第二十七条の

Top PDF 第二十七条の:

ことができない者二建設業法(昭和二十四年法律第百号)第二十七条の二十三第一項の規定による審査(以下 経営事項審査 という )を受けていない者三経営状態が著しく不健全であると認められる者(建設工事の予定価格別の一般競争参加者の資格)第二条一般競争に参加することができる者は 一式工事業者(建設業法第二条

ことができない者二建設業法(昭和二十四年法律第百号)第二十七条の二十三第一項の規定による審査(以下 経営事項審査 という )を受けていない者三経営状態が著しく不健全であると認められる者(建設工事の予定価格別の一般競争参加者の資格)第二条一般競争に参加することができる者は 一式工事業者(建設業法第二条

別表13建設機械所有及びリース台数区分による点数 ⑨ 国際標準化機構が定めた規格による登録状況点数(W 9 ) 別表14国際標準化機構が定めた規格による登録状況区分による点数 ⑩ 若年技術者及び技能労働者育成及び確保状況点数(W 10 )

81 さらに読み込む

昭和二十九年法律第百十五号厚生年金保険法厚生年金保険法 ( 昭和十六年法律第六十号 ) の全部を改正する 目次第一章総則 ( 第一条 第五条 ) 第二章被保険者第一節資格 ( 第六条 第十八条の二 ) 第二節被保険者期間 ( 第十九条 ) 第三節標準報酬月額及び標準賞与額 ( 第二十条 第二十六条

昭和二十九年法律第百十五号厚生年金保険法厚生年金保険法 ( 昭和十六年法律第六十号 ) の全部を改正する 目次第一章総則 ( 第一条 第五条 ) 第二章被保険者第一節資格 ( 第六条 第十八条の二 ) 第二節被保険者期間 ( 第十九条 ) 第三節標準報酬月額及び標準賞与額 ( 第二十条 第二十六条

(平成五年度及び平成六年度における厚生年金保険法による年金たる保険給付計算に関する経過措置特例)  平成五年度及び平成六年度各年度における前条規定適用については、同一項中「次項規定」とある は「次規定により読み替えられた次項規定」と、同表下欄中「〇・九八八(総務省において作成する年平均全国消 費者物価指数(以下「物価指数」という。)が平成五年(この項規定による率改定が行われたときは、直近当該改定が行われた 年前年)物価指数を下回るに至つた場合においては、その翌年四月以降、〇・九八八(この項規定による率改定が行われたと きは、当該改定後率)にその低下した比率」とあるは「〇・九八(当該年度改定率(国民年金法等一部を改正する法律(平成 六年法律百四号)規定による改正後国民年金法に規定する改定率をいう。)改定基準となる率に〇・九九 〇を乗じて得た率として政令で定める率が一を下回る場合においては、当該年度四月以降、〇・九八(この項規定による率改定 が行われたときは、当該改定後率)に当該政令で定める率」と、「〇・九八八を」とあるは「〇・九八を」と、「〇・九八八(総務 省において作成する年平均全国消費者物価指数(以下「物価指数」という。)が平成五年(この規定による率改定が行われた ときは、直近当該改定が行われた年前年)物価指数を下回るに至つた場合においては、その翌年四月以降、〇・九八八(この 規定による率改定が行われたときは、当該改定後率)にその低下した比率」とあるは「〇・九八(当該年度改定率(国民年 金法等一部を改正する法律(平成六年法律百四号)規定による改正後国民年金法に規定する改定率をいう。) 改定基準となる率に〇・九九〇を乗じて得た率として政令で定める率が一を下回る場合においては、当該年度四月以降、〇・九 八(この規定による率改定が行われたときは、当該改定後率)に当該政令で定める率」と、「〇・九八八(総務省において作成 する年平均全国消費者物価指数(以下「物価指数」という。)が平成五年(この項規定による率改定が行われたときは、直近 当該改定が行われた年前年)物価指数を下回るに至った場合においては、その翌年四月以降、〇・九八八(この項規定による率 改定が行われたときは、当該改定後率)にその低下した比率」とあるは「〇・九八(当該年度改定率(国民年金法等一部を 改正する法律(平成六年法律百四号)規定による改正後国民年金法に規定する改定率をいう。)改定基準 となる率に〇・九九〇を乗じて得た率として政令で定める率が一を下回る場合においては、当該年度四月以降、〇・九八(この項 規定による率改定が行われたときは、当該改定後率)に当該政令で定める率」とする。
さらに見せる

172 さらに読み込む

第一節総則 ( 第百四十四条 第百六十一条 ) 第二節取得時効 ( 第百六十二条 第百六十五条 ) 第三節消滅時効 ( 第百六十六条 第百七十四条の二 ) 第二編物権第一章総則 ( 第百七十五条 第百七十九条 ) 第二章占有権第一節占有権の取得 ( 第百八十条 第百八十七条 ) 第二節占有権の効力

第一節総則 ( 第百四十四条 第百六十一条 ) 第二節取得時効 ( 第百六十二条 第百六十五条 ) 第三節消滅時効 ( 第百六十六条 第百七十四条の二 ) 第二編物権第一章総則 ( 第百七十五条 第百七十九条 ) 第二章占有権第一節占有権の取得 ( 第百八十条 第百八十七条 ) 第二節占有権の効力

百六 この法律(附則一条各号に掲げる規定については、当該各規定。以下この及び附則百六 三条において同じ。)施行前に改正前それぞれ法律規定によりされた許可等処分その他行為(以 下このにおいて「処分等行為」という。)又はこの法律施行際現に改正前それぞれ法律規定に よりされている許可等申請その他行為(以下このにおいて「申請等行為」という。)で、この法律施 行日においてこれら行為に係る行政事務を行うべき者が異なることとなるものは、附則から前条 まで規定又は改正後それぞれ法律(これに基づく命令を含む。)経過措置に関する規定に定めるもの を除き、この法律施行日以後における改正後それぞれ法律適用については、改正後それぞれ 法律相当規定によりされた処分等行為又は申請等行為とみなす。
さらに見せる

186 さらに読み込む

人事委規則三重県人事委員会は 職員の給与に関する条例(昭和二十九年三重県条例第六十七号)の規定に基づき 三重県人事委員会規則七 七三(平成二十七年改正給与条例附則第四項から第六項までの規定による給料に関する規則)をここに公布します 平成二十七年三月二十七日三重県人事委員会委員長楠井嘉行三重県人事委員

人事委規則三重県人事委員会は 職員の給与に関する条例(昭和二十九年三重県条例第六十七号)の規定に基づき 三重県人事委員会規則七 七三(平成二十七年改正給与条例附則第四項から第六項までの規定による給料に関する規則)をここに公布します 平成二十七年三月二十七日三重県人事委員会委員長楠井嘉行三重県人事委員

して定めるこれに準ずる職員を含む。) (平成年改正給与条例附則四項規定による給料支給) 切替日前日から引き続き給料表適用を受ける職員うち、切替日以降に次各号に掲げる場合に該 当することとなった職員(当該各号以上号に掲げる場合に該当することとなった職員(次項において「複 数事由該当職員」という。)を除く。)であって、その者受ける給料月額が当該各号区分に応じ当該各号 に定める額に達しないこととなるものには、その差額に相当する額(公立学校職員給与に関する条例(昭和 三年三重県条例号)附則規定適用を受ける職員(以下「特定職員」という。)にあっては、 五五歳に達した日後における最初四月一日(特定職員以外者が五五歳に達した日後における最初四 月一日後に特定職員となった場合にあっては、特定職員となった日。次項及び次一項において同じ。)以 後、当該額に百分の九八・五を乗じて得た額とし、その額に一円未満端数が生じたときは、これを切り捨 てた額とする。)を、平成年改正給与条例附則四項規定による給料として支給する。ただし、平成 三一年四月一日から平成三四年三月三一日まで間は、当該額に平成年改正給与条例附則三項 上欄に掲げる期間区分に応じ、それぞれ同表下欄に定める割合を乗じて得た額を給料として支給す る。
さらに見せる

61 さらに読み込む

薬事法施行規則 ( 昭和 36 年度厚生省令第 1 号 ) 目 次 第一章 薬局 ( 第一条 第十八条 ) 第二章 医薬品等の製造販売業及び製造業 ( 第十九条 第百十四条 ) 第三章 登録認証機関 ( 第百十五条 第百三十七条 ) 第四章 医薬品の販売業及び医療機器の販売業等 ( 第百三十八条 第

薬事法施行規則 ( 昭和 36 年度厚生省令第 1 号 ) 目 次 第一章 薬局 ( 第一条 第十八条 ) 第二章 医薬品等の製造販売業及び製造業 ( 第十九条 第百十四条 ) 第三章 登録認証機関 ( 第百十五条 第百三十七条 ) 第四章 医薬品の販売業及び医療機器の販売業等 ( 第百三十八条 第

(経過措置) 改正法規定施行際現に同規定による改正前薬事法(以下「旧 薬事法」という。)又は許可(以下「旧許可」という。)を受け ている者であって、改正法又は薬事法及び採血及び供血あっせん業取締法一部を改正 する法律施行に伴う関係政令整備に関する政令(平成五年政令五百三五号。 以下「整備政令」という。)規定により改正法規定による改正後薬事法( 以下「新薬事法」という。)許可を受けたものとみなされたものは、改正法 規定施行日後、業として、旧許可に係る品目製造販売を行おうとすると きは、同日後遅滞なく新薬事法項に規定する総括製造販売責任者がその業 務を行おうとする事務所所在地都道府県知事にその旨を届け出なければならない。 改正法規定施行際現に旧薬事法一項(旧薬事法において準用する場合を含む。)又は一項承認(以下「旧承認」と いう。)を受けている者であって、改正法又は整備政令規定により新薬事法 一項又は一項承認を受けたものとみなされたものは、改正法又は整 備政令規定により新薬事法許可を受けたものとみなされたものにあっては この省令施行後当該許可について最初更新を受けるまで間に、改正法又は整備 政令規定により新薬事法許可を受けたものとみなされないものにあっては 当該承認を受けたものとみなされたときから当該新承認に係る品目について新薬事法 六項に規定する期間を経過するまで間に、当該受けたものとみなされた承 認に係る品目について規定による改正後薬事法施行規則(以下「新規則」と いう。)規定により新たに申請書に記載すべきこととなった事項を、旧許可を行った 者に届け出なければならない。
さらに見せる

115 さらに読み込む

民間事業者による信書の送達に関する法律 ( 平成 14 年法律第 99 号 ) 目次第一章総則 ( 第一条 - 第五条 ) 第二章一般信書便事業第一節事業の許可 ( 第六条 - 第十五条 ) 第二節業務 ( 第十六条 - 第二十五条 ) 第三節監督 ( 第二十六条 - 第二十八条 ) 第三章特定信書

民間事業者による信書の送達に関する法律 ( 平成 14 年法律第 99 号 ) 目次第一章総則 ( 第一条 - 第五条 ) 第二章一般信書便事業第一節事業の許可 ( 第六条 - 第十五条 ) 第二節業務 ( 第十六条 - 第二十五条 ) 第三節監督 ( 第二十六条 - 第二十八条 ) 第三章特定信書

3 一般信書便事業者は、一項認可を受けた信書便約款によらなければ一般信書便役務以外 信書便役務を提供してはならない。 (信書便物であること表示) 一般信書便事業者は、信書便物を引き受けたとき、又は信書送達事業に関する協定若し くは契約を締結した外国信書便事業者から信書便物を引き渡されたときは、総務省令で定める場合を 除き、総務省令で定めるところにより、当該信書便物表面見やすい所に当該一般信書便事業者 取扱いに係る信書便物であることを表示しなければならない。
さらに見せる

11 さらに読み込む

法第六条第三項に規定する定置漁業イ法第六条第五項に規定する共同漁業ロ法第七条に規定する入漁権に基づき営む共同漁ハ業1定義この指示において 次の各号に掲げる用語の意義は 当該各号に定めるところによる 日本海 九州西海域 漁業法(昭和二十四(1)年法律第二百六十七号 以下 法 という )第百十条第二項に

法第六条第三項に規定する定置漁業イ法第六条第五項に規定する共同漁業ロ法第七条に規定する入漁権に基づき営む共同漁ハ業1定義この指示において 次の各号に掲げる用語の意義は 当該各号に定めるところによる 日本海 九州西海域 漁業法(昭和二十四(1)年法律第二百六十七号 以下 法 という )第百十条第二項に

5.その他 (1) 指示55号承認申請等で必要となる書類を整理すると、別表2とおりとな るので、参考とされたい。 (2) 指示55号(2)で、漁業法(昭和 24 年法律 267 号) 52 1項に 規定する指定漁業うち、近海かつお・まぐろ漁業許可を有する者が総トン数 20 トン未満動力漁船により我が国 200 海里内でくろまぐろを採捕する際は、採 捕報告を国等に行い、国から操業上指導に応じることを条件に、指示55 号では近海かつお・まぐろ漁業として扱うものとする。
さらに見せる

33 さらに読み込む

七 の 二 自 然 公 園 法 ( 昭 和 三 十 二 年 法 律 第 百 六 十 一 号 ) 第 二 十 条 第 一 項 に 規 定 する 国 立 公 園 又 は 国 定 公 園 の 特 別 地 域 のうち 同 法 第 二 十 一 条 第 一 項 に 規 定 する 特 別 保 護 地 区 その 他

七 の 二 自 然 公 園 法 ( 昭 和 三 十 二 年 法 律 第 百 六 十 一 号 ) 第 二 十 条 第 一 項 に 規 定 する 国 立 公 園 又 は 国 定 公 園 の 特 別 地 域 のうち 同 法 第 二 十 一 条 第 一 項 に 規 定 する 特 別 保 護 地 区 その 他

文化財保護法百四一項に規定する重要伝統的建造物群保存地区内家 屋で政令で定めるもの 九 学校法人又は私立学校法四項法人(以下この号において「学校法人等」 という。 )がその設置する学校において直接保育又は教育用に供する固定資産( 四に該当するものを除く。 ) 、学校法人等がその設置する寄宿舎で学校教育法学校 又は同法専修学校に係るものにおいて直接その用に供する固定資産及び公 益社団法人若しくは公益財団法人、宗教法人又は社会福祉法人がその設置する幼稚園にお いて直接保育用に供する固定資産(同号に該当するものを除く。 )並びに公益社団法人又 は公益財団法人がその設置する図書館において直接その用に供する固定資産及び公益社団 法人若しくは公益財団法人又は宗教法人がその設置する博物館法一項博物館に おいて直接その用に供する固定資産
さらに見せる

6 さらに読み込む

四独立行政法人労働者健康福祉機構法 ( 平成十四年法律第百七十一号 ) 第十二条第一項第七号に規定するリハビリテーション施設の中に設けられた診療所五老人福祉法 ( 昭和三十八年法律第百三十三号 ) 第二十条の四に規定する養護老人ホームの中に設けられた診療所六老人福祉法第二十条の五に規定する特別養護老

四独立行政法人労働者健康福祉機構法 ( 平成十四年法律第百七十一号 ) 第十二条第一項第七号に規定するリハビリテーション施設の中に設けられた診療所五老人福祉法 ( 昭和三十八年法律第百三十三号 ) 第二十条の四に規定する養護老人ホームの中に設けられた診療所六老人福祉法第二十条の五に規定する特別養護老

項を、遅滞なく、書面交付等により通知しなければならない。 四節 労働基準法等適用に関する特例等 (労働基準法施行規則を適用する場合読替え)  法規定により同一項に規定する派遣中労働者(以下単 に「派遣中労働者」という。)派遣就業に関する労働基準法施行規則(昭和 年厚生省令三号)規定適用については、同令中「法 若しくは法一項規定」とあるは「労働者派遣事業適正な運営確 保及び派遣労働者就業条件整備等に関する法律(以下「労働者派遣法」という。) 規定により適用される法若しくは法一項 規定」と、同令中「法又は法一項規定」とある は「労働者派遣法規定により適用される法又は法一項規定」と、同令中「使用者」とあるは「労働者派遣法 規定により同一項に規定する派遣先事業に規定 する使用者とみなされる者」とする。
さらに見せる

27 さらに読み込む

第六章その他の税務に関する取扱い第二十六条免税の根拠の確認第二十七条削除第二十八条削除第二十九条分かち計算に伴う所得税の払戻し又は追徴第三十条自己口 Ⅲ 又は自己口 Ⅳに記載又は記録がされるべき振決国債が自己口 Ⅰ 又は自己口 Ⅱに記載又は記録がされた場合の取扱い第三十一条振替口座簿による税務関係帳

第六章その他の税務に関する取扱い第二十六条免税の根拠の確認第二十七条削除第二十八条削除第二十九条分かち計算に伴う所得税の払戻し又は追徴第三十条自己口 Ⅲ 又は自己口 Ⅳに記載又は記録がされるべき振決国債が自己口 Ⅰ 又は自己口 Ⅱに記載又は記録がされた場合の取扱い第三十一条振替口座簿による税務関係帳

(自己口Ⅲ又は自己口Ⅳに記載又は記録がされるべき振決国債が自己口Ⅰ又は 自己口Ⅱに記載又は記録がされた場合取扱い) 日本銀行及び参加者等は、自己が開設し、又は開設を受けている参 加者口座又は顧客口座において、自己口Ⅲ又は自己口Ⅳに記載又は記録がさ れるべき振決国債が自己口Ⅰ又は自己口Ⅱに記載又は記録がされていること が判明した場合には、直ちに、規程三章三節規定により、当該 振決国債を自己口Ⅲ又は自己口Ⅳに振替えるため手続を行う。この場合に おいて、その判明前に当該振決国債(日本銀行が源泉徴収を行うものに限る。 ) 元利金配分が行われていたときは、当該元利金について、日本銀行が所 得税(償還期日又は利子支払期日が平成五年一月一日以後である元利金 に係る所得税場合には、復興特別所得税を含む。)源泉徴収を行うほか、 支払取扱者である参加者が所得税法一項に規定する調書 提出その他必要な措置をとる。
さらに見せる

41 さらに読み込む

租税特別措置法 ( 昭和三十二年法律第二十六号 ) 第十条の二 第四十二条の五 第六十八条の十 租税特別措置法 ( 昭和三十二年法律第二十六号 ) ( 高度省エネルギー増進設備等を取得した場合の特別償却又は所得税額の特別控除 ) 第十条の二青色申告書を提出する個人が 平成三十年四月一日 ( 第二号及

租税特別措置法 ( 昭和三十二年法律第二十六号 ) 第十条の二 第四十二条の五 第六十八条の十 租税特別措置法 ( 昭和三十二年法律第二十六号 ) ( 高度省エネルギー増進設備等を取得した場合の特別償却又は所得税額の特別控除 ) 第十条の二青色申告書を提出する個人が 平成三十年四月一日 ( 第二号及

において「中小事業者」という。)が、指定期間内に、高度省エネルギー増進設備等 でその製作若しくは建設後事業用に供されたことないものを取得し、又は高 度省エネルギー増進設備等を製作し、若しくは建設して、これを国内にある当該中 小事業者事業用に供した場合において、当該高度省エネルギー増進設備等につ き一項規定適用を受けないときは、供用年年分総所得金額に係る所得税 額から、政令で定めるところにより、その事業用に供した当該高度省エネルギ ー増進設備等取得価額合計額百分のに相当する金額(以下この項において 「税額控除限度額」という。)を控除する。この場合において、当該中小事業者供 用年における税額控除限度額が、当該中小事業者当該供用年年分八項 四号に規定する調整前事業所得税額百分のに相当する金額を超えるとき は、その控除を受ける金額は、当該百分のに相当する金額を限度とする。 4 一項規定は、個人が所有権移転外リース取引(所得税法三項
さらに見せる

8 さらに読み込む

附則第一章総則(定義)第一条この省令において使用する用語は 電気事業法等の一部を改正する等の法律(平成二十七年法律第四十七号 以下 改正法 という ) ガス事業法(昭和二十九年法律第五十一号 以下 法 という ) ガス事業法施行規則(昭和四十五年通商産業省令第九十七号) ガス事業会計規則(昭和二十九

附則第一章総則(定義)第一条この省令において使用する用語は 電気事業法等の一部を改正する等の法律(平成二十七年法律第四十七号 以下 改正法 という ) ガス事業法(昭和二十九年法律第五十一号 以下 法 という ) ガス事業法施行規則(昭和四十五年通商産業省令第九十七号) ガス事業会計規則(昭和二十九

3 ガス事業に係る収益うち、1及び2により小口供給部門収益として配賦されたものうち、非 規制需要部門又は指定旧供給区域等需要部門収益として特定できるものは、それぞれ部門に直接 配賦すること。 4 ガス事業に係る収益及び費用うち、1及び2により小口供給部門収益及び費用として配賦され たものうち、3により直接配賦したものを除く収益及び費用は、次基準によって非規制需要部門 又は指定旧供給区域等需要部門に配賦を行い、1及び2により大口供給部門に配賦されたもの並びに 3及びこの4により非規制需要部門に配賦されたものを一般需要部門として整理すること。
さらに見せる

16 さらに読み込む

2. 鉱山保安法 ( 昭和二十四年法律第七十号 ) 鉱山保安法施行規則第 29 条第 1 項第 25 号に基づく指定記録保存機関の指定 20 日 20 日

2. 鉱山保安法 ( 昭和二十四年法律第七十号 ) 鉱山保安法施行規則第 29 条第 1 項第 25 号に基づく指定記録保存機関の指定 20 日 20 日

揮発油等品質確保等に関する法律161項に基 づく揮発油販売業者が分析を委託する登録分析機関登録(同 法1716に基づく登録分析機関登録更新を含 む。)、172項(同法171項、1 7101項及び17121項で準用する場合を 含む。)に基づく揮発油生産業者、軽油生産業者、灯油生産業 者及び重油生産業者が分析を委託する登録分析機関登録(同 法1716に基づく登録分析機関登録更新を含 む。)、173項(同法172項及び 3項、17102項及び3項並びに1712 2項及び3項で準用する場合を含む。)に基づく揮発油輸 入業者等、軽油輸入業者等、灯油輸入業者等及び重油輸入業者 等が分析を委託する登録分析機関登録(同法1716 に基づく登録分析機関登録更新を含む。)及び172項(同法174項で準用する場合を含 む。)に基づく揮発油特定加工業者及び軽油特定加工業者が分 析を委託する登録分析機関登録(1716に基づく登 録分析機関登録更新を含む。)
さらに見せる

114 さらに読み込む

五有価証券 ( 証券取引法第二条第一項に規定する有価証券又は同条第二項の規定により有価証券とみなされる権利をいう ) を取得させる行為 ( 代理又は媒介に該当するもの並びに同条第十七項に規定する有価証券先物取引 ( 第十号において 有価証券先物取引 という ) 及び同条第二十一項に規定する有価証券先

五有価証券 ( 証券取引法第二条第一項に規定する有価証券又は同条第二項の規定により有価証券とみなされる権利をいう ) を取得させる行為 ( 代理又は媒介に該当するもの並びに同条第十七項に規定する有価証券先物取引 ( 第十号において 有価証券先物取引 という ) 及び同条第二十一項に規定する有価証券先

金融商品販売業者等は、業として行う金融商品販売等に係る勧誘をするに際し、その適正確保に努めなければならない。 (勧誘方針策定等) 金融商品販売業者等は、業として行う金融商品販売等に係る勧誘をしょうとするときは、あらかじめ、当該勧誘に関する方針(以 下「勧誘方針」という。)を定めなければならない。ただし、当該金融商品販売業者等が、国、地方公共団体その他勧誘適正を欠くおそれ がないと認められる者として政令で定める者である場合又は特定顧客のみを顧客とする金融商品販売業者等である場合は、この限りでな い。
さらに見せる

6 さらに読み込む

3) 危険物の規制に関する規則 ( 避雷設備 ) 第十三条の二の二令第九条第一項第十九号 ( 令第十九条第一項において準用する場合を含む ) 令第十条第一項第十四号 ( 同条第二項及び第三項においてその例による場合を含む ) 及び令第十一条第一項第十四号の総務省令で定める避雷設備は 日本工業規格 A

3) 危険物の規制に関する規則 ( 避雷設備 ) 第十三条の二の二令第九条第一項第十九号 ( 令第十九条第一項において準用する場合を含む ) 令第十条第一項第十四号 ( 同条第二項及び第三項においてその例による場合を含む ) 及び令第十一条第一項第十四号の総務省令で定める避雷設備は 日本工業規格 A

三 危険工室及び火薬又は爆薬停滞量(火工品にあつてはその原料をなす火薬又は爆薬停滞量)が百キ ログラムを超える火薬類一時置場にあつては、規定により経済産業大臣が告示で定める基準 による避雷装置を設けること。ただし、煙火等製造所における危険工室及びがん具煙火貯蔵庫に貯蔵 することができるがん具煙火を保管する火薬類一時置場であつてその構造がに規定する基 準に比して同等以上であるもの並びに導火線を保管する火薬類一時置場であつてその構造がに規定する基準に比して同等以上であるものについては、この限りでない。
さらに見せる

6 さらに読み込む

[ 法第十五条の二の三 法第十五条の二の四 ] 会社名株式会社倉敷環境 産業廃棄物処理施設維持管理記録簿 ( 管理型埋立区域 2) 平成 26 年度 対象期間 : 平成 26 年 4 月 1 日 ~ 平成 27 年 3 月 31 日 1. 埋め立てた産業廃棄物の種類及び数量 [ 規十二条の七の二八イ

[ 法第十五条の二の三 法第十五条の二の四 ] 会社名株式会社倉敷環境 産業廃棄物処理施設維持管理記録簿 ( 管理型埋立区域 2) 平成 26 年度 対象期間 : 平成 26 年 4 月 1 日 ~ 平成 27 年 3 月 31 日 1. 埋め立てた産業廃棄物の種類及び数量 [ 規十二条の七の二八イ

〔法三、法四〕 3.施設点検[規 八 ロ、ハ、ヘ、ト及びチ、規 ロ、ハ、ヘ、ト及びチ] 点検日 異状   有無 点検日 異状   有無 点検日 異状   有無 点検日 異状   有無 点検日 異状   有無 点検日 異状   有無 擁壁等 23日   有 ・ 無 16日   有 ・ 無 11日   有 ・ 無 9日   有 ・ 無 6日   有 ・ 無 10日   有 ・ 無 遮水工 23日   有 ・ 無 16日   有 ・ 無 11日   有 ・ 無 9日   有 ・ 無 6日   有 ・ 無 10日   有 ・ 無 調整池 23日   有 ・ 無 16日   有 ・ 無 11日   有 ・ 無 9日   有 ・ 無 6日   有 ・ 無 10日   有 ・ 無 浸出液処理設備 23日   有 ・ 無 16日   有 ・ 無 11日   有 ・ 無 9日   有 ・ 無 6日   有 ・ 無 10日   有 ・ 無
さらに見せる

41 さらに読み込む

内閣府告示第二百三十二号民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律 ( 平成十一年法律第百十七号 ) 第五十三条第一項の規定に基づき株式会社民間資金等活用事業推進機構支援基準を次のとおり定めたので同条第 三項の規定に基づきこれを公表する 平成二十五年十月四日内閣総理大臣安倍晋三株式会

内閣府告示第二百三十二号民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律 ( 平成十一年法律第百十七号 ) 第五十三条第一項の規定に基づき株式会社民間資金等活用事業推進機構支援基準を次のとおり定めたので同条第 三項の規定に基づきこれを公表する 平成二十五年十月四日内閣総理大臣安倍晋三株式会

から、必要に応じて、当該特定選定 事業支援事業者に対し、その他適切な要求等を行うものとし 、当該特定選定事業支援事業者が当 該要求等に従わないときは、業務執行者解任提案等適切な対応を行うものとする。

13 さらに読み込む

第二章医薬品の品質管理の基準 ( 第三条 第十六条 ) 第三章医薬部外品及び化粧品の品質管理の基準 ( 第十七条 第二十条 ) 平成 16 年 9 月 22 日薬食発第 号医薬品 医薬部外品 化粧品及び医療機器の品質管理の基準に関する省令の施行について ( 医薬品等総括製造販売責任者

第二章医薬品の品質管理の基準 ( 第三条 第十六条 ) 第三章医薬部外品及び化粧品の品質管理の基準 ( 第十七条 第二十条 ) 平成 16 年 9 月 22 日薬食発第 号医薬品 医薬部外品 化粧品及び医療機器の品質管理の基準に関する省令の施行について ( 医薬品等総括製造販売責任者

六 その他必要な品質管理業務に関する業務 3 医薬部外品等製造販売業者は、医薬品等 総括製造販売責任者がその業務を行う事務所に (2) 1項及び2項「製造管理及び品質管理結果」は、一 品目製造にかかわるすべて製造所等において製造管理及び品質管 理が適正に実施されていることを評価するためものであること。 (3) 2項規定に基づき、市場へ出荷可否決定は、製造販 売業者自らが行うか、製造販売業者責任において国内製造業者に 行わせることができるものであること。また、製造販売業者が市場へ 出荷可否決定を行わせることができる製造業者とは、製造に係 る出荷決定がすべて終了した医薬品を取り扱う製造業者であるこ と。なお、製造業者と製造販売業者が連携をとって市場へ出荷可 否決定を行うことを妨げるものではないこと。
さらに見せる

13 さらに読み込む

PRESS RELEASE (2016/11/29) 九州大学広報室 福岡市西区元岡 744 TEL: FAX: URL:

児童福祉施設最低基準の一部を改正する省令及び家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準の一部を改正する省令(厚生労働省令第六十三号) 次に掲げる省令の規定中「又は看護師」を「、看護師又は准看護師」に改める。 一児童福祉施設最低基準の一部を改正する省令(平成十年厚生省令第五十一号)附則第二項 二家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準(平成二十六年厚生労働省令第六十一号)第二 十九条第三項、第三十一条第三項、第四十四条第三項及び第四十七条第三項 附則 この省令は、平成二十七年四月一日から施行する。

前条事情に鑑み、当分間、項に規定する保育士算定については、幼稚園教諭若しくは小学校教諭又は養護教諭普通免許状 (教育職員免許法(昭和四年法律百四号)項に規定する普通免許状をいう。)を有する者を、保育士とみなすことができる。 事情に鑑み、当分間、一日につき八時間を超えて開所する保育所において、開所時間を通じて必要となる保育士総数が、当該保育所 に係る利用定員総数に応じて置かなければならない保育士数を超えるときは、項に規定する保育士算定については、都道府 県知事(指定都市にあつては当該指定都市市長とし、中核市にあつては当該中核市市長とする。)が保育士と同等知識及び経験を有すると認め る者を、開所時間を通じて必要となる保育士総数から利用定員総数に応じて置かなければならない保育士数を差し引いて得た数範囲で、保育 士とみなすことができる。
さらに見せる

5 さらに読み込む

地域における医療及び介護の総合的な確保の促進に関する法律 ( 平成元年六月三十日法律第六十四号 ) 最終改正 : 平成二六年六月二五日法律第八三号 第一章総則 ( 第一条 第二条 ) 第二章地域における医療及び介護の総合的な確保 ( 第三条 第十一条 ) 第三章特定民間施設の整備 ( 第十二条 第二

地域における医療及び介護の総合的な確保の促進に関する法律 ( 平成元年六月三十日法律第六十四号 ) 最終改正 : 平成二六年六月二五日法律第八三号 第一章総則 ( 第一条 第二条 ) 第二章地域における医療及び介護の総合的な確保 ( 第三条 第十一条 ) 第三章特定民間施設の整備 ( 第十二条 第二

規定、規定(五号に掲げる改正規定を除く。)、うち、介護 保険法目次改正規定、同法五項、 五項、四項、項、 三項、項、一項、五項、四、項、項、 一項、一項及び改正規定、同法次にを加える改正規定、同法六及 び改正規定、同法六章中同法八を同法九とし、同法次に一を加える改正規定、同法三項及び三項改正規定、同法 次にを加える改正規定、同法一項、百四 見出し及び同一項、百四項、百五及び百五並びに改正規定、同法一章章名改正規定、同法から百八ま で改正規定、同法次に一を加える改正規定、同法一項、百三 及び百五並びに附則一項ただし書改正規定並びに同法附則に一を加える改 正規定、規定(次号に掲げる改正規定を除く。)、及び規定、 規定(一号に掲げる改正規定を除く。)、及び規定、規定( 六号に掲げる改正規定を除く。)、規定(六号に掲げる改正規定を除く。)、 規定、規定(六号に掲げる改正規定を除く。)、規定並びに 中看護師等人材確保促進に関する法律改正規定並びに附則項及び四項、からまで、(ただし書を除く。)、か らまで、一項、からまで、 並びに規定、附則規定(六号に掲げる改正規 定を除く。 ) 、 附則規定、 附則規定 (六号に掲げる改正規定を除く。 ) 、 附則及び規定、附則中高齢者虐待防止、高齢 者養護者に対する支援等に関する法律(平成年法律四号)五項 改正規定(「同四項」を「同項」に、「同八項」を「同六項」に改 める部分に限る。)並びに附則及び規定 平成年四月 一日
さらに見せる

13 さらに読み込む

Show all 10000 documents...