受給している

Top PDF 受給している:

提出書類について 世帯の区分 ( 申請書類 ) の確認 滋賀県奨学資金の申請は 世帯の区分により提出書類が異なります 次のアからウのうち 該当する世帯を選択して提出書類を確認してください 世帯の区分 ページ ア生活保護を受給している世帯 2 ページへ イ 世帯全員が地方税法第 295 条第 1 項ま

提出書類について 世帯の区分 ( 申請書類 ) の確認 滋賀県奨学資金の申請は 世帯の区分により提出書類が異なります 次のアからウのうち 該当する世帯を選択して提出書類を確認してください 世帯の区分 ページ ア生活保護を受給している世帯 2 ページへ イ 世帯全員が地方税法第 295 条第 1 項ま

・ 「給与収入」欄は、①源泉徴収票の「支払金額」もしくは②確定申告書の控の写し、課税証 明書等に記載されいる「収入金額」の金額を記入ます。 ・ 「事業収入」欄は、確定申告書の控の写しまたは課税証明書の「所得金額」を記入ます。 ・ 「年金収入」欄は、①源泉徴収票の「支払金額」もしくは②確定申告書の控の写し、課税証 明書の「収入金額」を記入ます。ただし、障害年金や遺族年金を受給されいる場合は支 払通知等を確認の上、全ての年金の年額を合算記入ください。
さらに見せる

14 さらに読み込む

Ⅰ 改正について 児童扶養手当法の改正 Q&A ( 公的年金等と合わせて受給する場合 ) Q1 今回の改正の内容を教えてください A: 今回の改正により 公的年金等 * を受給していても その額が児童扶養手当の額 より低い場合には 差額分の手当が受給できるようになります 児童扶養手当 は 離婚などに

Ⅰ 改正について 児童扶養手当法の改正 Q&A ( 公的年金等と合わせて受給する場合 ) Q1 今回の改正の内容を教えてください A: 今回の改正により 公的年金等 * を受給していても その額が児童扶養手当の額 より低い場合には 差額分の手当が受給できるようになります 児童扶養手当 は 離婚などに

受給いるものが公的年金等に該当するか分からない場合には、お住まいの 市区町村にお問い合わせください。 A: 受給できる年金等の月額が児童扶養手当の月額より低い場合、その差額を受給 できます。例えば、児童が1人の場合の児童扶養手当は月額 41,020 円(全額 支給の場合)なので、年金等の月額がこの額より低い場合に差額を受給できま す。

5 さらに読み込む

必要書類 全員 該当者のみ 加給年金額対象者有の場合 年金請求書戸籍抄本または住民票 年金証書 ( 写 ) 請求者で年金受給している方 ( 障害 遺族給付含む ) 遺族厚生 ( 共済 ) 年金 障害厚生 ( 共済 ) 年金年金受給選択申出書 *1 等受給権を有する方雇用保険被保険者証 ( 写 )*2

必要書類 全員 該当者のみ 加給年金額対象者有の場合 年金請求書戸籍抄本または住民票 年金証書 ( 写 ) 請求者で年金受給している方 ( 障害 遺族給付含む ) 遺族厚生 ( 共済 ) 年金 障害厚生 ( 共済 ) 年金年金受給選択申出書 *1 等受給権を有する方雇用保険被保険者証 ( 写 )*2

繰上げ年金受給を希望する場合、年金受給希望対象月の前月に繰 上げ支給請求書を提出なければなりません。 (請求書の受理日の翌月 から年金が支給されます。 ) (下図※A 参照) 手続は、どの実施機関(日本年金機構、共済組合等)でも受付を ますので、受給を開始たい月の1ヵ月前にご希望の窓口にお問い合 わせください。

6 さらに読み込む

( 受給資格証の再交付 ) 第 5 条条例第 6 条の規定により交付を受けた受給資格証を破損し 又は亡失したことにより受給資格証の再交付を受けようとするときは 重度心身障害者等医療費受給資格証再交付申請書 ( 様式第 4) を市長に提出しなければならない ( 受給資格の確認 ) 第 6 条条例第 6

( 受給資格証の再交付 ) 第 5 条条例第 6 条の規定により交付を受けた受給資格証を破損し 又は亡失したことにより受給資格証の再交付を受けようとするときは 重度心身障害者等医療費受給資格証再交付申請書 ( 様式第 4) を市長に提出しなければならない ( 受給資格の確認 ) 第 6 条条例第 6

付 則(平成10年3月31日規則第46号) 1 この規則は、公布の日から施行する。ただし、第2条第2項の改正規定は、平成10年4月1日か ら施行する。 2 この規則による改正後の鹿児島市重度心身障害者等医療費助成条例施行規則(以下「改正後 の規則」という。)第4条の2の規定は、平成9年7月1日以後に交付受給資格証について適 用する。

14 さらに読み込む

2 前項において重度医療費の給付を受けることができる者であることを確認したときは 認定通知書に併せて 重度心身障がい者医療費受給者証 ( 様式第 4 号 以下 受給者証 という ) を交付するものとする 3 前項の受給者証の交付日は 市長が交付決定をした日の属する月の翌月の初日とする この場合におい

2 前項において重度医療費の給付を受けることができる者であることを確認したときは 認定通知書に併せて 重度心身障がい者医療費受給者証 ( 様式第 4 号 以下 受給者証 という ) を交付するものとする 3 前項の受給者証の交付日は 市長が交付決定をした日の属する月の翌月の初日とする この場合におい

受給者証の再交付) 第5条 受給者は、受給者証を破損、又は失ったときは、重度心身障がい者医療費受給者証再交 付申請書(様式第7号)により、市長に再交付の申請をなければならない。 2 前項の再交付の申請において、受給者証の破損を理由とするときは、当該受給者証を添えなけ ればならない。

7 さらに読み込む

⑵ 受給権者年金は 受給資格者のすべてに支給されるものではなく その受給資格者のうち最先順位にある遺族にのみ支給されます つまり 受給資格者のうち最先順位にある遺族が年金の受給権者となります 受給権者となる順位は 第 3-9 表の 受給権の順位 のとおりで 同順位者が2 人以上あるときは それぞれ受

⑵ 受給権者年金は 受給資格者のすべてに支給されるものではなく その受給資格者のうち最先順位にある遺族にのみ支給されます つまり 受給資格者のうち最先順位にある遺族が年金の受給権者となります 受給権者となる順位は 第 3-9 表の 受給権の順位 のとおりで 同順位者が2 人以上あるときは それぞれ受

※平成27年9月30日以前に支給すべき事由の生じた施行日前の期間に係る遺族補償年金 については従前の例によります。 ⑼ 遺族補償年金の支払停止 年金の受給権者が1年以上所在不明である場合には、同順位者(同順位者がないときは次順位 者)の申請によって、その所在が明らかでない間、年金の支給が停止されます(法第 35 条) 。 支給停止申請は、受給権者の所在が、基金及び受給権者の同順位者又は次順位者のいずれにも 知れなくなった日から引き続い1年以上その状態が継続いる場合に遺族補償年金支給停止 申請書(様式第 20 号)を基金に提出することにより行われ、支給停止の申請により所在不明とな っている受給権者及びその者と生計を同じくいた受給資格者に係る年金の支給が停止され、 その者の同順位者(同順位者がないときは次順位者)が最先順位者となり、その支給が停止され た月の翌月からこれらの者が年金の支給を受けることとなります。
さらに見せる

26 さらに読み込む

2. 繰上げ受給と繰下げ受給 65 歳から支給される老齢厚生年金と老齢基礎年金は 本人の選択により6~64 歳に受給を開始する 繰上げ受給 と 66 歳以降に受給を開始する 繰下げ受給 が可能である 繰上げ受給 を選択した場合には 繰上げ1カ月につき年金額が.5% 減額される 例えば 支給 開始年齢

2. 繰上げ受給と繰下げ受給 65 歳から支給される老齢厚生年金と老齢基礎年金は 本人の選択により6~64 歳に受給を開始する 繰上げ受給 と 66 歳以降に受給を開始する 繰下げ受給 が可能である 繰上げ受給 を選択した場合には 繰上げ1カ月につき年金額が.5% 減額される 例えば 支給 開始年齢

5 厚生労働省「簡易生命表」 (2016 年)による。 6 繰下げ受給で年金額が増額されることにより、医療保険や介護保険の自己負担割合が上がることがある。医療費は 70 歳以上は原則 2 割負担、75 歳以上は原則 1 割負担であるが、現役並み所得者(単身世帯で年金収入等が 383 万円以上) は現役世代と同じ 3 割負担である。介護保険は原則 1 割負担だが、一定以上所得者は 2 割負担(単身世帯で年金収入等 が 280 万円以上)であり、2018 年 8 月からは 2 割負担者のうち特に所得の高い層(同 340 万円以上)は 3 割負担となる。
さらに見せる

6 さらに読み込む

新規裁定当該期間 ( 月又は年度 ) 中に新たに裁定され 年金受給権を得た者が対象であり 年金額については裁定された時点で決定された年金額 ( 年額 ) となっている なお 特別支給の老齢厚生年金の受給権者が65 歳に到達した以降 老齢基礎年金及び老齢厚生年金 ( 本来支給もしくは繰下げ支給 ) を

新規裁定当該期間 ( 月又は年度 ) 中に新たに裁定され 年金受給権を得た者が対象であり 年金額については裁定された時点で決定された年金額 ( 年額 ) となっている なお 特別支給の老齢厚生年金の受給権者が65 歳に到達した以降 老齢基礎年金及び老齢厚生年金 ( 本来支給もしくは繰下げ支給 ) を

新規裁定 当該期間(月又は年度)中に新たに裁定され、年金受給権を得た者が対象であり、年金額について は裁定された時点で決定された年金額(年額)となっいる。 なお、特別支給の老齢厚生年金の受給権者が65歳に到達た以降、老齢基礎年金及び老齢厚生年金 (本来支給もしくは繰下げ支給)を受給するようになった場合は、老齢基礎年金及び老齢厚生年金(本 来支給もしくは繰下げ支給)ともに新規裁定には計上いない。
さらに見せる

5 さらに読み込む

Q1. 特別児童扶養手当ってどんなものですか? 児童の福祉増進を図るため 身体や精神に障害のある 20 歳未満の児童を養育する父母 または父母に代わって養育している人が受給できる手当です ここでの養育の基準は 児童を監護し 生計を維持していることを指します Q2. どの程度の障害だと該当しますか?

Q1. 特別児童扶養手当ってどんなものですか? 児童の福祉増進を図るため 身体や精神に障害のある 20 歳未満の児童を養育する父母 または父母に代わって養育している人が受給できる手当です ここでの養育の基準は 児童を監護し 生計を維持していることを指します Q2. どの程度の障害だと該当しますか?

市外から転入た場合、前住地で特別児童扶養手当を受給されいた場合は、新たに申 請等の作業は必要なく、変更届を提出いただきます。なお、手続きの際は、前住地で の証書を忘れずにお持ちください。 まず、特別児童扶養手当に関しては、20 歳に到達すると資格を喪失するため、資格喪失 の手続き(資格喪失届の提出)と証書の返還を行っいただきます。また、20 歳に到達 ますと、別の手当や年金等の対象年齢になりますので、ご相談ください。
さらに見せる

6 さらに読み込む

2 ご本人の氏名 性別 生 電話番号をご記入のうえ 必ず押印してください 国税通則法第 124 条の規定により押印しなければなりません 成年後見人が記載する場合は 受給者氏名 を記入し 受給者の印 ( ない場合は成年後見人の印 ) を押してください ( 表面差出人欄には成年後見人の 住所 氏名 をご

2 ご本人の氏名 性別 生 電話番号をご記入のうえ 必ず押印してください 国税通則法第 124 条の規定により押印しなければなりません 成年後見人が記載する場合は 受給者氏名 を記入し 受給者の印 ( ない場合は成年後見人の印 ) を押してください ( 表面差出人欄には成年後見人の 住所 氏名 をご

※「扶養親族(16歳未満)」欄は、地方税法第45条の3の3及び第317条の3の3の規定による「公的年金等 受給者の扶養親族申告書」の記載欄を兼ねいます。 「控除対象扶養親族(16歳以上)」欄及び「扶養親族(16歳未満)」欄に記入する『扶養親族』と は、受給者本人と生計を一にする配偶者以外の親族で、所得のない方または平成29年中の所 得の見積額が38万円以下の方のことをいいます。

15 さらに読み込む

3 補助金額等 交付対象機器 交付要件 補助金の交付額 太陽電池容量が1キロワット以上のもので 住宅の屋根等への設置に適しているもの 電力会社と系統連系( 余剰電力を商用電力に送電できるようにしていること ) に伴う 5 万円 太陽光発電システム 電力受給契約を自ら又は同一世帯の方が締結している場合

3 補助金額等 交付対象機器 交付要件 補助金の交付額 太陽電池容量が1キロワット以上のもので 住宅の屋根等への設置に適しているもの 電力会社と系統連系( 余剰電力を商用電力に送電できるようにしていること ) に伴う 5 万円 太陽光発電システム 電力受給契約を自ら又は同一世帯の方が締結している場合

代理人が申請する場合は、申請者本人が記入た委任状 建物の所有者が申請者以外の場合は、所有者の承諾書 機器の設置場所は、申請者が居住、住民登録等をされいる市内の住宅ですか。 店舗併用住宅に設置する場合は、電力会社と個人名で受給契約を結ぶことができますか。 『太陽電池の最大出力』には、太陽電池モジュールの公称最大出力の合計値を記入くださ い。小数点以下2位未満を四捨五入ください。
さらに見せる

7 さらに読み込む

駿河区役所版 [ 婚姻や離婚等による [ 氏名変更 ] 平成 30 年 4 月 p. 2 児童手当受給者及び児童の 受給者が届け出てください 認印 ( スタンプ印は不可 ) 受給者が氏名変更の場合には 新しい氏名の受給者名義の普通預金通帳 身分証 婚姻や離婚により児童手当受給者の配偶者が監護 養育す

駿河区役所版 [ 婚姻や離婚等による [ 氏名変更 ] 平成 30 年 4 月 p. 2 児童手当受給者及び児童の 受給者が届け出てください 認印 ( スタンプ印は不可 ) 受給者が氏名変更の場合には 新しい氏名の受給者名義の普通預金通帳 身分証 婚姻や離婚により児童手当受給者の配偶者が監護 養育す

・世帯主の氏名が変わる場合は、「加入者全員の国民健康保険証」が必要です。(7 0歳以上で「高齢受給者証」をお持ちの方は、合わせ持参ください。) ・「限度額適用・標準負担額減額認定証」、「特定疾病療養受療証」(お持ちの方) ・届人の「本人確認書類(運転免許証、パスポート等)」

5 さらに読み込む

基本手当の受給手続きの流れ 離 職 ご注意ください! 偽りその他不正の行為によって求職者給付を受け または受けようとした場合は不正受給として厳しい処分が行われます ( 例 : 就職 就労の不申告 自営 自営の準備の不申告等 ) 求職の申込みと受給資格の決定 受給手続きをする本人が 必要書類 ( 表紙

基本手当の受給手続きの流れ 離 職 ご注意ください! 偽りその他不正の行為によって求職者給付を受け または受けようとした場合は不正受給として厳しい処分が行われます ( 例 : 就職 就労の不申告 自営 自営の準備の不申告等 ) 求職の申込みと受給資格の決定 受給手続きをする本人が 必要書類 ( 表紙

⑧ 雇用保険の被保険者資格を取得いること。 ⑨ 再就職手当の支給申請後一定の期間が経過する前に離職たものでないこと。 ― 8 ― ― 9 ― 65 歳未満の方に支給される特別支給の老齢厚生年金・退職共済年金と雇用保険の基 本手当は同時には受けられません。基本手当を受給するために求職の申込みをすると、 基本手当の受給が終了するまでの期間、老齢厚生年金・退職共済年金が全額支給停止 になります。
さらに見せる

16 さらに読み込む

行わなかった (2) 原告は 前記予定を変更して 繰下げ受給を受けるのではなく 本来支給を受けられる増額のない年金を遡って受給することとし 平成 24 年 8 月 16 日 国民年金 厚生年金保険老齢基礎厚生年金請求書 (65 歳支給 ) を提出して 厚生労働大臣に対し 本件各年金の給付裁定の請求を

行わなかった (2) 原告は 前記予定を変更して 繰下げ受給を受けるのではなく 本来支給を受けられる増額のない年金を遡って受給することとし 平成 24 年 8 月 16 日 国民年金 厚生年金保険老齢基礎厚生年金請求書 (65 歳支給 ) を提出して 厚生労働大臣に対し 本件各年金の給付裁定の請求を

札幌西税務署長が、平成25年3月27日付けで原告に対してた原告の平成21年分、同2 2年分及び同23年分の所得税に係る延滞税の各督促処分をいずれも取り消す。 第2 事案の概要 本件は、原告が、平成21年分ないし同23年分(以下「本件各年分」という。 )の老齢基礎 年金及び老齢厚生年金(以下「本件各年金」という。 )を一括で受給、本件各年金を本件各年 分の雑所得とする所得税の修正申告を行っ、当該修正申告により納付すべきこととなった所得 税を納付たところ、札幌西税務署長(以下「処分行政庁」という。)において、前記所得税に 係る延滞税(以下「本件各延滞税」という。)の納付も要するとして、平成25年3月27日付 け督促状を発付し本件各延滞税の納付を督促たところ(以下「本件各督促処分」という。)、 原告が、本件各延滞税の納付義務を争い、本件各督促処分の取消しを求めた事案である。 1 前提事実(争いのない事実及び弁論の全趣旨より認められる事実)
さらに見せる

11 さらに読み込む

被保護世帯数 被保護人員 保護率の年次推移 生活保護受給者数は約 216 万人であり 平成 23 年に過去最高を更新して以降増加傾向が続いている 260 ( 万 ) 2.50 被保護世帯数 ( 世帯 ) 被保護人員 ( 人 )

被保護世帯数 被保護人員 保護率の年次推移 生活保護受給者数は約 216 万人であり 平成 23 年に過去最高を更新して以降増加傾向が続いている 260 ( 万 ) 2.50 被保護世帯数 ( 世帯 ) 被保護人員 ( 人 )

○ 法の対象となる「生活困窮者」とは、「現に経済的に困窮、最低限度の生活を維持することができなくなるおそれのある者」(法第2条第1項) である。(※ただし、モデル事業においては、生活保護受給者も含め対応することといる。 ) ○ その上で、住居確保給付金、就労準備支援事業、一時生活支援事業については、具体的な所得・資産要件を定めることといるが、自立相談 支援事業においては、相談事業の性格上、所得・資産に関する具体的な要件を設けるものではなく、複合的な課題を抱える生活困窮者が「制度の 狭間」に陥らないよう、できる限り幅広く対応することが必要である。(※また、生活困窮者の中には、社会とのつながりが薄れ、自らサービスにアク セスできない者も多いことから、対象者の把握は、アウトリーチも含め早期支援につながるよう配慮することが重要である。)
さらに見せる

30 さらに読み込む

注意 老齢年金受給者および障害年金受給者 ( 掛金の拠出を継続して行っている加入者を除く ) の 年金計画変更 の手続きについては 運用指図者サービス として 三井住友信託確定拠出年金コールサービス で承ります 三井住友信託確定拠出年金コールサービス へ連絡するよう年金受給者本人へ案内してください

注意 老齢年金受給者および障害年金受給者 ( 掛金の拠出を継続して行っている加入者を除く ) の 年金計画変更 の手続きについては 運用指図者サービス として 三井住友信託確定拠出年金コールサービス で承ります 三井住友信託確定拠出年金コールサービス へ連絡するよう年金受給者本人へ案内してください

ここでは、年金計画変更が可能なケースについて説明ます。 (1)年金計画変更を行うことができるケース ①個人別管理資産額が過少となった場合〔過少変更〕(老齢年金・障害年金共通) 老齢年金または障害年金の支給開始後に個人別管理資産額が過少となり、年金支給期間の全期間にわ たって年金を受給することが困難になった場合には、全期間にわたって年金を受給することができるよう 年金額を変更することが可能です。これを「過少変更」といいます。「過少」とは「個人別管理資産が当初 予想額 ※ の2分の1以下になったこと」をいいます。
さらに見せる

18 さらに読み込む

17 公的年金保険の給付の種類 公的年金保険の給付の種類 1 理解し伝えるべき項目 (1) 公的年金保険の給付は3 種類ある その3 種類が生きていく上でのリスクに対する大きな保障となっている 年を取ったら受給する 老齢年金 障害の状態にあるときに受給する 障害年金 死亡してしまった場合に遺族が受給

17 公的年金保険の給付の種類 公的年金保険の給付の種類 1 理解し伝えるべき項目 (1) 公的年金保険の給付は3 種類ある その3 種類が生きていく上でのリスクに対する大きな保障となっている 年を取ったら受給する 老齢年金 障害の状態にあるときに受給する 障害年金 死亡してしまった場合に遺族が受給

老齢・障害・死亡といった事由が発生たときに国民年金に加入 いるのか、あるいは厚生年金に加入いるのかなどによって受給 する給付の内容も異なっくる。 (5)老齢年金は、原則 65 歳になったときに受給開始となる。受給資格 期間(平成 29 年8月より 25 年から 10 年に短縮)を満たしいれば、 老齢基礎年金は原則全ての人に支給される。 年金額は保険料納付期間 等の長さによって決まるが、満額で約 78 万円である。会社員や公務 員など厚生年金に加入いた期間がある人は、加入期間と給与・賞 与の平均額によって老齢厚生年金も合わせ支給される。
さらに見せる

6 さらに読み込む

1. 児童扶養手当を受給できる方 手当を受けることができる方は 下記 1から9の手当の受給要件にあてはまる児童を監護している母又は監護し かつ生計を同じくする父 あるいは母又は父にかわってその児童を養育している方です なお この制度でいう 児童 とは 18 歳に達する日以後最初の3 月 31 日まで

1. 児童扶養手当を受給できる方 手当を受けることができる方は 下記 1から9の手当の受給要件にあてはまる児童を監護している母又は監護し かつ生計を同じくする父 あるいは母又は父にかわってその児童を養育している方です なお この制度でいう 児童 とは 18 歳に達する日以後最初の3 月 31 日まで

 次のような場合は、 手当の資格がなくなりますので速やかに手続きをください。  届出をないで手当を受けいますと受給資格のなくなった月の翌月分から受給 ていた手当は、全額返還いただくことになります。  新たに公的年金等を受給できるようになった、 又は受給できなくなったときは、 児童扶養手当額が変更となりますので、速やかに届け出ください。さかのぼっ 公的年金を受給された場合は、手当の返還が必要となります。
さらに見せる

8 さらに読み込む

1. 特別児童扶養手当を受給できる方 手当を受けることができる方は 20 歳未満の 身体または精神に重度又は中度以上の障害のある児童を監護している父母 ( 主として児童の生計を維持するいずれか一人 ) あるいは父母にかわってその児童を養育する ( 児童と同居し 監護し 生計を維持する ) 方です た

1. 特別児童扶養手当を受給できる方 手当を受けることができる方は 20 歳未満の 身体または精神に重度又は中度以上の障害のある児童を監護している父母 ( 主として児童の生計を維持するいずれか一人 ) あるいは父母にかわってその児童を養育する ( 児童と同居し 監護し 生計を維持する ) 方です た

 請求者(本人)又は配偶者及び扶養義務者(同居いる請求者の父母・兄弟姉妹 など)に次頁の所得制限限度額表の扶養親族等の数に応じた金額以上の所得がある場 合は、受給資格があっも手当は支給されません。 手当を受けることができる方は、20歳未満の、身体または精神に重度又は中度以上の 障害のある児童を監護いる父母(主として児童の生計を維持するいずれか一人)ある いは父母にかわっその児童を養育する(児童と同居、 監護、生計を維持する)方です。
さらに見せる

8 さらに読み込む

収入に関する証明書類の見方 源泉徴収票の見方 地震保険料 住宅借入金等 の 控 除 額 特別控除の額 注 上記の見方を参考にされる方は 前年1月1日以前から引続き勤務している方のみです 年金振込通知書の見方 この金額を6倍すると 年間受給額となります また2種類以上受給している場合は その合計額です

収入に関する証明書類の見方 源泉徴収票の見方 地震保険料 住宅借入金等 の 控 除 額 特別控除の額 注 上記の見方を参考にされる方は 前年1月1日以前から引続き勤務している方のみです 年金振込通知書の見方 この金額を6倍すると 年間受給額となります また2種類以上受給している場合は その合計額です

ふれあいシルバーハウジングとは、シルバーハウジングの内容に加え、高齢者が不安に陥ることのないよ う日常生活において、自然な形で人と人とが触れ合うことのできる共同居住型住宅です。個人の住宅の他 に、食事や団らんなど共同の生活の場として「団らん室」をもつ住宅です。入居者が団らん室でさまざま な活動に取り組むことでお互いに仲良くなり、活動的に、安心暮らせることをめざしいます。 「シルバーハウジング」と同様に、設備・仕様の面でも高齢者に配慮た住宅で、生活援助員による緊急
さらに見せる

31 さらに読み込む

Show all 10000 documents...