トップPDF [本文リンク:研究部会のサイト] CV 草薙邦広のページ

[本文リンク:研究部会のサイト] CV  草薙邦広のページ

[本文リンク:研究部会のサイト] CV 草薙邦広のページ

言語 文法形式 誤 対 注意 測定―瞳孔 計測 用い ― 第 79 回外国語教育 学会中部支部春季研究大会 . 屋学芸大学短期大学部 . Loewen, S. (2009). Grammaticality judgment tests and the measurement of implicit knowledge. In R. Ellis, S. Loewen, C. Elder, R. Erlam and J. Philip. (2009). Implicit and Explicit Knowledge in Second Language Learning, Testing, and Teaching. Bristol, UK: Multilingual Matters Ltd. pp. 66–94.

22 さらに読み込む

[本文リンク:研究部会のサイト] CV  草薙邦広のページ

[本文リンク:研究部会のサイト] CV 草薙邦広のページ

28 実験 e.g., Yonelinas, 2002 信号検出理論 拡張的 繁 使用 人 言語学習や明示的 暗示的知識 関 研究 , 断 確信度や, 断 伴う 主観的状態 subjective state 断 関係性 化 ,第二種 信号検出 理 論 type II signal detection theory や 発 展 的 使 用 い e.g., Barret, Dienes & Seth, 2013 , 手法 ,近 一般 統計 く

17 さらに読み込む

[本文リンク:研究部会のサイト] CV  草薙邦広のページ

[本文リンク:研究部会のサイト] CV 草薙邦広のページ

稿 紹 方法 ,い 階 性 い単変 場合 適用 あ 。 , 来 数理的 ,階 性や時系列性 主 対象 , 全体 見 , 稿 内容 非常 限定的 い。 ,数理的 ,合理主義的 推論 いう ,確率 布や確率過程 い 数理的特性 手 ,経験主義的 研究 進 あ 。 , 観測 確率 布 ッ ,母数 推定値 得 実践 終始 ,実質科学的

40 さらに読み込む

[本文リンク:研究部会のサイト] CV  草薙邦広のページ

[本文リンク:研究部会のサイト] CV 草薙邦広のページ

的 問題 孕 , 本稿 限界 超え 。 ,再現可能性 中 最 基本的 , 研究報告 遜色 い タ 復元 可能 いう ,現在 外国 語教育研究, 当 分 将来的発展 中 , 要 観 う 。 う いう ,現状 外国語教育研究 ,確率分布 関 研究者 理解 十分 あ いえ , タ復元 い 数値 ュ ョン 関 技術 及 ,やや後 進的 あ いわ 得 い。

19 さらに読み込む

[本文リンク:研究部会のサイト] CV  草薙邦広のページ

[本文リンク:研究部会のサイト] CV 草薙邦広のページ

, 属変数 均値 予測 来 回帰 析 異 ,任意 位 センタ イ 予測対象 e.g., Hao & Naiman, 2007; Koenker, 2005 。国内 , 位 回帰 経済学,社会心理学 , 手法的有効性 指摘 い e.g., 石黒 , 2013 。 ,言語 研究 , 応用可能性 主張 い Chen & Chalhoub-Deville, 2014 。

39 さらに読み込む

[本文リンク:研究部会のサイト] CV  草薙邦広のページ

[本文リンク:研究部会のサイト] CV 草薙邦広のページ

3. 研 究 例 最後 , 直交表 用い 実験計画 探索的研究,川 草薙 in press 概要 紹 川 草 薙 in press 第 言 語 語 彙 特 性 語 彙 性 断 課 題 断 時 間 及ぼ 影響 ,語彙 即時的運用能力 発達 伴い 和 う いう予測 基 , 直交表 用い 多特性 語彙性 断課題 実施 実験参加者 36 日本語 語

10 さらに読み込む

[学会サイトから可能] CV  草薙邦広のページ 025 シンポジウム①草薙邦広

[学会サイトから可能] CV 草薙邦広のページ 025 シンポジウム①草薙邦広

 Kusanagi, Leung, Bando, Fukuta and Sugiura(2013)は,Millar(2011)と同様 実験材料をもちいて,眼球運動計測をもちいた読解課題および自己ペース読み 課題を,日本語を母語とする英語学習者に対して実施した。その結果,母語話 者結果(Millar, 2011)とは異なり,学習者は両方複単語表現をほぼ同じ程 度時間で読むことがわかった。これは,不自然なコロケーションおよびそれ に対応する自然な表現心理的連合が,学習者にとっては同程度であったこと を示している。また,学習者産出に多くみられる,つまり,テキスト的連合 としては強いと考えられるこれら複単語表現も,心理的連合としてはその証 拠を欠く,と言い換えることもできる。さらに,言語的連合観点では,do a
さらに見せる

8 さらに読み込む

協同学習・動機づけプロジェクト  草薙邦広のページ

協同学習・動機づけプロジェクト 草薙邦広のページ

草薙邦広 2014 外国語教育研究 直交表を用い 実験計画―実験計画 効率化を求 ― 外国語教育 学会 LET 関西支部 ソ ロ 研究部会報告論集 4, 24–33. 草薙邦広 川口勇作 2015 語彙学習方略 語彙 主観的学習困 度 : コン ョ ン 析 潜在 セ ン ョン 第 55 回外国語教育 学会全国研究大会 . 千里山 フサ ン

12 さらに読み込む

[補助資料] CV  草薙邦広のページ 草薙 2013 CELES 補助資料

[補助資料] CV 草薙邦広のページ 草薙 2013 CELES 補助資料

。こ う ,明示的・暗示的知識 習得 ,分析的・経験的 学習者ビ ーフ 関係性 解明 ,外国 語教育環境 け 教室指導,自己調整学習,及び留学 効果等 研究 基盤 可能性 あ う。 本研究 ,日本 大学 通う英語学習者 32 名を対象 ,以下 5 種類 データを集 た:1. 暗示的 知識 パフォーマン 時間制限 文法性判断課題 成績 ,2. 明示的知識 パフォーマン 時間 制限 し 文法性判断課題 成績 ,3. 学習者 背景情報 年齢,学習歴,4 技能 自己評定値 ,4. 分析的学習ビ ーフ 質問紙 ,5. 経験的学習ビ ーフ 質問紙 。各変数 け 相関分析 ,ク ター 分析 結果 ,明示的知識 分析的学習ビ ーフ,暗示的知識 経験的 学習ビ ーフ 関係 あ こ
さらに見せる

2 さらに読み込む

本文PDF(リンク) 総合研究大学院大学学術情報リポジトリ

本文PDF(リンク) 総合研究大学院大学学術情報リポジトリ

総研大ジャーナル 9号 2006 46 SOKENDAI฀Journal฀฀No.9 2006 47  2005年12月10日、東京・神田一ツ橋講堂で「理 科年表80周年記念シンポジウム」を開催した。理科年表 編集委員会・国立天文台・丸善株式会社共催で、キャッ チコピーは「サイエンス・データってこんなに面白い!」。  インターネット予約は札止め、満席盛況だった。基調 講演が立花隆氏、講師陣に科学ライター山根一真、毎日 新聞科学記者元村有希子、生物学浅島誠・前東大教養 学部長、ライターでネット専門家石田豊、「ガリレオ工 房」代表滝川洋二ICU高校教諭各氏という豪華キャ スト効果も大きかっただろうが、日本独自自然デー タブックである『理科年表』に関心も期待も高いだと、 意を強くしたことである。その一方で、最近「理科年表 離れ」が象徴している日本社会科学離れ状況へ危機感 も、参加者は共有していた。終了後講師懇談では、ウェ ブ上「理科年表オフィシャルサイト」などをめぐり、熱 い議論が交わされた。
さらに見せる

1 さらに読み込む

[発表資料] CV  草薙邦広のページ 草薙2012LET中部秋季 発表資料

[発表資料] CV 草薙邦広のページ 草薙2012LET中部秋季 発表資料

コ パ • Nagoya Interlinguistic Corpus of English (NICE, ver. 2.01) • 日本学術振興会 成17、18、19 度科学研究費補助金 基盤研究(B) 英語学習者 コロケーション知識に関す 基礎的研究 代表:杉浦正利 課題番

8 さらに読み込む

[本文リンク:機関レポジトリ] CV  草薙邦広のページ

[本文リンク:機関レポジトリ] CV 草薙邦広のページ

 次に,「Can-Do 項目」,「Can not Do」項目,「Can-Do with Dificulty 項目」を習熟度群毎に決定 した。「Can-Do 項目」は,質問紙各項目について「4:ほぼできる」あるいは「5:問題なくで きる」と回答した調査対象者が 50%以上となる項目とした。他方,「Can not Do 項目」は,質問 紙各項目について「1:全くできない」あるいは「2:ほとんどできない」と回答した調査対象 者が 50%以上となる項目とした。最後に,「Can-Do with Dificulty 項目」は,「Can-Do 項目」と 「Can-Do with Dificulty 項目」間であり,質問紙各項目について「4:ほぼできる」あるいは「5: 問題なくできる」,または,「1:全くできない」あるいは「2:ほとんどできない」と回答した調 査対象者が 50%に満たない項目とした 2 ) 。
さらに見せる

16 さらに読み込む

[本文リンク:機関レポジトリ] CV  草薙邦広のページ

[本文リンク:機関レポジトリ] CV 草薙邦広のページ

3.2.2.2 質問文に使用される語彙特徴  次に,質問文で使用される語彙に着目する。分析に使用された 2007 年度から 2015 年度まで 質問文総語数は,大文字小文字による綴り差を加味する計算方法(case sensitive)で,延べ 語数(token)が 2,103 語,異なり語数(type)が 521 語であった。(なお,高頻度語彙上位 150 語情報を Appendix 2 に示す。)延べ語数に対する異なり語数比率(type token ratio, TTR)は, およそ 0.25 である。TTR は一般に語彙豊富さ指標とされている。この 0.25 という値は一般 的な母語話者が使用する話し言葉に見られる値(通常 0.6~程度)よりもかなり低いものであり, 質問文に使用される語彙はやや制限されたものであると考えられる。
さらに見せる

16 さらに読み込む

[本文リンク:機関レポジトリ] CV  草薙邦広のページ

[本文リンク:機関レポジトリ] CV 草薙邦広のページ

 一方,いうまでもなくオンライン学習履歴データは,調査・実験用にあらかじめ準備された変 数ではなく,むしろ教育業務に従事している間に,自然発生するデータである。さらに,測定す る構成概念が理論的に,そしてデータ発生に先んじて導出されている調査・実験用変数とは 異なり,各変数が教育業務上,または研究上どのような意味をもつか,またはどのような概念 を測定するか,そして,どのようにその値を解釈すべきなかがそれほど自明ではない。  オンライン学習履歴データに見られる数理的特性にも,これまで外国語教育研究が対象とし てきた変数とは大きな差がある。一般的なオンライン学習履歴データは,ある学習コンテンツに 対する学生ログイン回数,こなしたコンテンツ数といったカウントデータ,または,問題正 誤反応といった二値データを含む。これら離散分布に従う変数は,近年になって一般化線形モデ ル(generalized linear model)や種々発展形モデルが外国語教育研究に導入されるまでは非常に 扱いにくいものであって,ときに離散変数を連続変数として扱うといった代替措置が取られるな どしていた。また,あるコンテンツへログイン時間,コンテンツ消化時間,または回答時間, 読解時間,そしてそれら分布などがおしなべて正規分布に従う保証はもちろんない。むし ろ,このような時間データに関する解析技術発展が進んでいる認知心理学,数理心理学,そし て e テスティング分野では,対数正規分布,ガンマ分布,ワイブル分布,指数正規合成分布 (ex-Gaussian distribution)などがすでに解析に用いられている(e.g., Baayan & Milin, 2010; Heathcote,
さらに見せる

13 さらに読み込む

本文PDF(リンク) 総合研究大学院大学学術情報リポジトリ

本文PDF(リンク) 総合研究大学院大学学術情報リポジトリ

このように、テラヘルツ領域研究は、 光源に関するわれわれ研究のみを見て も物理学的観点から非常におもしろい広 がりを見せている。もちろん、この光源 は、非破壊非接触計測や、テラヘルツ 領域にある各物質特有吸収スペクトル を利用した薬物等物質同定といった実 用的な応用から、最近ではタンパク質 機能解析など生物学的研究にも用いら れるようになっており、人「知覚」 広がりに一役買っている。
さらに見せる

2 さらに読み込む

本文PDF(リンク) 総合研究大学院大学学術情報リポジトリ

本文PDF(リンク) 総合研究大学院大学学術情報リポジトリ

「光で観る」といったとき、前項よ うな分光学的手法ではなくむしろ光学顕 微鏡ほうが一般的にはなじみ深いだろ う。この分野で進展も著しく、空間分 解能向上や単一分子について計測・ 分光が可能になりつつある。通常光学 顕微鏡場合、空間分解能は光回折に よる制限を受け、用いる光波長程度が 限界である。しかし、近接場という光を 使うと、ナノメートル領域で計測や分 光が可能となる
さらに見せる

3 さらに読み込む

本文PDF(リンク) 総合研究大学院大学学術情報リポジトリ

本文PDF(リンク) 総合研究大学院大学学術情報リポジトリ

ナノ構造物質近接場イメージ SNOMによる研究例として、最近 われわれ研究グループ井村考平博士 が中心となって永原哲彦博士、ジ ョンクク・リム氏らと行った、ナノ構造 物質波動関数観察について紹介す る。研究対象として観察したは、貴金 属一つである金ナノロッドである。 金ナノロッドは直径が20nm前後、長さ が数百nmまっすぐな棒状微粒子で、 水溶液中で化学合成によって単結晶とし て作製できる。
さらに見せる

3 さらに読み込む

本文PDF(リンク) 総合研究大学院大学学術情報リポジトリ

本文PDF(リンク) 総合研究大学院大学学術情報リポジトリ

そこで、われわれはまず、強力な光で 励起しても退色しにくい蛍光色素を探し た。さまざまな蛍光色素性質を調べた 結果、シアニン色素Cy3が最適である とわかったので、この色素に適した励起 波長、蛍光波長を決定した。次に、蛍光 色素が発する光をできるだけ効率よく集 め、背景光をできるだけ減らすように、 蛍光顕微鏡対物レンズ、ミラー、フィ ルターなどを慎重に選んだ。さらに改良 原田慶恵

3 さらに読み込む

本文PDF(リンク) 総合研究大学院大学学術情報リポジトリ

本文PDF(リンク) 総合研究大学院大学学術情報リポジトリ

波束を構成する定在波振動速度がそ れぞれ異なるため、波束は時間とともに 移動していく。そこで、狙った位置に波 束が到達したタイミングを見計らって別 フェムト秒レーザーパルスを照射し、 反応を制御する試みも行われている。こ ような制御はタナー−ライス型と呼ば れるもので、イスラエルデイヴィッ ド・タナーと米国スチュアート・ライ スという理論家によって考案された。

3 さらに読み込む

本文PDF(リンク) 総合研究大学院大学学術情報リポジトリ

本文PDF(リンク) 総合研究大学院大学学術情報リポジトリ

(染色体複製) が起こるS期、細胞分裂 準備が行われる「G 2 期」、細胞分裂起 こる「M期」である。  M期は、さらに細かく前期、中期、後 期、終期に分けることができる。中期 染色体は、最も凝縮して太くなるので、 顕微鏡で観察しやすく、特に、中期染色 体と呼ばれる。M期以外は、一まとめに して「間期」と呼ばれることもある。  細胞周期各段階は厳密にその順番が 決まっており、その進行は、「チェック ポイント」という細胞制御システムに より監視されている。そして、細胞周期 各段階が、前段階完了を待ってか ら開始されるように仕組まれている。  細胞には複数チェックポイントがあ り、細胞周期が正しく進行しているかど うかが検知され、異常がある場合には進 行を停止・減速し、異常が取り除かれた 時点で再び細胞周期を進行させる。こう したシステムにより、細胞周期にブレー キをかけたり、外部シグナルから制御 を受けたりすることが可能になる。そし て、細胞に含まれる全部染色体がもれ なく複製され、それらが娘細胞に正確に 分配され、遺伝情報がきちんと伝達され ていくである。
さらに見せる

12 さらに読み込む

Show all 10000 documents...