家庭や地域生活

Top PDF 家庭や地域生活:

KKK0066 373 380 高度経済成長期における農村生活の「合理化」過程とその帰結 : 家庭科教育と生活改良普及事業を焦点に

KKK0066 373 380 高度経済成長期における農村生活の「合理化」過程とその帰結 : 家庭科教育と生活改良普及事業を焦点に

 家庭科教育学においては,教室内部での家庭科の教授方法の研究が主になされており,戦後誕生した家庭科を 中心に形成された「新たな」家事労働者が地域生活にどのような変革をもたらしていったのかという問題関心は 希薄な傾向がある.アメリカナイズされた家政学教育の中心的実践であったホームプロジェクトは,家庭科の教 育内容を生徒を通じて地域に広めることを目的としており,家庭の「民主化」を御旗にラディカルなまでに敗戦 後の日本の生活を変えようとしていた.しかしこれまでの家庭科教育学では,教育内容の地域への影響よりむし ろ学校内部での活動に分析の焦点が当てられてきており,社会変革の運動体としてのホームプロジェクトという 視点は弱かった.また,生徒地域の住民といった教育の受け手の側から見たホームプロジェクトを含む家庭
さらに見せる

9 さらに読み込む

子どもの生活リズム 家庭教育手帳をご活用ください | 城陽市

子どもの生活リズム 家庭教育手帳をご活用ください | 城陽市

 子どもたちが健やかに成長していくためには、適 切な運動、調和のとれた食事、十分な休養・睡眠が 大切です。  そこで、文部科学省と「早寝早起き朝ごはん」全 国協議会では、子どもの基本的な生活習慣を育成し、 生活リズムを向上させるとともに、地域全体で家庭 の教育力を支える社会的機運を高めるための「早寝 早起き朝ごはん」国民運動を、平成18年度から多数 の企業団体等の賛同を得て推進しています。
さらに見せる

6 さらに読み込む

仕事と育児の両立支援  ―企業・家庭・地域の連携を―

仕事と育児の両立支援  ―企業・家庭・地域の連携を―

研究期間 平成 16~17 年度 研究の目的 当機構では、平成 15 年度から 18 年度のプロジェクト研究として、「仕事と生活の調和を 可能にする社会システムの構築に関する研究」を実施している。本報告書は、その一テーマ である、 「仕事と育児の両立支援における企業・家族・地域の相互関係」に関して、中間的な とりまとめを行ったものである。本報告書では、仕事と育児の両立支援策の現状と課題を明 らかにするため、先行研究のレビューと既存データの二次分析を行う。その結果から、支援 策の充実において、企業・家族・地域社会の連携が重要であることを示したい。
さらに見せる

13 さらに読み込む

目 次 Ⅰ 調査の概要 1 Ⅱ 調査結果の概略 3 Ⅲ 調査の結果 1 回答者の属性 15 (1) 子どもの属性 15 (2) 保護者の属性 16 (3) 大学生の属性 18 2 子どもの生活実態 19 (1) 毎日の生活が楽しいか 19 (2) 生活の状況 20 1 家庭や地域での生活状況 20

目 次 Ⅰ 調査の概要 1 Ⅱ 調査結果の概略 3 Ⅲ 調査の結果 1 回答者の属性 15 (1) 子どもの属性 15 (2) 保護者の属性 16 (3) 大学生の属性 18 2 子どもの生活実態 19 (1) 毎日の生活が楽しいか 19 (2) 生活の状況 20 1 家庭や地域での生活状況 20

→ 詳細109頁 (2)期待する施策 子どもを健やかに生み育てるため、県市町村にどのような施策を期待するか聞いた。 保護者では、「保育料教育費を軽減し、子育てのための経済的負担を軽くする」(58.6%)、「企 業等に対し、子育てしやすい雇用環境の整備を働きかける」(36.4%)、「子ども手当扶養控除の 増額などにより、家計の収入を増やす」(32.1%)と続き、経済的負担の軽減子育てと仕事の両 立について高い関心を示している。
さらに見せる

20 さらに読み込む

中学校 家庭での生活習慣リーフレット/寝屋川市ホームページ

中学校 家庭での生活習慣リーフレット/寝屋川市ホームページ

学力 ・ 心力 ・ 体力 学校で「ていねいに」鍛えます 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 学校・家庭地域が一体となった地域ぐるみの取り組み 1.子どもの健全育成に向けた取り組み…地域教育協議会学校支援地域本部との連携 2.地域ぐるみで安全な街づくり…子どもたちを育てる「地域ネットワーク」の充実 3.安心して過ごせる子どもの居場所づくり…青少年の居場所「スマイル」
さらに見せる

2 さらに読み込む

学校・家庭・地域連携協力推進事業費補助金交付要綱

学校・家庭・地域連携協力推進事業費補助金交付要綱

学校を核とした地域力強化プ 学校を核として地域住民等の参画地域の特色を生か 都道府県 謝金、旅費、交通費、 補助対象経費の1/3以内 ラン(都道府県対象) し、まち全体で地域の将来を担う子供たちを育成するとと 備品費、消耗品費、印 とする。 もに、地域コミュニティの活性化を図るため、県域内にお 刷製本費、通信運搬 間接補助事業者がいる ける研修県立学校を対象に、都道府県が主体となって、 費、借料及び損料、会 場合には、補助金の額 以下の取組のうち1つ、または複数を有機的に組み合わせ 議費、保険料、雑役務 の算定方法は3のとお て事業を実施する。 費、委託費、補助金と りとする。
さらに見せる

7 さらに読み込む

ライフステージ別に 個人 家庭 地域 企業 行政 それぞれの分野での取組を まとめました 基本施策 1 理解と関心を深めて食育推進 個人 家庭 地域 企業 家族と 食 について話をする 感謝の気持ちを込めて いただきます ごちそうさま を言う よく噛んで味わって食べる 買い物や調理 後片付け等 食事

ライフステージ別に 個人 家庭 地域 企業 行政 それぞれの分野での取組を まとめました 基本施策 1 理解と関心を深めて食育推進 個人 家庭 地域 企業 家族と 食 について話をする 感謝の気持ちを込めて いただきます ごちそうさま を言う よく噛んで味わって食べる 買い物や調理 後片付け等 食事

○食生活改善推進員が様々なイベントに参加するのを支援する ○地域の特産をテーマにした食事のコンテストを開催する ○料理教室、健康教室、出前トーク、広報しょうばら等で、食育を周知する ○保健事業で参加者が一緒に食事をする機会を設け、共食の大切さを伝える ○子育て支援センター、育児サークルなどでクッキング教室を開催する ○企業に対して、従業員の家族との共食の啓発活動を行う

8 さらに読み込む

(資料5-1)学校・家庭・地域連携推進関連資料(1/3)

(資料5-1)学校・家庭・地域連携推進関連資料(1/3)

◆平成20年度に学校支援地域本部事業を 全市展開 。平成22年度には奈良市独自の予算を加え、「地域で決める 学校予算事業」を開始。 各中学校区(22校区)に学校支援地域本部(地域教育協議会)を設置 。地域全体で子供を 育てる体制をつくり、子供たちの教育活動の充実を図るとともに、地域の教育力の再生と地域コミュニティの活性化 をすすめている。

11 さらに読み込む

大田区家庭・地域教育力向上支援事業

大田区家庭・地域教育力向上支援事業

11 18. ♪おとのひろば <ねらい> ~SST(ソーシャルスキルトレーニング)ワークショップ 「思春期における発達障がい児のソーシャルスキル」~ 発達障がいを持つ子ども達が日常生活で抱える社会性の困り感に寄り添い、将来に役立つスキルを学ぶ。 思春期をテーマに、専門家から事例を挙げてお話を頂く。子どもを取り巻く大人が手立てを共有し、ネットワークを つくることで、子どもたちの将来に繋げていきたい。

17 さらに読み込む

子どもの生活リズム 家庭教育手帳をご活用ください | 城陽市

子どもの生活リズム 家庭教育手帳をご活用ください | 城陽市

 子どもたちが健やかに成長していくためには、適 切な運動、調和のとれた食事、十分な休養・睡眠が 大切です。  そこで、文部科学省と「早寝早起き朝ごはん」全 国協議会では、子どもの基本的な生活習慣を育成し、 生活リズムを向上させるとともに、地域全体で家庭 の教育力を支える社会的機運を高めるための「早寝 早起き朝ごはん」国民運動を、平成18年度から多数 の企業団体等の賛同を得て推進しています。
さらに見せる

6 さらに読み込む

労働政策研究報告No.192『育児・介護と職業キャリア―女性活躍と男性の家庭生活―』

労働政策研究報告No.192『育児・介護と職業キャリア―女性活躍と男性の家庭生活―』

5 女性の管理職昇進と転勤 育児・介護休業法は休業短時間勤務のほかにも仕事と家庭の両立支援として様々な規定 をもっているが、その一つに転居をともなう転勤(転居転勤)に配慮することを事業主に求 める規定がある。また昨今はワーク・ライフ・バランス型の限定正社員として転勤がないも しくは転勤の範囲を限定した地域限定正社員という雇用区分をもうける企業もある。だが、 転勤は事業所を移ることそれ自体が目的というよりも、企業の人事異動の一環として発生す る。そして、その異動を通じた就業経験の蓄積が管理職昇進の重要な条件になっているとい う面がある。そのため、転勤の免除を受けることは離職の回避にはつながっても管理職昇進 というキャリア形成には不利に作用する可能性がある。この点についてデータを見てこう。 第 3-5-1 図表は転勤制度の有無別に女性の課長昇進者割合を示している。転居をともなう 転勤の有無は支社店舗・工場などの事業所を広域に展開しているか否かに規定されている。 その観点から企業規模(常用労働者数)をコントロールしているが、規模の大きさにかかわ
さらに見せる

120 さらに読み込む

2 平成 22 年 (2010 年 )6 月 1 日新着情報 まちの話題 生活機能チェックをしてみましょう 生活機能とは 身体や心の働きに加え 日常生活動作や家事 仕事をこなす能力 さらに家庭や社会での役割などを含む総合的な機能のことです つまずくことが多くなった 食欲が低下した などちょっとしたサ

2 平成 22 年 (2010 年 )6 月 1 日新着情報 まちの話題 生活機能チェックをしてみましょう 生活機能とは 身体や心の働きに加え 日常生活動作や家事 仕事をこなす能力 さらに家庭や社会での役割などを含む総合的な機能のことです つまずくことが多くなった 食欲が低下した などちょっとしたサ

●勤務時間/①〜③のシフト制  ①午前9時〜午後4時 (休憩1時間)  ②午前9時〜午後1時 ③正午〜午後4時 ●勤務場所/史跡朝堂院公園 (阪急西向日駅北西) ●内容/史跡公園および公園内施設の清掃など  維持管理業務。市内の史跡・文化財の解説と案内 ●対象/向日市在住・現在無職で、地域の歴史  観光に関心があり、週3〜4日かつ土・日曜日  の勤務ができる方

8 さらに読み込む

子どもの生活リズム 家庭教育手帳をご活用ください | 城陽市

子どもの生活リズム 家庭教育手帳をご活用ください | 城陽市

 子どもたちが健やかに成長していくためには、適 切な運動、調和のとれた食事、十分な休養・睡眠が 大切です。  そこで、文部科学省と「早寝早起き朝ごはん」全 国協議会では、子どもの基本的な生活習慣を育成し、 生活リズムを向上させるとともに、地域全体で家庭 の教育力を支える社会的機運を高めるための「早寝 早起き朝ごはん」国民運動を、平成18年度から多数 の企業団体等の賛同を得て推進しています。
さらに見せる

6 さらに読み込む

はじめに 保育園は乳幼児が 生涯にわたる人間として必要なことの 芽 が培われる大切な時期に その生活の大半を過ごすところです 保育園における保育は 家庭や地域社会との連携 協力の下に 子どもが健康 安全で情緒の安定した生活と 自己を十分発揮しながら活動できるようにすることにより 心身の健全な発達 (

はじめに 保育園は乳幼児が 生涯にわたる人間として必要なことの 芽 が培われる大切な時期に その生活の大半を過ごすところです 保育園における保育は 家庭や地域社会との連携 協力の下に 子どもが健康 安全で情緒の安定した生活と 自己を十分発揮しながら活動できるようにすることにより 心身の健全な発達 (

○ 送迎時の車は決められた場所に駐車してください。園周辺の道路は、未満児の お子さんがいる家庭長時間利用の保護者の方の駐車場となります。その他の 方は小学校グラウンド横の砂利の駐車場、または支所横の駐車場をご利用くだ さい。停車と発車の際は、くれぐれも園児等の安全確認をお願いします。 (小 学校も近いので、小学生の出入りにも気をつけてください。 )

26 さらに読み込む

ごあいさつ わが国の子どもや子育て家庭を取り巻く状況は 少子化や核家族化 地域のつながりの希薄化など変化を続けており 家庭や地域における子育て力を低下させる要因となっています また ライフスタイルの多様化により 保育ニーズが多様化するとともに 未婚化 非婚化 晩婚化が進行し 結婚 出産 子育ての希望

ごあいさつ わが国の子どもや子育て家庭を取り巻く状況は 少子化や核家族化 地域のつながりの希薄化など変化を続けており 家庭や地域における子育て力を低下させる要因となっています また ライフスタイルの多様化により 保育ニーズが多様化するとともに 未婚化 非婚化 晩婚化が進行し 結婚 出産 子育ての希望

こうした状況を少しでも緩和しようと、国においては、子どもの育ちと子育て家庭 を社会全体で支える新たな子育て支援の仕組みを構築するべく「子ども・子育て支援 新制度」が創設されました。 新たな制度のもと、葛城市では、子どもたちの笑顔元気に遊ぶ姿を地域の「明る い未来」を感じさせる大切な宝として位置づけ、地域全体で子ども子育て家庭を温 かく見守っていくことにより、子育てに関わるすべての人が笑顔で生活していくこと のできるまちをめざし、これまで取り組みを進めてきた子育て支援施策を一層推進し ていくための指針として、 「葛城市子ども・子育て支援事業計画」を策定いたしまし た。
さらに見せる

80 さらに読み込む

msm2012_YOKOBORI

基本目標 1( 日常生活 ) 地域住民みんながつながり支えあう 心豊かなコミュニティづくり 核家族化や少子高齢化の進行に伴いさまざまな課題が顕著に現われるなか ライフスタイルの多様化や 携帯端末の普及などによる人と人とのつながり方の多様化もあり みなさんが生活する家庭や地域社会におけるつながりが希薄

 みなさんが住んでおられる地域ごとに違いもあり、住んでいるみなさんにも多様 性があるなか、支える人(担い手)と支えられる人(受け手)が、日々、地域福 祉の活動に取り組んでいます。  さまざまな課題がありますが、平野区のみんなでお互いを尊重しつつ、つながり 支えあいながら、平野区の地域福祉の具体的な取組を進めていくことが大切です。  そのためには、第2章において、みなさんにお示しした、第2期計画の理念と、
さらに見せる

28 さらに読み込む

第5章 学校における情報モラル教育と家庭・地域との連携

第5章 学校における情報モラル教育と家庭・地域との連携

のには実演などに関する著作隣接権がある。また,スポーツ選手などの肖像は 商業的な価値を持つものとして知的財産権が管理されている場合があり,スポ ンサー契約などのスポーツビジネスにおいても重要視されている。このような スポーツ分野における知的財産権肖像権などの役割に触れ,情報モラルに関 する啓発を行うことも大切である。また,インターネットには薬物乱用を助長 するなどの不適切な情報もあり,適切な情報を選別することが健康の上でも生 活安全の上でも重要であること, VDT(Visual Display Terminals)作業環境 を整え適切な作業習慣を保つことを怠ると,頚 けい けん 肩 わん 腕 症候群を発症する可能性が あることなど情報社会の生活における健康上の留意点についても扱うことが必 要である。
さらに見せる

28 さらに読み込む

Microsoft PowerPoint _iwasaki

地域福祉とは 住民による自主的な活動や行政などの公的サービスを活用しながら 個人が人としての尊厳を持って家庭や地域の中で その人らしい自立した生活を送れるように支える ものです 計画の内容は 少子高齢化が急速に進む中で 核家族化が進行し地域意識は希薄化し 家庭や地域で 支え合う力が弱まりつつあります

● 協働による計画の推進 地域福祉活動の主役は地域生活してい る町民自身です。住み慣れた地域で助け合え る地域社会を実現するためには、行政だけの 取り組みでは不十分であり、町民との協働が 不可欠です。また、地域には多様な福祉ニー ズが潜在しており、それらのニーズに対応し ていくためには、地域の中で活動するボラン ティア・NPO団体、関係機関・団体、福祉 サービス事業所も地域福祉の重要な担い手 となります。計画を推進していくにあたって は、地域福祉を担う主体が互いに連携を取 り、それぞれの役割を果たしながら協働して いくことが重要となります。
さらに見せる

20 さらに読み込む

2ページ目:家庭や地域などで災害への備えの再確認を、災害などの情報をメールやネットで配信

2ページ目:家庭や地域などで災害への備えの再確認を、災害などの情報をメールやネットで配信

● 災 害 発 生 時 は 落 ち 着 い て 行 動   大 規 模 災 害 発 生 時 は 、 公 共 交 通 機 関 の 運 行 停 止 な ど で 、 帰 宅 困 難 者 が 多 数 発 生 し ま す 。 一 斉 に 徒 歩 で 帰 宅 す る と 、 火 災 建 物 か ら の 落 下 物 な ど に よ る 負 傷 の 危 険 、 救 助 ・ 救 急 活 動 の 妨 げ と な り ま す 。 安 全 な 場 所 に と ど ま り 、 災 害 用 伝 言 ダ イ ヤ ル な ど で 家 族 の 安 否 確 認 、 交 通 ・ 被 害 情 報 な ど を 入 手 し て く だ さ い 。   ま た 、 携 帯 ラ ジ オ 地 図 の ほ か 、 職 場 な ど で は 歩 き す い 靴 懐 中 電 灯 、 手 袋 、 飲 料 水 、 食 料 な ど を 用 意 し て お く と 、 災 害 時 の 備 え と し て 役 立 ち ま す 。   帰 宅 経 路 上 の コ ン ビ ニ エ ン ス ス ト ア ガ ソ リ ン ス タ ン ド の 位
さらに見せる

1 さらに読み込む

労働政策研究報告No.192『育児・介護と職業キャリア―女性活躍と男性の家庭生活―』

労働政策研究報告No.192『育児・介護と職業キャリア―女性活躍と男性の家庭生活―』

「女性活躍」「イクメン」「男性介護者」は社会的に高い関心を持たれている。そして、 女性が活躍できる職場をつくるために必要な施策、男性の育児参加のあり方、介護離職の 防止策を明らかにした研究も数多く見られる。しかし、そもそもの問題として、なぜ企業は 女性活躍に取り組まなければならないのか。男性の育児参加を支援しないといけないのか。 仕事と介護の両立支援についても然りである。意識の高い企業はすでに取り組みを始めてい るが、いまだに関心を持っていない企業もある。関心を持たない企業がその必要性を認識す るとしたら、それはいかなる理由だろうか。本報告書の分析結果は、正社員の少数精鋭化を 進める企業が優秀な女性を積極的に採用して管理職に登用していること、しかし転勤長時 間労働、交替制勤務日曜勤務が女性活躍と男性の育児参加を阻害していること、介護にお いては離職者休業取得者だけでなく通常どおりに勤務する労働者にも目を向け、介護疲労 健康状態悪化が労働生産性の低下を招いている可能性に注意する必要があることを示唆し ている。人材の効率活用と生産性の維持・向上はどの企業も関心があることだろう。そのた めに、女性活躍と男性の両立支援は必要であるといえる。
さらに見せる

257 さらに読み込む

Show all 10000 documents...