地 区 施 設 の

Top PDF 地 区 施 設 の:

4. 基 本 な 事 項 (1) 地 区 計 画 の 区 域 は 原 則 として 道 路 その 他 の 施 設 河 川 その 他 の 地 形 地 物 等 土 地 の 範 囲 を 明 示 するのに 適 切 なものにより 定 めることとし できるだけ 整 形 なものにするものとする また 必 要 以 上

4. 基 本 な 事 項 (1) 地 区 計 画 の 区 域 は 原 則 として 道 路 その 他 の 施 設 河 川 その 他 の 地 形 地 物 等 土 地 の 範 囲 を 明 示 するのに 適 切 なものにより 定 めることとし できるだけ 整 形 なものにするものとする また 必 要 以 上

会津若松市市街化調整区域における地区計画 (都市計画法第 34 条第 10 号)運用基準 1.背景 地方都市においては、高度成長期に都市部へ人口、都市機能集中が進み、都市外延化進行 に伴うモータリゼーション進展を背景に、住宅や公共公益施設、大規模な集客施設等郊外立地が進 むなど、都市機能や人口が拡散し、中心市街衰退や自動車に過度に依存した都市構造化が進行し てきた。
さらに見せる

5 さらに読み込む

もくじ Ⅰ. 大 久 保 地 区 公 共 施 設 再 生 事 業 の 基 本 理 念 事 業 の 目 的 と 目 標 建 物 配 置 と 建 物 名 称 大 久 保 地 区 公 共 施 設 再 生 事 業 の 基 本 方 針 対 象 施

もくじ Ⅰ. 大 久 保 地 区 公 共 施 設 再 生 事 業 の 基 本 理 念 事 業 の 目 的 と 目 標 建 物 配 置 と 建 物 名 称 大 久 保 地 区 公 共 施 設 再 生 事 業 の 基 本 方 針 対 象 施

一方、コミュニティごとに配置され、施設が所在する地域市民が、主に利用す る施設を「地域利用施設」としています。地域利用施設は、将来的には、学校施設 を地域拠点施設として位置付け、地域に必要な機能を複合化する計画です。 大 久保 地区 公共 施設 再生 事業 では 、中 央公 園に 隣接 する 大久 保公 民館 ・市 民会 館 、大 久保 図書館 、勤労 会館 を中 央公園 と一体 的に 再生 整備す ること で、 習志野 市生涯学習拠点として機能を担うようにすることを計画 しています。
さらに見せる

30 さらに読み込む

業 施 設 一 覧 ( 平 成 28 年 2 月 29 日 現 在 ) 施 設 名 称 施 設 所 在 地 申 請 者 氏 名 営 業 実 態 が 確 認 できない 業 施 の 設 種 は 別 掲 載 していません 許 可 日 山 本 亮 太 小 世 界 旅 社 京 都 市 北 区 紫 野 下 鳥

業 施 設 一 覧 ( 平 成 28 年 2 月 29 日 現 在 ) 施 設 名 称 施 設 所 在 地 申 請 者 氏 名 営 業 実 態 が 確 認 できない 業 施 の 設 種 は 別 掲 載 していません 許 可 日 山 本 亮 太 小 世 界 旅 社 京 都 市 北 区 紫 野 下 鳥

施設名称 施設所在地 申請者氏名 旅館業種別 許可日 ゲストイン京都 京都市下京花屋町通櫛笥西入薬園町174-5 谷 敏行 旅館 S61.07.10 ゲストハウス 歌舞喜 西本願寺店 京都市下京猪熊通五条下る柿本町670-5 株式会社連獅士 代表取締役 佐々木 陽市 簡易宿所 H23.11.07 ゲストハウス 京都 京都市下京黒門通木津屋橋上る徹宝町401番地11F 姜 京見 簡易宿所 H22.01.26 ゲストハウス 京都 コスタ デル ソル 京都市下京新町通五条下ル蛭子町134番地1 椎津 堅太郎 簡易宿所 H16.11.26 ゲストハウス 京都 コスタ デル ソル別館 京都市下京新町通五条下る蛭子町134番地40 有限会社コスタデルソル
さらに見せる

52 さらに読み込む

目 次 背 景 とねらい 1 中 心 市 街 地 区 域 にある 公 共 施 設 商 業 施 設 1 2 実 験 運 行 から 本 格 運 行 までのルート 経 過 2 3 基 本 データ( 定 期 券 1 日 乗 車 券 ) 3 4 ルート 変 更 の 経 過 (お 堀 端 聖 神 社 ) 3 5

目 次 背 景 とねらい 1 中 心 市 街 地 区 域 にある 公 共 施 設 商 業 施 設 1 2 実 験 運 行 から 本 格 運 行 までのルート 経 過 2 3 基 本 データ( 定 期 券 1 日 乗 車 券 ) 3 4 ルート 変 更 の 経 過 (お 堀 端 聖 神 社 ) 3 5

目 次 背景とねらい 1 中心市街区域にある公共施設・商業施設………………1 2 実験運行から本格運行までルート経過…………………2 3 基本データ(定期券・1日乗車券)………………………3 4 ルート変更経過(お堀端、聖神社)……………………3 5 利用状況………………………………………………………4 6 収支状況………………………………………………………4 7 各バス停利用状況……………………………………………5 8 利用者状況……………………………………………………6 9 課題・問題点…………………………………………………6
さらに見せる

15 さらに読み込む

資料 4 ( 仮称 ) 仙台市太白区茂庭計画商業施設の届出概要 1 届 出 者 株式会社フォレスト株式会社ダイユーエイト 2 届 出 年 月 日 平成 27 年 12 月 28 日 3 施 設 名 称 ( 仮称 ) 仙台市太白区茂庭計画商業施設 4 施設建設予定地 仙台市太白区茂庭土地区画整理 8

資料 4 ( 仮称 ) 仙台市太白区茂庭計画商業施設の届出概要 1 届 出 者 株式会社フォレスト株式会社ダイユーエイト 2 届 出 年 月 日 平成 27 年 12 月 28 日 3 施 設 名 称 ( 仮称 ) 仙台市太白区茂庭計画商業施設 4 施設建設予定地 仙台市太白区茂庭土地区画整理 8

また,届出書「3.地域貢献活動計画概要」 特定大規模集客施設設置にあたっては, 以下点に十分配慮します。 (1)「仙台市地区計画区域内における建 築物制限に関する条例」規定に適合し ます。「仙台市中高層建築物等建築に係 る紛争予防と調整に関する条例」該当 有無を確認し,必要に応じて所定手続き を行います。

5 さらに読み込む

(8) 建 ぺい 率 80% (9) 容 積 率 400% (10) 高 さ 制 限 建 築 物 の 高 さ 制 限 を 地 区 計 画 により20mとする (11) 内 容 1) 基 本 設 計 実 施 設 計 一 式 ( 建 築 電 気 設 備 機 械 設 備 用 地 造 成 外 構 ) 2)

(8) 建 ぺい 率 80% (9) 容 積 率 400% (10) 高 さ 制 限 建 築 物 の 高 さ 制 限 を 地 区 計 画 により20mとする (11) 内 容 1) 基 本 設 計 実 施 設 計 一 式 ( 建 築 電 気 設 備 機 械 設 備 用 地 造 成 外 構 ) 2)

基本計画中で、求められる機能は「 『教育と知継承』を担う生涯学習空間」 、 「情報 が集まる空間」 、 「多目的でオープンな空間」 、 「創造的な活用ができる空間」4点に集 約された。これらを満たし、 「未来大槌人育成/文化再生と知継承」を推し進め る創造的復興拠点として、中心市街ににぎわいをもたらす複合施設が求められる。 これら目標を実現すべく、御社エリア復興拠点施設建設に関わる設計業務、施工 業務を委託するものである。
さらに見せる

27 さらに読み込む

広 域 振 興 局 等 避 難 所 の 状 況 避 難 所 として 設 置 されたのは 学 校 の 体 育 館 地 区 集 会 所 等 の 施 設 であった が 毛 布 ストーブ 等 の 備 えがない 所 が 多 数 あった 避 難 施 設 の 床 に 直 接 寝 るため 眠 れる 環 境 でなかっ

広 域 振 興 局 等 避 難 所 の 状 況 避 難 所 として 設 置 されたのは 学 校 の 体 育 館 地 区 集 会 所 等 の 施 設 であった が 毛 布 ストーブ 等 の 備 えがない 所 が 多 数 あった 避 難 施 設 の 床 に 直 接 寝 るため 眠 れる 環 境 でなかっ

・食料備蓄がなかった。被災直後は、各避難所がそれぞれで食料確保や寒 さ対策などについて、独自に対応せざるを得なかった。 ・被災直後は、ストーブや毛布が不足した。 ・津波被害があった家庭では、粉ミルクや紙おむつ買い置きも流出し、避 難所へ行っても備蓄はなかった。近く保育所や近所乳幼児いる家庭よ り粉ミルクを少しずつ分けてもらい、薄めて哺乳を行なった。紙おむつもク ッキングペーパーを切って、現在使用しているおむつに当てて使用したりと 工夫して支援物資が届くまで生活した。支援物資が届くまで待てない母子は、 母親や父親実家や親戚宅へ避難した。
さらに見せる

14 さらに読み込む

❶ 基 幹 施 設 の 整 備 拡 充 (つづき) 流 杉 高 区 配 水 ブロック( 古 沢 配 水 区 )の 増 強 を 図 るため 呉 羽 地 区 に 新 たな 送 配 水 ルートの 新 設 (1,340m)と 容 量 4,000m3の 配 水 池 を 築 造 し 呉 羽 地 区 への 安 定

❶ 基 幹 施 設 の 整 備 拡 充 (つづき) 流 杉 高 区 配 水 ブロック( 古 沢 配 水 区 )の 増 強 を 図 るため 呉 羽 地 区 に 新 たな 送 配 水 ルートの 新 設 (1,340m)と 容 量 4,000m3の 配 水 池 を 築 造 し 呉 羽 地 区 への 安 定

資本的収入 7,623 6,754 2,594 2,325 1,466 1,625 1,727 1,871 1,727 1,704 資本的支出 11,986 11,134 5,467 4,944 5,333 6,451 5,492 5,865 5,603 5,494 資本的収支差引額 △ 4,636 △ 4,380 △ 2,873 △ 2,619 △ 3,867 △ 4,826 △ 3,765 △ 3,994 △ 3,876 △ 3,790 補填財源 7,974 7,501 6,961 7,926 9,306 9,258 8,323 8,434 8,285 8,204 翌年度へ繰越資金 3,909 3,121 4,088 5,307 5,439 4,431 4,558 4,441 4,409 4,414 ※2 参   考
さらに見せる

21 さらに読み込む

二 川 幹 線 水 路 の 改 修 及 び 川 支 線 水 路 の 新 設 三 地 区 の 区 画 整 理 四 地 区 全 域 にわたる 農 道 の 維 持 管 理 五 地 区 において 一 体 事 業 として 施 行 するかんがい 施 設 の 新 設 並 びに 区 画 整 理 及 び 農 用 地

二 川 幹 線 水 路 の 改 修 及 び 川 支 線 水 路 の 新 設 三 地 区 の 区 画 整 理 四 地 区 全 域 にわたる 農 道 の 維 持 管 理 五 地 区 において 一 体 事 業 として 施 行 するかんがい 施 設 の 新 設 並 びに 区 画 整 理 及 び 農 用 地

2 理事は、前項異議申出を受けたときは、その異議申出を受けた日から3日以 内に、その異議申出が正当であるかないかを決定しなければならない。その異議 申出を正当であると決定したときは、直ちに選挙人名簿を修正し、その旨を異議申出 人及び関係人に通知し、併せてこれを公告しなければならない。その異議申出を正 当でないと決定したときは、直ちにその旨を異議申出人に通知しなければならない。 3 選挙人名簿は、総代選挙期日前6日をもって確定する。
さらに見せる

8 さらに読み込む

写 真 1 ロンドン サウスバンク 地 区 にある 複 合 映 画 施 設 BFI サウスバンク ( 著 者 撮 影 ) BFI BFI National Library BFI 保 存 事 業 アーカイヴとアクセス BFI BFI National Archive BFI BFI BFI Sout

写 真 1 ロンドン サウスバンク 地 区 にある 複 合 映 画 施 設 BFI サウスバンク ( 著 者 撮 影 ) BFI BFI National Library BFI 保 存 事 業 アーカイヴとアクセス BFI BFI National Archive BFI BFI BFI Sout

資料 平成 21 年 10 月 21 日受理 要旨  本稿ねらいはイギリス( United Kingdom )・アイ ルランド( Republic of Ireland )における映画支援事業 全体像を把握することである。日本ではあまり言及さ れることないスコットランドとアイルランド映画に 関する産業・文化振興についても取り扱っている。  イギリスは周知とおり、イングランド、スコットラ ンド、ウェールズ、北アイルランド4つ地域から成 り立っている。これら地域は、映画に関してそれぞれ 独自文化を形成している。1949年に独立国家となっ たアイルランドでも、固有映画・映像文化を発展させ ている。そうした文化が、それぞれ地域・国家でどの ように支援されているか。本稿では特に映画関連支 援機関について紹介しながら、各地域事情を概観する。 1 イングランド映画関連機関
さらに見せる

8 さらに読み込む

K66 号 2/9 B 面 農 業 体 験 施 設 等 (21) 施 設 の 区 分 ( 該 当 に 印 ) (22) 棟 数 (2) 建 築 延 べ 床 面 積 (24) 所 要 面 積 農 業 体 験 施 設 市 民 農 園 特 定 農 地 貸 付 けの 用 に 供 された 農 地 譲 受 後

K66 号 2/9 B 面 農 業 体 験 施 設 等 (21) 施 設 の 区 分 ( 該 当 に 印 ) (22) 棟 数 (2) 建 築 延 べ 床 面 積 (24) 所 要 面 積 農 業 体 験 施 設 市 民 農 園 特 定 農 地 貸 付 けの 用 に 供 された 農 地 譲 受 後

 農地法第4条又は第5条許可申請書及び許可書写(農地法第4条又は第5条届出にあっては 農地転用届及び受理通知書写)若しくは特定農地貸し付けに関する農地法等特例に関する法律 に基づく承認申請書及び承認書写並びに農地等所有権若しくは使用収益権移転又は設定に 関する相手方と契約書写(所有権又は使用収益権移転場合で、許可申請書に権利移転日 記載があるときは契約書写は不要)
さらに見せる

9 さらに読み込む

業 施 設 一 覧 ( 平 成 28 年 7 月 31 日 現 在 ) 施 設 名 称 1 施 設 所 在 地 申 請 者 氏 名 業 の 種 別 許 可 日 六 壺 京 都 市 北 区 紫 野 上 門 前 町 41 番 地 沖 祐 佳 H Villa Incognito 京 都 市

業 施 設 一 覧 ( 平 成 28 年 7 月 31 日 現 在 ) 施 設 名 称 1 施 設 所 在 地 申 請 者 氏 名 業 の 種 別 許 可 日 六 壺 京 都 市 北 区 紫 野 上 門 前 町 41 番 地 沖 祐 佳 H Villa Incognito 京 都 市

代表取締役 小林 昭人 ホテル H19.05.07 ゲストハウスYAHATA 京都市下京西洞院五条上ル八幡町544 中村 次男 簡易宿所 H19.08.02 ホテルマイステイズ京都四条 京都市下京四条通油小路東入傘鉾町52,54-2,54-3 株式会社マイステイズ・ホテル・マネジメント 代表取締役 麻野 篤毅 ホテル H20.02.18 ケイズハウス京都アネックス 京都市下京土手町通七条上る納屋町420,421-1, -2,-3,-4,-5,423-8,426-1 有限会社 坂口商事 代表取締役 坂口 勝彦 簡易宿所 H20.03.21 とまと(大将軍粟島ハイツ) 京都市下京塩小路通堀川西入志水町135番地 株式会社 アイズ
さらに見せる

65 さらに読み込む

名 古 屋 市 市 民 会 館 ( 日 本 特 殊 陶 業 市 民 会 館 ) 5,400 万 円 / 年 4 年 9ヶ 月 ウ その 他 の 施 設 都 市 名 施 設 名 ( 愛 称 ) 契 約 条 件 本 市 の 類 似 施 設 大 幸 南 地 区 南 横 浜 市 横 浜 駅 ポートサイド 人

名 古 屋 市 市 民 会 館 ( 日 本 特 殊 陶 業 市 民 会 館 ) 5,400 万 円 / 年 4 年 9ヶ 月 ウ その 他 の 施 設 都 市 名 施 設 名 ( 愛 称 ) 契 約 条 件 本 市 の 類 似 施 設 大 幸 南 地 区 南 横 浜 市 横 浜 駅 ポートサイド 人

この募集要領をよくお読みいただき、是非ご提案を検討していただきますようお願 いいたします。 2 対象施設等 原則として、市役所庁舎など公用財産ようにネーミングライツになじまない や企業局(交通局、病院局、上下水道局)所管施設を除いた本市施設を対象と します。また、施設一部(○○ホール、△△競技場など)についてネーミングラ イツも提案可能です。施設例としては、 (1)本市及び他都市ネーミングライ ツ導入施設及び(2)にある公施設一覧を参考としてください。
さらに見せる

22 さらに読み込む

資 料 6 別 紙 助 成 区 分 大 規 模 ス ポーツ 施 設 整 備 助 成 地 域 スポー ツ 施 設 整 備 助 成 平 成 28 年 度 スポーツ 振 興 くじ 助 成 金 交 付 対 象 事 業 の 事 業 規 模 施 設 の 整 備 箇 所 数 整 備 面 積 等 契 約 方 法 施

資 料 6 別 紙 助 成 区 分 大 規 模 ス ポーツ 施 設 整 備 助 成 地 域 スポー ツ 施 設 整 備 助 成 平 成 28 年 度 スポーツ 振 興 くじ 助 成 金 交 付 対 象 事 業 の 事 業 規 模 施 設 の 整 備 箇 所 数 整 備 面 積 等 契 約 方 法 施

事業予算確保状況 当初予算として計上されるか 事業規模 1開催あたり平均参加予定人数 事業収入 実施にあたり、参加料収入等増加に向けた具体的な取り組みを行うか 公共性 参加者は広く地域から募集しているか(事業運営上参加標準記録等を設定する場合 を除く。) スポーツボランティア スポーツボランティア活動普及促進に寄与しているものか

6 さらに読み込む

資 料 一 覧 厚 生 労 働 省 の 概 要 1. 厚 生 労 働 省 の 組 織 p1 2. 厚 生 労 働 省 本 省 の 概 要 p2 3. 厚 生 労 働 省 施 設 等 機 関 及 び 地 方 支 分 部 局 の 概 要 p3 4. 施 設 等 所 在 地 一 覧 p4 人 事 管 理

資 料 一 覧 厚 生 労 働 省 の 概 要 1. 厚 生 労 働 省 の 組 織 p1 2. 厚 生 労 働 省 本 省 の 概 要 p2 3. 厚 生 労 働 省 施 設 等 機 関 及 び 地 方 支 分 部 局 の 概 要 p3 4. 施 設 等 所 在 地 一 覧 p4 人 事 管 理

関東信越厚生局茨城事務所 茨城県 水戸市 関東信越厚生局栃木事務所 栃木県 宇都宮市 関東信越厚生局群馬事務所 群馬県 前橋市 関東信越厚生局 埼玉県 さいたま市 関東信越厚生局指導監査課 埼玉県 さいたま市 関東信越厚生局社会保険審査官 埼玉県 さいたま市 関東信越厚生局千葉事務所 千葉県 千葉市 関東信越厚生局麻薬取締部 東京都 千代田 関東信越厚生局東京事務所 東京都 新宿 関東信越厚生局麻薬取締部横浜分室 神奈川県 横浜市 関東信越厚生局神奈川事務所 神奈川県 横浜市 関東信越厚生局新潟事務所 新潟県 新潟市 東海北陸厚生局富山事務所 富山県 富山市 東海北陸厚生局石川事務所 石川県 金沢市 近畿厚生局福井事務所 福井県 福井市 関東信越厚生局山梨事務所 山梨県 甲府市
さらに見せる

37 さらに読み込む

年 総 務 省 令 第 42 号 ) 第 1 条 第 2 項 に 規 定 する 対 象 施 設 ( 以 下 この 条 において 対 象 施 設 という )を 新 設 し 又 は 増 設 した 者 について 当 該 対 象 施 設 である 家 屋 及 び 償 却 資 産 並 びに 当 該 家 屋 又

年 総 務 省 令 第 42 号 ) 第 1 条 第 2 項 に 規 定 する 対 象 施 設 ( 以 下 この 条 において 対 象 施 設 という )を 新 設 し 又 は 増 設 した 者 について 当 該 対 象 施 設 である 家 屋 及 び 償 却 資 産 並 びに 当 該 家 屋 又

(平 26 条例 19・一部改正) (国際物流拠点産業集積地域における課税免除) 第4条2 市長は、国際物流拠点産業集積地域区域内において、沖振法第 41 条 第5項規定による国際物流拠点産業集積計画提出日(以下条において「提 出日」という。)から平成 29 年3月 31 日まで間に、次に掲げるいずれか設備 を新設し、又は増設した者について、当該設備(倉庫業用に供するものを除 く。)である家屋及び償却資産並びに当該家屋敷地である土地(提出日以後にお いて取得したものに限り、かつ、土地については、その取得翌日から起算し て1年以内に当該土地を敷地とする当該家屋建設着手があった場合における当 該土地に限る。)に対して課する固定資産税は、新たに課されることとなった年度 以後5年度分におけるものに限り課税を免除する。
さらに見せる

5 さらに読み込む

目 次 1.はじめに 学 校 施 設 の 現 状 (1) 学 校 施 設 の 現 状 (2)これまでの 学 校 施 設 の 改 築 改 修 の 経 過 木 造 校 舎 の 不 燃 化 事 業 創 意 ある 教

目 次 1.はじめに 学 校 施 設 の 現 状 (1) 学 校 施 設 の 現 状 (2)これまでの 学 校 施 設 の 改 築 改 修 の 経 過 木 造 校 舎 の 不 燃 化 事 業 創 意 ある 教

1.はじめに 区立小中学校学校施設は、児童・生徒学習や活動場、生活場として常に 安全・安心で快適な教育環境とするとともに、少人数指導、ICTを活用した教育な ど多様な教育活動や少人数学級、環境教育など社会状況変化に対応した教育環境 を提供していくことが重要です。また、学校施設は地域活動拠点であり、地域 防災活動拠点でもあります。しかし、区立小中学校施設は、その主要部分が昭 和30年代後半から40年代に建設されたものが大部分を占め、すでに建築後50年を経 過している学校があるほか、今後10年から15年間に建築後50年を迎える学校がほと んどです。
さらに見せる

17 さらに読み込む

- もくじ - Ver の 変 更 点 P.3 1 障 害 者 総 合 支 援 法 概 要 P.4 2 平 成 25 年 度 以 降 地 域 区 分 対 応 P 地 域 区 分 設 定 方 法 P 地 域 区 分 について P 地 域 単 価 の 確

- もくじ - Ver の 変 更 点 P.3 1 障 害 者 総 合 支 援 法 概 要 P.4 2 平 成 25 年 度 以 降 地 域 区 分 対 応 P 地 域 区 分 設 定 方 法 P 地 域 区 分 について P 地 域 単 価 の 確

5 2.平成 25 年度以降地域区分対応 地域区分見直しは、障害福祉サービス報酬1単位単価を通じて事業所経営や地方自治体財政にも大き な影響を与えるものであることから、上乗せ割合が変動する地域については、激変緩和ため経過措置が設け られます。具体的には、見直し完全施行は平成27年度からとし、平成24年度から平成26年度まで間は 毎年度段階的に行われます。それに伴い、年度ごとに地域区分を変更できるように対応しました。
さらに見せる

22 さらに読み込む

施 設 名 所 在 地 等 利 用 時 間 休 館 日 ほっとプラザはるみ 築 地 社 会 教 育 会 館 運 動 場 施 設 ( 種 目 ): 温 浴 エリア( 水 着 着 用 ) フィットネス スタジオ トレーニングルーム 会 議 室 (4 室 ) じ ゃ ぶじゃぶ 池 ( 幼 児 用 水 遊

施 設 名 所 在 地 等 利 用 時 間 休 館 日 ほっとプラザはるみ 築 地 社 会 教 育 会 館 運 動 場 施 設 ( 種 目 ): 温 浴 エリア( 水 着 着 用 ) フィットネス スタジオ トレーニングルーム 会 議 室 (4 室 ) じ ゃ ぶじゃぶ 池 ( 幼 児 用 水 遊

※ 各施設では、施設保守点検などため臨時に休館する 場合があります。 相手など活動を行うボランティアをはじめ、区内福祉 手伝いやハンディキャブ(リフト・スロープ付き自動車) 運転などを行うボランティアを募集しています。そのほ か、区内で様々な活動をしているボランティア団体紹介 も行っています。

7 さらに読み込む

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 *

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 *

6.地区計画区域内における地区施設、その他関連公共施設等整備について、その実 が確実に見込まれること。 考え方 地区計画には、地区施設や予定建築物に関して開発行為や建築行為を行う者やその整備時 期等について規定がありません。全て開発行為が完了するまでに長期間を要する場合、 施設や関連公共施設等整備が非効率となり十全な都市機能確保に支障を来すこと、都 市的土地利用と農地など従前土地利用と混在による相互へ悪影響などが想定されます。
さらに見せる

15 さらに読み込む

Show all 10000 documents...