 【結果】26 の文献が抽出された。診察時間を研究の中心のテーマとしたものは 6 件と限られてい た。研究内容は大きく 2 つに分かれ、診察時間とそれに関する要因を調べたものと、電子カルテ

2 さらに読み込む

教務資料アーカイブ  名古屋大学大学院多元数理科学研究科・理学部数理学科

教務資料アーカイブ 名古屋大学大学院多元数理科学研究科・理学部数理学科

そのうち, 答案 用紙のみを回収する.. 答案の返却も教育研究支援室にて同時に行う.[r]

4 さらに読み込む

教務資料アーカイブ  名古屋大学大学院多元数理科学研究科・理学部数理学科

教務資料アーカイブ 名古屋大学大学院多元数理科学研究科・理学部数理学科

12 月上旬 に行う予定である. 各予備テストの問題は,少なくとも半数が予備テ[r]

4 さらに読み込む

教務資料アーカイブ  名古屋大学大学院多元数理科学研究科・理学部数理学科

教務資料アーカイブ 名古屋大学大学院多元数理科学研究科・理学部数理学科

各予備テストの問題は,少なくと. も半数が予備テスト問題集の類題である.問題集は,多元数理のホームページ[r]

4 さらに読み込む

教務資料アーカイブ  名古屋大学大学院多元数理科学研究科・理学部数理学科

教務資料アーカイブ 名古屋大学大学院多元数理科学研究科・理学部数理学科

幾何学など , 必要に応じて , いろいろなことを勉強しますが , 最終目標は , 具体例を計算するこ とです . もしかしたら , 今まで知られていなかった新しい現象が見つかるかもしれません . また , 聴衆を前にして数学的に筋道の通った話ができ , 質問に対して的確に受け答えできるよう になること , 他の人の話を聞いて議論することができるようになることも , この卒業研究の重要

26 さらに読み込む

学位論文内容の要旨(平成23年度修了:平成19年度以降入学者) | 北海道大学 医学部医学科|大学院医学院|大学院医理工学院|大学院医学研究院

学位論文内容の要旨(平成23年度修了:平成19年度以降入学者) | 北海道大学 医学部医学科|大学院医学院|大学院医理工学院|大学院医学研究院

【背景】 MAMLD1 (Mastermind-like domain containing 1) は、 ヒト染色体 Xq28 から単離された 尿道下裂の責任遺伝子であり、 現在までにナンセンス変異を含む複数の機能喪失変異が尿 道下裂患者で同定されている。 これまでの研究から、 MAMLD1 は胎児性分化臨界期の精巣 におけるテストステロン産生に関与し、その変異はテストステロンの産生量低下を介して

2 さらに読み込む

学位論文内容の要旨(平成24年度修了:平成19年度以降入学者) | 北海道大学 医学部医学科|大学院医学院|大学院医理工学院|大学院医学研究院

学位論文内容の要旨(平成24年度修了:平成19年度以降入学者) | 北海道大学 医学部医学科|大学院医学院|大学院医理工学院|大学院医学研究院

第 3 章 : 性教育を担当する教員の育成、 支援に着目し、 生涯学習の取組み実態を検討した。 2012 年 8 月に実施された、北海道性教育研究大会の参加者を対象に、 無記名自記式質問紙 調査を行った。講習会などへの参加頻度と教員歴、専任科目、性別、学校規模との関連に ついては各項目の関連についてクロス集計を行い、 χ

2 さらに読み込む

学位論文内容の要旨(平成26年度修了:平成19年度以降入学者) | 北海道大学 医学部医学科|大学院医学院|大学院医理工学院|大学院医学研究院

学位論文内容の要旨(平成26年度修了:平成19年度以降入学者) | 北海道大学 医学部医学科|大学院医学院|大学院医理工学院|大学院医学研究院

また、治療モデルとして、セラミドリポソームを投与することにより、 DSS 腸炎を軽減 させることに成功した。 [ 考察 ] 本研究では、 マウス炎症性腸疾患モデルにおいて、 マスト細胞表面に発現する LMIR3 が ATP 刺激によるマスト細胞の活性化を抑制することにより腸管の炎症を制御していること が分かった。マスト細胞は体内では非常に数は少ない存在ではあるが、少ないながらもア レルギー反応においては内部顆粒の放出やサイトカイン、ケモカインなどの放出により非 常に強力な作用を有している。そして、マスト細胞はアレルギー反応のみならず、その活 性化により炎症反応を呈することも知られている。マウス炎症性腸疾患モデルでは、獲得 免疫のみならず、自然免疫系の関連が注目されており、様々な免疫担当細胞に発現するペ ア型免疫受容体ファミリーの関与についても今後進んでいくと考えられる。
さらに見せる

2 さらに読み込む

学位論文内容の要旨(平成27年度修了:平成19年度以降入学者) | 北海道大学 医学部医学科|大学院医学院|大学院医理工学院|大学院医学研究院

学位論文内容の要旨(平成27年度修了:平成19年度以降入学者) | 北海道大学 医学部医学科|大学院医学院|大学院医理工学院|大学院医学研究院

【考察】 新規 AP-1 阻害剤 T-5224 は,c-Fos/AP-1 を阻害する事により,抗 CD3+抗 CD28 抗体刺激 下マウス T 細胞の増殖,サイトカイン(IL-2/IFN- )産生, CD25 発現を抑制することが判明 した.また,同種異系マウス膵島移植モデルにおいてレシピエントマウスのアロ免疫反応 を抑制し,アログラフト生着期間を有意に延長させた.これまで,ラットの同種異系心移 植モデルで JNK inhibitor や AP-1 decoy oligonucleotide を用いた AP-1 阻害の報告例が あるが,それらの報告に対して,本研究でのグラフト生着期間延長効果は著しい.膵島移 植後早期には非特異的炎症反応によってグラフトの 50%以上が傷害されると報告されてお り,T-5224 の抗炎症作用によって,移植後早期の炎症反応を抑制し,グラフト保護効果が 増強したと考えられた.また,T-5224 と Tacrolimus と併用すると主に Th1 系のサイトカ インの mRNA 発現を抑制し, アログラフト生着期間を著明に延長させた. しかし, 移植膵島 を 300 個に減少させたモデルでは,その効果は減弱した.移植後長期間の血糖正常化を維 持する為には十分量の膵島を移植することが必要であるが,膵島が過剰に移植されると, 「インスリン分泌の蓄え」として機能する為,拒絶反応が生じていても見掛け上正常血糖 が持続する事がある.これらの知見と実験結果から,T-5224 と Tacrolimus の併用では, ドナー特異的免疫寛容は誘導出来ていない可能性が高いと判断した.ただし,厳密には長 期血糖正常化例に対する皮膚移植(skin challenge test),グラフトやリンパ組織での制御 性 T 細胞増加の有無などの検討が必要である.
さらに見せる

2 さらに読み込む

学位論文審査の概要(平成26年度修了:平成19年度以降入学者) | 北海道大学 医学部医学科|大学院医学院|大学院医理工学院|大学院医学研究院

学位論文審査の概要(平成26年度修了:平成19年度以降入学者) | 北海道大学 医学部医学科|大学院医学院|大学院医理工学院|大学院医学研究院

本論文は、潰瘍性大腸炎のマウスモデルである DSS 腸炎に関する研究であり、マスト細胞に発 現する抑制型のペア型免疫レセプターLMIR3/CD300f の欠損により DSS 腸炎が増悪することを示し たものである。 細胞外 ATP とマスト細胞の P2X7 受容体が結合することで腸管マスト細胞は活性化 するが、本論文ではその活性化に対しマスト細胞表面に発現する LMIR3 が抑制的に作用すること を、様々な解析により論理的に説明している。

1 さらに読み込む

光学顕微鏡概論 生命科学特論E 京都大学大学院生命科学研究科

光学顕微鏡概論 生命科学特論E 京都大学大学院生命科学研究科

71 2010/4/16 No data copy / No data transfer permitted 対物レンズ:油浸レンズと水浸レンズ 油浸対物レンズ 対物先端とカバーガラスの間を、指定のイマージョンオイルで満たす ⇒ カバーガラス直下の標本にピントを合せた時、最高の分解能・コントラ ストで観察できる

120 さらに読み込む

37 東京 私 大妻女子大学大学院 人間文化研究科 38 東京 私 学習院大学大学院 人文科学研究科 39 東京 私 国際医療福祉大学大学院 医療福祉学研究科 40 東京 私 駒沢女子大学大学院 人文科学研究科 41 東京 私 駒澤大学大学院 人文科学研究科 心理学専攻 臨床心理学コース 42 東京

37 東京 私 大妻女子大学大学院 人間文化研究科 38 東京 私 学習院大学大学院 人文科学研究科 39 東京 私 国際医療福祉大学大学院 医療福祉学研究科 40 東京 私 駒沢女子大学大学院 人文科学研究科 41 東京 私 駒澤大学大学院 人文科学研究科 心理学専攻 臨床心理学コース 42 東京

137 香川 国 香川大学大学院 教育学研究科 学校臨床心理専攻 臨床心理学コース 138 愛媛 国 愛媛大学大学院 教育学研究科 学校臨床心理専攻 臨床心理学コース 139 福岡 国 九州大学大学院 人間環境学府 人間共生システム専攻 臨床心理学指導・研究コース 140 福岡 国 福岡教育大学大学院 教育学研究科 教育科学専攻 教育臨床心理学コース

5 さらに読み込む

進学案内  名古屋大学大学院多元数理科学研究科・理学部数理学科

進学案内 名古屋大学大学院多元数理科学研究科・理学部数理学科

コースデザインでは,数理物理学の代表的な研究テーマの一つである「解ける模型」(可積分系)を 取り上げています.様々な物理系をモデル化して,それを数学的な手法を駆使して解析するのが数理 物理学における代表的な方法ですが,そのなかで厳密に解ける模型は重要な意味を持っています.物 理的には厳密に解ける模型は近似的な方法でアプローチすることが難しい現象に関する知見を深める ために有用である一方で,数学的に見ると厳密に解ける模型には,一般にそれを可能にする興味ある 数理構造(抽象的に対称性あるいは双対性と呼ばれることが多い)が潜んでいるからです.また可積 分系の理論においては,その名の通り,実際に問題を「解く」ことが重要なので,具体例を計算して
さらに見せる

107 さらに読み込む

教務資料アーカイブ  名古屋大学大学院多元数理科学研究科・理学部数理学科

教務資料アーカイブ 名古屋大学大学院多元数理科学研究科・理学部数理学科

半では,きちんとした予習ノートを事前に作成することが求められる. 6. 知っていることが望ましい知識: この分野を学ぶための基礎知識としては,線型代数,微積分及び確率・統計の基礎が必要とな る.これに加えて,表現論や関数解析の初歩的な知識があることが望ましいが,必ずしも必要 としない.この分野の研究には,量子力学の知識が必要となるが,これについては,本コース の中で取り扱うので特に予備知識としては必要としない.本分野は数学のほかに物理学や情報 理論との接点も多いので,これらの分野についても,必要に応じて自ら学ぶ姿勢が必要である. 数学としての必要な予備知識は少ないが,それ以外に,扱っている数学的概念の背景にある操 作的概念を常に意識することが求められる.
さらに見せる

49 さらに読み込む

教務資料アーカイブ  名古屋大学大学院多元数理科学研究科・理学部数理学科

教務資料アーカイブ 名古屋大学大学院多元数理科学研究科・理学部数理学科

リー環 ( リー代数 ) は , 幾何学 , 数理物理学等 , 数理科学の様々な分野との関わりを持っている重 要な代数系です . また , リー環論自体も大変豊富な内容を持っており , とりわけ複素単純リー環 (リー群)の分類定理は , 数理学科の4年間の締めくくりとしてふさわしいものであると思って おります . 幸いなことに , 必要な予備知識はほぼ線形代数学だけです . リー環とその具体例を学

26 さらに読み込む

教務資料アーカイブ  名古屋大学大学院多元数理科学研究科・理学部数理学科

教務資料アーカイブ 名古屋大学大学院多元数理科学研究科・理学部数理学科

サーストンの幾何化予想とペレルマンによるその解決が示すように,ほとんどの3次元多様体 には双曲構造が入る.境界を持つコンパクト3次元多様体に対して,その内部に入る双曲構造 と境界に入る複素構造の間の関係を研究するのがクライン群論である.この分野は,低次元ト ポロジーやリーマン面の変形理論(タイヒミュラー空間論),フラクタル幾何学などが密接に 関連しており,非常に興味深い研究対象である.この少人数クラスではクライン群論の基本的 概念や問題意識を身に付けることを目標にする.具体的には,リーマン面とその普遍被覆変換 群としてのフックス群,リーマン球面のメビウス変換群とその離散部分群(これをクライン群 という),クライン群と3次元双曲幾何との関係などを学ぶ.
さらに見せる

47 さらに読み込む

教務資料アーカイブ  名古屋大学大学院多元数理科学研究科・理学部数理学科

教務資料アーカイブ 名古屋大学大学院多元数理科学研究科・理学部数理学科

パンルヴェ方程式の野海・山田による定式化について学ぶ . 《内容》 パンルヴェ方程式は 19 世紀末にパンルヴェにより導入された非線形微分方程式であるが , 20 世 紀後半に入りアフィンワイル群との関連が見出され , 現在でもそのさまざまな変種を含めて活 発に研究されている . このクラスでは 90 年代に導入された野海・山田による理論をその一人で ある野海の教科書にもとづいて学ぶとともに , ワイル群やシューア関数などその周辺のことが らについてもなじむ .
さらに見せる

18 さらに読み込む

Show all 10000 documents...

関連した話題