効果・効率的

Top PDF 効果・効率的:

共生経営システムの診断理論と評価基準 : 「経済的効率」から「福利的効果」へのパラダイム転換  

共生経営システムの診断理論と評価基準 : 「経済的効率」から「福利的効果」へのパラダイム転換  

 , @i協働機軸の Pi @i拡充化指標 ①「高調活動の管理度」を押える ←κ  協働機軸の拡充実態を掴む際の基準で、 嵭ェ的視点から共生進捗方向を見極める。 ②「共動作用の結実度」  〃   ←κ ⋮ ①「局在機能の連関度」  〃   ←π  i協働職能の Q1 @i連係化指標 ⋮  協働職能の連係実態を掴む際の基準で、 尞p的視点から共生進捗場面を見極める。 ②「[r]

21 さらに読み込む

40効率的な行政運営を行う

40効率的な行政運営を行う

年間延べ人数(正職員) ・引き続き、弁護士資格を有する職員による庁内法律相談や職員研修により、職員の法務能力の向上を図 る。 ・訴訟については、顧問弁護士への訴訟委任のほか、事案に応じて、弁護士資格を有する職員を中心とした 法規担当職員による訴訟遂行や顧問以外の弁護士への訴訟委任も行い、効果効率な訴訟遂行を行う。 ・平成28年4月に改正された行政不服審査制度における審査庁、審理員、行政不服審査会の事務局などの事 務を適正に処理するとともに、新制度における事務処理についても、研修等により、職員に周知徹底を図 る。
さらに見せる

66 さらに読み込む

40効率的な行政運営を行う

40効率的な行政運営を行う

・安全・安心情報、校区情報などを配信するメールねやがわ一斉配信システムの適正運用を図った。また、インターネットなどの情報通信技術を積 極に活用し、必要なときに必要な行政情報・地域情報が入手することができ、また各種申請や公共施設利用の手続が簡単にできるなど、費用対効 果を見定める中で、市民の利便性に即したサービスの継続な検討を行った。 ・既存の広域ネットワークシステム(オーパス・スポーツ施設情報システム事業や総合行政ネットワーク(LG W AN )等)の安定運用を図るとともに、 他のシステム等における広域連携の可能性についても調査・検討を進めた。
さらに見せる

33 さらに読み込む

40効率的な行政運営を行う

40効率的な行政運営を行う

・平成23年度に実行シートシステムを導入し、事務の効率化を図った。 ・平成27年度に実行シートシステムの再構築を行い、精査した評価項目による行政評価を行うとともに、事務作業の効 率化を図った。  「第五次総合計画」における単年度計画と行政評価を一体化させた実行シートの活用により、PD CI (計画→実施→評 価→改善改革)サイクルを通じた業務のマネジメントを行えるようにし、効率効果な行政運営に取り組む。ま た、業績に関する市民への説明も果たせるようにする。
さらに見せる

66 さらに読み込む

RIETI - 港湾の効率的効果的な整備・運営のあり方に関する財政分析-整備・規制・運営の構造分析-

RIETI - 港湾の効率的効果的な整備・運営のあり方に関する財政分析-整備・規制・運営の構造分析-

なされている。) さらに、国土交通省以外の政府の機関においても、同様の議論はなされており、整備に おける国と地方の役割分担に関しては、特定重要港湾に限定するなど国の直轄事業の範囲 の見直しについての議論(地方分権改革推進委員会 5 )が、港湾運営に関しては、 「我が国の 港湾管理者は、そのほとんどが地方自治体の一部局として発足したこともあり、経営意識 を持って港湾を管理運営するという考えは希薄になりがちであった。加えて、港湾の岸壁、 防波堤等の基本施設整備に対し国庫補助を行い、かつ自治体が策定する港湾計画を審査 する権限を持つ国の存在も、採算意識の向上には課題を残しがちであった。結果として、 我が国の港湾の多くは、現時点において、真に効率に管理運営されているとは言いがた い状況になっている。従って、港湾の管理運営への独立採算制の導入を促進し、それぞれ の港湾がその身の丈に合った投資を行い、かつ集荷へ向けたサービス競争が喚起されるよ うな運営体制を早急に確立すべきである。また、これまで地方自治体単位で個別に管理さ れてきた港湾全体の管理体制についても、更なる効率化実現に向け既存の垣根を越えた改 革が行われるべきである」 (規制改革会議 6 )との議論や、将来のポートオーソリティを視野 に入れながら、共同で広域連携の仕組みづくりの検討に入ることで基本合意(2008 年3月 21 日)した(東京港、横浜港、川崎港の港湾管理者である)東京都、横浜市、川崎市に対 して、「京浜3港の港湾管理者と国が協調し、国際競争力のあるポートオーソリティの実 現へ向けたそれぞれの役割を、既存の概念に拘泥することなく新たに整理した上で、実行 に移していくべき」(規制改革会議 7 )との議論がなされている。
さらに見せる

127 さらに読み込む

第4章 求人充足に対するハローワークの取り組みの効果 資料シリーズ No40 マッチング効率性についての実験的研究|労働政策研究・研修機構(JILPT)

第4章 求人充足に対するハローワークの取り組みの効果 資料シリーズ No40 マッチング効率性についての実験的研究|労働政策研究・研修機構(JILPT)

第4章 求人充足に対するハローワークの取り組みの効果 1.はじめに 『職業安定業務統計』によれば、年間求人充足率(=就職件数/新規求人数、全数)は 1990∼1992年にいったん20%を切った後2000年前後に30%近くまで上昇し、景気回復と並行 して下降しつつある(直近の2007年では21 .2 %であった) 。本章ではハローワークの種々の 取り組みが、求人充足に与える影響について考察する。

23 さらに読み込む

効率的グラフアルゴリズムの統一的設計理論に関する研究

効率的グラフアルゴリズムの統一的設計理論に関する研究

は し が き 研究代表者 西関 隆夫 ・ (東北大学 大学院情報科学研究科) 本研究成果報告書は、平成17年度と18年度に独立行政法人日本学術振興会 より交付された科学研究費補助金・基盤研究(C) 「効率的グラフアルゴリズムの 統一的設計理論に関する研究」の研究成果を、国内外において発表してきた研 究論文に基づき取りまとめたものである。 本研究では、木、直並列グラフ、[r]

10 さらに読み込む

美しい海岸づくりのために ( 重点目標 ) 効率的 効果的な海岸清掃の実施 海岸美化ボランティアへの支援の充実 海岸に漂着する人工ごみの縮減 - 1 -

美しい海岸づくりのために ( 重点目標 ) 効率的 効果的な海岸清掃の実施 海岸美化ボランティアへの支援の充実 海岸に漂着する人工ごみの縮減 - 1 -

清掃計画の策定等、財団事業の基礎データを得るための調査・研究を実施する。 (1) 海岸ごみ量の調査 海岸別、月別に処理された「ごみ」の収集量及び種類等を調査分析し、海岸ごみの散乱状況 を的確に把握しながら、今後の効率な海岸清掃事業や美化啓発事業の基礎資料とする。

13 さらに読み込む

37効率的な行政運営を行う

37効率的な行政運営を行う

情報技術の利活用促進検討事務 オーパス( スポーツ施設情報システム) システムの更新を行い、利便性向上や適正運用に向けた改善を実施したほか、インターネットな どの情報通信技術の積極な活用を踏まえ、ホームページ管理システムを活用したW EB利用受付業務を実施。インターネット技術等の 活用は、技術革新等社会動向の見極めや費用対効果の検証、市の実態に合わせた調査検討や関係課との十分な協議・調整等が必要。平 成25年度から電子申請システムを稼働平成26年度から市民向け地図情報システムを稼動。
さらに見せる

64 さらに読み込む

交流コロナ放電型イオナイザのイオン輸送効率に及ぼす周波数の効果(PDF)

交流コロナ放電型イオナイザのイオン輸送効率に及ぼす周波数の効果(PDF)

以上のように,イオナイザを低周波で動作させること によって,到達電流 I W を増加させること,すなわち高速 除電が可能となることが明らかになった.しかし,イオ ナイザを低周波で使用すると,イオナイザが帯電器とし て作用することも懸念される.イオナイザは正イオンと 負イオンを交互に生成しているが,低周波で使用した場 合,イオナイザ周辺の空間が正または負のどちらか一方 のイオンで支配になることがある.そこで,このイオ ンに基づく CPM のプレートの帯電電位を測定した.
さらに見せる

6 さらに読み込む

家畜ふん尿の効率的土地還元技術の確立

家畜ふん尿の効率的土地還元技術の確立

面積(以下ロース芯面積とする) 、バラの厚さ(以下 バラ厚とする) 、皮下脂肪の厚さ(以下皮下脂肪厚と する) 、歩留基準値及び脂肪交雑基準値、以上 6 項目 について、供試牛の期待育種価と枝肉成績の相関関 係について検討した。得られた数値は導入年度及び 種雄牛を母数効果として取り込み、Harvey の最小二 乗法(LSMLW)を用い、統計分析を実施した。枝肉成 績は(社)日本食肉格付協会の格付委員により、ま た、脂肪交雑基準値については脂肪交雑基準値を数 値変換し (以下脂肪交雑評点とする) 、 分析に用いた。
さらに見せる

12 さらに読み込む

家畜ふん尿の効率的土地還元技術の確立

家畜ふん尿の効率的土地還元技術の確立

要 約 酪農の自然流下方式から発生するふん尿混合物(以下スラリー)を曝気することで、散布時 の悪臭が低減することを確認 1) したが、さらに悪臭を低減させるため生石灰添加が曝気済みスラリー の臭気発生に及ぼす影響について調査検討した。 また、 市販脱臭資材等が堆肥化過程における臭気の発生状況に及ぼす影響について調査検討した。 さらに、飼料添加型微生物資材の中で、県内で良く使われているとされる土壌微生物発酵資材 1 種類について、酪農家において現地試験により悪臭抑制効果を調査検討した。
さらに見せる

16 さらに読み込む

家畜ふん尿の効率的土地還元技術の確立

家畜ふん尿の効率的土地還元技術の確立

試験 1 では、木酢液 1%及び木炭 1%・木酢液 1%混 合添加飼料の給与が卵の生産性や品質、その保持に対 する影響、及び糞中の臭気に与える影響について検討 した。さらに試験2では、木酢液の添加濃度を 0.5% と 1.0%に設定し、その違いが与える影響について同 様に検討した。その結果、木炭及び木酢液の添加によ る効果は、卵の生産性、生産物の品質向上及び臭気の 抑制に対し顕著には認められなかった。このことから、 木酢液の効果な利用法としては、従来通りに臭気等 低減を目的として畜舎や堆肥舎へ直接散布する方法 が最も望ましいと思われる。また、木酢液の飼料添加 効果が低い事の他に飼料添加が困難である理由とし ては、下記の事が挙げられる。すなわち、労力な問 題、経済な問題、及び安全性の問題である。
さらに見せる

6 さらに読み込む

ビッグバンは保険市場を競争的・効率的にしたか

ビッグバンは保険市場を競争的・効率的にしたか

 このように,規制緩和が効率性にどのような影響を及ぼしたかということに 関して先行研究はあるものの,生命保険・損害保険の比較分析という問題意識 に立った既存研究はない。本稿のねらいは,生命保険および損害保険市場にお ける市場競争度および効率性の変化を推計し,両市場における規制緩和の影響 を比較考量しながら,金融ビッグバンの効果を総合に考察することにある。  本論の構成は以下のとおりである。次節では,保険業の公的規制および市場 構造の変化を概観する。そこでは,従来のハーフィンダール・ハーシュマン指 数(以下,HHI)といった静態な市場構造指標に加えて,多時点シェア変動 指数等の「動態な市場構造指標」による記述統計分析を行う。第Ⅲ節で は,競争度の指標としての Panzar and Rosse(1987)の H 統計量について説 明を行い,その推計結果を明らかにする。続く第Ⅳ節では,Malmquist 指数 を用いて,規制緩和によって両業界の効率性が高まったのかどうかを検証す る。最後に分析結果をまとめたうえで,今後一層保険市場の競争を高めていく ための政策提言を行う。
さらに見せる

33 さらに読み込む

37効率的な行政運営を行う

37効率的な行政運営を行う

・安全・安心情報、校区情報などを配信するメールねやがわ一斉配信システムの適正運用を図った。また、インターネットなどの情報通信技術を積 極に活用し、必要なときに必要な行政情報・地域情報が入手でき、各種申請や公共施設利用の手続が簡単にできるなど、費用対効果を見定める中 で、市民の利便性に即したサービスの継続な検討及び導入を図った。 ・既存の広域ネットワークシステム(オーパス・スポーツ施設情報システム事業や総合行政ネットワーク(LGWAN)等)の安定運用を図るとと もに、他のシステム等における広域連携の可能性についても調査、検討を進めた。
さらに見せる

64 さらに読み込む

介護施設におけるケア記録の電子化並びにケアの効果及び効率性分析事業

介護施設におけるケア記録の電子化並びにケアの効果及び効率性分析事業

(2)データ収集内容 収集したデータ内容は下表の通りである。 本事業においては、アセスメント情報に基づく 2 時点での状態の比較を行う目的から、所定 の 2 時点を定めた上で、アセスメント情報やケアプラン、モニタリングシートについては、そ の時点よりも前の期間において直近で実施した内容を収集することとする。また、ケア実施記 録については、所定の 2 時点を始点とした各 1 週間分のデータを収集するものとする。さらに、 勤務予定表については、所定の 2 期間(所定の 2 時点を始点とした各 1 週間)を含むデータを 収集する。具体なデータ収集期間については、下記「 (3)データ収集期間」に記載している。 収集対象とする入居者については、データ収集対象の 2 期間(所定の 2 時点を始点とした各 1 週間)において、いずれの期間にも入居していた者を調査対象とした。
さらに見せる

181 さらに読み込む

37効率的な行政運営を行う

37効率的な行政運営を行う

B) 税金以外の方法も考えられる、または税金を使う必要性が低い B) 手段、手法が適切でない ・平成23年度から建設工事・建設コンサルタントの全業種を対象に 電子入札を執行した。 《各年度の電子入札執行率》H 22(92. 49%)、H 23・ H 24(100. 00%)、H 25(99. 58%)、H 26(100%〔見込〕) ・大阪地域市町村共同利用電子入札システム運営協議会に参画し、 システムを共同利用することで経費の縮減に努めた。また、今後、 新たな自治体の参画を促すことで更なる節減効果が見込まれる。
さらに見せる

64 さらに読み込む

37効率的な行政運営を行う

37効率的な行政運営を行う

情報技術の利活用促進検討事務 オーパス( スポーツ施設情報システム) システムの更新を行い、利便性向上や適正運用に向けた改善を実施したほか、インターネットな どの情報通信技術の積極な活用を踏まえ、ホームページ管理システムを活用したW EB利用受付業務を実施。インターネット技術等の 活用は、技術革新等社会動向の見極めや費用対効果の検証、市の実態に合わせた調査検討や関係課との十分な協議・調整等が必要。平 成25年度より電子申請システムを導入・稼働。
さらに見せる

64 さらに読み込む

効率的な汚水処理施設整備のための

効率的な汚水処理施設整備のための

段階対策計画は,現在の全体計画に時間軸(中長期目標等の段階対策方針)を考慮したも のであり,そのイメージの一例を図2-5に示す(検討例は事例集の事例 5~7 を参照)。 図2-5では,幹線,ポンプ場,貯留施設等のハード対策を青色で表し,迅速かつ効率な対 策としてストックを活用したハード対策を黄緑色(当面実施するもの),緑色(中長期に実施 するもの)で表しているが,各地方公共団体における雨水施設の整備状況等によりそれぞれの対 策の順番や内容等が異なってくるため,浸水シミュレーション等により浸水要因を分析し,経済 性や効果の早期発現性等を十分に検討した上で策定することが望ましい。
さらに見せる

52 さらに読み込む

効率的・効果的な行政運営の推進 平成29年度行政評価(事務事業評価)実施結果 狭山市公式ウェブサイト

効率的・効果的な行政運営の推進 平成29年度行政評価(事務事業評価)実施結果 狭山市公式ウェブサイト

SW O T分析を活用した新たな手法について検討し、今後は「行政評価のあり方を抜本に 見直し実施する」という方向性を庁内会議において決定し、次年度以降に向けた準備を行 った。 市民への説明責任を果たすとともに、社会情勢の変化と多様化する市民ニーズに対応す る面からも、評価を通して職員の「行政を経営する」という意識を醸成することの意義は 大きい。

4 さらに読み込む

Show all 10000 documents...