調和Einsteinモデル(動的DW)

Top PDF 調和Einsteinモデル(動的DW):

動的幾何学ソフトウェアによる実特殊線形変換群SL(2,$R$)の3次元モデル (数学ソフトウェアとその効果的教育利用に関する研究)

動的幾何学ソフトウェアによる実特殊線形変換群SL(2,$R$)の3次元モデル (数学ソフトウェアとその効果的教育利用に関する研究)

今回, 3 次元モデルで指数写像の像を可視化できた.このモデルは,非可換性の可視化 にも利用できると思われる.また,群作用の可視化,リー環の演算の可視化など,群や環 の可視化は,数学研究のみならず,数学教育にも大いに役立っと思われる. 参考文献

5 さらに読み込む

潜在避難者を考慮した大規模災害における避難所避難者数推移の動的モデル

潜在避難者を考慮した大規模災害における避難所避難者数推移の動的モデル

3. 避難者数の推移モデル 3.1 動的モデル導出の目的 論文の冒頭で述べたように,本論文の目的は地震発生 直後の避難者数推移の一次予測モデルを構築することで ある.具体的には,地震発生直後に観測される種々の情 報に基づいてさまざまな初期の見積もりとして妥当な避 難者推移を推定する汎用的なモデルの枠組みを構築する. さまざまな地域に対して汎用的に利用できるモデルの枠 組みにするためには,避難者の避難目的を分けて考える 必要がある.このようなモデルが得られれば,発災初期 における支援計画や復旧計画をより高い精度で実施して いくことができる.
さらに見せる

11 さらに読み込む

様々な仮定の下での競合的在庫モデル (動的システム最適化理論の展開とその応用)

様々な仮定の下での競合的在庫モデル (動的システム最適化理論の展開とその応用)

においてそれぞれの企業が、 どのような戦略をとればよいのであろうがということに興味がある。 本稿で は、 ある製品を販売する 2 っの企業が、 直線上の市場に分布してぃる客に対して製品を供給するモデルに ついて論じる [4-9]。 主な目的は発注、 在庫維持、 不足およひ販売に関連した総費用を最小にする発注量 における平衡点を具体的に求めることである。 我々はこの問題につぃてゲーム論的な解析を試みる。

12 さらに読み込む

不確実性下における需要処理配分問題 (不確実なモデルによる動的計画理論の課題とその展望)

不確実性下における需要処理配分問題 (不確実なモデルによる動的計画理論の課題とその展望)

ら施設までの移動時間を含め処理の待ち時間と処理に要する時間の和が最も長くかかりそ うな部所を最小時間ですませるような要求配分を考えることに他ならない. そう考えると 我々のモデルは下記のように定式化できる . $w_{j}=$ 施設 $j$ での待ち時間を示す確率変数

11 さらに読み込む

「多価値相克状況における合意形成のための動的参照モデル調査研究会」の発足にあたって

「多価値相克状況における合意形成のための動的参照モデル調査研究会」の発足にあたって

このアポリアの解決には,まさに横幹知的視座が必須 であり,横幹知をつなぐ場として,2020 年 9 月, 「多価 値相克状況における合意形成のための動的参照モデル調 査研究会」が横幹連合理事会で承認された.本稿は,こ の研究会の活動をご紹介する.

3 さらに読み込む

ヤング図形集団における極限形状とガウスゆらぎの動的モデル (量子場の数理とその周辺)

ヤング図形集団における極限形状とガウスゆらぎの動的モデル (量子場の数理とその周辺)

Olshanski, Kerov’s central limit theorem for the Plancherel measure on Young diagrams, In: Symmetric Functions 2001: Surveys of Developments and.. Perspectives, NATO Sci.[r]

16 さらに読み込む

混雑緩和問題に対するネットワ-ク最適化 (不確実な環境モデルでの動的行動決定システム)

混雑緩和問題に対するネットワ-ク最適化 (不確実な環境モデルでの動的行動決定システム)

4.1 節で定式化した最適化問題 (P) は、組合せ最適化問題になっている。モデル化におけ る仮定において、店舗を座標平面とみなし、商品棚に整数値の座標を与えたことにより有 限個の解の中から最適解を見つける問題となっている。 組合せ最適化問題を解くには、有限個の実行可能解を全て調べ、 それに対する目的関数 値の大小を判断していけば、必ず最適解を見つけることができる。 しかし、扱うシステム

18 さらに読み込む

Poissonジャンプを伴う幾何Brown運動の最適停止問題 (不確実な環境モデルでの動的行動決定システム)

Poissonジャンプを伴う幾何Brown運動の最適停止問題 (不確実な環境モデルでの動的行動決定システム)

Poisson ジャンプを伴う 幾何 Brown 運動の最適停止問題 大西匡光 (Masamitsu OHNISHI) 大阪大学経済学部 1 はじめに 本論文では , Poisson 過程に従い , 独立同 – 分布に従う大きさの変化率を持つジャンプ をする幾何 Brown 運動に対して , 停止時刻における終端報酬の期待割引き値を最大化す.. る最適停止問題を議論する[r]

6 さらに読み込む

集合値写像の凸性の遺伝性について (不確実なモデルによる動的計画理論の課題とその展望)

集合値写像の凸性の遺伝性について (不確実なモデルによる動的計画理論の課題とその展望)

Abstract: 集合値写像が順序錐で定義された錐凸性を持つとき、 スカラー化によっ てその性質がスカラー化関数へどのように伝達 (遺伝) されるかを体系づけることを目 的とする。 ここでは、 集合を特徴づける 4 つのスカラー化関数においてそれぞれに遺伝 される準凸性 (準凹性) の関係を示す。 Keywords: 集合値写像、 錐凸性、 準凸関数。 1 はじめに [r]

12 さらに読み込む

動的オークションに対するオンラインメカニズムの被験者実験 (数理最適化の発展 : モデル化とアルゴリズム)

動的オークションに対するオンラインメカニズムの被験者実験 (数理最適化の発展 : モデル化とアルゴリズム)

Friedman: Online ad auctions: An experiment, Discussion Papers, Research Professorship Market Design: Theory and Pragmatics 2016... Sunder: Experimental Methods:.[r]

13 さらに読み込む

ランクつき投票モデルにおける類似度分析 : 投票人数に関する考察 (不確実で動的なシステムへの最適化理論とその展開)

ランクつき投票モデルにおける類似度分析 : 投票人数に関する考察 (不確実で動的なシステムへの最適化理論とその展開)

り広く汲み上げるには類似性の低い候補が選ばれるほうがよいと考えられる. また逆に事業体の 経営陣を選ぶようなケースてはスムースな意思統一のために類似性の高いものが選ばれるほうが よいこともあるかもしれない. 今後は今回提案した手法で得られた類似性の評価結果を , ランク つき投票モデルに対する候補者順位決定手法と組み合わせ, 当選する候補の類似性の高低をコン トロールする方法について検討したい .

8 さらに読み込む

動的ボンディング グループ

動的ボンディング グループ

• DOCSIS 3.0 および DOCSIS 3.1 チャネル タイプをサポートします。 • DOCSIS 3.0 および DOCSIS 3.1 ロード バランシングをサポートします。 • DBG 相互運用をサポートします(モデム登録およびロード バランシング)。 • 動的ロード バランシングを強化します(固定プライマリ チャネル移動)。 • 侵入型 FPGA SQF を強化します(チャネル使用率の均等化)。

14 さらに読み込む

JAIST Repository: 研究開発プロジェクト状態可視化のための新しい動的検証方法 : テキストマイニングおよび物理モデルとのコラボレーション

JAIST Repository: 研究開発プロジェクト状態可視化のための新しい動的検証方法 : テキストマイニングおよび物理モデルとのコラボレーション

 結果と考察 図− はモデルシミュレーションによるR&Dプロジェクトの成功例と失敗例をそれぞれ可視化したも のを示している。ここで、製品の上市になったR&Dプロジェクトを成功例、中止となったR&Dプロ ジェクトを失敗例と定義した。中止となった四面体構造の図において、要素間の長い結合または短い結 合は、それぞれ弱い相互作用または強い相互作用を示します。赤、青の結合の色は、相互作用がそれぞ れ正、負であることを示す。赤色の正の場合は、要素間距離が短くなる傾向を示し、青色の負の場合、 要素間距離が離れていく傾向を示している。各要素はそれぞれ色分けされ、市場は紫色、技術は紺色、 コストは緑色、人的資産濃いピンク色、思考行動様式はオレンジ色、事業構想は薄いピンク色で示して いる。成功例では定性的な  要素(MM、HR,DSG)に繋がる四角錐の定量的な(MKT,TEC H,COST)三要素が潰れて・閉じている形になっている。潰れて閉じたように見えるのは、定性的 な要素と定量的な要素間の距離が図の上で短くなっているためである。これは、これら要素間の相互作 用が強いことを示している。一方、失敗例では、逆に定量的な(MKT,TECH,COST)三要素 が離れて・開いている形になっている。これは、性的な要素と定量的な要素間の距離が図の上で長くな っているためである、つまり、要素間の相関関係が弱いことを示している。特に失敗例からは、大きく 離れた距離を示している要素間の相関関係を改善することで、成功例のような形に変えることが可能と なる。例えば、失敗例での事業構想(DSG)とMKT、TECH、COSTが大きく離れている。こ の部分を改善するフィードバックとして、市場・顧客のニーズ、即ち、製品が解決しようとする課題の 明確化と市場・顧客で求められている価格帯とそれを実現できる生産コストを見直すことがプロジェク トを成功に導く行動の一つであることが、この失敗例から解釈することができる。
さらに見せる

5 さらに読み込む

確率最適化における過去集積値と未来閾値について (不確実なモデルによる動的計画理論の課題とその展望)

確率最適化における過去集積値と未来閾値について (不確実なモデルによる動的計画理論の課題とその展望)

らゆる可能な経路とその評価値・確率を図示し、各段における最適決定の選択を明示している。 この意味では列挙法の解構戒を与えている。 しかし、 最適解に至るまでは動的計画法の再帰式 を解く順に構戒されている。 この樹表ではあらゆる型の評価関数に対してその期待値最適化が 解かれる [5] 。

22 さらに読み込む

集合値写像のスカラー化とKy Fanの不等式 (不確実なモデルによる動的計画理論の課題とその展望)

集合値写像のスカラー化とKy Fanの不等式 (不確実なモデルによる動的計画理論の課題とその展望)

Our main tool in this paper (Theorem 2.3) is aslightly more general form of atw0-function result of Simons [7, Corollary 1.6] and as aconsequence of our results, it implies the classical[r]

12 さらに読み込む

$n$人ゲ-ムのShapley値について (不確実な環境モデルでの動的行動決定システム)

$n$人ゲ-ムのShapley値について (不確実な環境モデルでの動的行動決定システム)

は彼の論文 [2] の中で , 「 exact ゲームでは Shapley 値は core の要素.. になっているであろうか」 という問を発した.[r]

6 さらに読み込む

最大値過程について (不確実なモデルによる動的計画理論の課題とその展望)

最大値過程について (不確実なモデルによる動的計画理論の課題とその展望)

consider the maximum profit process $\{Z_{n}, n\geq 1\}$ , which is not necessarily Markov.. We.[r]

13 さらに読み込む

選択確率をもつ競合在庫モデルについて (不確実な環境モデルでの動的行動決定システム)

選択確率をもつ競合在庫モデルについて (不確実な環境モデルでの動的行動決定システム)

3. 本稿では–期間モデルを扱ったが、 現実では – 期間で終えることはほとんどない。 それゆえ多期間 モデルへの拡張が考えられる。 4. プレーヤの在庫量が任意の時刻において全く知らされない場合を扱った。 世間では在庫が不足する とどこからともなくそのような情報が伝わることがある。 よって情報に対する Silent,Noisy version

13 さらに読み込む

双対ファジイ 動的計画について (不確実な環境モデルでの動的行動決定システム)

双対ファジイ 動的計画について (不確実な環境モデルでの動的行動決定システム)

dual fuzzy dynamic programs, we verify that the duality relation holds between primal and.. dual ones...[r]

14 さらに読み込む

ボディエリアネットワークにおける動的通信チャネルモデルの構築

ボディエリアネットワークにおける動的通信チャネルモデルの構築

先行研究では、 2.4GHz 帯をはじめとした比較的高い周波数における統計的チャネルモデ ルを検討している例が多いのに対して、数十メガヘルツ程度の比較的低い周波数の統計的 チャネルモデルを検討した例はわずかである。 Zedong らは、最尤推定法を用いて、45MHz におけるチャネルの動特性を典型的な確率密度関数モデル(ガンマ分布、対数正規分布、 仲上・ライス分布、ワイブル分布)に当てはめることを検討している[5]。しかしながら、 チャネル特性をより良く表した関数モデルの可能性については検討していない。また、こ れまでに通信機の接地状態(バッテリー駆動か商用電源駆動かの違い)がチャネル特性に 及ぼす影響について実験的に検討された例は皆無である。
さらに見せる

59 さらに読み込む

Show all 5341 documents...