医療施設の

Top PDF 医療施設の:

母性看護学実習における二次医療施設と一次医療施設の学びと教授活動

母性看護学実習における二次医療施設と一次医療施設の学びと教授活動

要 旨 少子化・産科医不足により、産科または産婦人科を標ぼうする病院・診療所が減少し、母性看護学実習 を行う実習施設確保は困難になってきている。看護師養成課程では母性看護学実習を大学病院・総合病院・ 診療所等さまざまな施設で行っており、複数施設を使用している学校も多い。そのため、施設相違によっ て学生が実習で体験できる内容にも相違が生じることが推察される。本研究では、母性看護学実習目標に 対する学び場面を二次医療施設と一次医療施設周産期医療体制違いをふまえて検討するために、看 護大学 3 年次 103 名が、母性看護学実習終了時に記載した「母性看護学実習目標に対して学んだ場面」 レポートを、Text Mining Studio を用いて分析した。二次医療施設では分娩期看護技術および妊娠期 モニター装着、母親学級見学経験が少なく、特徴的な学び場面として NICU が挙げられた。二次 医療施設教授活動については、NICU を活用する有効性が示唆された。一次医療施設では妊娠期、分娩 期、産褥期、新生児期全て看護技術において経験率が高く、特徴的な学び場面として助産師、分娩 が示された。一次医療施設教授活動については、妊娠期は外来診療および助産師外来へ参加、分娩期 は第1期からケア実施、産褥期は2 週間健診や1か月健診に入れるように調整し、助産師と関わりながら、 経験を通した学習ができる環境を整えていく必要性が示唆された。
さらに見せる

12 さらに読み込む

医療施設の承継及び病床過剰地域における医療施設間の病床移動について 平成29年度第2回 中部地区 地域医療対策会議/沖縄県

医療施設の承継及び病床過剰地域における医療施設間の病床移動について 平成29年度第2回 中部地区 地域医療対策会議/沖縄県

2 取扱い方針概要 ⑴ 方針策定目的 有床診療所が有する特定病床など移動等、病床数変動が医療計画及び地域 医療構想達成に支障になるおそれがあることから方針を定めることとする。 ⑵ 医療施設承継

1 さらに読み込む

22. 介護療養型医療施設 改定事項 1 介護療養型医療施設の基本報酬 2 排泄に介護を要する利用者への支援に対する評価の創設 3 口腔衛生管理の充実 4 栄養マネジメント加算の要件緩和 5 栄養改善の取組の推進 6 身体的拘束等の適正化 7 介護療養型医療施設における診断分類 (DPC) コードの

22. 介護療養型医療施設 改定事項 1 介護療養型医療施設の基本報酬 2 排泄に介護を要する利用者への支援に対する評価の創設 3 口腔衛生管理の充実 4 栄養マネジメント加算の要件緩和 5 栄養改善の取組の推進 6 身体的拘束等の適正化 7 介護療養型医療施設における診断分類 (DPC) コードの

22.介護療養型医療施設 ①介護療養型医療施設基本報酬 ○ 介護療養型老人保健施設では、一定医療処置頻度等を基本報酬要件としていることを踏まえ、この要件 を介護療養型医療施設基本報酬要件とし、メリハリをつけた評価とする。 なお、施設定員規模が小さい場合には処置を受けている者割合変動が大きく評価が困難であること等か ら、有床診療所等については配慮を行うこととする。
さらに見せる

14 さらに読み込む

医療施設の承継及び病床過剰地域における医療施設間の病床移動について 平成29年度第2回 八重山地区 地域医療対策会議/沖縄県

医療施設の承継及び病床過剰地域における医療施設間の病床移動について 平成29年度第2回 八重山地区 地域医療対策会議/沖縄県

⑶ 病床過剰地域における医療施設病床移動 病床過剰地域において、 承継した医療施設病床を同一医療法人等が開設する 別医療施設へ移動する場合又は開設当初から運営している医療施設病床を当 該法人が運営する医療施設へ移動する場合を対象とする。

1 さらに読み込む

医療施設の承継及び病床過剰地域における医療施設間の病床移動について 平成29年度第2回 南部地区 地域医療対策会議/沖縄県

医療施設の承継及び病床過剰地域における医療施設間の病床移動について 平成29年度第2回 南部地区 地域医療対策会議/沖縄県

⑶ 病床過剰地域における医療施設病床移動 病床過剰地域において、承継した医療施設病床を同一医療法人等が開設する 別医療施設へ移動する場合又は開設当初から運営している医療施設病床を当 該法人が運営する医療施設へ移動する場合を対象とする。

1 さらに読み込む

医療施設の承継及び病床過剰地域における医療施設間の病床移動について 平成29年度第2回 北部地区 地域医療対策会議/沖縄県

医療施設の承継及び病床過剰地域における医療施設間の病床移動について 平成29年度第2回 北部地区 地域医療対策会議/沖縄県

今後は、現時点において地域で必要とされる病床数と位置づけられている基準病 床制度もと、当該構想実現に向けて段階的かつ計画的に取り組むこととしてい ることから、医療施設承継及び病床過剰地域における医療施設病床移動に関 する沖縄県考え方を整理することとしている。

1 さらに読み込む

岡山県へき地医療施設運営費補助金交付要綱 ( 趣旨 ) 第 1 条知事は 離島 山村等の医療に恵まれない地域住民の医療の確保を図るため へき地医療施設の運営事業に対し 予算の範囲内において補助金を交付するものとし その交付に関しては 岡山県補助金等交付規則 ( 昭和 41 年岡山県規則第 56 号

岡山県へき地医療施設運営費補助金交付要綱 ( 趣旨 ) 第 1 条知事は 離島 山村等の医療に恵まれない地域住民の医療の確保を図るため へき地医療施設の運営事業に対し 予算の範囲内において補助金を交付するものとし その交付に関しては 岡山県補助金等交付規則 ( 昭和 41 年岡山県規則第 56 号

岡 山 県 へ き 地 医 療 施 設 運 営 費 補 助 金 交 付 要 綱 (趣 旨) 第1条 知事は、離島、山村等医療に恵まれない地域住民医療確保を図るため、へ き地医療施設運営事業に対し、予算範囲内において補助金を交付するものとし、そ 交付に関しては、岡山県補助金等交付規則(昭和41年岡山県規則第56号。以下 「規則」という。)及び昭和41年岡山県告示第513号(補助金等名称等)ほか、 この要綱定めるところによる。
さらに見せる

9 さらに読み込む

26 特集 : 日本の精神保健と福祉の課題と展望精神科医療施設の物的環境 筧淳夫 国立保健医療科学院施設科学部 Physical Environmental Settings of Psychiatric Hospitals Atsuo KAKEHI Department of Faculty Sc

26 特集 : 日本の精神保健と福祉の課題と展望精神科医療施設の物的環境 筧淳夫 国立保健医療科学院施設科学部 Physical Environmental Settings of Psychiatric Hospitals Atsuo KAKEHI Department of Faculty Sc

3-1.望ましい病室選択(表 3) 現在,個室を利用している患者は 19.8%,そのうち保護室 を利用している患者は 6.2%であり,一方多床室を利用して いる患者は 80.1%であった.こうした中で,本来利用する が望ましい病室を, 「個室(保護室含む)」 「多床室」 「どちら でもよい」なかから,単一回答で選択してもらった.個室 利用が適切であると評価された患者は全体 24.0%,それに 対して多床室が適切であると評価された患者は 61.6%,どち らでも特に問題はない,と評価された患者は 14.4%であった. また分析対象を平均入院期間が 3 ヶ月未満病棟に入院し ている 299 名入院患者に絞った場合には,個室が適切な患 者は 29.8%,多床室が適切な患者は 60.2%となっており, 入院期間が短い患者ほど個室を利用する割合が多くなるこ とが明らかとなった.
さらに見せる

5 さらに読み込む

八尾市立病院内科専門研修プログラム の特徴 本プログラムは, 大阪府中河内医療圏南部の中核病院であり急性期医療を担う八尾 市立病院が基幹施設となり, 大阪府中河内医療圏 近隣医療圏にある連携施設と協力 して構成されています. 八尾市立病院は, 高度急性期 急性期病院であり, 大阪府中河内医療圏の地域

八尾市立病院内科専門研修プログラム の特徴 本プログラムは, 大阪府中河内医療圏南部の中核病院であり急性期医療を担う八尾 市立病院が基幹施設となり, 大阪府中河内医療圏 近隣医療圏にある連携施設と協力 して構成されています. 八尾市立病院は, 高度急性期 急性期病院であり, 大阪府中河内医療圏の地域

大阪はびきの医療センターは呼吸器疾患,アレルギー疾患を中心とした連携施 設として内科専門研修を行います.呼吸器疾患としては,閉塞性肺弛緩,気管支 喘息,び漫性肺疾患,重症肺炎,呼吸不全などで多彩な症例を多数症例で深く 経験できます.また,結核や肺癌に関しても,大阪府中心的な施設として多く 症例が集まるので,専攻医として多数症例で深く経験できます.大阪はびき 医療センターは地域診療所・クリニック等では対応困難な専門的診断・ 治療や高度な検査・手術等を行い地域医療施設連携中で中心的役割を 担っており,在宅診療所や訪問看護ステーションと緊密な連携を取ることがで きるようになることで,地域医療にも貢献できる内科専門医育成を目指します. 大阪はびきの医療センターは大阪府指定がん診療連携拠点病院(肺がん) として質高い肺がん診断・治療から緩和ケアまで施行し肺がん診療中 核施設となっています.大阪府肺がん診療実情を理解しそれら実践的医 療も行えるよう専攻医を指導訓練します.主担当医として,入院から退院〈初 診・入院~退院・通院〉まで経時的に,診断・治療流れを通じて,社会的背 景・療養環境調整をも包括する全人的医療を実践できる内科専門医を育成し ます.
さらに見せる

46 さらに読み込む

平成 30 年度厚生労働省医療施設経営安定化推進事業について 1. 概要本事業は 病院経営管理指標及び医療施設における経営上の課題に関する調査研究 と 医療施設における未収金の実態に関する調査研究 を行うこととしています 病院経営管理指標及び医療施設における経営上の課題に関する調査研究 は 病院が経

平成 30 年度厚生労働省医療施設経営安定化推進事業について 1. 概要本事業は 病院経営管理指標及び医療施設における経営上の課題に関する調査研究 と 医療施設における未収金の実態に関する調査研究 を行うこととしています 病院経営管理指標及び医療施設における経営上の課題に関する調査研究 は 病院が経

一方、医療施設経営安定化という観点では、医療未払いによる未収金回収は重要な課題となっています。 本調査では、訪日外国人患者に関する事項を含めた、医療施設における未収金実態を把握し、多角的な分析を実施します。 さらに、本調査結果により、訪日外国人が日本入国前段階で補償額やキャッシュレス付帯サービスが十分な旅行保険へ 加入を推奨すること等を国に提言できるようなものとしたく、何卒、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。
さらに見せる

26 さらに読み込む

1. 研修プログラムの特色 大阪歯科大学附属病院 ( 管理型施設 ) の協力型研修施設において 高頻度疾患を経験すると共に医療管理 地域医療の研修を行い 更に管理型研修施設では専門診療分野での基本的先進医療習得と得意分野構築の基礎を育成し 生涯研修の第一歩となる研修を行う 本プログラムは大阪歯科大学

1. 研修プログラムの特色 大阪歯科大学附属病院 ( 管理型施設 ) の協力型研修施設において 高頻度疾患を経験すると共に医療管理 地域医療の研修を行い 更に管理型研修施設では専門診療分野での基本的先進医療習得と得意分野構築の基礎を育成し 生涯研修の第一歩となる研修を行う 本プログラムは大阪歯科大学

 5か月間院内診療科研修では、矯正学基礎と矯正臨床における基本的手技理解が主目的となる。 本館10階矯正歯科外来で診療見学することにより、矯正臨床初診から治療終了までプロセスを理解 し、矯正歯科医入門として知識・技能・態度を学ぶ。  矯正歯科では、乳歯咬合期治療・混合歯咬合 期治療・永久歯咬合期治療・他科と協力が欠かせない口唇口蓋裂や顎変形症治療(外科矯正)を 行っている。これらすべてを診断・治療するには、不正咬合原因、成長発育、矯正力と生体反応、矯正治 療材料性質、矯正装置使用方法、保定などを十分に理解する必要がある。外来診療見学を通して直接 症例を診ることによって、これら知識を深めていただく。特に、診断学については、全身成長発育、頭部X 線規格写真法による顎顔面形態分析、口腔内模型診査、顎機能検査データ基礎的な解釈仕方訓 練を行う。  症例検討会を行う講座会には積極的に参加をしてもらい、矯正学専門性を高めていってもら う。
さらに見せる

70 さらに読み込む

医療福祉施設を含めた企業を対象とした防災対策 高齢者福祉施設の上階緊急搬送避難補助具の検討

医療福祉施設を含めた企業を対象とした防災対策 高齢者福祉施設の上階緊急搬送避難補助具の検討

5)アンケート結果  全8項目アンケート中で、最も心理的影響と関係が深いであろう2項目を、図11、図12に示す。搬送者へ 肩へ負担は補助具a、bで同程度であったが、補助具b方が腰へ負担は少なく、紐幅についても適切で あるという結果となった。アンケート結果から分かる通り、肩や腰へ掛かる負担が少なかったと考えられる。

4 さらに読み込む

医療施設等(病院、診療所、助産所、介護老人保健施設等)に係る避難確保計画作成の手引き(洪水・内水・高潮編)

医療施設等(病院、診療所、助産所、介護老人保健施設等)に係る避難確保計画作成の手引き(洪水・内水・高潮編)

研修や訓練には、市町村から地域住民に配布されている洪水ハザードマップ 等他、国土交通省等が実施する出前講座等が活用できる。 地震等を想定した情報伝達訓練や避難訓練を実施している施設においては、 当該訓練実施をもって、本計画に基づく情報伝達及び避難誘導に関する訓練 に代えることができるものとする。 (ただし、 災害種類によって避難場所や避 難経路が異なる場合があること従業員等へ周知や、洪水時等避難に関す る研修を別途実施すること。 )
さらに見せる

25 さらに読み込む

1. 理念 使命 特性 理念 整備基準 1 1) 本プログラムは 大阪府豊能医療圏の中心的な急性期病院である大阪府済生会吹田病院を基幹施設として 大阪府豊能医療圏および近隣医療圏にある連携施設 特別連携施設とで内科専門研修を経て大阪府の医療事情を理解し 地域の実情に合わせた実践的な医療も行えるように

1. 理念 使命 特性 理念 整備基準 1 1) 本プログラムは 大阪府豊能医療圏の中心的な急性期病院である大阪府済生会吹田病院を基幹施設として 大阪府豊能医療圏および近隣医療圏にある連携施設 特別連携施設とで内科専門研修を経て大阪府の医療事情を理解し 地域の実情に合わせた実践的な医療も行えるように

∙ 年に複数回(半期ごとに、また必要に応じて臨時に)、専攻医自身自己評価を行います。そ 結果は日本内科学会専攻医登録評価システム( J ジェイ - ・ OSLER オ ス ラ ー )を通じて集計され、1 か月以内 に担当指導医によって専攻医に形成的にフィードバックを行って、改善を促します。 ∙ 人材開発室は、メディカルスタッフによる 360 度評価(内科専門研修評価)を毎年複数回 (半期ごとに、また必要に応じて臨時に)行います。担当指導医、Subspecialty 上級医に加え て、看護師長、看護師、臨床検査・放射線技師・臨床工学技士、事務員などから、接点多い 職員 5 人を指名し、評価します。評価表では社会人として適性、医師として適正、コミュ ニケーション、チーム医療一員として適性を多職種が評価します。評価は無記名方式で、 人材開発室もしくはプログラム統括責任者、研修管理委員会委員長が各研修施設研修委員会 に委託して 5 名以上複数職種に回答を依頼し、その回答は担当指導医が取りまとめ、日本内 科学会専攻医登録評価システム( J ジェイ - ・ OSLER オ ス ラ ー )に登録します(他職種はシステムにアクセスし ません)。その結果は日本内科学会専攻医登録評価システム( J ジェイ - ・ OSLER オ ス ラ ー )を通じて集計され、 担当指導医から形成的にフィードバックを行います。
さらに見せる

45 さらに読み込む

小規模医療施設向け 輸血マニュアル 石川県合同輸血療法委員会 小規模医療施設向け輸血マニュアル作成実行委員会 2014 年 3 月 9 日第 1.1 版

小規模医療施設向け 輸血マニュアル 石川県合同輸血療法委員会 小規模医療施設向け輸血マニュアル作成実行委員会 2014 年 3 月 9 日第 1.1 版

2 はじめに 石川県は、検査科無い診療所や家庭医も輸血医療を担っています。病診連携推進や医療資源 偏在、医療ニーズ多様化を背景にしているとはいえ、地域住民健康を支え、患者や患者家 族と密接に連携する多忙な 1 人医師医療法人医師が、複雑な手順や専門性を要する輸血医療を行 うのは一大事です。今回小規模医療施設安全かつ効果的な輸血医療を支援するため、実務者や 専門家、行政担当者らが連携し、粒々辛苦して本マニュアルを作成しました。 「医師 1 人、看護師 1 人」施設を想定した小規模医療施設対象輸血マニュアル前例はなく、厚労省安全基準を満た す手順作りは大きな挑戦でした。本マニュアルはあくまでも「叩き台」と位置づけ、運用開始後も ウェブ上に公開し広く意見を求め改良を続ける予定です。なお、本マニュアルは簡易版であること にご留意ください。輸血医療にかかわる医師は、日本赤十字社*が配布している小冊子「輸血療法 実施に関する指針」及び「血液製剤使用指針」 (平成 24 年 3 月改訂版 厚生労働省医薬食品局血 液対策課)**をご一読されることをお勧めします。また、血液型が決定できない、不規則抗体・交 差適合試験陽性など、不明な点があれば、認定輸血検査技師***や輸血認定医****、専門機関***** 等へご相談ください。
さらに見せる

10 さらに読み込む

1. 研修プログラムの特色 大阪歯科大学附属病院 ( 管理型施設 ) の協力型研修施設において 高頻度疾患を経験すると共に医療管理 地域医療の研修を行い 更に管理型研修施設では専門診療分野での基本的先進医療習得と得意分野構築の基礎を育成し 生涯研修の第一歩となる研修を行う 本プログラムは大阪歯科大学

1. 研修プログラムの特色 大阪歯科大学附属病院 ( 管理型施設 ) の協力型研修施設において 高頻度疾患を経験すると共に医療管理 地域医療の研修を行い 更に管理型研修施設では専門診療分野での基本的先進医療習得と得意分野構築の基礎を育成し 生涯研修の第一歩となる研修を行う 本プログラムは大阪歯科大学

フォーハンドシステムを採用し、効率的な診療を行うとともに、一人医員が担当した患者を診査・ 診断した後、総合的な治療計画を立案し、保存、治療、外科および補綴に至るすべて処置を行って いる。さらに、歯周病に対応するために歯周外科処置や歯周補綴処置ほかに日常業務として歯周病 初期治療やメインテナンスを衛生士とともに実施している。このような一連効率的な診療体制 なかで研修医は担当医としてすべて治療に関与し、基本的な簡単な症例に関しては初診から最終 補綴処置までを研修医自身が行う。さらに、当科特徴的なプログラムとして実施するスケーリング やルートプレーニングなど歯周病初期治療実技研修に参加し、その能力向上を図り、多く 症例を担当する。これら診療を経験することで基本的・総合的な歯科診療能力を習得することが出 来る。また、患者ニーズを重視した医療を体験することは患者中心全人的医療理解に役立つ。 研修修了後も、病院医員や研修医(非常勤)として入局し、より高度な総合診療研修も可能である。 【障がい者歯科】
さらに見せる

71 さらに読み込む

医療施設等(病院、診療所、助産所、介護老人保健施設等)に係る避難確保計画(津波編)作成の手引き(案)

医療施設等(病院、診療所、助産所、介護老人保健施設等)に係る避難確保計画(津波編)作成の手引き(案)

¾ 避難誘導にあたっては、独歩、護送(車いす)、担送(寝たきり)な ど利用者移動能力に応じて、搬送具や患者用ライフジャケット等資 器材活用を含めた検討が必要である。 ¾ 車で避難は、渋滞等で動けなくなる危険を伴うため、安全で確実な 移動手段であるかを慎重に判断する必要がある。車両使用を検討する場 合は、市町村に対し車両避難ルール有無を確認する。

14 さらに読み込む

(別添)H28医療施設等国庫補助金・交付金一覧

(別添)H28医療施設等国庫補助金・交付金一覧

内視鏡訓練施設整備事業実施要綱 (29) 内視鏡訓練施設施設整備事業 民間事業者(注2) 0.50 - 訓練者×30㎡(1,000㎡を限度) 内視鏡訓練施設新築、増改 築、改修に要する工事費等 (注1)公的団体…日本赤十字社、社会福祉法人恩賜財団済生会、全国厚生農業協同組合連合会、社会福祉法人北海道社会事業協会 (注2)民間事業者…医療法第7条規定に基づき許可を受けた病院及び診療所、又は同法第8条規定に基づき届出をした診療所開設者(ただし、地方公共団体及び地方独立行政法人を除く。)から、公的団体を除く者をいう。 ●過去に同一事業について補助を受け、現に使用しているときは、基準面積(基準面積が定められていないときは基準額とする。)から当該補助基準面積を差し引いた面積を基準面積とする。
さらに見せる

10 さらに読み込む

新専門医制度大阪赤十字病院内科専門研修プログラム 1. 理念 使命 特性理念 整備基準 1 1) 本プログラムは, 大阪市医療圏の中心的な急性期病院の一つである大阪赤十字病院を基幹施設として, 大阪市医療圏 近隣医療圏および京都府 兵庫 奈良 滋賀 和歌山県内にある連携施設 特別連携施設とで内科専門

新専門医制度大阪赤十字病院内科専門研修プログラム 1. 理念 使命 特性理念 整備基準 1 1) 本プログラムは, 大阪市医療圏の中心的な急性期病院の一つである大阪赤十字病院を基幹施設として, 大阪市医療圏 近隣医療圏および京都府 兵庫 奈良 滋賀 和歌山県内にある連携施設 特別連携施設とで内科専門

専門研修修了には,すべて病歴要約 29 症例受理と,少なくとも 70 疾患群中 56 疾患群以 上で計 160 症例以上経験を必要とします.J-OSLER における研修ログへ登録と指導医評価 と承認とによって目標を達成します. 大阪赤十字病院内科施設群専門研修では,「研修カリキュラム項目表」知識,技術・技能修得 は必要不可欠なものであり,修得するまで最短期間は3年間(基幹施設 2 年 5 ヶ月間+連携・特 別連携施設 7 ヶ月間、3 年制プログラム)とするが,修得が不十分な場合,修得できるまで研修期 間を1年単位で延長します.また、Subspecialty 領域をより重点的に研修可能な 4 年制プログラム も準備しています。一方でカリキュラム知識,技術・技能を修得したと認められた専攻医には積 極的に Subspecialty 領域専門医取得に向けた知識,技術・技能研修を開始させます.
さらに見せる

66 さらに読み込む

患者の受診行動に着目した地域医療システムに関する研究-複数医療施設受診における行動パターンの抽出と受診行動に影響を与える要因の分析-

患者の受診行動に着目した地域医療システムに関する研究-複数医療施設受診における行動パターンの抽出と受診行動に影響を与える要因の分析-

学 位 論 文 内 容 要 旨 博士専攻分野名称 博士(医 学) 氏 名 寺下 貴美 学 位 論 文 題 名 患者受診行動に着目した地域医療システムに関する研究-複数医療施設受診における行動パター ン抽出と受診行動に影響を与える要因分析-

2 さらに読み込む

Show all 10000 documents...