• 検索結果がありません。

野澤研究室 説明会

N/A
N/A
Protected

Academic year: 2024

シェア "野澤研究室 説明会"

Copied!
37
0
0

読み込み中.... (全文を見る)

全文

(1)

2015/06/12

野澤研究室 説明会

(建築学部まちづくり学科

都市デザイン分野)

(2)

野澤研究室が考えるテーマは・・・

都市計画・都市デザイン・まちづくり

• 震災からの復興まちづくり

:岩手県野田村

• 歴史的な資産のあるまちのまちづくり

:八王子市中町

• 地方都市の活性化

:神奈川県小田原市、北海道函館市

• 密集市街地のまちづくり

:東京都中野区

• 新しい都市像

:ヘルスケアシティ構想

• デザインコントロール・形態コントロール

• 都市・市街地景観

• 参加のまちづくり

• 集合住宅団地の将来像

• 新しい住環境価値の創造 等々

(3)

■メインプロジェクト P r o j e c t

⼩⽥原市中⼼市街地 リ・デザイン研究体

⼋王⼦・中町(花 街)のまちづくり

岩⼿県野⽥村の復興

まちづくり

ヘルスケア

シティ

ヘルスケアシティ

構想

構想

(4)
(5)

■概要 O u t l i n e

活動の主旨

『小田原のまちに豊かな暮らしの風景を増やしたい』

対象地 :神奈川県小田原市

活動体制:工学院大学都市系研究室(星研、遠藤新研、野澤研)

都市デザイン•マネジメント研究会(若手専門家組織)

こうめこ(小田原市役所職員の自主研究組織)

活動内容: 中心市街地の調査分析 都市デザイン計画の提案 パイロットプロジェクトの立案 パイロットプロジェクトの実施 都市デザインWSの提案 等

(6)

小田原駅東口お城通り地区 再開発事業

小田原地下街 再生事業 小田原市市民ホール

整備事業

『3大事業』

3大事業を契機に中心地(City Core)の周辺整備及び魅力づくりを!

景観整備の推進 遊休地の有効活用

魅力的な公共空間創出

快適な歩行空間の確保

地域資源の発掘 市民活動の促進

歩行者の回遊性向上

まちの記憶の継承 市民の拠り所の創出

生活満足度の向上

■活動内容 P r o g r a m

(7)

Urban Design Cycle

基礎調査 分析

将来像 構築

Project 企画

課題整理 原因分析

解決手法 検討 Project

効果測定 実施

位置づけ

改善提案

Project 評価

A B

A B

■まちのデータシート作成

■まちのカルテ作成

■上位計画及び関連施策との整合性の検証

■(都市)、地域、地区、街区、敷地、建築、

設備、家具、各スケールでの検討

【学生主体で進行】

•UDM研究会:レクチャー/エスキス

•こ う め こ :現地案内/資料提供

■活動内容 P r o g r a m

(8)

教育 協働 実践

工学院大学

K O G A K U I N U N I V E R S I T Y

研究フィールドの提供•まち案内や情報提供、活動場所提供 実現可能性の高いパイロットプロジェクトの提案

市民

■活動内容 P r o g r a m

(9)

■イベント E v e n t

(10)

■論文

■卒業論文

・小田原市の街かど博物館における活動・機能についての研究

~幼稚園・小中学校の課外学習に着目して~ 小林優太 年度

2014年度

T h e s i s

(11)

U r b a n D e s i g n a n d C o m m u n i t y D e s i g n P r o j e c t f o r N a k a - c h o , H a c h i o j i

(12)

■概要 O u t l i n e

活動の主旨

『歴史を感じられる景観の創造・継承』

対象地 :東京都八王子市中町

活動体制:工学院大学野澤研究室 八王子市市街地整備課 中町地区まちづくり協議会 まちづくりアドバイザー

活動内容:越中八尾おわら風の舞 in 八王子 ポストカード、散策マップの作成 黒塀プロジェクトの実施

石畳の清掃活動、地域猫問題の検討 中町まちづくり通信の作成

中町まちづくり協議会の活動支援 等

(13)

■ポストカード・散策マップ作成 C a r d & M a p

(14)
(15)
(16)

■黒塀プロジェクト A c t i v i t y

(17)

■越中八尾おわら風の舞 in 八王子・竹灯篭 PJ

越中おわら節を演奏しながら踊る民謡行事を基に、八王子駅北口 ユーロード周辺を踊り手たちが練り歩くイベントに合わせ、中町では 竹灯篭を街路に多数設置してイベントを盛り上げた。

野澤研の学生はスタッフとして事前準備やイベント時の観衆の誘導 などの役割を果たした。

(18)

2011年度 2011年度

・ブランディング手法を活用した地域の活性化に関する研究

〜八王子・中町を事例に〜

■論文

折茂彰弘

・花街文化が根付く路地の継承に関する研究

〜神楽坂、八王子・中町を例にして〜 高橋航

・花街文化を生かすまちづくりに関する研究

〜八王子・中町を対象にして〜 堀江優

・文化イベントが住民の主体的なまちづくりに及ぼす影響に 関する研究

〜八王子・中町を事例に〜

・「花街・中町」を活かした八王子市中心市街地のまちづくりに関する研究

〜歴史的背景を踏まえて〜

猪鼻直樹 蜷川雄斗 2012年度

2012年度

2013年度 2013年度

■卒業論文

・中心市街地の回遊行動を促す歩行空間の研究

~八王子市中心市街地を対象として~ 松永悠平

2014年度 2014年度

・八王子市中町花街における景観の維持と向上に関する研究

~黒塀・石畳・柳による景観まちづくり~ 宮田克弥

T h e s i s

(19)

■論文

・歴史的資源を継承する地区における路地空間に関する研究

〜中町を対象にして〜 近藤光

2013年度 2013年度

■修士論文

2012年度 2012年度

■学会発表(いずれも、日本建築学会大会)

・歴史的資源を活用したまちづくりの取り組みに関する基礎的研究

〜八王子中町を対象として〜

・歴史的資源を継承する地区における住環境の実態と計画的課題

〜八王子中町を対象として〜

2013年度 2013年度

近藤光・野澤康

近藤光・野澤康

・歴史的資源を継承する地区における路地空間に関する研究

〜八王子中町を対象として〜

2014年度 2014年度

近藤光・野澤康

T h e s i s

(20)
(21)

■概要 O u t l i n e

活動の主旨

『震災・津波被害からの復興、元気な野田村づくりへ』

対象地 :岩手県九戸郡野田村

活動体制:工学院大学 野澤研究室 首都大学東京 玉川研究室 首都大学東京 市古研究室

八戸工業高等専門学校 河村研究室 活動内容:復興シナリオの考察

津波被害特性・復興資源の整理 野田村の漁業・農業・暮らし体験 都市デザイン計画の提案

生業の提案 等

(22)

■ 2011 の活動 A c t i v i t y

10年後の野田村復興シナリオづくり。

全体を5グループ(下安家〈1グループ〉中心市街地〈4グループ〉に 分かれ、それぞれのエリアで復興まちづくりアイディアの提案を

行った。

下記は最終的な提案パネルの一覧である。

(23)

■ 2012 の活動

地域主体のさまざまな地域再生・

活性化を実現するため、村外から の学生・専門家の意見をまとめて、

村の方々に役立ててもらった。 公園・交通班

高台移転班

祭りと避難訓練班 中心市街地班

生業兼業モデル班

A c t i v i t y

(24)

■ 2013 の活動

野田村での産業体験(農業、漁業)を通して、その魅力を村外に発 信すること、子供たちに学んでもらうこと、農・漁・工が連携すること など、建築や都市以外の提案が多いものとなった。

A c t i v i t y

(25)

■ 2014 の活動

民泊や祭りなどの活動を通じて、村民の考えや悩みを知り、その中 から提案をまとめていく。本研究室からは、中心市街地班、漁業班 に参加。

中心市街地班の活動・提案

A c t i v i t y

(26)

■ 2014 の活動

民泊や祭りなどの活動を通じて、村民の考えや悩みを知り、その中 から提案をまとめていく。本研究室からは、中心市街地班、漁業班 に参加。

漁業班の活動・提案

A c t i v i t y

(27)

・岩手県野田村道の駅「のだ」における東日本大震災の

復興プロセスと地域連携に関する研究 田鎖潤一朗 2013年度

2013年度

■卒業論文

■論文

2013年度 2013年度

■修士論文

・東日本大震災における漁業従事者の生業復興に関する課題と考察

~岩手県野田村を事例に~ 山下純哉

【優秀卒業論文賞受賞論文】

2013年度 2013年度

■学会発表(*1日本建築学会大会、*2日本災害復興学会大会)

・シャッレットワークショップによる復興まちづくりに関する研究 *1

山下純哉・野澤康

・震災前後の道の駅に対する住民の認識と役割の変化に関する研究 *2

-岩手県野田村・道の駅「のだ」の事例 野澤康・田鎖潤一朗 2014年度

2014年度

T h e s i s

(28)

ヘルスケア シティ

構想

新 し い 都 市 像 と し て の ヘ ル ス ケ ア シ テ ィ 構 想

H e a l t h c a r e C i t y P r o j e c t f o r t h e F u t u r e

(29)

■概要 O u t l i n e

活動の主旨

『新しい都市像としてのヘルスケアシティを構想し、提案する』

対象地 :限定せず(地方中心都市でケーススタディ)

活動体制:工学院大学野澤研究室 株式会社 佐藤総合計画

活動内容:ヘルスケアシティ構想提案の ためのデータ収集、資料調査 社内勉強会の開催

提案とりまとめ

公開シンポジウムの開催・運営 等

ヘルスケア シティ

構想

(30)

31

■ 2014 の活動 A c t i v i t y

(31)

32

ヘルスケアシティ構想

(モデルとケーススタディ)

■ 2014 の活動 A c t i v i t y

(32)

■ 研究以外の活動 A c t i v i t y

合宿 懇親会 まちづくりコンペ

ワークショップ ソフトボール⼤会 まちあるき

(33)

セミナーの具体的な内容

 見学会の実施

(企画(コンペ形式)から資料作成、案内まで)

見学会の企画立案(行き先、目的、何を見るか・体験する か)

←PPT

を使ったプレゼンテーション練習なども含めて 見学会パンフレットの作成

見学会の時の案内・説明 報告レポートの作成

 野澤の仕事を知る

(卒業研究につなげていくために)

 研究室重点プロジェクトへの参加

 設計コンペへの応募

(タイミングが合えば、また学年を超えたチームで) 等々

(34)

選考の目安

• 野澤担当の授業、面接での印象

• 面接時の提出資料

• 特に都市系科目の受講状況・成績

• 八王子の 1,2 年次科目の受講状況

>>>これらから総合的に判断します。

明るく、楽しく、元気で、活発な人、大歓迎!

求む!「わくわくすることをしたい!」という意気込み

(35)

面接前にしてほしいこと

面接 : 6/26(金)18:30~

○面接の順序は応募者がわかり次第、研究室前に掲示して お知らせします。(遅くとも当日昼までに)

○応募者は、面接当日6/26(金)16:30までにレポートを 研究室ポスト(25階事務室)に提出してください。

レポートの記入用紙は、申込日頃まで(6/24ぐらい)に研 究室前に置きますので、応募者のみ持って行って下さい。

【想定している主な内容】

◆研究室を志望した動機・自己PR

◆セミナー・卒業研究などでやってみたいこと・興味あるテーマ

◆後期の予定時間割表(曜日・時限・科目名・新宿

or

八王子)
(36)

おわりに

 研究室ホームページもご覧ください。

http://www.ns.kogakuin.ac.jp/~wwd1051/

あるいは、

Google

Yahoo

などの検索サイトで「野澤研究室」

 野澤に直接、話を聞きたい方

>>研究室

A‐2674

へ。あるいは授業の時にでも。

 4 年生に話を聞きたい方

>>研究室

A‐2674

へ。

 院生に話を聞きたい方

>>都市系院生室

A‐2642 26

階コピー機のところの部屋です)

へ。

いずれも遠慮なく相談に来て下さい。

(37)

おまけ

 ノザワのつぶやき・・・・・

大学院生はある程度 の人数いたほうが、研 究室の活動が元気に なるなぁ・・・

まちに住んでいる人っ て、男女半々ぐらいな んだよなぁ・・・

好奇心旺盛、やる気 満々で、こちらが困っ てみたいなぁ・・・

何よりも・・・

まちのことが大好きな人、

集まれ!

参照

関連したドキュメント

Copyright(c) H18-19 年度厚生労働科学研究「疾病予防サービスの制度に関する研究」 分担研究班「健診データの整備に関する検討」 厚生労働省保険局総務課医療費適正化対策推進室 Page

Press Release 報 道 関 係 者 各 位 アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団) 八王子市 公益財団法人八王子市学園都市文化ふれあい財団

[参考文献・関連サイト] 坂本光司 編著 2009「ケーススタディ

日本語文書の音声化ソフト yomi とその周辺 画面表示なしの yomi 用の音素切り出しソフト

6 因果関係を明らかにすることが期待できます。 5 さい帯血等の使用への同意の撤回または研究使用の停止について

について」、杏林大学  諏訪部直子氏の「健康 情報を読み解く(ワークショップ)」、国立 情報学研究所