事 業 費 用 は

Top PDF 事 業 費 用 は:

生 命 保 険 会 社 損 益 状 況 を 見 る 通 常 事 業 活 動 による 損 益 ( 経 常 損 益 ) 一 般 に 経 常 損 益 とは 通 常 事 業 活 動 で 発 生 した 損 益 得 られる 収 益 です ことです 経 常 損 益 中 には 経 常 収 益 経 常 費 用 これに

生 命 保 険 会 社 損 益 状 況 を 見 る 通 常 事 業 活 動 による 損 益 ( 経 常 損 益 ) 一 般 に 経 常 損 益 とは 通 常 事 業 活 動 で 発 生 した 損 益 得 られる 収 益 です ことです 経 常 損 益 中 には 経 常 収 益 経 常 費 用 これに

「損益計算書」事業年度の経営成績を表すものです。この章で、まず、生命保険会社の損益計算の特徴を説明し、さらに、 主な項目について、どのように損益を計算しているかを解説していきます。 一般事業会社の場合、通常、先に材料、商品の仕入れ、労 働力などの資本投下(費用)がなされ、製品、商品を売り上げ て資金を回収(収益)します。 損益計算書、こうした資金の 流れを一定期間に区切り、損益の発生原因を明らかにして、関 係者に経営成績を報告するものです。損益の計算を行う場合、 原則として、その期間の収益に対し、その収益を得るために要 した費用だけをその期間の費用として認識し、差し引いて利益 を計算します。これを 費用収益対応の原則といいます。
さらに見せる

7 さらに読み込む

⑵ また 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 については 連 結 納 税 制 度 は 適 用 されませんので 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 の 確 定 申 告 書 の 用 紙 は 連 結 親 法 人 又 は 連 結 子 法 人 のいずれであるかにかかわりなく 課 税 事 業 者 に 該

⑵ また 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 については 連 結 納 税 制 度 は 適 用 されませんので 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 の 確 定 申 告 書 の 用 紙 は 連 結 親 法 人 又 は 連 結 子 法 人 のいずれであるかにかかわりなく 課 税 事 業 者 に 該

3 消費税及び地方消費税について ⑴ 消費税及び地方消費税について、連結納税制度適用されませんが、課税期間法人税法 上の事業年度とされているため(消費税法19①二、地方税法72の78③)、連結事業年度に合わ せて課税期間が変わる可能性があります。特に、連結納税を適用する前において親法人と課税 期間が異なる期間となっていた子法人についてその課税期間が変更され、その変更後の課税 期間に係る消費税及び地方消費税の確定申告が必要となりますので御注意ください。
さらに見せる

7 さらに読み込む

損益計算書 2017 年 4 月 1 日から 2018 年 3 月 31 日まで ( 単位 百万円 ) 科目金額 電気通信事業営業損益営業収益 営 業 費 用 営 業 費 運 用 費 施 設 保 全 費 共 通 費 管 理 費 試 験 研 究 費 減 価 償 却 費 固 定 資 産 除 却 費 通

損益計算書 2017 年 4 月 1 日から 2018 年 3 月 31 日まで ( 単位 百万円 ) 科目金額 電気通信事業営業損益営業収益 営 業 費 用 営 業 費 運 用 費 施 設 保 全 費 共 通 費 管 理 費 試 験 研 究 費 減 価 償 却 費 固 定 資 産 除 却 費 通

② 数理計算上の差異および過去勤務費用の費用処理方法  過去勤務費用について、発生時の従業員の平均残存勤務期間に基づく年数による定額法により、発生時より費用処理して おります。  数理計算上の差異について、発生時の従業員の平均残存勤務期間に基づく年数による定額法により、翌事業年度より費用 処理しております。

5 さらに読み込む

みえフードイノベーション 運 営 事 業 (B) フードイノベーション 課 ( 事 業 費 :38,530 千 円 ( 県 費 8,767 千 円 国 費 29,763 千 円 )) 1 事 業 目 的 県 内 の 農 林 水 産 資 源 を 活 用 し 生 産 者 や 食 品 産 業 事 業 者

みえフードイノベーション 運 営 事 業 (B) フードイノベーション 課 ( 事 業 費 :38,530 千 円 ( 県 費 8,767 千 円 国 費 29,763 千 円 )) 1 事 業 目 的 県 内 の 農 林 水 産 資 源 を 活 用 し 生 産 者 や 食 品 産 業 事 業 者

海岸保全施設整備事業 (国補公共事業) 県内の農地海岸堤防の大半、伊勢湾台風後に 築造され、築後約50年が経過しています。部材の 経年変化、波力等による損傷や機能低下が進行し ているため、海岸保全施設の機能強化(台風時の 高潮対策及び耐震対策)や堤防補強対策により、 人命や資産の防護を図る必要があります。 また、自然災害の発生に備えて堤防機能の確保を 図るため、その脆弱箇所の補修・補強対策に取り 組むとともに、優先度の高い箇所から効率的な整 備を行うことにより施設の安全性を向上させます。
さらに見せる

11 さらに読み込む

職 能 国 際 情 報 平 成 年 度 実 施 調 査 事 業 報 告 書 本 会 掲 載 活 用 平 成 年 度 老 人 保 健 事 業 推 進 費 等 補 助 金 老 人 保 健 健 康 増 進 等 事 業 介 護 予 防 地 域 包 括 推 進 対 国 民 意 識 調 査 研 究 事 業 平

職 能 国 際 情 報 平 成 年 度 実 施 調 査 事 業 報 告 書 本 会 掲 載 活 用 平 成 年 度 老 人 保 健 事 業 推 進 費 等 補 助 金 老 人 保 健 健 康 増 進 等 事 業 介 護 予 防 地 域 包 括 推 進 対 国 民 意 識 調 査 研 究 事 業 平

  協会設立50周年 記念サイト公開  2016年に設立50周年を迎えるにあたり、本会で各種 記念事業を実施しています。その一環として、会員だけで なく広く国民の方へも広報するため、50周年記念サイトを 公開しました。今後も、6月6日(土)に執り行う50周年記 念式典・祝賀会のレポートやインタビュー記事など、各種 コンテンツを追加していく予定です。ぜひご覧ください。

5 さらに読み込む

目 次 1. 事 業 の 概 要 社 会 経 済 情 勢 の 変 化 費 用 対 効 果 分 析 の 算 定 基 礎 となった 要 因 の 変 化 事 業 の 効 果 の 発 現 状 況 今 後 の 事 業 評 価 の 必 要 性 等.

目 次 1. 事 業 の 概 要 社 会 経 済 情 勢 の 変 化 費 用 対 効 果 分 析 の 算 定 基 礎 となった 要 因 の 変 化 事 業 の 効 果 の 発 現 状 況 今 後 の 事 業 評 価 の 必 要 性 等.

②交通量及び旅行速度の状況 当該事業区間の平成22年度における自動車交通量、現道 と当該路線を合わせて約17,329台/日となっています。 また、整備前後の旅行速度を比較すると、現道で27.0 km/hから28.5km/h、当該路線で56.3km/ hとなっており、走行性が向上しています。

21 さらに読み込む

費 用 負 担 の 原 則 と 負 担 割 合 共 済 組 合 の 行 う 事 業 は 大 別 すると 民 間 の 健 康 保 険 制 度 に 代 わる 短 期 給 付 事 業 公 的 年 金 制 度 の 性 格 を 有 する 長 期 給 付 事 業 組 合 員 の 福 祉 の 増 進 に 資 する

費 用 負 担 の 原 則 と 負 担 割 合 共 済 組 合 の 行 う 事 業 は 大 別 すると 民 間 の 健 康 保 険 制 度 に 代 わる 短 期 給 付 事 業 公 的 年 金 制 度 の 性 格 を 有 する 長 期 給 付 事 業 組 合 員 の 福 祉 の 増 進 に 資 する

公立学校共済組合の組合員資格を取得した日の属する月分から資格を喪失した日(退職日の翌 日)の属する月の前月分までの各月につき徴収します。 (例)4 月 30 日資格取得・・・4 月分の掛金等徴収する 4 月 30 日付け退職・・・4 月分の掛金等徴収する (資格喪失日:5 月 1 日) 4 月 29 日付け退職・・・4 月分の掛金等徴収しない (資格喪失日:4 月 30 日) なお、組合員資格を取得した日の属する月内にその資格を喪失した場合、その月の掛金等徴 収します。ただし、資格を喪失した日の属する同月内に他の公的年金制度に加入した場合、長 期給付に要する費用に限り、その月の掛金等徴収しません。
さらに見せる

12 さらに読み込む

二 障 害 者 福 祉 一 二 一 そ の 他 二 認 知 症 対 応 型 老 人 共 同 生 活 援 助 事 業 認 知 症 対 応 型 老 人 共 同 生 活 援 助 事 業 生 計 困 難 者 に 対 して 無 料 又 は 低 額 な 費 用 で 介 護 老 人 保 健 施 設 を 利 用 さ

二 障 害 者 福 祉 一 二 一 そ の 他 二 認 知 症 対 応 型 老 人 共 同 生 活 援 助 事 業 認 知 症 対 応 型 老 人 共 同 生 活 援 助 事 業 生 計 困 難 者 に 対 して 無 料 又 は 低 額 な 費 用 で 介 護 老 人 保 健 施 設 を 利 用 さ

2 必要な者に対し、入浴、排せつ、食事、外出時の移動、コミュニケーション、スポーツ・文化的活動、就労、住環境の調整等を支援する事業 3 入浴等の支援が必要な者、独力で住居の確保が困難な者等に対し、住居を提供又は確保する事業 事業規模(定員) 12 居宅介護支援事業関屋おもと園 新潟市中央区関屋大川前1-2-36 平成20年1月1日

8 さらに読み込む

区 分 事 業 区 分 事 業 量 事 業 費 円 新 植 改 植 ha 35,862,170 鹿 児 保 育 風 倒 木 処 理 等 6.30 ha 5,200,326 島 除 伐 ha 会 除 間 伐 間 伐 ha 291,568,279 計 林 業 専 用

区 分 事 業 区 分 事 業 量 事 業 費 円 新 植 改 植 ha 35,862,170 鹿 児 保 育 風 倒 木 処 理 等 6.30 ha 5,200,326 島 除 伐 ha 会 除 間 伐 間 伐 ha 291,568,279 計 林 業 専 用

「新植」について,台風被害地のうち激甚な被害箇所を対象として,土地所有者と協議しなが ら造林補助事業を活用し,平成27年度から実施した復旧事業であり,3 カ 年計画で改植を進める ことにしている。 「除・間伐」のうち除伐について,除伐材の搬出を促進する定額助成制度が国で予算化された ことから計画箇所を間伐へと振替え,この結果,全体の事業量が減少した。

7 さらに読み込む

目 次 1. 位 置 図 2. 事 業 の 目 的 と 計 画 の 概 要 3. 事 業 進 捗 の 状 況 4. 事 業 の 必 要 性 に 関 する 視 点 5. 費 用 対 効 果 6. 事 業 進 捗 の 見 込 みの 視 点 7. 今 後 の 対 応 方 針 ( 原 案 )

目 次 1. 位 置 図 2. 事 業 の 目 的 と 計 画 の 概 要 3. 事 業 進 捗 の 状 況 4. 事 業 の 必 要 性 に 関 する 視 点 5. 費 用 対 効 果 6. 事 業 進 捗 の 見 込 みの 視 点 7. 今 後 の 対 応 方 針 ( 原 案 )

・2車線区間、人家が近接し建物の倒壊による通行障害が発生する危険性があり、緊急輸送路としての機能 の確保を早期に行うことが求められる。 ・八王子~瑞穂拡幅により、埼玉、西東京、神奈川地区の防災拠点間の連絡、災害物資の輸送、緊急車両の通 行等のためのネットワークの強化が期待される。

19 さらに読み込む

目 次 1. 位 置 図 1 2. 事 業 の 目 的 と 計 画 の 概 要 2 3. 事 業 進 捗 の 状 況 5 4. 事 業 の 必 要 性 に 関 する 視 点 7 5. 費 用 対 効 果 事 業 進 捗 の 見 込 みの 視 点 今 後 の 対 応 方 針 (

目 次 1. 位 置 図 1 2. 事 業 の 目 的 と 計 画 の 概 要 2 3. 事 業 進 捗 の 状 況 5 4. 事 業 の 必 要 性 に 関 する 視 点 7 5. 費 用 対 効 果 事 業 進 捗 の 見 込 みの 視 点 今 後 の 対 応 方 針 (

しにより良好な道路空間を確保でき、安全性の向上が見込まれる。 (2)事業進捗の見込みの視点 ・昭和63年度に事業化し、平成17年度から用地着手。 ・大栄拡幅の用地取得率38%(H25.5末時点、面積ベース)。 ・今後も、引き続き用地の取得を実施し、事業推進を図る。

16 さらに読み込む

公 営 企 業 職 員 の 状 況 1 水 道 事 業 1 職 員 給 与 費 の 状 況 ア 決 算 区 分 総 費 用 純 利 益 職 員 給 与 費 総 費 用 に 占 める ( 参 考 ) 職 員 給 与 費 比 率 22 年 度 の 総 費 用 に 占 A B B/A める 職 員 給 与

公 営 企 業 職 員 の 状 況 1 水 道 事 業 1 職 員 給 与 費 の 状 況 ア 決 算 区 分 総 費 用 純 利 益 職 員 給 与 費 総 費 用 に 占 める ( 参 考 ) 職 員 給 与 費 比 率 22 年 度 の 総 費 用 に 占 A B B/A める 職 員 給 与

歳 円 円 (注)1 基本給給料、扶養手当及び地域手当の合算額である。 2 平均月収額基本給 管理職手当 住居手当 通勤手当 期末 奨励手当等の合算額である 『名古屋市職員の給与のあらまし Ⅰ 総括 3 給料削減措置』に掲げる内容を同一内容で実施していしている。また、平 成23年12月31日後に採用された労務職職員について給料の3%を削減する措置を実施している。

20 さらに読み込む

イ 関 連 事 業 の 進 捗 状 況 ( 完 了 ) 国 営 かんがい 排 水 事 業 霞 ヶ 浦 用 水 一 期 地 区 ( 平 成 4 年 度 ) 国 営 かんがい 排 水 事 業 霞 ヶ 浦 用 水 二 期 地 区 ( 平 成 20 年 度 ) 水 資 源 開 発 公 団 霞 ヶ 浦 用 水

イ 関 連 事 業 の 進 捗 状 況 ( 完 了 ) 国 営 かんがい 排 水 事 業 霞 ヶ 浦 用 水 一 期 地 区 ( 平 成 4 年 度 ) 国 営 かんがい 排 水 事 業 霞 ヶ 浦 用 水 二 期 地 区 ( 平 成 20 年 度 ) 水 資 源 開 発 公 団 霞 ヶ 浦 用 水

主 体 の 平成 26 年度予算を要求する。 予算要求方針 第 三 者 地区内で計画されていた鉄道や高規格幹線道路工事との調整等に の 意 見 より工期が延伸していたが、現在で協議を了し、また特段の変更 要因も無いことから、計画的な事業推進が可能となっている。本 により既に支線水路の整備が行われている地域で、関連する末 端基盤整備の効果と相まって、作物生産量の増加や営農経費の節減 などの事業効果が見られている。
さらに見せる

8 さらに読み込む

損益計算書 ( 平成 26 年 4 月 1 日から平成 27 年 3 月 31 日まで ) ( 単位 : 百万円 ) 科 目 金 額 鉄 道 事 業 営 業 収 益 100,360 営 業 費 76,283 営 業 利 益 24,077 そ の 他 の 事 業 営 業 収 益 90,466 営 業

損益計算書 ( 平成 26 年 4 月 1 日から平成 27 年 3 月 31 日まで ) ( 単位 : 百万円 ) 科 目 金 額 鉄 道 事 業 営 業 収 益 100,360 営 業 費 76,283 営 業 利 益 24,077 そ の 他 の 事 業 営 業 収 益 90,466 営 業

過去勤務費用について、発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(5年)によ る定額法により費用処理しております。 数理計算上の差異について、各事業年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の 年数(10 年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌事業年度から費用処理しております。 (3) 固定資産撤去損失引当金

10 さらに読み込む

る 等 級 単 価 を 使 用 する ア. 健 康 保 険 料 を 徴 収 する 事 業 者 との 雇 用 関 係 に 基 づき 当 該 補 助 事 業 に 従 事 す る 者 ただし 役 員 及 び 日 額 または 時 給 での 雇 用 契 約 者 については 健 保 等 級 適 用 者 以 外

る 等 級 単 価 を 使 用 する ア. 健 康 保 険 料 を 徴 収 する 事 業 者 との 雇 用 関 係 に 基 づき 当 該 補 助 事 業 に 従 事 す る 者 ただし 役 員 及 び 日 額 または 時 給 での 雇 用 契 約 者 については 健 保 等 級 適 用 者 以 外

③ 就業規則等で定めた所定労働時間より短い、短時間労働者(嘱託、短時間勤務正社 員等の別にかかわらず労働契約等で短時間労働が規定されている者)について、 1週間における就業規則等で定めた所定労働時間と短時間労働者の所定労働時間 の比率を算出し、その比率を標準報酬月額又は月給範囲額に乗算した額により適用 される等級又は月給範囲の労務単価を使用することができる。

5 さらに読み込む

1 公 益 事 業 ( 実 施 事 業 等 会 ) (1) 教 育 文 化 活 動 等 支 援 事 業 事 業 費 支 出 8,510,992 円 (9,800,873 円 ) 県 民 の 教 育 文 化 活 動 を 支 援 するため 次 の 事 業 を 行 った 事 業 名 内 容 実 施 場 所

1 公 益 事 業 ( 実 施 事 業 等 会 ) (1) 教 育 文 化 活 動 等 支 援 事 業 事 業 費 支 出 8,510,992 円 (9,800,873 円 ) 県 民 の 教 育 文 化 活 動 を 支 援 するため 次 の 事 業 を 行 った 事 業 名 内 容 実 施 場 所

ウ 芸術・文化活動の支援     名 内容 ・ 実施場所 期日等 参加者数等 備   考 旅行の支援  会員等が廉価で安心して利用できるよう旅 行業者等と割引契約を締結した。  ・JTB法人東京 10支店  ・小田急トラベル 28支店  ・近畿日本ツーリスト 19支店  ・トップツアー

16 さらに読み込む

(18) 教 育 保 育 給 付 費 国 庫 負 担 金 に 関 する 業 務 (19) 子 ども 子 育 て 支 援 交 付 金 に 関 する 業 務 (20) 保 育 対 策 総 合 支 援 事 業 費 補 助 金 教 育 支 援 体 制 整 備 事 業 費 交 付 金 に 関 する 業 務 (

(18) 教 育 保 育 給 付 費 国 庫 負 担 金 に 関 する 業 務 (19) 子 ども 子 育 て 支 援 交 付 金 に 関 する 業 務 (20) 保 育 対 策 総 合 支 援 事 業 費 補 助 金 教 育 支 援 体 制 整 備 事 業 費 交 付 金 に 関 する 業 務 (

運営補助金支弁・職員配置確認に関する業務 交付申請・交付決定・実績報告書・確定通知・請求書作成、支払、職員配置確認、補助金検査準備・持ち帰り資 料のチェック・検査結果の取りまとめ等 108,000 延長保育事業補助金に関する業務 実施計画照会、利用状況報告書取りまとめ、交付申請・交付決定・実績報告書・確定通知・請求書作成、支払等 12,000 一時預かり事業補助金に関する業務 実施計画照会、月次利用状況報告確認、交付申請・交付決定・実績報告書・確定通知・請求書作成、支払等 11,000 産休代替職員補助金に関する業務 任用申請・任用承認・交付申請・交付決定・実績報告書・確定通知作成・請求書作成、支払等 5,000
さらに見せる

9 さらに読み込む

工 事 費 ( 主 な 工 事 費 用 の 一 覧 です) 工 事 区 分 プラン 名 設 置 方 式 等 工 事 費 新 設 工 事 / 配 線 ルート 変 更 /VDSL 方 式 24,000 円 ( 税 抜 ) 新 規 開 通 工 事 費 U-NEXT 光 マンション 100( 光 配 線 方

工 事 費 ( 主 な 工 事 費 用 の 一 覧 です) 工 事 区 分 プラン 名 設 置 方 式 等 工 事 費 新 設 工 事 / 配 線 ルート 変 更 /VDSL 方 式 24,000 円 ( 税 抜 ) 新 規 開 通 工 事 費 U-NEXT 光 マンション 100( 光 配 線 方

転用後、本サービスから他事業者(NTT 東日本、NTT 西日本を含む)の光回線へ再度転用することできません。他事業者の光回線の利用を希望され るお客様、本サービスを解約し、新規に光回線をお申込みいただく必要があります。 NTT 東日本エリアで、フレッツ光初期工事を分割払い期間中のお客様、フレッツ光初期工事の残債相当額を引き続き、分割にて弊社にお支払 いただきます。フレッツ光初期工事分割払い期間中に U-NEXT 光各プランをご解約された場合に、解約時に残債相当額を弊社に一括でお支払い ただきます。
さらに見せる

5 さらに読み込む

下 請 法 は 親 事 業 者 の 濫 用 行 為 を 取 り 締 まります 下 請 法 ( 下 請 代 金 支 払 遅 延 等 防 止 法 )は, 親 事 業 者 による 下 請 事 業 者 に 対 する 優 越 的 地 位 の 濫 用 行 為 を 取 り 締 まるために 制 定 された 法 律

下 請 法 は 親 事 業 者 の 濫 用 行 為 を 取 り 締 まります 下 請 法 ( 下 請 代 金 支 払 遅 延 等 防 止 法 )は, 親 事 業 者 による 下 請 事 業 者 に 対 する 優 越 的 地 位 の 濫 用 行 為 を 取 り 締 まるために 制 定 された 法 律

● 親事業者,景気の悪化に伴う収益の悪化を理由として,外注加工を削減するため,一部の下請 事業者に対し,自社の財務状況に係るデータ等を説明し,収益が回復するまでの間の一時的なもので ある旨の限定を付した上で,下請代金の引き下げによる協力を要請したところ,当該要請を受けた下 請事業者,親事業者の説明に納得し,親事業者の収益が回復した場合に下請代金の額を当初の水 準まで引き上げることを条件に,下請代金を大幅に引き下げることを受け入れた。その後,景気が回 復し,親事業者の収益も回復したところ,引き下げ要請に応じた下請事業者から,下請代金の引き上 げを希望する申出がなされたにもかかわらず,親事業者,下請事業者と十分な協議をすることなく, 一方的に,下請代金を据え置いた。
さらに見せる

24 さらに読み込む

か 行 ガイドヘルパー ガイドヘルパーネットワーク 事 業 ガイドヘルパー 派 遣 事 業 ガイドヘルパー 養 成 研 修 事 業 家 庭 児 童 相 談 室 家 庭 相 談 員 寡 婦 居 宅 介 護 等 事 業 介 護 休 業 制 度 介 護 対 応 型 軽 費 老 人 ホーム 介 護 老 人

か 行 ガイドヘルパー ガイドヘルパーネットワーク 事 業 ガイドヘルパー 派 遣 事 業 ガイドヘルパー 養 成 研 修 事 業 家 庭 児 童 相 談 室 家 庭 相 談 員 寡 婦 居 宅 介 護 等 事 業 介 護 休 業 制 度 介 護 対 応 型 軽 費 老 人 ホーム 介 護 老 人

 活動内容、日本語と中国語の対訳表の作成である。四人とも福祉に係る研究をする ために、本学の大学院で学び、日本語の福祉関連の本を読む必要があった。日本語で示 された専門用語を理解することと、自分たちが読んで理解した日本語を中国語に翻訳す ることにより、日本の福祉を学ぶ中国からの学生に寄与できるものを作ろうという試み である。日本語と中国語を対にした辞書的なものを作るということで意見が一致し、月 に二回程度集まって、分担した訳語表を作成したものである。
さらに見せる

8 さらに読み込む

Show all 10000 documents...