部会の報告

Top PDF 部会の報告:

Microsoft Word - 【部会報告書頭紙(発)】プロパクロール

Microsoft Word - 【部会報告書頭紙(発)】プロパクロール

プロパクロール 今般残留基準検討については、食品中農薬等ポジティブリスト制度導入時に新た に設定された基準値(いわゆる暫定基準)見直しについて、食品安全委員会において食品 健康影響評価がなされたことを踏まえ、農薬・動物用医薬品部会において審議を行い、以下 報告を取りまとめるものである。

11 さらに読み込む

2019年家政学原論部会夏期セミナー シンポジウム 報告7 「家政学原論部会が当面取り組むべき課題 ~前日の報告を受けて~」   岸本 幸臣

2019年家政学原論部会夏期セミナー シンポジウム 報告7 「家政学原論部会が当面取り組むべき課題 ~前日の報告を受けて~」   岸本 幸臣

― 50 ―  「SDGs」に対するポジション・ステートメン トを巡る議論は,2018年部会設立50周年記 念夏期セミナー」で正保正恵先生から問題提起 がなされ,原論部会として作業会議が設置され, 2019年3月26日と5月25日2回にわたり, 作成に向けた作業会議が開催されました。それ を受けて,今年(2019年)夏期セミナー統 一テーマ「日本家政学ポジション・ステー トメント構築に向けて」が設定されています。 従って,今回原論部会では構築に向けて意 義や具体的内容を確認する必要があります。そ ため,このセッションでは,これまで報告 を踏まえ,それら議論過程で提起された諸 課題整理を試み,ポジション・ステートメン ト構築に向けた基本的な枠組み共有化を図れ ればと思います。
さらに見せる

2 さらに読み込む

原子力学会バックエンド部会総会報告

原子力学会バックエンド部会総会報告

第1条 本内規細則は「バックエンド部会規約」(1002-01)第 1 条および第 3 条に基づき,バックエンド部 会(以下,「部会」という)具体的な運営方法について定めることを目的とする。 (改定) 第5条 本内規細則改定は,運営小委員会が起案し発議に基づき,バックエンド部会全体会議 承認を得たのちで審議し,部会等運営委員会および理事会に報告するものとする。

11 さらに読み込む

中部地域部会の報告

中部地域部会の報告

“Low fertility and its background in Asia” Shigeki MATSUDA(Chukyo University) 日本を含む東・東南アジア先進国・新興国(以下「アジア諸国」)では,少子化が進行している。 現在各国出生率は,少子化が問題視されてきた欧州諸国よりも総じて低くなっている。 今日アジア諸国で進行している少子化は,欧州諸国が経験したものと特徴と背景要因が異なる。欧州 少子化は「第2人口転換」一部として捉えられている。出生率低下に加えて,同棲や婚外子も広 まった。その背景要因にはさまざまなものがあるが,特に人々価値観が物質主義から脱物質主義へと ポストモダン的に変化したことが,この人口転換を促したとされる。一方,アジア諸国では,同棲や婚 外子は広まっていないため,未婚化は少子化に直結している。加えて,結婚した夫婦がもうける子ども 数も減少している。アジア諸国におけるこれら人口学的特徴は,この地域が「圧縮された近代」を経 験したことと関連している。
さらに見せる

4 さらに読み込む

Microsoft PowerPoint 審議会_GL部会報告(0518).pptx

Microsoft PowerPoint 審議会_GL部会報告(0518).pptx

○車道を自転車で走っている時,横を車が通り過ぎると怖いです。 ○駐車中横を走るがこわい。矢羽根ままではかえって 走りにくい。ラインを引いてエリアを作ってほしい。 ○ドライバーにはほとんど認識が浸透していないので怖くて車道 を走れない。

45 さらに読み込む

亜塩素酸ナトリウムの使用基準の改正に関する部会報告書(案)

亜塩素酸ナトリウムの使用基準の改正に関する部会報告書(案)

摂取量は、 「野菜類」は 253.9 g、 「精白米」は 161.2 g( 「穀類(米・加工品) 」343.0 gに換 算係数 0.47 を掛けたもの) 、 「果実類」は 119.2 g、 「魚介類」は 82.6 g、 「豆類」は 61.5 g、 「藻 類」は 12.9 gであった。これら食品群摂取量には、現公定法における検出限界(1 mg/kg) 程度HClO 2 が含まれていると仮定し、さらに日本人平均体重を 50 kgと仮定した場合、1 日 に摂取されるHClO 2 量は、0.014 mg/kg体重/日と推定される。同様に、 「肉類」摂取量は 77.9 gであり、この食品群摂取量に対し、検出限界(5 mg/kg)程度HClO 2 が含まれていると仮定 した場合、1 日に摂取されるHClO 2 量は、0.008 mg/kg体重/日と推定される。 「果実類」に関 しては、果皮殺菌が一般的な用途であると仮定すると、果実類摂取時には、通常、果皮は 除去されるものと考えられるので、1 日に摂取されるHClO 2 量は、過剰な見積もりとなること を前提に、計 0.022 mg/kg体重/日と推定される。
さらに見せる

56 さらに読み込む

資料7 特別支援教育部会報告資料(2)

資料7 特別支援教育部会報告資料(2)

○千葉県総合教育センター「交流及び共同学習実践ガイド」より作成(居住地校交流例) 特別支援学校重複学級在籍4年生。保護者方は、地域方に我が子ことを知ってもらいた いという願いで、幼い頃から小学校運動会を見学していた経緯もあり、居住地校交流につながった。 交流実施にあたっては、運動会応援だけではなく、友だちと共に参加できるよう体育授業交流 も行うと同時に、聴覚から情報入手が得意であることを踏まえ、音楽授業交流も行った。
さらに見せる

19 さらに読み込む

日本原子力学会計算科学技術部会ニュースレター第 28 号 2017 年 8 月 1. 巻頭言 年度計算科学技術部会部会賞贈賞報告 2017 年度部会長巽雅洋 1 表彰小委員会委員長西田明美 年春の年会計算科学技術部会全体会議開催報告 年度計算

日本原子力学会計算科学技術部会ニュースレター第 28 号 2017 年 8 月 1. 巻頭言 年度計算科学技術部会部会賞贈賞報告 2017 年度部会長巽雅洋 1 表彰小委員会委員長西田明美 年春の年会計算科学技術部会全体会議開催報告 年度計算

図3 (b) は磁気レイノルズ数が大きい場合である。 この場合誘導電流は比較的大きく、 誘導電流 周り生じる誘導磁場も印加磁場と同等ないしはそれ以上大きさを持つ。その結果、印加磁場と 誘導磁場を合成した磁場は印加磁場位相からずれた位相を持ち、 誘導電流も同様に印加磁場に対 応する誘導電流位相からずれた位相で移動することになる。ここで、誘導磁場が大きい場合はコ イル電流や印加磁場にも影響を及ぼすことに留意されたい。この場合、コイル側電流や磁場計 算と液体金属側電流や磁場計算を繰り返して双方数値解収束を図ることになる。さらに、
さらに見せる

44 さらに読み込む

会計システム専門監査人部会活動報告

会計システム専門監査人部会活動報告

「会計システム専門監査人ためIT内部統制監査実施ガイド」には以下 における監査活動に絞って記載することにした。 ① 公認会計士内部統制評価支援 公認会計士から依頼で、公認会計士が行うクライアント事業者財務 報告信頼性に係る内部統制監査内、IT統制監査を、IT専門家立 場から支援する場合

33 さらに読み込む

産業構造審議会産業金融部会中間報告の骨子

産業構造審議会産業金融部会中間報告の骨子

リスク新たな 担い手として期待 企業内部で運用(活用) 本業で活用→低成長で待機資金として滞留(従来は国債、預金のみ) グループ内ファイナンスに活用(CMS)→グループ負債圧縮・

8 さらに読み込む

医用画像システム部会 ISO委員会報告

医用画像システム部会 ISO委員会報告

ISO/TC215スコープ適用除外 „ Scope not to:(適用除外) Standardize the clinical practice of medicine Define a standardized health care delivery service structure Standardize medical knowledge, although the representation and exchange of knowledge is within the scope of ISO/TC 215 Standardize the performance of healthcare, although the definition of standardized comparative performance data is within the scope of

19 さらに読み込む

1-2社会福祉士部会活動報告

1-2社会福祉士部会活動報告

2.各チーム取り組みについて 権利擁護チーム…虐待介入ネットワーク会議結果について 3.その他…31年度事業計画案について⇒最終案を後日各自で確認 SOSネットワーク事業登録書類保管について…原本は市で管理。データ入力は各包括で行う 1.リーガルサポートおおさか 北大阪支部より、任意後見と相続・遺言説明会について 権利擁護チーム…消費生活センターと連携について・虐待介入ネットワーク会議について 1.市役所より…認知症高齢者等家族支援事業「みまもりあいステッカー」について
さらに見せる

5 さらに読み込む

報告書 部会・研究会 | 組織と活動 | 触媒学会

報告書 部会・研究会 | 組織と活動 | 触媒学会

「有機-無機ハイブリッド型多孔体来し方行く末」 (北九州市立大学)山本勝俊 「メソ多孔有機シリカを用いた光触媒系構築」 (豊田中央研究所)脇 稔 「金属ホスホネート系ナノスペース材料開拓」 (東京農工大学)前田和之 参加者数 未定 5)研究会ホームページ http://porouscatal.sakura.ne.jp/ 各種講演会等に関する情報提供/

2 さらに読み込む

Microsoft Word WT報告書最終版 (医療部会)

Microsoft Word WT報告書最終版 (医療部会)

6 4.まとめ 当ワーキングチームは平成 28 年 6 月まで限られた時間中で、一定 結論を得るべく、議論を重ねてきたところであり、今後、医師法第 21 条 見直し、医療行為と刑事責任と関係等について、更に検討を深めていく 必要性について意見一致をみたが、その検討を行い、成案を得るには更 なる議論が必要であり、今後、早急に、検討進め方について結論を得て、 成案を得るべく議論を進める。
さらに見せる

6 さらに読み込む

Microsoft Word - 【部会報告書頭紙(発)】スピロテトラマト .doc

Microsoft Word - 【部会報告書頭紙(発)】スピロテトラマト .doc

 最大残留量:当該農薬申請範囲内で最も多量に用い、かつ最終使用から収穫まで期間を最短とした場合作物残留試験(いわゆる最大使用条件下作物 残留試験)を複数圃場で実施し、それぞれ試験から得られた残留量。(参考:平成10年8月7日付「残留農薬基準設定における暴露評価精密化に係る意 見具申」) 表中、最大使用条件下作物残留試験条件に、アンダーラインを付しているが、経時的に測定されたデータがある場合において、収穫まで期間が最短場合 にのみ最大残留量が得られるとは限らないため、最大使用条件以外で最大残留量が得られた場合は、その使用回数及び経過日数について( )内に記載した。 注2)(#)印で示した作物残留試験成績は、申請範囲内で試験が行われていない。なお、適用範囲内ではない試験条件を斜体で示した。
さらに見せる

38 さらに読み込む

報告書 部会・研究会 | 組織と活動 | 触媒学会

報告書 部会・研究会 | 組織と活動 | 触媒学会

第三編 触媒学会活動記録 水素製造と利用ため触媒技術研究会 1. 研究会目的 本研究会は様々なエネルギー資源から得られる水素に関して、その製造、貯蔵、輸送及び 利用ため触媒技術およびプロセス調査・研究を行なうことを目的としている。これま でに秋鹿研一 (東京工業大学) 、 五十嵐哲 (工学院大学) 、 竹平勝臣 (広島大学) 、 伊藤直次 (宇 都宮大学) 、 濱川 聡 (産業技術総合研究所) 、 関根 泰 (早稲田大学) 、 里川重夫 (成蹊大学) 、 菊地隆司(東京大学)を世話人代表として 8 期にわたり活動している。近年、水素関わる 装置市場導入が積極的に進められ、都市ガス等から改質水素を用いる家庭用燃料電池シ ステム累計販売台数は、 2017 年 9 月末で 23 万台を突破した。低温作動型や高温作動型、集合 住宅向け機種や寒冷地向け機種も発売されるなど、家庭用電源として着々と定着してき ている。 2014 年 12 月に市販が開始された純水素タイプ燃料電池自動車は、 2017 年 7 月末まで に登録台数が約 3900 台となり、 約 100 か所となった水素ステーションは、 市街地で設置やセ ルフ充填式に向けた規制緩和が検討されている。さらに、有機ハイドライドを利用した海外 から水素輸入や国内で水素輸送も実証研究、実用化段階となった。今後も様々な水素源 から水素を製造して貯蔵・輸送する技術ならびにその利用技術に関して、より効率的に行え る新規触媒あるいは新反応プロセス等開発が期待されている。我々研究会は個別学術 領域や産業分野で集積された知見を 「水素製造と利用」 をキーワードとして横断的な調査・ 研究ならびに研究会活動を行うことを目的としている。
さらに見せる

2 さらに読み込む

報告書 部会・研究会 | 組織と活動 | 触媒学会

報告書 部会・研究会 | 組織と活動 | 触媒学会

排気浄化に代表される環境保全化学産業には不可欠であり、現代社会を下支えしている技 術と言って過言ではない。触媒活性成分として白金、ロジウム、パラジウムなど貴金属 が多く使用されており、希少元素存在なくしては触媒化学発展は有り得なかった。我が 国は希少元素ほとんどを輸入に頼っており、これまで希少元素省資源化に関する研究は

1 さらに読み込む

報告書 部会・研究会 | 組織と活動 | 触媒学会

報告書 部会・研究会 | 組織と活動 | 触媒学会

第三編 触媒学会活動記録 バイオマス変換触媒研究会 1.研究会目的 現代社会において、石油はエネルギー資源としてだけではなく、身の回り化学製品原 料としても重要な役割を担っている。しかしながら、近年原油価格乱高下により原油供 給が不安定化したことに加え、石油は有限な化石資源であるため、石油へ依存度低減と 社会システム低炭素化が望まれている。そこで、安定した炭素資源を供給するため、賦存 量が多く再生可能なバイオマスからエネルギーや化学製品原料を製造するバイオマスリフ ァイナリー構築が注目されている。バイオマスから燃料・化学品を合成するプロセスとし ては、これまで酵素、硫酸、アルカリによるバイオエタノールやバイオディーゼルなど燃 料合成を中心に研究が進められてきた。しかし、バイオマス骨格構造をそのまま単離して 化学品やプラスチックス原料など多様な化学品合成反応開発が求められている。このよう な化学変換を可能とする技術として、触媒には大きな期待が集まっている。本研究会は、バ イオマスや糖関連化合物変換における新触媒・新反応開発に興味をもつ会員相互情報
さらに見せる

1 さらに読み込む

2,3-ジメチルピラジンの食品添加物の指定に関する部会報告書(案)

2,3-ジメチルピラジンの食品添加物の指定に関する部会報告書(案)

改正規格案で設定されている濁度試験法は、試料液と亜鉛標準液濁度を比較すること により判定する方法である。今回分析結果、本試験法で適合しなかった1検体につい て、原子吸光光度法により亜鉛を測定したところ規格値範囲内であった。これらこと から、濁度試験法では、他物質影響で試験溶液が白濁して規格案を満たさない結果と なる可能性が示唆された。よって、亜鉛測定法については「原子吸光光度法」を用いる こととする。
さらに見せる

5 さらに読み込む

亜塩素酸ナトリウムの使用基準の改正に関する部会報告書(案)

亜塩素酸ナトリウムの使用基準の改正に関する部会報告書(案)

摂取量は、 「野菜類」は 253.9 g、 「精白米」は 161.2 g( 「穀類(米・加工品) 」343.0 gに換 算係数 0.47 を掛けたもの) 、 「果実類」は 119.2 g、 「魚介類」は 82.6 g、 「豆類」は 61.5 g、 「藻 類」は 12.9 gであった。これら食品群摂取量には、現公定法における検出限界(1 mg/kg) 程度HClO 2 が含まれていると仮定し、さらに日本人平均体重を 50 kgと仮定した場合、1 日 に摂取されるHClO 2 量は、0.014 mg/kg体重/日と推定される。同様に、 「肉類」摂取量は 77.9 gであり、この食品群摂取量に対し、検出限界(5 mg/kg)程度HClO 2 が含まれていると仮定 した場合、1 日に摂取されるHClO 2 量は、0.008 mg/kg体重/日と推定される。 「果実類」に関 しては、果皮殺菌が一般的な用途であると仮定すると、果実類摂取時には、通常、果皮は 除去されるものと考えられるので、1 日に摂取されるHClO 2 量は、過剰な見積もりとなること を前提に、計 0.022 mg/kg体重/日と推定される。
さらに見せる

57 さらに読み込む

Show all 10000 documents...