危険因子である

Top PDF 危険因子である:

はじめに糖尿病は冠動脈疾患の危険因子である 糖尿病があると心血管系事故のリスクは3 倍 心筋梗塞の既往が加わるとそのリスクは10 倍程度に跳ね上がることが知られている そして 糖尿病に合併する心血管疾患は重症である場合が多い 反対に 糖尿病症例にとっても冠動脈疾患は主な死亡原因の一つである 糖尿病は

はじめに糖尿病は冠動脈疾患の危険因子である 糖尿病があると心血管系事故のリスクは3 倍 心筋梗塞の既往が加わるとそのリスクは10 倍程度に跳ね上がることが知られている そして 糖尿病に合併する心血管疾患は重症である場合が多い 反対に 糖尿病症例にとっても冠動脈疾患は主な死亡原因の一つである 糖尿病は

はじめに  糖尿病は冠動脈疾患の危険因子ある。糖尿病があ ると心血管系事故のリスクは3倍、心筋梗塞の既往が加 わるとそのリスクは10倍程度に跳ね上がることが知ら れている。そして、糖尿病に合併する心血管疾患は重 症ある場合が多い。反対に、糖尿病症例にとっても冠 動脈疾患は主な死亡原因の一つある。糖尿病はもと より、その予備軍とされる耐糖能異常(impaired glucose tolerance:IGT)を有する症例数は増加の一途をたどって おり、冠動脈疾患への対策は喫緊の課題ある。しかし ながら、医師、患者とも冠動脈心疾患に対する意識はあ まり高くないのが現状ある。その理由として、糖尿病 症例は狭心痛などの自覚症状が乏しいことに加え、冠動 脈疾患の診断をするための適切な方法がなかったことが 挙げられる。最近、注目されているのが64列以上の多列 MDCTある。これにより冠動脈狭窄とともに、冠動 脈プラークの評価も可能となった。本稿は、IGT、糖 尿病における冠動脈疾患の病態とその診断、リスク層別 化におけるMDCTの役割に関して述べる。
さらに見せる

13 さらに読み込む

エビデンスに基づく CKD 診療ガイドライン 2009 解説 1 CKD は末期腎不全の危険因子である 1. 腎機能低下は末期腎不全の危険因子である CKD 4, 5 CKD 17 CKD 3 CKD CKD 3 8, 38 2 GFR 1 Iseki , Cr

エビデンスに基づく CKD 診療ガイドライン 2009 解説 1 CKD は末期腎不全の危険因子である 1. 腎機能低下は末期腎不全の危険因子である CKD 4, 5 CKD 17 CKD 3 CKD CKD 3 8, 38 2 GFR 1 Iseki , Cr

の腎機能の場合,腎機能低下のリスクが高い 8) . 解 説 2.蛋白尿は末期腎不全の危険因子ある.  CKD の診断の第 1 項目ある腎障害の定義は, 蛋白尿(アルブミン尿),血尿,組織学的あるいは 画像診断上の腎障害が 3 カ月以上持続すること, とされる.なかでも蛋白尿の存在は腎障害の定義 のなかは最も重要な所見と考えられている.  蛋白尿が末期腎不全の危険因子あることは多 くの研究示されている.実際に末期腎不全に至 る患者を観察する場合には,長い時間がかかるた め研究数は少ないが,末期腎不全をエンドポイン
さらに見せる

13 さらに読み込む

しても 高齢期の難聴が約 8 年後の認知機能低下への危険因子であることが示唆された 名古屋大学耳鼻いんこう科を受診したメニエール病患者と NILS-LSA に参加した一般住民 ( コントロール群 ) との間で発症リスクを遺伝子多型の面から検討した 多重ロジステイック回帰分析による解析では GP1a(

しても 高齢期の難聴が約 8 年後の認知機能低下への危険因子であることが示唆された 名古屋大学耳鼻いんこう科を受診したメニエール病患者と NILS-LSA に参加した一般住民 ( コントロール群 ) との間で発症リスクを遺伝子多型の面から検討した 多重ロジステイック回帰分析による解析では GP1a(

【耳鳴に関する研究】NILS-LSA の第 4 次調査(2004~2006 年)に参加し、聴力 検査や耳鳴の問診などのデータに欠損のない 1623 名の男女、国立長寿医療研究 センターおよび名古屋第一赤十字病院を耳鳴を主訴として受診したそれぞれ 100 名、68 名の男女を対象とした。NILS-LSA では耳鳴の有無については「常に ある」「たまにある」のどちらかに○をつけたものを耳鳴有、「なし」に○をつ

8 さらに読み込む

1 CKD の診断と意義 CQ 1 CKD は末期腎不全の危険因子か? GFR の低下 (40~69 歳で 50 ml/ 分 /1.73 m 2 未満,70~79 歳で 40 ml/ 分 /1.73 m 2 未満 ) と蛋白尿およびアルブミン尿は, 末期腎不全の危険因子である. 5

1 CKD の診断と意義 CQ 1 CKD は末期腎不全の危険因子か? GFR の低下 (40~69 歳で 50 ml/ 分 /1.73 m 2 未満,70~79 歳で 40 ml/ 分 /1.73 m 2 未満 ) と蛋白尿およびアルブミン尿は, 末期腎不全の危険因子である. 5

 KDIGO 重症度分類(2011 年版)は,ステージ 3 を G3a と G3b に分けている.CKD の治療としてス テージ G3a と G3b 大きく方針が変わることはな い.従来のステージ 3 を GFR 45 mL/ 分/1.73 m 2 を 境に 3a と 3b に分割した根拠は,GFR 45 mL/ 分/ 1.73 m 2 未満は CKD に関連するさまざまなリス ク,すなわち全死亡,心血管死亡,末期腎不全への 進行および急性腎障害の罹患率が急激に増加するた めある 1) .さらに尿毒症に伴う合併症も,eGFR 45 mL/ 分/1.73 m 2 未満発症し始める 2) .eGFR 15~ 30 mL/ 分/1.73 m 2 のステージ G4 の時点は,す に高血圧症が 75%,貧血が 50%,二次性副甲状腺機 能亢進症,高リン血症,アシドーシスが 20%,そし て低カルシウム血症,低アルブミン血症が 5~10% に認められる a) .これら合併症がステージ G3b の時 期に進行することを考えると,ステージ 3 の分割は 合併症の管理に有効と考えられる.CKD において は早期の専門医への紹介が勧められており 3,4) ,ス テージ 3 をステージ G3a と G3b に分割することによ り,CKD 患者が適切かつ早期に腎臓専門医に紹介 されることにつながるものと考えられる.
さらに見せる

14 さらに読み込む

エビデンスに基づく CKD 診療ガイドライン 2013 MetS と CKD の関連性の例外として,CKD ステージ G4,G5 の症例では MetS は CKD 進展の危険因子ではないこと 11), 横断研究にて, 閉経前女性では MetS は CKD と相関しないこと 12) が報告されており,

エビデンスに基づく CKD 診療ガイドライン 2013 MetS と CKD の関連性の例外として,CKD ステージ G4,G5 の症例では MetS は CKD 進展の危険因子ではないこと 11), 横断研究にて, 閉経前女性では MetS は CKD と相関しないこと 12) が報告されており,

コホート研究に基づき,MetS の eGFR 60 mL/ 分/ 1.73 m 2 以下への低下リスクをランダム効果モデル 解析したオッズ比は 1.55[CI:1.34—1.79]あっ た.MetS の 5 項目(血圧,空腹時血糖,高中性脂肪 血症,低 HDL 血症,肥満)は個々が独立して eGFR 低下と相関し,該当 MetS 項目数の増加とともに腎 機能低下との相関は強くなる.同様に,3 本のコ ホート研究に基づき,MetS が蛋白尿またはアルブ ミン尿の危険因子あると結論された.MAGIC 研 究 2) では,MetS とアルブミン尿の合併が腎機能低下
さらに見せる

6 さらに読み込む

糖尿病の合併症最近の話題糖尿病血管症抑制のためのトリグリセライドコントロ 糖尿病は慢性的な高血糖が確認された 際に診断する疾患である しかしその病態 は単に糖代謝の異常にとどまらず 血清脂 質や血圧の異常を高頻度に伴う そして それらのいずれもが血管症の危険因子で ある これまで種々の大規模臨床試験

糖尿病の合併症最近の話題糖尿病血管症抑制のためのトリグリセライドコントロ 糖尿病は慢性的な高血糖が確認された 際に診断する疾患である しかしその病態 は単に糖代謝の異常にとどまらず 血清脂 質や血圧の異常を高頻度に伴う そして それらのいずれもが血管症の危険因子で ある これまで種々の大規模臨床試験

療に役立ちそうな情報があります。  例えば、合併症のことを「何かの病気と 一緒に必ず起こる病気」と誤解している 人が28.8%、「偶然に起こる病気」との誤 解は31.1%に上るとのこと。糖尿病教室 「糖尿病は合併症を防ぐために治療を続 ける必要があります。それには食事療法 と運動療法、それに…」などと始めても、 一番最初の時点すでに、半数以上の人 が正確に理解できていないかもしれない のです。そのまま説明を続けても・・・  本書はこのような医療の専門用語の わかりすい言い換え方法を〈まずこれだ けは〉 〈少し詳しく〉 〈時間をかけてじっく りと〉の3段階に分けて紹介しています。 ちなみに合併症の〈まずこれだけは〉は 「ある病気が原因となって起こる別の病 気」、〈少し詳しく〉の場合…。紙幅が尽き てしまいました。続きは本書や上記ホー ムページをご覧ください。
さらに見せる

7 さらに読み込む

1. はじめに ステージティーエスワンこの文書は Stage Ⅲ 治癒切除胃癌症例における TS-1 術後補助化学療法の予後 予測因子および副作用発現の危険因子についての探索的研究 (JACCRO GC-07AR) という臨床研究について説明したものです この文書と私の説明のな かで わかりにくいと

1. はじめに ステージティーエスワンこの文書は Stage Ⅲ 治癒切除胃癌症例における TS-1 術後補助化学療法の予後 予測因子および副作用発現の危険因子についての探索的研究 (JACCRO GC-07AR) という臨床研究について説明したものです この文書と私の説明のな かで わかりにくいと

、わかりにくいところや説明が不十分あると思われるところがあるかも知れま せん。わからないところは遠慮なくお尋ねください。 この研究は「特定非営利活動法人 日本がん臨床試験推進機構」 (以下、JACCRO ジ ャ ク ロ ) の倫理審査委員会、この研究を実施することが医学の進歩に役立つか、患者さんが

8 さらに読み込む

どであり, 着衣や体型による影響も否定できない. 本研究の目的は,ACL 損傷患者を後ろ向きに調査し,ACL 損傷に至る特徴をまとめ, 下肢 X 線画像から骨解剖学的危険因子を特定することである なお, 本研究は長崎大学病院臨床研究倫理委員会の承認を得て行った ( 承認番号 : ).

どであり, 着衣や体型による影響も否定できない. 本研究の目的は,ACL 損傷患者を後ろ向きに調査し,ACL 損傷に至る特徴をまとめ, 下肢 X 線画像から骨解剖学的危険因子を特定することである なお, 本研究は長崎大学病院臨床研究倫理委員会の承認を得て行った ( 承認番号 : ).

p)MH/W,q)LH/W 過去に ACL 損傷と顆間隆起の形状に関する 報告は認められない.今回,MH/W,LH/W は, ともに ACL 群が有意に大きいという結果あった. 本研究の結果より,ACL 群は下肢のアライメント が外反位あり,かつ顆間距離が拡大して骨性 安定化が不十分あることから,不安定性を制 動する十字靭帯に慢性的なストレスが加わって いると考えられる.従って,ACL の付着部ある 顆間隆起が牽引され,徐々に骨棘状に延長した とも考えられる.
さらに見せる

7 さらに読み込む

1 疫学用語の基礎知識 目次 疫学記述疫学分析疫学 横断研究と生態学的研究症例対照研究コホート研究介入研究無作為割付二重盲検法システマティック レビュー 偶然誤差系統誤差選択バイアス情報バイアス交絡バイアス交絡因子因果関係 有病率と罹患率相対危険寄与危険と寄与危険割合オッズ比 母集団と標本検定推定回

1 疫学用語の基礎知識 目次 疫学記述疫学分析疫学 横断研究と生態学的研究症例対照研究コホート研究介入研究無作為割付二重盲検法システマティック レビュー 偶然誤差系統誤差選択バイアス情報バイアス交絡バイアス交絡因子因果関係 有病率と罹患率相対危険寄与危険と寄与危険割合オッズ比 母集団と標本検定推定回

疾病登録 ある疾病が発生した場合、それを診察した医師から衛生関係当局や自治体への患者の届出に基 づいて、登録が行われる。代表的なものに全国がん登録、脳卒中登録がある。 「がん登録等の推進に関する法律」に基づく「全国がん登録」は、居住地域にかかわらず全 国どこの医療機関診断を受けても、がんと診断された人のデータは都道府県に設置された 「がん登録室」を通じて集められ、国のデータベース一元管理される。分析された罹患率・ 進行度・生存率などのデータは、国のがん対策や都道府県の地域医療計画に生かされるほか、 がん検診が効果的に実施されているかどうかを知る手がかりとなったり、医師と患者が治療方 針を考える上重要な情報になる。
さらに見せる

37 さらに読み込む

バスケットボールにおけるスポーツ傷害の発生要因 予防要因に関する研究 松本崇司, 丸山友希夫, 山本久志 スポーツ傷害の予防は, スポーツを行う上で最も重要視されるべき課題の つである. 近年, 傷害発生の危険因子を導出し, 事前に予防策を講じることで, スポーツ傷害の発生率を減少させる取り組みがな

バスケットボールにおけるスポーツ傷害の発生要因 予防要因に関する研究 松本崇司, 丸山友希夫, 山本久志 スポーツ傷害の予防は, スポーツを行う上で最も重要視されるべき課題の つである. 近年, 傷害発生の危険因子を導出し, 事前に予防策を講じることで, スポーツ傷害の発生率を減少させる取り組みがな

3.2 ポアソン回帰分析による要因分析の方法 本論文は, ポアソン回帰分析の目的変数に各部位 ごとのバスケットボールにおけるスポーツ傷害の発 生件数を設定した. また, 説明変数の候補には, スポー ツ傷害の発生に関わる, 各トレーニングの強度, 気温, 練習時間中の温度変化, 気温の前日差, 練習時間と高 校別(ダミー変数)を設定し, Newton-Raphson法によ り選択し回帰式を導出した. ここ, 各トレーニング の内容, 練習時間および高校については, 2.2.1項にお いて述べた日報データに記載されている. また, ロジ スティック回帰分析と同様に, 気温については, 静岡 地方気象台のHP[8]に10分ごとに観測した気温が記載 されているため, 記載された値から練習時間中の平均 値を算出した. なお, 練習時間中の温度変化について は, 静岡地方気象台のHP[8]に記載されている10分ご との気温から練習時間中の最高気温と最低気温の差 を算出した. さらに, 気温の前日差については, 算出し た平均気温の値から同様に算出した前日の平均気温 の値を引くこと値を算出した.
さらに見せる

8 さらに読み込む

2. 重要な基本的注意めまい感があらわれることがあるので 本剤投与中の患者には自動車の運転等危険を伴う機械の操作及び高所での作業等に従事させないように注意すること 3. 相互作用併用注意 ( 併用に注意すること ) 薬剤名等臨床症状 措置方法機序 危険因子 カルシウム剤マグネシウム剤アルミニウム剤ラ

2. 重要な基本的注意めまい感があらわれることがあるので 本剤投与中の患者には自動車の運転等危険を伴う機械の操作及び高所での作業等に従事させないように注意すること 3. 相互作用併用注意 ( 併用に注意すること ) 薬剤名等臨床症状 措置方法機序 危険因子 カルシウム剤マグネシウム剤アルミニウム剤ラ

重大な副作用(頻度不明) 1) ショック、アナフィラキシー:ショック、アナフィラキ シーを起こすことがあるので、観察を十分に行い、不快 感、口内異常感、喘鳴、眩暈、便意、耳鳴、発汗、全身 潮紅、呼吸困難、血管浮腫(顔面浮腫、喉頭浮腫等)、意 識障害等の異常が認められた場合には投与を中止し、適 切な処置を行うこと。

5 さらに読み込む

2.5 臨床に関する概括評価 Bayer Yakuhin, Ltd. Page 1 of 臨床に関する概括評価の目次 製品開発の根拠 DMEの疾患背景 疫学 DME の危険因子... 7

2.5 臨床に関する概括評価 Bayer Yakuhin, Ltd. Page 1 of 臨床に関する概括評価の目次 製品開発の根拠 DMEの疾患背景 疫学 DME の危険因子... 7

治験対象眼の TEAE の発現頻度は、VTE 群は外国人集団と日本人集団ほぼ同程度あり、 レーザー治療群は日本人集団の方が低い傾向がみられた。レーザー治療群において、外国人集 団最も多くみられた事象は、視力検査異常(外国人集団 16.7%、日本人集団 4.0%)あり、 次いで視力低下(15.7%、0%)、網膜出血(9.3%、0%)あった。日本人集団のレーザー治 療群における治験対象眼の TEAE は、角膜炎(2 例、8.0%)以外はすべて 1 例のみにおける発現 あった。VTE 群において、外国人集団最も多くみられた事象は、結膜出血あり、外国人集 団の 2Q4 群及び 2Q8 群 19.1%及び 20.9%あり、日本人集団の 2Q4 群 38.5%及び 2Q8 群 32.0%あった。次いで比較的多く認められた事象は、網膜滲出物(外国人集団:3.6%及び 9.1%、日本人集団:3.8%及び 0%)、視力低下(外国人集団:4.5%及び 9.1%、日本人集団: 各 0%)、眼圧上昇(外国人集団:9.1%及び 4.5%、日本人集団:7.7%及び 4.1%)あった。 日本人集団最も多くみられた事象は結膜出血あり、次いで比較的多く認められた事象(2Q4 群と 2Q8 群の合計 3 例以上)は、角膜びらん(外国人集団:0.9%及び 2.7%、日本人集団: 7.7%及び 8.0%)、点状角膜炎(外国人集団:2.7%及び 4.5%、日本人集団:7.7%及び 4.0%)及び眼圧上昇あった。眼以外の TEAE の発現頻度は、外国人集団(63.0~70.9%)と日 本人集団(52.0~80.0%)顕著な差はみられなかったが、日本人集団の 2Q8 群における発現頻 度がやや高かった。外国人集団及び日本人集団最も多くみられた眼以外の TEAE は、いずれに おいても鼻咽頭炎(外国人集団:レーザー治療群 13.0%、2Q4 群 14.5%及び 2Q8 群 13.6%、日 本人集団:24.0%、34.6%及び 28.0%)あった。外国人集団比較的多くみられた眼以外の TEAE は、グリコヘモグロビン増加(外国人集団:3.7%、7.3%及び 3.6%、日本人集団:いずれ も 0%)、及び高血圧(外国人集団:15.7%、13.6%及び 15.5%、日本人集団:0%、3.8%及び 8.0%)あり、「臨床検査」に関する TEAE の発現頻度は全般的に日本人集団低い傾向がみら れた( 2.7.4.2.1.7 参照)。
さらに見せる

64 さらに読み込む

エビデンスに基づく CKD 診療ガイドライン 2013 CQ とステートメント 推奨グレードのまとめ 1 CKD の診断と意義 CQ 1 CKD は末期腎不全の危険因子か? GFR の低下 (40~69 歳で 50 ml/ 分 /1.73 m 2 未満,70~79 歳で 40 ml/ 分 /1.73

エビデンスに基づく CKD 診療ガイドライン 2013 CQ とステートメント 推奨グレードのまとめ 1 CKD の診断と意義 CQ 1 CKD は末期腎不全の危険因子か? GFR の低下 (40~69 歳で 50 ml/ 分 /1.73 m 2 未満,70~79 歳で 40 ml/ 分 /1.73

        副腎皮質ステロイド薬と免疫抑制薬の併用療法は,ステロイド抵抗性のネフ ローゼ症候群を呈する高齢者の巣状分節性糸球体硬化症の寛解導入に有効なため,推奨する.   高齢者ネフローゼ症候群は,易感染性や合併症,生命予後などを勘案して副腎皮質ステロ イド薬と免疫抑制薬の併用療法を避け,RA 系阻害薬や利尿薬投与などの保存的治療を選択する 場合もある

18 さらに読み込む

PCN だより 947 Field Editor からのコメント本論文は,DSM 5 のセクションⅢの 今後の研究のための病態 に取り上げられている, 確立途上にある インターネットゲーム障害 の有病率, 経過, 危険因子などに関する横断的あるいは前向き疫学研究をまとめたシステマティックレビューです

PCN だより 947 Field Editor からのコメント本論文は,DSM 5 のセクションⅢの 今後の研究のための病態 に取り上げられている, 確立途上にある インターネットゲーム障害 の有病率, 経過, 危険因子などに関する横断的あるいは前向き疫学研究をまとめたシステマティックレビューです

インターネット使用障害の治療とリスク因子  近年インターネット機器の普及に伴い,多くの若者 がインターネット使用障害(IUD)に罹患しつつある. IUD は世界中深刻な健康・社会問題を引き起こし ている.医療機関や教育機関などは IUD に対して治 療的・予防的かかわりを模索している.多くの場合, IUD の治療目標は適切なインターネット使用とされ ている.IUD に対する心理社会療法(認知行動療法, 家族療法,複合的な心理社会療法など),依存精神疾患 や発達障害に対する薬物療法(抗うつ薬や中枢神経刺 激薬など)は IUD の程度や症状の軽減に有効あると 報告されている.いくつかの国々は IUD の青少年に 治療キャンプが行われ,予防的教育が実施され,IUD の重症度軽減に有効となっている.将来の IUD 発症の リスク因子(男性,ADHD,精神症状の悪化など)が Field Editor からのコメント
さらに見せる

5 さらに読み込む

ウエマツ創研の書籍 超まとめ 参考書 第0回 はり師 きゅう師 国家試験問題 9 がんと危険因子との組み合わせで正しいのはどれか 1 胃がん 高蛋白食 2 乳がん 授乳 3 子宮頚がん ヒトパピローマウイルス 4 肺がん 肥満

ウエマツ創研の書籍 超まとめ 参考書 第0回 はり師 きゅう師 国家試験問題 9 がんと危険因子との組み合わせで正しいのはどれか 1 胃がん 高蛋白食 2 乳がん 授乳 3 子宮頚がん ヒトパピローマウイルス 4 肺がん 肥満

第20回 はり師・きゅう師 国家試験問題 http://www.ue-labo.jp/pub/p_lesson.html あはきのパーソナルレッスン「個別指導」 44.痛覚に関する記述正しいのはどれか。 1.受容器は自由神経終末ある。 2.関連痛は皮膚の炎症生じる。 3.鋭い痛みはC線維伝えられる。 4.順応しやすい。

21 さらに読み込む

腎がん はじめに 腎臓は 肋骨の下端の高さで背部にある臓器で 尿を造ったり 血圧を調節するホルモンや造血に関するホルモンを産生したりしています 腎がんは主に腎臓の近位尿細管上皮を由来とするがんで 50 歳代から70 歳代で発生することが多く 女性よりも男性に多く見られます その危険因子としては肥満や

腎がん はじめに 腎臓は 肋骨の下端の高さで背部にある臓器で 尿を造ったり 血圧を調節するホルモンや造血に関するホルモンを産生したりしています 腎がんは主に腎臓の近位尿細管上皮を由来とするがんで 50 歳代から70 歳代で発生することが多く 女性よりも男性に多く見られます その危険因子としては肥満や

は じめに 腎臓は、肋骨の下端の高さ背部に ある臓器、尿を造ったり、血圧を調 節するホルモンや造血に関するホルモ ンを産生したりしています。腎がんは 主に腎臓の近位尿細管上皮を由来とす るがん、50歳代から70歳代発生す ることが多く、女性よりも男性に多く 見られます。その危険因子としては肥 満や喫煙が挙げられ、喫煙は腎がんの リスクを2倍にするといわれていま す。北欧罹患率が高く、乳製品の消 費量と相関しているとの報告もありま す。また、フォン・ヒッペル・リンド ウ(von Hippel-Lindau、VHL)病や 結節硬化症、多発性嚢胞腎(たはつせ いのうほうじん)をもつ患者は、腎 がんの発生が多くなることが報告され ています。
さらに見せる

28 さらに読み込む

急性冠症候群患者における長期のアテローム血栓性イベント発症の危険因子に関する研究

急性冠症候群患者における長期のアテローム血栓性イベント発症の危険因子に関する研究

審査担当者より下記の質問や意見があった。①フォローアップ期間が 2 年間と比較的短 く設定されている点について。②先行研究 HbA1c 値と MACCE について検討されていない のか。③厳格な血糖管理が予後を悪化させるとの先行研究も存在するが、本研究の結果を ふまえ今後の血糖管理をどのように考えるか。④入院時の調査項目と 1 年時の調査項目を 同時に含めて多変量解析を行っているが問題とならないか。⑤多変量解析を 2 つ行った意 義は何か。⑥学術論文の図 3、ROC 解析の AUC が 0.65 と低いがどのように考えるか。⑦学 術論文の図 4、 生存曲線打ち切りまで 500 日を超えている症例が存在するが適切か。⑧入 院時と 1 年目の HbA1c 、MACCE の発症にどちらがより影響していたか。⑨登録患者 PCI 及び CABG を施行した患者はどの程度か。PCI を施行した患者のみに限定して解析を行った 方が望ましくないか。また、冠動脈病変の違いは予後に影響していないか。⑩治療の結果 HbA1c が低くコントロールされている群と、 元々高くない群とは意味が異なると思われる が、そのような検討は行ったか。
さらに見せる

1 さらに読み込む

密接な関連性を持つ AF と心不全 筒井 AF は心不全の主要な合併症の 1 つであり, わ が国では心不全患者の約 40% が AF を合併していると みられています 1) AF は心不全の発症 増悪の危険 因子 2), 心不全は AF 発症の危険因子 2, 3) として両者は 密接に関連し合って

密接な関連性を持つ AF と心不全 筒井 AF は心不全の主要な合併症の 1 つであり, わ が国では心不全患者の約 40% が AF を合併していると みられています 1) AF は心不全の発症 増悪の危険 因子 2), 心不全は AF 発症の危険因子 2, 3) として両者は 密接に関連し合って

筒井 アピキサバンが話題に上ったところ,同薬 の国際共同第Ⅲ相臨床試験あるアリストテレス試 験の結果についてご解説いただけますか。 鈴木 本試験は,脳卒中危険因子を1つ以上有する 非弁膜症性AF患者約1万8,000例を対象とし,アピキ サバンとワルファリンの有効性と安全性について比較 検討したランダム化二重盲検試験です。有効性,安 全性の主要評価項目ある脳卒中および全身性塞栓 症の発症率と大出血の発現率は,前者がワルファリ ン群1.60%/年に対しアピキサバン群1.27%/年(ハザー ド比0.79:P=0.01,Cox比例ハザードモデル),後者 がワルファリン群3.09%/年に対しアピキサバン群 2.13%/年(ハザード比0.69:P<0.001,同)あり,ワ ルファリンに対するアピキサバンの優越性が認められ ました。また全死亡は,ワルファリン群3.94%/年に対 しアピキサバン群3.52%/年(ハザード比0.89:P= 0.047,同)と,有意に低率でした。さらに同試験のサ ブグループ解析は,脳卒中および全身性塞栓症の 発症率,大出血の発現率について,75歳以上の高齢 者や体重60kg未満,腎機能低下例もアピキサバン の有用性が示されました 8) 。わが国は65歳以上が人口
さらに見せる

6 さらに読み込む

高齢耐糖能異常者の糖尿病発症率とその危険因子に関する検討

高齢耐糖能異常者の糖尿病発症率とその危険因子に関する検討

1.109-58.987,p=0.039)が 5 年間の糖尿病発症の独立 した危険因子あった(Table 2). FPG110 mg/dl 以 上 の 82 名 検 討 す る と,単 回 帰 分 析 は,HbA1c(OR 94.737,95 %CI 5.058- 1,774.431,p=0.002),HDLC(0.954,0.913-0.997,p= 0.037),TG(1.017,1.002-1.032,p=0.024),ALT (0.924,0.853-1.000,p=0.049), AST ( 0.819 ,0.706- 0.950,p=0.008)が有意な危険因子あった.また, 同様に行ったロジスティック回帰分析(ステップワ イ ズ 法) は,HbA1c(OR 105.937,95 % CI 3.658- 3,068.165 ,p = 0.007 ), TG ( 1.028 ,1.007-1.050 ,p = 0.01),AST(0.814,0.685-0.968,p=0.02),脳梗塞の既 往(16.09,1.429-181.224,p=0.025)が独立した危険因 子あった(Table 3).
さらに見せる

6 さらに読み込む

産業労働者における身体活動量および体力水準が動脈硬化性疾患危険因子に及ぼす影響とその予防方策

産業労働者における身体活動量および体力水準が動脈硬化性疾患危険因子に及ぼす影響とその予防方策

1990 年と 2000 年に各約 70 事業所実施した 20 から 59 歳までの約 1 万件の体力測定値 について、10 歳ごとの平均値を比較した。若年層は筋力、敏捷性、柔軟性および平衡性 が、また 20 から 50 歳代の全ての年齢階層全身持久力が低下していることが明らかとな り、その程度は職域の健康管理上、無視できない問題あることを指摘した。

2 さらに読み込む

Show all 10000 documents...