当第3四半期末

Top PDF 当第3四半期末:

種類株式の配当の状況普通株式と権利関係の異なる種類株式に係る1 株当たり配当金の内訳は以下のとおりです 第一種優先株式 年間配当金第 1 四半期末第 2 四半期末第 3 四半期末期末合計 円 円 円 円 円 2018 年 3 月期 2019 年 3 月期 年 3 月期 (

種類株式の配当の状況普通株式と権利関係の異なる種類株式に係る1 株当たり配当金の内訳は以下のとおりです 第一種優先株式 年間配当金第 1 四半期末第 2 四半期末第 3 四半期末期末合計 円 円 円 円 円 2018 年 3 月期 2019 年 3 月期 年 3 月期 (

   2017年9月には部分直接償却10,748百万円(うちリスク管理債権対象債権10,585百万円)を、2018年3月   には部分直接償却7,118百万円(うちリスク管理債権対象債権6,959百万円)を、2018年9月には部分直接償却   7,882百万円(うちリスク管理債権対象債権7,700百万円)をそれぞれ実施しております。    部分直接償却後のリスク管理債権及び貸出金残高比は2017年9月23,476百万円 1.85%、2018年3月29,473   百万円 2.31%、2018年9月28,444百万円 2.19%になります。
さらに見せる

47 さらに読み込む

四半期報告書(第3期第1四半期) IR資料 | 株式会社ウエスコホールディングス

四半期報告書(第3期第1四半期) IR資料 | 株式会社ウエスコホールディングス

4.2期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載してお りません。 5.当社グループの主体である総合建設コンサルタント事業は、大部分が官公庁からの受注であり、業務の 納期が官公庁の事業年度である3月に集中する傾向があるため、売上高も同様に四半期以降に偏 る季節的変動があります。また指定管理事業においては、神戸市立須磨海浜水族園の管理運営を行って おり、春や秋の行楽シーズンやゴールデンウィーク、夏休み期間に来園者数が多いことから、売上高に ついても四半期および四半期に多くなるといった季節的変動があります。
さらに見せる

29 さらに読み込む

種類株式の配当の状況 普通株式と権利関係の異なる種類株式に係る 1 株当たり配当金の内訳及び配当金総額は以下のとおりです 第 1 種優先株式 年間配当金 第 1 四半期末第 2 四半期末第 3 四半期末期末合計 配当金総額 ( 合計 ) 円 銭 円 銭 円 銭 円 銭 円 銭 百万円 29 年 3

種類株式の配当の状況 普通株式と権利関係の異なる種類株式に係る 1 株当たり配当金の内訳及び配当金総額は以下のとおりです 第 1 種優先株式 年間配当金 第 1 四半期末第 2 四半期末第 3 四半期末期末合計 配当金総額 ( 合計 ) 円 銭 円 銭 円 銭 円 銭 円 銭 百万円 29 年 3

(2)損益計算書 ……………………………………………………………………………………… 18 ()株主資本等変動計算書 ………………………………………………………………………… 19 (4)継続企業の前提に関する注記 ………………………………………………………………… 21 5.その他(参考情報) ………………………………………………………………………………… 22

35 さらに読み込む

第3四半期決算短信(非連結)

第3四半期決算短信(非連結)

四半期会計期間の総資産は1,599,916千円となり、前事業年度に比べ700,937千円増加しま した。主な要因としましては、東京証券取引所マザーズ市場上場に伴う公募増資等による現金預金の増 加668,531千円及び受取手形及び売掛金の増加38,082千円であります。 四半期会計期間の負債は215,923千円となり、前事業年度に比べ101,742千円減少しまし た。主な要因としましては、未払法人税等の減少67,001千円及び1年内返済予定の長期借入金の減少 13,005千円であります。
さらに見せる

9 さらに読み込む

当四半期の受注高は 19% 増の 257 億ドルとなりました 当四半期末における設備 機器およびサービスの受注残高は前四半期から 60 億ドル増加し 過去最高の 2,290 億ドルとなりました 当四半期のインフラストラクチャー事業の受注価格は横ばいでした 設備 機器の受注販売比率 (book-to-

当四半期の受注高は 19% 増の 257 億ドルとなりました 当四半期末における設備 機器およびサービスの受注残高は前四半期から 60 億ドル増加し 過去最高の 2,290 億ドルとなりました 当四半期のインフラストラクチャー事業の受注価格は横ばいでした 設備 機器の受注販売比率 (book-to-

GE は引き続き、統制およびバランスのとれた資本配分計画を実施しており、今年度累計 で 139 億ドルを、配当や自社株買いの形で投資家に還元してきました。 3 四半期 社はイタリアの民間・軍用機向け航空関連部品・システム製造企業であるアビオ・エアロ 社の買収を完了したほか、石油・ガス業界向けの人工採掘技術の大手で産業用機器の製造 も手掛けるラフキン・インダストリーズ社の買収を完了しました。また四半期、GE は 中国・西電電気(XD エレクトリック・グループ)とのグローバルパートナーシップ契約 を正式締結しました。これにより、高圧送配電ソリューションの提供および現地仕様のグ リッド・オートメーション用機器・サービスを中国の顧客向けに展開していきます。 「四半期、我々は投資家の皆様に対する大きな戦略目標を達成しました。産業分野事業 で 11%の増益を達成し、利益率も順調に拡大しています。GE キャピタルは事業規模の縮 小により、コア事業に集中したさらに強力な組織となり、自社の収益性を維持しつつ親会 社にキャッシュを還元しています。また、2,290 億ドルという過去最高の受注残が示すと おり、当社の市場シェアはさらに拡大しており、2014 年に向けて準備が整っています。 当社の今年度の全般的事業見通しは以前と変わりません」とイメルトは述べています。
さらに見せる

13 さらに読み込む

平成30年3月期 第3四半期決算短信 北海道中央バス

平成30年3月期 第3四半期決算短信 北海道中央バス

① 期末発行済株式数( 自己株式を含む) 30年3月期3Q 3,146,000 株 29年3月期 3,146,000 株 ② 期末自己株式数 30年3月期3Q 527,935 株 29年3月期 527,199 株 ③ 期中平均株式数( 四半期累計) 30年3月期3Q 2,618,513 株 29年3月期3Q 2,619,156 株 ( 注) 当社は、 平成29年10月1 日付で普通株式10株につき1 株の割合で株式併合を行っ ており ます。 前連結会計年度の期首に当該株式併合が行われたと 仮定し て、 「 期末発行済株式数」 、 「 期末自己株式数」 及び「 期中平均株式数」 を算定し ており ます。
さらに見せる

10 さらに読み込む

四半期報告書(第2期第3四半期) IR資料 | 株式会社ウエスコホールディングス

四半期報告書(第2期第3四半期) IR資料 | 株式会社ウエスコホールディングス

四半期連結会計期間の資産合計は、前連結会計年度に比べ26億5千7百万円増加し、171億7百万円と なりました。 流動資産については「現金及び預金」が45億9千8百万円、「未成業務支出金」が10億4千万円増加しておりま す。これは「有価証券」が10億5千1百万円、「金銭の信託」が22億円償還となったこと、ならびに当社グループの 主体である総合建設コンサルタント事業の売上高が、主要顧客である官公庁の事業年度である3月に集中するた め、入金についても同時期に集中することから「現金及び預金」が増加しております。結果として、流動資産合計で は前連結会計年度に比べ24億2千百万円の増加となりました。
さらに見せる

31 さらに読み込む

第3四半期報告書 株式会社 有沢製作所

第3四半期報告書 株式会社 有沢製作所

このような状況のもと当社グループ(当社、連結子会社及び持分法適用会社)は、多機能携帯端末を主用途とし た電子材料の需要が堅調であったことと産業用構造材料の収益改善努力などにより、前年同期に比べ売上・営業利 益ともに増加しました。 この結果、四半期連結累計期間の業績につきましては、売上高303億25百万円(前年同四半期比17.7%増) となりました。損益は営業利益26億36百万円(前年同四半期比129.0%増)、経常利益31億93百万円(前年同四半期 比58.6%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益26億55百万円(前年同四半期比79.6%増)となりました。
さらに見せる

20 さらに読み込む

四半期報告書(第3期第2四半期) IR資料 | 株式会社ウエスコホールディングス

四半期報告書(第3期第2四半期) IR資料 | 株式会社ウエスコホールディングス

四半期連結会計期間の資産合計は、前連結会計年度に比べ11億円減少し、148億8千4百万円となりまし た。 流動資産については、「現金及び預金」が17億7千9百万円、「有価証券」が2億9千9百万円、「その他」に含 めております「金銭の信託」が12億円減少し、「未成業務支出金」が19億1千1百万円増加しております。これは 社グループの主体である総合建設コンサルタント事業の売上高が、主要顧客である官公庁の事業年度である3月に 集中するため、たな卸資産が増加する傾向にあり、また連動して入金も同時期に集中するため、現金同等物が減少い たします。結果として、流動資産合計では前連結会計年度に比べ11億9千百万円の減少となりました。
さらに見せる

33 さらに読み込む

平成30年3月期 第3四半期決算短信 決算短信|DIYホームセンター ジャンボエンチョー

平成30年3月期 第3四半期決算短信 決算短信|DIYホームセンター ジャンボエンチョー

(負債) 四半期連結会計期間における負債合計は、前連結会計年度に比べ783百万円増加し、29,740百万円と なりました。 流動負債は前連結会計年度に比べ1,227百万円増加し、17,199百万円となりました。これは主に支払手形及び 買掛金の増加1,422百万円、短期借入金の減少319百万円、未払法人税等の減少103百万円、流動負債のその他の増 加214百万円によるものであります。固定負債は前連結会計年度に比べ443百万円減少し、12,540百万円となりま した。これは主に長期借入金の減少101百万円、退職給付に係る負債の減少106百万円、固定負債のその他の減少 219百万円によるものであります。
さらに見せる

9 さらに読み込む

平成29年9月期 第3四半期決算短信

平成29年9月期 第3四半期決算短信

  (2)財政状態に関する説明 四半期連結会計期間の資産につきましては、流動資産は受取手形及び売掛金の減少1,152 百万円、原材料及び貯蔵品の増加447百万円などにより、前連結会計年度に比べ709百万円減少 し、29,692百万円となりました。また、固定資産は投資有価証券の増加475百万円などにより、前 連結会計年度に比べ295百万円増加し、12,810百万円となりました。これらの結果、資産合計は 前連結会計年度に比べ414百万円減少し、42,503百万円となりました。
さらに見せる

12 さらに読み込む

平成29年3月期 第3四半期決算短信

平成29年3月期 第3四半期決算短信

(4)発行済株式数(普通株式) ①  期末発行済株式数(自己株式を含む) 29年3月期Q 107,723,374 株 28年3月期 107,723,374 株 ②  期末自己株式数 29年3月期Q 2,428,715 株 28年3月期 2,543,822 株 ③  期中平均株式数(四半期累計) 29年3月期Q 105,207,233 株 28年3月期Q 105,102,594 株 ※平成27年10月1日付で、1株につき1.2株の割合で株式分割を行っております。そのため、前連結会計年度の期 首に当該株式分割が行われたと仮定して、期中平均株式数(四半期累計)を算定しております。
さらに見せる

11 さらに読み込む

2017年度第3四半期決算説明資料

2017年度第3四半期決算説明資料

○ また、「オリックス電力株式会社のマンション高圧一括受電サービス事業の買収(2017年9月11日公表)」を決定しており、 新会社「Next Power株式会社」を2017年10月31日に設立しております。 (本買収を含め、首都圏のご家庭分野において、約8万件のお客さまに当社グループを通じて電気をお使いいただいております。) ○ ① 2018年度に 首都圏のご家庭分野において10万件 のお客さまにお選びいただくこと、②2025年度に首都圏を中心に
さらに見せる

38 さらに読み込む

第74期四半期報告書(第3四半期) 有価証券報告書 | IR情報 | ニチレキ株式会社

第74期四半期報告書(第3四半期) 有価証券報告書 | IR情報 | ニチレキ株式会社

文中の将来に関する事項は、四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び連結子会社)が判 断したものであります。 (1) 経営成績の分析 四半期連結累計期間における我が国経済は、政府の経済対策や日銀の金融緩和政策を背景に、企業収益や 雇用情勢が改善するなど、緩やかな回復基調が続きました。しかし一方で、米国の政策運営、アジア新興国等の経 済の先行き、金融資本市場の変動等の影響により、景気の先行きは依然として不透明な状況にありました。
さらに見せる

22 さらに読み込む

第21期 第3四半期 四半期報告書 有価証券報告書等 | IR情報 | Jストリーム

第21期 第3四半期 四半期報告書 有価証券報告書等 | IR情報 | Jストリーム

  (2) 財政状態の分析 (資産) 四半期連結会計期間における流動資産は3,420百万円となり、前連結会計年度に比べ62百万円減少しま した。これは主に前期の売掛金回収等の資金の増加要因を、賞与の前払いや子会社株式取得及びネットワーク設 備関連の支出等の資金の減少要因が上回ったことによるものです。また、固定資産は1,256百万円となり、前連結会 計年度に比べ264百万円増加しました。これは主に配信系サービス機器及びソフトウェアの増加と子会社株式取得 に伴うのれん計上によるものであります。
さらに見せる

16 さらに読み込む

2. 配当の状況 年間配当金 配当金総額 ( 合計 ) 純資産配当率 配当性向 第 1 四半期末第 2 四半期末第 3 四半期末 期末 合計 円 銭 円 銭 円 銭 円 銭 円 銭 百万円 % % 29 年 9 月期 年 9 月期

2. 配当の状況 年間配当金 配当金総額 ( 合計 ) 純資産配当率 配当性向 第 1 四半期末第 2 四半期末第 3 四半期末 期末 合計 円 銭 円 銭 円 銭 円 銭 円 銭 百万円 % % 29 年 9 月期 年 9 月期

1.経営成績等の概況 (1)当期の経営成績の概況 事業年度における我が国の経済は、雇用・所得環境の改善や円安等による企業収益・設備投資への好影響から 緩やかな回復基調で推移いたしました。一方で、労働需要のひっ迫は続いており、企業の人手不足感は益々高まっ ております。世界経済においては、米国トランプ政権の政策運営により不透明感や中国等新興国の成長鈍化等から、 先行きを慎重視する状況で推移いたしました。国内では引き続き、事業会社によるグローバル化への対応及びIT投 資への活発な需要により、ハイスペック層の人材が不足している状態であります。
さらに見せる

12 さらに読み込む

平成23年度第3四半期業績のお知らせ

平成23年度第3四半期業績のお知らせ

(参考)証券化商品等への投資およびサブプライム関連投資の状況(平成2年度四半期) 証券化商品等への投資およびサブプライム関連投資状況につきましては、以下のとおりです。 1.特別目的事業体(SPEs)一般 該当する投資はありません。 2.債務担保証券(CDO)

18 さらに読み込む

2017年度第3四半期報告

2017年度第3四半期報告

. 社員配当準備金 異動状況 次 おり あります。 連結会計期間期首現在高 , 百万円 前連結会計年度剰余金 繰入額 , 百万円 四半期連結累計期間社員配当金支払額 , 百万円 利息によ 増加等 百万円 四半期連結会計期間現在高 , 百万円

18 さらに読み込む

平成28年9月期 第3四半期決算説明資料

平成28年9月期 第3四半期決算説明資料

平成29年9月期 1四半期決算 トピックス 2 Copyright (C) 2017 DEAR LIFE All rights reserved. 売上高 全事業で前年同期比増収 1,990百万円( 前年同期比47.8%増) 営業利益 好調な売上推移により前年同期比増益 316百万円 (前年同期比16.8%増)

12 さらに読み込む

1. 四半期連結貸借対照表 ( 実績 / 前期末 ) 科 ( 資産の部 ) 2016 年 3 月末 構成比 当四半期末 構成比 増減 ( 印減 ) 増減比 ( 百万円 ) (%) ( 百万円 ) (%) ( 百万円 ) (%) Ⅰ. 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 209, ,1

1. 四半期連結貸借対照表 ( 実績 / 前期末 ) 科 ( 資産の部 ) 2016 年 3 月末 構成比 当四半期末 構成比 増減 ( 印減 ) 増減比 ( 百万円 ) (%) ( 百万円 ) (%) ( 百万円 ) (%) Ⅰ. 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 209, ,1

1.四半期連結貸借対照表(実績/前期) … 1 2.四半期連結損益計算書(累計実績/前年同期) … 3 3.四半期連結損益計算書(累計実績/期初予想) … 5 ■ 【 参 考 】 2 0 1 7 年 3 月 期 通 期 業 績 予 想

14 さらに読み込む

Show all 10000 documents...