耐震化を図る

Top PDF 耐震化を図る:

目次はじめに 1 建築物の耐震診断及び耐震改修の実施に関する目標 (1) 想定される地震の規模 想定される被害の状況 (2) 耐震化の現状と目標の設定 (3) 市が所有する公共建築物の耐震化の目標設定 2 耐震診断及び耐震改修の促進を図るための施策に関する事項 (1) 耐震診断及び耐震改修に係る基本

目次はじめに 1 建築物の耐震診断及び耐震改修の実施に関する目標 (1) 想定される地震の規模 想定される被害の状況 (2) 耐震化の現状と目標の設定 (3) 市が所有する公共建築物の耐震化の目標設定 2 耐震診断及び耐震改修の促進を図るための施策に関する事項 (1) 耐震診断及び耐震改修に係る基本

2 建築物の耐震診断及び耐震改修の促進図るための施策に関する事項 (1)耐震診断及び耐震改修に係る基本的な取組み方針 ・建築物の耐震促進するためには、建築物の所有者等が地域の防災対策自らの問 題、地域の問題として意識して取り組むことが不可欠である。市はこうした所有者等 の取組み出来る限り支援する観点から、所有者等にとって耐震診断及び耐震改修 行いやすい環境整備や、負担軽減のための制度の構築など必要な施策講じ、耐震改 修実施の阻害要因となっている課題解決していくこと基本的な方針とする。 (2)耐震診断及び耐震改修の促進図るための支援策
さらに見せる

28 さらに読み込む

目次 1 建築物の耐震診断及び耐震改修の実施に関する目標の設定 1 (1) 想定される地震の規模 想定される被害の状況 1 (2) 耐震化の現状と目標設定 1 (3) 市が所有するの耐震化の目標設定 5 2 建築物の耐震診断及び耐震改修の促進を図るための施策 7 (1) 耐震診断及び耐震改修に係る基

目次 1 建築物の耐震診断及び耐震改修の実施に関する目標の設定 1 (1) 想定される地震の規模 想定される被害の状況 1 (2) 耐震化の現状と目標設定 1 (3) 市が所有するの耐震化の目標設定 5 2 建築物の耐震診断及び耐震改修の促進を図るための施策 7 (1) 耐震診断及び耐震改修に係る基

3 3 3 3 建築物の地震に対する安全性の向上に関する 建築物の地震に対する安全性の向上に関する 建築物の地震に対する安全性の向上に関する啓発及び知識の普及 建築物の地震に対する安全性の向上に関する 啓発及び知識の普及 啓発及び知識の普及 啓発及び知識の普及 建築物の耐震促進するためには、建築物の所有者等が、地震防災対策自らの問 題、地域の問題として意識することができるよう、過去に発生した地震の被害と対策、 発生のおそれがある地震の概要と地震による危険性の程度等について周知・啓発し、知 識の普及図る必要がある。
さらに見せる

23 さらに読み込む

目次はじめに 1 建築物の耐震診断及び耐震改修の実施に関する目標 (1) 想定される地震の規模 想定される被害の状況 (2) 耐震化の現状と目標の設定 (3) 市が所有する公共建築物の耐震化の目標設定 2 耐震診断及び耐震改修の促進を図るための施策に関する事項 (1) 耐震診断及び耐震改修に係る基本

目次はじめに 1 建築物の耐震診断及び耐震改修の実施に関する目標 (1) 想定される地震の規模 想定される被害の状況 (2) 耐震化の現状と目標の設定 (3) 市が所有する公共建築物の耐震化の目標設定 2 耐震診断及び耐震改修の促進を図るための施策に関する事項 (1) 耐震診断及び耐震改修に係る基本

2 建築物の耐震診断及び耐震改修の促進図るための施策に関する事項 (1)耐震診断及び耐震改修に係る基本的な取組み方針 ・建築物の耐震促進するためには、建築物の所有者等が地域の防災対策自らの問 題、地域の問題として意識して取り組むことが不可欠である。市はこうした所有者等 の取組み出来る限り支援する観点から、所有者等にとって耐震診断及び耐震改修 行いやすい環境整備や、負担軽減のための制度の構築など必要な施策講じ、耐震改 修実施の阻害要因となっている課題解決していくこと基本的な方針とする。 (2)耐震診断及び耐震改修の促進図るための支援策
さらに見せる

16 さらに読み込む

目次 1 建築物の耐震診断及び耐震改修の実施に関する目標の設定 1 (1) 想定される東海地震の規模 想定される被害の状況 2 (2) 耐震化の現状と目標設定 2 (3) 市が所有する公共建築物の耐震化の目標設定 5 2 建築物の耐震診断及び耐震改修の促進を図るための施策 6 (1) 耐震診断及び耐

目次 1 建築物の耐震診断及び耐震改修の実施に関する目標の設定 1 (1) 想定される東海地震の規模 想定される被害の状況 2 (2) 耐震化の現状と目標設定 2 (3) 市が所有する公共建築物の耐震化の目標設定 5 2 建築物の耐震診断及び耐震改修の促進を図るための施策 6 (1) 耐震診断及び耐

2 建築物の耐震診断及び耐震改修の促進図るための施策 (1)耐震診断及び耐震改修に係る基本的な取組方針 建築物の耐震促進するためには、まず、建築物の所有者等が、地域防災対策自らの問題、 地域の問題として意識して取り組むことが不可欠である。市は、こうした所有者等の取り組み できる限り支援する観点から、所有者等にとって耐震診断及び耐震改修行いやすい環境の整備 や負担軽減のための制度の構築など必要な施策講じ、耐震改修の実施の阻害要因となっている 課題解決していくこと基本的な取組方針とする。
さらに見せる

12 さらに読み込む

目 次 第 1 章はじめに 1 第 2 章耐震化の現状 目標 6 1 想定する地震の規模 被害の状況 6 2 耐震化の現状 11 3 耐震化の目標 19 第 3 章耐震化の促進を図るための施策 22 1 基本的な取組方針 22 2 重点的に取り組むべき施策 24 第 4 章耐震化に係る総合的な施策の

目 次 第 1 章はじめに 1 第 2 章耐震化の現状 目標 6 1 想定する地震の規模 被害の状況 6 2 耐震化の現状 11 3 耐震化の目標 19 第 3 章耐震化の促進を図るための施策 22 1 基本的な取組方針 22 2 重点的に取り組むべき施策 24 第 4 章耐震化に係る総合的な施策の

計画の策定にあたっては、西東京市第2次基本構想で掲げる「やさしさとふれあいの 西東京に暮らし、まち楽しむ」の実現図るため、東京都耐震改修促進計画 ※3 (平成 26年4月 東京都)(以下「東京都計画」という。)や西東京市地域防災計画(案) (平成28年3月 西東京市)、西東京市都市計画マスタープラン(平成26年3月 西東 京市)、西東京市住宅マスタープラン(平成26年3月 西東京市)、公共施設等マネジ メント基本方針(平成27年12月 西東京市)、西東京市公共施設保全計画(平成21年3 月 西東京市)等、防災・住宅・公共施設関連の既定方針との整合図るものとする。
さらに見せる

41 さらに読み込む

熊本地震では 新耐震基準導入 ( 昭和 56 年 ) 以降に比べて それ以前 ( 旧耐震基準 ) の木造の住宅 建築物について被害が顕著に見られ また約 15,000 件の宅地被害が発生し 引き続き耐震化の促進を図ることが必要である 熊本地震においては 耐震化が完了した学校や官庁施設等では 重大な構

熊本地震では 新耐震基準導入 ( 昭和 56 年 ) 以降に比べて それ以前 ( 旧耐震基準 ) の木造の住宅 建築物について被害が顕著に見られ また約 15,000 件の宅地被害が発生し 引き続き耐震化の促進を図ることが必要である 熊本地震においては 耐震化が完了した学校や官庁施設等では 重大な構

○ 平成 28 年熊本地震、急性期の救助・救急等の応急活動のみならず中長期的な健康管理まで、災害の規模や フェーズに応じた円滑な医療人材・資源の供給や被災者への対応等が、必ずしも十分な体制でなかった。 ○ 平成 28 年熊本地震、平成 29 年 7 月九州北部豪雨において、府省庁連携防災情報共有システム(SIP4D) 災害現場や現地災害対策本部に適用し、災害対応の効率に寄与した。 ○ 平成 28 年熊本地震において、米軍輸送機による輸送支援が行われた。 ③ 起きてはならない最悪の事態に至るプロセスの分析から想定される事項 ○ 施設の耐震、耐災害により災害時に拠点となる施設の確保が重要である。 ○ 救助・救急活動資源の不足に対応するため、広域支援体制の構築が重要である. ○ 関係機関連携により、限られた救急活動資源適切に運用する必要がある。 ○ 一般住民の負傷者数低減することが重要である。 【脆弱性の評価(国土強靱推進する上で必要となる事項) 】
さらに見せる

65 さらに読み込む

分譲マンション耐震化マニュアルの目次(構成案)

分譲マンション耐震化マニュアルの目次(構成案)

全国で約 601 万戸存するマンションストック(平成 25 年 12 月末現在)のうち、昭 和 56 年の建築基準法施行令改正以前の耐震基準(以下、旧耐震基準という。)で建設 されたものは全国で約 106 万戸あり、これらについては耐震性能が劣っている可能性 がある。こうしたマンションについては、居住者の安全・安心の確保、住宅市街地の 防災性の向上の観点から、耐震改修等による耐震図ることが喫緊の課題である。 このため、国土交通省においては、平成 16 年に「改修によるマンション再生手法に 関するマニュアル」策定し、耐震改修含めた改修による再生のための手法等示 すとともに、平成 17 年の建築物の耐震改修の促進に関する法律(以下「耐震改修促進 法」)の改正、耐震改修に係る補助制度及び税制の活用、充実等により耐震改修の促進 図っているところである。さらに、平成 25 年にはマンションに係る耐震診断・改修 の努力義務の創設や耐震改修の必要性に係る認定等含む耐震改修促進法の改正や、 補助制度及び税制のさらなる充実図ったところである。
さらに見せる

28 さらに読み込む

第 1 章基本方針 1 背景と目的 1 2 位置づけ 2 3 計画期間 3 4 耐震改修促進法の改正について 3 第 2 章建築物の耐震化の目標等 1 地震被害の想定及び減災効果 4 2 住宅 建築物の耐震化の現状及び課題 7 第 3 章建築物の耐震改修の促進を図るための施策 1 基本的考え 10

第 1 章基本方針 1 背景と目的 1 2 位置づけ 2 3 計画期間 3 4 耐震改修促進法の改正について 3 第 2 章建築物の耐震化の目標等 1 地震被害の想定及び減災効果 4 2 住宅 建築物の耐震化の現状及び課題 7 第 3 章建築物の耐震改修の促進を図るための施策 1 基本的考え 10

さらに、所有者等が耐震改修工事行う際に仮住居の確保が必要となる場合につ いては、地方公共団体が、公共賃貸住宅の空家の紹介等に努めることが望ましい。 6 相談体制の整備及び情報提供の充実 近年、悪質なリフォーム工事詐欺による被害が社会問題となっており、住宅・建 築物の所有者等が安心して耐震診断及び耐震改修実施できる環境整備が重要な課 題となっている。特に、「どの事業者に頼めばよいか」、「工事費用は適正か」、 「工事内容は適切か」、「改修の効果はあるのか」等の不安に対応する必要がある。 このため、国は、センター等と連携し、耐震診断及び耐震改修に関する相談窓口 設置するとともに、耐震診断及び耐震改修の実施が可能な建築士及び事業者の一覧 や、耐震改修工法の選択や耐震診断・耐震改修費用の判断の参考となる事例集作 成し、ホームページ等で公表行い、併せて、地方公共団体に対し、必要な助言、 情報提供等行うこととする。また、全ての市町村は、耐震診断及び耐震改修に関 する相談窓口設置するよう努めるべきであるとともに、地方公共団体は、センタ ー等と連携し、先進的な取組事例、耐震改修事例、一般的な工事費用、専門家・事 業者情報、助成制度概要等について、情報提供の充実図ることが望ましい。 7 専門家・事業者の育成及び技術開発
さらに見せる

32 さらに読み込む

要望理由 (1) 政策目的 既存住宅の流通の円滑化を通じ 既存住宅流通 リフォーム市場の拡大 活性化を図る また 消費者のニーズに応じた住宅を選択できる環境を整備するとともに 既存住宅の耐震化を促進し 住宅ストックの品質 性能を高め 国民の住生活の向上を目指す (2) 施策の必要性 国民がライフステ

要望理由 (1) 政策目的 既存住宅の流通の円滑化を通じ 既存住宅流通 リフォーム市場の拡大 活性化を図る また 消費者のニーズに応じた住宅を選択できる環境を整備するとともに 既存住宅の耐震化を促進し 住宅ストックの品質 性能を高め 国民の住生活の向上を目指す (2) 施策の必要性 国民がライフステ

(2)買取再販は、既存住宅の流通の阻害要因である質への不安払拭するものであり、既存 住宅流通・リフォーム市場の拡大・活性の起爆剤となりうる事業形態である。本要望に より、買取再販事業者に係る負担軽減することで、買取再販が促進され、消費者がより 多くの選択肢から良質な既存住宅より低価格で購入できるようになるため、既存住宅流 通・リフォーム市場の拡大・活性に有効である。

6 さらに読み込む

目次 1 建築物の耐震診断及び耐震改修の実施に関する目標の設定 1 (1) 想定される地震の規模 想定される被害の状況 1 (2) 耐震化の現状と目標設定 1 (3) 市が所有するの耐震化の目標設定 5 2 建築物の耐震診断及び耐震改修の促進を図るための施策 6 (1) 耐震診断及び耐震改修に係る基

目次 1 建築物の耐震診断及び耐震改修の実施に関する目標の設定 1 (1) 想定される地震の規模 想定される被害の状況 1 (2) 耐震化の現状と目標設定 1 (3) 市が所有するの耐震化の目標設定 5 2 建築物の耐震診断及び耐震改修の促進を図るための施策 6 (1) 耐震診断及び耐震改修に係る基

建築物の耐震促進するためには、まず、建築物の所有者等が、地域防災対策自ら の問題、地域の問題として意識して取り組むことが不可欠である。市は、こうした所有 者等の取り組みできる限り支援する観点から、所有者等にとって耐震診断及び耐震改 修行いやすい環境の整備や負担軽減のための制度の構築など必要な施策講じ、耐震 改修の実施の阻害要因となっている課題解決していくこと基本的な取組方針とする。
さらに見せる

18 さらに読み込む

市有建築物耐震化計画

市有建築物耐震化計画

本計画では、耐震に関する目標やスケジュール等定め、公共建築物の地震に対する安全性 の向上推進すること目的とします。 2 計画期間及び整備目標 耐震改修促進法に基づく「建築物の耐震診断及び耐震改修の促進図るための基本的な方針 (平成18年1月26日国土交通省告示第184号) 」(以下「国の基本方針」という。 )におい て、住宅については平成32年度までに耐震少なくとも95%にするという目標が示され ています。また、「国土強靱アクションプラン2015」等においても、住宅や多数の者が利 用する建築物の耐震平成32年度までに95%以上とする目標定めています。
さらに見せる

10 さらに読み込む

目 次 第 1 章耐震改修促進計画の基本方針 1 第 2 章建築物の耐震診断及び耐震改修の実施に関する目標 5 第 3 章建築物の耐震診断及び耐震改修の促進を図るための施策 13 第 4 章建築物の地震に対する安全性の向上に関する啓発及び知識の普及 23 第 5 章その他耐震診断及び耐震改修の促進に

目 次 第 1 章耐震改修促進計画の基本方針 1 第 2 章建築物の耐震診断及び耐震改修の実施に関する目標 5 第 3 章建築物の耐震診断及び耐震改修の促進を図るための施策 13 第 4 章建築物の地震に対する安全性の向上に関する啓発及び知識の普及 23 第 5 章その他耐震診断及び耐震改修の促進に

第3章 建築物の耐震診断及び耐震改修の促進図るための施策 1 耐震診断・耐震改修に係る基本的な取組み方針 (1) 主体別の役割分担 建物の所有者が自らの責任においてその安全性確保することが,建物の防災対策上重要 であるという基本的な認識に基づき,町,広島県(以下「県」という。),建築関係団体等, 建物所有者等,自主防災組織等は,耐震の促進図るため以下の事項の実施に努めること とする。
さらに見せる

28 さらに読み込む

Ⅰ. 耐震化の目標 1. 目標設定の考え方 1) 目標設定の考え方 福岡県においては 建替え及び耐震改修による建築物の耐震化を促進することを前提に耐震化の目標を設定する 目標設定の基本的な考え方は以下のとおりである 目標設定の基本的な考え方 国は 国土強靱化アクションプラン 2015 で耐震化率の目

Ⅰ. 耐震化の目標 1. 目標設定の考え方 1) 目標設定の考え方 福岡県においては 建替え及び耐震改修による建築物の耐震化を促進することを前提に耐震化の目標を設定する 目標設定の基本的な考え方は以下のとおりである 目標設定の基本的な考え方 国は 国土強靱化アクションプラン 2015 で耐震化率の目

震改修促進するため、建築物の耐震改修の促進に関する法律(平成 7 年法律第 123 号)及び独 立行政法人都市再生機構法(平成 15 年法律第 100 号)並びに建築物の耐震診断及び耐震改修の 促進図るための基本的な方針(平成 18 年国土交通省告示第 184 号)に基づき、委託により、 耐震診断及び耐震改修実施する。また、その実施にあたっては、区分所有による共同住宅等は、 合意形成に多くの労力と時間要するなど耐震診断及び耐震改修実施することが困難な場合 が多く、特に支援することが必要であること踏まえ、北九州・福岡の都市圏及び都市圏人口 10 万人以上の中心都市において、原則として、区分所有による共同住宅等対象として実施するも のとする。
さらに見せる

36 さらに読み込む

資料 1 用語の定義 本計画で使用している用語の定義は下記の通りです 耐震診断耐震改修耐震改修等耐震化旧耐震基準新耐震基準耐震性を満たす 地震に対する安全性を評価すること 地震に対する安全性の向上を目的として 増築 改築 修繕若しくは模様替又は敷地の整備をすること 耐震改修 除却 建替えにより地震に

資料 1 用語の定義 本計画で使用している用語の定義は下記の通りです 耐震診断耐震改修耐震改修等耐震化旧耐震基準新耐震基準耐震性を満たす 地震に対する安全性を評価すること 地震に対する安全性の向上を目的として 増築 改築 修繕若しくは模様替又は敷地の整備をすること 耐震改修 除却 建替えにより地震に

二 建築物が地震によって倒壊した場合においてその敷地に接する道路(相当数の 建築物が集合し、又は集合することが確実と見込まれる地域通過する道路その 他国土交通省令で定める道路(以下「建築物集合地域通過道路等」という。)に 限る。)の通行妨げ、市町村の区域越える相当多数の者の円滑な避難困難 とすること防止するため、当該道路にその敷地が接する通行障害既存耐震不適 格建築物(地震によって倒壊した場合においてその敷地に接する道路の通行妨 げ、多数の者の円滑な避難困難とするおそれがあるものとして政令で定める建 築物(第十四条第三号において「通行障害建築物」という。)であって既存耐震 不適格建築物であるものいう。以下同じ。)について、耐震診断行わせ、又 はその促進図り、及び耐震改修の促進図ることが必要と認められる場合 当 該通行障害既存耐震不適格建築物の敷地に接する道路に関する事項及び当該通行 障害既存耐震不適格建築物(耐震不明建築物であるものに限る。)に係る耐震診 断の結果の報告の期限に関する事項
さらに見せる

27 さらに読み込む

目次 1. 耐震化の現状と目標... 1 ( 1 ) 住宅の耐震化 耐震化の現状 耐震化の目標... 3 ( 2 ) 耐震改修促進法第 14 条第 1 号に規定する特定既存耐震不適格建築物の耐震化 耐震化の現状 耐震化の目標... 7 ( 3

目次 1. 耐震化の現状と目標... 1 ( 1 ) 住宅の耐震化 耐震化の現状 耐震化の目標... 3 ( 2 ) 耐震改修促進法第 14 条第 1 号に規定する特定既存耐震不適格建築物の耐震化 耐震化の現状 耐震化の目標... 7 ( 3

神奈川県地震防災戦略(県地 震防災戦略) 地震被害想定調査により想定された人的被害や経済被害につ いて、今後軽減する被害量「減災目標」として定め、その目 標達成するために必要な対策について、数値目標や減災効果 等明示し、被害の軽減図るための対策推進するもの。 神奈川県耐震改修促進計画 「建築物の耐震改修の促進に関する法律」に基づく法定計画 で、建築基準法の新耐震基準が導入される、昭和 56 年 5 月以 前に新築工事に着工した建築物の耐震促進することによ り、建築物の地震に対する安全性の向上図ること目的とし て策定されたもの。
さらに見せる

36 さらに読み込む

北上市住宅・建築物耐震化促進計画

北上市住宅・建築物耐震化促進計画

う。」が平成 17 年 11 月7日改正、平成 18 年1月 26 日に施行され、都道府県が「都道府県耐震改 修促進計画」策定することとするとされ、平成 19 年1月に岩手県において「岩手県耐震改修促 進計画」が策定されました。 ○以上のことから、市では計画的に建築物の耐震診断や耐震改修の促進図ること目的に、「北上 市耐震改修促進計画」策定しようとするものです。

10 さらに読み込む

o セメントに対する水の比率を低減するか 鉄筋に対す るコンクリートのかぶりを厚くすること 耐震性 極めて稀に発生する地震に対し 継続利用のための改修の容易化を図るため 損傷のレベルの低減を図ること 大規模地震力に対する変形を一定以下に抑制する措置を講じる [ 層間変形角による場合 ] o 大規模地

o セメントに対する水の比率を低減するか 鉄筋に対す るコンクリートのかぶりを厚くすること 耐震性 極めて稀に発生する地震に対し 継続利用のための改修の容易化を図るため 損傷のレベルの低減を図ること 大規模地震力に対する変形を一定以下に抑制する措置を講じる [ 層間変形角による場合 ] o 大規模地

尚、一定の基準満たした認定長期優良住宅は、税制面での優遇など受ける事ができま す。 フラット 35 は、住宅金融支援機構と民間金融機構提携の長期固定金利型の住宅ローンです。 低金利かつ、金利変動がない安心感により、多くの方が利用しています。長期優良住宅な ら、さらにおトク。金利 A プランでは、当初 10 年間の金利が 0.3%マイナスされます。 【試算例】

8 さらに読み込む

住宅の耐震化及び減災化促進 耐震改修促進計画  西尾市役所

住宅の耐震化及び減災化促進 耐震改修促進計画 西尾市役所

(3 3 3 3) ) ) )耐震診断 耐震診断から 耐震診断 耐震診断 から から耐震改修 から 耐震改修 耐震改修への 耐震改修 への円滑 への への 円滑 円滑 円滑な な な な移行 移行 移行 移行の の の の支援 支援 支援 支援 耐震診断の結果により倒壊の危険性が高いと判定された住宅は、耐震改修の実施が図 られるよう、本市からダイレクトメール等による継続した働きかけ等行い、耐震改修 実施の障害となる事項の解消に努め、耐震改修促進します。
さらに見せる

8 さらに読み込む

第 2 章耐震化の基本的な考え方 (2) 住宅住宅の耐震化の現状を把握するため, 平成 10,15,20 及び 25 年の住宅 土地統計調査をもとに, 東京都の耐震化率の推計方法に準じて各調査年度の耐震化率を推計した 次に, 平成 10 年度から平成 25 年度の住宅総数, 耐震住宅数及び未耐震住宅

第 2 章耐震化の基本的な考え方 (2) 住宅住宅の耐震化の現状を把握するため, 平成 10,15,20 及び 25 年の住宅 土地統計調査をもとに, 東京都の耐震化率の推計方法に準じて各調査年度の耐震化率を推計した 次に, 平成 10 年度から平成 25 年度の住宅総数, 耐震住宅数及び未耐震住宅

建物所有者に対して耐震促していくため,耐震改修促進法及び都耐震推進条例に基 づき,国及び東京都と連携図り,法令等に基づく指導及び助言並びに指示行ってきた。 東京都は正当な理由がなく耐震診断実施していない建築物について,都耐震推進条例 に基づき所在地等の公表行い,市民への情報提供行っている。調布市では,公表してい る建築物の所有者に対して耐震診断行うよう積極的に働きかける。また,耐震改修促進法 の規定による耐震診断の結果の公表については,東京都及び近隣自治体と連携して公表する 時期,方法等決定していく。
さらに見せる

36 さらに読み込む

耐震化促進の基本的な施策 耐震改修促進計画  西尾市役所

耐震化促進の基本的な施策 耐震改修促進計画 西尾市役所

イ イ イ 揺 イ 揺 揺れやすさ・ 揺 れやすさ・ れやすさ・ れやすさ・液状危険度 液状危険度マップの 液状危険度 液状危険度 マップの マップの マップの作成 作成 作成・ 作成 ・ ・公表 ・ 公表 公表 公表 市民や、建築物の所有者等に地震災害に対する危険性認識してもらい、地震防災 対策が自らの問題・地域の問題として意識できるよう、本市全域における、地震によ る危険性の程度示す地図「揺れやすさ・液状危険度マップ」作成し、インター ネット等で市民に情報提供行います。
さらに見せる

15 さらに読み込む

Show all 10000 documents...