平b年イ①百万

Top PDF 平b年イ①百万:

表 -1 主要経済指標等 指標 2011 年 1990 年 人口 ( 百万人 ) 出生時の平均余命 ( 年 ) G N I 総額 ( 百万ドル ) - 11, 一人あたり ( ドル ) 経済成長率 (%) 経常収支

表 -1 主要経済指標等 指標 2011 年 1990 年 人口 ( 百万人 ) 出生時の平均余命 ( 年 ) G N I 総額 ( 百万ドル ) - 11, 一人あたり ( ドル ) 経済成長率 (%) 経常収支

4.重点分野 これまでのシリアに対する支援の重点分野は以下の通りであったが、今後、シリアの情勢が安定した場合に は、民主化の状況を見極めつつ改めて重点分野の見直しを行う予定。 ア 水資源管理と効率的な利用 環境保全

7 さらに読み込む

表 -1 主要経済指標等 指標 2010 年 1990 年 人口 ( 百万人 ) 出生時の平均余命 ( 年 ) G N I 総額 ( 百万ドル ) 178, , 一人あたり ( ドル ) 1, 経済成長率 (

表 -1 主要経済指標等 指標 2010 年 1990 年 人口 ( 百万人 ) 出生時の平均余命 ( 年 ) G N I 総額 ( 百万ドル ) 178, , 一人あたり ( ドル ) 1, 経済成長率 (

ナイジェリアの 2011 の原油生産量は日産 246 バレル(世界第 12 位、OPEC 第 7 位。BP 世界エネルギー 統計 2012 より。 )であり、GDP の 41%、総歳入の 74%、総輸出額の 71%を原油に依存している。汚職や過去 の軍事政権によるずさんな財政運営により、約 400 億ドルにものぼる累積債務に苦しんでいたが、1999 の民 政復帰以来のオバサンジョ政権による汚職追放を始めとする様々な改革が国際的に評価されたこともあり、 2005 にパリクラブにおいて、対パリクラブ債務約 300 億ドルのうち 6 割の債務削減が合意された。 ナイジェリアは西アフリカ地域およびアフリカ全体における指導的国家を自認し、AU、ECOWAS 等を通じ て積極的な外交を展開しており、西アフリカ地域のみならずアフリカの安定にも積極的に貢献している。 (2)国家開発計画
さらに見せる

8 さらに読み込む

表 -1 主要経済指標等 指標 2010 年 1990 年 人口 ( 百万人 ) 出生時の平均余命 ( 年 ) G N I 総額 ( 百万ドル ) 88, , 一人あたり ( ドル ) 2, 経済成長率 (%)

表 -1 主要経済指標等 指標 2010 年 1990 年 人口 ( 百万人 ) 出生時の平均余命 ( 年 ) G N I 総額 ( 百万ドル ) 88, , 一人あたり ( ドル ) 2, 経済成長率 (%)

経済面では、1985 以降実施してきた税制改革、経済自由化・海外投資誘致政策、産業インフラ整備の成果 もあって、2000 以降マクロ経済は安定化するとともに成長軌道に乗り、過去 5 年間平均で約 5%、2011 に は 4.5%の経済成長を達成している(世界銀行統計) 。しかし、2012 はユーロ圏の成長鈍化や降雨不足による 農業生産の低下による成長率低下が見込まれる。インフレ率は過去 5 平均で約 2%と抑制されている。モロッ コは、経済自由化・海外投資誘致政策の一貫としてFTA等の締結を積極的に行っており(対EU・FTA(2000 発効) 、対米国FTA(2006 発効) 、対トルコFTA(2006 発効)) 、2010 の輸出入量総額は 2005 比で約 1.5 倍 に増加している。海外からの直接投資に関しては、湾岸諸国、フランス、スペインからの投資が多い。天然資 源に関しては、世界の埋蔵量の約 75%を占めるともいわれるリン鉱石を有するものの、石油資源はほとんど見 つかっていない。近年では、環境と調和した持続可能な経済発展を目指しており、再生可能エネルギーの利用 拡大を推進、2020 には電力の 42%を再生可能エネルギー(14%太陽、14%風力、14%水力)でまかなうべく 精力的に計画の実施を進めている。
さらに見せる

8 さらに読み込む

(4) キャッシュ フローの状況営業活動による 投資活動による 財務活動による 現金及び現金同等物 キャッシュ フロー キャッシュ フロー キャッシュ フロー 期 末 残 高 百万円 百万円 百万円 百万円 29 年 7 月期 4, ,163 3, 年 1 月期 745 7

(4) キャッシュ フローの状況営業活動による 投資活動による 財務活動による 現金及び現金同等物 キャッシュ フロー キャッシュ フロー キャッシュ フロー 期 末 残 高 百万円 百万円 百万円 百万円 29 年 7 月期 4, ,163 3, 年 1 月期 745 7

(注3)「鑑定評価額」は、平成297月31日を価格時点とする各不動産鑑定評価書に記載された評価額を記載して います。なお、各取得資産の鑑定評価については、一般財団法人日本不動産研究所、株式会社谷澤総合鑑定 所、大和不動産鑑定株式会社及びシービーアールイー株式会社に委託しています。 (注4)「GLP・MFLP市川塩浜」、「MFLP横浜大黒」、「MFLP堺」及び「MFIP印西」に係る取得価格、帳簿価格及び 鑑定評価額は、本投資法人が取得した各物件の準共有持分割合(それぞれ50%、50%、20%及び20%)に相当 する数値を記載しています。
さらに見せる

38 さらに読み込む

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 4 月 1 日 ~ 平成 31 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭通期 15,

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 4 月 1 日 ~ 平成 31 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭通期 15,

以上の結果、マーケティングソリューションセグメントの売上高は1,599円(前年同四半期比10.0%減)、 セグメント利益は113円(前年同四半期比68.6%減)となりました。 (コンシューマサービスセグメント) コンシューマサービスセグメントにおきましては、「サンプル百貨店」におけるサンプル商品の拡充と会員数の 増加に注力し、主力の有償サンプリングサービス「ちょっプル」は引き続き堅調に推移しております。また、前第 2四半期連結会計期間より損益を取り込んでおりますファッションECサイト「MUSE&CO.」の売上貢献もあり、売上 高は堅調に推移しました。
さらに見せる

10 さらに読み込む

(2) 海外営業部の平成 18 年 3 月期における経営成績海外営業部 (a) 当社平成 18 年 3 月期実績 (b) 比率 (a/b) 売 上 高 1,539 百万円 29,165 百万円 5.3% 売上総利益 501 百万円 13,643 百万円 3.7% 営業利益 1,491 百万円 5,6

(2) 海外営業部の平成 18 年 3 月期における経営成績海外営業部 (a) 当社平成 18 年 3 月期実績 (b) 比率 (a/b) 売 上 高 1,539 百万円 29,165 百万円 5.3% 売上総利益 501 百万円 13,643 百万円 3.7% 営業利益 1,491 百万円 5,6

Ⅱ.携帯サイト運営事業の会社分割について 平成 19 4 月 2 日付で携帯サイト運営事業を会社分割する予定であります。 1.会社分割の目的 当社開発本部にて現在、携帯有料サイトとして「アルゼ王国」 「スーパーリアル麻雀」 「昇竜将 棋」を企画・開発・運営しております。競争が激化している当該事業の専門性強化、競争力向上 ならびに当社経営の合理化を図ることを目的として、携帯サイト運営事業を分離、独立いたしま す。
さらに見せる

8 さらに読み込む

(4) キャッシュ フローの状況営業活動による 投資活動による 財務活動による 現金及び現金同等物 キャッシュ フロー キャッシュ フロー キャッシュ フロー 期 末 残 高 百万円 百万円 百万円 百万円 2018 年 8 月期 4, ,807 4, 年 2 月期 4

(4) キャッシュ フローの状況営業活動による 投資活動による 財務活動による 現金及び現金同等物 キャッシュ フロー キャッシュ フロー キャッシュ フロー 期 末 残 高 百万円 百万円 百万円 百万円 2018 年 8 月期 4, ,807 4, 年 2 月期 4

  1口当たり 利益超過分配金 ・1口当たり利益超過分配金は、本投資法人の規約及び資産運用会社の社内規程である資産運用 ガイドラインに定める方針に従い算出しています。20192月期の利益超過分配金総額(継続 的利益超過分配金及び一時的利益超過分配金の合計)は、179円を想定しています。2019 2月期については、賃貸事業収益の一時的な減少により、20198月期における1口当たり 分配金(利益超過分配金は含まない)に比して、一時的に1口当たり分配金(利益超過分配金 は含まない)の額が減少することが見込まれるため、1口当たり分配金(利益超過分配金を含 む)を平準化することを目的に継続的利益超過分配金145円(当該期間に発生する減価償 却費の30.0%)に加えて一時的利益超過分配金34円(当該期間に発生する減価償却費の 7.0%)を分配することを前提としています。20198月期の利益超過分配金総額(継続的利 益超過分配金)は、当該期間に発生する減価償却費の30%を分配することを前提として算出し ており、146円を想定しています。いずれも税法上の出資等減少分配に該当する出資の払 戻しであり、一時差異等調整引当額からの分配はありません。
さらに見せる

38 さらに読み込む

表 -1 主要経済指標等 指標 2010 年 1990 年 人口 ( 百万人 ) 出生時の平均余命 ( 年 ) G N I 総額 ( 百万ドル ) 48, , 一人あたり ( ドル ) 2, 経済成長率 (%)

表 -1 主要経済指標等 指標 2010 年 1990 年 人口 ( 百万人 ) 出生時の平均余命 ( 年 ) G N I 総額 ( 百万ドル ) 48, , 一人あたり ( ドル ) 2, 経済成長率 (%)

(2)民族問題解決に向けた取組 多民族国家であるスリランカでは、多数派シンハラ人による国家運営への反発から、北・東部地域の分離独 立を目指し武力闘争を始めた少数派タミル人反政府武装組織LTTE(Liberation Tigers of Tamil Eelam:タミル・ イーラム解放の虎)が台頭し、1980 年代以降、政府とLTTEとの間で内戦が勃発した。これに伴い、多数派シ ンハラ人と少数派タミル人との民族対立が先鋭化し、国際社会の関心事項に発展した。2002 2 月には、ノル ウェー政府の仲介を得て、政府とLTTEは、停戦に合意した。停戦合意に基づいて、政府とLTTEとの和平交渉 が行われ、我が国も、スリランカ和平に積極的に貢献するため、同年 10 月、明石康元国連事務次長を「スリラ ンカの平和構築及び復旧・復興に関する日本政府代表」に任命した他、2003 6 月には、我が国において 51 か 国・22 国際機関の参加を得て「スリランカ復興開発に関する東京会議」を開催した。しかし、停戦合意にもか かわらず、LTTEは特に 2006 初頭以降南部地域を中心に多くのテロ事件に関与し、市民を含む多数の犠牲者 が発生する事態となり、 同年 7 月にスリランカ政府はLTTEに対する軍事的対応を開始した。 その後、 2007 7 月 には政府は東部全域における支配権を回復し、2009 5 月にLTTEを壊滅させ、スリランカ国内の全ての地域 の支配権を回復した。内戦末期に多数の一般住民が戦闘に巻き込まれ死亡したとして、欧米諸国や人権団体を 中心に懸念が表明され、スリランカ政府が説明責任を果たすことが求められている。現在、政府は、過去の教 訓・和解委員会の勧告の実施や紛争影響地域での選挙の実施等、 国民和解に向けた取り組みを進めるとともに、 紛争によって発生した国内避難民の再定住や地雷除去及び長年の紛争で疲弊した同地域の復興・開発を進めている。
さらに見せる

10 さらに読み込む

2. 訂正箇所 訂正箇所 サマリー情報 1. 平成 26 年 3 月期の連結業績 ( 平成 25 年 4 月 1 日 ~ 平成 26 年 3 月 31 日 ) (1) 連結経営成績 (% 表示は対前期増減率 ) 売上高 営業利益 経常利益 当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 %

2. 訂正箇所 訂正箇所 サマリー情報 1. 平成 26 年 3 月期の連結業績 ( 平成 25 年 4 月 1 日 ~ 平成 26 年 3 月 31 日 ) (1) 連結経営成績 (% 表示は対前期増減率 ) 売上高 営業利益 経常利益 当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 %

本判決に対し㈱ザ・トーカイは、東京海上日動火災保険㈱に対する請求が棄却されたことについて、平成 2412月20日、控訴を提起しました。また、静岡市及び当時の㈱サン設計事務所所属の建築士3名からも控 訴の提起があり、現在、訴訟は東京高等裁判所に係属しております。 なお、㈱ザ・トーカイの第61期(自 平成194月1日 至 平成203月31日)において、一部の関係 者が損失を負担できない可能性を考慮し、同社が負担する可能性のある129円を特別損失として処理し ておりますが、本判決を踏まえて検討した結果、新たに会計処理は行っておりません。
さらに見せる

19 さらに読み込む

表 -1 主要経済指標等 指標 2009 年 1990 年 人口 ( 百万人 ) 出生時の平均余命 ( 年 ) G N I 総額 ( 百万ドル ) - - 一人あたり ( ドル ) - - 経済成長率 (%) 経常収支 ( 百万ドル )

表 -1 主要経済指標等 指標 2009 年 1990 年 人口 ( 百万人 ) 出生時の平均余命 ( 年 ) G N I 総額 ( 百万ドル ) - - 一人あたり ( ドル ) - - 経済成長率 (%) 経常収支 ( 百万ドル )

2007 9 月、燃料価格の引き上げを契機とした散発的デモが大規模な全国的騒擾に発展し、政府は軍隊を 含む治安部隊を投入して厳しい鎮圧を行った。2008 5 月にサイクロン「ナルギス」がミャンマーを直撃し、 14 人が死亡又は行方不明、240 人が被災するという未曾有の災害をもたらした。その直後の 2008 5 月、 政府は民主化ロードマップに従って新憲法採択のための国民投票を実施し、投票率 98.12%、賛成票率 92.48% をもって新憲法が採択された。2010 11 月には新憲法に基づき 20 ぶりに総選挙が実施された。
さらに見せる

9 さらに読み込む

表 -1 主要経済指標等 指標 2009 年 1990 年 人口 ( 百万人 ) 出生時の平均余命 ( 年 ) G N I 総額 ( 百万ドル ) 1, 一人あたり ( ドル ) 3,860 - 経済成長率 (%) 経常収支 ( 百

表 -1 主要経済指標等 指標 2009 年 1990 年 人口 ( 百万人 ) 出生時の平均余命 ( 年 ) G N I 総額 ( 百万ドル ) 1, 一人あたり ( ドル ) 3,860 - 経済成長率 (%) 経常収支 ( 百

我が国が 1987 から 1989 及び 1994 から 2002 にかけて無償資金協力により建設支援を行った首都マ レ島を囲う防波堤は、2004 年末の津波によるマレ島の被害を最小限に抑えた。また、我が国は、2004 年末に発 生した津波によるモルディブへの被害に対する復旧・復興支援として、2005 に供与した 20 億円のノン・プ ロジェクト無償資金協力(漁業・農業分野の復興を通した生活生計支援や社会インフラ復旧支援)に加え、2006 6 月には、中長期的な復興支援の観点から港湾整備、下水道整備に対してモルディブに対して初めてとなる 27.33 億円の円借款の供与を決定した。このような我が国の効果的な復興支援は、モルディブ政府及び国民よ り高く評価されている。
さらに見せる

7 さらに読み込む

3. 平成 30 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 29 年 4 月 1 日 ~ 平成 30 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 1,

3. 平成 30 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 29 年 4 月 1 日 ~ 平成 30 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 1,

・情報コミュニケーション部門 出版関連事業のうち、出版メディア関連は、出版市場の低迷が続くなか、積極的な営業活動を推進 し、書籍は前年並みに推移しましたが、雑誌の減少の影響が大きく、前年を下回りました。教育・ 出版流通関連は、平成2810月に、作家や書店員などが独自のテーマで選んだ本を、利用者の 興味・関心などに合わせて表示するサービス「ブックツリー」を開始するなど、書店での販売とネッ ト通販、電子書籍販売サービスを連携させたハイブリッド型総合書店「honto」の事業拡大に 努めました。また、図書館サポート事業も運営受託館数が増加して前年を上回りましたが、出版関連 事業全体としては前年を下回りました。
さらに見せる

37 さらに読み込む

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 4 月 1 日 ~ 平成 31 年 3 月 31 日 ) (% 表示は対前期増減率 ) 売上高 営業利益 経常利益 親会社株主に帰属 1 株当たり当期純する当期純利益利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通 期

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 4 月 1 日 ~ 平成 31 年 3 月 31 日 ) (% 表示は対前期増減率 ) 売上高 営業利益 経常利益 親会社株主に帰属 1 株当たり当期純する当期純利益利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通 期

 この様な体制の下、メルスプラン事業の更なる拡大に努めてまいりました。結果、メルスプランの会員数は3月末 時点で約127人に増加しております。 [海外コンタクトレンズ事業]  ディスポーザブルコンタクトレンズの海外向けオリジナルブランド「Miru」の浸透に努めました。1日使い捨てコ ンタクトレンズ「Miru 1day Menicon Flat Pack」、1ヵ月交換タイプコンタクトレンズ「Miru 1month Menicon」、 乱 視 用 コ ン タ ク ト レ ン ズ 「Miru 1month Menicon for Astigmatism」、 遠 近 両 用 コ ン タ ク ト レ ン ズ 「Miru 1month Menicon Multifocal」とこれらのプライベートブランド製品を中心に販売拡大に取り組みました。
さらに見せる

20 さらに読み込む

3. 平成 28 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 27 年 4 月 1 日 ~ 平成 28 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 7,

3. 平成 28 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 27 年 4 月 1 日 ~ 平成 28 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 7,

(マーケティングソリューションセグメント) マーケティングソリューションセグメントにおきましては、第1四半期連結会計期間よりファイブスターズゲー ム株式会社の業績を連結損益計算書に反映させております。また、当社において新たなマネタイズ施策としてクラ イアント企業のオウンドメディア構築を支援する「コンテンツマーケティング」を推進してまいりました。 以上の結果、マーケティングソリューションセグメントの売上高は1,288円(前年同四半期比28.1%増)、 セグメント利益は109円(前年同四半期比168.5%増)となりました。
さらに見せる

11 さらに読み込む

3. 平成 28 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 27 年 4 月 1 日 ~ 平成 28 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 7,

3. 平成 28 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 27 年 4 月 1 日 ~ 平成 28 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 7,

(マーケティングソリューションセグメント) マーケティングソリューションセグメントにおきましては、第1四半期連結会計期間よりファイブスターズゲー ム株式会社の業績を連結損益計算書に反映させております。また、当社において新たなマネタイズ施策としてクラ イアント企業のオウンドメディア構築を支援する「コンテンツマーケティング」を推進してまいりました。 以上の結果、マーケティングソリューションセグメントの売上高は1,985円(前年同四半期比19.8%増)、 セグメント利益は227円(前年同四半期比67.2%増)となりました。
さらに見せる

11 さらに読み込む

(4) キャッシュ フローの状況営業活動による 投資活動による 財務活動による 現金及び現金同等物 キャッシュ フロー キャッシュ フロー キャッシュ フロー 期 末 残 高 百万円 百万円 百万円 百万円 28 年 8 月期 4, , ,324 7, 平成 29

(4) キャッシュ フローの状況営業活動による 投資活動による 財務活動による 現金及び現金同等物 キャッシュ フロー キャッシュ フロー キャッシュ フロー 期 末 残 高 百万円 百万円 百万円 百万円 28 年 8 月期 4, , ,324 7, 平成 29

  運営上の役割 名称 関係業務の内容 投資主名簿等管理人 三井住友信託銀行株式会社 (ア)本投資法人との間で投資主名簿等管理事務委 託契約を締結しています(本投資法人の設立企 画人たる資産運用会社が上記投資主名簿等管理 事務委託契約を締結し、本投資法人は資産運用 会社から契約上の地位を承継しています。)。 かかる契約に基づき、投信法上の投資主名簿等 管理人として、本投資法人の投資主名簿の作 成及び備置きその他の投資主名簿に関する事 務、②投資主に対して分配する金銭の支払に関 する事務、③投資主からの本投資法人に対する 権利行使に関する請求その他の投資主からの申 出の受付に関する事務等を行います。 ()また、上記の事務に関連して、行政手続にお
さらに見せる

35 さらに読み込む

3. 平成 31 年 9 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 101 日月 ~ 平成 319 年月 30 日 ) 注記事項 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期

3. 平成 31 年 9 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 101 日月 ~ 平成 319 年月 30 日 ) 注記事項 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期

(4)今後の見通し  平成319月期のアルゴリズムライセンス事業につきましては、良好な市場環境を背景に、アルゴリズムライセンス の積み上げおよびアルゴリズムソフトウエアの拡販を見込んでおります。また、自然言語処理、画像認識、機械学習/深 層学習技術に関わるアルゴリズムソリューションの潜在的な成長機会は非常に大きいものと考えており、優秀な人材の 採用およびアルゴリズムソフトウエアの開発を推し進めることで、継続的な成長を目指してまいります。
さらに見せる

12 さらに読み込む

Ⅰ. 投 資 法 人 の 概 要 決 算 ハイライト 第 20 期 ( 平 成 28 年 3 月 期 )ハイライト 5,000 分 配 金 の 状 況 第 16 期 ( 平 成 26 年 3 月 期 ) 第 17 期 ( 平 成 26 年 9 月 期 ) ( 百 万 円 ) 8,000 7,778

Ⅰ. 投 資 法 人 の 概 要 決 算 ハイライト 第 20 期 ( 平 成 28 年 3 月 期 )ハイライト 5,000 分 配 金 の 状 況 第 16 期 ( 平 成 26 年 3 月 期 ) 第 17 期 ( 平 成 26 年 9 月 期 ) ( 百 万 円 ) 8,000 7,778

行っています。  本投資法人は、平成227月1日付でプロスペクト・リート投資法人(以下「旧PRI」といいます。)を吸収合併し、52物件(取得価 格ベースで529億円)の運用資産をポートフォリオに加えました。合併後は、物件の入替(新規物件の取得や既存物件の売却)、稼働率 の改善等のオペレーション全般の強化、有利子負債費用の低減等によるコスト削減に注力し、分配金の向上を達成してまいりました。  当期(第20期)におきましては、銀行借入80億円及び自己資金により、8物件(取得価格合計約105億円)を新規に取得しまし た。その結果、当期末の運用資産は、201物件、13,159戸、取得価格220,233円(簿価総額214,473円)、総賃貸可能面積 524,749.36㎡(前期末比5.2%増加)となりました。当期末の鑑定評価総額と簿価総額の差異(含み損益)は、前期末17,921円の 含み益から4,413円増加し、22,335円の含み益となりました。これは、前期末保有物件の鑑定評価額の上昇及び当期の資本的 支出後の減価償却等によるものです。
さらに見せる

84 さらに読み込む

表 -1 主要経済指標等 指標 2009 年 1990 年 人口 ( 百万人 ) 出生時の平均余命 ( 年 ) G N I 総額 ( 百万ドル ) 91, , 一人あたり ( ドル ) 1, 経済成長率 (%)

表 -1 主要経済指標等 指標 2009 年 1990 年 人口 ( 百万人 ) 出生時の平均余命 ( 年 ) G N I 総額 ( 百万ドル ) 91, , 一人あたり ( ドル ) 1, 経済成長率 (%)

2008 に明らかになった株式会社パシフィック・コンサルタンツ・インタ-ナショナル(PCI社)贈収賄事 件を受けて、我が国はベトナムとの間で「日越ODA腐敗防止合同委員会」を立ち上げ、同種の事件の再発を防 止するために日・ベトナムそれぞれが取り組むべき具体的かつ実効性のある措置を盛り込んだ報告書を 2009 2 月にまとめ、それらの措置を着実に実施していくことに合意した。これまで、対ベトナムODA協議等の場 を活用して同措置の進捗状況をフォローアップしてきており、引き続き再発防止に向けた働きかけを行ってい く。
さらに見せる

10 さらに読み込む

表 -1 主要経済指標等 指標 2010 年 1990 年 人口 ( 百万人 ) 出生時の平均余命 ( 年 ) G N I 総額 ( 百万ドル ) 20, , 一人あたり ( ドル ) 3, 経済成長率 (%) 1.

表 -1 主要経済指標等 指標 2010 年 1990 年 人口 ( 百万人 ) 出生時の平均余命 ( 年 ) G N I 総額 ( 百万ドル ) 20, , 一人あたり ( ドル ) 3, 経済成長率 (%) 1.

1.エルサルバドルの概要と開発方針・課題 (1)概要 エルサルバドルは国土面積が日本の四国よりやや大きい約 2 平方キロと、中米 5 カ国の中で国土が最も小 さい国であるが、人口は約 623 人であり、中南米でも有数の人口密度の高い(約 297 人/k ㎡)国である。天 然資源に乏しく、コーヒー産業により発展してきた。同国では、1979 から 92 まで続いたファラブンド・ マルティ民族解放戦線(FMLN:Frente Farabundo Martí para la Liberación Nacional)を中心とするゲリラ勢力と政 府軍との激しい内戦により、国内の基幹インフラ、農業および製造業は深刻な被害を受けた。1992 1 月にゲ リラ側と政府との間で和平合意が結ばれ、FMLN が合法政党として国政に参加することとなったことで、エル サルバドルはようやく政情安定化の方向に進み始めた。特に、国連の監視の下行われた和平プロセスは、民主 主義の復興と定着を伴う成功例として高く評価されている。
さらに見せる

9 さらに読み込む

Show all 10000 documents...