発光基質(AAF-Glo

Top PDF 発光基質(AAF-Glo:

入札説明書 ICP発光分光分析装置借受/札幌市

入札説明書 ICP発光分光分析装置借受/札幌市

2 前項の違約金の額は、賃料を一年間に換算した額につき、納入期限の翌日から納品検査(第 4条第5項で準用する場合を含む。)に合格した日までの日数に応じ、契約締結の日におい て適用される政府契約の支払遅延防止等に関する法律(昭和24年法律第256号)第8条第1 項の規定に基づき政府契約の支払遅延に対する遅延利息の率を定める件(昭和24年12月大蔵 省告示第991号)におい[r]

15 さらに読み込む

JAIST Repository: 走査トンネル顕微鏡発光を用いた単一スピン検出

JAIST Repository: 走査トンネル顕微鏡発光を用いた単一スピン検出

平成 28 年 6 月 6 日現在 円 3,000,000 研究成果の概要(和文):走査トンネル顕微鏡(STM)発光によるNV中心含有ナノダイヤモンド粒子を用いたスピン検出 へ向けて、NV中心を含有したナノダイヤモンド粒子を表面へ分散させナノダイヤモンドからの蛍光と磁気共鳴信号計測 を確認し、原子間力顕微鏡(AFM)によりナノダイヤモンド粒子を識別し、その後、AFM探針先端へナノダイヤモンド粒 子を取り付ける方法として探針を400度程の高温で加熱する方法によりナノダイヤモンド粒子を深針へ接着可能なこと を明らかにした。また、NV中心が高濃度に存在するバルクダイヤモンドからの磁気共鳴信号の観測手法も確立し、トン ネル電流注入による磁気共鳴信号検出に依る高分解能化に向けた基礎を構築した。
さらに見せる

5 さらに読み込む

基質小胞由来miR-125bは破骨細胞の形成を抑制する

基質小胞由来miR-125bは破骨細胞の形成を抑制する

マウス骨芽細胞株 MC3T3-E1 細胞およびラット頭頂骨由来細胞(RC 細胞)、ヒト骨芽細胞を 培養し、細胞外基質から超遠心によって MVs を回収した。MVs の性状は電顕、ナノサイト、マ ーカータンパクの発現により確認した。精製した MVs はマウスマクロファージ細胞株(RAW-D) における RANKL 依存性の破骨細胞形成を用量依存的(<2μg/mL)に抑制した。同様の結果は RANKL/M-CSF で刺激したマウス骨髄マクロファージ細胞(BMM)においても確認された。 これらと一致して、MVs が破骨細胞分化マーカー遺伝子の発現を抑制すること、ピットフォー メーションアッセイによる骨吸収を抑制することを確認した。一方、MVs は MC3T3-E1 細胞、 RC 細胞のいずれにおいても、細胞増殖・分化、基質石灰化に影響しなかった。MVs を蛍光標 識し、RAW-D 細胞、MC3T3-E1 細胞に負荷すると、いずれの細胞においても 24 時間後までに 大部分の細胞に取り込まれることが確認された。
さらに見せる

3 さらに読み込む

ランタノイドイオンサイト制御による新規発光材料の探索

ランタノイドイオンサイト制御による新規発光材料の探索

デラフォサイト構造以外にランタノイドが反転対称性 のあるサイトに固溶する可能性のある結晶構造としてペ ロブスカイト構造が挙げられる。この内,SrTiO 3 は透 明であり発光材料の母体としてランタノイドイオンの置 換が研究されている。しかしながら,本質的に固溶限が 小さいことに加えて合成方法が固相反応法を採用してい る研究が多く,均質な試料合成ができているか問題が あった。

14 さらに読み込む

Ⅳ 基質結合に伴う溶液中での蛋白質の構造変化の研究

Ⅳ 基質結合に伴う溶液中での蛋白質の構造変化の研究

タンパク質結の高精度構造解析のために SPring-8 構造生物学用ビームラインでは、微小結晶や超分 子複合体の巨大格子結晶など解析対象の拡大と構造決定の簡便・迅速化を目指したビームラインの高 度化研究を進めている。微小結晶構造解析では、新規に 1µm 集光ビームを実現した「ターゲットタン パク研究プログラム」用の超高輝度マイクロビームビームライン (BL32XU) を[r]

5 さらに読み込む

化学エッチングによるMn賦活蛍光体の作製と発光特性

化学エッチングによるMn賦活蛍光体の作製と発光特性

物質が光、放射線(X 線、陰極線、α線、β線、γ線など)を吸収すると熱を伴うことな く発光することがある。光を止めると発光も止まる場合それを蛍光といい、光を止めても しばらくの間発光が続く場合それを燐光という。光や放射能のほか、熱や圧力を加えると き発光する場合があるが、蛍光体とは光や放射能によって、蛍光を発するものを指す。蛍 光体は一般的には粒径が数ミクロンの粉体で,個々の粒子は単結晶に近い。母体結晶に微 量の付活剤を固溶させ、組成を変えることなどにより様々な光を得ることができる。この 蛍光体が、近年白色 LED への応用が期待されている。
さらに見せる

59 さらに読み込む

高効率酸化亜鉛系青色・紫外発光素子の開発

高効率酸化亜鉛系青色・紫外発光素子の開発

2005年の我々の研究報告 を契機に,国際的な研究開発競争が加速した.本研究では,従来の絶縁性基板に替え て導電性単結晶基板を, pLDに替えて分子線エピタキシー法を採用することで,実用 上優位な縦型電極配置のダブル-テロ LED構造を作製し,発光特性の高効率化を目 指した.結果として,バンド端発光のみからなる高効率紫外発光を実現し実用化に道 を拓いた(ダブル-テロ構造[r]

18 さらに読み込む

腎炎進行における細胞外基質レセプター, インテグリンの役割とその機能制御法

腎炎進行における細胞外基質レセプター, インテグリンの役割とその機能制御法

はじめに 進行する糸球体腎炎(腎炎)に共通する細胞生物学的 特徴は,腎炎の発症原因に係わらず,例えば免疫学的機 序により発症する IgA 腎症,代謝性疾患である糖尿病 性腎症,遺伝性疾患であるアルポート症候群などでは, 持続的な糸球体メサンギウム細胞(MC)による細胞外 基質(ECM)成分の異常 ECM リモデリング現象(ECM 構築・編成異常)がみられることであり,最終的には糸

5 さらに読み込む

グロー放電イオンサイクロトロン共鳴元素選択励起発光・質量相関分光法

グロー放電イオンサイクロトロン共鳴元素選択励起発光・質量相関分光法

3.研究成果の概要 高周波-リウムグロープラズマが発生でき、レーザーアブレーションによる プラズマ-の試料導入が可能で、自己バイアス電流を流すことにより試料の発 光スペクトル強度が増大させることが出来るグロー放電セルを開発して実験を 行った。試料としてはCu及び蛍光Ⅹ線用標準試料のFe-Cu合金を用いた。高周 波-リウムグロープラズマの場合、高周波スパッタリングによる試[r]

8 さらに読み込む

JIS C8152 照明用白色発光ダイオード(LED)の測光方法

JIS C8152 照明用白色発光ダイオード(LED)の測光方法

一般照明用途としては、省エネルギーという観点から各国が政策レベルでLED照明普及に取り組んで いることで、景観・店舗用がさらに普及が進み発光効率で100lm/Wを超える2010年頃には、商業施 設を中心に普及が進むと想定されます。 オフィスや住宅といった一般的な照明としては、発光効率や光束がさらに向上し、照明の質が改善さ れてくる2015年以降に普及が進んでいくと期待されています。

10 さらに読み込む

高発光強度LEC型感圧塗料の開発

高発光強度LEC型感圧塗料の開発

3.研究の方法 感圧色素に PtTFPP を用い,これを発光ポリマとイオン 液体 (日本化学工業)を混合したものを発光層とし,ITO ガ ラス基板上にスピンコートで製膜した.さらにその上にア

1 さらに読み込む

ウミクワガタ類の成体における生息基質利用

ウミクワガタ類の成体における生息基質利用

「ウミクワガタ類の宿主および生息基質利用」 につい て発表をいただける機会を頂いた.本報告では,ウミ クワガタ類 (等脚目Isopodaウミクワガタ科Gnathiidae) における生息場について,国内外で明らかにされて きた研究事例を紹介していきたい.ただし,幼生期 における宿主利用については, 2012年の日本甲殻類 学会シンポジウム「甲殻類の寄生・共生と生物多様 性」の報告で概説しているため(太田, 2013),本 報告では割愛し,ウミクワガタ類における繁殖場所 としての生息場利用に焦点を当てて概説する.また, ウミクワガタ類におけるライフサイクル,宿主利 用,生息場利用については,過去にも総説( Smit & Davies, 2004; 田中,2006; Tanaka, 2007)や書籍(太 田, 2017)もあるため,こちらも参照されたい.
さらに見せる

6 さらに読み込む

Sn賦活蛍光体および半導体量子ドットの発光特性

Sn賦活蛍光体および半導体量子ドットの発光特性

本研究では、近紫外 LED と複数の蛍光体材料の組み合わせによる高再現白色 LED 用の 蛍光体としての用途をめざし、新規蛍光体の作製と評価を行った。 一般に蛍光体とは、物質に入力されたエネルギーが光として放出される(ルミネッセンス) 現象を示す物質のことである。エネルギーが入力されることで、蛍光体中の電子が励起され、 これが基底状態に遷移するとき光が発生する。蛍光体は、母体結晶に発光中心となる賦活剤 を添加することで作製される。母体結晶は賦活剤の希土類元素を置換しやすく、可視光領域 に発光準位を持たないものが望ましい。スカンジウム(Sc) 、インジウム(In) 、イットリウ ム(Y)などが候補になる。また、原子番号が大きいランタノイド(ガドリニウム Gd やラ ンタン La)は X 線の吸収能があるため X 線検出に向いている。以上のように、母体結晶・ 賦活剤ともに希土類元素がほとんどを占めることになる。現在一般的には赤色蛍光体では ユーロピウムやイットリウム、緑色蛍光体ではテルビウム、青色蛍光体ではユーロピウムな どを原料として用いているため価格が高い。
さらに見せる

76 さらに読み込む

創薬の効率化を目指したヒトP-gp基質性評価改善に関する研究

創薬の効率化を目指したヒトP-gp基質性評価改善に関する研究

一方で、P-gp と同様に規制当局のガイドラインで評価が推奨されているトランスポーターBCRP の発現に ついて、LLC-PK1 細胞での発現に関する知見が無かったため、著者は LLC-PK1 細胞における内在性ブタ Bcrp の発現およびヒト P-gp 基質性評価への影響を調べた。その結果、qRT-PCR により LLC-PK1 細胞では内在性 ブタ Bcrp の mRNA の発現が認められ、BCRP 基質および BCRP 選択的阻害剤を用いた経細胞輸送評価では、 内在性ブタ Bcrp が機能していることを明らかにした。また P-gp および BCRP の両方の基質となる prazosin および fluvastatin のヒト P-gp 基質性評価を実施したところ、内在性ブタ Bcrp の影響によりヒト P-gp 基質性 を過小評価することが示されたが、BCRP 選択的阻害剤添加により、これら化合物の正確なヒト P-gp 基質性 評価が実施可能となることを示した。
さらに見せる

3 さらに読み込む

Microsoft Word - 第9章発光デバイス_

Microsoft Word - 第9章発光デバイス_

122 第9章 発光デバイス 半導体デバイスを専門としない方たちでも EL(エレクトロルミネッセンス)という言葉 はよく耳にするのではないだろうか。これは電界発光の意味で、ディスプレイや LED 電球 の基本的な動作原理を表す言葉でもある。半導体は我々の高度情報社会の基盤であること は言うまでもないが、情報端末と人間とのインターフェースとなるディスプレイおいても、 今や半導体の技術範疇にある。この章では、光を電荷注入により発することができる直接 遷移半導体について学び、pn接合を原理とした発光ダイオード、レーザーダイオードに ついて知識を深めていきたい。ここでは基礎習得に紙面を割くことにするが、発光デバイ スの設計開発にかかわる方、さらに知識を深めたい方は、電磁波工学、量子力学、固体量 子力学を別途学んでいただきたい。
さらに見せる

5 さらに読み込む

アップコンバージョン発光の光触媒用光源への応用のための金属微粒子が発光に及ぼす効果に関する基礎的研究

アップコンバージョン発光の光触媒用光源への応用のための金属微粒子が発光に及ぼす効果に関する基礎的研究

アップコンバージョン発光の光触媒用光源への応用 のための金属微粒子が発光に及ぼす効果に関する基 礎的研究 著者 吉留 俊史, 徳永 容一, 坂井 隆, 樋口 貴紀, 山元 大士, 肥後 盛秀 雑誌名 鹿児島大学工学部研究報告 巻 46 ページ 103-107.. 別言語のタイトル FUNDAMENTAL RESEARCH ON EFFECTS OF METAL PART[r]

7 さらに読み込む

極小の発光タグ HiBiT 実験特集 2017 年秋号 Promega KAWARABAN NanoLuc 8 NanoLuc NanoLuc RNA ID NanoLuc 頁 発光タグ HiBiT によるタンパク質発現解析新時代の幕開け 4 頁 HiBiT

極小の発光タグ HiBiT 実験特集 2017 年秋号 Promega KAWARABAN NanoLuc 8 NanoLuc NanoLuc RNA ID NanoLuc 頁 発光タグ HiBiT によるタンパク質発現解析新時代の幕開け 4 頁 HiBiT

ルシフェラーゼ遺伝子を利用した発光システムはワンストップの作業で生体内の分子の作用・挙動を検出可能なパラメーター(レポーター活性)に変換する手法で あり、シグナル伝達解析やバイオセンサーなどといった様々な分子生物学的解析に利用されている。我々の研究室でもルシフェラーゼ遺伝子を応用した様々なス クリーニング系を開発してきた。その中でも近年では煩雑かつ高価な ELISA 解析に代わるシステムとして NanoLuc ® /HiBiT 融合タンパク質を用いたハイスループット アッセイに対応可能な分泌タンパク質の定性・定量解析システムを開発して研究に利用している。特にスプリット型 NanoLuc ® として開発された HiBiT タグは 11 ア
さらに見せる

8 さらに読み込む

結晶構造解析が解き明かす芳香環水酸化ジオキシゲナーゼの基質認識と電子伝達メカニズム

結晶構造解析が解き明かす芳香環水酸化ジオキシゲナーゼの基質認識と電子伝達メカニズム

3.ƷROS Ȼɻɥʀɕɻɐǽᐦ⢧╫ኝ 筆者らの知る限り,2006年 9 月現在,結晶構造が明ら かにされている ROS のコンポーネントは,未発表のも のも含めて表 1 に示す TO が11種,Fdx が 3 種,Red が 4 種である 5–10,14,15,27–29,31,32,37,39,50) 。表 1 から解るとおり,構 造の報告がある ROS のコンポーネントは未だ Batie の 分類の全ての class を網羅するものではない。さらに, ある菌株由来の特定の ROS(一組の ROS を構成して生 化学的研究対象となっているものを指し,同一の基質に 対する異なる細菌由来の ROS という意味ではない)に 含まれるコンポーネントについては,筆者らの行ってい る CARDO-O 39) (野口ら,投稿準備中)と CARDO-F 37) の他,詳細は未発表ながら米国 Iowa 大の Ramaswamy 博士の研究グループによる Pseudomonas putida F1 株由 来 toluene 2,3-dioxygenase の 3 つのコンポーネントのみ であり 31) ,コンポーネント間相互作用と電子伝達機構の 多様性をタンパク質構造に基づいて議論するにはさらに 研究成果の蓄積を待たねばならない。
さらに見せる

10 さらに読み込む

象牙芽細胞の分化と細胞外基質

象牙芽細胞の分化と細胞外基質

Msx2 3) ,Twist1 4) 等は象牙芽細胞や骨芽細胞の増殖,分 化において類似した機能を有する。その結果,BMPs, FGFs,Wnts といった主要な成長因子の発現や機能 5-7) においても共通性が現れてくる。さらに,石灰化の進 行メカニズムについても共通する点が多い。両者は有機 質成分として主にⅠ型コラーゲンと非コラーゲン性蛋白 質で構成しており,無機成分としては水酸化アパタイト 結晶である。象牙質形成や骨形成の過程は,それぞれ象 牙前質,オステオイドと呼ばれる未石灰化の有機性基質 層が最初に形成され,そこが足場となって,カルシウム やリン酸塩の無機塩の沈着によって石灰化層が形成され る。余談ではあるが,エナメル質は象牙質が核となって 石灰化のプロセスが進行すると考えられている。さて, 非コラーゲン性蛋白質はこの石灰化のプロセスの開始段 階で重要な役割を担っており,Ⅰ型コラーゲンと結合す ることによって,コラーゲン原繊維の形成を支援し,石 灰化の骨組みを作る働きや水酸化アパタイト結晶の成長 に関係する 8, 9) 。このことは象牙質および骨に共通した 非コラーゲン性蛋白質であるスモールインテグリン結合 リガンド N 連結糖蛋白質(SIBLINGs)ファミリーの異 常によって,石灰化の異常が引き起こされることによっ て証明されている 10-13) 。SIBLINGs ファミリーには,象 牙質シアロ・リン蛋白質(DSPP) 14) ,デンティンマト
さらに見せる

6 さらに読み込む

セメント質の発生に伴う細胞外基質の代謝とその制御機構の解明

セメント質の発生に伴う細胞外基質の代謝とその制御機構の解明

expression during THJ aging. Takahashi I, Sasano Y, Onodera R, Hitani H. Ragayama H, Hitani H) 80th General Session and Exhibition of the ZADR, March 3-9, San Diego, California,. USA[r]

11 さらに読み込む

Show all 172 documents...