介護予防 健康

Top PDF 介護予防 健康:

住民主体による高齢者の地域活動促進プログラムの健康増進及び介護予防への長期効果(芳賀 博)

住民主体による高齢者の地域活動促進プログラムの健康増進及び介護予防への長期効果(芳賀 博)

様 式 C−19、F−19−1、Z−19、CK−19(共通) 1.研究開始当初の背景 全国各地で住民主体の介護予防事業やサロン活動の取り組みがなされているが、これらの活 動のほとんどが地域の課題やプログラムの設定は行政や研究者が決定したものである。行政や 研究者主導のプログラム設定型介入においては,地域全体に活動を広げていくことは困難であ り、住民が地域課題の解決の主体とはなり得ない。そこで、研究代表者らは、これまでに住民 の主体性を育みコミュニティ・エンパワメントを推進することを念頭においたアクションリサ ーチに取り組んできた。その一環として、札幌市近郊 A 市において、2010 年から住民の主体性 を育むことを基本理念にすえて、研究者が住民と協働して課題の抽出と共有をはじめとして、 住民主体の地域活動の実践を支援してきた。その結果、介入地区において、さまざまな地域活 動が創出され 3 年後にはソーシャルネットワークやボランティア活動の参加が改善されたこと を報告してきた 1) 。一方、プロセス評価においては、高齢者が主体的に地域活動に取り組むに 至ったプロセスを報告してきた 2) 。介入地区ではその後も主体的な地域活動が継続されており、 初回調査時から 7 年後の地域活動の健康増進及び介護予防等への長期的な波及効果や活動継続 のプロセスや課題を明らかにすることが必要であるとの考えに至った。
さらに見せる

5 さらに読み込む

高齢者の介護予防を目的としたアクティブ・ ラーニング型健康教育の地域実践

高齢者の介護予防を目的としたアクティブ・ ラーニング型健康教育の地域実践

【目的】介護予防を目的としたアクティブ・ラーニング型健康教育介入を地域で実践し,実行可能性と介 入効果を検証することとした。【方法】対象は地域在住高齢者 25 名とし,週 1 回 90 分,12 週間の教育介 入を行い,調査学習などを通じて健康行動を促進した。事前に作成したテキストに沿って学習を進め,教 室の進行はファシリテーターとして養成された高齢者が担当した。効果判定指標として,身体・認知機能, 身体活動量,ヘルスリテラシーを評価した。【結果】22 名(88%)が介入を完遂し,出席率は中央値 91.7%で, 全員が内容に「満足」または「大変満足」と回答した。歩行速度,認知機能(処理速度・言語流暢性), 平均歩数,機能的ヘルスリテラシー得点に有意な改善が認められた(p<0.05)。【結論】住民主体によるア クティブ・ラーニング型教育介入の実行可能性は良好であり,生活習慣や心身機能の改善に有効であるこ とが示唆された。
さらに見せる

8 さらに読み込む

第3部 第2節 計画の具体的な展開 介護予防 健康づくりの推進 高齢期においても健康で充実した生活を送るために 生涯を通じた健康づくりを 推進します 1 区市町村が主体となって取り組む介護予防事業を支援します 介護予防の推進 現状と課題 介護予防とは 高齢者が尊厳を保持し 在宅で自立した日常生活を営

第3部 第2節 計画の具体的な展開 介護予防 健康づくりの推進 高齢期においても健康で充実した生活を送るために 生涯を通じた健康づくりを 推進します 1 区市町村が主体となって取り組む介護予防事業を支援します 介護予防の推進 現状と課題 介護予防とは 高齢者が尊厳を保持し 在宅で自立した日常生活を営

ムの予防」、 「がんの予防」等に積極的に取り組むため、平成 20 年 3 月に「東京都健康推 進プラン 21 新後期 5 か年戦略」を策定しました。新後期 5 か年戦略では、平成 24 年度 までに達成すべき目標と関係者が取り組むべき推進方策等を示しています。 ○ 高齢期の健康づくりにおいて、社会参加することは重要な意味を持ちます。就労はも ちろん、近所付き合い、ボランティア、サークル活動など、一人ひとりに合った形での 幅広い社会参加の機会を確保することが大切です。何かをするために立ち、歩いて移動 し外出することは、体力を維持する効果があります。社会参加を通じ、人と交流したり、 動作をしたりすることは、喜怒哀楽・共感・緊張、運動・作業など、脳に様々な刺激が 加わり認知症予防に役立つとともに、心の張り合いを生みます。外出してもしなくても、 人との交流は、身なりを整える、会話するなどの行為を伴い、精神的な健康づくりに役 立ちます。このため、近所付き合いなどの社会的な人間関係(ソーシャル・キャピタル) を深めることが重要です。
さらに見せる

11 さらに読み込む

11 平成 21 年度介護予防事業実施状況について 平成 22 年 7 月 大阪市健康福祉局健康づくり担当

11 平成 21 年度介護予防事業実施状況について 平成 22 年 7 月 大阪市健康福祉局健康づくり担当

生活機能評価の実施について 1 目的 高齢者一人ひとりの生きがいや自己実現のための取組みを支援し、活動的で生きがいのある 生活や人生を送ることができるよう支援することを目的とした介護予防事業を実施するにあたり、 事業の対象である要介護状態等となるおそれの高い高齢者(以下「特定高齢者」)を選定する。

6 さらに読み込む

かつしかの 健康づくり & 介護予防 (2019 年度版 )

かつしかの 健康づくり & 介護予防 (2019 年度版 )

「オール水元スポーツクラブ」は会員制の団体です。 団体では、スポーツを通じた「健康づくり、仲間づくり、活力づくり」を理念に、だれもが身近な場所 で、いつでも、自分の好むスタイルで、いつまでもスポーツに親しむことが出来る環境作りに取り組み 「みんなつながる元気なオール水元」の創造を目指しています。

23 さらに読み込む

介護予防支援・介護予防   ケアマネジメント               マニュアル

介護予防支援・介護予防   ケアマネジメント               マニュアル

地域において、高齢者が健康を維持し、高齢者 1 人 1 人が自分の健康増進や介護予防についての意 識を持ち、自ら必要な情報にアクセスするとともに、介護予防健康の維持・増進にむけた取り組みを 行うことが重要となる。 総合事業においては、高齢者自身が、地域で何らかの役割を果たせる活動を継続することにより、結 果として介護予防につながるという視点からも利用者の生活上の何らかの困りごとに対して、単にそれ を補うサービスを当てはめるのではなく、利用者の自立支援に資するよう、心身機能の改善だけではな く、地域の中で生きがいや役割を持って生活できるような居場所に通い続けるなど、 「心身機能」 「活動」 「参加」にバランスよくアプローチしていくことが重要である。
さらに見せる

19 さらに読み込む

介護予防支援 介護予防 ケアマネジメント業務 手引き 堺市健康福祉局長寿社会部高齢施策推進課 社会福祉法人堺市社会福祉協議会 堺市地域包括支援センター 平成 29 年 2 月

介護予防支援 介護予防 ケアマネジメント業務 手引き 堺市健康福祉局長寿社会部高齢施策推進課 社会福祉法人堺市社会福祉協議会 堺市地域包括支援センター 平成 29 年 2 月

初回加算について、転居により担当包括センターが変更となった場合、委託事業者が同じでも転居先 で介護予防サービス計画作成にあたっての一連の業務を行えば、初回加算は算定できます。 月途中で転居し(転居前はサービス利用有)、転居後その月にサービス利用が無い場合は、転居元の 包括センターで給付管理し(その月中は、介護予防サービス計画作成変更届出書の提出は行わない こと)、転居後もその月に引き続きサービス利用があった場合は、転居先の包括センターで給付管理し ます。
さらに見せる

37 さらに読み込む

様式4 総合事業指定更新申請書 宮城県村田町 | 健康・医療・福祉 | 介護予防・日常生活支援総合事業

様式4 総合事業指定更新申請書 宮城県村田町 | 健康・医療・福祉 | 介護予防・日常生活支援総合事業

3 「法人所轄庁」欄、申請者が認可法人である場合に、その主務官庁の名称を記載してください。 4 「実施事業」欄は、今回申請するもの及び既に指定を受けているものについて、該当する欄に「○」を記入してください。 5 「指定申請をする事業の事業開始予定年月日」欄は、該当する欄に事業の開始予定年月日を記載してください。 6 「既に指定を受けている事業の指定年月日」欄は、介護保険法による指定事業者として指定された年月日を記載してください。
さらに見せる

1 さらに読み込む

かつしかの 健康づくり & 介護予防 ( 平成 30 年度版 )

かつしかの 健康づくり & 介護予防 ( 平成 30 年度版 )

ステップ 2 記録しよう (1)「健康宣言(目標)」を記入して、運動や食事など日頃の生活習慣改善に向けた取組みに チャレンジします(5 マイル) (2)「歩く」「走る」「スポーツをする」など、健康につながる活動を実践します(1 日 1 マイル) (3)リーフレットにある応募ハガキ(健幸マイレージ記録表)に活動した日と活動内容を記入し

19 さらに読み込む

指定介護予防支援等の事業の人員及び運営並びに指定介護予防支援等に係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準について

指定介護予防支援等の事業の人員及び運営並びに指定介護予防支援等に係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準について

また、利用者が病院又は診療所に入院する場合には、利用者の居宅における日常生活上の能 力や利用していた指定介護予防サービス等の情報を入院先医療機関と共有することで、医療機 関における利用者の退院支援に資するとともに、退院後の円滑な在宅生活への移行を支援する ことにもつながる。基準第4条第3項は、指定介護予防支援事業者と入院先医療機関との早期 からの連携を促進する観点から、利用者が病院又は診療所に入院する必要が生じた場合には担 当職員の氏名及び連絡先を当該病院又は診療所に伝えるよう、利用者又はその家族に対し事前 に協力を求める必要があることを規定するものである。なお、より実効性を高めるため、日頃 から担当職員の連絡先等を介護保険被保険者証や健康保険被保険者証、お薬手帳等と合わせて 保管することを依頼しておくことが望ましい。
さらに見せる

4 さらに読み込む

函館市介護予防ケアマネジメント実施要綱 新しい介護予防・日常生活支援総合事業 | 函館市

函館市介護予防ケアマネジメント実施要綱 新しい介護予防・日常生活支援総合事業 | 函館市

カ ウ ま の規定 , (3) ア ( ) に規定す 介護予防サービ 計 の変更について準用す 。 (2) アセ メント ア 担当職員 ,介護予防ケアプ ンの作成に当た て ,適 方法に り,利用者について, その してい 生活機能や健康状態,その置 てい 環境等を把握した ,次に掲 各領 域 とに利用者の日常生活の状況を把握し,利用者お び家族の意欲お び意向を踏まえて,生 活機能の 下の原因を含 利用者 現に抱え 問 を明 にす とと に,介護予防の効果 を最大限に発揮し,利用者 自立した日常生活を営 こと うに支援す 総合的 課
さらに見せる

13 さらに読み込む

介護予防普及パンフレット

介護予防普及パンフレット

お茶や汁物等でむせることがありますか 口の渇きが気になりますか 口腔機能低下のサイン 口腔機能が低下すると、食べたり 飲み込んだりしにくくなるため、 低栄養や肺炎など、全身の健康状態が 悪化します。

4 さらに読み込む

これからの介護予防

これからの介護予防

 実際に,いくつかの市町村では,介護予防の普及活動や体操 を通した健康づくり,体操や教室運営,生活支援などの高齢者 のもつ能力を生かしたボランティアの養成など,すでに住民が 主体となって取り組む様々な介護予防事業を市内全域で展開し ている事例が報告されている。それらの事例の中では,リハビ リテーション専門職が関与し,介護度や認知症の心身の状態に 即した個別の体操を指導するなど,介護の有無や障害の程度に かかわらず,地域で暮らす住民と分け隔てなく参加できる介護 予防活動を展開している。そのような取り組みを行っている市 町村では,全国の介護認定率の推移と比較して,要介護認定率 の伸びの抑制の効果が示されるなどの介護予防が推進されて いる。
さらに見せる

2 さらに読み込む

地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護 複合型サーヒ ス ( 看護小規模多機能型居宅介護 ) 居宅介護支援 < 居宅介護予防サービス> 介護予防訪問介護介護予防訪問入浴介護介護予防訪問看護介護予防訪問リハビリテーション介護予防居宅療養管理指導介護予防通所介護介護予防通所リハビリテーション介護予防短

地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護 複合型サーヒ ス ( 看護小規模多機能型居宅介護 ) 居宅介護支援 < 居宅介護予防サービス> 介護予防訪問介護介護予防訪問入浴介護介護予防訪問看護介護予防訪問リハビリテーション介護予防居宅療養管理指導介護予防通所介護介護予防通所リハビリテーション介護予防短

医療機関連携加算 年齢 ・身元引受人と返還金受取人が1人以上必要です。身元引受人は、入居契約 の義務や利用料等の支払債務等についての連帯保証や契約解除時の入居者の 身柄、所有物の引き取りの責任があります。また、入居者の心身、健康状態 に変化があり、必要な対応を求められる場合には、その方法について事業者 から相談を受ける役割を担うこともあります。

11 さらに読み込む

(介護予防)短期入所生活介護運営規程(例)

(介護予防)短期入所生活介護運営規程(例)

(5)事業者は、自らその提供する指定短期入所生活介護の質の評価を行い、常にその 改善を図るものとする。 (指定介護予防短期入所生活介護の内容) 第9条 指定介護予防短期入所生活介護の内容は、入浴、排せつ、食事等の介護、その他 日常生活上の支援、食事の提供、機能訓練、健康管理、療養上の世話、相談及び援助、 趣味、教養又は娯楽に係る活動の機会の提供並びに送迎とし、指定介護予防短期入所生 活介護の提供に当たっては次の各号に留意するものとする。
さらに見せる

7 さらに読み込む

地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護 複合型サーヒ ス ( 看護小規模多機能型居宅介護 ) 居宅介護支援 < 居宅介護予防サービス> 介護予防訪問入浴介護介護予防訪問看護 介護予防訪問リハビリテーション介護予防居宅療養管理指導 介護予防通所リハビリテーション介護予防短期入所生活介護介護予防短期入

地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護 複合型サーヒ ス ( 看護小規模多機能型居宅介護 ) 居宅介護支援 < 居宅介護予防サービス> 介護予防訪問入浴介護介護予防訪問看護 介護予防訪問リハビリテーション介護予防居宅療養管理指導 介護予防通所リハビリテーション介護予防短期入所生活介護介護予防短期入

自費によるショートステイ事業 利用者の個別的な選択によるサービス提供 運営懇談会の開催 ①入居契約書等の重要書類に虚偽の内容を記載する等の不正により入居した とき②管理費、家賃、その他の支払を3ヶ月にわたり延滞するとき③建物、 付属設備、共用施設又は敷地を故意又は重大な過失で破損、滅失したとき④ 施設に無断で第3者を同居させたとき⑤言動が入居者の生活又は健康に影響 を及ぼすとき、あるいは他の入居者の生命に危険を及ぼす恐れがあり、かつ 通常の介護ではこれを防止できないとき
さらに見せる

15 さらに読み込む

270605介護予防ケアマネジメント・介護予防手帳

270605介護予防ケアマネジメント・介護予防手帳

この欄には、必要に応じて計画作成者が前記のような支援を行いつつ、利用者にと っては介護予防への最初の取り組みである「目標とする生活」のイメージについて記 載する。 具体的にどのような生活を送りたいかは、一日単位でも、一年単位でも、よりイメ ージしやすい「目標とする生活」を記述する。漠然としていて、イメージできない場 合は、毎日の生活の中でどのようなことが変化すればよいのか、イメージしやすい日 常生活のレベルでともに考える。計画を立て終わった時点では、全体像を把握した上 で、再度利用者と修正するのは差し支えない。一日及び一年単位の両方記載しなけれ ばならないものでなく、また、両者の目標に関係がなければならないものではない。 「一日」は、大きな目標にたどり着くための段階的な目標である場合や、健康管理
さらに見せる

42 さらに読み込む

介護予防ケアマネジメントについて

介護予防ケアマネジメントについて

 「総合的な援助の方針」に必ず、介護予防プランの有効期間、健 康上および生活上の問題点・解決すべき課題、必要なサービス内 容を記入する。  地域包括支援センターが居宅介護支援事業所へ委託している場合、 地域包括支援センターの意見は書かれていなくても構わないが、 地域包括支援センターの確認印を押印する。

25 さらに読み込む

Show all 8312 documents...