日本国債等

Top PDF 日本国債等:

ブラジル国債販売用資料

ブラジル国債販売用資料

ブラジル国債投資のポイント 高い利率、好利回りと税制優遇措置 ◎ 『みなし外国税額控除』は海外で減免されても納税とみなす制度 租税条約により開発途上国で減免された税額を、 開発途上国で納付したものとみなして、 その分を投資家の居住国 における納付税額から控除するという制度が設けられています。 これが、 「みなし外国税額控除」 です。 日本とブラジル との租税条約では、 ブラジルの国債日本の居住者が購入した場合、 利子については 20%をブラジルで納税した ものとみなして、 日本において確定申告により税額控除の適用を受けることができます。
さらに見せる

7 さらに読み込む

ファンドの目的 特色 ファンドの目的 確定拠出年金制度のための専用ファンドとして 長期的な信託財産の成長を目指して運用を行います ファンドの特色 FTSE 世界国債インデックス ( 除く日本 円ベース ) に採用されている国の国債等に分散投資を行い 同インデックスと連動する投資成果を目標として運用を

ファンドの目的 特色 ファンドの目的 確定拠出年金制度のための専用ファンドとして 長期的な信託財産の成長を目指して運用を行います ファンドの特色 FTSE 世界国債インデックス ( 除く日本 円ベース ) に採用されている国の国債等に分散投資を行い 同インデックスと連動する投資成果を目標として運用を

※5 FTSE世界国債インデックスは、FTSE Fixed Income LLCにより運営されている債券インデックスです。FTSE Fixed Income LLCは、本ファンドのスポンサーではな く、本ファンドの推奨、販売あるいは販売促進を行っておりません。このインデックスのデータは、情報提供のみを目的としており、FTSE Fixed Income LLCは、当該 データの正確性および完全性を保証せず、またデータの誤謬、脱漏または遅延につき何ら責任を負いません。このインデックスに対する著作権の知的財産その他一 切の権利はFTSE Fixed Income LLCに帰属します。
さらに見せる

8 さらに読み込む

ファンドの目的 特色 ファンドの目的 日本を除く先進国の債券市場の値動きに連動する投資成果をめざします ファンドの特色 FTSE 世界国債インデックス ( 除く日本 円換算ベース ) と連動する投資成果をめざして運用を行います FTSE 世界国債インデックス ( 除く日本 円換算ベース ) をベンチ

ファンドの目的 特色 ファンドの目的 日本を除く先進国の債券市場の値動きに連動する投資成果をめざします ファンドの特色 FTSE 世界国債インデックス ( 除く日本 円換算ベース ) と連動する投資成果をめざして運用を行います FTSE 世界国債インデックス ( 除く日本 円換算ベース ) をベンチ

※「NISA(少額投資非課税制度)およびジュニアNISA(未成年者少額投資非課税制度)」をご利用の場合 毎年、一定額の範囲で新たに購入した公募株式投資信託などから生じる配当所得および譲渡所得が一定期間非課税となります。 販売会社で非課税口座を開設するなど、一定の条件に該当する方が対象となります。くわしくは、販売会社にお問合わせください。 ※確定拠出年金法に定める加入者の運用の指図に基づいて購入の申込みを行う資産管理機関および国民年金基金連合会
さらに見せる

12 さらに読み込む

ファンドの目的 特色 ファンドの目的 確定拠出年金制度のための専用ファンドとして 長期的な信託財産の成長を目指して運用を行います ファンドの特色 シティグループ世界国債インデックス ( 除く日本 ヘッジなし 円ベース ) に採用されている国の国債等に投資し 同インデックスと連動する投資成果を目標とし

ファンドの目的 特色 ファンドの目的 確定拠出年金制度のための専用ファンドとして 長期的な信託財産の成長を目指して運用を行います ファンドの特色 シティグループ世界国債インデックス ( 除く日本 ヘッジなし 円ベース ) に採用されている国の国債等に投資し 同インデックスと連動する投資成果を目標とし

ファンドは、シティグループ世界国債インデックス(除く日本、ヘッジなし・円ベース)と連動する 投資成果を目標として運用を行いますが、ファンドへの入出金、個別銘柄の実質組入比率の違 い、売買コストや信託報酬の影響から、ファンドの基準価額騰落率と上記インデックスの騰 落率は必ずしも一致しません。

8 さらに読み込む

ファンドの目的 特色 ファンドの名称について正式名称のほかに 略称等で記載する場合があります 正式名称 略 称 アムンディ TCW 新興国債券ファンド ( 米ドルコース ) 米ドルコース アムンディ TCW 新興国債券ファンド ( 豪ドルコース ) 豪ドルコース アムンディ TCW 新興国債券ファン

ファンドの目的 特色 ファンドの名称について正式名称のほかに 略称等で記載する場合があります 正式名称 略 称 アムンディ TCW 新興国債券ファンド ( 米ドルコース ) 米ドルコース アムンディ TCW 新興国債券ファンド ( 豪ドルコース ) 豪ドルコース アムンディ TCW 新興国債券ファン

※属性区分に記載している「為替ヘッジ」は、対円での為替リスクに対するヘッジの有無を記載しております。 商品分類および属性区分の定義については、一般社団法人投資信託協会のホームページ(http://www.toushin.or.jp/)をご覧ください。 投資信託説明書(交付目論見書) ●本書は、金融商品取引法(昭和23年法律第25号)第13条の規定に基づく目論見書です。この目論見書により行うアムンディ・TCW・ 新興国債券ファンド(通貨選択型)の受益権の募集については、発行者であるアムンディ・ジャパン株式会社(委託会社)は、同法第5条の 規定により有価証券届出書を平成27年3月6日に関東財務局長に提出しており、平成27年3月7日にその届出の効力が生じておりま す。
さらに見せる

20 さらに読み込む

ファンドの目的 特色 ファンドの名称について正式名称のほかに 略称等で記載する場合があります 正式名称 略 称 アムンディ TCW 新興国債券ファンド ( 米ドルコース ) 米ドルコース アムンディ TCW 新興国債券ファンド ( 豪ドルコース ) 豪ドルコース アムンディ TCW 新興国債券ファン

ファンドの目的 特色 ファンドの名称について正式名称のほかに 略称等で記載する場合があります 正式名称 略 称 アムンディ TCW 新興国債券ファンド ( 米ドルコース ) 米ドルコース アムンディ TCW 新興国債券ファンド ( 豪ドルコース ) 豪ドルコース アムンディ TCW 新興国債券ファン

◆上記の運用管理費用(信託報酬)は、本書作成日現在のものです。 そ の 他 の 費 用 ・ 手 数 料 投資信託財産に関する租税、信託事務の処理に要する諸費用(監査費用、法律顧問・税務顧問への報酬、 目論見書・運用報告書の印刷費用、有価証券届出書関連費用、郵送費用、公告費用、格付費用、受益権の 管理事務に関連する費用およびこれらの諸費用にかかる消費税に相当する金額を含みます)および 受託会社の立替えた立替金の利息は、投資者の負担とし、投資信託財産中から支弁することができます。 また、有価証券売買時の売買委託手数料、組入資産の保管費用などの諸費用がかかります。
さらに見せる

17 さらに読み込む

ファンドの目的 特色 ファンドの目的 日本を除く先進国の債券市場の値動きに連動する投資成果をめざします ファンドの特色 シティ世界国債インデックス ( 除く日本 円換算ベース ) と連動する投資成果をめざして運用を行います シティ世界国債インデックス ( 除く日本 円換算ベース ) をベンチマークと

ファンドの目的 特色 ファンドの目的 日本を除く先進国の債券市場の値動きに連動する投資成果をめざします ファンドの特色 シティ世界国債インデックス ( 除く日本 円換算ベース ) と連動する投資成果をめざして運用を行います シティ世界国債インデックス ( 除く日本 円換算ベース ) をベンチマークと

上記は、過去の実績であり、将来の投資成果を保証するものではありません。 代表的な資産クラスの指数について 資産クラス 指数名 注記 日本株 TOPIX(配当込み) TOPIX(配当込み)とは、東京証券取引所第一部に上場する内国普通株式全銘柄を対象 として算出した指数(TOPIX)に、現金配当による権利落ちの修正を加えた株価指数 です。TOPIX(配当込み)に関する知的財産権その他一切の権利は東京証券取引所に 帰属します。東京証券取引所は、TOPIX(配当込み)の算出もしくは公表の方法の変更、 TOPIX(配当込み)の算出もしくは公表の停止またはTOPIX(配当込み)の商標の変更
さらに見せる

12 さらに読み込む

「国債の即時グロス決済に関するガイドライン」

「国債の即時グロス決済に関するガイドライン」

平成21年9月には、本協会「証券受渡・決済制度改革懇談会」及び「証券決済制度 改革推進会議」の下部機関である「国債の決済期間の短縮化に関する検討ワーキング・ グループ」を設置しました。国債取引の決済リスクの軽減を図る観点から、決済期間の 短縮に関する検討を行い、平成22年12月に中間報告書を公表したほか、平成23年 3月には、国債の売買(アウトライト)取引における標準的な決済期間をT+3(原則 として売買約定日から起算して4営業日目の日に受渡し・決済を行うこと)からT+2 に短縮すること(以下「アウトライトT+2化」といいます。)に伴う、相対ネッティ ング照合事務の電子化や異額面のペイメント・ネッティングの取扱いを取りまとめま した。これを踏まえ、本協会では、平成23年6月に、ガイドラインの「Ⅳ.二当事者 間におけるネッティングに関するガイドライン」について改正を行い、平成24年4月 23日から実施しました。
さらに見せる

37 さらに読み込む

2 / 7 投資対象ファンドの利回りおよび組入比率 投資する債券 ファンド名 コスト控除前利回り *1 *2 運用管理費用 為替ヘッジコスト *3 コスト控除後利回り *4 合計 99.5% 組入比率 日本国債 ダイワ日本国債 MF 住宅金融支援機構債 住宅金融支援機構債ファンド 先進国通貨建債券

2 / 7 投資対象ファンドの利回りおよび組入比率 投資する債券 ファンド名 コスト控除前利回り *1 *2 運用管理費用 為替ヘッジコスト *3 コスト控除後利回り *4 合計 99.5% 組入比率 日本国債 ダイワ日本国債 MF 住宅金融支援機構債 住宅金融支援機構債ファンド 先進国通貨建債券

● 当ファンドは、値動きのある有価証券に投資しますので、基準価額は変動します。 したがって、投資元本が保証さ れているものではなく、これを割込むことがあります。信託財産に生じた利益および損失は、すべて投資者に帰属し ます。投資信託は預貯金とは異なります。 基準価額の主な変動要因は、以下のとおりです。 「価格変動リスク・信用リスク(公社債の価格変動)」、「為替変動リスク」、「カントリー・リスク」、「本戦略に伴うリ スク」、「その他(解約申込みに伴うリスク)」
さらに見せる

7 さらに読み込む

1. ファンドの目的 特色 ファンドの目的 シティ世界国債インデックス ( 除く日本 円ベース 為替ヘッジなし ) の動きに連動する投資成果をめざして運用を行います ファンドの特色 1 主に外国債券パッシブ ファンド マザーファンドに投資を行い シティ世界国債インデックス ( 除く日本 円ベース 為

1. ファンドの目的 特色 ファンドの目的 シティ世界国債インデックス ( 除く日本 円ベース 為替ヘッジなし ) の動きに連動する投資成果をめざして運用を行います ファンドの特色 1 主に外国債券パッシブ ファンド マザーファンドに投資を行い シティ世界国債インデックス ( 除く日本 円ベース 為

●当ファンドは、ファミリーファンド方式で運用を行います。そのため、当ファンドが投資対象とするマザーファンドを投資対象 とする他のベビーファンドに追加設定・解約があった場合、資金変動が起こり、その結果、当該マザーファンドにおいて 売買が生じた場合には、当ファンドの基準価額に影響をおよぼす場合があります。 委託会社では、運用担当部署から独立したコンプライアンス・リスク管理担当部署が、運用リスクを把握、管理し、その結果に基づき 運用担当部署へ対応の指示を行うことにより、適切な管理を行います。また、運用担当部署から独立したリスク管理担当部署が、 ファンドの運用パフォーマンスについて定期的に分析を行い、結果の評価を行います。リスク管理に関する委員会はこれらの 運用リスクの管理状況、運用パフォーマンス評価の報告を受け、総合的な見地から運用状況全般の管理・評価を行います。 ※リスク管理体制は、今後変更になることがあります。
さらに見せる

8 さらに読み込む

供託者等の住所 氏名または名称および個人番号または法人番 号は 供託者等の口座管理機関から日本銀行に対して 課税事 務のために提供される 2 所得税の徴収 納 入 利付国債の利子または割引国債等 ( 国庫短期証券のうち その銘柄の価格競争入札における募入最低価格 ( 額面金額 100 円当り ) が

供託者等の住所 氏名または名称および個人番号または法人番 号は 供託者等の口座管理機関から日本銀行に対して 課税事 務のために提供される 2 所得税の徴収 納 入 利付国債の利子または割引国債等 ( 国庫短期証券のうち その銘柄の価格競争入札における募入最低価格 ( 額面金額 100 円当り ) が

* 納入時期について、地方税法に規定するやむを得ない理由があ る場合には、この限りではない。 * 納入は、元利金の支払を受ける者の住所地の都道府県に対して 行う。納入の際には、配当割に係る納入申告書(特別徴収税額計 算書と一体のもの)、納入済通知書、納入書および領収書が4枚複 写となったものを、該当する都道府県の指定金融機関公金収納 機関に提出する。

6 さらに読み込む

「スマート・ファイブ(毎月決算型)/(1年決算型)」今後も日本国債から投資収益が見込めますか?

「スマート・ファイブ(毎月決算型)/(1年決算型)」今後も日本国債から投資収益が見込めますか?

 分配金は、計算期間中に発生した収益(経費控除後の配当収益および評価益を含む売買益)を超えて 支払われる場合があります。その場合、当期決算日の基準価額は前期決算日と比べて下落することにな ります。また、分配金の水準は、必ずしも計算期間におけるファンドの収益率を示すものではありません。 投資者の 購入価額 (当初個別元本)

12 さらに読み込む

2 / 7 投資対象ファンドの利回りおよび組入比率 投資する債券 ファンド名 コスト控除前利回り *1 *2 運用管理費用 為替ヘッジコスト *3 コスト控除後利回り *4 合計 99.5% 組入比率 日本国債 ダイワ日本国債 MF 住宅金融支援機構債 住宅金融支援機構債ファンド 先進国通貨建債券

2 / 7 投資対象ファンドの利回りおよび組入比率 投資する債券 ファンド名 コスト控除前利回り *1 *2 運用管理費用 為替ヘッジコスト *3 コスト控除後利回り *4 合計 99.5% 組入比率 日本国債 ダイワ日本国債 MF 住宅金融支援機構債 住宅金融支援機構債ファンド 先進国通貨建債券

 投資信託は、値動きのある有価証券に投資しますので、基準価額は大きく変動します。したがって、 投資者のみなさまの投資元本が保証されているものではありません。信託財産に生じた利益および損失 は、すべて投資者に帰属します。投資信託は預貯金とは異なります。  投資信託は、預金や保険契約とは異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の保護の対象ではありま せん。証券会社以外でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象ではありません。
さらに見せる

7 さらに読み込む

2 / 7 投資対象ファンドの利回りおよび組入比率 投資する債券 ファンド名 コスト控除前利回り *1 *2 運用管理費用 為替ヘッジコスト *3 コスト控除後利回り *4 合計 99.5% 組入比率 日本国債 ダイワ日本国債 MF 住宅金融支援機構債 住宅金融支援機構債ファンド 先進国通貨建債券

2 / 7 投資対象ファンドの利回りおよび組入比率 投資する債券 ファンド名 コスト控除前利回り *1 *2 運用管理費用 為替ヘッジコスト *3 コスト控除後利回り *4 合計 99.5% 組入比率 日本国債 ダイワ日本国債 MF 住宅金融支援機構債 住宅金融支援機構債ファンド 先進国通貨建債券

 投資信託は、値動きのある有価証券に投資しますので、基準価額は大きく変動します。したがって、 投資者のみなさまの投資元本が保証されているものではありません。信託財産に生じた利益および損失 は、すべて投資者に帰属します。投資信託は預貯金とは異なります。  投資信託は、預金や保険契約とは異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の保護の対象ではありま せん。証券会社以外でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象ではありません。
さらに見せる

7 さらに読み込む

国債市場の持続可能性

国債市場の持続可能性

流動性の高い国債市場の存在は、国内外の多様な投資家による国債保有を誘引 する要素となり、国債の確実かつ円滑な発行および中長期的な資金調達コストの 抑制に資するものである。 財務省は、国債の流動性の維持・向上のため、市場参加者間の取引の活発化を 通じた市場の自律的機能によることを基本とし、発行段階での工夫による後押し や国債管理政策の基本目標の達成に必要な範囲での補完的な手段の活用に取組 んでいる。具体的には、 a.国債の発行に際して、既発債と同一の元利払日および 表面利率を設定して、発行時からその国債を当該既発債と同一銘柄として取り扱 う「リオープン制度」の導入( 2002 年)、b.償還期限到来前に債券を市中から 買い入れて消却を行う「買入消却」の導入( 2003 年)、c.構造的に流動性が不足 している銘柄や需要の高まりにより一時的に流動性が不足している銘柄の追 加発行を行う「流動性供給入札」の開始( 2006 年)、d.国債市場特別参加者制 度の段階的導入、の措置が実施されている。
さらに見せる

23 さらに読み込む

債券税制の見直し(金融所得課税の一体化)に伴う国債振替決済制度の変更点等について

債券税制の見直し(金融所得課税の一体化)に伴う国債振替決済制度の変更点等について

―― 日銀源泉徴収口には自己口ⅢおよびⅣを、日銀源徴分別口には自己口Ⅲを 設けることとし、これに伴い、現行の種別名なしの種別の自己口ⅢおよびⅣ、 分別管理口の自己口Ⅲは廃止します 1516 (現行の種別名なしの種別の自己口Ⅲ またはⅣに記録されている国債のうち日本銀行が源泉徴収を行わないもの は、種別名なしの種別の自己口ⅠまたはⅡに、現行の分別管理口の自己口Ⅲ に記録されている国債のうち日本銀行が源泉徴収を行わないものは、分別管 理口の自己口Ⅰに記録することとします。 )。
さらに見せる

17 さらに読み込む

高脂血症の検査

ファンドの目的 特色 ファンドの目的 日本を除く世界各国の公社債を実質的な主要投資対象とし 日本を除く世界各国の国債の指標であるシティ世界国債インデックス ( 除く日本 円ベース ) に連動する投資成果をめざします ファンドの特色 1 日本を除く世界各国の公社債を主要投資対象とします 運用にあたって

また、公社債、短期金融商品に直接投資することもできます。 株式への投資は、転換社債および転換社債型新株予約権付社債の転換により取得したものに限り ます。 なお、国内において行われる有価証券先物取引、有価証券指数先物取引、有価証券オプション取 引、通貨に係る先物取引、通貨に係る選択権取引、金利に係る先物取引および金利に係るオプショ ン取引ならびに外国の市場における有価証券先物取引、有価証券指数先物取引、有価証券オプシ ョン取引、通貨に係る先物取引、通貨に係るオプション取引、金利に係る先物取引および金利に係 るオプション取引と類似の取引を行うことができます。
さらに見せる

17 さらに読み込む

個人向け国債事務取扱要領

個人向け国債事務取扱要領

第16条(利用手数料) 1.本サービスの利用にあたっては、当金庫所定の手数料(以下「利用手数料」といいます)をいただき ます。 なお、利用手数料には消費税相当額を含みます。 2.当金庫は、利用手数料を普通預金規定、総合口座取引規定および当座勘定規定にかかわらず、通帳・ 払戻請求書・キャッシュカードまたは当座小切手の提出を受けることなしに、予め指定された決済口座 から(複数ある場合には代表口座から) 、当金庫所定の日に自動的に引落します。
さらに見せる

11 さらに読み込む

2 / 7 投資対象ファンドの利回りおよび組入比率 投資する債券 ファンド名 コスト控除前利回り *1 *2 運用管理費用 為替ヘッジコスト *3 コスト控除後利回り *4 合計 99.5% 組入比率 日本国債 ダイワ日本国債 MF 住宅金融支援機構債 住宅金融支援機構債ファンド 先進国通貨建債券

2 / 7 投資対象ファンドの利回りおよび組入比率 投資する債券 ファンド名 コスト控除前利回り *1 *2 運用管理費用 為替ヘッジコスト *3 コスト控除後利回り *4 合計 99.5% 組入比率 日本国債 ダイワ日本国債 MF 住宅金融支援機構債 住宅金融支援機構債ファンド 先進国通貨建債券

● 当ファンドは、値動きのある有価証券に投資しますので、基準価額は変動します。 したがって、投資元本が保証さ れているものではなく、これを割込むことがあります。信託財産に生じた利益および損失は、すべて投資者に帰属し ます。投資信託は預貯金とは異なります。 基準価額の主な変動要因は、以下のとおりです。 「価格変動リスク・信用リスク(公社債の価格変動)」、「為替変動リスク」、「カントリー・リスク」、「本戦略に伴うリ スク」、「その他(解約申込みに伴うリスク)」
さらに見せる

7 さらに読み込む

当ファンドの仕組みは次の通りです 商品分類追加型投信 / 海外 / 債券 / インデックス型信託期間無期限 (2002 年 8 月 29 日設定 ) 日本を除く世界主要国の国債等からなる債券市場全体の動きを概ね捉えることをめざして運用方針運用を行います なお FTSE 世界国債インデッ

当ファンドの仕組みは次の通りです 商品分類追加型投信 / 海外 / 債券 / インデックス型信託期間無期限 (2002 年 8 月 29 日設定 ) 日本を除く世界主要国の国債等からなる債券市場全体の動きを概ね捉えることをめざして運用方針運用を行います なお FTSE 世界国債インデッ

※課税上の取扱いの詳細については、税務専門家にご確認されることをお勧めします。 ※税法が改正された場合には、上記内容が変更になることがあります。 ※NISAおよびジュニアNISAをご利用の場合、毎年、一定額の範囲で新たに購入した公募株式投資信託などから生じる配当所得および譲渡所 得が一定期間非課税となります。

28 さらに読み込む

Show all 10000 documents...