• 検索結果がありません。

当該報告書に

研究報告書レイアウト例(当該年度が最終年度ではない研究班の場合)

研究報告書レイアウト例(当該年度が最終年度ではない研究班の場合)

... 1)動脈硬化関連液性因子と大脳皮質下病変との検討:近年脂肪酸と動脈硬化との関連つ いて研究が広がっている。なかでも必須脂肪酸であるエイコサペンタエン酸(EPA)とアラ キドン酸(AA) 、および両者の比である EPA/AA 比は心血管イベントに対するリスク指標と なり得ることが様々な疫学調査で示されている。大脳皮質下病変の形成動脈硬化が影響 ...

8

研究報告書レイアウト例(当該年度が最終年度ではない研究班の場合)

研究報告書レイアウト例(当該年度が最終年度ではない研究班の場合)

... 17)JDDW 2011;シンポジウム 17 カプセル内視鏡の進歩;小腸カプセル内視鏡(VCE)の適応 拡大向けて:Agile-J patency capsule (AJP)の有用性と安全性;名古屋大大学院・消 化器内科学;大宮直木、中村正直、後藤秀実(20111022 福岡) 18)Muto S, Takeda H, Ohnishi S, Nakagawa K, Sadakane S, Saegusa Y, ...

7

2) 治験薬概要書 (GCP 省令第 15 条の5 第 2 項の規定により改訂されたものを含む ) 3) 症例報告書の見本 ( 治験実施計画書において 症例報告書に記載すべき事項が十分に読み取れる場合は 当該治験実施計画書をもって症例報告書の見本に関する事項を含む ) 4) 説明文書 同意文書 (

2) 治験薬概要書 (GCP 省令第 15 条の5 第 2 項の規定により改訂されたものを含む ) 3) 症例報告書の見本 ( 治験実施計画書において 症例報告書に記載すべき事項が十分に読み取れる場合は 当該治験実施計画書をもって症例報告書の見本に関する事項を含む ) 4) 説明文書 同意文書 (

... 12)総括報告作成に関する手順 13)その他治験が適正かつ円滑行われることを確保するため必要とされる手順 2 自ら治験を実施する者は、医師、歯科医師、薬剤師その他の治験の実施の準備及び管理係 わる業務を行うことにつき必要な専門的知識を有する者を確保し、治験の実施体制を整える。 ...

23

研究報告書レイアウト例(当該年度が最終年度ではない研究班の場合)

研究報告書レイアウト例(当該年度が最終年度ではない研究班の場合)

... タウやアミロイドの異常所見のシャント効果への影響が指摘されている。本研究では、iNPH における脳内病的アミロイド沈着は臨床症状の悪化要因となることが示唆された。そして アミロイドの沈着は認知障害のみならず歩行障害へも影響を及ぼすため、単なる AD の合併 とは考えにくい側面があった。しかし、アミロイド蓄積の分布は、アルツハイマー病認 められるものと大きな差は認められず、iNPH と AD ...

7

研究報告書レイアウト例(当該年度が最終年度ではない研究班の場合)

研究報告書レイアウト例(当該年度が最終年度ではない研究班の場合)

... 身体組成の計測が可能であった 575 名の分析では、認知機能低下者は 32 名(5.6%) であった。認知機能低下者の第 1 番目の特徴は、老研式活動能力指標の下位尺度である IADL 障害(低下者 25.0%、正常者 4.3%、P<0.001) 、知的能動性障害(低下者 43.8%、 正常者 24.2%、P=0.014)の割合が高いことであった。二つ目は、DXA 法より求めた全 ...

10

研究報告書レイアウト例(当該年度が最終年度ではない研究班の場合)

研究報告書レイアウト例(当該年度が最終年度ではない研究班の場合)

... 研究結果は専門の学会や科学雑誌発表される場合があるが、被験者のプライバシーは守 秘する。 (2)研究等の対象となる者(本人または家族)の理解と同意 研究等の対象となる者本人に対して文書による説明の上、文書による同意を得る。研究開 始後でも中止の意思表示があれば、速やか本研究からはずす。本人から同意を得られる 場合のみ参加とする。同意を撤回することによって、不利益な取り扱いを受けることは ...

6

て本学が過去に公表した内容は除く ) 及び 3 当該事故に係る診療科, 機構への報告日その他報告内容に係る情報として事務担当者が加筆したメモ について全部開示を求める 少なくとも患者, 医師の個人情報に係らない部分については開示すべき そもそもこの報告書は同じような事故が起きないようにするために医師

て本学が過去に公表した内容は除く ) 及び 3 当該事故に係る診療科, 機構への報告日その他報告内容に係る情報として事務担当者が加筆したメモ について全部開示を求める 少なくとも患者, 医師の個人情報に係らない部分については開示すべき そもそもこの報告書は同じような事故が起きないようにするために医師

... 審査請求人はその他種々主張するが,いずれも当審査会の上記判断を左 右するものではない。 4 本件一部開示決定の妥当性について 以上のことから,本件請求文書の開示請求に対し,①請求文書1及び請 求文書2つき,本件対象文書1を特定し,その一部を法5条1号及び4 号柱書き該当するとして不開示とし,②請求文書3つき,その一部と して本件対象文書2を特定し,一部開示し,請求文書3のその余の文書の ...

9

ECに関わる法的問題検討報告書

ECに関わる法的問題検討報告書

... は、その被害者つまり知的財産権の保有者が(取引の当事者ではないため) 、出品者の身 元を知る手段がないなどの理由から、出品者に対する直接の権利行使は困難であるが,そ れだけオークション事業者が当該物品をブロックする役割大きな期待がある。一方 オークション事業者側の立場たつと膨大な出品数の中から問題物品を特定すること は相当の困難が伴うが、少なくとも権利者側が ...

116

Microsoft Word - 民法改正に係る報告書

Microsoft Word - 民法改正に係る報告書

... (2)契約の成否 これに対し、Aは、そもそもAB間はまだ当該土地・建物の売買契約は成立してい ないと反論することが考えられる。なぜなら、AB間では、10月15日売買契約を 作成した時契約を成立させる意思(したがって、それまでは契約は成立しないとの合 意)があったと解する余地もあるからである(前述Ⅱ1参照)。これは、AB間の合意 ...

48

令和 3 年度 市町村に提出する 給与支払報告書等の作成及び提出についての手引書 目 次 1. まとめ 1 2. 給与支払報告書 ( 個人別明細書 ) 1 3. 給与支払報告書 ( 総括表 ) 3 4. 給与支払報告特別徴収に係る給与所得者異動届出書 5 5. 市町村所在地一覧表 9 給与支払報告書

令和 3 年度 市町村に提出する 給与支払報告書等の作成及び提出についての手引書 目 次 1. まとめ 1 2. 給与支払報告書 ( 個人別明細書 ) 1 3. 給与支払報告書 ( 総括表 ) 3 4. 給与支払報告特別徴収に係る給与所得者異動届出書 5 5. 市町村所在地一覧表 9 給与支払報告書

...  一括徴収する場合は、該当する理由の「1」又は「2」の番号を□枠記載し、次の所要事 項を記載するとともに、「1」の場合は給与所得者本人の印を押印してください。 ○ 「徴収予定額((ウ)と同額)」欄  給与の支払を受けないこととなる日又は一括徴収の申出日から5月31日までの間支払を 受けるべき給与又は退職手当等の額のそれぞれから徴収すべきものとして、給与の支払を受 ...

16

有価証券報告書/四半期報告書/半期報告書/臨時報告書

有価証券報告書/四半期報告書/半期報告書/臨時報告書

... ただし、本③定める証券(権利)または新株予約権の発行(新株予約権無償割当ての場合を含む。)が当社 に対する企業買収の防衛を目的とする発行である旨を、当社が公表のうえ社債管理者通知したときは、調整 後の転換価額は、当該証券(権利)または新株予約権(新株予約権の交付と引換え取得される証券(権利) ...

110

1 有価証券報告書の訂正報告書の提出理由 2018 年 2 月 28 日付で提出しました第 28 期 ( 自 2017 年 6 月 1 日至 2017 年 11 月 30 日 ) 有価証券報告書について 当該有価証券報告書の提出後に本投資法人の資産運用会社であるジャパン リート アドバイザーズ株式会

1 有価証券報告書の訂正報告書の提出理由 2018 年 2 月 28 日付で提出しました第 28 期 ( 自 2017 年 6 月 1 日至 2017 年 11 月 30 日 ) 有価証券報告書について 当該有価証券報告書の提出後に本投資法人の資産運用会社であるジャパン リート アドバイザーズ株式会

... なければならない可能性があります。共有者間で不分割の合意をすることは可能ですが(民法第256条第1項但 )、その場合であっても、合意の有効期間(同条により、5年が最長ですが、5年を限度更新することも可 能です。)が満了していたり、その合意が未登記であるため第三者対抗できないことがあります。また、 ...

299

6 贈与認定申請基準事業年度の貸借対照表 損益計算書など会社法第 435 条第 2 項又は第 67 条第 2 項に規定する書類 貸借対照表 損益計算表 株主 ( 社員 ) 資本等変動計算書 個別注記表 事業報告書 附属明細書 ( 勘定科目内訳書 ) 7 当該贈与の時から当該贈与に係る贈与認定申請基準

6 贈与認定申請基準事業年度の貸借対照表 損益計算書など会社法第 435 条第 2 項又は第 67 条第 2 項に規定する書類 貸借対照表 損益計算表 株主 ( 社員 ) 資本等変動計算書 個別注記表 事業報告書 附属明細書 ( 勘定科目内訳書 ) 7 当該贈与の時から当該贈与に係る贈与認定申請基準

... 認定申請の特定資産明細表の不動産の項目において「現に自ら使用しているもの」欄記入をした場合 ・当該不動産を自ら使用していることがわかる書類(会社パンフレット、所在地等が確認できる外観写真、地図など) 認定申請の特定資産明細表の不動産の項目において、1つの物件を「現に自ら使用しているもの」欄と「現に自ら使用し ていなもの」欄と按分して記入した場合 ...

8

研究報告書レイアウト例(当該年度が最終年度ではない研究班の場合)

研究報告書レイアウト例(当該年度が最終年度ではない研究班の場合)

... B.研究方法 (1)全体計画 本研究においては、主任研究者が分担研究者と協力して今後3年間の認知症臨床研究・ 治験ネットワークの構築および整備を行っていくが、各分担研究者の役割分担は以下のよ うである。本ネットワークの代表者(国立長寿医療研究センター病院院長:鳥羽研二)の もとでネットワークの実務を担当する運営委員会を分担研究者:鷲見が責任者として統括 ...

15

研究報告書レイアウト例(当該年度が最終年度ではない研究班の場合)

研究報告書レイアウト例(当該年度が最終年度ではない研究班の場合)

... 7)竹村真里枝、松井康素、原田敦、石黒直樹、安藤富士子、下方浩史;一般住民おけ るロコモティブシンドロームの疫学的検討 日本整形外科学会 2013/5/23-26 広島 市. 8)伊藤定之、原田敦、松井康素、酒井義人、竹村真里枝、寺部靖人、石黒直樹:サル コペニアに対する骨粗鬆症薬の効果検討 日本整形外科学会 2013/5/23-26 広島市. 9)飛田哲郎、下方浩史、酒井 義人、松井康素、竹村 ...

12

研究報告書レイアウト例(当該年度が最終年度ではない研究班の場合)

研究報告書レイアウト例(当該年度が最終年度ではない研究班の場合)

... AD の早期診断は、最も初期の病理学的変化である amyloid β(Aβ)の脳内蓄積を捉える必 要があるが、現在利用可能な方法は、Aβ-PET と脳脊髄液検査しかない。しかし、これらは 侵襲性やコストの問題から、それほど簡便行える検査ではない。しかも、認知機能正常高 齢者の 20-40%が Aβ 陽性、すなわち preclinical stage の AD であると推定されていることか ...

16

研究報告書レイアウト例(当該年度が最終年度ではない研究班の場合)

研究報告書レイアウト例(当該年度が最終年度ではない研究班の場合)

... 3) 「ヘルペス脳炎後遺症患者一症例における運動療法の効果と自律神経機能の関係性 ついて -心拍変動解析を用いて-」 ○飯田 圭紀 1 、伊藤 直樹 1 、相本 啓太 1 、小林 信 2 1国立長寿医療研究センター病院 機能回復診療部、 2国立長寿医療研究センター病院 麻酔科 ...

5

研究報告書レイアウト例(当該年度が最終年度ではない研究班の場合)

研究報告書レイアウト例(当該年度が最終年度ではない研究班の場合)

... A.研究目的 団塊世代が今後10~20年の間認知症の好発年齢を迎える2025年頃は認知症高齢者 の急増が見込まれ、その予防が急務の課題となっている。認知症の主な原因疾患であるア ルツハイマー病および脳血管疾患に対する根治療法や予防薬の開発が確立されていない現 在において、認知症の予防もしくは発症遅延のための非薬物療法の可能性を検討すること ...

11

研究報告書レイアウト例(当該年度が最終年度ではない研究班の場合)

研究報告書レイアウト例(当該年度が最終年度ではない研究班の場合)

... の他、高い介護負担苦しみながら在宅で介護をしなくとも、高齢者入所施設 入所させることが可能出るからではないかと考えられ、不適切処遇を経験す る前要介護高齢者を入所させ、在宅介護を中断している可能性も否定できな い。さらに、対象者を増やして検討する必要があり、次年度以降も対象者を募 ...

10

研究報告書レイアウト例(当該年度が最終年度ではない研究班の場合)

研究報告書レイアウト例(当該年度が最終年度ではない研究班の場合)

... - 9 - (2)血管性認知症(VaD) VaD が疑われる症例 39 例においてアミロイド蓄積は約 50%見られた。SVaD では AD 病 変合併頻度 40% 程度であったが Strategic 例は AD の混在が 64%とより多くみられた。 従来より VaD 診断重要視されてきた突然発症の病歴は統計学的有意な差ではないも ...

14

Show all 10000 documents...

関連した話題