売上高実績

Top PDF 売上高実績:

第 3 四半期連結業績 9 ヶ月累計 ( 単位 : 億円 ) 当期実績 ( 売上比 ) 前年同期実績 ( 売上比 ) 増減 ( 前年同期比 ) 売上高 3,105-2, % 荒利益高 1, % 1, % % 販売管理費 1,095

第 3 四半期連結業績 9 ヶ月累計 ( 単位 : 億円 ) 当期実績 ( 売上比 ) 前年同期実績 ( 売上比 ) 増減 ( 前年同期比 ) 売上高 3,105-2, % 荒利益高 1, % 1, % % 販売管理費 1,095

1 総資本経常利益率 % 11.25%以上 ○ 13.6% 14.5 16.2 14.9 16.1 2 総資本回転率 回 1.5回以上 × 0.8 回 0.9 0.9 0.9 1.0 3 営業収入経常利益率 % 10%以上 ○ 17.3 % 16.5 18.3 17.1 16.9 4 1株あたり純利益 円 75円以上 ○ 289.2 円 256.6 247.9 216.5 205.5

27 さらに読み込む

連結業績ハイライト ( 単位 : 百万円 ) 2017 年 9 月期 2018 年 9 月期 増減額 増減率 (%) 2017 年 9 月期 通期実績 売上高 4,062 1,713 2, % 7,182 売上総利益 1, % 1,626 営業利益 139

連結業績ハイライト ( 単位 : 百万円 ) 2017 年 9 月期 2018 年 9 月期 増減額 増減率 (%) 2017 年 9 月期 通期実績 売上高 4,062 1,713 2, % 7,182 売上総利益 1, % 1,626 営業利益 139

Copyright© FinTech Global Incorporated 2 • 不動産証券化はアレンジメントが減速。不動産アセットマネジメントは受託物件売却で成功報酬を確保す る一方、体制強化。1Qより投資運用会社を新規連結。 • アセット投資では、1Qにメッツァに隣接する不動産を証券化し、不動産売却・AMで売上256百万円、営 業利益195百万円計上。当2Qは運用不動産売却により、売上432百万円計上。

18 さらに読み込む

2015 年実績 2016 年実績 売上高伸び率 16.2% n.a. EPS 伸び率 2.5% 2.9% 売上総利益率 19.9% n.a. 純利益率 5.1% n.a. EV/EBITDA n.a. n.a. 株価 CF 倍率 n.a. n.a. PER 10.7x 10.4x FPT 同業他社

2015 年実績 2016 年実績 売上高伸び率 16.2% n.a. EPS 伸び率 2.5% 2.9% 売上総利益率 19.9% n.a. 純利益率 5.1% n.a. EV/EBITDA n.a. n.a. 株価 CF 倍率 n.a. n.a. PER 10.7x 10.4x FPT 同業他社

テレコムサービス部門では、加入者の増加が堅調な伸びを示した ブロードバンド回線の売上が前年比で17%伸びたこともあり、同部門の売上は前年比22%増加した。専 用線、音声、データセンター、そしてIPテレビサービス等の他のサービスラインの売上も前年を上回る31% 増を達成している。特筆すべきは、テレコムサービス部門の税引き前利益は16年第4四半期に前年同期比で 20%増を達成し、16年第3四半期の前年同期比15%増、16年上半期の前年同期比-11%を凌駕したこと。こ の結果は、ホーチミン及びハノイの光回線敷設プロジェクトの最終費用負担が16年の6月末に完結したこと により、この部門の税引き後純利益が17年には急増するという我々の予想を裏付けるものである。
さらに見せる

5 さらに読み込む

売上高利益率 Barrick Gold 売上高利益率 Placer Dome 40% 30% 20% 10% 0% -10% -20% % -40% -50% -60% -70% Barrick Gold

売上高利益率 Barrick Gold 売上高利益率 Placer Dome 40% 30% 20% 10% 0% -10% -20% % -40% -50% -60% -70% Barrick Gold

Barrick Gold は、全世界的な金生産事業を展開しており、生産・販売・埋蔵量において世界有数 の規模を誇っている。2005 年現在、14 の金山(米 3、加2、ペルー2、アルゼンチン1、タンザニア2、豪 4)の オペレーターであることに加えて米1鉱山、ロシア1社にマイナーシェアの権益を有する。 2005 年度の産金量 169.8tは世界第3位で世界計 2,243tの 7.6%に相当する。同年平均金価格 439US$/oz に対して同社平均の Cash operating costs は 227US$/oz、Total production costs は 303US$/oz であった。金価格の 12%上昇(’04 年度 391US$/oz)により、売上は 2350mUS$と前年 度 1,932mUS$から 22%増、当期利益 401mUS$は前年度 248mUS$の 62%増と財務実績を著しく伸 ばしている。
さらに見せる

12 さらに読み込む

スーパーマーケット販売統計調査 2018 年 3 月実績速報版 ( パネル 270) 全店売上高 ( 万円 ) 2018 年 4 月 20 日. 一般社団法人日本スーパーマーケット協会オール日本スーパーマーケット協会一般社団法人新日本スーパーマーケット協会 構成比 総売上高 87,926,291 1

スーパーマーケット販売統計調査 2018 年 3 月実績速報版 ( パネル 270) 全店売上高 ( 万円 ) 2018 年 4 月 20 日. 一般社団法人日本スーパーマーケット協会オール日本スーパーマーケット協会一般社団法人新日本スーパーマーケット協会 構成比 総売上高 87,926,291 1

カテゴリー動向調査では、上旬まで相場が高騰した青果 DI が 7.8 と、花見時期の好天や行楽需要の 高まりにより惣菜 DI、鍋需要は低迷したものの気温の上昇で焼用商材が好調となった畜産 DI がわずか なプラスとなった。それ以外のカテゴリーDI はマイナスとなっており、特に不漁による品不足や価格 騰の続く水産 DI のマイナス幅が大きい。 (カテゴリー動向については最終ページに詳細を掲載)

15 さらに読み込む

会社概要 連結売上高百万円 337, , ,836 連結経常利益百万円 5,058 5,823 7,732 事業別売上高構成比 グループ売上高構成比 油脂 油糧事業 加工油脂事業 % ファインケミカル事業 4.1 4

会社概要 連結売上高百万円 337, , ,836 連結経常利益百万円 5,058 5,823 7,732 事業別売上高構成比 グループ売上高構成比 油脂 油糧事業 加工油脂事業 % ファインケミカル事業 4.1 4

6.環境損傷対応コスト ― ― 0 0 合計 35 45 1,256 1,240 ※ 集計の前提条件 ①集計値は各年度(4月~3月)の実績 ②費用分類は「環境会計ガイドライン(2005年度版)」に準拠 ③環境関連として確実な投資や費用(ほかの要素はほとんど含ま ず)の範囲に留めている

14 さらに読み込む

目次 全社業績の概要 年度の計画と実績 年度業績の概況 3. 売上高 経常利益の推移 4. 事業部門別売上高の推移 5. 費用構成の推移 6. キャッシュ フロー計算書 事業部門別業績の概要 7. サービスラインアップ 8~10. 投資情報事業 11~12.IR 事業

目次 全社業績の概要 年度の計画と実績 年度業績の概況 3. 売上高 経常利益の推移 4. 事業部門別売上高の推移 5. 費用構成の推移 6. キャッシュ フロー計算書 事業部門別業績の概要 7. サービスラインアップ 8~10. 投資情報事業 11~12.IR 事業

1. 2005年度の計画と実績         2.  2005年度業績の概況     3.  売上・経常利益の推移        4. 事業部門別売上の推移 5. 費用構成の推移             6. キャッシュ・フロー計算書 7. サービスラインアップ    8~10. 投資情報事業

22 さらに読み込む

焼酎メーカー売上高ランキング(2017年)

焼酎メーカー売上高ランキング(2017年)

3位 オエノングループ 396 億 3100 万円(前年比 0.5%増) オエノンホールディングス(株)では、傘下の合同酒精(株) (東京都中央区) 、福徳長酒類 (株) (千葉県松戸市) 、秋田県醗酵工業(株) (秋田県湯沢市)の3社で焼酎を製造しており、 本調査では同3社の焼酎事業の売上[有価証券報告書記載のセグメント別アイテム(主要製 品)別の販売実績]を集計対象としている。2008 年以降、連結売上に占める焼酎の比率が5 割を下回って集計対象外となっていたが、10 年ぶりにランキングに復帰した。
さらに見せる

8 さらに読み込む

2012 年 3 月期連結決算実績 震災 タイの洪水 円高の影響により 情報電子 合成樹脂 化学品の主要 3 分野が伸び悩み 売上高 営業利益共に 減 一方で 持分法投資損益は改善し 経常利益 当期純利 益は計画を上回る 2012 年 3 月期連結業績 対計画比 売上高 : 4,644 億円 256

2012 年 3 月期連結決算実績 震災 タイの洪水 円高の影響により 情報電子 合成樹脂 化学品の主要 3 分野が伸び悩み 売上高 営業利益共に 減 一方で 持分法投資損益は改善し 経常利益 当期純利 益は計画を上回る 2012 年 3 月期連結業績 対計画比 売上高 : 4,644 億円 256

成型材 塩ビ樹脂、可塑剤、添加剤やポリオレフィン系、スチレン系樹脂などの汎用樹脂から各種コンパウンド、エ ラストマー、エンジニアリング・プラスチック、合成ゴムまで幅広い仕入ソースを背景にお客様のニーズ、 シーズに合致した提案や製品展開に注力 機能樹脂 エンプラ、スーパーエンプラ、特殊樹脂を中心に家電、OA、電子部品、自動車、建材分野のお客様に提案 産業材 ポリオレフィン原料、フィルム製品が中心で、原料メーカーとのタイアップや海外展開により充実したサービ
さらに見せる

32 さらに読み込む

別 前年同期比増減率 単位 : 社 % 母集売上高経常利益純利益集計団 18/3 期従来 19/3 期 18/3 期従来 19/3 期 18/3 期従来 19/3 期社数社数実績予想予想実績予想予想実績予想予想 繊維製品

別 前年同期比増減率 単位 : 社 % 母集売上高経常利益純利益集計団 18/3 期従来 19/3 期 18/3 期従来 19/3 期 18/3 期従来 19/3 期社数社数実績予想予想実績予想予想実績予想予想 繊維製品

この資料は投資判断の参考となる情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。銘柄の選択、投資に関する最終 決定はご自身の判断でお願いいたします。また、本資料は信頼できると思われる情報に基づいて作成したものですが、その正確性、完全性を保 証したものではありません。本資料に示された意見や予測は、資料作成時点での当社の見通しであり今後予告なしに当社の[r]

5 さらに読み込む

目次 年度実績 年度業績予想 主要決算数値 P4~5 当期の業績予想 P17 連結損益計算書 P6 セグメント別売上高 営業利益予想 P18 金融収支 有利子負債残高 P7 事業別売上高 営業利益予想 P19~21 特別損益 P8 3. 参考資料 事業別業績推移 P2

目次 年度実績 年度業績予想 主要決算数値 P4~5 当期の業績予想 P17 連結損益計算書 P6 セグメント別売上高 営業利益予想 P18 金融収支 有利子負債残高 P7 事業別売上高 営業利益予想 P19~21 特別損益 P8 3. 参考資料 事業別業績推移 P2

ケミカル *2 売上 7,128 7,440 営業利益 744 725 低燃費タイヤ向け合成ゴムやエンジニアリング樹脂、電子材料製品などで販売数量の増加 を見込むものの、エチレンセンター(三菱ケミカル旭化成エチレン㈱)の定期修理の影響や原 燃料価格の変動によって発生した総平均差の影響などにより、増収・減益となる見通し。 エレクトロ

40 さらに読み込む

総括 3 総括 (1) 年 3 月期実績 2 月公表に対して 売上高及び全ての利益レベルで上回る 売上高は 2 兆 2,53 億円 営業利益は 539 億円 当期純利益は 343 億円 CX-5 新型 Mazda6/ アテンザなど SKYACTIV 搭載車両が 業績改善に大きく貢献 グロ

総括 3 総括 (1) 年 3 月期実績 2 月公表に対して 売上高及び全ての利益レベルで上回る 売上高は 2 兆 2,53 億円 営業利益は 539 億円 当期純利益は 343 億円 CX-5 新型 Mazda6/ アテンザなど SKYACTIV 搭載車両が 業績改善に大きく貢献 グロ

④ グローバルアライアンスの推進 商品 /技術/地域の補完を目指すアライアンスを推進 トヨタ  アルファロメオ向け 2シーター スポーツカーの生産に向けた 事業契約を締結 フィアット  ロシアで生産合弁会社を設立 CX-5と新型Mazda6の現地生産を開始 ソラーズ  SKYACTIV技術搭載車を供給 日産 ベルマツ  ハイブリッドシステムの技術ライセンスを受給[r]

22 さらに読み込む

損益概要 ( 連結 ) 単位 : 億円 下段は利益率または増減率 (%) 通 期 前期当期 (2016 年度 ) 増減 受注高 4, , % 売上高 3, , % 売上総利益 (17.3

損益概要 ( 連結 ) 単位 : 億円 下段は利益率または増減率 (%) 通 期 前期当期 (2016 年度 ) 増減 受注高 4, , % 売上高 3, , % 売上総利益 (17.3

Ⅱ Ⅱ 「中長期経営ビジョン」における基本方針と経営目標 (「中長期経営ビジョン」を展開するための基盤構築期間) ※「中核連結」:NIPPO本体+グループ工事会社・ 製販会社(舗装事業子会社) 2017年度実績 2020年度計画 建設事業(国内) 295億円 315億円

27 さらに読み込む

目次 Ⅰ 2019 年 5 月期第 2 四半期業績概要 年 5 月期第 2 四半期実績 出店実績 月次売上高の推移 地域別実績 商品部門別実績 調剤部門実績 PB 商品実績 Ⅱ 当期の取り組みと今後の方針 12 出店計画 2019 年 5 月期通期計画 Copyright TSURUH

目次 Ⅰ 2019 年 5 月期第 2 四半期業績概要 年 5 月期第 2 四半期実績 出店実績 月次売上高の推移 地域別実績 商品部門別実績 調剤部門実績 PB 商品実績 Ⅱ 当期の取り組みと今後の方針 12 出店計画 2019 年 5 月期通期計画 Copyright TSURUH

単価 (円) 9,611 9,861 9,794 9,581 ▲281円 2019年5月期第2四半期 調剤薬局展開状況 ・・・ 開局 17店(うち杏林堂 2店)、閉局 8店 子会社化による増 15店(B&D) 売上に占める調剤報酬額構成比(杏林堂・B&D含む) 当四半期累計 9.5%

20 さらに読み込む

2 事業別目標 売上高 ( 億円 ) 2017 年度実績 2020 年度目標 営業利益 売上高 ( 億円 ) 売上比 ( 億円 ) 営業利益 ( 億円 ) 売上比 紙 板紙事業 3, % 3, % H&PC 事業 1, % 2,

2 事業別目標 売上高 ( 億円 ) 2017 年度実績 2020 年度目標 営業利益 売上高 ( 億円 ) 売上比 ( 億円 ) 営業利益 ( 億円 ) 売上比 紙 板紙事業 3, % 3, % H&PC 事業 1, % 2,

グループ経営理念「世界中の人々へ やさしい未来をつむぐ」のもと、長期ビジョン「戦略的 に事業ポートフォリオを変革し、持続的に成長し続ける企業グループへ」を掲げ、10 年後には、 売上 8,000 億円~1 兆円規模(ホーム&パーソナルケア(以下、 「H&PC」)事業の構成比 50%以 上、H&PC 海外事業の構成比 30%以上)を目指します。

32 さらに読み込む

決算概要 2013 年 9 月期 ( 実績 ) ( 予想 ) 前期 増減率 予想 増減率 売上高 35,946 41,484 42, % 1.8% 売上原価 20,432 23,595 23, % 1.5% 売上総利益 15,513 17,888 18, %

決算概要 2013 年 9 月期 ( 実績 ) ( 予想 ) 前期 増減率 予想 増減率 売上高 35,946 41,484 42, % 1.8% 売上原価 20,432 23,595 23, % 1.5% 売上総利益 15,513 17,888 18, %

プレミアム会員21万人純増、コンテンツ獲得コスト増加、通信回線の増強 モバイル事業:売上減少 < 費用減少により4億円増益 会員数58万人減少、広告宣伝費をこれまで以上に抑制 ゲーム事業 :売上増加 > 費用増加により5億円増益

20 さらに読み込む

目次 1. 連結決算概要 連結売上高推移 連結売上高と営業利益の推移 連結損益計算書 2. セグメント別の業績 広告制作事業 売上高 経常利益 受注高と受注残高の推移 四半期売上高推移 顧客別連結売上高推移 広告主の業種別売上高 ( 単体 ) 写真スタジオ事業 売上高 経常利益 3. 連結業績予想

目次 1. 連結決算概要 連結売上高推移 連結売上高と営業利益の推移 連結損益計算書 2. セグメント別の業績 広告制作事業 売上高 経常利益 受注高と受注残高の推移 四半期売上高推移 顧客別連結売上高推移 広告主の業種別売上高 ( 単体 ) 写真スタジオ事業 売上高 経常利益 3. 連結業績予想

リリース例 メディア 企業 第一弾コンテンツとして、キャラクター育成の実績と ノウハウを兼ね備える㈱ DLEと、「お金」をテーマにし たオリジナルアニメ「わんわんわんコイン」を共同開発。 AOI Pro.グループのビジネス・アーキテクツが

38 さらに読み込む

2018 年 3 月期実績総括 P2 通期実績 連結業績 増収増益 売上高 各利益過去最高 1 売上高 3 兆 7,572 億円 前期比 +18.5% 2 期振り増収 営業利益 3,742 億円 前期比 +40.3% 経常利益 3,828 億円 前期比 +33.5% 3 期連続増益当期純利益 2 2

2018 年 3 月期実績総括 P2 通期実績 連結業績 増収増益 売上高 各利益過去最高 1 売上高 3 兆 7,572 億円 前期比 +18.5% 2 期振り増収 営業利益 3,742 億円 前期比 +40.3% 経常利益 3,828 億円 前期比 +33.5% 3 期連続増益当期純利益 2 2

P13 連結:次期予想(業績) 次期予想 当期実績 増減 次期予想 当期実績 増減 売 上 38,000 37,572 +428 設 備 投 資 2,500 2,134 +366 営 業 利 益 3,400 3,742 ▲342 減価償却費 1,500 1,509 ▲9 (利益率) (8.9%) (10.0%) 研究開発費 1,600 1,394 +206 経 常 利 益 3,500 3,828 ▲328

28 さらに読み込む

目次 Ⅰ 2017 年 5 月期第 1 四半期実績 年 5 月期第 1 四半期実績 月次売上高の推移 地域別実績 商品部門別実績 調剤部門実績 PB 商品実績 出店実績 Ⅱ 2017 年 5 月期の取り組みと計画 年 5 月期の取り組み 出店計画 2017 年 5 月期通

目次 Ⅰ 2017 年 5 月期第 1 四半期実績 年 5 月期第 1 四半期実績 月次売上高の推移 地域別実績 商品部門別実績 調剤部門実績 PB 商品実績 出店実績 Ⅱ 2017 年 5 月期の取り組みと計画 年 5 月期の取り組み 出店計画 2017 年 5 月期通

2017年5月期 上期計画 前年同期比 下期計画 前年同期比 通期計画 前年同期比 売上 527,508 289,900 119.7 293,100 102.7 583,000 110.5 売上総利益 149,412 82,000 120.3 82,800 101.9 164,800 110.3 (総利益率) 28.3 28.3 28.2 28.3

16 さらに読み込む

損益計算書 [ 自 2017 年 4 月 1 日至 2018 年 3 月 31 日 ] 科 目 金 額 売上高 完成工事高 19,024,535 兼業事業売上高 35,992,337 売上高合計 55,016,872 売上原価 完成工事原価 15,646,398 兼業事業売上原価 29,689,02

損益計算書 [ 自 2017 年 4 月 1 日至 2018 年 3 月 31 日 ] 科 目 金 額 売上高 完成工事高 19,024,535 兼業事業売上高 35,992,337 売上高合計 55,016,872 売上原価 完成工事原価 15,646,398 兼業事業売上原価 29,689,02

4.引当金の計上基準 (1)貸倒引当金 債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率による 計算額を、貸倒懸念債権等特定の債権については、個別に回収可能性を勘 案し、回収不能見込額を計上しております。

8 さらに読み込む

Show all 6594 documents...