トップPDF 母音梯形と母音三角形 ─ 発音指導と評価 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

母音梯形と母音三角形 ─ 発音指導と評価 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

母音梯形と母音三角形 ─ 発音指導と評価 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 フランス語母音三角形では[i][u]が上部左右角を作っているに対し、日本 [w]は中央に寄っている。調音点に置き換えて日本語フランス語音韻体系を比較する、 日本語[w]調音点はフランス語[u]よりはるかに前方にあるという違いが浮き彫り になる。フランス語多い母音をカタカナで表記した教科書が多く出版されているが、言 うまでもなく鼻母音を含め 16 母音全てを 5 種類カタカナでかき分けることは不可能であ る。学習者聴取能力も始め段階ではカタカナ同じフィルターで知覚する。従って学習者 聴覚上では、[u][ø][œ][ə]はすべて日本語[w]フィルターに取り込まれる。そ 結果複合母音が後舌母音として発音されることになる。特にフランス語[u][ə]を 区別する為には、開口度違い同時に、調音点前・後違いに注意する必要がある。先に 指摘したように、日本で出版されたフランス語教科書母音相互関係図(図 11 14)を参考に すると、複合母音[ə]が後舌母音として習得され、[u]混同されることになる。  カタカナで書き分けることが可能な母音でも、音色を決定するフォルマント境界値が日本 フランス語では同じは限らない。日本語[o]調音点が[w]より後方にあるとい うことは、日本人学習者が、フランス語[u]を聞いた時には日本語音韻体系[w] より暗い音として知覚するため、[w]より暗い日本語[o]として知覚する。その結果、フ ランス[u]は[o]として識別される傾向がある。例えば、パリポンピドー綴り字
さらに見せる

20 さらに読み込む

日本人学習者の目指す明瞭性()の高い英語発音とは 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

日本人学習者の目指す明瞭性()の高い英語発音とは 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

3 . 1 . 3  母音発音子音発音  明瞭性に影響度が大きいは、分節素うち母音発音、子音発音いずれであろうか。Yamane (2006)では、80 名日本人英語学習者発話中から発音上問題を含む 52 単語を抽出し て、48 名英語母語話者に聞かせた。その結果、単語単位では明瞭性が低い場合でも、単語 前後コンテキストも含めてセンテンス中で提示する、英語母語話者は正解単語を類推 することができるため正解率が高まる指摘した。前出 Yamane(2006, p.72)では、日本人 英語学習者発音誤りを、アクセント位置誤りというプロソディーが問題なタイプ 母音添加(vowel addition)、母音置換(vowel substitution)、子音置換(consonant substi- tution)、子音削除( consonant deletion )という分節素が問題なタイプに分類して、どのよう な種類分節素が明瞭性に影響を及ぼすかを調べた。表 1 は各エラータイプ、それぞれ正解 率を表している。この表からは、誤り中では子音削除が 35.8%で一番正解率が低いことがわ かる。当然発音されるべき子音が発音されていない明瞭性が落ちるである。
さらに見せる

13 さらに読み込む

初めての英語発音指導 ―英語の歌を歌おう― 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

初めての英語発音指導 ―英語の歌を歌おう― 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

ば、「コンビニで売っているおにぎり形」説明することもできます。前者は、三角形定義 としては正確ですが、幼稚園児に教えるときには適切でしょうか。後者は、三角形説明し ては正確ではありませんが、おそらく、幼稚園児には「ピン」くるものがあるでしょう。こ れは、どちらが良いかという問題ではなく、同じことを説明する場合でも、学習者年齢や理 解力や目的に合わせて、その都度、教え方を工夫した方が良いということだ思います。  英語発音についても同じことが言えます。英語発音仕方を指導する場合、教員が実際 にその音を発音して聞かせてもいいでしょうし、『ランダムハウス』発音解説」ように権 威ある辞書を利用する場合が良い場合もあるでしょう。また、ここでご紹介するように、民間 団体が運営しているウェブサイト解説を利用する方が学習者にとって理解しやすい場合も ある思います。この項では、『ランダムハウス』発音記号を、ウェブ上で公開されている 「英語発音教室 PLS」発音解説を引用したい思います。句読点等は筆者が調整し、漢字・ 仮名使い方はウェブ上で公開されているとおりにしてあります。便宜上、母音数を 22、子 音数を 24 にしています。実際音は「英語発音教室 PLS 」ウェブサイトをご参照くだ さい 1) 。
さらに見せる

16 さらに読み込む

岐路に立つルクセンブルクの3言語主義 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

岐路に立つルクセンブルクの3言語主義 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

5 .ドイツ外国? ― 言語間距離言語教育  ドイツ屋根なし外部方言を造成して作られたルクセンブルクは、ドイツ同じ西ゲ ルマン系派に属すため、当然ながらドイツ距離は極めて近い。Sokal et al.(1992)で は、Ruhlen(1991)による言語学的分析に依拠しながら、主要な印欧語距離を樹形図であら わしている。それによるルクセンブルクはドイツやオランダ同じグループに属して いて、言語間距離はとても近くなっている。その距離は、ポルトガルガリシア、スペ インカタルーニャ、チェコスロバキア、デンマークスウェーデンノルウ ェーなど同等評価されている。これに対して、ルクセンブルクフランス語距離 ははるかに遠い。数字で表す、ルクセンブルクドイツ距離がおよそ 0.9 程度する 、ルクセンブルクフランス語距離は 15 程度にもなる(Sokal et al. 1992: 7671)。ちな みにルクセンブルク英語距離はおよそ 2.9 程度であることから、英語はドイツより距 離が遠いが、フランス語よりはるかに近い。言語距離が近ければ学習が容易になるが、同時 に転移(transference)が発生しやすくなるという問題もある。しかし、転移による混同を避 ける学習よりも、まったく異なる形式を学習する方がはるかに難しい。したがってルクセンブ ルク言語系統が同じドイツ語は、ルクセンブルク母語話者にとって最も学びやすい 言語である。
さらに見せる

14 さらに読み込む

国際交流におけるコンフリクトの解決スキル 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

国際交流におけるコンフリクトの解決スキル 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

Key words international collaboration, conflict resolution, facilitation skills 1 .ASEP 教育効果  毎年 12 月最終週、中華民国高雄市において、AJET (Advanced Joint English Tele commu- nication) WYMC (World Youth Meeting Committee)が主催し、高雄市政府、國立中山大学、 高雄高級中学、他後援により ASEP (Asian Student Exchange Program)が開催されている。 そこでは、アジア各国(台湾、日本、韓国、インドネシア、マレーシア)から中学・高校・大 学生が集い、ICT を活用した事前交流、2 カ国協同英語プレゼンテーション、対面交流を通じ た国際交流活動が行われている。(昨年度で 11 回目:[http://www.kageto.jp/asep/2010/]参照)  この ASEP による教育効果は、一言でいう「実践による学び奥深さ」である。このこ は、ネイティブ・アメリカンが遙か昔に気づいており、次ような諺として先祖代々語り継 がれている:
さらに見せる

7 さらに読み込む

ピア・ラーニングに対する学習者の認識と学びのプロセス 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

ピア・ラーニングに対する学習者の認識と学びのプロセス 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

として協同的学習導入を提案している。 「協同学習」「協働学習」「協調学習」などいくつか 呼び名があるが、小稿では「協同学習」または「ピア・ラーニング」を用いることにする。 1 . 3  協同学習  コンピューター技術発達を背景に、認知科学では、個人的な過程他者や周囲環境 関係性なかで、人間認知的な過程を解明しようという傾向が強まっている。協同学習は、 Vygotsky(発達心理学)社会文化的アプローチや Lave & Wenger(文化人類学)学習にお ける状況論的アプローチなどをその理論的ルーツにして発展してきた社会的構成主義を背景 している。そして、Vygotsky は、学習は他者関わり合う活動を通して発達するものである し、子ども発達水準を、自主的解決が可能な現在それ、自主的解決は不可能であって も親や教師支援下であれば解決が可能な明日発達水準に分け、後者を「最近接発達領域 zone of proximal development; ZPD 」呼んだ。一方、Lave & Wenger(1991)は「正統的周 辺参加論」(Legitimate Peripheral Participation; LPP)を提唱し、学習は、人が社会や共同体 実践に体験的に参加し、他者相互作用を通してアイデンティティを確立していく、状況 に埋め込まれたプロセス活動で、社会的かつ互恵的であるしている。認知的徒弟制度は、 この流れなかで Collins や Brown が提唱した 4 段階モデルであり、「モデリング」に始まり、 「コーチング」や「スキャフォールディング」を経て、最終段階「フェイディング」をもって
さらに見せる

11 さらに読み込む

母の糸遊び―手芸と絵本のゆたかな出会い― 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

母の糸遊び―手芸と絵本のゆたかな出会い― 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

Mr. Wolf ? ]整理する、表現方法も、扱う内容も、また、対象読者も多岐にわたる、いろい ろな絵本に出会っていたことがわかる。  内容面について言えば、民族として歴史や価値観継承が子ども手に託されるというも が、一つ主流をなしているように思われる。そこには、子どもが手にする機会多い絵本 というメディアを通して、道をつないでいこうする大人期待努力がうかがえる。  表現手段として手芸が用いられる場合については、手作りされた作品には、あたたかみやや わらかさがあり読者に威圧感を与えないということ、そして、用いられる素材質感が、絵本 雰囲気を作り出すに大いに関与している、ということが明らかになった。手芸を選択する ことで、絵本作家は、糸や毛糸、布、紙などさまざまな材料を用い創作に挑む。絵筆代わり に選ばれた材料には制限もあるが、他方可能性も大きい。出来上がった作品には、手芸でしか 生み出すことできない効果が見られる。しかし、表現手段が絵であれ手芸であれ、絵本を読 むと、いや絵本に限らず、どんなジャンルであれ真摯に取り組まれた作品には、共通して感じ られることがある。それは、それぞれ作品を作りだすには、膨大な時間エネルギーが費や されたであろうこと、そして、それが、作品力になっているということである。制作中に、 その作り手こころなかに去来したさまざまな思いが、その作品を深化させているであろ う。それを読み取るには、読者開いた心が必要なる。
さらに見せる

16 さらに読み込む

日本語教育における学習者コーパスの構築とICLEAJ 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

日本語教育における学習者コーパスの構築とICLEAJ 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 SLA(Second Language Acquisition, 第二言語習得)は外国や第 2 言語学習プロセスを支 配する原理を明らかにすることを主要目的にしているが、Ellis(1994: 670)はそのデータには 学習者言語使用データに加え、文法性判断ようなメタ言語的判断や質問紙法や思考発話法 ような自己申告データなど 3 種類あるしている。さらに、非統制言語使用データを非誘 導型、有統制それを誘導型、メタ言語的判断や自己申告データを内省型データ呼んで、優 れた研究は様々なデータソースを使用している研究である述べている。そしてこれまで SLA 研究は、内省型や誘導型言語使用データを中心に行われてきたが、学習者コーパスは非誘導 型言語使用データがもっている出現頻度や変数、回避といった問題を解決できる利点を十分 に備えている述べている。
さらに見せる

9 さらに読み込む

日本語「ノンネイティブ」教師の専門性とアイデンティティに関する一考察 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

日本語「ノンネイティブ」教師の専門性とアイデンティティに関する一考察 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

ーダレス化する社会状況において、英語が国際として認識されるようになった結果、英語話 者多様性に注目した研究が増えた経緯があり、「ネイティブ・スピーカーは誰か」という定 義づけ問題が顕著化したためである(嶋津,2015)。  この「ネイティブ・スピーカー」「ノンネイティブ・スピーカー」という二項対立概念だ が、対象言語ノンネイティブを多く抱える現在多文化共生社会においてはすでに意味をな していないことが、英語教育分野では議論されている。例えば、Kramsch(1997)や Davies (2003)は、「母語話者性」というものが理念上規範にすぎないことを指摘し、「ネイティブ・ スピーカー」「ノンネイティブ・スピーカー」という二項対立関係そのものが、ある種権 威をネイティブ・スピーカーに与えている捉えている。外国教育では、学習者到達目標 としてその言語理想的な話者モデルを必要するため、その言語に関する正しい知識を持ち、 その言語を正しく使用するされているネイティブ・スピーカー存在が重要な意味を持つわ けである。しかし、その言語に関する「標準」をネイティブ・スピーカー言語使用に求めた 場合、ノンネイティブ・スピーカーである学習者言語行動は「逸脱」見なされることにな る(Firth & Wagner, 1997)。
さらに見せる

14 さらに読み込む

英語的な表現と日本語的な表現 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

英語的な表現と日本語的な表現 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 John Hinds が挙げているように、家族で食事をしているとき、誰かがミルクをこぼす、日 本なら「あっ、ミルクがこぼれた」など言う。英語場合、“Oh, no, she spilled milk”(Hinds 27)ように主語を明示し能動態で表現するがふつうである。つまり英語場合、誰がミル クをこぼしたかという情報が欠かせないものであるに対して、日本では、誰がミルクを こぼしたかということよりも、何が起こったかという出来事方に関心が向けられる。  このように、同じ出来事を経験しても、それを言語化する際、英語日本語では言語化さ れた表現に違いが生まれる。そこで本稿では、これまでに積み重ねられてきた英語日本 表現差異研究をとおして、英語から日本語へ翻訳について考えてみる。
さらに見せる

7 さらに読み込む

フランス語教育に必要とされる文法知識 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

フランス語教育に必要とされる文法知識 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 教材により学習する動詞時制形数は異なるが、すべて教材で複合過去形は最初に学習す る直説法過去時制なっている。週 1 回授業が想定される教科書では最終課で現れ(『話し てみようフランス語』:12 課、『カジュアルにフランス語』:14 課)、週 2 回(以上)授業が想 定される 3 つ教材では教科書後半(『場面で話すフランス語』:8 課[全 12 課]、Alphabetix: 14 課[全 15 課]、『ピエールユゴー』:12 課・13 課[全 18 課])で導入されている。これら 課において、複合過去形は「過去」という時間軸密接に結びついて提示されている。『話し てみようフランス語』『場面で話すフランス語 1』では過去時関連性が課テーマ「過 去ことを言う」(『話してみようフランス語』)、「過去出来事」(『場面で話すフランス語 1』) として明確に打ち出されている。他 3 つ教材では「過去」という言葉が明示されることは ない。しかし、課学習内容が過去事柄関係していることは、課タイトル( Vous avez bien travaillé. よく働いてくれたわね『ピエールユゴー』12 課:p. 52)、課セクションサ ブタイトル( Qu’est-ce que vous avez fait hier ? 昨日何をしましたか?『カジュアルにフラン ス』14 課 Conversation:p. 67 )、練習問題指示(滞在中出来事、やったことを下写 真を参考に複合過去形で述べてください。Alphabetix : p. 103, activité 6 指示文)から容易に 見て取れる。
さらに見せる

25 さらに読み込む

「日本の英文学研究」考 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

「日本の英文学研究」考 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

時中、果敢に執筆活動に勤しんだ桝井迪夫にとっては、敗戦は実に不幸なことであった筆者 には思われる。なぜなら、戦後思想がこれまではすっかり変わってしまったからである。戦 後は「戦争は悪である」という思想一色に染まってしまっただ。第二次世界大戦中は国家 意思に積極的に賛意を表明し、実社会コミットメントを強く希求した桝井迪夫ような英 英米文学研究者にとって、戦後こうした時代風潮は、非常に居心地が悪かったであろう 推察される。太平洋戦争後時代を一体どういう態度で生きてゆけばいいかを、桝井迪夫は きっと悶絶しないわけにはいかなかっただろう。そうした苦悶を抱えつつ、桝井迪夫は戦後、 名門広島大学英語学教授として広島学派を率い、あまた優れた弟子を日本中大学に送り 込んだ。筆者は、英語学泰斗・桝井迪夫若き日人間味溢れる情動的な研究姿勢に、今や 時流なった自然科学的色彩を濃厚に帯びた「evidence-based」的な研究法は一味違う迫真 力を感じてしまう。人文学真髄も言える人間痕跡が桝井文章には存在するだ。筆者 は今、「情動的な研究姿勢」表現したが、これはまさに、歴史学者・白永瑞が論考「社会人文
さらに見せる

22 さらに読み込む

オズボーンの復讐 ヘンリー・ジェイムズ 著 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

オズボーンの復讐 ヘンリー・ジェイムズ 著 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

し、頭はコングリーブ嬢ことでいっぱいで、目は絶えず彼女顔を見ていた。ときどき彼女 視線合うときがあった。激しい嫌悪感がふつふつ胸にわき起こった。ヘンリエッタ・コ ングリーブに必要なは、彼女が他人を利用した同じように彼女も人に利用されることだ 彼は独り言を言った。明らかに今牧師を利用している同じように。水流中ほどで空し く底を手探りしながら、耳まですっぽり彼は恋に落ちていた。その間、乾いた靴を履いたまま 彼女は水辺に座っているだった。彼女は教訓を学ぶ必要があった。しかし、誰がそれを彼女 に与えることができるだろうか?彼女すべて師が知っている以上ことを彼女は知ってい るだ。男性は彼女に近づき、魅了され虜になるだけだった。もし彼女が、自分同じほど明 晰な頭脳、活発な想像力、不屈意志を持つ者、あるいは師仰ぐ者に出会いさえすれば!テ ーブルをひっくり返し、彼女出先をくじき、彼女を虜にし、そして突然時計を見て別れ挨 拶をする、そんな男性に出会いさえすれば!そうすれば恐らくグラハムも安心して眠りにつく ことができるだろう。人心をもてあそぶということがどういうことか彼女にも分かるであろ う。というのも、彼女心は、まるでブロンズに対するガラスようなものだからである。オ ズボーンはテーブルを見まわした。しかし、カーペンター夫人招待客には、彼が心に描く ― ブロンズ水晶頭を持つ ― 英雄にほんのわずかでも似ている男性はいなかった。彼ら はまさに、若い女性をそばにはべらせるが似合う若者たちに過ぎなかった。しかし、ヘンリ エッタ・コングリーブはそのような女性一人ではなかった。彼女は舞踏会にいる単に軽薄な 女性ではなかった。彼女しぐさにはどこか真剣で高貴な何かがあった。それは知的な喜びで あった。誠実な男性心を最後一滴まで飲み干し、恐ろしい食品に白い花を咲かせるだっ た。オズボーンが辺りを見わたす、周囲存在、サンドウィッチやシャンパンことを 一瞬忘れてしまったかように見える若い女性に目がとまった。彼が彼女ことを見ている に気がつく、もちろん、その女性はすぐに目皿に視線を落とした。しかしオズボーン は彼女視線意味を読み取った。それ ― まだ清純さ残る乙女視線 ― は、容易に翻訳 できる言葉で、「あなたこそ私が探し求めていた男性です!」語っているように思われた。つ まり簡単に言う、オズボーンさん、あなたは何て素敵な方なんでしょう、ということである。 オズボーンは脈が速くなるを感じた。彼計画は始まっただ。彼際立った容姿がコング リーブ嬢心を傷つけるに十分な装備だというわけではなかったが、少なくともそれは彼 任務を外に向かって表現するものだった。
さらに見せる

36 さらに読み込む

Analog pleasures in a digital world 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

Analog pleasures in a digital world 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

While teaching in Newark, I learned that another campus of Rutgers University wanted to hire someone to teach theater studies.. I applied, and had an interview.[r]

18 さらに読み込む

at Workにみるルース・ベネディクトの肖像 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

at Workにみるルース・ベネディクトの肖像 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 バッファローに行く前から私は「物書き」をしていました。ある夏日、オワトナから帰っ て牧場家にいた時、ウィルおじさんが私儲けを数えていました。彼は私が 10 点ノートに書 き取ったら、1 ドルくれる言いました。何を書いたかは覚えていませんが、大きな誇り責 任を感じたを覚えています。母は子どもが書いたものに対して、子どもだからいって甘や かして、誇張した値段をつけるはよくない思ったかもしれません。しかし、その頃私が感 じていたマージェリー器用さうまくバランスをとるためには仕方ない思ったかもしれ ません。バッファローでマージェリーが土曜日に美術学校に行き始める、私は家で文を書い て母に見てもらいました。4 月吹雪について書いたを今でも覚えています。それはこんな ふうに始まります。 「春日差し日々を通して、お日さまは地球交わり、毎日とてもとても 素敵でした。」それは詩ような拍子であったことがとても気になりました。でも他にどのよう に表現したらいいか分かりませんでした。この頃までに、私はかなり本を読んでいました。 ディケンズ、特にデイビッド・コパーフィールド、そしてスコット、特に「アイヴァンフォー」。 でもそこから学ぶことは特にありませんでした。この時期までに読んだ本で聖書に優る本はあ りませんでした。ルツ(旧約聖書一書)話はラモーナより良く、ジョブ詩はロングフェ ローより良い思いました。今でも最初聖書を持っており、それは注意深く赤線が引 いてあり、一所懸命に書いた文章ページがはさまれています。バッファローに移った時から マージェリー私は教会に行く、週に 5 セントもらい、日曜学校で聖書 3 節を 1 日におぼ え、日曜日には 6 節おぼえる 1 ペニーもらえました。私は何十も章を暗記しました。 「エバ ンジェリン」「ヒアワサ」詩は高尚なものだ聞いていましたが、私はあまり好きではあ りませんでした。
さらに見せる

28 さらに読み込む

北村裕教授 略歴及び主要研究業績 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

北村裕教授 略歴及び主要研究業績 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

外国学部紀要 第 10 号(2014 年 3 月) 8 Kitamura, Y., K. Horii, K. Kotani, T. Asao & G. d’Ydewalle. (2009). How may asymmetry be accommodated by an ocular-motor map? Abstracts of the European Conference on Eye

3 さらに読み込む

福井七子教授 略歴および主要研究業績 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

福井七子教授 略歴および主要研究業績 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

「日本人行動パターン」共著 山折哲雄、ポーリン・ケント(1997)NHK 出版 1-172 “Background Research for The Chrysanthemum and Sword Dialectical Anthropology”   共著 Pauline Kent(1999)Kluwer Academic Publishers 173-180 “The Lady of the Chrysanthemum: Ruth Benedict and the Origins of the Chrysanthemum and the Sword” 共著(2004)The Johns Hopkins University Press

4 さらに読み込む

杉谷眞佐子教授 略歴及び主要研究業績 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

杉谷眞佐子教授 略歴及び主要研究業績 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

2004 年 「ドイツ連邦共和国」大谷泰照/林桂子他編『世界外国教育政策 ― 日本外国 教育再構築へ向けて』東信堂 pp.257 85.(単著) 2010 年 「ドイツ」「オーストリア」「ポーランド」「関連事項解説」.大谷泰照監修,杉谷眞佐 子,脇田博文,橋内武,林桂子,三好康子(編)『EU 言語教育政策 ― 日本外国 教育へ示唆』くろしお出版 .「関連事項解説」pp.1 6;「ドイツ」pp.53 69;「ポ ーランド」pp.283 296;「オーストリア」pp.187 202. (単著,「オーストリア」は一部, 今堀志津氏共著)
さらに見せる

3 さらに読み込む

ある肖像画の物語 ヘンリー・ジェイムズ 著 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

ある肖像画の物語 ヘンリー・ジェイムズ 著 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 エベレットは約束朝に父親であるエベレット氏エスコートで現れた。エベレット氏 は物事を望ましい形式で行うことを大変誇りにしており、あらかじめバクスターに紹介されて いた。バクスターマリアン間に短いが丁寧な挨拶が交わされ、その後で二人は仕事に取 りかかった。エベレットはバクスター希望や思いつきに気持ち良く応じ、同時に、どういう ことをすべきでどういうことはすべきでないかについて多く確信を臆することなく披露した。  彼女確信が的を得ており彼女希望は余すところなく共鳴できるものであることにその若 い芸術家はまったく驚かなかった。頑迷で不自然な偏見折り合いをつけることも、自分最 善意図を近視眼的な虚栄心犠牲にすることも要求されないことが彼には分かった。  エベレットが中身ない女性であるかどうかということはここで言及されることではない。 しかし少なくとも、彼女は次ことを理解するだけ分別は持ち合わせていた。つまり、蒙を 開かれた聡明さ関心は、それが絵画主たる目的であるだから、画家視点から見て良い ものであるべき絵によって最も良く満たされなければならない。さらに、彼女名誉ために 以下ことをつけ加えてもいいだろう。絵画が、その情熱持続というまがい物 ― へたな模 倣 ― 以上何かになるためには、情熱要請によって遂行された絵画にどんなに偉大な芸術 真価が適切に付与されるべきであるか、彼女は余すところなく理解していた。そして、彼自 身ためであれ他人ためであれ、非論理的で利己的な関心介入ほど芸術家情熱を冷めさ せてしまうものはないことを、彼女は本能的に悟っていた。
さらに見せる

30 さらに読み込む

ゴードン・スコット・ジョンソン教授 略歴及び主要業績 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

ゴードン・スコット・ジョンソン教授 略歴及び主要業績 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

単著  平成元年 3 月  関西大学経済政治研究所 「研究双書」 第 67 冊 pp. 130-155. “Sketch-tour books and prints of the early twentieth century” 単著  平成 2 年 1 月  Andon Vol. 10, No. 37 pp. 3-33. “The ‘Sketch-Tour’ Books and Prints and the Role of Osaka Publisher KANAO Tanejiro” 単著  平成 3 年 3 月  関西大学経済政治研究所「研究双書」第 77 冊 pp. 86-127. “The Japanology Class and the Audio-Visual Center”

5 さらに読み込む

Show all 10000 documents...

関連した話題