• 検索結果がありません。

漢訳仏典に見られる口語の研究

N/A
N/A
Protected

Academic year: 2024

シェア "漢訳仏典に見られる口語の研究"

Copied!
41
0
0

読み込み中.... (全文を見る)

全文

串馨語史醗究における訳経文学稽語の懸値. 文学,言語の醗究轡料となるに適した訳経を観説的に議窮している.

蛛A執 縫  擶

禽理聡編著蓼仏教文献語言露(獲購書縫.舞§3〉《長尾 光之1. 仏典と塾う膨大な資料に離し,中震語史上に仏典をどう盤鬢づけるかという立 場から.嚢語種の蕎熱資料を整遷し、指擁していることは参考になる.. 書後幕離では漢讃弘典を資料に驚いて中古寧蜜語の代名講について譲達し ている。はじめに.呂叔湘蕊・縁法高総・鶴灘雛・太灘灘などをふ塞えたうえ,.

漢魏六朝の代名講を以下のように表に蜜とめて雛る..

セ.是

纏  撒

徐.霧

蔓.之

然、熱

読経では少数な麟ら文末の霞的語となるr其まもある.擁.. 檎まは蜜語となること潜でき.普選は肇称飛講のぎ飽まと1嬬にして篤いら. 古くから肇称代講であった野人遷は六朝になるとr家ま解ついて肝入家主とな った。ギ飽人家まとなることもある..

然謹麟軟語になる講は先秦には見える淋.漢魏六朝め文献には見らおなセ㌔. 六.一撰して捲し示す代名講r一饗垂. するなどの各説審ある麟,著者は先秦の言語に濃来する語気懸詞と漢i聴に発生 した代講の2種類鱒あるとして以下のようにのべる.

2ダ

パリ国立図書館蔵敦煙ペリオ文書中の 置妙法蓮華経躍目録. 2.フランス、パ婆国立緩書館(ぺ墾津文書/. ノ鰹蕾立醒書館蔵敦趨ぺ蓼露文書中のζ妙法蓮華経ま震録優尾光之/.

パ婆羅立籔書館義敦趨ペジオ文書率の罫妙法蓮華経潅§録(長尾髭之).

鋳  事

搬   授

2媛3上  儀

正.    集〉

鵬 2

麟7

パ婆国立纒書館藏敦趨ぺ夢露文鞍塗の野妙法蓮華経垂舞録(長尾光之〉. パ夢馨立麟書館麓敦趨ぺ婆言文書中のゼ妙法蓮華経雲翳録綾羅光之).

322下

中3鰺 5

欝2 了

32 魯

ノ簿蟹立錘書館蔵敦纏ぺ墾重文書準の蓼妙法蓮華経選羅録(長尾光之). 灘雛獺灘繍識響繍識翻襯織羅懸 詞 譲2下〜 畿下.

鰯 §

パ夢露立穰叢露蔵敦趨ぺ夢津文書串の罫妙法蓮華経蓋馨録(長尾光之》.

藤3下 溝 魏上〜

3盤 3

瀧 7

擬 8

パ夢蟹立麟書館藏敦趨ぺ壁オ文書中のゼ妙法蓮華経邊馨録ぐ長尾尭之〉.

難  §下

麗 3

逸(多、1    縫2

籐 3

パ墾露立震欝館蔵敦燵ぺ墾津文霧準¢耀妙法蓮華経藩警鐘(長尾難之1 魏§ 麟 §聡上 藁 縷)是桑塗. 甚為希有、饒知 上2麓臆〜. 露至 講 禦下〜 普 観逡音菩薩。餐 購霧多羅三義三菩 下露鰺 黛〜. 織 購脚下 警一無臆是融 (雛藩菩薩欄甑.

本稿は玉弱学年農科学醗究費・基盤醗究Cゼ漢讃仏典にみられる難語の醗究誰 による成果の一鶴である..

3ぶ

提敬謙ハ講詫大学︶ 古漢語ハ上古から漢代︶の選醗疑請文は難⁝⁝平地⁝⁝乎﹂フ⁝:乎:;舶・趨﹂. 露語ではこの爽餐があ巻ものは選摂嚢鱗. 暮維羅︷拳蟹鮭会科学醗語言醗寛解︶.

講書にあらわれる馨嚢語︷隠語︶を音.

3ぎ

いる.◇宋駕瞬叢話続護 王漢︵貴辮大学︶ 氏鐘唖文史軸三五二駕九二︶に等覚. つぎに警手の難表壱紹発しよう. ◇憲五代時鶏的蝿置式 劉子瑠︵誌窟大学跡手︶ 釜驚憲詩.敦燵変文︑ 鴨糧堂集軸壱資料として驚いて︾る襖越置銭に矯躰られ轟﹁将転﹁掘駄︑鍵島捻それぞ義一叢叢鰹.懇豊鯵.︸○鰹であ毒.楚置浅智筆瀬鶴つ雛ては事ナ灘︑筏敏織.欝・盛・ベネッ︸︑鬱鬱麟講授の意見は分かれて駆るとしたうえ︑連動式に繕いられている動詞が艦講秘したことを主漉とし︑上古の. 撰混を聞きた浜と跨ことで︑シンガボ量 ル︑韓遜.騒奉︑アメ鞍かの顯で話があった.麟騒賦突然籔綾されたため︑飯籟された発表者はとまどってはいたが︑全購は参藤巻も多く盛溌であった. シンガポールから慧シン潔ぷール薄洋大学寧文系雄筆激靉靆騨がシンガぷールで綾講さ観ている中麟語鐙特鍛について慰した︑ 韓蟹浄らは麟立食毒大学中文系の安欝繋跡毅授が韓麟では中麟語・寧馨文学の爾究が盛ん紅なってきていること︑な浄なかよく整欝された﹃中懇話覆究目録駄が篤行さ蔑ていることを鱗発した︒なお︑本羅肘金には率鬱鬱学申の韓国からの大学鞍生二名も参擁した.このところ韓醤からの留学塗鯵急増してお今︑大学によってはその数が騒本に次いで第二縫になって睡るところもあるという︒ 講本から慧長尾が臨本拳蟹語学会など.

醗かれていること.大学騒欝館や中蟹騰.

3ク

の全蟹鯵な学会がある凱と︑そのほ費さ. まざまなレベルで無数め学会や鵜究金が. メール・灘灘ジ聖ンク壱慧つで命中緯の.

學ん誕盤あ欝懸墨蓮の讐浸で丸年遅れ避.

参照

関連したドキュメント

r

本論文では、 「見える」 「見られる」を 9

ルイスは、作品の豊富さ、その著作はナルニア国物語、詩集、SF

フ︸つワカ︐毎 リ書ク︐芝力5 勘︸  ︐ワムウ 鴨 ウシ︑瓦︐ ︐  3顎 噛  ウ  鍵F︑ノ  鷺鴨で夕  フソフ  讐⊃

(9)  6 月

ィット、タサニー(2000)「タイ語の受動態と使役態の現れ方と動詞の分類」 『言語・地域文化研究』6: 59-79 東京:

本学人文学系および芸術・文化学系所属の専任教員、その他編集委員会が認めた本学教

桜美林大学人文学系および芸術・文化学系における学術研究の促進を図るため、『人文研 究』( 以下、「紀要」という ) を発行する。