減収減益とな

Top PDF 減収減益とな:

伪伪 Check Point 第 2 四半期累計 (4 月 -9 月 ) 業績は販売台数減少により減収減益となったが 第 2 四半期 (7 月 -9 月 ) は光回線獲得等による顧客 1 人当たり収益向上により増益に転換 キャリア認定ショップの第 2 四半期 (7 月 -9 月 ) 販売台数は 第

伪伪 Check Point 第 2 四半期累計 (4 月 -9 月 ) 業績は販売台数減少により減収減益となったが 第 2 四半期 (7 月 -9 月 ) は光回線獲得等による顧客 1 人当たり収益向上により増益に転換 キャリア認定ショップの第 2 四半期 (7 月 -9 月 ) 販売台数は 第

当期純利益 2,523 2.0% 2,483 2.1% -1.6% 5,700 43.6% EBITDA 5,132 4.0% 4,879 4.1% -4.9% - - 出所 : 決算説明資料よりフィスコ作成 減収になったのは、 新規契約に対する過度優遇策の是正等の動きで端末の実質購入価 格が上昇し顧客の買い控えが起きたことにより、販売台数が前年同期の 134 万台に比べ 9.4% 減の 122.2 万台へ減少したことが主要因。 にもかかわらず、 売上総利益は、 光回線の獲得 タブレットの販売等に注力した効果が顕在化し、 顧客 1 人当たりの収益が増加したために、 前年同期比 1.9% 増の 22,285 百万円小幅ながら増益を確保。 売上総利益率も同 1.5 ポイン ト上昇し 18.5% なった。 一方、 販管費は、 通信キャリア手数料改定の影響や販売員の待遇 改善等により、 前年同期に比べ 3.9% 増の 18,522 百万円へ増加 (販管費比率は 15.4% 前 年同期比 1.5 ポイント上昇) した。 この結果、 営業利益は 3,762 百万円 (同 6.7% 減) 減 益を余儀なくされたものの、 営業利益率は 3.1% 前年同期並みの水準を維持した。
さらに見せる

15 さらに読み込む

1. 決算概要 2013 年 3 月期第 2 四半期決算のポイント 1 連結決算は 対前年 37 億円の増収に対して 46 億円の減益 2 クロネコメール便荷受厳格化の影響による減収および宅急便リテール市場の取扱個数が減速する中 費用の増加をカバーしきれなかったことが減益の主な要因 3 10 月 1

1. 決算概要 2013 年 3 月期第 2 四半期決算のポイント 1 連結決算は 対前年 37 億円の増収に対して 46 億円の減益 2 クロネコメール便荷受厳格化の影響による減収および宅急便リテール市場の取扱個数が減速する中 費用の増加をカバーしきれなかったことが減益の主な要因 3 10 月 1

この内容は、投資判断の参考なる情報の提供を目的したもので、投資勧誘を目的した ものではありません。銘柄の選択、投資の最終決定は、ご自身の判断でなさるようにお願い いたします。当社としては一切の責任を負いかねますのでご承知ください。 Disclaimer: This material is intended for informational purposes only and is not a solicitation or offer to buy or sell securities or related financial instruments.

19 さらに読み込む

第 1 四半期の売上収益は 1,677 億円となり 前年からプラス 6.5% 102 億円の増収となりました 売上収益における為替の影響は 前年 で約マイナス 9 億円でしたので ほぼ影響はありませんでした 事業セグメント利益は 175 億円となり 前年から 26 億円の減益となりました 在庫未実現

第 1 四半期の売上収益は 1,677 億円となり 前年からプラス 6.5% 102 億円の増収となりました 売上収益における為替の影響は 前年 で約マイナス 9 億円でしたので ほぼ影響はありませんでした 事業セグメント利益は 175 億円となり 前年から 26 億円の減益となりました 在庫未実現

全体では売上増減・構成差の影響がほぼオフセットされ、プラス1億円なりました。 価格が変動したことによる利益へのマイナス12億円の影響ですが、⼤半がP&S事業におけるものです。 プリンティング市場の環境は安定しておりますが、中期戦略で注⼒しているSMB市場向けについては、欧州を中⼼に ⼤⼝案件が増えており、その影響が価格変動のマイナスというかたちで出てきております。

14 さらに読み込む

特集 島村 CEO インタビュー 中期経営計画の進捗状況と さらなる成長に向けた取り組みについて AGC 旭硝子は すべてのステークホルダーに価値をプラスすることを経営方針 AGC plus に掲げ 2014 年度まで続いた減益トレンドに終止符を打ち 再び成長軌道に乗せることを中期経営計画 AGC

特集 島村 CEO インタビュー 中期経営計画の進捗状況と さらなる成長に向けた取り組みについて AGC 旭硝子は すべてのステークホルダーに価値をプラスすることを経営方針 AGC plus に掲げ 2014 年度まで続いた減益トレンドに終止符を打ち 再び成長軌道に乗せることを中期経営計画 AGC

2016年度の売上高は円高等により減収なりましたが、営 業利益は自動車用ガラスおよび化学品製品の出荷数量増加、 建築用ガラスの販売価格上昇、原燃材料価格下落等のコス トダウン等により、2期連続の増益を達成しました。期末 配当金については、期初予想どおり1株当たり9円し、 年間配当金は1株当たり18円なります。なお、2017年 の業績予想を鑑み、2017年度の中間配当金は1株当たり 10円し、年間配当金は1株当たり20円(本年7月1日の 株式併合考慮前)することを予定しています。
さらに見せる

6 さらに読み込む

続きまして 3 ページ目 セグメント別の業績でございます 主力のゲーム事業でございますが 売上面においては QonQ で横ばいとなっている一方で 営業利益に関しては 12 億円の減益となっております こちらについては のちほど理由も含めてご説明させていただきたいと思います 費用構成 (IFRS)

続きまして 3 ページ目 セグメント別の業績でございます 主力のゲーム事業でございますが 売上面においては QonQ で横ばいとなっている一方で 営業利益に関しては 12 億円の減益となっております こちらについては のちほど理由も含めてご説明させていただきたいと思います 費用構成 (IFRS)

続きまして、『Fire​ ​Emblem​ ​Heroes』でございます。こちらも今年の初めにリリー スをして以降、継続してアップデートを行っております。収益面も含めて、ビジネ ス全体としては順調に推移しております。 この夏以降も大型のアップデートであったり、あるいは新しいキャラクターの追加 であったり、プロモーションも強化していたり、複合的に運営強化をしておりま して、アクティブユーザーに関しても上昇したということでございます。
さらに見せる

16 さらに読み込む

29 年度予算特集 1 集平成 平成 29 年度税制改正と今後の展望 国税関係 資料 1 平成 29 年度の税制改正 ( 内国税関係 ) による増減収見込額 ( 単位 : 億円 ) 改正事項 平年度 初年度 1. 個人所得課税 (1) 配偶者控除及び配偶者特別控除の見直し (2) 積立

29 年度予算特集 1 集平成 平成 29 年度税制改正と今後の展望 国税関係 資料 1 平成 29 年度の税制改正 ( 内国税関係 ) による増減収見込額 ( 単位 : 億円 ) 改正事項 平年度 初年度 1. 個人所得課税 (1) 配偶者控除及び配偶者特別控除の見直し (2) 積立

老後の生活など各種のリスクに備える自助努力を支援するための企業年金、個人年金、貯蓄・投資、保険等に関連する 諸制度のあり方について、社会保障制度を補完する観点や働き方の違い等によって有利・不利が生じないようにするなど 公平制度を構築する観点から幅広い検討を行う。 個人住民税については、地方公共団体が提供する行政サービスの財源確保の面で最も重要税であるとともに、応益課 税の観点から広く住民が負担を分かち合う仕組みなっていることも踏まえ、制度のあり方を検討していく。その際、個 人住民税は、比例税率なっているため、控除方式の選択による税負担調整の効果に制約があることに留意する必要があ る。
さらに見せる

17 さらに読み込む

29 年度上半期の業績概況 ハ イライト 前年同期と比較して 29 年度上半期は営業減益となりました 連結損益計算書 前年同期比較 一方 新規アトラクションやイベントが好評であったことなどにより 期初予想と比較して増益となりました 28 年度 上半期実績 29 年度 上半期実績,8 営業利益 経常利

29 年度上半期の業績概況 ハ イライト 前年同期と比較して 29 年度上半期は営業減益となりました 連結損益計算書 前年同期比較 一方 新規アトラクションやイベントが好評であったことなどにより 期初予想と比較して増益となりました 28 年度 上半期実績 29 年度 上半期実績,8 営業利益 経常利

株価および出来高の推移 所有者別株式分布 ( 2009 年 9 月 30 日現在) 上場株式配当等の支払いに関する通知書について 租税特別措置法の 2008 年改正( 2008 年 4 月 30 日法律第 23 号)に より、 2009 年 1 月以降にお支払いする配当金について株主さま宛 てに配当金額や源泉徴収税額等を記載した「支払通知書」を送付す ることが義務づけられました。配当金領収証にてお受け取りの株主 さまに対しては 12 月下旬に「支払通知書」を送付いたしますのでご 覧ください。口座振込を指定されている株主さまは配当金支払いの 際送付している「配当金計算書」が「支払通知書」なります。なお、 両書類は確定申告を行う際その添付資料としてご使用頂くことがで
さらに見せる

8 さらに読み込む

決算概況 対前年同期減収増益年間営業利益計画 8,400 億円の着実な実行 競争力強化に向けた取り組み お客様への提供価値 No.1 攻め に転じる各種施策 取り組み 更なる成長に向けた取り組み スマートライフのパートナーへ 構造改革の取り組み 1

決算概況 対前年同期減収増益年間営業利益計画 8,400 億円の着実な実行 競争力強化に向けた取り組み お客様への提供価値 No.1 攻め に転じる各種施策 取り組み 更なる成長に向けた取り組み スマートライフのパートナーへ 構造改革の取り組み 1

a. ARPU (Average monthly Revenue Per Unit) : 1契約当たり月間平均収入 1契約当たり月間平均収入(ARPU)は、1契約当たりの各サービスにおける平均的月間営業収益を計るために使われています。 ARPUはモバイル通信サービスおよびその他の営業収入の一部を、当該期間の稼動契約数で割って算出されています。こうして得られた ARPUは1契約当たりの各月の平均的利用状況及び当社による料金設定変更の影響を分析する上で有用情報を提供するもので ある考えています。なお、ARPUの分子に含まれる収入は米国会計基準により算定しています。
さらに見せる

53 さらに読み込む

株主 投資家の皆様へ 株主 投資家の皆様へ 当第 2 四半期におけるわが国経済は サブプライムローン問題に端を発した世界の金融市場の混乱により米国をはじめとする各国経済の減速が鮮明となってきたことや原油 原材料価格の高騰に伴い企業収益が減収見込みとなり 個人消費への影響も避けられないものとなっており

株主 投資家の皆様へ 株主 投資家の皆様へ 当第 2 四半期におけるわが国経済は サブプライムローン問題に端を発した世界の金融市場の混乱により米国をはじめとする各国経済の減速が鮮明となってきたことや原油 原材料価格の高騰に伴い企業収益が減収見込みとなり 個人消費への影響も避けられないものとなっており

 第2四半期累計期間においてパチンコ機につきましては、リミック ス時代劇アニメタイアップし、カセット型可動役物により新た演 出を実現したことで好評を博した「CRサムライチャンプルー」(平成 20年5月発売)、キング・オブ・ロックンロール「エルビスプレス リー」のタイアップ「CRエルビスプレスリー」(平成20年8月発 売)、個性溢れるキャラクター達の商売繁盛奮闘ストーリーにワクワ ク感を演出する可動役物やオリジナル楽曲を多数搭載、ハネデジから 進化した「スーパー快速ハネデジ」として開発したイートレックジャ パン株式会社のタイアップ機第3弾「CR匠の道」(平成20年9月 発売)を販売しました。
さらに見せる

12 さらに読み込む

などの民営企業が位置する 16 年は旅客需要が堅調で 特に国内線が収益の支えになった もっとも 国有大手 3 社の営業収益は価格競争と貨物事業が足を引っ張り 小幅増にとどまった また 原油高と人民安が重しになり 中国国際航空と中国東方航空は小幅減益に後退 対照的に 3 社を追う海南航空 民営最大手の

などの民営企業が位置する 16 年は旅客需要が堅調で 特に国内線が収益の支えになった もっとも 国有大手 3 社の営業収益は価格競争と貨物事業が足を引っ張り 小幅増にとどまった また 原油高と人民安が重しになり 中国国際航空と中国東方航空は小幅減益に後退 対照的に 3 社を追う海南航空 民営最大手の

世界最大の人口広大国土を持つ中国の航空市場は米国に次ぐ世界 2 位の規模を誇る。16 年の航空需 要は旅客が引き続き 2 桁台の伸びを保ち、貨物も堅調。各航空会社の増便、新型機導入、新空港建設 どが進んだ。 高成長を続けるアジア市場の最大手として、中国のプレゼンスは一段と上昇。 業界全体で の税前利益は前年比で 17%も増加した。 うち主力の航空会社は運賃下落、原油高、人民元安の圧力に曝 されたが、堅調旅客需要を支えに増収益を確保。利用者数の増加で空港会社は好調だった。投資も活 発で、業界全体の固定資産投資は初めて 2000 億元を突破。航空機産業はこの恩恵を享受できた。
さらに見せる

8 さらに読み込む

を含む地方政府系の大手も減益に もっとも 18.6 期 ( 中間 ) は燃料炭価格の低下と電力需要増加を支えに上場発電大手の収益回復が進んだ 一方 急速に普及が進む非化石エネルギーをみると 専門会社化が進展 五大発電集団の系列には龍源電力 華能新能源 (958) 華電福新能源 (816) 大唐新能源

を含む地方政府系の大手も減益に もっとも 18.6 期 ( 中間 ) は燃料炭価格の低下と電力需要増加を支えに上場発電大手の収益回復が進んだ 一方 急速に普及が進む非化石エネルギーをみると 専門会社化が進展 五大発電集団の系列には龍源電力 華能新能源 (958) 華電福新能源 (816) 大唐新能源

電力設備は川上の部品から川下の完成品メーカーまで幅広い。大手の多くは国有系企業で、一部の民営 企業も健闘している。 供給過剰が目立つ電源設備をみる、業界をリードする上海電気(02727)、東方 電気(01072)、哈爾濱電気(01133)の国有大手 3 社は国内事業が引き続き低迷するも、資産再編や海 外展開、コスト削減などが奏功し、哈爾濱電気を除いて底堅い業績が続いた。風力発電設備メーカーの 新疆金風科技(02208)、太陽電池材料のウエハーや多結晶シリコンを生産する保利協キン能源(03800) はいずれも世界有数のシェアを持ち、17 年は市場拡大の追い風も競争激化で業績は伸び悩んだ。対照的 に単結晶シリコン最大手の隆基シリコン(601012)は、太陽電池材料としての需要増加を支えに好業績 を記録した。
さらに見せる

8 さらに読み込む

ごあいさつ 宮内正喜社長メッセージ 平成 30 年 上期の業績概要について 上期の連結売上高は 放送事業等が減収となったことで 前期比 4.8% 減の 3,118 億 16 百万円となりました 代表取締役会長代表取締役社長 株主の皆様におかれましては 平素より格別の御高配を賜り 厚く御礼申し上げます

ごあいさつ 宮内正喜社長メッセージ 平成 30 年 上期の業績概要について 上期の連結売上高は 放送事業等が減収となったことで 前期比 4.8% 減の 3,118 億 16 百万円となりました 代表取締役会長代表取締役社長 株主の皆様におかれましては 平素より格別の御高配を賜り 厚く御礼申し上げます

 上期の連結売上高は、放送事業等が減収なったことで、前期比4.8% 減の3,118億16百万円なりました。  連結営業利益につきましては、放送事業の㈱ビーエスフジが増益 なったほか、㈱サンケイビルをはじめする都市開発事業が上期で過去 最高の営業利益を計上しました。しかし、放送事業の㈱フジテレビジョン が放送収入の減収等により、また、映像音楽事業の㈱ポニーキャニオンが 在庫廃棄損計上により、それぞれ営業損失なりました。この結果、連結  株主の皆様におかれましては、平素より
さらに見せる

10 さらに読み込む

カー輸送を担う中遠海運能源運輸 (1138) は運賃低迷や非経常利益の減少などで減収減益になった また 招商局集団は港湾業務に強い大型国有企業であり フォワーダー 河川輸送大手の中国外運長航を傘下に置く 同集団傘下の上場大手をみると フォワーダー最大手の中国外運 (598) は為替損失などが重しにな

カー輸送を担う中遠海運能源運輸 (1138) は運賃低迷や非経常利益の減少などで減収減益になった また 招商局集団は港湾業務に強い大型国有企業であり フォワーダー 河川輸送大手の中国外運長航を傘下に置く 同集団傘下の上場大手をみると フォワーダー最大手の中国外運 (598) は為替損失などが重しにな

〈株価指数先物・同オプション〉 i)株価指数先物は約定代金に対して最大0.08%。 ii)株価指数オプションは約定代金の最大4.0% (但し最低2,500円)。 ◆本資料は、公表されたデータ等信頼できる考えられる情報に基づいて内藤証券が作成し、また記載された見解等 の内容は全て作成時点のもので時間の経過とともに不正確なる場合があり、過去から将来にわたって、その正確 性・完全性を保証するものではありません。内容は今後予告なく変更することがあります。◆本資料に基づいた投資 によって発生する損益は全てお客様に帰属します。内藤証券は、故意または重過失がない限り、責任を負いません。 ◆本資料により提供される情報の著作権等の知的財産権は、引用部分を除き、全て内藤証券に帰属します。お客様 は、事前に内藤証券の書面による同意なく、本資料の内容及び情報を、複製、譲渡、修正、変更または転送等の行為 をすることができません。
さらに見せる

9 さらに読み込む

上期は減収 営業 減益に 特別利益の計上で純利益は大きく増加 19/3 期上期の連結業は 売上高が前年同期比 3% 減の 180 億円 営業利益が同 19% 減の 4.3 億円 経常利益が同 2% 減の 5.9 億円 純利益が同 3.6 倍の 13 億円となった 従来 コラーゲン素材とフォーミュラソ

上期は減収 営業 減益に 特別利益の計上で純利益は大きく増加 19/3 期上期の連結業は 売上高が前年同期比 3% 減の 180 億円 営業利益が同 19% 減の 4.3 億円 経常利益が同 2% 減の 5.9 億円 純利益が同 3.6 倍の 13 億円となった 従来 コラーゲン素材とフォーミュラソ

7.本レポートは、レポート作成会社が信頼できる判断した情報に基づき記載されていますが、東証及 びレポート作成会社は、本レポートの記載内容が真実かつ正確であり、そのうちに重要事項の記載が 欠けていないことやこの資料に記載された企業の発行する有価証券の価値を保証又は承認するものでは ありません。本レポート及び本レポートに含まれる情報は、いかなる目的で使用される場合におきまし ても、投資者の判断責任において使用されるべきものであり、本レポート及び本レポートに含まれる 情報の使用による結果について、東証及びレポート作成会社は何ら責任を負うものではありません。 8.本レポートの著作権は、レポート作成会社に帰属しますが、レポート作成会社は、本レポートの著作
さらに見せる

9 さらに読み込む

2013 年度決算概況 前年度比収益横ばい 営業減益 2013 年度ハイライト 今後の事業運営方針 2014 年度の取組みと業績予想 中期的成長 株主還元 1

2013 年度決算概況 前年度比収益横ばい 営業減益 2013 年度ハイライト 今後の事業運営方針 2014 年度の取組みと業績予想 中期的成長 株主還元 1

1. 携帯電話の番号ポータビリティ、訴求力のある端末の展開、新規事業者の参入、他の事業者間の統合など、通信業界における他の事業者等及び他の技術等の競争の激 化や競争レイヤーの広がりをはじめする市場環境の変化に関連して、当社グループが獲得・維持できる契約数が抑制されたり、当社グループの想定以上にARPUの水準が 逓減し続けたり、コストが増大したり、想定していたコスト削減ができない可能性があること 2. 当社グループが提供している、あるいは新たに導入・提案するサービス・利用形態・販売方式が十分に展開できない場合や想定以上に費用が発生してしまう場合、当社グル ープの財務に影響を与えたり、成長が制約される可能性があること
さらに見せる

61 さらに読み込む

1. 平成 27 年度業績のポイント 平成 27 年度計画は 金利上昇リスク対応で一時払終身保険等の収入保険料を抑制することから減収 年金資産の時価変動部分 の償却負担が増加する見込みであったこと等から減益を想定 平成 27 年度の運用環境はマイナス金利をはじめとして想定以上に不安定であったが 資産

1. 平成 27 年度業績のポイント 平成 27 年度計画は 金利上昇リスク対応で一時払終身保険等の収入保険料を抑制することから減収 年金資産の時価変動部分 の償却負担が増加する見込みであったこと等から減益を想定 平成 27 年度の運用環境はマイナス金利をはじめとして想定以上に不安定であったが 資産

国内生命保険事業では、営業職員チャネルにおいて、医療・介護保障をはじめする第三分野商品を発売するとともに、営業職員 の育成態勢の強化、都市部における新卒チャネルの拡充など、販売サービス態勢の強化に取組み。銀行窓販チャネルにおいては、 経済環境の変化を受けにくい商品ラインアップの構築に向けた取組み等を推進。また、海外保険事業では、スタンコープ・ファイ ナンシャル・グループをはじめ、既存投資先の収益拡大経営管理の高度化、アセットマネジメント事業では、明治安田アセット マネジメントの企業年金受託残高および公募投資信託残高の増加に向けて取組み
さらに見せる

19 さらに読み込む

2015 年 3 月期決算概要 水産 食品事業は増収 増益 ファイン事業は減収 減益 2015 年 3 月期実績 2014 年 3 月期実績 対前年比増減額 / 率 (%) 2015 年 3 月期公表値 公表値に対する進捗率 (%) 売上高 6,384 6, % 6,100

2015 年 3 月期決算概要 水産 食品事業は増収 増益 ファイン事業は減収 減益 2015 年 3 月期実績 2014 年 3 月期実績 対前年比増減額 / 率 (%) 2015 年 3 月期公表値 公表値に対する進捗率 (%) 売上高 6,384 6, % 6,100

お問合せ先:経営企画IR室広報IR課 03-6206-7044 http://www.nissui.co.jp/ir/index.html 本資料に記載されている、当期ならびに将来の業績に関する見通し等は、現在入手可能 情報に基づき当社の経営者が合理的判断したものであり、これらの達成を保証するもの ではありません。

46 さらに読み込む

第 2 四半期決算 総括 ヘ ーシ 2 第 2 四半期実績 連結業績 減収増益 各利益過去最高 1 売上高 1 兆 4,990 億円 前年比 3.6% 5 期振り減収 営業利益 1,155 億円 前年比 +14.3% 5 期連続増益 経常利益 1,218 億円 前年比 + 8.7% 四半期純利益 2

第 2 四半期決算 総括 ヘ ーシ 2 第 2 四半期実績 連結業績 減収増益 各利益過去最高 1 売上高 1 兆 4,990 億円 前年比 3.6% 5 期振り減収 営業利益 1,155 億円 前年比 +14.3% 5 期連続増益 経常利益 1,218 億円 前年比 + 8.7% 四半期純利益 2

将来予想に関する注意事項 ※このプレゼンテーション資料に記載した将来予想は、 現 時点で入手可能情報及び仮定に基づき当社が判断し たもので、リスクや不確実性を含んでおり、当社としてそ の実現を約束する趣旨のものではありません。

26 さらに読み込む

生活科・総合的な学習の時間と環境教育・ESD との関連 : 「持続可能な消費」との関わりで

生活科・総合的な学習の時間と環境教育・ESD との関連 : 「持続可能な消費」との関わりで

身の生活に引き付けたリアル学習によって、活用能力を高めていく可能性が期待される。  では、実際にはどのように展開すればいいだろうか。新学習指導要領では各教科の中に環境教育・ESD の視点が盛り込まれ、「持続可能消費」については、特に家庭科の学習内容に「消費生活環境」が盛 り込まれていることは大きな意義を持つ。環境教育や開発教育に関する様々教材も、たとえば開発教育 協議会等の非営利団体によって開発されてきており、ここ数年、学校教育の現場でもフェアトレードにつ いて扱う等、多くの実践がみられるようになってきた。しかし、たとえばフェアトレードを例にしてみる 、ともすればフェアトレードであればすべていいよう錯覚をおこしかねない危険性があることに自覚 的になる必要もある。なぜならば、フェアトレードの認証を受けるにはそれなりの組織力が必要であるし、 あるいはフェアトレードの生産の現場でも、意思決定者は男性であり、実際に手足を動かすのは女性であ るといったジェンダー課題を秘めている危険性があるからである(シュレスタ、松葉口 2011)。つまり、 何が正解のかについては見えない場合が多く、それだけに常に問い続ける絶え間なき批判的思考が必要 のである。また、先述したように、各教科の単元をつなぎ合わせるだけでは全体のストーリーが完成し ない。それゆえ、課題を発見し、探究する、総合的学習の時間が必要なる 8) 。生活科で心の土壌を広
さらに見せる

10 さらに読み込む

鹿児島県における2003年産水稲の減収要因について

鹿児島県における2003年産水稲の減収要因について

鹿児島県における2003年産水稲の減収要因について 著者 角 明夫, 岩浪 賢司, 福田 京子, 森 彩恵, 今井 勝, 箱山 晋 雑誌名 鹿兒島大學農學部學術報告=Bulletin of the Faculty of Agriculture, Kagoshima University

8 さらに読み込む

Show all 10000 documents...