推 進 会 議 や

Top PDF 推 進 会 議 や:

あいち 医 療 通 訳 システム 推 進 協 議 会 医 療 関 係 団 体 大 学 県 と 県 内 全 市 町 村 では あいち 医 療 通 訳 システム を 運 営 するた め あいち 医 療 通 訳 システム 推 進 協 議 会 を 共 同 で 設 立 しました 概 要 愛 知 県 内 には

あいち 医 療 通 訳 システム 推 進 協 議 会 医 療 関 係 団 体 大 学 県 と 県 内 全 市 町 村 では あいち 医 療 通 訳 システム を 運 営 するた め あいち 医 療 通 訳 システム 推 進 協 議 会 を 共 同 で 設 立 しました 概 要 愛 知 県 内 には

- 8 - 「あいち医療通訳システム」利用規程 (目的) 第1条 あいち医療通訳システム推進協議(以下、「甲」という。)及び医療機関(以下、 「乙」という。)は、言葉の壁がある外国人県民が、安心して医療サービスを受けることがで きるようにすることを目的として当事業を実施するものとする。

13 さらに読み込む

事 業 実 施 概 要 1 事 業 名 京 都 創 生 PR 事 業 京 あるき in 東 京 2015~ 恋 する 京 都 ウィークス~ 2 主 催 京 都 市, 京 都 商 工 会 議 所,( 公 社 ) 京 都 市 観 光 協 会, 京 都 創 生 推 進 フォーラム 3 後 援 観 光 庁,

事 業 実 施 概 要 1 事 業 名 京 都 創 生 PR 事 業 京 あるき in 東 京 2015~ 恋 する 京 都 ウィークス~ 2 主 催 京 都 市, 京 都 商 工 会 議 所,( 公 社 ) 京 都 市 観 光 協 会, 京 都 創 生 推 進 フォーラム 3 後 援 観 光 庁,

京都の大学による特別講座 東海東京証券プレミアムセミナー 参加団体リスト カテゴリ 名称 カテゴリ 名称 1 主催者 京都市 52 事業協力 水尾特産品加工組合 2 主催者 京都商工会議所 53 事業協力 高尾保勝 3 主催者 (公財)京都市観光協会 54 事業協力 ワタベウェディング 4 主催者 京都創生推進フォーラム 55 事業協力 東京SGGクラブ 5 後援 観光庁 56 参加大学 京都産業大学

25 さらに読み込む

要 望 書 平 成 28 年 2 月 京 都 府 北 部 地 域 連 携 都 市 圏 形 成 推 進 協 議 会 ( 福 知 山 市 舞 鶴 市 綾 部 市 宮 津 市 京 丹 後 市 伊 根 町 与 謝 野 町 )

要 望 書 平 成 28 年 2 月 京 都 府 北 部 地 域 連 携 都 市 圏 形 成 推 進 協 議 会 ( 福 知 山 市 舞 鶴 市 綾 部 市 宮 津 市 京 丹 後 市 伊 根 町 与 謝 野 町 )

(3) 要望者 京都府北部地域連携都市圏形成推進協議 各市町議会 会長 舞鶴市長 多々見 良三 福知山市議会議長 田中 法男 副会長 伊根町長 吉本 秀樹 舞鶴市議会議長 桐野 正明 監事 福知山市長 松山 正治 綾部市議会議長 安藤 和明

10 さらに読み込む

発 刊 にあたって PET ボトルリサイクル 推 進 協 議 会 ( 以 下 推 進 協 議 会 )は 日 本 の 使 用 済 み PET ボ トルのリサイクルを 円 滑 に 実 行 するために 1993 年 に 設 立 されました 会 員 は 容 器 及 び 樹 脂 製 造 者 の 団 体 である

発 刊 にあたって PET ボトルリサイクル 推 進 協 議 会 ( 以 下 推 進 協 議 会 )は 日 本 の 使 用 済 み PET ボ トルのリサイクルを 円 滑 に 実 行 するために 1993 年 に 設 立 されました 会 員 は 容 器 及 び 樹 脂 製 造 者 の 団 体 である

発刊にあたって  PET ボトルリサイクル推進協議(以下、推進協議)は、日本の使用済み PET ボ トルのリサイクルを円滑に実行するために 1993 年に設立されました。会員は、容器及 び樹脂製造者の団体である PET ボトル協議、利用事業者の団体である、全国清涼飲料 工業、日本果汁協会、日本醤油協会、酒類 PET ボトルリサイクル連絡の 5 団体で 構成されています。活動の目的に、① PET ボトルの 3R(Reduce リデュース、Reuse リユース、Recycle リサイクル)の推進、②使用済み PET ボトルのリサイクル推進、③ PET ボトルに係わる正しい知識と情報提供、④市町村分別収集への協力、を挙げ活動し ています。
さらに見せる

44 さらに読み込む

その 他 事 業 推 進 体 制 平 成 20 年 3 月 26 日 に 石 垣 島 国 営 土 地 改 良 事 業 推 進 協 議 会 を 設 立 し 事 業 を 推 進 ( 構 成 : 石 垣 市 石 垣 市 議 会 石 垣 島 土 地 改 良 区 石 垣 市 農 業 委 員 会 沖 縄 県 農

その 他 事 業 推 進 体 制 平 成 20 年 3 月 26 日 に 石 垣 島 国 営 土 地 改 良 事 業 推 進 協 議 会 を 設 立 し 事 業 を 推 進 ( 構 成 : 石 垣 市 石 垣 市 議 会 石 垣 島 土 地 改 良 区 石 垣 市 農 業 委 員 会 沖 縄 県 農

・維持管理体制 石垣島国営土地改良事業推進協議等において、本事業で改修を行う農業水利施設については、沖 縄県、石垣市、石垣島土地改良区が引き続き管理、新設する農業水利施設は、石垣島土地改良区にて 管理することで、平成25年8月までに合意形成を図る。

6 さらに読み込む

イ 説 明 会 研 修 会 等 への 参 加 年 月 日 活 動 内 容 会 場 H 農 業 経 営 改 善 セミナー JA 水 戸 本 店 7. 8 茨 城 県 農 業 改 革 推 進 大 会 茨 城 県 民 文 化 センター 7.29 茨 城 県 と 県 認 定 農 業 者 協 議

イ 説 明 会 研 修 会 等 への 参 加 年 月 日 活 動 内 容 会 場 H 農 業 経 営 改 善 セミナー JA 水 戸 本 店 7. 8 茨 城 県 農 業 改 革 推 進 大 会 茨 城 県 民 文 化 センター 7.29 茨 城 県 と 県 認 定 農 業 者 協 議

イ 説明・研修等への参加 年月日 活 動 内 容 場 H26.6.26 農業経営改善セミナー JA 水戸本店 7. 8 茨城県農業改革推進大会 茨城県民文化センター 7.29 茨城県と県認定農業者協議との意見交換 茨城県市町村会館 10.23 水戸市農業委員と認定農業者等の意見交換 水戸市役所

12 さらに読み込む

平 成 21 年 度 大 学 教 育 等 推 進 事 業 委 員 会 部 会 長 会 議 委 員 名 簿 委 員 長 佐 々 木 毅 学 習 院 大 学 法 学 部 教 授 副 委 員 長 鈴 木 典 比 古 国 際 基 督 教 大 学 長 大 学 部 会 部 会 長 八 田 英 二 同 志 社 大

平 成 21 年 度 大 学 教 育 等 推 進 事 業 委 員 会 部 会 長 会 議 委 員 名 簿 委 員 長 佐 々 木 毅 学 習 院 大 学 法 学 部 教 授 副 委 員 長 鈴 木 典 比 古 国 際 基 督 教 大 学 長 大 学 部 会 部 会 長 八 田 英 二 同 志 社 大

副部会長 (第1WG主査) 今井浩三 大宮登 小笠原正明 岡本和夫 小原芳明 角方正幸 副部会長 (第3WG主査) 河田悌一 黒木登志夫 國領二郎 進士五十八 野嶋栄一郎 部会長 八田英二 副部会長 (第2WG主査) 濱口哲 濱名篤 平山健一 山本眞一 吉田研作 渡邊健治 ( 18名 ) 平成21年度 大学教育等推進事業委員会 大学部会委員名簿 札幌医科大学理事長・学長[r]

15 さらに読み込む

本 報 告 書 は 一 般 社 団 法 人 原 子 力 安 全 推 進 協 会 に 設 置 された PRA 用 パラメータ 専 門 家 会 議 において 専 門 知 識 を 持 つ 委 員 の 審 議 を 経 て 取 り 纏 めたものである 免 責 事 項 弊 協 会 は 本 報 告 記 載 内 容

本 報 告 書 は 一 般 社 団 法 人 原 子 力 安 全 推 進 協 会 に 設 置 された PRA 用 パラメータ 専 門 家 会 議 において 専 門 知 識 を 持 つ 委 員 の 審 議 を 経 て 取 り 纏 めたものである 免 責 事 項 弊 協 会 は 本 報 告 記 載 内 容

15 4.1.3 事前情報の取り扱いについて 故障件数が 0 件の場合には、「故障率がどれだけ小さいか」に関する情報がデ ータから得られないため、データの情報だけでは故障率の下限の推定が難しい。 ベイズ統計手法では、事前分布に“故障率範囲の相場”を考慮して故障率を 定する。 “故障率範囲の相場”には、データ以外の様々な関連情報を反映させる。 ただし、事前分布が著しく“実態”と異なれば、推定結果も“実態”を表して いないことになる。従来の事前情報の扱いでは、故障件数が 0 件の場合には一 律に 0.5 件を仮定していたため、供用時間の長短が推定結果に比較的大きな影響 を与えることがあった。
さらに見せる

86 さらに読み込む

第 8 回 のびゆくこどもプラン 小 金 井 推 進 市 民 会 議 会 議 録 平 成 24 年 11 月 28 日 開 会 髙 橋 ( 智 ) 会 長 それでは 時 間 が 来 ましたので これから 第 8 回 のびゆくこどもプラン 小 金 井 推 進 市 民 会 議 を 開 催 いたします お

第 8 回 のびゆくこどもプラン 小 金 井 推 進 市 民 会 議 会 議 録 平 成 24 年 11 月 28 日 開 会 髙 橋 ( 智 ) 会 長 それでは 時 間 が 来 ましたので これから 第 8 回 のびゆくこどもプラン 小 金 井 推 進 市 民 会 議 を 開 催 いたします お

○神田統括指導主事 流れとしましては、各学校を専門家チームという、教育相談所の臨床心理士も入 ったチームが、各学校の巡回相談をしているんですね。それは学級に行ったりしつつ、 巡回相談をしていて、各学校には特別支援教育コーディネーターがおりまして、コーデ ィネーターが中心となって、各学校に校内委員というのが組織されています。校内委 員でこの子に対してこんなふうな支援をしていったり、学級ごとは十分に議論されて、 支援しているんですけれども、専門家チームが行ったときに、それらの情報を聞いて、 実際に授業場面を、そのお子さんを見て、この子はこういうふうに支援していったらい いですよというアドバイスをします。そこで情報をいただいて、例えば通級指導学級に 伝えたほうがいいですねとか、教育相談所のほうで相談をしたほうが、よりこの子はう まくいくのではないかとか、または医療のほうにつなげたほうがいいですよということ を専門家から言われたということで、保護者のほうへ伝えてくださいであるとかいうよ うなこともやっていますので、そういったことも関連をしながら、教育相談所へつなが ってきたお子さんを、検査をとって、苦手の部分得意な部分をどう伸ばしていくかと いうようなことを進めていくという形で行っています。
さらに見せる

49 さらに読み込む

目 次 1 答 申 策 定 経 過 等... 1 (1) 経 過 概 要... 1 (2) 名 古 屋 市 スポーツ 推 進 ( 振 興 ) 審 議 会 委 員... 2 (3) 名 古 屋 市 スポーツ 振 興 計 画 検 討 委 員 会 委 員 市 民 アンケート 結 果 概 要.

目 次 1 答 申 策 定 経 過 等... 1 (1) 経 過 概 要... 1 (2) 名 古 屋 市 スポーツ 推 進 ( 振 興 ) 審 議 会 委 員... 2 (3) 名 古 屋 市 スポーツ 振 興 計 画 検 討 委 員 会 委 員 市 民 アンケート 結 果 概 要.

表2-3.運動・スポーツを実施しない理由(性別、年代別) (%) 全体 男性 女性 20歳代 30歳代 40歳代 50歳代 60歳代 70歳代 (N=386) (N=146) (N=235) (N=28) (N=71) (N=76) (N=73) (N=84) (N=53) 仕事が忙しく時間がない 33.9 39.7 30.6 46.4 42.3 43.4 35.6 29.8 7.5 きっかけ機会がない 28.5 26.0 30.2 35.7 28.2 31.6 34.2 25.0 18.9 家事・育児・介護が忙しく時間がない 17.1 8.2 22.6 14.3 40.8 25.0 11.0 4.8 3.8 お金がかかる 15.0 11.0 17.4 0.0 23.9 17.1 19.2 11.9 7.5 運動・スポーツが好きではない 13.7 9.6 16.2 25.0 15.5 15.8 13.7 11.9 5.7 近くに適当な場所施設がない 10.1 9.6 10.2 10.7 18.3 5.3 8.2 10.7 7.5 一緒に活動する仲間がいない 9.8 6.2 12.3 10.7 5.6 9.2 16.4 7.1 11.3 体力健康に自信がない 9.1 6.8 9.4 0.0 1.4 5.3 15.1 9.5 20.8 他にしたいことがある 8.8 11.6 7.2 10.7 11.3 13.2 6.8 7.1 3.8 病気のため運動を禁止されている 5.4 6.8 4.7 0.0 0.0 2.6 9.6 10.7 5.7 したいと思う運動スポーツプログラムがない 4.9 4.8 5.1 3.6 2.8 5.3 5.5 6.0 5.7 指導者がいない 0.3 0.0 0.4 0.0 1.4 0.0 0.0 0.0 0.0 特に理由はない 13.5 18.5 10.6 10.7 11.3 10.5 11.0 17.9 17.0 その他 5.4 5.5 5.5 7.1 7.0 2.6 4.1 4.8 9.4 無回答 4.1 6.2 3.0 0.0 1.4 1.3 1.4 7.1 13.2
さらに見せる

37 さらに読み込む

目 次 次 第 1 役 員 名 簿 2 京 都 和 食 文 化 推 進 会 議 表 彰 制 度 の 概 要 3 受 賞 者 4 実 施 要 綱 7 有 識 者 等 推 薦 人 8 選 考 委 員 会 委 員 9 会 員 名 簿 ( 平 成 28 年 3 月 23 日 現 在 ) 10 事 務 局 1

目 次 次 第 1 役 員 名 簿 2 京 都 和 食 文 化 推 進 会 議 表 彰 制 度 の 概 要 3 受 賞 者 4 実 施 要 綱 7 有 識 者 等 推 薦 人 8 選 考 委 員 会 委 員 9 会 員 名 簿 ( 平 成 28 年 3 月 23 日 現 在 ) 10 事 務 局 1

◇生産,流通,料理,飲食サービス,食育関連等に従事して いる方をはじめ,学術研究者,ボランティアなど,和食文 化の推進に貢献されている個人・団体が対象となります。 ◇料理だけでなく,和食文化を支える食器作法,食空間を 彩る“しつらえ”まで,幅広い分野が対象となります。

16 さらに読み込む

健 康 日 本 21 推 進 全 国 連 絡 協 議 会 第 1 回 メンタルヘルス 分 科 会 阿 部 幹 事 只 今 ご 紹 介 を 賜 りました 中 央 労 働 災 害 防 止 協 会 の 阿 部 でございます 私 ども 中 央 労 働 災 害 防 止 協 会 は THP(トータル ヘ ルス

健 康 日 本 21 推 進 全 国 連 絡 協 議 会 第 1 回 メンタルヘルス 分 科 会 阿 部 幹 事 只 今 ご 紹 介 を 賜 りました 中 央 労 働 災 害 防 止 協 会 の 阿 部 でございます 私 ども 中 央 労 働 災 害 防 止 協 会 は THP(トータル ヘ ルス

生活習慣病に対する効果ですが、地中海 式食事に準じた食生活を送っていると一定 期間の死亡率が低く、心臓病、がん、神経 変性疾患(アルツハイマー病パーキンソ ン病)のリスクが低いということです。う つ病についても出ておりまして、スペイン の研究ですが、1 万人を約 4 年間追跡した ところ、500 人ほどがうつ病を発症したと いうことで、 20 人に 1 人ほど発症したわけ ですけれども、地中海式食事スコアが高い と、うつ病を発症しにくくなるという結果 が報告されています。ただし、日本人が地 中海式食事にもっと近づければよいかとい うと、必ずしもそうではありません。あく までも欧米では、地中海式食事がうつの予 防によいというデータが出ているというこ とです(図 6)。
さらに見せる

15 さらに読み込む

ENJOY JAPANESE KOKUSHU ( 國 酒 を 楽 しもう( 推 進 協 議 会 提 出 資 料 日 本 酒 焼 酎 の 輸 出 について 太 平 洋 貿 易 株 式 会 社 輸 出 販 売 部 加 澤 保 昌 1. 日 本 からの 輸 出 の 現 状 当 社 は 1928 年 に 創

ENJOY JAPANESE KOKUSHU ( 國 酒 を 楽 しもう( 推 進 協 議 会 提 出 資 料 日 本 酒 焼 酎 の 輸 出 について 太 平 洋 貿 易 株 式 会 社 輸 出 販 売 部 加 澤 保 昌 1. 日 本 からの 輸 出 の 現 状 当 社 は 1928 年 に 創

 最近のトレンドは欧米駐在員の間で純米吟醸酒が話題になっており、日本の流行に敏感な 香港人にも浸透し始めている。またワインに慣れ親しんでいる欧米人中所得者層の香港 人にとっては、本醸造などアルコール添加されていることにネガティブなイメージが持たれる 懸念もあり、純米酒が好まれ、販売の主力になるのではないかとのトレンド予測も。

6 さらに読み込む

CODE 0 事 業 名 防 犯 のまちづくり 推 進 事 業 自 主 防 犯 活 動 組 織 の 結 成 支 援 など 地 域 の 自 治 会 への 自 主 防 犯 組 織 結 成 の 呼 びかけ 防 犯 活 動 を 支 援 します 随 時 常 任 理 事 会 や 地 区 センター 所 長 会 議

CODE 0 事 業 名 防 犯 のまちづくり 推 進 事 業 自 主 防 犯 活 動 組 織 の 結 成 支 援 など 地 域 の 自 治 会 への 自 主 防 犯 組 織 結 成 の 呼 びかけ 防 犯 活 動 を 支 援 します 随 時 常 任 理 事 会 や 地 区 センター 所 長 会 議

交通事故の恐れのある交差点、見通しの悪い交差点カーブ、夜間の道路利用者が快適に利用できるよう道路照明灯 カーブミラーを設置したり、老朽化した構造物を修繕し、交通事故の発生防止を図る。 維持管理費の縮減を視野に入れた照明灯(LED電球)反射鏡(ポール等の腐食防止)修繕について検討していく。 新規設置工事・・・道路照明灯:  112基、カーブミラー: 38基 修繕工事   ・・・道路照明灯:1,565基、カーブミラー:136基
さらに見せる

8 さらに読み込む

ごあいさつ 平 素 から 広 島 県 における 血 液 事 業 の 推 進 につきましては 献 血 者 の 皆 さまをはじめ 広 島 県 献 血 推 進 協 議 会 献 血 推 進 団 体 医 療 機 関 関 係 各 団 体 のご 理 解 とご 協 力 を 賜 り 厚 く 御 礼 申 し 上 げます

ごあいさつ 平 素 から 広 島 県 における 血 液 事 業 の 推 進 につきましては 献 血 者 の 皆 さまをはじめ 広 島 県 献 血 推 進 協 議 会 献 血 推 進 団 体 医 療 機 関 関 係 各 団 体 のご 理 解 とご 協 力 を 賜 り 厚 く 御 礼 申 し 上 げます

赤十字プラザは、小学生を対象として、献血年齢に達していない若年層に献血輸血・血液について、観て・触れて・楽しみ ながら学ぶ、「献血」がわかる!体験型見学スペースです。血液事業血液センターの仕事を映像で学んだり、献血後の血液 のゆくえを実際に見学することで「献血」を身近に感じていただけます。また、輸血の歴史輸血を受けた方の実際について 学ぶことで自分の体を流れる血液のこと健康について興味をわかせ、人が人を支える「献血」の重要性についての理解を促 します。
さらに見せる

20 さらに読み込む

No.1 議 事 事 務 局 1. 開 会 ( 司 会 進 行 : 恩 田 参 事 兼 スポーツ 推 進 課 長 ) 2. 任 命 書 交 付 榎 本 教 育 長 より 新 規 委 員 2 名 へ 任 命 書 を 交 付 3. 会 長 あいさつ 4. 教 育 長 あいさつ 委 員 自 己 紹 介 事

No.1 議 事 事 務 局 1. 開 会 ( 司 会 進 行 : 恩 田 参 事 兼 スポーツ 推 進 課 長 ) 2. 任 命 書 交 付 榎 本 教 育 長 より 新 規 委 員 2 名 へ 任 命 書 を 交 付 3. 会 長 あいさつ 4. 教 育 長 あいさつ 委 員 自 己 紹 介 事

駒崎委員  松本委員の意見のとおり、スポーツの大会は障がい者の方が参加することに よって、価値が2倍にも3倍にも上がる。現段階では、知的障がい者の方目 の見えない方はパートナーを付けることで参加頂いているが、車イスの方は道 路事情を考えると参加は難しく、部門を設けていない。将来的には、そのよう な方々も参加できるような大会にしていきたい。

7 さらに読み込む

別 紙 8-1 現 行 業 務 スケジュール 表 ( 民 生 委 員 児 童 委 員 ) 数 ( 印 刷 枚 数 件 数 ) 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 民 生 委 員 推 薦 会 推 薦 審 議 推 薦 調 書 作 成 10 1 民 生 委 員 候 補 者 推 薦 進 達 社 会

別 紙 8-1 現 行 業 務 スケジュール 表 ( 民 生 委 員 児 童 委 員 ) 数 ( 印 刷 枚 数 件 数 ) 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 民 生 委 員 推 薦 会 推 薦 審 議 推 薦 調 書 作 成 10 1 民 生 委 員 候 補 者 推 薦 進 達 社 会

月 週 業務名 業務概要 (印刷枚数・処理件数) 処理数 処理 人数 備考 別紙8-1 現行業務スケジュール表(児童手当現況届業務) 1W 住記異動・転居者・氏名不一致リスト作成 住基での異動により受給者と児童が別居となった者、氏名が変わった者 などのチェックを行い、養育の確認、口座変更の案内等の通知を発送す る。 45枚 3 所得異動者リスト作成 所得更正に[r]

85 さらに読み込む

Microsoft PowerPoint - handout08.ppt

第 1 期 先 行 地 域 における 地 域 議 の 運 営 状 況 ( 代 陽 校 区 ) 資 料 1 地 域 議 名 称 代 陽 校 区 住 民 自 治 推 進 議 役 員 名 簿 事 務 局 所 在 地 代 陽 公 民 館 ( 旧 管 理 人 室 ) 役 職 氏 名 役 職 氏 名 総 構 成

体育祭等について協議。8月末「ペタンク大会」について検討。 第1回運営委員 部会関係団体・役員 公民館主事・市民活動支援課担当 第2回運営委員 部会関係団体・役員 公民館主事・市民活動支援課担当 各部会の運営状況の報告。協議事務局の設営状況について報告。協議全 体の案件として、くま川祭り総踊り参加の件、先進地視察について検討。 各部会の運営状況について報告、部会提案についての検討。協議事務局の 運営、事務局長の出勤時間について報告。協議全体の案件として、くま川祭 り総踊りの参加の件について連絡・質疑。
さらに見せる

6 さらに読み込む

本 会 議 プログラムと 会 議 模 様 第 1 日 目 技 術 経 営 会 議 議 長 山 下 徹 氏 の 開 会 挨 拶 で2 日 間 の 会 議 が 開 始 された 技 術 経 営 会 議 議 長 山 下 徹 氏 ( NTTデータ) 挨 拶 (1) 審 議 事 項 (13:00 開 会 ~13

本 会 議 プログラムと 会 議 模 様 第 1 日 目 技 術 経 営 会 議 議 長 山 下 徹 氏 の 開 会 挨 拶 で2 日 間 の 会 議 が 開 始 された 技 術 経 営 会 議 議 長 山 下 徹 氏 ( NTTデータ) 挨 拶 (1) 審 議 事 項 (13:00 開 会 ~13

・『新成長戦略とイノベーション』をテーマに技術経営会議議長の山下 徹氏 (㈱NTTデータ 相談 役)の司会進行で90分の議論が行われた。参加者は、講師の土屋定之氏、野間口 有氏、三品和弘 氏に加えて、内閣府総合科学技術・イノベーション会議議員の久間和生氏、経済産業省大臣官房審 官の安永裕幸氏会員代表者など75名。論点は(1)イノベーションのさらなる推進とオープンイノ ベーションの取組み強化(2)、規制改革・ダイバーシティー等の社会改革の推進、(3)産業のソフトウ ェア化への対応、(4)教育人財、など多面的な視点で熱心な討議が行われた。
さらに見せる

8 さらに読み込む

2 会 見 内 容 について (1) 大 和 市 歯 及 び 口 腔 の 健 康 づくり 推 進 条 例 を 制 定 へ( 案 ) 市 民 の 皆 さんの 歯 と 口 腔 の 健 康 づくりをさらに 進 めるため 大 和 市 歯 及 び 口 腔 の 健 康 づくり 推 進 条 例 ( 案 )を 市

2 会 見 内 容 について (1) 大 和 市 歯 及 び 口 腔 の 健 康 づくり 推 進 条 例 を 制 定 へ( 案 ) 市 民 の 皆 さんの 歯 と 口 腔 の 健 康 づくりをさらに 進 めるため 大 和 市 歯 及 び 口 腔 の 健 康 づくり 推 進 条 例 ( 案 )を 市

2 会見内容 (1)「大和市歯及び口腔の健康づくり推進条例」を制定へ・・・・1 (2)市公用車へドライブレコーダーを設置 ・・・・・・・・・・2 (3)歩行者の安全のため「ゾーン30」を整備 ・・・・・・・・3 (4)大和市立病院に「歯科口腔外科」を新設 ・・・・・・・・・4 (5)防災体制の強化に向けた協定締結 ・・・・・・・・・・・・5 (6)「大和なでしこサッカーフェスティバル」の開催・・・・・・6 3 大和市議会第4回定例の議案 ・・・・・・・・・・・・・・・7 4 平成25年11月補正予算案の概要 ・・・・・・・・・・・・13
さらに見せる

15 さらに読み込む

Show all 10000 documents...