評価の体制

Top PDF 評価の体制:

医療提供体制の整備 平成26年度評価結果  長野市ホームページ

医療提供体制の整備 平成26年度評価結果 長野市ホームページ

評価理由・説明等 適 応性 急速な少子・高齢化進行や医療技術飛躍的進歩、あるいは住民医療に対する意識変化など、医療を取り巻 く環境は大きく変化している。 子どもから高齢者まで、すべて市民が安心して健やかに生活できるまちづくりが求められている。 そこで、市民に対し、良質かつ適切な医療を効率的に提供する体制が確保できるよう努めている。

3 さらに読み込む

防災体制の整備 平成26年度評価結果  長野市ホームページ

防災体制の整備 平成26年度評価結果 長野市ホームページ

 市民防災対策に対する支援については、住宅耐震対策として耐震診断士派遣・耐震補強工事補助、自主防災 組織強化事業補助、災害時要援護者支援事業などを行うとともに市有施設耐震化等を進めることにより、自助・ 互助・共助による防災体制強化を図った。 総合評価  (目標値に向けて) 概ね順調

3 さらに読み込む

05_01_入札説明書(案)_施工体制確認型総合評価落札方式_工事

05_01_入札説明書(案)_施工体制確認型総合評価落札方式_工事

入札参加者申込みに係る価格が1調査基準価格以上であるときは、審査項目に関 する体制が必ずしも十分に構築されないと認める事情がある場合に限り、品質確保実 効性に係る施工体制評価点を満点から減点する。 入札参加者申込みに係る価格が1調査基準価格を満たさないときは、工事品質確 保について契約内容に適合した履行がなされないこととなるおそれがあることから、 下記項目に関する体制が構築されると認める場合に限り、その程度に応じて品質確保 実効性に係る施工体制評価点を加算する。特に、下請業者における赤字発生及び工 事成績評定点における低評価が顕著になるなど、品質確保ため体制その他施工体 制が著しく確保されないおそれがある価格(予定価格算定前提とした各費用項目毎 金額に、直接工事費については 75%、共通仮設費については 70%、現場管理費につい ては 70%、一般管理費については 30%をそれぞれ乗じ、さらに 100 分の 108 を乗じて得 た金額を合計した価格をいう。(3)において同じ。 )に満たない価格で入札した者につい ては、審査を特に重点的に行い、審査項目に関する体制をどのように構築するかが具体 的に確認できる場合に施工体制評価点を加算する。
さらに見せる

73 さらに読み込む

陸自宮古島(30)車両整備場等新設電気その他工事 陸自宮古島【入札公告・説明書・評価基準(標準例)】施工体制確認型総合評価方式(施工能力評価型)

陸自宮古島(30)車両整備場等新設電気その他工事 陸自宮古島【入札公告・説明書・評価基準(標準例)】施工体制確認型総合評価方式(施工能力評価型)

 ただし、事前調査により、施工体制が十分に確保されない場合又は契約内容に適 合した履行がなされないおそれがある場合若しくは品質確保ため施工体制及びそ 施工体制が著しく確保されないおそれがある場合、減点を行う。 エ  価格と価格以外要素がもたらす総合評価は、入札参加者「標準点」と「加算 点」及び「施工体制評価点」合計を、当該入札者入札価格で除して得た数値(以 下「評価値」という。)をもって行う。
さらに見せる

8 さらに読み込む

第3章 推進と評価の体制 伊達市総合福祉計画  福島県伊達市ホームページ

第3章 推進と評価の体制 伊達市総合福祉計画 福島県伊達市ホームページ

Ũ࠷ᆐט Ũܖఄ Ũ᳊᳎᲻ᡲዂңᜭ Ũ˳ᏋਦݰۀՃ˟ Ũ˳Ꮛң˟. Ũ׎ Ũᅦ޽Ⴤ Ũ˙ᢋࠊ Ũ̬Ꮛ৑ᲢטᲣ ŨൟဃۀՃδᇜۀՃ[r]

2 さらに読み込む

資料3 本県における普及指導活動の体制 青森県協同農業普及事業外部評価について|青森県庁ウェブサイト Aomori Prefectural Government

資料3 本県における普及指導活動の体制 青森県協同農業普及事業外部評価について|青森県庁ウェブサイト Aomori Prefectural Government

普 及 指 導 員 能 力 を 継 続 的 に 向 上 さ せ 、 長 期 的 な 視 点 か ら 普 及 事 業 に 必 要 な 人 材 を 育 成 す る た め に 、 目 指 す べ き 人 材 像 や 求 め ら れ る 資 質 、 人 材 育 成 に 向 け た 取 組 方 針 等 を 記 載 し た 「 普 及 指 導 員 人 材 育 成 計 画 」 を 平 成 2 8 年 2 月 に 策 定 し た 。 ま た 、 普 及 指 導 職 員 に 求 め ら れ る 高 度 ・ 先 進 的 な 技 術 指 導 能 力 及 び 地 域 農 業 課 題 解 決 能 力 を 強 化 す る た め 、 毎 年 度 、 「 普 及 指 導 員 等 研 修 実 施 要 領 」 を 制 定 し 、 職 員 個 々 能 力 や 研 修 に 対 す る ニ ー ズ を 把 握 し な が ら 、 国 及 び 県 段 階 研 修 等 を 効 果 的 に 組 み 合 わ せ て 、 資 質 向 上 を 図 っ て お り 、 2 8 年 度 に 新 設 し た 研 修 は 、 以 下 と お り で あ る 。
さらに見せる

14 さらに読み込む

多機関の協働による包括的支援体制構築事業 長崎市│事務事業事前評価結果(平成28年度補正予算)

多機関の協働による包括的支援体制構築事業 長崎市│事務事業事前評価結果(平成28年度補正予算)

福祉ニーズ多様化、複雑化を踏まえ、ワンストップ相談窓口を設置し、高齢者のみなら ず子育て、障害、介護、貧困等地域における多分野・多機関に渡る相談に対応し、相談支 援機関等連携体制を構築することで、複合的な課題を抱える高齢者等自立を促進する とともに、多職種間連携、協働を図りつつ、地域に不足する社会資源を創出することで高 齢者等が自立して暮らしやすい地域づくりを目指す。
さらに見せる

2 さらに読み込む

教育現場の支援体制整備 つくば市 | 平成27年度施策評価・事務事業評価結果

教育現場の支援体制整備 つくば市 | 平成27年度施策評価・事務事業評価結果

総合教育研究所では,小中一貫教育における取組や成果を検証するため調査研究を行ってい る。調査結果を分析し,各学園・各学校に周知することで,RPDCAサイクルにおけるR (調査)といして活用を促し,小中一貫教育推進を図っていく。 教育日本一を目指す本市教育充実や,教育現場諸問題に対してきめ細かな対応ができる よう教職員研修質的・量的な充実を図っていくことが必要である。
さらに見せる

6 さらに読み込む

生活支援体制整備事業 長崎市│事務事業事前評価結果(平成30年度当初予算分)

生活支援体制整備事業 長崎市│事務事業事前評価結果(平成30年度当初予算分)

地域における高齢者生活支援体制整備を推進するため、市全域において活動する「第 1層コーディネーター」及び各日常生活圏域において活動する「第2層コーディネーター」を配 置し、事業内容(1)から(6)までを行う。  【事業内容】

2 さらに読み込む

市民等による改善施策の評価体制の構築 公正で透明性・競争性の高い入札・契約制度改革を進めるために | 立川市

市民等による改善施策の評価体制の構築 公正で透明性・競争性の高い入札・契約制度改革を進めるために | 立川市

に外部から談合情報及び苦情処理対 応ために、市組織内部にヘルプラ インを設置するだけでなく、外部にも入 札等監視委員会と連携したヘルプライン を設置することが必要であると考える。

1 さらに読み込む

平成27年基準年度固定資産税標準 宅地の鑑定評価でのバランス検討体制等に関する説明会資料

平成27年基準年度固定資産税標準 宅地の鑑定評価でのバランス検討体制等に関する説明会資料

地価公示 阿南-4・・・津波想定区域浸水深5~10m地点(視察対象) 地価公示 阿南-5・・・津波想定区域浸水深3~4m地点 地価公示 阿南-9・・・津波想定区域浸水深0m地点

34 さらに読み込む

1 安全管理体制の構築 改善に向けた取り組み1 安全管理体制の構築 改善に向けた取り組み 安全管理体制は, 計画 (Plan) 実行 (Do) 評価 (Check) 見直し 改善 (Act) の 体制 (PDCA サイクル ) を維持していくことが大切です 当社では, 鉄道安全管理規程を はじめ,

1 安全管理体制の構築 改善に向けた取り組み1 安全管理体制の構築 改善に向けた取り組み 安全管理体制は, 計画 (Plan) 実行 (Do) 評価 (Check) 見直し 改善 (Act) の 体制 (PDCA サイクル ) を維持していくことが大切です 当社では, 鉄道安全管理規程を はじめ,

②基本作業確実な励行を徹底するためには,社員一人ひとりが安全・安定輸送に対する意識を高め,指差確認 喚呼励行等,基本作業確実な励行が不可欠であります。また,日常作業が常に事故につながる恐れがある ことを,指導・教育による周知徹底を図ってまいります。 鉄道安全管理体制が適切に確立され,実施されているかを確認するために,毎年,鉄道安全監査を実施し,安全 管理体制見直し・改善へつなげております。
さらに見せる

13 さらに読み込む

平成 30 年度進捗評価シート湯前町歴史的風致維持向上計画 ( 平成 29 年 3 月 17 日認定 ) ( 最終変更平成 31 年 3 月 5 日 ) 進捗評価シート ( 様式 1) 1 組織体制 ( 様式 1-1) 1 事業推進のための体制整備等 1 2 重点区域における良好な景観を形成する施策

平成 30 年度進捗評価シート湯前町歴史的風致維持向上計画 ( 平成 29 年 3 月 17 日認定 ) ( 最終変更平成 31 年 3 月 5 日 ) 進捗評価シート ( 様式 1) 1 組織体制 ( 様式 1-1) 1 事業推進のための体制整備等 1 2 重点区域における良好な景観を形成する施策

・工藤委員 伝統芸能継承団体補助が東方組太鼓踊と浅鹿野棒踊2団体となっている。球磨 神楽取り扱いについて検討いただきたい。 ・工藤委員 市房山神宮里宮神社で艦内神社関係イベントを開催した際は150名程度来場が あった。参加者団体から活性化事業提案等もあり、外部から視点も重要であると感じてい る。都市部で暮らしている人たちは、地方部故郷がない世代に移行しており日本原風景や体 験などを求めているではないだろうかと考えている。来訪者から声では、人吉市から湯前町 へ至るアクセスも課題であると考えている。
さらに見せる

21 さらに読み込む

目 次 1 JITCOの役割 体制 3 技能実習制度に対する効果 評価 課題 JITCOの役割 (p.3) 技能実習制度の効果 (p.11) 組織体制 (p.3) 帰国後の就業状況等 (p.12) 活躍する帰国技能実習生 (p.13) 技能実習制度に対する評価 (p.14) 2 JITCOの事業 監

目 次 1 JITCOの役割 体制 3 技能実習制度に対する効果 評価 課題 JITCOの役割 (p.3) 技能実習制度の効果 (p.11) 組織体制 (p.3) 帰国後の就業状況等 (p.12) 活躍する帰国技能実習生 (p.13) 技能実習制度に対する評価 (p.14) 2 JITCOの事業 監

■実習実施機関社長支援を得て、帰国後モンゴルで同社子会社を立ち上げ、技能実習で使用していた機械を日本から移送し た。親会社より輸入した材料に同封されてくる日本語仕様書に基づき加工し、日本に再輸出している。使用している機械整備は基 本的にはモンゴル側で行っているが、整備が困難な場合は日本親会社に依頼して技術者に来てもらっている。(モンゴル、機械検査) ■ 帰国後元工場に戻り中堅技術者となったが、現状に満足せず機械加工会社を設立した。ボーリングマシン、旋盤、フライス盤、 ロール曲げ機、せん断機、アーク溶接といった機械加工関連業務を取り扱う会社で、日本で学んだ日本人職業倫理や考え方等を生 かし、常に製品品質を第一として、厳しい品質チェックを行っている。現在は、年間売上高が1800万元を突破する大工場に発展して いる。(中国、機械加工)
さらに見せる

21 さらに読み込む

下請工事・建設資材利用状況報告書(総合評価方式用) 施工体制の適正化に関する要領及び様式を制定しました  防府市公式ホームページ

下請工事・建設資材利用状況報告書(総合評価方式用) 施工体制の適正化に関する要領及び様式を制定しました 防府市公式ホームページ

1   提 出 時 期     工 事 完 成 時 に 提 出 し て く だ さ い 。 2   下 請 工 事 発 注 状 況     下 請 工 事 ( 2 次 下 請 以 降 も 全 て 含 む 。 ) に つ い て 、 次 各 項 目 該 当 欄 に 記 入 して く だ さい 。 ・ 下 請 業 者 名 = 当 該 下 請 業 者 商 号 を 記 入   ( ○ ○ 建 設 株 式 会 社 → ○ ○ 建 設 (株 )と略 して 記 入 )

5 さらに読み込む

進捗評価シート ( 様式 1) 平成 30 年度進行管理 評価シート 宗像市歴史的風致維持向上計画 ( 平成 30 年 3 月 26 日認定 ) ( 軽微な変更平成 31 年 3 月 20 日 ) 1 組織体制 ( 様式 1-1) 1 計画の実施体制 1 2 重点区域における良好な景観を形成する施策

進捗評価シート ( 様式 1) 平成 30 年度進行管理 評価シート 宗像市歴史的風致維持向上計画 ( 平成 30 年 3 月 26 日認定 ) ( 軽微な変更平成 31 年 3 月 20 日 ) 1 組織体制 ( 様式 1-1) 1 計画の実施体制 1 2 重点区域における良好な景観を形成する施策

 未指定建造物や祭り・習俗等無形民俗文化財、検証が行われていない埋蔵文化財について、学術的調査を実 施し、歴史的史実把握、価値付けに努め、後世に引き継ぐため問題点を明らかにするなど、その調査結果を総合的 に整理し、全容解明に努める。また、調査によって価値が判明した歴史文化資産については、新たな文化財として指定 など、確実な保存と積極的な活用を進めるため、「宗像市歴史文化基本構想」(仮称)を策定する。
さらに見せる

24 さらに読み込む

目次 1. 事業の目的 背景 1 2. 事業内容 3 3. 体制 4 4. 評価試験の概要 5 5. 試験日時 場所 6 6. 試験手順 6 7. 試験結果 ( 計測結果 ) 9 8. 試験結果の耐震性評価 試験結果のまとめ 考察 50

目次 1. 事業の目的 背景 1 2. 事業内容 3 3. 体制 4 4. 評価試験の概要 5 5. 試験日時 場所 6 6. 試験手順 6 7. 試験結果 ( 計測結果 ) 9 8. 試験結果の耐震性評価 試験結果のまとめ 考察 50

今回試験を実施した管種(ポリエチレン管・ダクタイル鋳鉄管)と口径(50A・150A)違いに より、破壊形態に違いがあった。 ポリエチレン管 50A(試験体名:PEM-50)、及び、ポリエチレン管 150A(試験体名:PEM-150) は載荷を開始すると、ポリエチレン管(直管)部分で変形が進み、最大荷重に至った後も大幅な荷 重低下を伴うことなく、試験装置最大許容変位量に至り、試験を終了した。ポリエチレン管 150A 2 体目(試験体名:PEM-150-2)のみ、変位量 265.2 ㎜にて引っ張り側(装置下側)から漏え いが発生したが、試験後に継手を解体したところ、バリオシール(パッキン)部によじれが確認さ れた。恐らく、締結時もしくは試験時にバリオシール(パッキン)部に僅かなよじれが発生し、こ 部分より漏えいが発生したものと考えられる。
さらに見せる

55 さらに読み込む

目次 1 1. プロジェクトの概要 2. 目的 政策的位置付け 3. 目標 4. 成果 目標の達成度 5. 事業化 波及効果 6. 研究開発マネジメント 体制等 7. 事前評価結果

目次 1 1. プロジェクトの概要 2. 目的 政策的位置付け 3. 目標 4. 成果 目標の達成度 5. 事業化 波及効果 6. 研究開発マネジメント 体制等 7. 事前評価結果

より正確な日射量予測ためには、基礎となる気象予測技術精度向上が不可 欠であることから、気象予報高精度化に対する強いニーズとなり、幅広い分野へ 天気予報高精度化恩恵があるものと見込まれる。 また、本事業により、正確な太陽光発電出力把握・出力予測手法が早期に確立 できれば、需給バランス確保ために必要なバックアップ電源やすべて需要家に おける太陽光発電出力状況把握が不要となるなど電力設備等合理化が可 能となることが期待される。
さらに見せる

30 さらに読み込む

目 次 第 1 章研究開発の概要 研究開発の背景 研究の目的 目標 1-2 研究体制 ( 研究組織 管理体制 研究者氏名 協力者 ) 1-3 成果概要 1-4 該当プロジェクト連絡窓口 第 2 章微細球状粒子による表面改質技術の開発とその特性評価および実環境を想定した摩擦摩耗特性評価 8

目 次 第 1 章研究開発の概要 研究開発の背景 研究の目的 目標 1-2 研究体制 ( 研究組織 管理体制 研究者氏名 協力者 ) 1-3 成果概要 1-4 該当プロジェクト連絡窓口 第 2 章微細球状粒子による表面改質技術の開発とその特性評価および実環境を想定した摩擦摩耗特性評価 8

から、テクスチャリングを摩擦面に付与する左右された技能者経験で行われてい たが、自動化が困難であり且つ技能者は年々減尐しているため、定量化、標準化 必要性がある。 そのため、新しいテクスチャリング手法提案が期待されている。様々なテ クスチャ加工法中でもショットピーニングは簡便な手法一つであり、テクスチ ャを付与できる加工技術である。ショットピーニングは本来圧縮残留応力によって 材料硬化させるため技術であるが、マイクロメールレベル微小粒子を摩擦面に 投射することで、マイクロディンプルを付与すると同時に材料硬化させ、疲労強度 や耐摩耗性を向上させる相乗効果がある 7) 。同手法では摩擦面にマイクロスケール
さらに見せる

68 さらに読み込む

Show all 10000 documents...