駅周辺整備課

Top PDF 駅周辺整備課:

参考資料3事後評価方法書(あま市 木田駅周辺地区) あま市都市再生整備計画(まちづくり交付金)評価委員会(木田駅周辺地区)|あま市公式ウェブサイト

参考資料3事後評価方法書(あま市 木田駅周辺地区) あま市都市再生整備計画(まちづくり交付金)評価委員会(木田駅周辺地区)|あま市公式ウェブサイト

③検討体制 都市計画が主管となり都市再生整備計画事業に関係する(企画政策、財 政、安全安心、土木、下水道、産業振興を予定)による庁内の横断的な 組織を設置し、事業評価作業部会等により要因の整理を行う。 (4)今後のまちづくり方策の作成

9 さらに読み込む

資料 3 平成 26 年度 外部評価委員会 外部評価対象施策評価シート及び実施事業管理票 施策名 市街地整備の推進 施策の名称 事業の名称 主管課等名 ページ 市街地整備の推進 寒川駅周辺整備事務所 1 寒川駅北口地区土地区画整理事業 社会資本整備総合交付金事後評価分析事業

資料 3 平成 26 年度 外部評価委員会 外部評価対象施策評価シート及び実施事業管理票 施策名 市街地整備の推進 施策の名称 事業の名称 主管課等名 ページ 市街地整備の推進 寒川駅周辺整備事務所 1 寒川駅北口地区土地区画整理事業 社会資本整備総合交付金事後評価分析事業

県央湘南都市圏整備構想とツインシティ構想に基づき、新幹線新駅誘致地区を中心とした新たな北部の拠点として、交通結節点 の利便性を生かし、新たな機能立地と広域連携を目指して、環境と共生したまちづくりを進める。 本町の交通の利便性を高め、町の活性化や住環境の整備につなげることにより、町民に便利で快適な住環境の提供を図ります。 H24

11 さらに読み込む

都市再生整備計画〔第4回変更〕(旭川駅周辺地区)【旭川市】

都市再生整備計画〔第4回変更〕(旭川駅周辺地区)【旭川市】

・これらの課題を解消するために、本地区は公共公益施設を中心に整備が進められているが、隣接する神楽岡公園や忠別川の自然環境を享受し、施設利用者のみならず、如何に来訪者が自由にかつゆったりとたたずみ憩える都心のオア シス空間を形成するか。 ・神楽岡公園や忠別川河川空間さらには隣接している地区公園とのスムーズな連携により、いかに多様な活動を誘発し、また、人の回遊性を創出し、市民が楽しめるような空間を形成するか。 ・行政拠点地区において現存する旧国鉄工場であった『煉瓦造建物』を、歴史的建造物として地域の歴史を顧み、ただ単に保存するだけではなくいかに人々の心に根付く都市景観として演出し利用を図るか。 ・鉄道高架により新しく生まれ変わる旭川及び駅前広場を如何に旭川らしいシンボル的な要素を含んだ街の顔を整備していくか。
さらに見せる

5 さらに読み込む

事後評価シート 都市再生整備計画(北陸新幹線(仮)上越駅周辺地区)の事後評価結果公表  上越市ホームページ

事後評価シート 都市再生整備計画(北陸新幹線(仮)上越駅周辺地区)の事後評価結果公表 上越市ホームページ

周 辺 整 備 状 況 応 地 域 民 参 加 く 関 会 議 等 支 援 地 区 特 性 活 く 推 進 題 変 成 度 曒 陸 新 幹 線 開 業 向 新 周 辺 土 地 区 整 理 業 路 水 部 工 実 施 前 広 場 自 通 路 前 広 場 タ 等 調 査 設 計 行 わ 整 備 推 進 い 地 域 民 参 加 会 議 等 越 新 幹 線 周 辺 地 区 形 成 構 想 や 地 区 計 案 策 定 魅 力 あ く 進 い

19 さらに読み込む

市道三溝線の位置付け 佐賀駅周辺整備構想 (H29.3) では 佐賀駅と拠点エリア ( 総合運動場周辺 城内 中心市街地周辺 ) とを結ぶ 南北軸の強化 を課題として提示 市道三溝線は 北側の拠点エリアに向けた 街の玄関口 であり 重要な動線 であると整理 街づくりの視点 ( 佐賀駅周辺整備構想 )

市道三溝線の位置付け 佐賀駅周辺整備構想 (H29.3) では 佐賀駅と拠点エリア ( 総合運動場周辺 城内 中心市街地周辺 ) とを結ぶ 南北軸の強化 を課題として提示 市道三溝線は 北側の拠点エリアに向けた 街の玄関口 であり 重要な動線 であると整理 街づくりの視点 ( 佐賀駅周辺整備構想 )

▲アリーナでイベント(昼間)が開催される日の 市道三溝線の歩行者通行量イメージ ※青色:現在の歩行者通行量(実測値) 赤色:4,000人規模(常設席)のイベントを想定 (うち1,200人が から徒歩移動と想定)

23 さらに読み込む

第1回 相模原市広域交流拠点整備計画検討委員会 橋本駅周辺地区小委員会 会議資料

第1回 相模原市広域交流拠点整備計画検討委員会 橋本駅周辺地区小委員会 会議資料

2.土地利用について 2-3 現況と課題 ②橋本南口の土地利用の現況 〇 県立高校周辺地域は、堅牢建物等が見られるなど市街化されているが、 南口駅前は、現況需要の中においても道路、駅前広場等の交通基盤が十分整備されていない ⇒ 平成39年リニア開業を見据えたまちづくりにおいては、優先的にまちづくりを進めるべき

30 さらに読み込む

木田駅周辺地区 都市再生整備計画の公表について|あま市公式ウェブサイト

木田駅周辺地区 都市再生整備計画の公表について|あま市公式ウェブサイト

周辺 道路整備 駅前広場 整備 り、日常交通 対 満足度 向 図 1.9 ●駅前広場 へ クセ 道路 整備 行い、交通利便性 安心 安全性 確保 こ あ ●梅雨時 雷雨等局所的 豪雨 対 道路冠水 い う 安心 生活 環境 確保 こ あ ●駅前 公共空間 一体的整備 行い、 集い 交流 わい空間 交流拠点づくり

6 さらに読み込む

資料2 事後評価シート(木田駅前地区) あま市都市再生整備計画(まちづくり交付金)評価委員会(木田駅周辺地区)|あま市公式ウェブサイト

資料2 事後評価シート(木田駅前地区) あま市都市再生整備計画(まちづくり交付金)評価委員会(木田駅周辺地区)|あま市公式ウェブサイト

まちの課題の変化 ・市道木田164号線は、今回の整備区間は完了したが、交通利便性の向上に対しては、計画路線全線の整備が必要である。 ・駅北側の交通環境は、改善されていない。 ・地下式調整池の容量は、将来計画の半分程度で、被害は軽減したとはいえ、十分ではない。 ・整備に伴う新たな交通の流れを把握し、必要な安全性を確保できる整備が必要である。 ・道路施設の整備にとどまることなく、ソフト施策による安心・安全性を確保する必要がある。
さらに見せる

18 さらに読み込む

宮崎市佐土原駅周辺地区(2期)の概要.pdf 都市再生整備計画  宮崎市

宮崎市佐土原駅周辺地区(2期)の概要.pdf 都市再生整備計画 宮崎市

・ 佐土原駅前土地区画整理事業と施行中の松小路土地区画整理事業によって、良好な商業空間の形成が図られてきているが、このような空間は一部区域に留まっている。地域拠点として更なる活性化を図るために も、一体的に良好な商業空間・歩行者ネットワークを形成していく必要がある。また商業店舗・業務施設件数については、1期計画期間中の取り組み等によって、減少割合を抑制することができたものの、未だ減少 傾向は続いている状況にある。地区内事業者や住民等と連携した取り組みによって地区内の魅力を更に高め、これらの商業店舗・業務施設件数が減少している状況を改善する必要がある。 ・ 1期計画の事業によって改善した区域もあるが、本地区内には狭隘な生活道路や老朽化した建物が点在していることに加えて、オープンスペースが不足しており、防災上の課題を有している。継続的な都市基盤 整備によって防災上の課題を解決し、安全・安心なまちの形成・強化を図る必要がある。また、地区内には交通結節点であるJR佐土原や行政施設(災害時の避難施設)等が位置しており、まちなか居住の魅力を高 めるための歩行者ネットワークの形成・強化が進んでいるが、居住地と行政施設をつなぐ階段は夜間の歩行に際して十分な明るさが確保できていない等、安全性が不十分な状況である。地区の安全性や魅力を更に 高めるためにも、アクセス機能の向上や景観に配慮した整備を図る必要性がある。
さらに見せる

7 さらに読み込む

籠原駅周辺地区都市再生整備計画(第2期)(第1回変更) 都市再生整備計画の公表について:熊谷市ホームページ

籠原駅周辺地区都市再生整備計画(第2期)(第1回変更) 都市再生整備計画の公表について:熊谷市ホームページ

住民の声 対応し いくため も 熊谷市とし 市民のニーズ あった より効果のある利便性の高い道路環境を創出する 市民と市 力を合わせ 地区の特性 合わせた協働のまちづくりを推進し 活気ある地域コミュニティを創出する 生活 潤いと安ら を与え 地域住民 安全 安心 生活 きる防災機能を備えた憩いの場を創出する を目標 成 年度から 成 年度ま の ヶ年 籠原周辺地区 の都市再生整備計画事業を行い 土地区画整理事業等の市街地整備の推進 め いると ろ ある 籠原周辺は 公共施設 未整備のまま無秩序 市街地 形成され り 熊谷市の地域 ある もかかわら 水道 道路整備等の都市基盤整備の遅れ より住環境や防災面等 多くの課題を抱え いる また 駅前という とから交通 は 多い 周辺の道路は く 人と車の交錯 よる歩行者への危険性や 交通渋滞を引き起 し いる とから安全面 問題 多い
さらに見せる

10 さらに読み込む

瀬戸駅周辺地区(平成27年3月) 都市再生整備計画(瀬戸駅周辺地区)|岡山市|事業者情報|都市計画・開発・建築

瀬戸駅周辺地区(平成27年3月) 都市再生整備計画(瀬戸駅周辺地区)|岡山市|事業者情報|都市計画・開発・建築

都市再生整備計画に記載し、実施できた 都市再生整備計画に記載したが、実施できなかった 以前と比べ、地域住民、地元小学校、保育 園など地域交流・課外活動の場として利用 されるようになった。

3 さらに読み込む

橋本駅周辺地区における美術館の整備に向けたサウンディング型市場調査の実施について

橋本駅周辺地区における美術館の整備に向けたサウンディング型市場調査の実施について

【申込先】相模原市市民局文化振興 bunkashinkou@city.sagamihara.kanagawa.jp (2)対話参加の申込み 参加を希望される方は、別紙3「エントリーシート」に必要事項を記載し E メール へ添付の上、期日までに上記申込先へお申込みください。

6 さらに読み込む

都市再生整備計画 フォローアップ報告書(狭山市駅周辺地区)

都市再生整備計画 フォローアップ報告書(狭山市駅周辺地区)

西武新宿線 東西 分断 い 市街地 均衡あ 発展 資 橋 化及び東西自由通路 整備 安全 便利 歩行者動線 確保 東西 市街地整備事業 融合 計 い 山市駅東口地区 い 成元 度 事業計 決定 土地区 整理事業 良好 住宅地 形成 推進 い 一部未整備 あ 都市計 路 開通 近い 交通動線 再構築 必要 い 山市駅西口地区 都市計 決定 い 駅前広場 都市計 路 未整備 あ 等 交通結節機能 面積 い駅前広場 集中 い 人 車 交錯 大変危険 状態 あ 敷地 細分化 駅前 土 地 効利用 図 い い 木造家屋 密集箇所 あ 地震等 災害時 防災面 解決 成 都市計 決定 成 事業認 市街地再開発事業 進 い
さらに見せる

8 さらに読み込む

枚方市駅周辺再整備ビジョン

枚方市駅周辺再整備ビジョン

(3)交通基盤 枚方市は、京阪沿線屈指の乗降客数を有し、バス路線の充実等、広域的な交通結節点 機能をもったです。しかし、府道京都守口線の渋滞の抜け道として中心部を通過する 車両が多く見られることから、通過車両の抑制等、駅前広場交通の円滑化や広域道路網を 踏まえた対策等、交通環境の改善が課題です。

9 さらに読み込む

第3章 重点整備地区及び特定経路等の検討 京阪萱島駅周辺地区交通バリアフリー基本構想<案/寝屋川市ホームページ

第3章 重点整備地区及び特定経路等の検討 京阪萱島駅周辺地区交通バリアフリー基本構想<案/寝屋川市ホームページ

人 集積 主 通行者ン利用者 や ゚ンォヴト調査等 ける居 者 要望 トモ゚ネモヴ 整備効果 トモ゚ネモヴ 事業実現性 ら 課題や事業効果 整備 優先性 い 整理 る 表 - よう り 取 整備 優先性 高 整備効果 得られるザヴン らトモ゚ネモヴ を推進 い

12 さらに読み込む

池袋駅周辺地域基盤整備方針_中間まとめ

池袋駅周辺地域基盤整備方針_中間まとめ

  また、施設内の地下通路とこれに接続する地下街が、まちの東西を結ぶ歩行者ネットワークの中核となっていることは池袋   の大きな特徴となっている。 ○ しかし、施設や周辺建築物は、高度経済成長期以降、増改築を繰り返しており、耐震性はもとより防火・避難などの災害時   の安全性の向上、多様な利用者に配慮したバリアフリー環境の向上、乗換に伴う混雑緩和(乗換利便性の向上)などが必要と   なっている。また、現状の周辺でみると、鉄道と大型商業施設による街の東西の分断、鉄道敷きを越える東西横断動線の不足、   260万人を超える利用者に対する駅前広場面積の不足、駅前の通過交通によるとまちとの分断、バス・タクシー乗場の   分散配置による交通結節機能の低下など、多くの取り組むべき課題を抱えている。
さらに見せる

9 さらに読み込む

都市再生整備計画(武蔵境駅周辺地区) 事後評価シート

都市再生整備計画(武蔵境駅周辺地区) 事後評価シート

桜堤地域 流域 け 親水空間 整備 び市民 啓発イ ント等を実施 今後 親水空間整備 事業 候補地 策定 親水空間 効果的 創出 手法 研究を行う ち 課題 変 武蔵 イ 完成 駅前 図書館や生涯学習 場 複合的 機能を た公共施設 配置さ 地域交流 新た 点 た 施設 利用者 見合 た駐輪 確保 い い 鉄 連 立体交差 合わせ 歩 や 側連 施設 整備を こ 快適 安全 歩行者空間 確保 た 連 立体交差事業や 側 駅舎連 施設 未完了 部 あ 動線 機能 未 成 箇所 あ
さらに見せる

3 さらに読み込む

「駅前広場整備が周辺地域に与える影響および駅前広場と駅周辺開発事業の整備効果の分析」

「駅前広場整備が周辺地域に与える影響および駅前広場と駅周辺開発事業の整備効果の分析」

本研究では駅前広場単独の整備効果と周辺一体開発の整備効果の比較を行ったが、 前空間の最も効率的な整備形態を検討する指標の一つとなる可能性がある。今後の人口減 少、少子高齢化を迎えるわが国においては今後のまちづくりにおいても限られた資源を効 率的に配分していく必要があり、投資規模と整備効果の検証は必要不可欠である。を中 心としたまちづくり、周辺開発、コンパクトシティ構想の有効な参考指標となる可能性 があると考えられ、本研究の意義はそこにある。今回の実証では固定効果モデルを使用し、 その場所固有の特徴についてはコントロールしているが、の地域特性や人口増減などの 因果関係や駅前広場と周辺開発の整備効果を分離できないことなどが研究の課題として 挙げられる。また、本研究で用いた分析対象においては駅前広場および周辺開発におけ る正の外部効果が確認でき、駅前広場の整備推進を政策提言としたが、駅前広場整備にお ける外部効果が地価の上昇分と一致するためには「small-open の仮定」 14 が成立する必要
さらに見せる

22 さらに読み込む

都市再生緊急整備地域及び特定都市再生緊急整備地域を定める政令の一部を改正する政令について 1. 改正の概要 都市再生緊急整備地域及び特定都市再生緊急整備地域を定める政令の一部を改正し 都市 再生緊急整備地域に定められている 札幌駅 大通駅周辺地域 京都駅南地域 神戸三 宮駅南地域 及び 岡山駅東 表

都市再生緊急整備地域及び特定都市再生緊急整備地域を定める政令の一部を改正する政令について 1. 改正の概要 都市再生緊急整備地域及び特定都市再生緊急整備地域を定める政令の一部を改正し 都市 再生緊急整備地域に定められている 札幌駅 大通駅周辺地域 京都駅南地域 神戸三 宮駅南地域 及び 岡山駅東 表

地域整備方針の見直しについて 1.地域整備方針の見直しの背景 今回、都市再生緊急整備地域及び特定都市再生緊急整備地域の拡大を行っている。 また、東日本大震災から得られる教訓を踏まえた都市再生基本方針の改正(平成 23 年 10 月 7 日閣議決定)や都市再生特別措置法の一部改正(平成 24 年 3 月 30 日成立、平成 24 年 7 月1 日施行)により、都市再生安全確保計画制度が創設等されたことを受けた都市再生基本方針の 改正(平成 24 年 8 月 10 日閣議決定)において防災関連の記述の充実を行っている。
さらに見せる

42 さらに読み込む

宮崎市佐土原駅周辺地区都市再生整備計画フォローアップ結果報告書.pdf 都市再生整備計画事後評価結果(区画整理)  宮崎市

宮崎市佐土原駅周辺地区都市再生整備計画フォローアップ結果報告書.pdf 都市再生整備計画事後評価結果(区画整理) 宮崎市

・継続的な松小路土地区画整理事業の実施(商業地としての魅力 を更に高める商業基盤・歩行者ネットワークの形成) 防災性の高い住みよい住宅地の形成 密集市街地の防災性向上に資する、継続的な都市基盤整備を 進めた。

3 さらに読み込む

Show all 10000 documents...