連携を支援す

Top PDF 連携を支援す:

Microsoft Word - レシピと連携して調理を支援するIoTデバイス.docx

Microsoft Word - レシピと連携して調理を支援するIoTデバイス.docx

現 在 の 料 理 レ シ ピ 検 索 で ユ ー ザ 個 別 の ニ ー ズ に 合 わ せ た , よ り 高 度 な 検 索 実 現 る た め に ユ ー ザ の 属 性 シ ス テ ム に 何 ら か の 手 段 で 入 力 る 必 要 が あ る が , ユ ー ザ に と っ て 大 き な 手 間 が か か る 点 が 問 題 と な る こ と に 注 目 し た 研 究 が 行 わ れ た . [10]こ の 研 究 で は ユ ー ザ の 個 別 の ニ ー ズ 収 集 る た め に 素 材 や 調 理 器 具 の 情 報 登 録 し な け れ ば い け な い 手 間 が 生 じ て し ま う こ と に 注 目 し て い る . そ の た め , ユ ー ザ に 過 剰 な シ ス テ ム 操 作 や 時 間 的 な 負 担 の 要 求 減 ら し , 自 動 化 は じ め と る 何 ら か の 効 率 化 図 る 手 段 に つ い て 提 案 行 っ た . ユ ー ザ の 調 理 環 境 の 自 動 登 録 の 課 題 取 り 上 げ , カ メ ラ 付 き 携 帯 情 報 通 信 端 末 等 で 撮 影 さ れ た ユ ー ザ の 調 理 道 具 画 像 か ら そ の 調 理 道 具 名 識 別 る 手 法 検 討 し て い る .
さらに見せる

6 さらに読み込む

産学連携新産業創出支援事業公募要領

産学連携新産業創出支援事業公募要領

「ひょうごチャレンジ起業支援貸付」は、有望なビジネスプラン有し、兵 庫県内において起業にチャレンジする方資金面で支援するための無利子貸 付制度です。 女性起業家支援事業と同時申請が可能ですので、 助成金申請における自己負 担部分も含めた事業実施に必要な経費について貸付金申請することができ ます。

7 さらに読み込む

資料62 子育て支援に関する他自治体の事例 連携中枢都市圏構想  宮崎市

資料62 子育て支援に関する他自治体の事例 連携中枢都市圏構想 宮崎市

県が参考にするのは、フィンランドの「ネウボラ」と呼ばれる妊娠期から子ど もの就学まで切れ目なく支援する制度。身近な拠点で、専門教育受けた保健師 が支援する。 県による妊産婦向け相談窓口や、 市町村による乳児家庭全戸訪問など個別の支 援はあるが、情報共有しておらず、子育ての不安や負担感が解消されていない と判断。新たな施設整備し、相談者に関する情報共有や支援情報の発信強化に 加え、育児経験者の力も借りたきめ細かい支援進めることにした。
さらに見せる

7 さらに読み込む

RFIDとGISの連携による道路施設管理支援システムの提案

RFIDとGISの連携による道路施設管理支援システムの提案

„ GPS携帯電話の位置情報用いて道路関連施設の管理 支援するシステム[阿部 04] „ 道路施設管理業務では,市街地に多数ある道路施設個別に管理 する必要がある. GPS携帯電話では, 個別管理に必要な位置精度 得ることができない .

20 さらに読み込む

仕事と育児の両立支援  ―企業・家庭・地域の連携を―

仕事と育児の両立支援  ―企業・家庭・地域の連携を―

企業における仕事と育児の両立支援策は、育児休業制度中心に充実が図られてきたが、 今日、最も大きなポイントは、 1992 年施行の育児休業法(現在の育児・介護休業法)により、 育児休業の取得が労働者の権利として保障されたことである。さらに、同法は、働きながら 育児すること支援するため、短時間勤務制度、フレックスタイム、始業・終業時刻の繰 上げ・繰下げ、所定外労働の免除、託児施設の設置運営その他これに準ずる便宜の供与(ベ ビーシッター費用の補助等)の何れかの措置講ずること事業主の義務としている。近年 の少子化対策において、多岐に渡る両立支援策の充実が企業の課題とされているが、まずは 育児休業制度と勤務時間短縮等の措置の普及が最重要課題である。
さらに見せる

13 さらに読み込む

産学官連携とナショナル・イノベーション・シ ステム ―ベンチャー創業支援の視点から―

産学官連携とナショナル・イノベーション・シ ステム ―ベンチャー創業支援の視点から―

化の方法開発するフェーズ2 では最高7 5 万ドルが2 年 間給付される。そして実際に製品が市場に提供されるフ ェーズ3 では支援は行われない。バイオ関連のS B I R は保 健福祉省内のN IH (N at i on al In st i t u t e of H eal t h ) か

10 さらに読み込む

歴史的資源を活用した観光まちづくりに対する支援メニュー集 歴史的資源を活用した観光まちづくり連携推進室

歴史的資源を活用した観光まちづくりに対する支援メニュー集 歴史的資源を活用した観光まちづくり連携推進室

○ 地域資源活用した観光コンテンツ創出し、農山漁村滞在型旅行ビジネスとして実施でき る体制持った「農泊地域」の創出を通じて、農山漁村の所得増加していくため、ソフト・ハード 対策一体的に支援 ○ 農山漁村が持つ豊かな自然や「食」活用した都市と農村との共生・対流等推進する取組、農福連携推進する取組、地域資源活用した 所得の向上や雇用の増大に向けた取組及び農山漁村における定住等図るための取組等総合的に支援し、農山漁村の活性化推進。
さらに見せる

49 さらに読み込む

受講申込書兼同意書 創業者を連携支援!事始めのまち池田で始めませんか/池田市ホームページ

受講申込書兼同意書 創業者を連携支援!事始めのまち池田で始めませんか/池田市ホームページ

併せて、貴機関含め「事始めアシスト池田」の特定創業支援事業受けるにあたり、以下のことについて同意い たします。 1 特定創業支援事業及びこれに付随する業務の適切な運営の遂行のため、貴機関含め「事始めアシスト池田」 が私に関する個人情報等下記のとおり、必要な範囲で利用すること。

1 さらに読み込む

平成22年度愛知県特別支援教育連携協議会 議事録            22

平成22年度愛知県特別支援教育連携協議会 議事録            22

1 開会 2 教育委員会あいさつ 教育長 先の法令等の改正により、特別支援教育も本格的に始まって4年目迎えている。 昨年度末には、特別支援教育の推進に関する調査研究協力者会議より、早期からの教 育支援、就学相談・指導など特別支援教育の更なる充実図るための方向性及び方策等 について、審議経過が報告された。本県としても、平成17年度から「特別支援教育 体制推進事業」等とおして、発達障害等のある児童生徒に対する教育的支援行う ための特別支援教育体制づくりに努めてきた。皆様の協力もあって、各学校の体制整 備は着実に進んできた。今後は、引き続き事業展開しながら、一人一人の子供の教 育的ニーズに応じた具体的な指導・支援の充実めざして、さらなる体制の強化に努 めていくつもりである。今後とも、皆様の力添え賜りたい。本県では、平成16年 度よりこの愛知県特別支援教育連携協議会設置し、福祉、医療、労働等の関係部署 並びに関係機関等の方々の意見伺いながら、特別支援教育体制の整備推進のための さまざまな課題について協議いただいている。本協議会は、県全体視野に入れて、 各地域における特別支援教育推進するための体制づくりの方策総合的に検討して いただくものであり、本県の特別支援教育の発展に、たいへん重要な役割果たすも のであると認識している。障害のある児童生徒に対する、望ましい指導・支援の在り 方について協議いただきたい。
さらに見せる

6 さらに読み込む

新潟市民芸術文化会館自主文化事業計画の概要 基本方針 Ⅰ. 新潟市民の文化活動への支援 す 市民の自主的な文化活動を支援し 市民との連携による文化のまちづくりを目指しま Ⅱ. 地域に根ざした文化の創造 新潟市独自の発想による芸術を創造し 内外に発信することにより 文化レベルと都 市イメージの向上を目

新潟市民芸術文化会館自主文化事業計画の概要 基本方針 Ⅰ. 新潟市民の文化活動への支援 す 市民の自主的な文化活動を支援し 市民との連携による文化のまちづくりを目指しま Ⅱ. 地域に根ざした文化の創造 新潟市独自の発想による芸術を創造し 内外に発信することにより 文化レベルと都 市イメージの向上を目

市民芸術文化会館の三つの専門ホールや音楽文化会館等諸施設十分に生かした、質の高い創 造性あふれる鑑賞事業主催するとともに、音楽などの愛好者の拡大とジュニアの育成目的と した事業行う。 また、市民芸術文化会館、音楽文化会館、及び県民会館芸術文化活動の拠点施設に、全国に 向けて創造的に音楽・舞台芸術など発信しながら芸術文化の振興図る。

15 さらに読み込む

新潟市民芸術文化会館自主文化事業計画の概要 基本方針 Ⅰ. 新潟市民の文化活動への支援 す 市民の自主的な文化活動を支援し 市民との連携による文化のまちづくりを目指しま Ⅱ. 地域に根ざした文化の創造 新潟市独自の発想による芸術を創造し 内外に発信することにより 文化レベルと都 市イメージの向上を目

新潟市民芸術文化会館自主文化事業計画の概要 基本方針 Ⅰ. 新潟市民の文化活動への支援 す 市民の自主的な文化活動を支援し 市民との連携による文化のまちづくりを目指しま Ⅱ. 地域に根ざした文化の創造 新潟市独自の発想による芸術を創造し 内外に発信することにより 文化レベルと都 市イメージの向上を目

市民芸術文化会館の三つの専門ホールや音楽文化会館等諸施設十分に生かした、質の高い創 造性あふれる鑑賞事業主催するとともに、音楽などの愛好者の拡大とジュニアの育成目的と した事業行う。 また、市民芸術文化会館、音楽文化会館、及び県民会館芸術文化活動の拠点施設に、全国に 向けて創造的に音楽・舞台芸術など発信しながら芸術文化の振興図る。

15 さらに読み込む

新潟市民芸術文化会館自主文化事業計画の概要 基本方針 Ⅰ. 新潟市民の文化活動への支援 す 市民の自主的な文化活動を支援し 市民との連携による文化のまちづくりを目指しま Ⅱ. 地域に根ざした文化の創造 新潟市独自の発想による芸術を創造し 内外に発信することにより 文化レベルと都 市イメージの向上を目

新潟市民芸術文化会館自主文化事業計画の概要 基本方針 Ⅰ. 新潟市民の文化活動への支援 す 市民の自主的な文化活動を支援し 市民との連携による文化のまちづくりを目指しま Ⅱ. 地域に根ざした文化の創造 新潟市独自の発想による芸術を創造し 内外に発信することにより 文化レベルと都 市イメージの向上を目

公演情報積極的に発信するとともに、チケット購入者の拡大や大口の顧客確保並びに企業 協賛の募集など、広報・営業活動効果的に展開し、合わせて上質な施設機能広くアピール して、会館の知名度の拡大と利用促進図る。 また、指定管理受託している新潟県民会館の事業も併せて広報・営業活動効果的に展開 し、りゅーとぴあ、音楽文化会館、県民会館の3館一体管理による文化ゾーンとしての魅力 高め発信していく。
さらに見せる

16 さらに読み込む

RIETI - 公的な産学連携支援策に係るスピルオーバー効果の観察

RIETI - 公的な産学連携支援策に係るスピルオーバー効果の観察

3.日本における産学連携政策の変遷と研究成果最適展開支援事業(A-STEP) 日本政府は大学からの技術移転促進すること目的に一連の産学連携促進政策実施 してきた(Collins and Wakoh 2000, Fujisue 1998)。1998 年には大学からの技術移転活動 担う機関(TLO)の設置促進する TLO 法制定するともに、翌 1999 年には産業競争力 強化法において米国の例に倣い国の委託事業の成果である知的財産受託者に移転するこ とができる規定(いわゆる日本版バイ・ドール条項)設けた。また予算措置として 2001 年に経済産業省において地域における産学連携促進する産業クラスター計画が開始され た。
さらに見せる

24 さらに読み込む

障害者総合支援法に基づく地域生活支援事業の実施に関する事務 独自利用事務の情報連携

障害者総合支援法に基づく地域生活支援事業の実施に関する事務 独自利用事務の情報連携

宮崎県 串間市 市長 http://www.city.kushima.lg.jp/main/health/mynumber/ 宮崎県 串間市 市長 http://www.city.kushima.lg.jp/main/health/mynumber/ 宮崎県 串間市 市長 http://www.city.kushima.lg.jp/main/health/mynumbe[r]

21 さらに読み込む

体験実習を採用したセミナーの開催 多摩信用金庫 一橋大学 国立市 市内企業 NPO と連携 活動 3: 中間支援組織強化事業内容 : 地域経営活動支援に特化した中間支援組織の機能を強化するための方策の実証調査を行う 目的 : 中間支援組織に必要な アドボカシー 情報支援 地域広報 を強化する仕組みの

体験実習を採用したセミナーの開催 多摩信用金庫 一橋大学 国立市 市内企業 NPO と連携 活動 3: 中間支援組織強化事業内容 : 地域経営活動支援に特化した中間支援組織の機能を強化するための方策の実証調査を行う 目的 : 中間支援組織に必要な アドボカシー 情報支援 地域広報 を強化する仕組みの

参加者にとっては、グループワークメインとする 12 回の連続性のある講座であること、また、有 料であることが、続けていかなければいけないという覚悟にもつながった。 ●行政への強い働きかけにより、起業・創業しやすい環境づくりに寄与 NPO 活動への理解や寄付文化の醸成等目的として、国立市とのつながり強めていくためにも、 行政に対して陳情行った。具体的には、NPO 等の活動支援制度検討する官民協議の場用意する旨 の陳情行い、結果、議会の満場一致で了承された。その後、官民協議の場が持たれ、行政と CESA く にたち含む NPO 等との協議体として国立市 NPO 育成支援事業協議会が組織された。また、くにたち NPO 活動支援室において運営メンバーが刷新され、コワーキングスペース等の新たな取組が始まった。
さらに見せる

6 さらに読み込む

しらさぎ 支援センターしらさぎ 支援センターしらさぎは 利用者一人ひとりが地域で安心して自立した生活ができるよう 提供するサービスごとに さまざまな関係機関と連携をとりながら その人が望むその人らしい豊かな生活の実現を目指して必要な支援を行います 支援センターしらさぎ は堺市内において 就労支援を行

しらさぎ 支援センターしらさぎ 支援センターしらさぎは 利用者一人ひとりが地域で安心して自立した生活ができるよう 提供するサービスごとに さまざまな関係機関と連携をとりながら その人が望むその人らしい豊かな生活の実現を目指して必要な支援を行います 支援センターしらさぎ は堺市内において 就労支援を行

大阪府指定の共同生活援助の円滑な運営管理図るとともに、利用者の意思及び人格尊 重し、利用者の立場に立った適切な障害福祉サービ提供する。 【運営方針】 1 利用者が自立目指し、地域において共同して自立した日常生活又は社会生活営むこと ができるよう、当該利用者の身体及び精神の状況並びにその置かれている環境に応じて共 同生活住居において、入浴、排せつまたは食事等の介護、相談その他の日常生活上の援助 適切かつ効果的に行うものとする。
さらに見せる

12 さらに読み込む

資料61 専門部会協議テーマ「子育て支援の充実」 連携中枢都市圏構想  宮崎市

資料61 専門部会協議テーマ「子育て支援の充実」 連携中枢都市圏構想 宮崎市

6.2% 1.1% 0% 20% 40% 60% 独身生活の方が自由が多い 結婚することのメリットが感じられなくなっている 経済力のある女性が増えた 結婚する時期にこだわらなくなった 仕事する女性が増えた 「結婚して当然」といった世間の風潮が薄らいだ 結婚後の家事・育児の負担が女性に集中している 異性と付き合うことが苦手な若者が増えてきた 結婚相手に対する要求が厳しくなった 成人しても親離れ(または親の子離れ)しない傾向が出てきた 仕事が忙しい 見合いなど、親族等による結婚のあっせんが減少した 女性の高学歴化が進んだ その他 わからない
さらに見せる

40 さらに読み込む

資料3-3 医療介護連携に基づく継続的ケアマネジメント調査研究事業(入退院支援)

資料3-3 医療介護連携に基づく継続的ケアマネジメント調査研究事業(入退院支援)

副作用 胃腸障害 あ 歯科治療 中断 っ け 服用 面倒 った 剤形 大 く飲み込み くい 通院 面倒 診察 血液検査 頻度 多く面倒 採血 嫌 食事制限 納豆、緑黄色野菜 配慮 面倒 家族 食事メニュ 分け 大変 家族 常 飲み忘 防止気遣ってく てい 大変 そ 他 特 不満 い

13 さらに読み込む

専門家派遣事業 支援体制整備事業 さぬき市中小企業等経営支援相談事業 事業承継ネットワーク構築事業 地域の支援機関の要請等に基づき専門家を派遣し 中小企業の高度 専門的な経営課題の解決を図った 地域の支援機関と連携を図るため 産業支援機関連絡会議を開催した ( 平成 29 年 6 月 2 日 ) さ

専門家派遣事業 支援体制整備事業 さぬき市中小企業等経営支援相談事業 事業承継ネットワーク構築事業 地域の支援機関の要請等に基づき専門家を派遣し 中小企業の高度 専門的な経営課題の解決を図った 地域の支援機関と連携を図るため 産業支援機関連絡会議を開催した ( 平成 29 年 6 月 2 日 ) さ

広がる発注ニーズや案件県内企業に紹介し、 広域的かつ継続的な受注機会の創出図った。 9.知財総合支援窓口運営業務 (国請負) 29,732千円 中小企業等の知的財産マインドの向上や知的財産の活用促進するため、 「知財総合支援窓 口」設置・運営し、配置した知財の専門知識有する窓口支援担当者等と知財専門家(弁 理士・弁護士)が協働して、中小企業等が抱える知的財産に関する悩みや課題ワンストッ プで解決できる相談・支援行うとともに、企業経営の中で実施するノウハウも含めた知的 財産活動、アイデア段階から事業展開まで一貫した支援行うほか、県内各地でのセミナ ー等の開催や中小企業への個別訪問など、知的財産の重要性等の普及啓発行った。 (1)相談件数等
さらに見せる

38 さらに読み込む

平成 30 年度版 企業連携支援アドバイザー派遣事業のご案内 企業連携支援アドバイザー派遣事業とは 高度化事業の実施を予定または実施している組合等に対して 高度化事業の基本構想策定 事業実施計画書の作成等および運営段階での課題を解決するため 専門家を派遣しアドバイスを行う制度です 1. 派遣費用は全

平成 30 年度版 企業連携支援アドバイザー派遣事業のご案内 企業連携支援アドバイザー派遣事業とは 高度化事業の実施を予定または実施している組合等に対して 高度化事業の基本構想策定 事業実施計画書の作成等および運営段階での課題を解決するため 専門家を派遣しアドバイスを行う制度です 1. 派遣費用は全

6.派遣の決定 派遣申込み受け、派遣決定するうえでは、テーマ及びアドバイザーの適性、アドバイスによ る効果、これまでの進捗状況(継続派遣の場合)慎重に判断して決定します。よって必ずしも 申込み通りに派遣決定するとは限らない点ご承知おきください。また、これらの過程とアド バイザーのスケジュール調整のため、当機構への申込書到着が派遣希望日の1ヶ月前となるよう 厳守してください。1 ヶ月前までに申込書が機構に到着しなかった場合には、派遣お断りする 場合があります。
さらに見せる

16 さらに読み込む

Show all 10000 documents...