流動性のわな

Top PDF 流動性のわな:

雇用の流動性は企業業績を高めるのか:企業パネルデータを用いた検証

雇用の流動性は企業業績を高めるのか:企業パネルデータを用いた検証

15 業績がどのように変わるか、といった影響を正しく捉えられていない可能がある。雇用流動 に関する情報を含む企業パネルデータ蓄積が研究上大きな課題といえる。次に挙げら れる課題は、階層クラスター分析による企業類型について、類型化適切や企業類型名称な どについては検討余地があるといえよう。さらに、推計上課題としては、企業業績が向上し たから雇用流動が高まるといった逆因果対応が挙げられる。この点について、本稿 では固定効果モデルによって時間不変要因によって生じる逆因果をコントロールし、ま た、雇用純増率や雇用者数を説明変数に用いることで、時間可変要因によって生じる逆因 果もコントロールしている。しかし、より厳密には、雇用流動に影響を与えるものの、企 業業績とは独立な操作変数を見出した推計を行うことが必要であり、この点についても今後 研究課題として残される。
さらに見せる

27 さらに読み込む

野村資本市場研究所|流動性資金の投資先として、欧州で注目を集めるキャッシュETF(PDF)

野村資本市場研究所|流動性資金の投資先として、欧州で注目を集めるキャッシュETF(PDF)

但し、イオニア ETF は UCITSⅢ適格ファンドであり 6 、スワップカウンター・パー ティーへエクスポージャー上限は、ETF 残高 10%と規定されている。そのため エクスポージャーが上限値に近づくと、代替バスケット価値と指数と差額がプラス 場合には、カウンター・パーティーから ETF に、マイナス場合には ETF からカウン ター・パーティーに支払われる(図表 6)。これにより、スワップ・カウンター・パー ティーへエクスポージャーがゼロに「リセット」される。この取引を繰り返すことで、 ETF 純資産価額は指数をトラックすることになる(図表 7)。
さらに見せる

10 さらに読み込む

フライアッシュなどの無機粉体スラリーの流動性向上効果に関する研究 [ PDF

フライアッシュなどの無機粉体スラリーの流動性向上効果に関する研究 [ PDF

大きくなる傾向が確認できる。スラリーならびにモル タル両方流動向上が見られたは,スラリー 攪拌継続に伴うゼータ電位増大によって粒子間 斥力(静電反発力)が大きくなり,粒子分散が安定 したことに起因するものと推測できる。このことが粒 子親水化へとつながり,流動が向上したものと考 えられる。すなわち,フライアッシュなど無機粉体 をスラリー化した場合,ゼータ電位増大が流動 向上につながることが確認された。
さらに見せる

4 さらに読み込む

野村資本市場研究所|個人金融資産動向:2018年第2四半期-流動性資金割合の上昇が継続-(PDF)

野村資本市場研究所|個人金融資産動向:2018年第2四半期-流動性資金割合の上昇が継続-(PDF)

2.金融庁平成 31 年度税制改正要望 家計資産に係る制度については足元でも動きがある。2018 年 8 月 31 日、金融庁が平成 31 年度税制改正要望を公表した(図表 17)。特に注目されるは次三点である。 第一に、NISA 制度恒久化等である。具体的には、①NISA 制度(一般、ジュニア、つ みたて)を恒久化措置とすることや、つみたて NISA 制度期限(2037 年)延長を要望 している。また、②NISA 制度利便を向上させるために、NISA 口座保有者が一時的に 日本を離れている間でも引き続き NISA 口座を利用できるようにすることや、成年年齢引 き下げに合わせて NISA 制度利用開始年齢を引き下げることも要望している。
さらに見せる

11 さらに読み込む

私募REITに求められる流動性とは

私募REITに求められる流動性とは

前章では、私募 REIT 投資家は長期投資を目的とした投資家で構成され、払戻請求が不動産投資市場環 境に影響を受けない状況が理想的ではないかと申し上げた。とはいえ実際は、不動産投資市場悪化に伴って 投資口を換金したいと考える投資家が存在しても不思議ではない。 いくつか投資法人では、払戻請求以外換金方法として「マッチング取引」導入を公表している。マッチン グ取引とは、フィナンシャルアドバイザー等が投資口譲渡媒介をする制度であり、投資口換金にあたって、 内部留保している現金支出や保有物件売却を伴わないで済む。
さらに見せる

5 さらに読み込む

RIETI - 創業時の流動性制約と創業動機、政策金融の効果

RIETI - 創業時の流動性制約と創業動機、政策金融の効果

最初に、民間金融機関から借入を受け入 れて創業した者について考えると、少なくと もこのグループは民間金融機関にとって融 資に値する信用力を有する者であり、創業に 伴う流動制約が比較的少ないグループで あるといえよう。こうしたグループについて 融資審査基準が緩いといわれる政府系金融 機関から融資利用による創業規模拡 大が見られない(第7図、第8図、第9図 グラフ右半分)は、政府系金融機関を利用 する場合、民間金融機関利用がその分、減 少するだけであり、最終的な創業規模は変わ らないという効果が作用しているからであ ろう。つまり、創業時に民間金融機関から 資金を受け入れることができる者にとって は、民間借入と民間金融機関から借入と政 府系金融機関から借入代替が高い、す なわち両者が等質ものと見られている であろう 15 。
さらに見せる

27 さらに読み込む

RIETI - どの起業家が強く流動性制約下におかれているのか-日本の起業のデータからの研究-

RIETI - どの起業家が強く流動性制約下におかれているのか-日本の起業のデータからの研究-

同様に経営経験有無と起業時資金規 模関係を見ると、起業動機を含まない場 合、経営経験と起業時資金規模は正相関 であるところ、起業動機を含めると統計的 に無相関となる。そして第5表によると、 経営経験ある起業家とそうではない起業 家を比較すると、前者が「社会貢献」、「資 産活用」、「社会的評価」を動機とすること が相対的に多いに対して、後者は「自己 裁量権」、「賃金不満」、「ゆとり志向」を動 機とする場合が相対的に多くなっている。 経営経験ある者多くが、失敗して再チ ャレンジするものではなく、ひとつ事業 を成功させて別事業に着手する「連続起 業家」であるとすると、この結果は妥当な ものである。そしてここからは、経営経験 有無とされた説明変数背後には起業動 機が密接に関与していることがうかがわれ る。
さらに見せる

27 さらに読み込む

野村資本市場研究所|個人金融資産動向:2017年第4四半期-続く現預金への滞留と流動性資金割合の上昇-(PDF)

野村資本市場研究所|個人金融資産動向:2017年第4四半期-続く現預金への滞留と流動性資金割合の上昇-(PDF)

現金・預金動きを見ると、 「定期預金」が減少する一方で「現金と流動預金」が増 加し、2017 年からは「現金と流動預金」が「定期預金」を上回るようになった(図表 13) 。つまり、個人が最も多く保有する金融資産は現金・預金である点は以前と変わらない ものの、定期資産と流動資産バランスが変わっているである。これは、預金に長 期間固定させるではなく、期待リターンに見合う投資先が現れるまで動かしやすい形で 待機させているものと推測される。「現金と流動預金」が個人金融資産に占める割合は、 2017 年 12 月末では 27.0%と過去最高水準にある(図表 14)。また、MRF 残高は 2017 年 10 月に過去最高 13.2 兆円となり、その後も高水準にある(図表 15)。
さらに見せる

11 さらに読み込む

上場変更と株価:株主分散と流動性変化のインパクト

上場変更と株価:株主分散と流動性変化のインパクト

図3は、対象銘柄について、発表日から移動日まで日数をプロットしたもので ある。発表日から移動日まで日数が短いは、公募・売出しを行わない純粋移動 銘柄で、最短は1日、最長が7日となっている。このなかでは、3日が最も多く60銘 柄が集中している。一方、公募・売出しを実施した銘柄では、最短は12日、最長は 28日である。頻度でみると20日が8銘柄と最も多い。売出しと公募では、売出しだ け銘柄は実際上場まで日数がやや短くなっている。この期間は、次節で発表 日から移動日前日に生じる累積超過収益率を測定する期間に当たるため、日数違 いが計測結果に反映する可能がある。インデックス運用対象となる東証1部銘 柄では、仮需要短期集中によるインパクトが予想されるので、実証分析ではこう した要因も考慮する必要がある。
さらに見せる

24 さらに読み込む

Title 流動性の罠と最適金融政策 : 展望 Author(s) 高村, 多聞 ; 渡辺, 努 Citation Issue Date Type Technical Report Text Version publisher URL

Title 流動性の罠と最適金融政策 : 展望 Author(s) 高村, 多聞 ; 渡辺, 努 Citation Issue Date Type Technical Report Text Version publisher URL

すなわち,彼ら理論モデルでは,実体経済に影響 する貨幣供給量変化は必ず名目金利変化を伴うも であり,金利チャンネルを通じた効果と同一視でき る。さらに,背後にはリカーディアン財政行動が仮 定されているため,公開市場操作を通じて国債と貨幣 流通量を変化させたとしても,民間経済主体立場 から見ると,利払いため税負担減少(増加)が 貨幣保有機会費用増加(減少)で相殺されるだけ だから,一括固定税で課税が行われる限り,実質的な 負担に変化は生じない。したがって,中央銀行が公開 市場操作を行っても富効果が発生することはない。こ 結果は流動もとでも変わらない。流動 罠では,貨幣保有量が効用飽和点を越え,名目金 利がゼロとなる状態だが,それ以上いくら貨幣供給量 を増やそうとも,貨幣と債券が完全代替的となってい るから,資産内容バランスが変わるだけで実体経済 には何ら影響を及ぼさない。この無効命題は富効果 存在を考える上でベンチマークとなる。
さらに見せる

22 さらに読み込む

本邦株式市場の流動性に関する動学的考察―東京証券取引所のティック・データ分析―

本邦株式市場の流動性に関する動学的考察―東京証券取引所のティック・データ分析―

本稿では、Muranaga and Shimizu[1999]が提案した市場流動定義および市 場流動指標計測手法を紹介したうえで、東京証券取引所における株式取引デー タを利用して市場流動を分析した。市場流動動学的な側面について分析する ことを目的として、ティック・バイ・ティックデータを利用した。クロス・セク ション分析結果、取引頻度上昇に合わせて観測頻度を十分に高めない場合には 市場で起こっている変化をトレースできない可能があること、ビッド・アスク・ スプレッド、マーケット・インパクト、市場弾力という3つ市場流動指標 いずれでみても、取引頻度が高い銘柄ほど市場流動が高いことがわかった。1998 年4月13日に東証が実施したティック・サイズ切下げ影響に関するイベント・ス タディでは、ティック・サイズ切下げが取引コスト引下げを通して市場価格 発見機能を向上させる可能が示唆された。これら分析結果を勘案すると、①市 場ダイナミクスを分析するに当たっては、観測頻度が分析結果に及ぼす影響を考 慮する必要があること、②取引発生頻度が市場流動と正相関関係にあること、 ③ティック・サイズ変更が取引コストおよび市場流動、効率に影響を及ぼ し得ることが指摘できる。
さらに見せる

30 さらに読み込む

第1業務第 1 章債券の基礎知識 5 債券債券投資に限らずどんな投資対象を選ぶ場合にも大切なことは その投資対象を収益性 安全性 流動性 ( 換金性 ) の 3 つの面から検討することです 収益性 安全性 流動性 ( 換金性 ) 債券の投資者には 発行から償還に至るまでの全期間中あらかじめ約束された

第1業務第 1 章債券の基礎知識 5 債券債券投資に限らずどんな投資対象を選ぶ場合にも大切なことは その投資対象を収益性 安全性 流動性 ( 換金性 ) の 3 つの面から検討することです 収益性 安全性 流動性 ( 換金性 ) 債券の投資者には 発行から償還に至るまでの全期間中あらかじめ約束された

 最終償還期日をその債券期限といい、発行日から期限までを期間又は年限といい ます。新しく発行された債券を新発債、発行日後債券を既発債といい、それぞれ最 終償還期日まで期間を残存期間といいます。  債券は最終償還期限が到来すると償還します(最終償還)。最終償還期限が到来する 前に債券一部を償還することを期中償還といいます。これは発行者償還負担を平準 化するために行われます。
さらに見せる

8 さらに読み込む

野村資本市場研究所|SECによる投信及びETF流動性リスク管理規則の最終化(PDF)

野村資本市場研究所|SECによる投信及びETF流動性リスク管理規則の最終化(PDF)

Ⅶ 結語 調査会社であるオリバー・ワイマンによると、流動リスク管理規則最終化及び他 規制案を受け、米国資産運用業界において将来予想される動向として、以下 3 点を指摘 している 17 。第一に、流動低い資産に投資する OEF 組成減少である。特にレバ レッジド・ローン決済期間は平均 17.7 日である一方で、OEF 解約オペレーションは 一般的に 3 日以内で行われる。その結果、レバレッジド・ローンに投資する OEF 流動 リスクは比較的高い可能がある。なお、米国レバレッジド・ローンに投資をする投 信及び ETF AUM は約 1170 億ドル(2016 年 8 月末時点)と、レバレッジド・ローン市 場に占めるシェアはおよそ 13%である 18 。
さらに見せる

15 さらに読み込む

証券流通市場の流動性向上が投資家の効用に与える影響 【要約版】

証券流通市場の流動性向上が投資家の効用に与える影響 【要約版】

 これは、より優先価格で約定される機会が増えることによる効用増加が、競合となる注文に約 定機会を奪われることによる効用減少を上回ることを示す。  全体効用及び一投資家平均効用を増加させるため、板寄せ方式を採用する取引所は、板 寄せ時流動向上を目指した施策を積極的に提供するべきである。

7 さらに読み込む

国費留学生の修了生ネットワーク構築に関するSNS の利用と関係流動性からの考察

国費留学生の修了生ネットワーク構築に関するSNS の利用と関係流動性からの考察

 2015 年に ASEAN10 カ国で元国費留学生調査を行った若林(2016)は、元国 費留学生ネットワーク化課題として、元国費留学生卒業後を把握するという 意識を持った人材不足、オンラインコミュニティー明確な目的とメリット 必要、元国費留学生や日本留学希望者メリットになる柔軟なデータベース 構築を挙げている。オンラインコミュニティー構築目的とメンバーとなる修了 生へメリットを明確にする必要は、予備教育機関修了生ネットワーク構築 にあたり筆者が様々な入学年度者と懇談した際にも話題になった。同じ国から 元留学生であっても、世代が異なれば社会と関わりも異なるだろう。国境に とらわれない国費留学生ネットワークを構築すれば、世代による分裂に阻まれ ることなく関係を広げていくことはできるが、どのような役に立つかといった 明確な提示がないネットワークは、やがて求心力を失っていくであろう。 6. おわりに
さらに見せる

9 さらに読み込む

商品流動性リスクの計量化に関する一考察(その2)―内生的流動性リスクを考慮したストレス・テスト―

商品流動性リスクの計量化に関する一考察(その2)―内生的流動性リスクを考慮したストレス・テスト―

変更を調べた。本項では、吉藤・大嶽[2000]で分析(図2、3に結果を要約) と異なり、保有期間長期化影響に焦点を当てて分析を行った 7 。 本実証分析からは、次3点が示唆される。 ① 保有期間長期化影響。図4は、ロシア・東欧(除くロシア)・中南米・アジ ア・G7等という地域別に、ロシア危機前後で相関関係変化を保有期間を 変えて(1日および10日)調べてみたものである。保有期間1日場合相関 関係変化は小さく、アジア通貨危機ような相関関係崩壊は起きていな い。しかしながら、保有期間を長期化(10日)すると相関関係変化が大き くなる傾向がみて取れる。また、表1に保有期間別ボラティリティ変化率 (ロシア危機後/ロシア危機前)を記載したが、為替市場をみると、保有期間 10日でみた方が、ボラティリティ上昇率が大きいことがわかる 8 。以上より、
さらに見せる

34 さらに読み込む

流動性預金規定集

流動性預金規定集

13.解約等 (1) この預金口座を解約する場合には、この通帳を 持参うえ、当店に申出てください。 (2) 次各号一にでも該当した場合には、当金庫 はこの預金取引を停止し、または預金者に通知す ることによりこの預金口座を解約することができ るものとします。なお、通知により解約する場合、 到達いかんにかかわらず、当金庫が解約通知 を届出あった氏名、住所にあてて発信した時に 解約されたものとします。
さらに見せる

21 さらに読み込む

日本の ETF の流動性の実証分析 : マーケットメイク制度導入の影響 年 8 月 青山学院大学芹田敏夫 2 一橋大学花枝英樹 要旨本研究では 日本の ETF 市場の流動性について9つの流動性尺度を用いて実証分析を行った 主な結果として 日本のETF 市場では 多くの銘柄で流動性が低い

日本の ETF の流動性の実証分析 : マーケットメイク制度導入の影響 年 8 月 青山学院大学芹田敏夫 2 一橋大学花枝英樹 要旨本研究では 日本の ETF 市場の流動性について9つの流動性尺度を用いて実証分析を行った 主な結果として 日本のETF 市場では 多くの銘柄で流動性が低い

青山学院大学 芹田 敏夫 2 一橋大学 花枝英樹 要旨 本研究では、日本 ETF 市場流動について9つ流動尺度を用いて実証分析を行 った。主な結果として、日本 ETF 市場では、多く銘柄で流動が低い、特に、日本株 (業種別)、外国株式、外国債券、商品において顕著であることがわかった。2018 年 7 月 東証によるマーケットメイク制度導入効果について実証分析結果、1)マーケ ットメイカー(MM)あり/なし割合は、銘柄カテゴリーにより、大きく異なる。2) MM あり銘柄では、制度導入後に流動が向上した。 (特に、MM 義務を反映して、ビッ ド・アスク・スプレッド、最良気配数量(デプス)において顕著、売買高や売買回転率へ 影響は小さい)3)インセンティブ大きい銘柄で、また MM 要件厳しい銘柄で、導 入後流動向上割合が大きい。という結果が得られた。全体として 2018 年 7 月に導入 されたマーケットメイク制度が流動向上に役立っていることが明らかになった。
さらに見せる

30 さらに読み込む

野村資本市場研究所|個人金融資産動向:2018年第1四半期-株式等へ流入するも流動性資金割合の上昇は続く-(PDF)

野村資本市場研究所|個人金融資産動向:2018年第1四半期-株式等へ流入するも流動性資金割合の上昇は続く-(PDF)

第二に、投資未経験者が手軽に投資を始められるサービスが増えていることである(図 表 17)。例えば、クレジットカードで支払いや電子商取引サイトで買い物をすると貯ま る「ポイント」を利用して、投資を疑似体験したり、投資信託や株式などに投資するサー ビスが相次いで登場している。手持ち現金を使わず、おまけ的な位置づけ「ポイント」 を利用した投資ため、投資未経験者にとっても実践する上で心理的ハードルは低い。 これらサービスは、操作に優れユーザーエクスペリエンスを重視したものが多いこと も魅力である。また、ポイントまま投資を疑似体験するサービス場合、新たな口座開 設に伴う本人確認手続き等が不要で、 (ポイントが非課税扱いため)投資に伴う諸費用や 税金に悩まされずにすむ。そのため、これらサービスを利用することで、投資未経験者 は投資へ最初一歩を踏み出しやすくなると考えられる。
さらに見せる

11 さらに読み込む

国債市場の流動性:取引データによる検証

国債市場の流動性:取引データによる検証

市場流動」が高い、あるいは低いといった表現は良く使われる が、その意味するところは必ずしも一様ではなく、 「流動」を定量的に 測定することも容易ではない。そうした制約を踏まえたうえで、本稿で は長期国債先物、現物国債、 SC レポなどさまざまな市場取引データを 用いて新たな流動諸指標を構築し、国債市場流動について多面 的に考察する。先物市場ビッド・アスク・スプレッドや値幅・出来高 比率といった伝統的な指標をみる限りでは、2014 年 10 月量的・質的 金融緩和拡大以降も、国債市場流動は目立っては低下していない ようにみられる。しかしながら、先物市場におけるいわゆる「板」厚 みや 1 回取引が市場価格に及ぼす影響、現物国債市場における証券会 社提示レートばらつき、 SC レポ市場における国債「貸借料」など、 本稿が新たに取り上げる諸指標は、 2014 年秋以降、国債市場流動が 低下していることを示唆している。これは、この時期長期金利急激 な低下や短期・中期ゾ-ン金利マイナス化を反映した一時的なもので ある可能がある一方、日本銀行による巨額国債買入れや市場構造 変化、金融規制変化などを反映している可能もあろう。国債市場 流動については、今後とも幅広い指標を用いながら継続的かつ多面的 に点検していくことが有益と考えられる。さらに、市場参加者とコミ ュニケーションを通じて、上述ような各種指標に表れにくい市場流動 に関する見方なども丁寧に確認していくことが求められる。
さらに見せる

37 さらに読み込む

Show all 10000 documents...