トップPDF 東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔 DPRI2011 sato etal

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔 DPRI2011 sato etal

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔 DPRI2011 sato etal

佐藤 林春男 村圭子 〇 Shosuke SATO, Haruo HAYASHI, Keiko TAMURA Frequent and heavy rainfall in recent years has result into spontaneous damage in Japan. In this paper, we analyzed the open-ended answer text data of questionnaire survey from the municipal government officials who had experienced evacuation advisory or order publishing among heavy rain disasters in 2009. We applied a text mining system (TR: TRENDREADER) to analyze the text data. The characteristics of these extracted learnt lessons and found issues suggest that, the local responders in heavy rainfall regions should reinforce their emergency response, decision-making of evacuation advisory and communication to the residents.
さらに見せる

1 さらに読み込む

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔 CCC2012 sato

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔 CCC2012 sato

民 東松島市大曲浜地 東松島市大曲浜地 全世帯 世帯 東松島市 水道施設被害 関 国土交通省 東日 大震災 起因 施設 害 瘠生 全処理場 ヶ所 青森 岩手 宮城 福島 茨城 水道施設被害 関 国土交通省 東日 大震災 起因 施設 害 瘠生 全 場 ヶ所 青森 岩手 宮城 福島 茨城 水道施設被害 関 国土交通省 東日 大震災 起因 被害 瘠生 災害査 自 体 ヶ所 青森 岩手 宮城 福島 茨城

38 さらに読み込む

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔 isss2013sato etal

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔 isss2013sato etal

Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University It is important to manage a system for human resource support from outside of affected areas for disaster response. In this paper, we have basically evaluated and analyzed the data of external human resource support into Iwate, Miyagi and Fukushima in the 2011 Great East Japan Earthquake disaster. The number of assisting staffs from outside affected area, volunteers and temporary inflowing population as the index of human resource support at each city and town have been evaluated with available parameters. The results suggest that the correlation of the number of external human resource with the hazard impact is low but those with human damage, physical damage, population before the quake, and exposure of mass media is significant.
さらに見せる

11 さらに読み込む

PDF 東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔

PDF 東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔

置 環 境 文脈 考 慮 い い 点 表 5 災害時の困難に対応 対処した事例 ベ 年代の ス集計結果 件数 割合 件数 割合 件数 割合 件数 割合 件数 割合 件数 割合 件数 割合 自発的に無償の奉 をす 2 8.3% 3 14.3% 12 16.9% 27 46.6% 17 20.7% 2 3.3% 1 12.5% 64

9 さらに読み込む

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔

セグメント化の妥当性や有用性を検証するために,セ グメントごとに,心身ストレスの得点,生活復興感得点 (いずれも前掲),復興過程感得点 11 ) の比較を行った (図 5~7).復興過程感得点は,「これから,どのよう に暮らしていけば良いのか,そのめどが立っている.」 「『生きることには意味がある』と強く感じる.」「そ の後の人生を変える出会いがあった.」「家族や親族, 友人の大切さを見直した」を「1.まったくそう思わな い」~「5.まったくそう思う」の 5 段階で問った結果を 用いて主成分分析を行った得点(主成分得点)である. なお,以上の主成分分析の結果,成分は 1 個だけ抽出さ れた.なお,以上の指標をセグメントごとに比較すると 同時に,多重比較によって,セグメント間に有意な差が 見られるかどうかを併せて検定した.これにより,セグ メント化が適切に行われているかどうかを検討した. 心身ステレス得点は,経過見守り層が最も高い(図 5).これは,経過見守り層に該当するカテゴリークラス ターに「老老世帯」が含まれていることから,心身スト レス得点が高い傾向を示していると考えられる.住まい 再建支援層の心身ストレス得点も高い(図 5).心身ス トレス得点をセグメントごとに多重比較を行った結果, 経過見守り層と住まい再建支援層の間には,有意な差は 見られず,それ以外の組み合わせでは 5%水準で有意な 差が見られた.生活復興感得点は,住まい再建支援層が 最も低い(図 6).住まい再建支援層は,主にもともと 内陸に居住していたというカテゴリークラスター「内 陸」が該当しており,沿岸の被災者に比べて,災害公営 住宅等の住まい再建に関する公的支援が不足しているこ とが,生活復興感が低くしていることが考えられる.生 活復興感得点をセグメントごとに多重比較を行った結果, いずれの組み合わせでも 5%水準で有意な差が見られた. 復興過程感も,住まい再建支援層が最も低い(図 7). 住まい再建支援層のみ,それ以外の 3 つのセグメントと 5%水準で有意な差が見られた.
さらに見せる

10 さらに読み込む

第 26 回 日本婦人科がん検診学会 総会 学術講演会 プログラム 抄録集 テーマ 婦人科がん検診を鳥瞰する 会 期 会 場 2017 年 9 月 2 日 土 3 日 日 仙台国際センター 会議棟 2 階 萩 会 長 伊藤 潔 東北大学災害科学国際研究所 災害医学研究部門 災害産婦人科学分野 教授

第 26 回 日本婦人科がん検診学会 総会 学術講演会 プログラム 抄録集 テーマ 婦人科がん検診を鳥瞰する 会 期 会 場 2017 年 9 月 2 日 土 3 日 日 仙台国際センター 会議棟 2 階 萩 会 長 伊藤 潔 東北大学災害科学国際研究所 災害医学研究部門 災害産婦人科学分野 教授

子宮頸がん検診の有用性は科学的に証明されており、検診プログラムの成否を決める最も重要な要 素は検診受診率である。2007 年に成立したがん対策基本法では、がんの早期発見のためにがん検診 受診率 50% を目標に掲げている。しかし、平成 21 年度から子宮頸がん検診クーポンが配布されたに もかかわらず、平成 25 年国民生活基礎調査によれば、子宮頸がん検診受診率は 40% に留まっている。 子宮頸がん検診の障壁となっているのは羞恥という感情的な問題のみならず、地方では医療施設・検 診施設が限られることや検査の為に仕事を休まねばならないという現実的な問題の存在である。この 問題を解決するためには、採取方法の改良と検診にアクセスできる体制の抜本的改善が必要である。 自己採取 HPV 検査は受診者の心理的負担が少なく、在宅で実施可能であり、受診施設がない地域 でも可能な感度の高い検診方法である。そのため、今年度(2017 年)から、オーストラリアおよび オランダでは HPV 自己採取法が国の検診プログラムに正式に導入される。さらにカナダでは、自己 採取器具のひとつである Herswab が個人利用として認可を受けた。
さらに見せる

67 さらに読み込む

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔

4 ) 震災遺構の対象候補について,発災後に比較 的早くに話題になり(記事になり) ,ネガティ ブなストーリーが存在するものは,解体され やすい傾向が見られ,話題になるのが比較的 遅くポジティブなストーリーがあるものは保 存されやすい傾向にあることを確認した. 本稿では,東日本大震災の被災地における震災遺 構について,震災発生から 5 年の全体像を把握した. 以上 5 ) によれば, もし,対象物を震災遺構として保 存したい意図がある場合には,対象物が震災におい てポジティブなストーリーを有するものであれば, 比較的意図通り保存される可能性がある.一方で, ネガティブなストーリーを有し,早期に社会的に話 題になるような対象物は,今後発生する災害におい
さらに見せる

9 さらに読み込む

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔

An Analysis of Reconstruction Grant Project on the 2011 Great East Japan Earthquake Disaster Focus on the Projects of Coastal Municipalities in Iwate and Miyagi Prefectures.. at the Fi[r]

11 さらに読み込む

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔

常 時 に け る 拠 点 ご の 食 料 調 達 ル ト 被 災 時 に け る 食 料 調 達 逼 迫 の 可 能 性 に つ い ·········································································· 」7 守茂昭、別府茂、矢代晴実、守真弓 大規模災害発生時に消防隊員 食 る活動食の必要要件の検討 ······················· 47 麻見直美、緒形ひ み、赤野史典、小泉奈央、玄海嗣生、堀部秀俊

110 さらに読み込む

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔

4)想定南海トラフ地震が発生した場合の復興に関す る行動の意向:科目を受講したことをきっかけに, 次に起きる災害の復興にも関心が及ぶことが想 像された.そこで,「今このとき,南海トラフ巨 大地震・津波が発生し,西日本の太平洋側で東日 本大震災に匹敵するぐらい災害が発生した場合, 何か行動を起こそうと思いますか?」という質問 を行い,「1.何かしたい・したいことが決まっ ている」「2.何かしたい・何をするかはその時 考える」「3.何かしたいが,何をすればいいか 分からない」「4.何かしたいと思わない」で回 答をもらった.科目が影響していれば,選択肢1,
さらに見せる

7 さらに読み込む

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔

ࡢኌࡸ⾲⌧࡛༴㝤ࡀ㧗ࡲࡾࡘࡘ࠶ࡿ࡜࠸࠺᝟ሗࢆ㝶᫬Ⓨ ಙࡍࡿࡇ࡜ࡀồࡵࡽࢀࡿࠋ  ୖ㏙ࡋࡓຠᯝⓗ࡞㑊㞴ఏ㐩ᩥࡢ≉ᛶࢆ㋃ࡲ࠼ࠊᮏ◊✲ ࡣࠊ」ᩘࡢ⮬἞య࠿ࡽỈᐖ࣭ᅵ◁⅏ᐖⓎ⏕᫬ࡢ㑊㞴ఏ㐩 ᩥࢆ㞟ࡵࠊศ㢮ࡋࠊẚ㍑ࡍࡿ஦࡛ࠊ࡝ࡢࡼ࠺࡞ᩥᆺࢆ౑ ࠸ࠊఏ㐩ᩥ࡟࡝ࡢࡼ࠺࡞᝟ሗࡀྵࡲࢀ࡚࠸ࡿ࠿࡞࡝ࠊゝ ㄒᏛⓗどⅬ࠿ࡽ㑊㞴ఏ㐩ᩥࡢ⌧≧ࢆໟᣓⓗ࡟ぢ࡚࠸ࡃࡇ ࡜ࢆ┠ⓗ࡟ࡋ࡚࠸ࡿࠋࡲࡓࠊࡶ࠺୍ࡘࡢ┠ⓗࡣࠊ⌧≧ࢆ ᢕᥱࡋࡓୖ࡛ぢ࠼࡚ࡃࡿ㑊㞴ఏ㐩ᩥࡢၥ㢟Ⅼࡢᣦ᦬࡜ᨵ ၿⅬࢆᥦ᱌ࡍࡿࡇ࡜࡛࠶ࡿࠋࡲࡎࠊⓎ⅏᫬ࡢ⥭㏕ࡋࡓ≧ ἣୗ࡛ࠊ㑊㞴ࢆ㎿㏿࡟ࡍࡿࡓࡵ࡟ࡣࠊ⪺ࡁᡭࡀࡍࡄ⌮ゎ ࡛ࡁࡿࡼ࠺࡞ఏ㐩ᩥ࡛࡞ࡅࢀࡤ࡞ࡽ࡞࠸ࠋ᪂஭ (2011: 32) ࡀ⡿ᅜẸ㛫⯟✵఍♫ࡢ⥭ᛴ⬺ฟ࿨௧ᩥࢆㄪᰝࡋࡓ⤖ᯝࠊ ࡇࢀࡽࡢ࿨௧ᩥࡣ▷ࡃࠊ」㞧࡞ᵓᩥࡣ౑ࢃ࡞࠸࡞࡝ࠕ⪺ ࡁᡭࡢゎ㔘ປຊࢆᴟ㝈ࡲ࡛ᑡ࡞ࡃࡍࡿࠖ࡜࠸࠺≉ᚩࢆᣢ ࡗ࡚࠸ࡿ࡜ᣦ᦬ࡋ࡚࠸ࡿࠋࡇࢀࡣࠊ⮬↛⅏ᐖࡢ㑊㞴ఏ㐩 ᩥ࡟ࡶᙜ࡚ࡣࡲࡿ࡭ࡁࡇ࡜࡛࠶ࡿࠋᮏ✏࡛ࡣࠊ⤫ㄒᵓ㐀 ࡸᩥゝࡢከࡉࠊᩥࡢ㛗ࡉ࡞࡝ࢆศᯒࡍࡿࡇ࡜࡟ࡼࡗ࡚ࠊ ⪺ࡁᡭ࡟ࢃ࠿ࡾ࡟ࡃ࠸⾲⌧࡟࡞ࡗ࡚࠸࡞࠸࠿ࠊ⌮ゎࡋࡸ ࡍࡃࡍࡿ࡟ࡣࠊᩥࡢᵓ㐀ࢆ࡝࠺ኚ࠼ࡓࡽ࠸࠸࠿࡞࡝࡟ࡘ ࠸࡚⪃ᐹࡋ࡚࠸ࡃࠋࡲࡓࠊ ࠕ኱㞵㆙ሗࠖ ࠕᅵ◁⅏ᐖ㆙ᡄ᝟ ሗࠖ ࠕ㑊㞴່࿌ࠖ ࠕ㑊㞴ᣦ♧ࠖ࡞࡝ࡢ⏝ㄒࡀ♧ࡍ⥭ᛴᛶࡢ ᗘྜ࠸ࡢ㐪࠸࡟ࡘ࠸࡚ఫẸࡢ⌮ゎࡀ㐍ࢇ࡛࠸࡞࠸⌧ᐇࡀ ࠶ࡿ୰࡛ࠊྛ⏝ㄒࡀᐇ㝿ࡢ㑊㞴ఏ㐩ᩥࡢ୰࡛࡝ࡢࡃࡽ࠸ ౑ࢃࢀ࡚࠸ࡿ࠿⌧≧ࢆㄪᰝࡋࠊㄆ▱୙㊊࡟ᑐࡍࡿゎỴ⟇ ࢆ᥈ࡗ࡚࠸ࡃࠋࡉࡽ࡟ࠊఏ㐩ᩥ࡛ࡣࠊᐇ㝿࡟⪺ࡁᡭ࡟࡝ ࡢࡼ࠺࡞࿧ࡧ࠿ࡅࢆࡋ࡚࠸ࡿࡢ࠿ࠊຠᯝⓗ࡞࿧ࡧ࠿ࡅࢆ ࡍࡿ࡟ࡣ࡝࠺ࡋࡓࡽ࠸࠸࠿࡞࡝Ⓨヰ⾜ⅭㄽࡢどⅬ࡛⪃࠼ ࡚࠸ࡃࠋ᭱ᚋ࡟ࠊఏ㐩ᩥ࡟ྵࡲࢀࡿ⅏ᐖ᝟ሗࡢ✀㢮ࢆᩚ ⌮ࡋࠊᆅᇦ≉ᛶ࡟ྜࡗࡓ᝟ሗࡢྲྀᤞ㑅ᢥࢆᥦゝࡍࡿࠋ
さらに見せる

77 さらに読み込む

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔

イルの丹念な取組み 6) ,過去の地震災害における 恒久住宅への移行促進策の整理 7) ,東日本大震災 における仮設住宅の解消策の整理 8) などが一部報 告されているものの,なぜ住まいの再建方針が定 まらないのかという,そもそもの問題側の要因は 詳細には明らかにされていない。東日本大震災の 発生から約 3 年の時点で,岩手県内の借り上げ仮 設住宅居住者を対象に行われた調査では,調査時 点で住まい再建の見通しが立たない世帯が 7 割以
さらに見せる

15 さらに読み込む

防災科学技術研究所主要災害調査第48号;2011年東北地方太平洋沖地震の概要;Outline of the 2011 off the Pacific Coast of Tohoku Earthquake

防災科学技術研究所主要災害調査第48号;2011年東北地方太平洋沖地震の概要;Outline of the 2011 off the Pacific Coast of Tohoku Earthquake

次に図 12 は,図 11(a)の矩形領域内で本震発生から 10 日間および約 7 か月間に発生した M5 以上の余震の積算個 数を,過去の海溝型地震における余震積算回数と比較し たものである(気象庁,2011i).10 月 6 日 12 時までの積 算個数は,M5 以上が 579 個,M6 以上が 96 個,M7 以上 が 6 個と報告されている.なお,6 番目の M7 級余震は, 7 月 10 日に本震のすぐ東側で発生した M7.3 の地震である. 通常の M8 級海溝型地震が 7 か月間に伴う M5 以上の余 震は 50 ~ 70 個程度であり,これまでに最大の余震活動 を伴った 1994 年北海道東方沖地震(M8.2)でも 150 個程度 であったのに比べると,今回の余震数はその 4 ~ 5 倍に も達している.これは,今回の地震が巨大であり,震源 域も M8 級地震の 4 ~ 5 倍と非常に広かったため,かつて 例のないほど沢山の余震が発生したものと思われる.
さらに見せる

14 さらに読み込む

パンフレット(韓国語) 留学生住宅総合補償制度 | 留学・国際交流 | 東北大学 工学研究科・工学部

パンフレット(韓国語) 留学生住宅総合補償制度 | 留学・国際交流 | 東北大学 工学研究科・工学部

현재의 가입을 해약 , 감액하는것을 전제로 새로운 보험계약의 가입을 검토할 경우 , 특히 다음과 같은 점에 주의하시기를 바랍니다. 7.피보험자로부터의 신청에 의한 해약[r]

8 さらに読み込む

パンフレット(中国語) 留学生住宅総合補償制度 | 留学・国際交流 | 東北大学 工学研究科・工学部

パンフレット(中国語) 留学生住宅総合補償制度 | 留学・国際交流 | 東北大学 工学研究科・工学部

被保险人(保险对象=留学生本人)在 赔偿期限内,因为突然且偶然的外来的 事故而受伤害,并从事故发生日(包括 事故发生当天)起180天内身体产生后 遗症时。自对被保险人造成伤害的事故 发生日(包括事故发生当天)起超过 180天,并且仍需治疗的情况下,根据 自造成伤害的事故发生日(包括事故发 生当天)起第181天医生的诊断来判定 后遗症的程度,支付伤害后遗症保险费。. 根据[r]

8 さらに読み込む

平成 16 年度研究活動報告書流体融合研究センター Activity Report 2004 Transdisciplinary Fluid Integration Research Center Plasma 東北大学流体科学研究所 Institute of Fluid Science Tohok

平成 16 年度研究活動報告書流体融合研究センター Activity Report 2004 Transdisciplinary Fluid Integration Research Center Plasma 東北大学流体科学研究所 Institute of Fluid Science Tohok

Injection Modeling for Flame-Holding in Supersonic Combustion, Journal of Propulsion and Power, Vol.21 (2005), (in press). 国際学会 6. Hideaki Kobayashi, Experimental Study of Premixed Combustion at High-Pressure and High-Temperature, 28th Symposium of Korea Society of Combustion, Naksan, Korea, June 4-5, 2004. 7. Hideaki Kobayashi, Burning Velocity Correlation of Turbulent Premixed Flames at High-Pressure and

37 さらに読み込む

パンフレット(英語) 留学生住宅総合補償制度 | 留学・国際交流 | 東北大学 工学研究科・工学部

パンフレット(英語) 留学生住宅総合補償制度 | 留学・国際交流 | 東北大学 工学研究科・工学部

Cases where the insured (the person covered under this insurance, namely, the foreign student) develops a disability as a result of a sudden and fortuitous accident during the period [r]

8 さらに読み込む

パンフレット(日本語) 留学生住宅総合補償制度 | 留学・国際交流 | 東北大学 工学研究科・工学部

パンフレット(日本語) 留学生住宅総合補償制度 | 留学・国際交流 | 東北大学 工学研究科・工学部

9.その他ご注意いただきたいこと このパンフレットは海外旅行保険・保証人補償基金の内容についてご 紹介したものです。海外旅行保険のご加入にあたっては、必ず「重要 事項説明書」をよくお読みください。ご不明な点等がある場合には、 下記の契約者または引受保険会社までお問い合わせください。 海外旅行保険は(公財)日本国際教育支援協会を保険契約者とし(公 財)日本国際教育支援協会協力校に在籍する留学生で保証人補償基金 に加入する留学生を被保険者とする海外旅行保険包括契約です。保険 証券を請求する権利、保険契約を解約する権利等は(公財)日本国際 教育支援協会が有します。
さらに見せる

8 さらに読み込む

自然科学研究機構分子科学研究所点検評価規則(3ページ) 分子研リポート2011 | 分子科学研究所

自然科学研究機構分子科学研究所点検評価規則(3ページ) 分子研リポート2011 | 分子科学研究所

(点検評価委員会) 第2条 研究所に,前条の目的を達成するため分子科学研究所点検評価委員会(以下「委員会」という。 )を置く。 2 委員会は,次に掲げる者をもって組織する。 一 研究所長 二 研究総主幹 三 研究主幹 四 研究施設の長

3 さらに読み込む

平成14年3月 東北大学附属図書館について東北大学附属図書館

平成14年3月 東北大学附属図書館について東北大学附属図書館

者,元教職員・卒業生に対して,利用上の便宜を図っている。 部局図書室は, 本館と分館の関係について (昭和 年 月 日評議会承認)において,当該 部局に委任されているが,主題別図書室として運営され,全学的(あるいは大学間)相互利用の 立場からの双務協定に対応できるよう配慮しなければならないとされている。現在,本学には の部局図書室(文学研究科,教育学研究科,法学研究科,経済学研究科,歯学研究科,生命科学 研究科,加齢医学研究所,金属材料研究所,電気通信研究所,流体科学研究所,多元物質科学研 究所,サイクロトロン・ラジオアイソトープセンター,東北アジア研究センター,医療技術短期 大学部)が設置されているが,ここでは,その中で掛長制をしいている金属材料研究所(以下, 金研)及び電気通信研究所(以下,通研)の図書室について述べる。
さらに見せる

37 さらに読み込む

Show all 10000 documents...