トップPDF ヨーロッパ共通参照枠とフランス語教育—レベル設定・自己評価表・行動主義— 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

ヨーロッパ共通参照枠とフランス語教育—レベル設定・自己評価表・行動主義— 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

ヨーロッパ共通参照枠とフランス語教育—レベル設定・自己評価表・行動主義— 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

rôle฀central฀qu’elle฀assigne฀à฀la฀communication฀langagière฀et฀aux฀fonctions฀langagières฀(les฀ actes฀de฀parole).฀฀ (p.17)  したがって、 3 章で紹介した「聞く」「読む」「会話に参加する」「自分意見を述べる」「書 く」といったコミュニケーション能力は、より具体的・社会的・現実的行動課題遂行ために 獲得するもの理解されなければならない。学生が、「なぜ、こんなに苦労して外国コミュ ニケーション能力を身につけなければならないか?」質問してきた時に、「実際に外国 人々コミュニケーションを取れるようになるためだ」答えたでは、彼ら質問に対する 真答えにはならないだろう。学生が外国教室から外に出て遂行したい行為(Puren actionにあたる)は何だろうか。たとえば、旅行したい、世界中に友人を持ちたい、外国 企業に就職したい、専門分野研究を原語でいちはやく読みたい、外国歌をうたってみた い、映画を字幕なしで見たい、など想定してみることができる。クラス内授業活動(Puren tâcheにあたる)も、それら社会活動つながる可能性を持ったものにする必要があるだ ろう。たとえば、フランス語で作ったクラス新聞をホームページで公表する、フランス大 学、市町村、企業などにメッセージを発信する、フランス語で広告を書いてみる、フランス語 履歴書を書いた上で就職面接シミュレーションをする、フランス語で書かれた最新専門 分野文献を読んでフランス語を学んでいない他学生にその内容を紹介する機会を設ける、 などである。
さらに見せる

16 さらに読み込む

ヨーロッパ共通参照枠におけるレベルB1について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

ヨーロッパ共通参照枠におけるレベルB1について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

力が定着していなければならない。  「話す」行為について、B 1 になって新しく求められていることは、思いつくままに話す ではなく、物事を相互に関連付け、全体として脈絡通った話をすることができる能力であ る。自分体験や夢や希望を語ることができ、その理由を説明でき、現実に起こった出来事や 想像上出来事を語り、自分読んだ本や見た映画あら筋を順序だてて述べることができ、 物語を語ることもできる。特に、A段階では求められなかった、相手議論する能力も身につ けている。「書く」行為については、筋通ったテクストを書くことができるようになってお り、A段階ではできなかった短いエッセーや報告書を書くこともできるようになっている。  そのため方略として、正確なが出てこなくても他言葉で言い換えたり、「母国フランス語風に発音したり綴ってみたり」franciser un mot de sa langue maternelle (p.54)、 会話が途切れても自分ほうから話を再開することができる。また、相手に自分フランス語 を直してもらうことができ、場合に応じてはこちらが会話主導権を握ることもできるように なっている。
さらに見せる

12 さらに読み込む

日本のスペイン語教育における 授業内容の標準化の必要 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

日本のスペイン語教育における 授業内容の標準化の必要 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

5 .ヨーロッパ共通参照(CEFR)について  ここで、 をはじめする CEPE で用いられている教科書、およびスペインで出版さ れた教科書大半が基礎している、ヨーロッパ共通参照について触れておきたい。  ヨーロッパ共同体(EU)諸国では現在、複言語主義をとっている。その背景には多文化、多 言語というヨーロッパ独自土壌がある。複言語主義は、EU 諸国が経済的、政治的統合を目 指すなか、言語ひいては文化までが画一化して地域が備える多様性を失わないように制定され た理念である。EU 諸国ではこの複言語主義にのっとった、外国教育が推進されている。  「エラスムス計画」導入もその一例である。これは EU 加盟国間各種人材養成科学・ 技術分野における人物交流を促進するもので、大学間交流協定等による共同教育プログラム (ICPs:Inter-University Co-operation Programmes)を積み重ねることで「ヨーロッパ大学間 ネットワーク」(European University Network)を構築し、EU 加盟国間学生流動を高めよ うする留学制度である。この事業を通じて EU 経済力結束強化を達成するため、以下
さらに見せる

14 さらに読み込む

カルデロンの翻訳から見る鷗外の翻訳論 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

カルデロンの翻訳から見る鷗外の翻訳論 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 ところで演劇改良運動目的は、取り敢えずは新劇場建設脚本改良にあった。しかし これはあまり活動しないままに、後身として明治21年(1888) 7 月、日本演芸矯風会が作られ、 翌年 9 月には日本演劇協会改称された。これ等運動は、結果的には西洋風劇場を建設 することだけが先行してしまって、実を挙げることができなかった。しかし「脚本改良」 いう点からみれば、「明治二十二年当時状況は、言い換へれば遅れてそこに参加した鷗外にも 尚十分の活躍余地を残しておいてくれた、見ることができるものであつた。鷗外は演劇改 良運動に対する己寄與を、差当つては翻訳を通じて新しい脚本提供、雑誌『柵草紙』 紙上で演劇論発表といふ形を以て果していった。演劇改良枢軸なるべきは脚本改良 であり、即ち優秀なる戲曲を制作してこれを演劇界に提供することである、というが彼持 論であり、また事実機会ある毎に彼提唱した」(小堀:259-260)ことであった。だから鷗外 先ず出来得た事は、上演を目的する革新的な改良脚本作成にあった。そこで思い付いた が、カルデロン『サラメア村長』である。ドレスデンで反応、留学中に観劇した カルデロン戲曲、鷗外は、「ギョオテ嘗て以爲らく。カルデロン戲曲は其舞臺に宜きこシ エクスピイヤ戲曲上に出づ」(「再び劇を論じて世評家に答ふ」:47)し、カルデロン 方がシェークスピアより、日本舞台にあっている考えた。またカルデロンは、1760年代ド イツで演劇改良を行ったレッシングが絶讃し独訳しようとして果せなかった作家であってみれ ば、日本でその運動に身を置こうする鷗外にとって、『サラメア村長』は改良脚本としてま たと無い作品であった。鷗外は「新たに編輯する演藝文書等は、最も優美なるを要す雖、漫 りに歴史、文法、事實に抱泥して、我演藝を無味境に陥らしむべからず(中略)作者目中 には現代看客あるべきこと」(演劇場裏詩人:110-111)を旨し、「独 ど い つ 逸巨 ギョーテ 垤、英 い ぎ り す 吉利
さらに見せる

14 さらに読み込む

プロジェクト授業の実践と課題 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

プロジェクト授業の実践と課題 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

するプロジェクト授業において、学習者評価をどの程度成績に盛り込むかは現実的な問題 として議論余地がある。グループや学習者によっては自己評価基準を甘く設定する場合もあ り、ここでも教員による調整は不可欠である。  こうした問題解決方法として、学習者評価教員評価を比較し、両者ズレを互いに確認 することを提案する。つまり学習者に教員側視点を提示し、その重要性認識を働きかける ことが重要ではないだろうか。たとえば、「グループにどの程度貢献したか?」「要点をいかに 簡潔に説明したか?」「説明スピードは適切か?」といった教員側評価がなぜ重要なかを 議論させ、自己評価に対して多様な評価基準があることを自覚させるである。これによって より多角的な自己評価が可能なり、グループへ貢献モチベーション維持につながって いく考えている。
さらに見せる

12 さらに読み込む

2009年度ケベックスタージュ報告 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

2009年度ケベックスタージュ報告 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 個人課題は、texte authentique(モントリオール滞在中に実際に出会うものを教材する)を 用いて教案を作ることであった。私は学生証取得ため説明プリントを取り上げた。学習目 標は、テクスト内容理解、疑問形容詞・疑問副詞習得した。学生証を発行してもらうた めには、「いつ?」「どこへ?」「なにを持って?」行かなければならないかを辞書を使わずに読 みとってもらい、その後、学生証を使って何ができるかを挙げてもらった。折に触れて文化 違いも紹介する(モントリオール大学学生証は現金チャージ可能で、様々なキャンパス内で 支払いもできる、等)。プリントに出てくる時間表現を利用して、時間・曜日・月・季節 彙復習も行う。次に、疑問詞を探してもらい、教員がそれを黒板に書き出して用法説明を行う。 「自己紹介」をめぐる疑問詞を使った応答練習でまとめ文法学習をした後、「人物当てゲーム」 で知識を定着させるところまで90分の授業案を作成した。講師から、「授業・前(導入)」「授 業・中」「授業・後(評価も含めてまとめ)」構成に関して指導を受け、特に導入部分改 善を求められた。授業初めに、これから学ぶ項目提示目標設定を明確にしておかなけれ ば、学習効果やモチベーションが上がらないことを学んだ。進度ばかりに気を取られ、授業開 始後すぐに本題に入っていたが、これからは、導入部分(前回まで復習今回新たに学ぶ内 容大まかな提示、具体的な目標設定)にも時間を割き全体構成を考えながら授業を組み立 てていきたい思った。「授業・後」知識を定着させる班単位ゲームについては、高い評価 をもらった。
さらに見せる

13 さらに読み込む

移入史初期の『ドン・キホーテ』をめぐって 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

移入史初期の『ドン・キホーテ』をめぐって 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

1  翻案・国籍  日本で最初『ドン・キホーテ』翻訳は、明治20年(1887)4 月に出版された愛花仙史(閲)、 斎藤良恭(訳)、『欧州新話谷間乃鶯』(東京共隆社、117頁)である。三木愛花(本名:貞一) は序文で「近頃斎藤生一書を携へ来り。曰く。是れ西班牙小説『ドンキーショット』中に録 するものにして。其原書ハ文章流暢優美を以て。全欧に称され。翻訳して諸邦に伝えれり。 其事ハ即ち実伝にして。所謂小説なるものにあらず。然れども。其事絶奇にして。其文章も巧 みなるが為に。終に小説社中に伝播流布して。見て一部小説なすに至れり。今之を訳して。 谷間云う」(『谷間乃鶯』:1-2)、翻訳に至った経緯を述べている。『ドン・キホーテ』 は、ドン・キホーテサンチョ・パンサいくつも話からなる行状記ではあるが、『谷間乃 鶯』に一致する挿話はない。実はこれはセルバンテスが1613年に出版した『模範小説集』所収 作品『血力』を翻訳したものであって、『ドン・キホーテ』一挿話を訳したものではなか った。また『谷間乃鶯』は、原文にない挿話も加筆され、話が 2 倍程度長くなっている。これ についても愛花は序文で「素より原書巧妙に及ばず雖も。其奇構に至っては。嘗て損せざ るなり。儘又蛇足を加ふ。蓋し読者見て巻了るを惜しむを恐るゝ為なり」(同:2)説明 している。シェークスピア『ベニス商人』が、『何桜彼桜銭世中』(さくらどきぜに なか)や『人肉裁判』、またトルストイ『戦争平和』が『泣花怨柳北欧決戦余塵』改題さ れることを考慮すれば、また西洋に追いつこう始められた演劇改良運動や改良小説などが唱 えられた時代背景を考え合わせれば、当時翻訳にあっては加筆なども許されたかもしれな い。しかし『谷間乃鶯』では問題視されなかった翻訳も、同じスペイン劇作家であるカルデ ロン作『サラメア村長』翻訳場合にはそうはいかなかった。これを翻訳したは森鷗外 である。鷗外は演劇改良運動先駆的な翻訳として、ドイツ留学から帰国した自身文芸活動 最初に、この劇作を選んで、邦訳名を『音調高洋箏一曲』(しらべはたかしギタルラひとふ し)(明治22年)題し新聞紙上に連載した。『谷間乃鶯』ほぼ同時期でありながらも、新聞 紙上に発表したことで反響が大きかったこともあって、翻訳論争なってしまったであろう。 さて『谷間乃鶯』に何が加筆されたかに話を戻せば、それは主人公男性がイタリアへ旅立 つことになる理由や、イタリアで生活様子を描いた箇所である。しかし主人公滞在した イタリアはセルバンテスイタリアではなく、現イタリア建国時代であった。これは明 治における自由民権や国会願望表れではないか考える。また電信など挿話もあるが、時 代錯誤に陥らない内容であることが幸いしている。詳細は拙著「日本における偽『ドン・キホ ーテ』考」(1992年)を参照されたい。
さらに見せる

16 さらに読み込む

動画投稿サイトYouTubeを活用したドイツ語授業 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

動画投稿サイトYouTubeを活用したドイツ語授業 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 本稿では動画投稿サイト YouTube を活用したドイツ授業について、発音テスト実践事 例を技術的側面を中心に紹介してきた。発音は外国学習重要なファクターでありながら、 学習意欲が高くないという背景がある。この点を踏まえ、学習者興味関心を維持する目的で YouTube を用いた。実施に際し、スマートフォン設定やアプリ使用方法、Google アカウン ト取得など手続きが多岐に渡ることなどを考慮し情報提示や練習時間設定などを工夫したが、 すべて学習者に浸透していなかった点は反省材料したい。また、ペア組み合わせに改善 余地があることも指摘した。プロジェクト授業効果的な遂行ためにペア割り振りは非 常に重要であり、理想的には学習者学習スタイルを考慮する必要があるが、授業実践におい ては限界がある。理想実践間にあるギャップを乗り越える方策も、今後考えていかなけれ ばならない。
さらに見せる

12 さらに読み込む

韓国語教育の視点からみた「-을게요」の運用に関する一考察 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

韓国語教育の視点からみた「-을게요」の運用に関する一考察 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 先行研究では⑤ように、「-을게요」意味的な特徴は主として約束分析されており、한 (1991)では「그만 갈게요(もう帰ります)」ような例について告知意味がある言及され ているものの、告知に約束意味がまったくないわけではない説明されている。また、韓国 教育立場から分析した이(2003)では話し手意図を知らせ、聞き手に直接的、間接的に 準備をさせるため特殊な例として「그만 갈게요(もう帰ります)」が挙げられている。この ように先行研究では「約束」意味に重点を置き、「-을게요」が把握されているため、「그만
さらに見せる

13 さらに読み込む

『明治字典』における朝鮮語子音‘ㄴ’の片仮名転写について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

『明治字典』における朝鮮語子音‘ㄴ’の片仮名転写について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 次に、流音化鼻音化表記である。流音化を発音通りに転写している例は3巻刀部から4 巻、6~7巻、9~ 12巻、16巻、18巻に見られ、24例ある。鼻音化場合は‘ㅅ+ㄴ’例で、 17巻火部にのみ14例ある。また、この17巻には、‘熾불니러날 pu-ruiro-naaru’ように発音 通りに転写し、‘니러날’‘ㄴ’脱落を表わす例も見られる。一方、各音節発音に忠実に 転写している例は、流音化場合、出版期間前半に出された1~4巻に13例ある。2巻‘佽 날 narunairu’は18巻では‘猤날 narurairu’発音通りに転写しており、他にも同様例 が見られる。鼻音化例は1~3巻、6巻、13巻、17巻に9例ある。‘ㄱ+ㄴ’例は13例で、 2~3巻、5巻、8巻、12~ 13巻、18巻に、‘ㅂ+ㄴ’は13巻に1例のみある。流音化鼻 音化についても、傾向を異にしはするが、文字通りに転写しているものが多い。そして、最終 回に出版された17巻に実際発音通りに転写したものが多数あることから、初期に出版され た巻違いが現われていることがわかる。
さらに見せる

17 さらに読み込む

第二外国語としての中国語の初級教育に於ける問題と対策 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

第二外国語としての中国語の初級教育に於ける問題と対策 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

は、これら知識がすべて必要であるが、これら知識を段階別に教えるべきである。一 気に全部教えるは学生を混乱させるだけである。初級段階比較文場合は、述語は形 容詞だけを中心に教えれば十分である。述語が“有”+抽象名詞、能願動詞+動詞など 文例、省略問題、そして述語前に付けられる程度副詞問題などに関する知識は中級以 上段階に分類されるべきであろう。授業中、もし学生がこれらに関する質問をした場合 は、具体的な問題に対して、その学生個人に説明するだけで十分である思われる。  頻度が高く、且つ日本語表現は違う表現については、授業中、その区別をしっかり 説明すべきである。その上、繰り返し練習させることも必要ある。たとえば、中国形 容詞述語文構造は英語日本形容詞文は異なるので、その区別をしっかり説明す るべきである。ただし、学生がその説明が分かっていても、実際に使う時は母国影響 を受けて誤ってしまう場合がある。一例として、“今日は天気がよい。”という形容詞が現 れる文を中国に訳すときは、往々に“今天天气是好。”、“今天天气好。”というように言 ってしまう傾向が多い。このような文法上難しくない問題であっても、実際に使うときに 間違ってしまう文法事項については、学生が完全に使えるようになるまで、授業中頻繁に 練習しなければならない。
さらに見せる

14 さらに読み込む

高校生用スペイン語教科書作成のための一考察 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

高校生用スペイン語教科書作成のための一考察 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 英語以外外国については、改訂前同様に、地域実情や学校実態に応じ、いっ そう積極的に開設され弾力的な指導ができるようにするため、学習指導要領において特に 規定していない。なお、これらを扱う際には、英語に関する各科目目標及び内容等に準 ずるものした。 (第一章 第一節 3 ⑧)  つまり英語以外外国は、各学校や個々スペイン担当者に科目目標や内容決定権 があり、それに従って指導が行われているため、実は ELE 教材や大学生用教科書必要な部 分のみを使うという現状でも問題はない言えないこともない。それでも本来大学授業で用 いられるが前提である教科書が、想定異なる使い方をされている状況は憂慮すべきであろ う。それでは、高校生用教科書作成ためにはどのような点に注意を払うべきであろうか。
さらに見せる

8 さらに読み込む

名詞性並列構造“茶壷茶碗”について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

名詞性並列構造“茶壷茶碗”について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 以上ように,並列要素が動詞性ものでも,形式的にはAB型,A、B型,A和B型とい う三タイプがある。さらに,動詞性並列構造には“而”や“又”などが生起するものもあるが, 動詞性並列構造各タイプ意味的差異はどのようなものなだろうか。また,それは名詞性 並列構造各タイプにおける意味的差異並行する対応関係があるか。あるしたら,それ は中国文法しくみ中でどのような位置づけを得るか。このような視点から形容詞性 並列要素からなる並列構造を含めた各種並列構造を観察してみる,中国に対する一歩掘 り下げた認識を得られるかもしれない。
さらに見せる

9 さらに読み込む

分離疑問文( Split Questions )のSC 分析 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

分離疑問文( Split Questions )のSC 分析 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

(39) a. Sharing-Confirmation Analysis (1)-Structure b. Sharing-Confirmation Analysis (2)-Operation (39a)は主に 3 種類からなる確証句を仮定しており、それぞれ下から説明する下部位置確証 句(ConfP1)では SQtype13に対処するよう設定されている。そして確証を行う対象は DP PP 空範疇(pro)である。次に中位置確証句(ConfP2)では SQtype2に対処するよう設定 されている。最後に上位確証句(ConfP3)では SQtype4に対処するためその付与される確証 素性は CP 指定部である。このようにして SQ 4 タイプをそれぞれ生起位置で範疇ごとに認可 する事が可能なる。次に(39b)において具体的な派生過程を説明する [+WH] 素性を持つ WH 要素が確証句指定部へ移動する事で ProXP 同一指標付けされ [+confi rm] 素性を付与され る。このことで確証を受けるため [+WH] 素性は満たされ複合体(Wh[-WH]-[+confi rm])が形成 される。この複合体は最終的に CP 指定部へ移動する事によって WH 虚辞(WHAT)として 具現化されるである。
さらに見せる

24 さらに読み込む

日韓における謝罪の「定型表現」の使用について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

日韓における謝罪の「定型表現」の使用について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

いよどんで遠慮気持ちを示している。また、聞き手に席を外してもらいたいという願いが「나 선미 고 좀 고 싶 은 얘기 있는데(私、ソンミちょっと話したいことがあるんだけど)」 のみ発話で行われており、聞き手全面的な了解を前提にした上で会話見られる。  一方、例⑿日本語吹き替え版は「 기…(あのー)」部分が「ごめんね」なっており、 続き台詞には韓国原語版には見られない「よかったら」という聞き手了解を求める表現 がある。日本語では聞き手全面的な了解が期待される親しい関係でも一方的な割り込みや押 し付けにならないよう言語表現面で明示的に示す必要があり、韓国相違が見られる。  また、このようなことは話し手聞き手共有領域から「一時的な離脱」でも類似してい る。
さらに見せる

16 さらに読み込む

双字格合成动词构词模式探略 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

双字格合成动词构词模式探略 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

13)参见胡裕树、范晓  1994 《动词形容词的“名物化”和“名词化” 》 , 《中国语文》第2期。这篇文章 指出 :“如果从不同平面来分析主宾语位置上的动词形容词性词语,我们以为可将‘名物化’和‘名 词化’这两个术语给予适当的分工, ‘名物化’是专指动词形容词的‘述谓’义在语义平面转化为‘名 ’ (或‘事物’ )义, ‘名词化’则是专指动词形容词在句法平面转化成名词的现象。 ‘名物化’和‘名 词化’既有联系,也有区别,把它们分开来,就能比较容易分析主宾语位置上动词形容词在不同平面 的性质,有助于解决动词形容词性词语跟名词性词语的划界。 ”
さらに見せる

17 さらに読み込む

日本語教育における学習者コーパスの構築とICLEAJ 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

日本語教育における学習者コーパスの構築とICLEAJ 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

謝辞 本研究は科学研究費による研究一環として行ったものであり、ここに感謝を記したい。課題番 号 22520543(研究代表者:望月通子、分担研究者:阪上辰也) 参考文献 Corder, S. P. (1967). The Signifi cance of Learner’s Errors. An Introduction. Oxford:Basil Blackwell. Ellis, R. (1994). The Study of Second Language Acquisition, Oxford: Oxford University Press. Ellis, R. & Barkhuizen G. (2005). Analyzing Learner Language. Oxford: Oxford University Press. Gilquin, G., Rapp, S., & Diez-Bedmar, M.B. (Eds.). (2008). Linking up Contrastive and Learner
さらに見せる

9 さらに読み込む

『水鏡』における創造主義の萌芽 外国語教育研究(紀要)第11号〜第17号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

『水鏡』における創造主義の萌芽 外国語教育研究(紀要)第11号〜第17号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

Tu fi gura se ilumina al fuego / Y algo quiere salir. / El chorro de agua en el jardín. / / Alguien tose en la otra pieza, Una voz vieja. / / ¡Cuán lejos! / / Un poco de muerte / Tiembra en los rincones. (ぼく心で様々な声が泣く……/もう何も考えるな。/記憶 苦痛を呼び覚まし、/しっかり閉まらない扉に用心しろ。//たちは疲れきっている。 //寝室で、/庭が息絶える窓背後で、/木の葉たちが泣く。//暖炉で世界が憔悴し ている。//すべてが暗く、/何も生を持たず、/ただ西方で/猫瞳が輝くだけ。// 道を一人男が遠ざかる。/地平線が語りかけ、/背後ですべてが苦悶していた。/何も いわずに死んだ母が、/ぼく喉で働きかける。//あなた姿が炎に照らされて/何か が外に出ようしている。/庭流れ。//誰かが別部屋で咳きこむ、/年老いた 声が。//   なんと遠いことだろう!//少しばかり死が/四隅で震えている。)  以上が「悲しむ男」であるが、ここでは詩人自身母を失くした悲しみが歌われている。そ 中で注目されるは、“El horizonte habla, / Detrás todo agonizaba.”という 2 行であろう。 “El horizonte”という単語使用は後「四角い地平線」をすでに先取りしたものだが、ここ
さらに見せる

12 さらに読み込む

岐路に立つルクセンブルクの3言語主義 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

岐路に立つルクセンブルクの3言語主義 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 言語間習熟度に濃淡はあれ、3 言語習得はルクセンブルク人アイデンティティー礎 であり、どの言語を欠かすわけにもいかない。ルクセンブルク人が最も得意な言語はルクセン ブルクであるが、ルクセンブルクを政治・経済・学問領域で本格的に使用するには綿密 なコーパス政策を展開せねばならず、そればかりかフランス語ドイツを主要言語するメ リットが失われることにもなるので損失は大きい。したがって、フランス語ドイツ役割 を減じるような言語政策は国益に反するだろう。言語レベルだけを考えるならば、ほとんど母 として習得が可能なドイツを主要な公用するがルクセンブルク人にとって最も現 実的な選択肢なろう。だが、ドイツに国土を占領された経験を持つルクセンブルク人にとっ て、ドイツ同じ言語を国語することには抵抗感がある。最近では、特に若年層でドイツ態度が好転しており、居心地がいい外国一位にドイツが入っている点は特筆すべきであ る。また、最も得意な言語 2 位にドイツが位置していることを考えるならば、ドイツ 使用域拡大環境が整っていることを示唆している。しかし、憲法が規定するフランス語司 法上優位性、主たる学術言語をフランス語が担う言語教育政策を守り続ける以上、フラン スを上位言語する 3 言語主義は変わらないだろう。特に、EU ではフランス語が英語並 ぶ「作業言語」(working language)として使われているため、EU 主要機関が立地するルク センブルクにとってフランス語を主要言語するメリットは計り知れないものがある。ただし、 ドイツにもフランスにも依存しない独立国であることを示すには、ドイツフランス語バ ランスを取ることが重要になる。ドイツフランス語というヨーロッパ 2 大言語を公的に 使用することで、幅広い通用性を持つインフラを提供しながら国際的な求心力を得るが小国 ルクセンブルク生き方であるからだ。
さらに見せる

14 さらに読み込む

学生が効果的に感じる英語発音トレーニングの実践報告 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

学生が効果的に感じる英語発音トレーニングの実践報告 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

互いに撮影しあう様子も見られ,学生同士交流も意欲を高めることになったであろう。 消極的な学生も,グループワークでは意見を出すことが求められるので,それまで比較して, 積極的に授業参加しているように見られた。  また,英語歌も学生興味を引いた考えられる。学生意見にあったが,教科書英語 を読むことには意欲が高まらないが,歌なら印象深く,音が頭に残り,楽しみながら練習でき る。上手に歌うためには,英語リズムや音つながりをマスターしなければならず,その部 分を仲間何度も歌うことで,英語リズムや音つながりが理解できた感じたことも窺え る。授業以外でも歌を歌って練習した学生もおり,発音トレーニングが自主学習につながって いる。アンケートを見ても,「 7 .英語歌を歌うことは発音練習ために良い。」が 4 . 7 とい う結果から,学生が歌効果を実感している考えられる。
さらに見せる

14 さらに読み込む

Show all 10000 documents...

関連した話題