有効回答 う

Top PDF 有効回答 う:

2 (Preface) (potential flow) viscosty ( 0 (vorticity) (boundary layer) (shearing stress) (frictional stress) (frictional drag)) (laminar flow) (turbul

目次 1. アンケート調査の概要 (1) 調査の目的 (2) 実施状況 アンケートの回収票の信頼性 有効回答数 (1) 年齢別の有効回答数 (2) 質問別の有効回答数

同封されていた資料を読みましたが、公共施設の 7 割が 30 年以上経過とありますが、このようになることは前 から分かっていたことなのに修繕費用等をプールしておく等の計画はなかったのですか?突然 9 割の費用 が不足すると言われても市民として”何故こんなことに?”と思ってしまうのが正直なところです。また人口減 少や高齢化による市税の減収とありますが、より暮らしやすい市にならない限り人口は増えないと思います。 税収を望める若い世代の家族を受け入れ、長く暮らしていくために市も努力が必要だと思います。私が子育 て世代であるので保育園の不足には本気で頭を悩ませ困っています。東村山市では待機児童も多く、保育 園に入園できないので、別の自治体に引越そと思う家庭も実際少なくないと思います。実際私も考えること があります。高い税金を払い、利用したい時に市の設備が利用できないというのも考えてしまいます。もちろ ん保育園のためだけに税金を支払っているわけではありませんが。税収が減るとただ言うのではなく、税収 を増やすということも考えて対策を作って欲しいです。今回のアンケートとは関係ないかも知れませんが、本 当に保育園増やして下さい。仕事に戻れない→退職→税収減少というような悪循環もあるのではないでしょ か?安心して暮らしやすい東村山市になるようにお願いします。
さらに見せる

130 さらに読み込む

対象者の属性 1. 調査対象 20~59 歳の男性 女性 2. 調査エリア 全国 3. 調査期間 2017 年 7 月 3 日 ( 月 )~7 月 10 日 ( 月 ) 4. 調査方法 インターネット調査 5. 有効回答者数 1,093 人 6. 回答者の内訳 ( 単位 : 人 ) 20 歳代 30

対象者の属性 1. 調査対象 20~59 歳の男性 女性 2. 調査エリア 全国 3. 調査期間 2017 年 7 月 3 日 ( 月 )~7 月 10 日 ( 月 ) 4. 調査方法 インターネット調査 5. 有効回答者数 1,093 人 6. 回答者の内訳 ( 単位 : 人 ) 20 歳代 30

夏のボーナスのアンケート結果を見ると、ボーナスが「増えた」と回答 する人が減少し、 「もともとボーナスはない/わからない」と回答した人が 増加するという、少し厳しい結果となりました。実際、今年の夏のボーナ スは、昨年前半の円高の影響が少し遅れて現れたことで、輸出型の製造業 については前年を下回る業種が多くなっています。

19 さらに読み込む

対象者の属性 1. 調査対象 今春就職を予定している男女 2. 調査エリア 全国 3. 調査期間 2006 年 2 月 13 日 ~ 3 月 12 日 4. 調査方法 インターネット調査 5. 有効回答者数 283 人 6. 回答者の内訳 (1) 回答者の性別 ( 人 ) 男性 女性

対象者の属性 1. 調査対象 今春就職を予定している男女 2. 調査エリア 全国 3. 調査期間 2006 年 2 月 13 日 ~ 3 月 12 日 4. 調査方法 インターネット調査 5. 有効回答者数 283 人 6. 回答者の内訳 (1) 回答者の性別 ( 人 ) 男性 女性

今年も恒例の『理想の上司』について聞いてみました。 理想の男性上司像のトップは、プレーイングマネージャー(選手兼監督)になった「古田敦也」さんとな りました。昨年2位から大きく人気を伸ばして、“知性”と“指導力がある”イメージでトップになってい ます。昨年は、選手会委員長として、仲間の代表として、経営陣と対峙し、今年はプレーイングマネージャ ーとして選手を引っ張っている、そんな姿に理想の上司を重ねているのでしょ
さらに見せる

13 さらに読み込む

対象者の属性 1. 調査対象今春就職を予定している男女 2. 調査エリア全国 3. 調査期間 2004 年 2 月 27 日 ~ 3 月 12 日 4. 調査方法留置法 5. 有効回答者数 658 人 6. 回答者の内訳 (1) アンケート記入者の性別 ( 人 ) 無回答 (2

対象者の属性 1. 調査対象今春就職を予定している男女 2. 調査エリア全国 3. 調査期間 2004 年 2 月 27 日 ~ 3 月 12 日 4. 調査方法留置法 5. 有効回答者数 658 人 6. 回答者の内訳 (1) アンケート記入者の性別 ( 人 ) 無回答 (2

全体としては、 “就職難”の影響か、より会社や仕事に対する執着が強くなったように見えますが、 5年前よりも、わずかながら日本経済に明るい兆しが見えつつある中、新入社員のマインドが「プラ イベートも大切にしながら、バリバリ仕事をしたい」という前向きな方向に変化してきた、ともいえ るのではないでしょか。

10 さらに読み込む

目 次 Ⅰ. 調査の概要 1. 調査の目的 対象等 2. 有効回答数および回答者の内訳 Ⅱ. 調査結果 5 1. 住まいについて 1 -a. 現在の家賃は?( ) -b. 現在の家賃は?( ) 2 -a. 現在の間取りタイプ 建物タイプは?( ) -b. 現在の間取りタイプ 建物タイプは

目 次 Ⅰ. 調査の概要 1. 調査の目的 対象等 2. 有効回答数および回答者の内訳 Ⅱ. 調査結果 5 1. 住まいについて 1 -a. 現在の家賃は?( ) -b. 現在の家賃は?( ) 2 -a. 現在の間取りタイプ 建物タイプは?( ) -b. 現在の間取りタイプ 建物タイプは

社会人の皆さんが現在の住まい探しで重視したことの上位 6 項目までは学生と同じでした。ただ、トップ 2 の 「家賃」と「間取り・広さ」の回答率が学生より 5 ポイント以上高く、特に女性の「家賃」の回答率が 97%となって いることが特徴的です。一方で、「設備」については、男性が学生より 4.5 ポイント、女性は同 10.5 ポイントも低 く、仕送りに頼らず自立した一人暮らしを実現するために、とりあえず家賃にこだわった様子がうかがえます。
さらに見せる

24 さらに読み込む

調査概要 調査内容 調査期間 有効回答数 644 調査方法 スマートフォンに関する主婦の意識調査 2010 年 10 月 20 日 ~2010 年 11 月 1 日 モバイルサイト ママイコ でのアンケート調査 表中の N=* はその設問の有効回答総数です 引用 転載時のクレジット表記のお願い当資料

調査概要 調査内容 調査期間 有効回答数 644 調査方法 スマートフォンに関する主婦の意識調査 2010 年 10 月 20 日 ~2010 年 11 月 1 日 モバイルサイト ママイコ でのアンケート調査 表中の N=* はその設問の有効回答総数です 引用 転載時のクレジット表記のお願い当資料

今回調査した設問・選択肢(3)  各携帯会社(docomo/au/SoftBank)のCMであなたが好感を持った( 好きな)CMは次のうちどれですか?(複数回答) • docomo/「スマフォ ミーティング」篇(渡辺謙/ダース・ベイダー) • docomo/「i Bodymo」篇(堀北真希/木村カエラ)

15 さらに読み込む

対象者の属性 1. 調査対象 20~79 歳の既婚男女 2. 調査エリア 全国 3. 調査期間 4. 調査方法 2017 年 10 月 10 日 ( 火 )~10 月 16 日 ( 月 ) インターネット調査 5. 有効回答者数 1,596 人 6. 回答者の内訳 ( 単位 : 人 ) 20 歳代

対象者の属性 1. 調査対象 20~79 歳の既婚男女 2. 調査エリア 全国 3. 調査期間 4. 調査方法 2017 年 10 月 10 日 ( 火 )~10 月 16 日 ( 月 ) インターネット調査 5. 有効回答者数 1,596 人 6. 回答者の内訳 ( 単位 : 人 ) 20 歳代

した。なお、 「1年以下」と回答した20代は26.1%、30代は24.0%にとどま っており、平均年数は、20代「3年0ヵ月」 、30代「3年1ヵ月」という結果になり ました。晩婚化が進む昨今、なかなか結婚に踏み切れない若者の姿が目に浮かびます。 ○交際期間を円満度別でみると、交際期間と円満度に明確な傾向は見られませんでした。 「ス

21 さらに読み込む

in 幸田 ご意見用紙回答内容 平成29年度 「市長とドンドン語ろう!」  熊本市ホームページ

in 幸田 ご意見用紙回答内容 平成29年度 「市長とドンドン語ろう!」 熊本市ホームページ

御幸木部地区については、道路整備プログラムに市道木部第109 号線の道路整備が位置付けられているところであるが、現在は未舗 装であるため農耕車以外の利用は少ない状況である。 また、その南側の市道木部第36号線については地元自治会より法 面の有効活用による車両離合箇所の確保の要望がされているところ であり、今後は地元自治会と協議し、まずは優先的に整備する箇所 の選定等を行っていく。

1 さらに読み込む

IV. 結果および考察 1) 回収率回収数は 133 部 ( 内未記入回答等無効回答 3) で 有効回答回収率は 31.0% であった 2) 回答者の属性 ( 表 1) 回答者は 男性 7 名 (5.4%) 女性 123 名 (94.6%) であった 平均年齢は 40.6±6.1 歳 ( 中央値 4

IV. 結果および考察 1) 回収率回収数は 133 部 ( 内未記入回答等無効回答 3) で 有効回答回収率は 31.0% であった 2) 回答者の属性 ( 表 1) 回答者は 男性 7 名 (5.4%) 女性 123 名 (94.6%) であった 平均年齢は 40.6±6.1 歳 ( 中央値 4

定機能病院が 22 施設(81.5%)であった。 2004 年の医療法の一部改正により特定機能 病院 81 施設に感染管理専任者の配置が義 務付けられたことが影響していると考えられる が、全回答者のうち特定機能病院に所属して いたのは 28 名であったが、3 名(10.7%)は専 任、 8 名(28.6%)は兼任であると回答していた。 医療法における位置づけが専任であることや、 感染管理看護師の複数配置による影響など が考えられるが、本調査では明らかになって
さらに見せる

16 さらに読み込む

対象者の属性 1. 調査対象今春就職を予定している新卒男女 2. 調査エリア全国 3. 調査期間 2016 年 1 月 8 日 ( 金 )~ 1 月 18 日 ( 月 ) 4. 調査方法インターネット調査 5. 有効回答者数 1,112 人 6. 回答者の内訳 (1) 回答者の性別 ( 単位 : 人

対象者の属性 1. 調査対象今春就職を予定している新卒男女 2. 調査エリア全国 3. 調査期間 2016 年 1 月 8 日 ( 金 )~ 1 月 18 日 ( 月 ) 4. 調査方法インターネット調査 5. 有効回答者数 1,112 人 6. 回答者の内訳 (1) 回答者の性別 ( 単位 : 人

就職活動のスケジュール変更は「ネガティブな影響があった」が67%となりました。 また、就職活動満足度を「不満」と回答した46%の新入社員は、平均20.8社を 大きく上回る27.3社にエントリーしたものの、内定は平均2.37社を下回 る 1.86社にとどまり、文字通り苦しい就職活動になったようです(エントリー 企 業数・内定企業数の平均は4ページ参照)

17 さらに読み込む

目次 1 調査概要 調査結果 回答者の属性 防災知識に関する設問の回答傾向 家庭内防災対策に関する設問の回答傾向 災害に対する意識に関する設問の回答傾向 地域防災に関する設問の回答傾向... 1

目次 1 調査概要 調査結果 回答者の属性 防災知識に関する設問の回答傾向 家庭内防災対策に関する設問の回答傾向 災害に対する意識に関する設問の回答傾向 地域防災に関する設問の回答傾向... 1

》 年に一度程度、各家庭に防災に関する情報、知識、意識の持ち方等を配 布してほしい 》 不安な気持ちはあるものの準備などは全くしていないのでこのアンケー トで考えさせられました。行政から発信される情報をいつ、どこで入手 できるかをもっと知るべきとも思います。 HP などは見る機会があまりな いのでもう少し身近なもので知りたいです。学校からプリントをもらう。 回覧板は有効なのでは。

27 さらに読み込む

目次 1 調査概要 調査結果 回答者の属性 防災知識に関する設問の回答傾向 家庭内防災対策に関する設問の回答傾向 災害に対する意識に関する設問の回答傾向 地域防災に関する設問の回答傾向... 1

目次 1 調査概要 調査結果 回答者の属性 防災知識に関する設問の回答傾向 家庭内防災対策に関する設問の回答傾向 災害に対する意識に関する設問の回答傾向 地域防災に関する設問の回答傾向... 1

有効な活動ができるか否かの判断の理由 ①有効な活動ができないと思う理由: ・あまりよく知られていないから(知らないから) ・あまり訓練をしていないから(していないと思うから) ・いざとなったら訓練だけでは、難しいと思うから

32 さらに読み込む

調査概要 回答者プロフィール 調査期間調査方法有効回答 204 年 2 月 6 2 月 22 シティリビングWeb メール会員を対象としたWebアンケート 662 票 年代 6.3% 未既婚 3.0% = 代 = % 36.6% 30 代 40 代 50 代 4.7% 独身既

調査概要 回答者プロフィール 調査期間調査方法有効回答 204 年 2 月 6 2 月 22 シティリビングWeb メール会員を対象としたWebアンケート 662 票 年代 6.3% 未既婚 3.0% = 代 = % 36.6% 30 代 40 代 50 代 4.7% 独身既

Q7.あなたが持っているクレジットカードで貯めたポイントは、どのように利⽤していますか ︖(複数回答可) ●マイルに移⾏ ●商品券やギフトカードと交換 ●食事券と交換 ●宿泊券と交換 ●商品と交換 ●年会費に充填 ●キャッシュバック ●商品購⼊時に利⽤ ●その他 ●特に利⽤していない

17 さらに読み込む

魚類骨格透明標本は海洋環境教育―海の中の「食う・食われる」を覗いてみよう―に有効である

魚類骨格透明標本は海洋環境教育―海の中の「食う・食われる」を覗いてみよう―に有効である

しかしその一方で、OC の質問 4「プランクトンと魚」 の事前と事後の差(0.05 PT)はあまりにも低すぎる(Fig. 3)。この理由は、自由記述の質問 8「楽しかったのはどう してですか?」の回答によって理解できる。先の 3 つの回 答例の他にも「魚の構造を詳しく見ることができた」とか 「すごくキレイだった」といった透明標本そのもの、ある いは透明標本を身近に観察したり解剖したりすることがで きることにワクワクしていたことがうかがえる。つまり OC 参加者の中高生は、透明標本とそれを通した動物プラ ンクトンとの「食べる・食べられる関係」というよりも、 透明標本そのものに興味があったと考えられる。
さらに見せる

9 さらに読み込む

対象者の属性 1. 調査対象 今春就職を予定している新卒男女 2. 調査エリア 全国 3. 調査期間 2012 年 2 月 17 日 ~2 月 29 日 4. 調査方法 インターネット調査 5. 有効回答者数 966 人 6. 回答者の内訳 (1) 回答者の性別 男性 女性 ( 単位 : 人 ) 4

対象者の属性 1. 調査対象 今春就職を予定している新卒男女 2. 調査エリア 全国 3. 調査期間 2012 年 2 月 17 日 ~2 月 29 日 4. 調査方法 インターネット調査 5. 有効回答者数 966 人 6. 回答者の内訳 (1) 回答者の性別 男性 女性 ( 単位 : 人 ) 4

・ また、老後への不安材料は『生活資金などのお金』 (43.3%)と『公的年金』 (27. 7%)が高く、とりわけ、 『公的年金』に対する不安が4.5ポイント増加しています。現 在、 “社会保障と税の一体改革”が鋭意議論されていますが、新入社員のみなさんも注目し ているのではないでしょか。 Q.老後に対する不安について

19 さらに読み込む

調査概要 調査テーマ 妊娠期から育児期における家族の QOL と子育ての環境との関連性 生活の実態など 調査方法 郵送法 自記式アンケートを郵送により配布 回収 調査名 調査時期 調査地域 調査対象 回収数 妻 有効回答数 夫 有効回答数 妊娠期 728 5,773 人 育児期計 1,860 データ

調査概要 調査テーマ 妊娠期から育児期における家族の QOL と子育ての環境との関連性 生活の実態など 調査方法 郵送法 自記式アンケートを郵送により配布 回収 調査名 調査時期 調査地域 調査対象 回収数 妻 有効回答数 夫 有効回答数 妊娠期 728 5,773 人 育児期計 1,860 データ

で、子育て家庭への直接的な経済支援や 幼稚園・保育所の保育料への助成など は、4 〜 5 割が「充実していない」と評 価しています。子どもを通じた近所づき あいもこの 5 年間で減少する傾向がみ られました。子どもが少なくなっていく 社会のなかで、今後なおいっそうの政策 レベルの努力や、地域での子育て家族へ の支援の強化が求められているといえる でしょ。本調査の結果がそのための基 礎的資料として広く活用されることを心 から願っています。
さらに見せる

16 さらに読み込む

新東名高速道路の アンケート調査概要 調査対象企業 : 静岡県内に本社 事業所を置く企業 2, 社 ( 当所会社要覧より抽出 ) 個人 : 上記企業所属の従業員または家族 合計 2, 人有効回答数企業 :922 社 ( 有効回答率 43.3%) 個人:1, 人 (

新東名高速道路の アンケート調査概要 調査対象企業 : 静岡県内に本社 事業所を置く企業 2, 社 ( 当所会社要覧より抽出 ) 個人 : 上記企業所属の従業員または家族 合計 2, 人有効回答数企業 :922 社 ( 有効回答率 43.3%) 個人:1, 人 (

新東名利用に伴う効果 新東名の開通による効果 約4割の企業が時短などを実感 次に、新東名を利用することでどのような効果 があがっているかをみていこ。新東名の開通 で、物流・営業面での効果や、生活面での好影響 があった(「大いに効果があった」または「若干の効 果はあった」)とするのは、企業で 4 1 . 2 %、個人 で 5 0 . 4 %だった(図表4)。地域別でみると、い ずれも中部地域が最も高く、企業で 4 9 . 6 %、個 人で 5 8 . 7 %がプラスの効果を実感している。企 業の業種別では、運輸業が 5 1 . 1 %と最も高かっ た。新東名の利用状況別にみると、利用頻度と効 果には強い相関関係がみられ、新東名をよく利用
さらに見せる

10 さらに読み込む

かや砂浜の環境要因と本種が持つ産卵行動特性について考察する さらに 当該調査地においては既設の消波ブロックをセットバックし ウミガメの上陸しやすい砂浜の再生を目的とした エココースト事業 が 2006 年から段階的に実施されてきた 当該事業がウミガメの産卵行動に変化を及ぼしたかどうかについても考察す

調査結果の概要 調査対象者 723 人 有効回答数 721 人 ( うち女性 179 人 )( 回答率 99.7%) 以下の各問の欄の N は それぞれの問に対する有効回答数 問 1. 国家公務員になろうとした主な理由は何ですか ( 三つ選択 ) 仕事にやりがいがある 公共のために仕事ができる 70

男性は「本府省の局長級」が18.7%、「事務次官級」が15.3%、「本府省の課長級」が14.4%となって おり、本府省の局次長・審議官級以上の指定職まで昇進したいと考える者は40.7%でした。一方女性 は「本府省の局長級」が11.2%、「本府省の課長級」が10.6%、「事務次官級」が6.7%となっており、 指定職まで昇進したいと考える者は19.6%でした。また「分からない」と回答した者は、男性で39.2 %、女性では59.1%に上り、女性の約6割の者が昇進のイメージを持っていないと思われます。
さらに見せる

12 さらに読み込む

調査概要 調査対象 : 20 代 ~60 代の男女 387 名 ( 男性 240 名 女性 147 名 ) 有効回答者数 :387 名 全回答から室内でペットを飼っている 小学生の子どもがいる 高齢の親がいる のいずれかに該当する方の回答を抽出し 有効回答とした 調査期間 :2015 年 4 月 7

調査概要 調査対象 : 20 代 ~60 代の男女 387 名 ( 男性 240 名 女性 147 名 ) 有効回答者数 :387 名 全回答から室内でペットを飼っている 小学生の子どもがいる 高齢の親がいる のいずれかに該当する方の回答を抽出し 有効回答とした 調査期間 :2015 年 4 月 7

そこで、高齢の親と離れて暮らしている方に、親の安否について尋ねたところ、71.7%が 「とても気になる」 「少し気になる」と回答しました(グラフ 7)。親と連絡をとる頻度は「1 か月に 1 回程度以上」の方が 7 割以上を占めるものの(グラフ 8)、8 割以上の方が「もっと 連絡をとった方が良い」と思っているという結果になりました(「もっと連絡をとった方が 良いと強く思う(25.0%)」、「どちらかというと連絡をとった方が良いと思う(58.5%)」) (グラフ 9) 。離れて暮らす親のことを気にかけて連絡はしているものの、十分なコミュニ ケーションがとれていない、と感じている様子がうかがえます。
さらに見せる

7 さらに読み込む

3. 実施期間 平成 24 年 7 月 11 日 ~7 月 24 日 4. 対象 食品安全モニター 470 名 有効回答数 344 名 ( 有効回答率 :73.2%) 1) 食品安全モニターの回答者数の内訳 1 男女別 : 回答者数 割合 全体 344 人 10% 178 人 51.7% 166 人

3. 実施期間 平成 24 年 7 月 11 日 ~7 月 24 日 4. 対象 食品安全モニター 470 名 有効回答数 344 名 ( 有効回答率 :73.2%) 1) 食品安全モニターの回答者数の内訳 1 男女別 : 回答者数 割合 全体 344 人 10% 178 人 51.7% 166 人

生活習慣によるがんリスクは自業自得の面が大きく、改善することが可能である。しか し、現在の人工放射性物質によるがんリスクは、不検査の食品が出回り、空気中、飲 料水中にホットパーティクルが含まれれば回避することは難しい。また、東電と政府の 人災によって引き起こされた事故で、なぜ日本国民が望まないがんリスクを背負わさ れなければならないのか理解に苦しむ。生活習慣のがんリスクと放射性物質によるが んリスクを比較するのは一見妥当なように感じさせるが、巧妙な論旨のすり替えであ る。国立がんセンターのような国立の機関が、一般人をミスリードしよとするのは不可 解である
さらに見せる

144 さらに読み込む

Show all 8940 documents...