感情がある

Top PDF 感情がある:

感情転移と教育

感情転移と教育

な どのケースで, 教師 が無意識的に持っ ている, 子 どもの陰性転移を悪と見て しまうことに傷つき, 人間不信を強めていっ ている子 どもを見ることは, 本当に悲しむべき現実である. 陰性転移は, 子 どもの人間関係の持ち方の基本的パターンの一つなのである‐ 教師は, 自分に向 けられた陰性の感情転移を受け止めて, 子 どもに傾聴, 受容, 共感的理解 をもっ て接[r]

14 さらに読み込む

RIETI - 信頼と心理指標(抑うつ度、不安度、ネガティブ感情、ポジティブ感情)の関係の検証:心理介入によって信頼を向上させることができるか?

RIETI - 信頼と心理指標(抑うつ度、不安度、ネガティブ感情、ポジティブ感情)の関係の検証:心理介入によって信頼を向上させることができるか?

を示した。一方、 Lount (2010)は、ポジティブな感情に誘導された人々は、元々自分 信頼している人々に対する信頼度を向上させるものの、元々信頼していない人々に対す る信頼度はむしろ低下させることを実験によって示した。 以上は心理実験における短期的な変化についての研究知見だけである、メンタルヘ ルス、幸福度、ネガティブ感情などの心理指標については、精神医学、臨床心理学、ポ ジティブ心理学の取り組みによって、数か月間の介入によって改善させることできる 可能性指摘されている。従って、これらの取り組みを行うことによって、幸福度や抑 うつ度などの心理指標改善した場合に信頼向上するかどうかを検証することによ って、これらの心理指標から信頼への因果関係を明らかにすること可能である。また、 このような検証は、信頼の構築という観点からも重要である。多くの心理実験による検 証では効果は一時的なものに過ぎず、持続的な信頼の向上を実現するという政策的期待
さらに見せる

23 さらに読み込む

ポジティブ・フィードバックに対する反応に自尊感情および評価基準のずれが及ぼす影響

ポジティブ・フィードバックに対する反応に自尊感情および評価基準のずれが及ぼす影響

本研究の課題と効用 本研究において,ポジティブ・フィードバックは評価者設定した基準に達していることに 基づいてなされ,賞賛によって評価の肯定性遂行者に伝達されていた。遂行者にとって結果 の評価の仕方不明瞭な場合には,このような形式でポジティブ・フィードバックなされる こともある,賞賛用いられると恥ずかしさや緊張など否定的な感情生起する場合もある こと報告されている(青木, 2009)。つまり,本研究で確認されたポジティブ・フィードバッ クに対する否定的な反応は,ポジティブ・フィードバックそのものというよりは,賞賛に対す る反応である可能性ある。また,一定の基準に達していること伝達されれば,賞賛を伴わ なくともポジティブ・フィードバックとなりうる。ポジティブ・フィードバックのなされ方に は多様な形式あり,その形式や構成要素を明確に同定・分類した上で,その効果を検証する 必要あるだろう。
さらに見せる

13 さらに読み込む

中学校教師への信頼感が他者軽視傾向ならびに自尊感情に及ぼす影響

中学校教師への信頼感が他者軽視傾向ならびに自尊感情に及ぼす影響

者軽視傾向や自尊感情には,中学 1 年生の担任教師への信頼感の影響はみられなかったと言える, 本研究には以下に述べるとおり課題も複数残されており,そうした点を克服した上で再度検討する こと望まれる。 本研究における課題 本研究では,少なくとも 3 点の課題を残していると考えられる。1 点目は 想起対象として中学 1 年生の時の担任教師を指定したことである。この理由は, 「中学校の時の先生」 という曖昧な指定をした場合,調査対象者によって想起する対象異なり,それ分析の上で影響 を及ぼすと判断したためであった。ただし,中学校では小学校と異なり教科担任制となることから, 関わりの深い( i.e., 影響力の大きい)教師は必ずしも学級担任とは限らず,生徒ごとに異なること も考えられる。そういった点では,進路指導などで向き合う機会多く,記憶も新しい中学 3 年生 の担任を想起対象とするといった方法もあり得たかもしれない。
さらに見せる

11 さらに読み込む

TV視聴コンテンツの種類が 感情状態の生理心理計測に及ぼす影響

TV視聴コンテンツの種類が 感情状態の生理心理計測に及ぼす影響

• 脳血液動態NIRSの結果は、O 2 Hb(右)、Total-Hb(左右)、夜景の映像の コンテンツ①で輝度の単純主効果有意であり、HDRの値SDRのそれよ りも小さくなった • HDR映像視聴中の方、脳の前頭前野活動緩やかになっていた、すなわ ち、脳より実際の風景に近い「夜景」をゆったりとした状態で視聴していたと 考えられる

28 さらに読み込む

感情のモニタリング能力が感情喚起後の行動選択に与える影響:怒り、悲しみ、恐れ、喜びの各感情を対象にして

感情のモニタリング能力が感情喚起後の行動選択に与える影響:怒り、悲しみ、恐れ、喜びの各感情を対象にして

をモニタリングする能力が低くなると,GHQ30 得点が高くなることが示され,精神的負健康度 を高める可能性があることが示された。.[r]

2 さらに読み込む

<研究論文>不妊および不妊治療経験がもたらす 妊娠中の感情への影響

<研究論文>不妊および不妊治療経験がもたらす 妊娠中の感情への影響

 田 だ  啓 け い  子 こ 〈要  旨〉  不妊治療後に妊娠した妊婦は自然妊娠の妊婦と比べて,情緒不安定になりやすく,その 後の育児においても子どもを過保護に扱ったり,過剰な期待をするといった育児への不適 応指摘されていた。これらの研究では不妊そのものを妊娠や育児への不安の主な原因と している,不妊であったこと自体問題となるだけではなく,治療中の経験その後の 妊娠に対する感情に影響を与えると考えるべきであろう。本稿では不妊治療中のストレス や夫婦関係妊娠中の女性や男性に与える影響を明らかにすることを目的とし,検討を 行った。不妊治療を経て妊娠した女性は,妊娠したことに対して肯定的な感情を強く持つ 反面,それを強く望んでいた者ほど流産に対しての不安高いという先行研究支持され たほか,不妊治療中に家族との関係によって生じたストレスと妊娠への感情との間に関連 認められた。一方,男性に関して不妊治療経験の有無と“親になること”という意識との 間に関連は認められなかった。しかし,不妊治療期間における夫婦関係のあり方によって は,エリクソンのいう「世代性」への意識強められることうかがえた。
さらに見せる

14 さらに読み込む

身体運動が自律神経と感情変化に与える影響についての研究

身体運動が自律神経と感情変化に与える影響についての研究

要な役割を担う。 6) 本研究の結果では、運動後は交感 神経優位になる被験者多かった、これは運動時にお ける自律神経の反応運動後も継続していたものである と考えられる。逆に、運動後に副交感神経優位になった 被験者は、運動によって興奮した体を抑制しようとする反 応起きていたのであると考えられる。このように運動自 律機能に与える影響は個人差あるということ明らかと なった。したがって、健康運動を行うもの自身の自律機 能の変化の特徴を理解しておくことは、健康運動の継続 要因となりうる可能性あると考えられる。
さらに見せる

5 さらに読み込む

RIETI - 感情が消費者態度に及ぼす影響についての予備的研究

RIETI - 感情が消費者態度に及ぼす影響についての予備的研究

特性感情については、特性感情としての不安である特性不安を計測する代表 的な質問票である状態特性不安質問票( STAI: State-Trait Anxiety Inventory) ( Spielberger et al., 1970)の特性不安に関する質問票を活用することによって、 特性不安の水準高い人々はそうでない人々に比べて、脅威となる出来事起 きる可能性を高く見積もったり物事を悲観的に見る傾向あること示されて いる( Butler and Mathews, 1987; Stöber, 1997; Bentz, Williamson, and Smith, 1999; Bentz, Williamson, and Franks, 2004) 5 。
さらに見せる

32 さらに読み込む

感情社会学という暴力 -「生きられた感情」をめぐって

感情社会学という暴力 -「生きられた感情」をめぐって

それは,近年の社会学の臨床化や,調査倫理 問われてくる中でたどり着いた答えとして語 られる,「共同行為としての調査」[似田貝, 1996],「対話的構築主義」[桜井,2002]という 考え方と親和性を持っている。誤解を恐れずに 単純化するならば,それらは,調査という営為 持つ根源的な暴力性─対象者の経験世界を切 り取るということ・「記憶」の政治性を帯びて しまうこと 8) ・ひいては「記述」という営みそ のもの否応なく持つカテゴリー化作用─に自 覚的でありつつも,それをミニマムにするため に,調査という営為を,社会学者初発に持つ 実践的関心に還元することなく,被調査者のそ れとの対話の中で紡ぎ出そうとする営みであ る。感情的社会学という方法は,これに近い発 想を持っているように思われる。だからこそ, 次に思考されなければならない点は,それ感 情経験であること持つ意味であろう。
さらに見せる

13 さらに読み込む

生殖補助医療によって妊娠した女性が出産するまでの感情のプロセス

生殖補助医療によって妊娠した女性が出産するまでの感情のプロセス

らない使命感は重圧になる一方で,妊娠期の不安に立 ち向かうための原動力にもなり,主体的にさまざまな 心理情緒的あるいはまた,社会的な対処行動みられ ている。妊娠経過に関しては,西脇ら(2001)の報告 のように医師やスタッフから知識や安心感を得ていた。 流産に関連したネガティブな感情に対しては,治療中 に身につけた感情のコントロール方法を生かし,妊娠 継続の目処を立てて自分の気持ちをコントロールして いた。特に,注目すべきは,妊娠継続の目処として 「安定期の5ヶ月」に特別な意味づけあり,不安定な 4 ヶ月までを乗り越えることに日々専心していた。こ の現象はGarner(1985)の指摘とも一致している。また, 参加者全員,妊娠5ヶ月に入るまで夫や家族以外に 妊娠を知らせなかったことも流産の不安に対する対処 として,不妊経験のない自然妊娠の女性にはみられな い慎重な行動と考えられた。
さらに見せる

10 さらに読み込む

祖父母との関係が女子大学生の自尊感情と自己受容に与える影響

祖父母との関係が女子大学生の自尊感情と自己受容に与える影響

他方,自尊感情は自分を大切に思える感情で あり,自分重要だと考える側面での有能性と, それを支持する身近なおとなや仲間の評価を基 盤に形成される(小嶋・森下,2009)。自尊感情 の在り方は親や仲間などの他者から影響を受け, 特に青年期前期には親子関係からの影響顕著 であるとされている(北尾・中島・林・広瀬・高 岡・伊藤,2010;中間,2007)。青年期は,親 子関係乱れやすい時期であるので,そのよう な時期に家族のなかに祖父母という存在あり, かつ自分を受け止めてくれるような関係あれ ば,自己受容や自尊感情の低下を防ぎ,場合に よっては上昇させることできるのではないか。
さらに見せる

10 さらに読み込む

Web上で行うポジティブ感情想起課題が個人のメンタルヘルスに及ぼす影響について

Web上で行うポジティブ感情想起課題が個人のメンタルヘルスに及ぼす影響について

分析対象者は,preとpostのどちらも回答し,実験 群では 1 日以上課題に取り組んだ者99名(実験群61 名,待機群38名)であった。実験群のうち,preにお けるSRS-18の尺度得点平均以下であった者をストレ ス低群(36名) ,平均以上であった者をストレス高群 (25名)とした。各尺度の平均得点をTable.1に示す。 「睡眠」 , 「ストレス」 , 「活気」の各尺度において, 3 群(ストレス低・ストレス高・待機)× 2 群(pre・ post)の 2 要因分散分析をおこなった(Table.2) 。そ の結果, 「睡眠」においては,時期,群のいずれの主 効果,交互作用はみられなかった。 「ストレス」にお いては群の有意な主効果と交互作用みられた。下位 検定をおこなったところ,ストレス低群における時期 の 単 純 主 効 果 み ら れ(F(1,96)=4.59, p <.05, η p
さらに見せる

2 さらに読み込む

障害児をもつ母親が育児の中で感じる感情特性に関する研究 [ PDF

障害児をもつ母親が育児の中で感じる感情特性に関する研究 [ PDF

そこで、 『養育態度』については、1 歳未満の早期から身体 面の改善を狙った理学療育、動作訓練を中心に開始するこ と示された。 『専門機関での診断』について、多くの母親 MRI 検査、CT 検査、脳波検査などの医学検査を通して子 どもの障害について Dr.から説明を聞くこと示された。以 上より、脳性マヒ児の母親の場合は子どもの障害に対して 納得しやすい状況にあり、障害を受け止めやすいのではな いかと考えられる。しかし、子育てにおける『母親の行動』 に影響を及ぼす要因については、多くの母親から「療育機
さらに見せる

4 さらに読み込む

認知スタイルと感情的情報の種類の違いが記憶課題に与える影響

認知スタイルと感情的情報の種類の違いが記憶課題に与える影響

みられるかを明らかにすることも目的とする。な お,本研究ではVisualizer-VerbalizerQuestionnaire, StyleofProcessingScale,そしてObject-Spatial ImageryQuestionnaireを使用することとする。 Visualizer-VerbalizerQuestionnaire(Richardson, 1977)は認知スタイルを視覚型と言語型に分類す る基礎的な質問紙の一つであることから採用する こととした。StyleofProcessingScale(Childers, Houston&Heckler,1985)はVisualizer-Verbalizer Questionnaireを改良したものであり,認知スタ イル特性の情報処理の側面により焦点を当てた質 問紙だと考えることできる。また,これら二つ の質問紙はいずれも視覚型・言語型を区別する質 問紙である,StyleofProcessingScaleの方 質問項目の内容具体的であり,かつ,4件法で 回答を求めているため,より鋭敏に認知スタイル の 傾 向 を 測 る こ と で き る と 考 え ら れ る。 Object-Spatial Imagery Questionnaire (Blajenkova,Kozhevnikov&Motes,2006) は Visualizer-VerbalizerQuestionnaireとStyleof ProcessingScaleとは異なり,視覚型・言語型の 観点で認知スタイルを分類するものではない。こ れは,近年の脳イメージング技法の発展に伴い, 新 し く 考 案 さ れ た 認 知 ス タ イ ル で あ る(e.g., Blanzhenkova & Kozhevnikov, 2009, 2010; Kozhevnikov,Kosslyn&Shephard,2005)。この 認知スタイルは,二つの視覚情報処理経路に基づ いた個人の視覚イメージの処理傾向によってそれ ぞれに対応した認知スタイルに区別する。その認 知 ス タ イ ル の う ち, 物 体 イ メ ー ジ(object imagery)型の人は,より視覚イメージ色鮮や かで,写実的な解像度の高いイメージを用い,イ メージを全体として捉える傾向にあること報告 さ れ て い る。 一 方, 空 間 イ メ ー ジ(spatial imagery)型の人は,物体や部品間の空間的配置 に関する情報処理を得意とし,かつ心的回転など のイメージ操作を得意とするとされている。加え て,物体イメージ型は視覚芸術,空間イメージ型 は自然科学を専門とする人に多いことも報告され て い る。Object-SpatialImageryQuestionnaire
さらに見せる

11 さらに読み込む

感情認識及び感情創生に基づく知的学内案内ロボットの構築

感情認識及び感情創生に基づく知的学内案内ロボットの構築

コミュニケーションを行うためには,相手に情報を 伝える必要ある.本研究においてもこの情報を伝え る技術は非常に重要である.相手伝えたい情報を得 る技術は 5 章ですでに述べており,本章では,逆にロ ボットからユーザに情報を伝えるための技術について 説明する.本研究では,ユーザに情報を伝える手段と して音声を用いた.機械音声を発生するためには, 人間のような声帯を持っていないことから,デジタル 的に音声波形を作成し人間のような声を生成する必要 ある.このような技術を音声合成と呼ぶ.
さらに見せる

10 さらに読み込む

感情処理および感情表出に関するポジティブ心理学的研究の概観

感情処理および感情表出に関するポジティブ心理学的研究の概観

 仕事のストレスに対する情動焦点型対処と問題 焦点型対処の効果を比較した研究では,ACT に 基づいた情動焦点型介入を受けた群は,問題の所 在を明らかにして軽減するための問題焦点型介入 を受けた群と比較して,感情的接近と感情の受容 高まった。また両群とも心理学的調節機能増 大し,革新的思考を行う傾向高まった。ただし, そのプロセス異なっていた。つまり,ACT 群 は否定的な感情や思考を受容するようになったの に対して,情動焦点型介入群は仕事のストレスを 修正するよう試みるようになったのである。この 研究では,メカニズムは異なる,情動焦点型介 入も問題焦点型介入も潜在的には対処プロセス に役立つこと実証された。情動焦点型介入と 問題焦点型介入を統合した Coping Effectiveness Training (CET)(Folkman et al., 1991)を HIV 感染者の男性に適用した研究では,統制群と比較 して知覚されるストレス,バーンアウト,不安 低減された(Chesney, Chambers, Taylor, John- son, & Folkman, 2003)。初期の乳がん患者を対 象とした集団認知行動的ストレスマネージメント (cognitive-behavioral stress management; CBSM)
さらに見せる

9 さらに読み込む

心理学各論 A II 感情 第 8 回感情と脳 自律反応 2010 年 9 月 15 日 ( 水曜日 ) 第 1 時限目 C302 教室 参考文献 感情心理学 ( 鈴木直人編 朝倉書店 2007) 第 3 章感情と認知 第 4 章感情の発達 第 5 章感情と健康 第 6 章感情と脳 自律反応 バイオ

心理学各論 A II 感情 第 8 回感情と脳 自律反応 2010 年 9 月 15 日 ( 水曜日 ) 第 1 時限目 C302 教室 参考文献 感情心理学 ( 鈴木直人編 朝倉書店 2007) 第 3 章感情と認知 第 4 章感情の発達 第 5 章感情と健康 第 6 章感情と脳 自律反応 バイオ

 因子 – 社会文化的因子: 幼少期の母子関係、家族機能、文化的基盤 幼少期に母親から受ける養護(care)少ないほど、アレキシサイミア傾向高い 家族内の親密性、レクリエーション性低く、纏綿状態(互いに過剰に反応しあい、問題に巻き込まれ、 各成員の自律性阻害される状態)と自由放任な家族スタイルで、アレキシサイミア傾向高い – 神経学的因子: 脳内情報処理の機能不全

45 さらに読み込む

感情価が時間評価に与える影響

感情価が時間評価に与える影響

 まず、実験室に入室した実験参加者は、実験者から「大学生を対象にした心理的時間の 実験である」と説明を受け、呈示される画像の時間を秒単位で答えるように指示された。 次に任意で同意書に記入し、実験回答用紙を手渡された。実験参加者からディスプレイま での距離は約 50cm に設定した。実験の前に課題の練習を行い、手続きを理解した上で 行った。なお、実験の画像や課題文はすべてパーソナル・コンピュータのディスプレイ中 央に呈示した。練習後、回答用紙の 2 枚目の記録用紙を開いて待つように指示された。 実験参加者の準備整い次第、実験開始された。実験では 24 枚(快画像 12 枚、不快 画像 12 枚であり、各感情価条件に呈示時間 3 秒、 6 秒、 9 秒、 12 秒 3 枚ずつになるよ うにランダムに割り振られた)の画像一定の時間表示され、実験参加者は画像 1 枚 呈示され終わった直後、画像呈示されていたと主観的に評価した時間を手元の用紙に書 き込んだ。時間評価は、実験参加者に直接的に評価させる言語的見積もり法( verbal estimation method )であり、時間体験後に振り返って思い出して評価する( retrospective time estimation )形式で行った。
さらに見せる

10 さらに読み込む

感情刺激が前後の記憶に及ぼす影響 [ PDF

感情刺激が前後の記憶に及ぼす影響 [ PDF

追加分析 実験3における統制条件の問題を検討するために,実 験 3 の各条件について,すべての刺激の提示時間4秒 条件であった実験2の統制条件と比較を行った。 分析は,実験3の統制条件を除く感情ごとに行われ, 実験条件(1 秒,6 秒,実験 2 統制)×系列位置の二要 因で分析を行った。快条件では,系列位置の主効果[F (14,1232)=62.60,p<.001],交互作用[F(28,1232) =11.47,p<.001]有意であり,実験条件の主効果は 得られなかった[F(2,1232)=1.43,p>.10]。不快 条件では,系列位置の主効果[F(14,1232)=65.70, p<.001],交互作用[F(28,1232)=11.95,p<.001] 有意であり,実験条件の主効果は得られなかった[F (2,1232)=0.12,p>.10]。中性条件では,系列位置 の主効果[F(14,1232)=65.23,p<.001],交互作用 [F(28,1232)=9.37,p<.001]有意であり,実験 条件の主効果は得られなかった[F(2,1232)=1.18, p>.10]。下位検定の結果は表3に示す。
さらに見せる

4 さらに読み込む

Show all 10000 documents...