戦略的推進

Top PDF 戦略的推進:

平成 25 年度 成長分野等における中核的専門人材養成の戦略的推進事業 IT 分野の学習ユニット積上げ式 モデル カリキュラム基準の枠組み IT 分野産学コンソーシアム IT 分野の産学官連携による中核的専門人材養成の戦略的推進プロジェクト

平成 25 年度 成長分野等における中核的専門人材養成の戦略的推進事業 IT 分野の学習ユニット積上げ式 モデル カリキュラム基準の枠組み IT 分野産学コンソーシアム IT 分野の産学官連携による中核的専門人材養成の戦略的推進プロジェクト

ソフトウェアエンジニアリング技術を活用し、マーケティング戦略に基づく、市場に受け入れられるソフトウェア製品の企画、仕様決定、設計、 開発を実施する。また上位レベルにおいては、ソフトウェア製品に関連したビジネス戦略の立案やコンサルテーションを実施する。開発したソ フトウェア製品の機能性、信頼性等に責任を持つ。 カスタマサービス ハードウェア、ソフトウェアに関連する専門技術を活用し、顧客の環境に最適なシステム基盤に合致したハードウェア、ソフトウェアの導入、 カスタマイズ、保守(遠隔保守含む)、修理を実施するとともに、顧客のシステム基盤管理およびサポートを実施する。またIT施設インフラ
さらに見せる

74 さらに読み込む

公開プロセス配布資料_分子イメージング研究戦略推進プログラム

公開プロセス配布資料_分子イメージング研究戦略推進プログラム

が、ヒト試験により検証されること。 アミロイドβ アルツハイマー病患者に特徴な脳内老人班の構成成分である約40残基か らなるペプチド断片であり、アルツハイマー病の主要病因物質と考えられてい る。凝集しやすく、不溶性のアミロイド線維を形成するほか、可溶性オリゴマー (重合体)を形成する。

13 さらに読み込む

資料 5 総合計画の推進について 1 総合計画推進の基本的な考え方 ⑴ 第 5 次長期総合計画の体系 ( 本編 P.9) 第 5 次長期総合計画は まちの将来ビジョンとして 基本構想部分で目指すまちの姿やまちづくり戦略 5つの戦略の柱などを定め 戦略計画部分で 重点的な施策展開として 5つの戦略の柱

資料 5 総合計画の推進について 1 総合計画推進の基本的な考え方 ⑴ 第 5 次長期総合計画の体系 ( 本編 P.9) 第 5 次長期総合計画は まちの将来ビジョンとして 基本構想部分で目指すまちの姿やまちづくり戦略 5つの戦略の柱などを定め 戦略計画部分で 重点的な施策展開として 5つの戦略の柱

明石市では、より良いまちをつくるため、本市へ転入される方、本市から転出される方へのアンケート調査 を定期に実施しています。お手数をおかけしますが、ご協力いただきますようお願いいたします。 1.あなたの性別は?(1つに○印) 2.あなたの年齢は?(1 つに○印) 3.転居前・転居後のお住まいは?(転居前、転居後それぞれ記入)

12 さらに読み込む

参考 3 知的財産戦略に関する基礎資料 2016 年 10 月 内閣府知的財産戦略推進事務局

参考 3 知的財産戦略に関する基礎資料 2016 年 10 月 内閣府知的財産戦略推進事務局

地理表示とは、地域で育まれた伝統を有し、その高い品質等の特性が生産地と結び付いてい る農林水産物・食品等の名称。 この名称を知的財産として保護する地理表示保護制度の運用を平成27年6月から開始。今後、 国内外の市場においてGIマークによる差別化と保護を図ることで、我が国の地域特産品のブラン ド化を促進。

57 さらに読み込む

Ⅰ ツーリズムの創造 発展 (1) ツーリズム企画推進事業 平成 30 年度事業計画 ( 案 ) 1 戦略的なツーリズム企画の推進 ( 担当 : 経営 ) ( 担当 : 地域 ) 事業企画委員会やツーリズム戦略会議等のもと 会員相互の連携により事業企画 推進を図るとともに 県や市町村等への事業企画等

Ⅰ ツーリズムの創造 発展 (1) ツーリズム企画推進事業 平成 30 年度事業計画 ( 案 ) 1 戦略的なツーリズム企画の推進 ( 担当 : 経営 ) ( 担当 : 地域 ) 事業企画委員会やツーリズム戦略会議等のもと 会員相互の連携により事業企画 推進を図るとともに 県や市町村等への事業企画等

○観光情報誌「Gururitto~ぐるり~」を季刊発行し、県内及び九州 内や中国地方などの高速道路サービスエリアや道の駅、公共交 通機関のターミナルなどに配布する。 ○観光動向の情報を集約・整理するとともに、既存パンフレット類 の集約や構成見直しにより、より効果・効率に観光誘客に つながる媒体を制作し、情報発信効果の最大化を図る。

9 さらに読み込む

戦略的創造研究推進事業 CREST

戦略的創造研究推進事業 CREST

mRNA 上へのリボソームや開 始 因子 の結 合を観 察したりするためには、高 感度で安 定な測定 装 置が 必要である。 <装置の高感度化とフロー装置化> 我 々 は こ れ ま で 、 図 3 4 に 示 す よ う に 手 作 り の 第 1 世 代 の 装 置 、 製 品 化 し た 第 2 世 代 の 装 置 ( AFFINIX Q 、 セ ル 容 量 8 m L ) 、 セ ル 容 量 を 0.5 mL に し て 4 チ ャ ネ ル 化 し た 第 3 世 代 の 装 置 (AFFUINIX Q4)を開発してきた。いずれも水晶発振 子を固定化したセルにサンプル溶液をインジェク ションするバッチ式であり、測 定 時間 が長 くとれる、装置 化 が簡 単である、などの長 所 を持 つ反 面 、濃 いサンプル溶 液が必要 、セルがオープンであるので外部 からの影 響を受 けやすいなどの欠 点がある。 しかし、AFFINIX Q でも DNA 鎖へのタンパク質、酵素、リボソームのような比較大きな分子の結合で あれば十分に測 定できた。一 方、レセプタータンパク質 への低分 子薬物 の結合 などの測定をするため には、10倍以上の高感度化が望まれる。
さらに見せる

54 さらに読み込む

企業等の知的財産戦略の推進に関する調査研究

企業等の知的財産戦略の推進に関する調査研究

90% 多数を占めた 出願の目的 、先進国ン新興国に わら 、 競合企業を牽制するため 最 多 く、先進国 競合他社への権利行使のため 、新興国 模倣品対策のため 次 点 あ た 出願の 断材料 、先進国、新興国に わら 、 外国 の事業の実施 状況ン 定 や 技術の重要性 コア技術 を重視 ており、 他社 より 自社 の 状 況 を 優 先 す る 傾 向 ら れ た ま た 、 新 興 国 他 社 模 倣 ン 追 随 す る 可 能 性 の 程 度 多 た また、業種によ て、現地法人や現地代理人とのコンタェトについて取 組状況に差 あ た 外国 の 競合他社への権利行使を重視 する業界ほ 、コンタェ トを積極に行う傾向 ある
さらに見せる

465 さらに読み込む

健康研究推進戦略 概要版 平成 21 年 7 月 31 日 健康研究推進会議

健康研究推進戦略 概要版 平成 21 年 7 月 31 日 健康研究推進会議

* レギュラトリーサイエンス:医薬品・医療機器等に係る各種施策を実行する上 で必要な規制について、科学合理性と社会正当性に関する根拠をもっ て整備するための研究 (3)新しい複合治療技術(医薬品・医療機器・ 再生医療)の展開

6 さらに読み込む

もりおかの食と農バリューアップ推進戦略

もりおかの食と農バリューアップ推進戦略

農産物販売 規模別経営体 推移 農産物販売額規模別経営体 状況 見 県 先導経営体 目安 示 販売額 3,000 万円 以上 超 経営体 平成 27 年 全体 わ 1.0 % 30 経営体 平成 17 年 0.6% 23 経営体 増加 い 一方 各地域 担い手 期待 販売額 500 万円以上 3000 万 円未満 経営体 割合 減少 販売額 500 万円未満 販売 含 全体 89.5% 占

60 さらに読み込む

JAIST Repository: JST戦略的創造研究推進事業における研究成果の質の評価手法( イノベーションその計測・評価 (3))

JAIST Repository: JST戦略的創造研究推進事業における研究成果の質の評価手法( イノベーションその計測・評価 (3))

JAIST Repository https://dspace.jaist.ac.jp/ Title JST戦略的創造研究推進事業における研究成果の質の評 価手法(<ホットイシュー> イノベーションその計測・ 評価 (3)) Author(s) 佐々, 正; 吉田, 秀紀; 今井, 義治; 篠原, 譲司; 北 澤, 宏一 Citation 年次学術大会講演要[r]

5 さらに読み込む

クールジャパン戦略の推進に資する成功事例等に関する分析・調査

クールジャパン戦略の推進に資する成功事例等に関する分析・調査

 クールジャパン戦略推進の難しさは、ダイナミックに変化し、且つ、多岐に渡る”文化”を 実態に即した形で「日本ブランド」として考察上げ、横断に継続発信していく点である  国家ブランド論の第一人者であるSimon Anholt氏が、“国家ブランドは相当程 度安定で、耐久力があり、漸進にしか変化しない傾向”と述べている通り、 国家ブランディングは長期に取り組むべき活動

64 さらに読み込む

第 6 章 第 6 章企業誘致戦略 企業誘致戦略 企業誘致戦略では 昨今の厳しい立地動向を踏まえ 戦略的な誘致活動を推進し 産業用地の創出を中心とする従来の企業誘致策にとどまらず 本市の魅力を高めるまちづくりと一体となった企業誘致推進を基本方針として 各施策に取り組みます 施策体系 企業誘致戦略 誘

第 6 章 第 6 章企業誘致戦略 企業誘致戦略 企業誘致戦略では 昨今の厳しい立地動向を踏まえ 戦略的な誘致活動を推進し 産業用地の創出を中心とする従来の企業誘致策にとどまらず 本市の魅力を高めるまちづくりと一体となった企業誘致推進を基本方針として 各施策に取り組みます 施策体系 企業誘致戦略 誘

新産業用地を創出する地区の導入機能整備においては、本厚木駅周辺の中心市街地 等との役割分担に配慮し、競合しない機能整備と、相互補完が可能な連携を目指し、 中心市街地の将来像を考慮しながら、新産業用地の整備を進める必要があります。 なお、新産業用地の整備においては、道路等の都市基盤施設整備や、面な土地利 用の整序が必要となりますが、関連する基盤施設整備計画等との整合を図るとともに、 現況土地利用を考慮し、既存コミュニティの維持と生活環境の改善などについても検 討します。特に、散在する農地が含まれる場合には、一団の優良農地としての集約保 全など、安定な農業経営環境を維持し、都市型農業とその他の産業との共存にも配 慮する必要があります。
さらに見せる

7 さらに読み込む

資料 3 アフターコロナ を見据えた戦略 三重県知事 鈴木英敬 令和 2 年 4 月 22 日第 77 回高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部第 8 回官民データ活用推進戦略会議合同会議

資料 3 アフターコロナ を見据えた戦略 三重県知事 鈴木英敬 令和 2 年 4 月 22 日第 77 回高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部第 8 回官民データ活用推進戦略会議合同会議

●国は、大規模災害時に国と地方・民間で情報共有を行う「災害情報ハブ」を推進しており、災害時には被災地に ISUT(災害時情報集約支援チーム)を派遣し、収集した情報をSIP4D(基盤防災情報流通ネットワーク)を 活用して地図化し、災害対策活動を支援。 ●平成30年8月31日に本県が実施した総合図上訓練にISUTが参加し、本県の防災情報システムとSIP4Dとの間で 手入力によるデータの受け渡しを行い、災害対策活動支援に関する検証を実施。
さらに見せる

11 さらに読み込む

中国“走出去”戦略推進に向けての管理・奨励政策

中国“走出去”戦略推進に向けての管理・奨励政策

! “走出去”戦略の全体国家総合安全戦略における位置−複合・重層意味 現段階の世界政治経済は,世界の「反覇権国際統一戦線」の強化による戦争抑止力の形成 (2 2) ,世界 政治経済の多元化,多極化による世界政治経済の民主化の過程の進行の下にあり (2 3) , 「戦争と革命」 の時代から「平和と発展」の時代に入っているとの基本認識に立つ中国は,武力から入る他国の支 配−軍事支配と政治支配,さらには経済支配,宗教・文化等の支配−の要素は完全になくなっ たわけではないが,今日単一の強国による軍事支配,あるいは同盟国関係による世界戦争の形を通じ た一方の側の同盟国の他の軍事支配は,遂行困難であるととらえている。この基本趨勢が比較長 期にわたる過渡期にあっては,軍事国防国家安全は,すでに保障されたものとしてまったく手を拱 いてよいというものではないが,従来あらゆるものに優先して,その確保こそが前提条件で,この確 保があってこそ他の国家事項の課題解決の一歩が始められるとして,それを首位におくという位置づ けから,軍事国防国家安全は,封じ込め可能で,その構造を背後にもつ軍事脅威に対する軍事国 防国家安全としての位置に立つものとして認識されることになる (2 4) 。
さらに見せる

28 さらに読み込む

放送コンテンツの国際展開戦略と次世代スマートテレビ推進方策について

放送コンテンツの国際展開戦略と次世代スマートテレビ推進方策について

2010 年度: 66.3 億円⇒ 2013 年度: 105.7 億円 (3)新たに講ずべき具体施策 ④コンテンツを核としたクールジャパンの推進 ・(前略) 始めから海外展開を念頭に置いたコンテンツ制作、権利処理の一層の迅速化、コンテンツの現地化・プロモーショ ン、国際共同製作、及び放送コンテンツの継続放送を推進する。また、内閣官房知的財産戦略推進事務局を中心として、 クールジャパン関係省庁・機関、関連団体等をメンバーとするクールジャパン推進のための官民連携プラットフォーム(仮称) を本年秋を目途に立ち上げ、コンテンツを核とした海外発信やコンテンツと周辺産業の一体な海外展開にオールジャパン で取り組むための基本方針の策定、情報収集・共有、必要な制度改革・支援策の検討、連携プロジェクト組成のためのマッチ ング等を行う。(中略)クールジャパン機構、BEAJ、NPO法人映像産業振興機構(VIPO)、JETRO等の協力も得つつ、プロ ダクトプレイスメントや、海外における企業広告とコンテンツの連携等、相乗効果・波及効果の高い業界横断な連携案件を 連続に創出していく。 (後略)
さらに見せる

49 さらに読み込む

交通省成長戦略 ( チャンスを活かし新たな日本の成長を作る 大都市イノベーション発現戦略 地域ポテンシャル発現戦略 : 新たな担い手による自発的 戦略的な地域 まちづくりの推進 まちなか居住 コンパクトシティへの誘導 ) コンパクトシティの実現に向けて コンパクトシティの効果 ( 集約型都市構造の転

交通省成長戦略 ( チャンスを活かし新たな日本の成長を作る 大都市イノベーション発現戦略 地域ポテンシャル発現戦略 : 新たな担い手による自発的 戦略的な地域 まちづくりの推進 まちなか居住 コンパクトシティへの誘導 ) コンパクトシティの実現に向けて コンパクトシティの効果 ( 集約型都市構造の転

ことが位置づけられています。このように地球温暖化対策として、ハイブリッド自動車やエ コ住宅等の単体対策にとどまらない都市構造な対策である「低炭素都市づくり」が求めら れています。  低炭素都市づくりの推進に向けては、当該都市の産業、人口密度や土地利用、交通の状況 など、温室効果ガスの排出の形態や都市の構造等を考慮し、短期から長期まで総合に施策 を積み重ねる必要があります。このため、国土交通省都市・地域整備局では、地方公共団体 が低炭素都市づくりに向けて都市計画や都市計画に基づく施策を検討・展開するにあたり必 要となる、基本な考え方や施策効果の把握方法について技術な助言を行うことを目的に 「低炭素都市づくりガイドライン」の策定を進めています。
さらに見せる

8 さらに読み込む

デンマークの ICT 国家戦略 ( デンマーク電子政府戦略 ) デンマークの ICT 国家戦略の中心は 電子政府戦略である 1990 年代半ばから 行政間 行政内のデジタル化を推進し 2000 年代からデジタル化による抜本的な 行政の効率化 を目指してきた デンマーク電子政府戦略

デンマークの ICT 国家戦略 ( デンマーク電子政府戦略 ) デンマークの ICT 国家戦略の中心は 電子政府戦略である 1990 年代半ばから 行政間 行政内のデジタル化を推進し 2000 年代からデジタル化による抜本的な 行政の効率化 を目指してきた デンマーク電子政府戦略

日本での蓄積された医療関連データの利用 各患者、各医療従事者が情報を共有することにより、より安全で効率な治療やより高い医 療サービスの提供が求められる。また、蓄積されたデータの分析を行うことにより、創薬や 新たな治療法の開発に役立てられたり、個人レベルでは予防に役立てられ、それら効果によ り結果に医療費の削減が行われることが望ましい。

13 さらに読み込む

平成29年度版 クールジャパン戦略推進特命委員会提言

平成29年度版 クールジャパン戦略推進特命委員会提言

MANGA(Manga, ANimation and GAme。以下、マンガ、アニメ、特撮及びゲームを総 称して「MANGA」という。)は、長い歴史に培われた豊かな文化を引き継ぐ、我が国 における代表な文化産業であり、高い国際競争力を有するのみならず、多くの拠点が形 成されており、我が国に対する優れた印象を形成することによりインバウンドの促進や地 方創生等にも貢献が期待できる。近年、MANGAに対する国際な関心が高まる中で、 オリンピック・パラリンピック2020東京大会に集う世界の人々に向け、クールジャパ ンの重要な一翼を担うMANGAによる拠点を形成し、おもてなしをする必要がある。一 方、国内においては、MANGA関係者の引退等による貴重なコンテンツの散逸や海外流 出について懸念する声があがっている。また、地方からは各地の拠点を結ぶハブ(軸)とし て国の拠点整備の要望も出ている。
さらに見せる

5 さらに読み込む

1.IoT 総合戦略 / 地域 IoT 実装推進タスクフォース

1.IoT 総合戦略 / 地域 IoT 実装推進タスクフォース

 これにより、ICTを活用した効果・効率な維持管理を実現し、社 会インフラの長寿命化に貢献。  高度経済成長期に集中整備された 社会インフラの老朽化が深刻化 する一方、厳しい財政状況下での維持管理に要する財源 等の確保は困難。「インフラ長寿命化基本計画」等、様々な政府戦略・方針において、 ICTを活用した効果・効率な維持管

21 さらに読み込む

戦略的基礎研究の推進について

戦略的基礎研究の推進について

・平成21年度には、山梨地域における関連計画およびガバナンス体制を評価するための分 析枠組みを確立する。平成20年度に実施した国内外の先進事例の戦略に対する調査結果を 踏まえ、低炭素地域形成戦略及びガバナンス体制に関する指標体系について明らかにする とともに、次年度の山梨地域を対象とした実態調査のための調査票を作成する。これに基 づいて平成22年度には、山梨県及び県内28市町村を対象とし、低炭素地域形成に向けた戦 略及びガバナンス体制に関する実態調査を行う。調査結果に対しては、先進事例と比較分 析をしながら、具体性、実効性、総合性などのカテゴリーを中心に評価を行う。分析・評 価の結果は、本プロジェクトの協議会の場で報告するとともに、次年度における参加型政 策分析のためのたたき台として活用する。さらに平成23年度には、前年度の実態調査と評 価結果に基づき、「CO2Freeやまなし実現」という観点から現体制の問題点と改善策につい て明らかにする。改善策の検討においては、提言内容の客観性と信頼性を確保するため、 公衆協議(public consultation)の手法を取り入れる。具体な手法としては、県内外の キーパーソン及び利害当事者からなるフォーラムとそのための学習会を想定している。最 終年度は、前年度までに実施した協議の結果を踏まえ、「CO2Freeやまなし実現」のための 戦略課題に関する提言をまとめる。政策提言の内容は、本プロジェクトの他のグループ の研究成果との調整のうえ、「CO2Freeやまなし実現」シナリオの内容に反映する。なお、 前年度に実施した公衆協議の過程についても、合理な政策分析の技法という観点から整 理し、その成果と課題について明らかにする。このような調査分析の過程を通じて得られ た知見は公開講座やミニフォーラムの形でフィードバックをし、山梨県内における政策学 習と政策収斂を促す。
さらに見せる

60 さらに読み込む

Show all 10000 documents...