トップPDF フランス語教育に必要とされる文法知識 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

フランス語教育に必要とされる文法知識 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

フランス語教育に必要とされる文法知識 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

―学習コンセプト  教材学習コンセプトは大きく 2 種類分けられる。Alphabetix、『話してみようフランス 』、『場面で話すフランス語 1』はフランス語でコミュニケーションを行うことを念頭編ま れた教材である。特に後二者はそのタイトルが明示すようフランス語で発信する能力を養 成することを念頭において製作れている。Alphabetix 『場面で話すフランス語 1』では機 能・概念シラバスが採用れている。前者では各課単一あるいは複数社会的あるいは機能 的コミュニケーション目標(ex. 自己紹介する、注文する、情報を求める)が設定れる。後 者では各課「家族」「持ち物」ような大きな概念テーマがあり、そのテーマ応じて「家族 について話す」「持ち物を言う」などコミュニケーション各場面が展開れる文法要素や 語彙・表現はこれらコミュニケーション目標を実現するため「道具」として配置れてい る。『話してみようフランス語』は機能・概念シラバス文法項目がテーマなることもあ る(ex. 6 課:~へ行く、~から来る、8 課:~するつもり、~したばかり)。一方、『ピエール ユゴー』『カジュアルフランス語』は、実践的な会話練習を取り入れながらも、伝統的 な文法中心学習進度に従って構成れた教材である。前者は物語主人公である二人少年 が旅途中で出会う事柄(ex. 3 課:切符がない)が各課会話エピソードとして取り上げら れる。後者は 4 技能養成を重視する傾向対応するため、「無理なくフランス語基礎がバラン スよく身つく(『カジュアルフランス語』「はじめ」より)」ことを目標しており、大学 生日常生活場面(ex. 4 課:映画、9 課:キャンパスで)を題材各課会話が作られてい る。両者とも会話は日常的で自然なフランス語なるよう配慮れているが、会話テーマ 学習する文法項目や語彙機能・概念的関連性はほとんど見られない。
さらに見せる

25 さらに読み込む

通訳の仕事 ―通訳者に必要な資質と能力の養成 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

通訳の仕事 ―通訳者に必要な資質と能力の養成 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

なチーム数を揃えたりします。英語で大学通訳訓練コースを終了して、B クラスで仕事を 始めているならば、会議通訳者としてデビューチャンスです。 5 . 2 . エージェント通訳養成校  サイマルインターナショナル、インターグループ、日本コンベンションサービスなどは国際 会議や記念行事など企画から実施まで全体運営一環として通訳派遣をしていますが、専 属英語や中国通訳者がいます。このような大手エージェントが提供している通訳者養 成コースで通訳訓練を受けることが出来ます。英語や中国では上級英語・中国レベル から本格的な同時通訳訓練まで一貫したコースで訓練を受け、専属なり、会議通訳者し て仕事を始めることが可能です。英語以外外国場合は、受講生レベル人数問題が つきまといます。エージェントや語学学校通訳という名ついた授業はせいぜい週一回授 業しかありませんので、自分知識外国不足部分など気づくきっかけや練習方法発 見はなりますが、そこで訓練を受けて技術を磨く練習は充分は出来ません。
さらに見せる

13 さらに読み込む

外国語教育における「翻訳」の再考 ― メタ言語能力としての翻訳規範 ― 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

外国語教育における「翻訳」の再考 ― メタ言語能力としての翻訳規範 ― 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

3 . 7  歴史まとめ  ここまで言語学習教授法歴史を主 Richards & Rogers(2001)および Cook(2010) 沿って概観してきたわけだが、文法訳読法から CLT まで変遷中で、幾つか 2 項対立的な キーワードを巡って振り子が動いているが分かる。1 つは、形式 vs. 意味である。文法訳読法 や直接教授法では形式を重視するに対して、CLT では意味重視なる。もう 1 つは、無意識 的 vs. 意識的振り子である。直接教授法から CLT 一部まで、無意識下で学習がおこなわれ ている考える傾向は強いようであるが、フォーカス・オン・フォームでもみたよう、最近 では学習者意識的な気づきを促したり、注意を向けさせることが必要である考えられてい るようだ。無論、この議論は本来チョムスキー言語学から受け継がれる議論であり、言語知識 はほか人間技能は異なり教育影響を受ける度合が小さい、という第二言語習得論命 題深く関係するものではあるだが、本稿目的はこの是非を論じるものではい。むしろ、 特筆すべきは、これまで見てきた歴史中で揺れ動く二項対立軸に対して、フォーカス・オ ン・フォームよう近年アプローチは、そのどちら振れようというものではなく、 その中間収まろうというような傾向が見られるということであろう。そうであるならば、言 学習大切なは、形式か意味どちらかではなく、形式も意味も、両方ともが大事なので ある。つまりその両方を、言語「機能」「コミュニカティブ」であることを考慮して、意 識的であろう無意識であろう、それはあまり問題せず達成できるであれば、言語学 習目標は当面は果たせる考えるわけである。この立場立てば、後述する翻訳(規範)を 基軸した翻訳教育は、現在外国教育教授法が目指す目的真っ向から対立するもので はない考えられるだ。
さらに見せる

22 さらに読み込む

人種偏見のメカニズム 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

人種偏見のメカニズム 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 このような大混乱をもたらすは、人間が生物学的戦争をせずはいられないからだい うのは大きな間違いである。この大混乱は人間が作り出したものである。いずれしても私た ちは世界戦争巻き込まれるかもしれない。アメリカ式生活を守るため、あるいは利益を手 放したくないため、そしてこちらから攻撃、あるいは受けた攻撃によって戦争引きずり込 まれるかもしれない。戦争関わる理由が理想的であろうなかろう、それによって失うも は同じである。第一次世界大戦よう何かを失って、何も得ないこともあれば、何かを犠 牲しても犠牲するだけ価値があるものを得るかもしれない。しかし何かを残すは、ど ような平和的目的を持てばいいだろう。すべてがそれかかっている。それはもちろん戦 争前状況戻るということではない。戦争前状況は世界史なかでも最も破壊的な戦争 状況である。近代社会で必要なことを実行するよう機関働きかけねばならない。人間利益を理解し、それを追求できるような枠組みを作らねばならない。なぜなら過去歴史を みる、社会的な枠組みを提供しなければ、人間は自分とってよいことを追求することはで きないが明白だからである。人間がいつでもどこでもやらなければならないことは、この社 会的枠組みを現実社会合わせるということである。現実社会は変化しており、過去歴史 おいて自給自足小さな部落から現在工業社会へ変化ほど劇的な変化はかつてない。アリ ストテレスも紀元前 4 世紀アテネを考えた時、国位置づけはその国独立性ではなく、 その国自給自足性ある考えた。もし国が自給自足しておれば、国は自然独立国家な り得た。彼分析は論理的で鋭い。今日国独立性自給自足性関係が失われているなかで、 国独立性を主張することは自滅的な時代錯誤である。
さらに見せる

21 さらに読み込む

中国語と近代─ 東アジアの言語環境における思考─ 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

中国語と近代─ 東アジアの言語環境における思考─ 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

言」から東アジア優勢言語へ成り上がったである。日本語変化は、江戸時代以来、西 洋知識を受け入れてきた結果であるが、その過程で漢字による新語・訳語が決定的な役割 を果たした。  言語は知識受容伝達媒体であり、社会生活密接相互作用を及ぼす関係ある。西 洋知識導入は、中国近代化へ変化を促進し、同時に中国社会種々近代的変化 が中国によって記録れた。また、漢字文化圏存在により、中国近代化は中国内だ けとどまらず、東アジア全域拡大した。中国中国近代が分かち難い関係ある 同様、漢字漢文は東アジア近代化密接な関係ある。西学東漸という大きな流れ中で、 中国は漢字文化圏言語大きな影響を及ぼす一方、漢字文化圏言語からも影響 を受けた。特に日本語影響は非常大きかったが、中でも最も重要なことは、漢字を利用し て西洋新概念を受け入れるという問題における「共創、共享」である。漢字文化圏内では、 多く抽象や時代キーワードが同形(または同音)という形式で存在しているが、これ は地域内言語接触、語彙交流結果であることは疑問余地がない。一方、各言語における 同形(同音意味、用法上相異は、それぞれ国や地域が西洋知識や新概念を受 容した過程を反映したものである。近代新知識受容表出は新しい語彙表現様式が必要 である。厳復翻訳が最終的中国社会受け入れられなかったことは言語面において社会 要望を満たせなかったからであるいえるだろう。新しい語彙表現様式、特に専門分野 おけるキーワードや基本用語形成は、近代学問体系が成り立つため基盤である。キーワ ードや基本用語歴史は、往々してその学科形成史であり、言語近代化に関する研究は、 「近代」冠するその他研究分野基礎である。
さらに見せる

10 さらに読み込む

ファーゴー教授 ヘンリー・ジェイムズ 著 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

ファーゴー教授 ヘンリー・ジェイムズ 著 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 「そうです!」彼は言った。「肉体魂が一緒でなければならないという恥ずべき必要性へ さもしい譲歩なんです。ときどき、たとえ一時間でも耐えられない感じるときがあります。 このような犠牲を払って真実について語るを聞いてもらうくらいなら、たとえ運命命ずる ところしたがって溺れようとも、あの厚かましいペテン師別れた方がましだ感じるとき があります。黙って口を閉じ、あの男卑劣な詐欺行為に対して少なくとも私は何要求もし ない主張することで万事おさまっているですが、彼付き合っていること自体が制裁であ り、あのいまいましい見世物参加していることが純粋な真実へ冒涜なです。ご覧とお り、私は不幸も何かを信じてしまったです。知ってしまったです。そして知性に関して は、毒を含んだくずを口するか、真科学という熟した甘い果実を口するかが重要である 考えているです!私は毎晩目を閉じ、顎を固定し、歯を噛みしめているです。しかしあ くだらない戯言を聞かざるを得ないです。始めから終わりまで恥ずべき嘘塊です。 今ではもうすべて暗記してしまいました。立ち上がって私もぺらぺら話すことができます。 それは一日中私耳で鳴り響いています。長い布きれをかぶせたテーブル屈み込んでテ ーブルを叩いている恐ろしい夢を見るです。外教授が立っていて聴衆向かって『これは アルキメデス霊です』言うです。そして、私は息苦しくなってテーブルをひっくり返し 千人も詐欺師共犯者として登場するです。私無視れた人類へメッセージ 価値があまりにも大きく、あまりにも計り知れないので、私がそれを口することを可能 する手段は正当だ信じることができる瞬間があります。黄金向かって航海するときは、 力を誇示する海賊がその船を大洋引っぱっていってもかまわないです。そのような気分で、 目をつぶって聞かないようしながら壁もたれて陰座っているときは、本当に聞こえない です!私心ははるか遠いところあるです ― 空中浮かび、発明乗って高く舞 い上がっているです。しかし突然、忌まわしい現実が私襲いかかるですが、ここ座っ ているが本当私 ― 山ような黄金よりも一粒科学的真理が貴重だ考えている私 ― だという自分感覚が信じられなくなるです!」
さらに見せる

28 さらに読み込む

大学における翻訳教育の位置づけとその目標 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

大学における翻訳教育の位置づけとその目標 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

改訂モデル=翻訳二重プロセスモデル  図 2 示したモデルは、いわゆる「直訳」(言語表層構造のみフォーカスした記号変換的 な訳)について学生注意を喚起し、より深いテクスト分析意味処理必要性を訴えるため は有効なモデルである。本稿で取り上げたようなさまざまな問題点も、基本的はこのモデ ルで説明することができる。したがって、学部レベルで授業では図 2 ような概念化ができ ればほぼ十分である考えられる。ただし、厳密言えばこのモデルでは不十分である。  図 2 モデルはいわば「直訳」を否定するためモデルであるが、実際は翻訳(や通訳) すべてが図 2 ルート②示したような「深い処理」を必要するわけではなく、語句レベ ルで記号変換的処理で済むことも少なくない。また、その比率が多ければ多いほど、翻訳(や 通訳)は効率的なる。とりわけ、情報伝達を主眼するテクスト(informative text)場合 は「浅い処理」で十分用が足りることが多い。例えば、貿易摩擦問題に関する報道文“struc- tural impediments ”という表現が出てきたする。この場合、通訳翻訳者にとって当面問 題はこの表現対応する目標言語語彙 (lexical equivalent)― この場合は「構造障壁」― を知っているかどうかということだけであり、この表現が何を意味するかについて(当該分野 専門家よう)深く理解している必要はない。仮に目標言語対応語彙を知っているだけ では十分な翻訳ができない場合は、その都度、必要な範囲で調べればよいだけことである 21) 。  このことはしかし、翻訳や通訳は、基本的対象テクスト内容について深い理解を必要
さらに見せる

30 さらに読み込む

キルギス語とロシア語のコード・スイッチングに関するパイロット研究 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

キルギス語とロシア語のコード・スイッチングに関するパイロット研究 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

2) 各国その名を冠する民族ことで、「名称民族」呼ばれることもある。 3) キルギス発展普及を使命する、大統領付属「国家委員会」議長が、2011 年キル ギス共和国議会長に対して行った要請(Barakelde 2011.1.29)。 4) その背景としては、ソ連時代は研究遂行上非常大きな制約があったことや、研究を実施する あたってロシアおよび現地運用能力が必要れることなどが挙げられるだろう。だが、近年 は旧ソ連地域言語状況を対象した、個別事例を深く掘り下げる研究が徐々に増加しつつある。CS を扱うものとしては、アゼルバイジャンロシア CS を対象する Zuercher (2009)が挙げら れる
さらに見せる

12 さらに読み込む

アディナ ヘンリー・ジェイムズ 著 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

アディナ ヘンリー・ジェイムズ 著 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 目見える影響を暗くて古い町与えるローマ初春空気は、ご存知とおり不思議な魅 力があるけれども、どちらかいう外国はしばしば辛いことがある。北アフリカか ら熱風が二週間途切れることなく続いたあと、ワディントン夫人活発だった気分が落ち込 んだ。彼女は「熱病」かかるではないか心配し、急いで医者相談した。医者は、何も 心配することはなく彼女必要は単なる気分転換だ言った。そして、一ヵ月ほどアルバ ーノ行くことを勧めた。というわけで、二人女性はスクロープ付き添いもとアルバー ノ行くことなった。ワディントン夫人は親切も私も一緒来るよう誘ってくれた。しか し、親戚者がローマやって来ることなっていて、私は彼らためガイド役を引き受け ることなっていたので、ローマ残っていなければならなかった。機会があればアルバーノ を訪れる約束だけはしておいた。私叔父その三人娘は申し分ない観光客で、私は 次から次へすることがあった。しかし、週末はやっと約束を果たすことができた。私は宿 泊まっている彼らを発見し、二人女性が、汚れた石造りしわ寄った黄色いテーブ ルクロスについて意識を、窓から見える霧かかった海よう広大なローマ平原について 恍惚した黙考溶け込ませているを見た。景観は別として、彼らは楽しい日々を過ごし ていた。その地域美し山間見慣れない古い町美しい近郊を思い出していただきたい。 その地方は早咲き草花が咲き誇っており、私友人たちは野外空気中で暮らしていた。 ワディントン夫人は水彩画スケッチをし、アディナは野生花々を摘んでいた。スクロープ は満足気二人間を行ったり来たりして、時折、ワディントン夫人絵の具使い方やアデ ィナスイセンシクラメン組み合わせについて歯衣をきせない酷評をしていた。みんな とても幸せそうで、嫌味ではなく私はもう少しで、神々からもっとも望ましい贈り物は、 自身欠点に対する終始変わらない確信ではないか思うところだった。しかも、心 やましいところある恋人でさえ、アディナ・ワディントンような自分人生における予想 もしない愛らし存在によって、当然報いというものが存在することが信じられなくなる ということがあるかもしれない。
さらに見せる

37 さらに読み込む

吉田健一と英文学 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

吉田健一と英文学 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

量、すなわち、外国教育深く関連する母語・早期英語教育・ネイティヴスピーカー等問 題寄せる気概厳粛な認識、そしてその志操は敬服せざるをえない。  月刊雑誌『新潮』〈2009 年 1 月号〉「特別対談:日本危機ウェブ進化」において水 村美苗は、インターネット専門家である梅田望夫対談し、その場で日本語将来に対する 強い危機感を吐露している。「西洋ロゴス地球が支配れないため、非西洋国語 して日本語を維持していく。それこそが人類的ミッションではないか」(水村美苗/梅田望夫  347)揚言する水村美苗は、対談者梅田望夫相手深い焦慮駆られつつ、「グローバリゼ ーションいうけれど、その一方はグローバリゼーション回収できないローカルいうか、 個別的なものがある。それは人間が地球さまざまな土地住み、さまざまな母語を話してい る限り、必然的存在するものですよね。だから、ローカルであることを意識しつつ、そのロ ーカルな環境で生きる運命をどう引き受けるかということを、日本で書くことでもって人類 向けて示していかなければならない。すべて人が人類向って直接書くを目指す必要は ない。あえて言えば、人類という抽象的な対象向けて書かれたこと、ローカルな人間向 けて書かれたことがちがうを日本人が日本語で読み書きして示すことが、人類へ貢献も なる思うんです。すべて人が英語という人類で書いてしまったら、世界はとても退屈な ものなってしまう。…………………グローバルなもの回収しきれない世界存在を訴え続 けることこそ、パブリックな行為だ思うんですよ」(水村美苗/梅田望夫 355)、持論を ぶつ。英語支配という問題敢為精神で立ち向かう水村美苗肩肘張らない率直な意見を 傾聴する如くはないだろう。新たな主体性確立を希求して日本語世界帰って行った吉 田健一水村美苗決断勇気は、筆者漣が立つ。
さらに見せる

19 さらに読み込む

フランス語初級総合教材における導入資料の内容把握の方法論について 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

フランス語初級総合教材における導入資料の内容把握の方法論について 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 フランス製教科書は日本人学習者向け補助教材が作成れているものもある。Café CRÈME 、Taxi !、Nouveau Taxi ! などがその例であるが、これら日本語版補助教材内容 をみる、単語練習問題指示文日本語訳(Café CRÈME、Taxi !、Nouveau Taxi !)、お よび文法説明(Nouveau Taxi !)など、学習者 L1 を介して語彙や文法意味を理解せる 手法が採用れている。確かコミュニケーティヴ・アプローチ以後フランス語教授法では 学習者既習言語援用は容認れており、日本語訳や文法説明を活用することで、教師は意 味説明割く時間を大幅節約し、練習により多く時間を割り当てることができよう。し かし、L1 へ翻訳は、本来、文字情報というメディアにおいて効力を発揮する意味伝達手段 である。大まかなリスニング作業、文章れたリスニング内容を見ながら細部意味 を確認するためは、L1 翻訳は便利だが、最初段階で、学習者が言語・非言語情報を活用 しながら音声情報から教科書内容を発見するため補助手段としては、役に立つは言い難 い。内容理解質問事項を理解するためは利用できるが、3.3. 節で見たよう、音つづり 関係が身についていない初級学習者については、L1 で意味を把握するだけで内容理解が促進 れるは断言できない。学習者内容理解を高めるは、これら補助教材加えて新出 彙や表現を導入する方法論を提示する必要があるはずだが、残念ながら、現状では日本人学習 者を想定したフランス製教科書教授用指導書は製作れておらず、教科書使い方は教員 まかされている状態である。
さらに見せる

21 さらに読み込む

オズボーンの復讐 ヘンリー・ジェイムズ 著 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

オズボーンの復讐 ヘンリー・ジェイムズ 著 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

し、頭はコングリーブ嬢ことでいっぱいで、目は絶えず彼女顔を見ていた。ときどき彼女 視線合うときがあった。激しい嫌悪感がふつふつわき起こった。ヘンリエッタ・コ ングリーブ必要は、彼女が他人を利用した同じよう彼女も人利用れることだ 彼は独り言を言った。明らか今牧師を利用している同じよう。水流中ほどで空し く底を手探りしながら、耳まですっぽり彼は恋落ちていた。その間、乾いた靴を履いたまま 彼女は水辺座っているだった。彼女は教訓を学ぶ必要があった。しかし、誰がそれを彼女 与えることができるだろうか?彼女すべて師が知っている以上ことを彼女は知ってい るだ。男性は彼女近づき、魅了れ虜なるだけだった。もし彼女が、自分同じほど明 晰な頭脳、活発な想像力、不屈意志を持つ者、あるいは師仰ぐ者出会いさえすれば!テ ーブルをひっくり返し、彼女出先をくじき、彼女を虜し、そして突然時計を見て別れ挨 拶をする、そんな男性出会いさえすれば!そうすれば恐らくグラハムも安心して眠りつく ことができるだろう。人心をもてあそぶということがどういうことか彼女も分かるであろ う。というのも、彼女心は、まるでブロンズに対するガラスようなものだからである。オ ズボーンはテーブルを見まわした。しかし、カーペンター夫人招待客は、彼が心描く ― ブロンズ水晶頭を持つ ― 英雄ほんのわずかでも似ている男性はいなかった。彼ら はまさに、若い女性をそばはべらせるが似合う若者たち過ぎなかった。しかし、ヘンリ エッタ・コングリーブはそのような女性一人ではなかった。彼女は舞踏会いる単に軽薄な 女性ではなかった。彼女しぐさはどこか真剣で高貴な何かがあった。それは知的な喜びで あった。誠実な男性心を最後一滴まで飲み干し、恐ろしい食品白い花を咲かせるだっ た。オズボーンが辺りを見わたす、周囲存在、サンドウィッチやシャンパンことを 一瞬忘れてしまったかよう見える若い女性目がとまった。彼が彼女ことを見ている 気がつく、もちろん、その女性はすぐ視線を落とした。しかしオズボーン は彼女視線意味を読み取った。それ ― まだ清純残る乙女視線 ― は、容易翻訳 できる言葉で、「あなたこそ私が探し求めていた男性です!」語っているよう思われた。つ まり簡単言う、オズボーンさん、あなたは何て素敵な方なんでしょう、ということである。 オズボーンは脈が速くなるを感じた。彼計画は始まっただ。彼際立った容姿がコング リーブ嬢心を傷つける十分な装備だというわけではなかったが、少なくともそれは彼 任務を外向かって表現するものだった。
さらに見せる

36 さらに読み込む

フランス語教師のための研修の必要性 外国語教育研究(紀要)第11号〜第17号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

フランス語教師のための研修の必要性 外国語教育研究(紀要)第11号〜第17号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

4  フランス語教師必要知識技術  実際フランス語を教えるため必要知識や技術をこの「教科教育法」だけで習得するこ は時間的制約からも不可能である。現状では、フランス語教員免許を取得した場合でも、教 師多くが現場立ったとき適切なクラス運営訓練や教育を受けていない可能性が非常 高い。また大学では、まったくフランス語教育関連授業を受けず現場立つ教師も少なか らず存在する。それぞれ現場で、状況応じて各自工夫による独自教授法を開発してい るが実情であろう。このような日本教育現場で各教師が抱える問題を解決するため、自 ら技術改善方法や情報をどのよう集めることができるだろうか。たとえば、教授法関 する文献やインターネット上で提供れる情報を集め、工夫手がかりする事も可能であ
さらに見せる

22 さらに読み込む

国際交流におけるコンフリクトの解決スキル 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

国際交流におけるコンフリクトの解決スキル 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

2 .ASEP2010 から見えること  2010 年度 ASEP における参加学生言葉よる、「英語を外国として使う人同士コ ミュニケーションは必ず衝突や不完全な意思疎通」があるため、「自分たちはこういう風 プレゼンを作りたい説明する交渉力」や、「自分が主張したいこと説得力を持たせるため コミュニケーション能力が必要であること気づく」という ASEP 効果がみられた。さらに、 リピーターから「Presenter 経験者として、Coordinator がプレゼン内容についてもう少し踏 み込んだ意見を与えてあげられたら良かった」指摘があった。このことは、意見や価値観 対立からコンフリクトが発生して、それを解決するため両グループが苦心しており、その ことをリピーターが歯がゆい思いで見守っている状況を示している。
さらに見せる

7 さらに読み込む

「日本の英文学研究」考 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

「日本の英文学研究」考 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 こうした一連検証作業を通じて、太平洋戦争中日本英文学者は、己専門領域 を当時日本国家ため積極的活かすべく、真正面から現実社会向き合い、実社会 深い関わりを求めた者がいたことが判明した。実社会直接接触を希求した英文学者は、 己学問研究を、己専門を、己持てるすべて力を、そして己最大武器も言える英 米事情に関する厖大な博学多識を、時日本社会に対して役立たせよう努めたである。敵 国なった英米文学や文化を専門してきた彼ら英文学者してみれば、己が持てる力を国 家ため存分発揮する時機が到来した、大いに興奮し、奮起したであろうことは想像す る難くない。現実社会直結した、まさに生きた英語英米文学研究存在意義をしんから自 覚し、これこそが実践知性最たるものだ彼らは認識したちがいない。慶應義塾大学名誉 教授・白井厚が著書『大学における戦没者追悼を考える』(2012)中で、「英語を勉強するこ によって、高いところ立って普通は見えないところが見えるようなる。敵国文 章をいち早く直接読むことができ、それだけ視野が広がる。敵状況が分かって戦争勝てる。 だから英語学は展望台学問であり、戦争役立つというふう、論を展開します。そうす る、なんとなくそんな感じもして、英語を一生懸命勉強できるようなります。海軍は英
さらに見せる

22 さらに読み込む

外国語教育研究(紀要)第11号〜第17号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

外国語教育研究(紀要)第11号〜第17号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 「複数外国教育を統合的推進するため考察」− 訳者による背景説明  グローバル化が進むなか、日本を初め多く国で外国教育が社会的課題として認識れて いる。統合が進むヨーロッパでは、欧州連合が多言語・多文化尊重を基本原則しているが、 他方で共通言語として英語へ高い関心が寄せられていることも事実である。しかし欧州連合 は1995年『知識基盤型社会へ向けて』という教育問題に関する白書中で「母語プラス 2 言語 /外国」を原則する「欧州市民 3 言語主義」を提唱した。それは多言・多文化社会で生 きる個人資質として「複数言語能力」を求め、「異文化対応能力」や「生涯にわたり外国 を学習する能力」を重要だ認める見解である。「複数言語主義」(Plurilingualismus)考えは、 具体的は「母語プラス 2 外国能力を学校教育で育成するというやり方で、各国で検討 乃至は導入れていっている。
さらに見せる

18 さらに読み込む

ビセンテ・ウイドブロ『北極の詩』(抄) 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

ビセンテ・ウイドブロ『北極の詩』(抄) 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 ところで、『北極詩』限らずウイドブロ初期詩集は私家版的な性格が強く、それを入 手するは一般容易でなかったはずだが、それを補うため手書きれた写しが、ことに若 い詩人たちあいだ出回ったいう。そのような熱意がもたらした幸福な出会い例として、 ヘラルド・ディエーゴフアン・ラレーア場合が挙げられる。二十世紀スペイン文学占 める〈二十七年世代〉詩人たち重要性はここあらためて繰り返すまでもないが、この 詩派を代表する一人ディエーゴ ― ウルトライスモも参加している ― は『北極詩』か
さらに見せる

16 さらに読み込む

社会科学の目的と「自由」に関する考察 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

社会科学の目的と「自由」に関する考察 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 どの文化人類学者にとっても、前提なる懐疑主義は厳密定義れねばならない。この懐 疑主義はいかなる正式な文化制度による影響をも疑うものである。民主主義であろうが、君主 制度であろうが、金権主義であろうが、どの主義も活発で安定した国家において実現れてい る。確信をもって自分目標を追求した部落においても、また最悪魔法を使うような部落で さえも、民主主義は君臨した。民主主義は、我々イデオロギーが賞賛する個人自由を浸透 せるため政治的形態でしかないことは明らかである。しかし、民主主義は個人自由を必 ずしも保障するものではない。一夫多妻制度が安定したまとまりある家族を形成することもあ る。他社会では一夫一婦制がその機能を果たす。しかしそのいずれもがより大きな摩擦があ るような分裂した家族も生み出しうる。他文化的な特徴に対しても同じことが言える。神聖 な王位であろう、花嫁つけられる値段しても、魔法しても同じである。このような習 慣によって社会がスムーズ機能する言える。また王が神崇められるので、自分快楽 ため人を利用したり、殺したりすることもある。花嫁値段がつけられるため、若い男が結 婚できなかったり、魔術師が誰に対しても自分魔法が使えるため、社会対立や暴力があ るも言える。
さらに見せる

16 さらに読み込む

中国語教育実践報告 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

中国語教育実践報告 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 この練習は、 1 声~ 4 声まで声調を発音した後、 5 番目発音したは何声であるかを 問うものである。この段階では 2 声 3 声区別は非常困難である思う。例えば、出題 を 3 問して、答えが、 1 声、 2 声、 4 声なるようし、とりあえず、 1 声 4 声から確 実に音をつかませるなど工夫をした方がよいかも知れない。また、声調説明図で 3 声 後半部が点線で描かれ、 2 声終わり同じ高なるというものがあるが、 2 声 3 声 区別をわかりやすくするためは、その図を無視し、 3 声は低く抑えるということを徹底 せる必要がある。この他、 2 声を短く、 3 声を長め発音するも有効である。
さらに見せる

8 さらに読み込む

at Workにみるルース・ベネディクトの肖像 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

at Workにみるルース・ベネディクトの肖像 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 バッファロー行く前から私は「物書き」をしていました。ある夏日、オワトナから帰っ て牧場いた時、ウィルおじさんが私儲けを数えていました。彼は私が 10 点ノート書 き取ったら、1 ドルくれる言いました。何を書いたかは覚えていませんが、大きな誇り責 任を感じたを覚えています。母は子どもが書いたものに対して、子どもだからいって甘や かして、誇張した値段をつけるはよくない思ったかもしれません。しかし、その頃私が感 じていたマージェリー器用うまくバランスをとるためは仕方ない思ったかもしれ ません。バッファローでマージェリーが土曜日美術学校行き始める、私は家で文を書い て母見てもらいました。4 月吹雪について書いたを今でも覚えています。それはこんな ふう始まります。 「春日差し日々を通して、お日さまは地球交わり、毎日とてもとても 素敵でした。」それは詩ような拍子であったことがとても気なりました。でも他どのよう 表現したらいいか分かりませんでした。この頃まで、私はかなり本を読んでいました。 ディケンズ、特にデイビッド・コパーフィールド、そしてスコット、特に「アイヴァンフォー」。 でもそこから学ぶことは特にありませんでした。この時期まで読んだ本で聖書優る本はあ りませんでした。ルツ(旧約聖書一書)話はラモーナより良く、ジョブ詩はロングフェ ローより良い思いました。今でも最初聖書を持っており、それは注意深く赤線が引 いてあり、一所懸命書いた文章ページがはさまれています。バッファロー移った時から マージェリー私は教会行く、週 5 セントもらい、日曜学校で聖書 3 節を 1 日おぼ え、日曜日は 6 節おぼえる 1 ペニーもらえました。私は何十も章を暗記しました。 「エバ ンジェリン」「ヒアワサ」詩は高尚なものだ聞いていましたが、私はあまり好きではあ りませんでした。
さらに見せる

28 さらに読み込む

Show all 10000 documents...

関連した話題