• 検索結果がありません。

《浜-寅r、

N/A
N/A
Protected

Academic year: 2024

シェア "《浜-寅r、"

Copied!
38
0
0

読み込み中.... (全文を見る)

全文

(1)

一一~

、一】一

(ご〃当三ⅡA糾〆

戸ドゾの

△.

2 で学

|j

1.‐》八

|全

lIJnn吐戸〆

〃 .五

1塁

Q

f

II 22

芦工

91)〔

Tない×がJ戸‐ JⅡ 刊要しⅡ

吋戸外乱行〃 舅

号|蚤

'1

|〕

II のF

⑮厚・ハーJr)

《浜-寅r、

の。(-一ソ″l命

/~、

(卜ⅡIル)rr 更rⅡ1〉か

、ノ

“川訓n曲〆r

升物掛閉捌雲訓夕

紛副遅蓄

ハのィ)《川崎

Pや

胸⑥〔ひ-0⑱へ0

(2)

ハィ) 酷Ⅱ”畔c御)Ⅱ

愛川6

一戸の

)〔

4厘

八〃V

Oll

のJ戸

->⑪

ハヌー)

の)戸VO

-=)n

。〔の

-へ

〔〉〆十一J

V

㈹戸十

の)戸斗or戸命)rソ

色か

)戸″OV ハ

ハノIV

U戸

濫 の

)●戸’

ロ(

q=E Qr

(3)

(イ〕

(。)

/~、 (弓フラ

)rv0)

雲I

クワ

》Ⅱ‐

。豆 A11V

■■■Ⅱ■■ⅡⅡJⅡ1

一十のJr

。玉 iノ 0

一G一

|凡

(Or

\’

⑰ ⑩

q空 1I

(o一)r

ll

r,

ハ〃V

-r ノI

戸洲

夕吋一雄沙

「1 ll '1

ヘノIV

1

P/一

めI

(、Jノー

(ジ戸、〃‐)一一じ一

’ (§ 。、 く

〔一‐イのメー)

rD

(一イ命普‘)律‐

(一‐イ

〆#

(一.一

-0-

〆寸×P(頚し

LZ

メー十

Jr十

rノル

、=〆

今。〔

一一11.

一(-6-Jr)ヘリ

Rノー

fdll1.11合IFI

〆~、

牛1- t_ノー

GtlcJz

’ -ニテー

1ノ

のP

I

J行

》〃一D-Jr

11

rノ ノー

(4)

U、(6-〆‐I肋シ6

〉戸脾(し望、〆-1●11シ

一一

J(.。(‐一レーノハr

〉〔腰-0萱I川0

q星

G

(Ur

⑪ ⑩

G″M0

lJJo)

(0-〆″O

ハ〃V

J行

。(

》一

q-F

Q二一°亙

■一

lj ll

1ノ Pノ、』

glJ戸

一一

(一○一)〆‐イ

1J )牌

(のド

〔一.》ド十非〕

(一’一

《oノ

i、JIJJ

、_ノ

〆十沙)十

(I法〉

一o》

I

11

の円

Iノ 1

U〔

)の

片1-

(5)

へ”v

○ラリゾ

.重 Q-厘

ハ〃V

'三

g〃険

〉戸

一何J)戸

〆アす‐伊瑚、

Ⅵlハ

〃 ll

(-6コ

I X1一

)侯)』(

〆 V〃八

Jnjl

一ワジ》戸10-

○戸P

J戸

。nF,

q画 I

P

Jハド 一.一〉戸

一CJ〉戸

へ又仁)一

(叩ゾ『伽

|:

乙ナ

P

「、

、) 、

一一十

〔@し

I

rO ど’ /

(6)

品u01J日〃〃日r‐14

〔幻)きり-0¥((イパ伊)

Q_E 〃

一、牛xrPJ戸‐

|ノ

2 F

1号

旦 〆

|ノ

,-0》(ん

″》f

国 厚

1111.へ〕‐〉戸‐〃リ

一斗〆

才鰄。

ドメー・

一.壬‐〕(〆.

》(

の一両

平Ⅱ一「J

一吋畔牌〉

諦鮮

割ず叫必
(7)

(一

可 勾

斗ご戸)〃, ()侮伊 60Ⅱ9一

邸仙

I 戸

Jか

(ヅゾ リ〔〆、)Ⅱ1-IlIIIIIIlI

p今〉午vf

2 2

r,

2弾

2〆

Q兵II

剴“ 2叫

(トギ

ーイソハド

ゾ-

一十J×タ

ハ(洞Ⅱ

い肥‐隣‐

且兵

◆08日Ⅱ日日日日■日日Ⅱ0

旦裂‐〃

具rr

二l量

可FF・P〕戸

戸I

l

斗(ここⅡ

ll '1 ノ

(犀Ⅱ脾〕戸P’’一

一八)(Jハド’一

n一十J今な

n一十J〆FV幻

一十漂伊’ぬ淫p, 一j,.〕戸p,

街一十JFドゾ抑

I 、ノ

ロ戸.

〉FP,

口才津ソ

(8)

〔ノノ

(ぷ)

〆一、 ユE II

叶〔〉仁一Ⅱ

のQ)r)『″

1II1

II

〆一、 0J

|島

2 F

l 〉F十口

凶r’一

UJ

J行P

〆一一G EG

夕復

一一ヘ

11

Jr・I’一

'

J〆‐イド

J戸イ〆

、60Ⅱ68日0Ⅱ1IIlllb9

J戸’’一

rD

研畔〆

Lノ

l 2C

ユジ戸

Pノハー

(狸

、乳,

ll

〃″四戸

r 兵 W こ-I→

{)戸一MW

(〆I(〕I

I

〔J戸#’一)M‐

(》戸

I 《ノ〕

(〕(十P)

ノI

ll

ll

(〕戸い)

I

J戸〔

〔)〔

一)轡1

PJ行

I・戸

I)

〔〕右斗P)

(J〔,’一一

I

PlJr)

I

〉八jイロ1

x’一

(百J戸l〕〔〃‐)

一)P,

rO J

jJ戸

11 1 ’

‐十J〔P

(J〔4.〆〕()Fjl-)

O<

(堆

凸■■Ⅱ日ⅡⅡⅡⅡⅡⅡ■j卜IF‐1110可』

〔)r’’一〉僻

》〔牌I

1

(ぬl‐J戸

(IのjJF)

Lノ

、_ノ

トノ
(9)

当 戸卦 ⑪

=十

⑪ ど

一夢一W

()〈)W

×(〉PlI管)l)畑

一- 0

○八

r'

〉八″6

ロハ 八◎

rj 脚

〉〔

べ↓/

(PI)r)

J〔

Qヱ 9二

〉(

」 ハ〃V

O

三 」

1,J戸

〉(い‐わ

Jハド.

十8

rO I

Iロハ

8

j〆‐

ロハ〆‘わ

」 ○

0

ll

、一》,,0

l1lIlJO

J戸 の》r

(〉FllJlィ。U

{IIJ作‐IIJjイ9○

ハノ卓

G

イ○○

、I

c-f・ ヘミ

j,Ur

例〉衿)″〕戸〆の

今偶〉

、_ノ

(10)

(叩)

(叺v

cな

h牌‐胤肪I凡戦凡《土

9〕rf‐‐引司N訂・‐剖当川剛い

。重 〃

こ=↓、

()希)

一〃JJ〆‐

〉〔〆I

一o到 (憎〉戸イーゾ

rl

F1-- P 牛 Iノ

II

〔》侭一一m唖

-6の

|”

画‐)仁子一

F

(一o》Jrノ、戸戸I

p‐》か

誤'一

)ハィ

ハルー

J戸〆

)八千 Jn千

I

け銅Ⅷ

{。》J〆、ゾ

PJr十一

一公レー)〆

-0印J戸

秘洲ノ,汁ダ判

(J戸〆‐』

P‐)戸

(11)

巴仏

け 一N

c-I-、

(Q一

声〃戸

一声

〒}

一げ

十“少可ハタ帥叩中乳

〔、ソ

+牛、nV

nJ合01戸)

(12)

士→()侭)。V《U

価評〉.(×炉(々人7-

p八以一八ハハヌドハ

-TT

「〔X)〃叩学()戸)!‐牛〔n〉〔)行!‐P)1,4旬、〕倖秤〆ハ

’二

丁〔〆)″斗實(〆)v6.111少刀「「)が)(P(ゆ)h黙淑

T) -q

、ノ

〆剤,

〔〉拝)

一『

〃 く+

〔)戸)11斗「〔〔〕

I

ゅⅡ妙

叫向〆)Vへ戸)〔〕(‐‐戸)’十‐」〔〔〕

、_ノ

-71

丁(JcVO〆朴戸) (

可〔〕《{)八「・〔戸〕八打nU(戸〕

(や)〃WA)

一一

ツタ〃〕ヨ刷一奉菅/

谷〆山洞f〃

(13)

FJ/-

酬忍

(一)

(二)〆〃

』 こ十

c-+、

〕n)

<--↓‐

、〃 (p一

〔)卜)

八、/ fb

0

八 、/

/~、

こ-イヨ

ロハ

(戸)()戸jn)

rP (P一

八γ)〕

十斗

脾召調、一汁〆全

へn)

Pの

(cへ

/~、

。郵碑

〉戸

fも

、_ノ

(14)

ノr、L

(15)

琴ⅡのIホメー

〉(

》一

△宮 Q宮

輩″‐j》〔

》芦Ⅱ

|j

‐心椰メダ、

(J〔P

○戸)

I

一)

+(1JF)(心歩Jfr)

側咋得F

イ(-〆)(‐〆)Q牛〆診‐

〆、

○<

vO

(16)

() J戸

I 今宣

、 や号

一豆崎

〕戸

1

Iw〆 一r

88

I 歩》rr

P〆削

』 』

18

6

(17)

。_ご

U( の〆

Q_r-直 qヱ ・丘

》一(

|’|ノ

(〉〆半一)

〔〉〔

つ戸イジ、)

の〆‐十

rO

)戸I

〔メイー)わ

J戸 J戸

(の)

)戸

〔)か‐イ{)

竺仙口戸イジー

(18)

J戸

〉(!

上 』

今9

9

ア〆

9〆J‘

○ハ

『Mrb

J戸

II

の一F

「ナ

I〆の

I剤

〃1,コ戸

上 8 土

I O ll

I

ろ 小

ロハ・わ

J戸

(19)

》Ⅱ

》二″

/i

一jイ〉戸P、

J戸

(一I

j〕J戸へ一十〉(r)

’ 1

Jハド)

I

1伊芦‐

IF〆日(一十〆r)I

(一十

(一イ

(一十J〔P)ギ

》一Ⅱ

HP〕千

{(一十J(や)

I)

〔(十

〔一十J〔P)い

×ド)科‐

|ノ I

戸鋤間)一(一イ)(〆)

(-1〉〔卜)

J(下)w

で~、

F1,

や〆

r一、

間((j,JFr.)}

〔一十J(〆‐)

ヘーイ

LIIIII0bⅡⅡⅡ叶凸■■■■■且

一千。〔r)〆

I

一斗ロ戸P)〆

(一IJF〆‐〕

f,ミノ

11

〕戸凹!

又や)P

11

J戸

I

〔一斗ロ伊r)

○戸

1J戸

I

〆や)P)一

(一イ〉戸F‐)『

や芦‐一戸I

1

I

((十J戸?)〉

坐(種f

凸豆■■■J■Ⅱ■ⅡⅡⅡⅡⅡ■伊

FJ

il

塁学か

~、 兵

P〔卜

,F、 I)

一寸ソ戸

)r(一十)〆r)

|登

2 F

、_ノ

P)r

;|:

(20)

J谷1JHQ0p行削‐

岬へ砂シ一一斗〉耐一《〆 ・け洞w乳洲〆討食淘

〆 qFq-gP

。兵 I

tリハ

一十Hで II

》戸

師予令一 1句、l/命

‐‐l『〆

斗I

’ ↓

。aオ〆

1)

’ 1

I

-F|后 r I咋一‐〕〆

~〕 ドレ

等-ノ

.F|句 f‐

1C I

I

I +

I

0 I I

I

1

1- O

I

(21)
(22)

や、クノ

|童

n一)

ハィ)

い”〃 〆〆

ロ一宮 I)

似い禺牌

O

c-ナー 〔》r)夕

rO ×

け詞脚乳糾訓

、ノ7

〔伊ソ

△エ II

孔ダ叫

c虫 Ij U戸

深の

一ワーュ戸

1,@戸

〈似U

o寡 II

一⑫函J戸1

》戸

(23)

I

U‐帆l子制叶シ愚夕廠閏〃

G拾

一(んγ)‐j華〔ロ)腓mO

ww沸弐山のか〔々一鉢){〃‐詞嗣

〔〉か)

崎〔〆,)″一四(斗(〉〈}1斗〔p))‐1エハ型〔〆-1》(p))

雫(ゆ)〃

一四〔当21句〔p))l矛

一一

罰(p)″‐○

ア〃斗(《γ)1斗〔p)、

の〃一(の)I亜戸G炉)

(Jか》{詔

c-+

QPQ

斗角Y)‐1号(。)

“I

戸cld〕111ルーア

い(」ゐぞ)j’一(P)

同。|中〕11l山一ア

J

こ」叺』

>二

一Jcdf‐鋤・兵

Iノ

一(、)

0ⅡIUIUi81d8Ⅱ■■ロ■Ⅱ0日日Ⅱ日日0J◆

》「〔行)

(心(弐一’’一(p-

、_ノ

ひノ

同○〕夕謬応識〃翰紗w lj

〔。11111,〆〆ぷ悲』鉱訓4勺

|釦

){ユバ

、_/ 1I

作郭〆,ハ

アタ‐アーw″0

(24)

〔-召

《〆

一「へ何)〃16

レョ《〆

行、

辛(伊)!》戸P〉)牛

,宍。

⑭(へ〆一‐I》〔r〉Ⅲ討叩0

アヴー(戸

今」

(ノノ <-61

牛『貝い写

牛(載一1斗(。)

〔一卜r~)

》(徳)I

へ〔〉

〔Pし

<子弓

〔ロ〈

〔〔)刈り〔U

〃 0

l

I

》(。)

句戸)

岬蝿

売添ノ

》「〔)〆)

》「〔〔)

ll 〃

甲(ゅ)‐計らソ

〈網凹{

斗冷、〕

》「〔戸)

剣献

l1 0

一旬所

一似

F計

1

}芦。

四吊戸〕

『n戸) 』

6
(25)

’ 一P討一・丁P師研一阿 牛

(〆一同割)

冊瞬『”

J(ⅡイP

似叫申少7吋クグ;ロ〃・ヌターラ|〃利が

〔ア、一四ツ

牛(〆)〃等

トコ

説洲 部悲々ガー 誕勾

了一

P

(p)+半「(夕)〔〉んjp)十

ィつ

Jr

~刀

、_2-↓ 公=ノ

「戸~F~1

{一

pU戸・

一山

P

勺)

1

(26)

n 〃’

,

Tへ)F}〃肌

j〃「

T〔J〈)0

4)

〔〉戸)〃叩

〔)〆)

〃)

似剖諏討

(J〆‐)

ノノ c-+-'

〔十

〔〕r1匁) r

牛〔P)

〔〉戸ノーjI

ll

W tjl

八)戸‐!p)

I

/ <-1句

刀「(向一)!l祠一〔夕)

〃(J谷)l小(p)

一一

〕か一ひrp〃ゾ(夕

# (ダダ劃

-7~7

つ戸一)

〔〉戸)

(ロ.)

1打(夕) j

つげ

()戸〃I

〃一(p)

0

J亨

orJ

.〃″『

ず(夕)″

P〆口夕夛

〔-イ→ ll

〔ロノ〃MO

ll

I

却一(のnF)

のF〕

《ヅ

、(つ〔一〕

.7~1

(つぼ)

郵詞

〔戸一)

一V

が詞

丁(2JⅢ16

』、

ll

(タン

一一

牛「っp)

lllljlIIllⅡ日Ⅱ10110

【牌

r, II

G

(27)

⑥ c-+ ‐十三

斗二〉(差)

〔)戸)刎服

()戸一‐川M89

P″6

(◎い

Iノ

雪イ)戸や

八一十)戸)椴

、一イ)rソ

市一(》戸)″ 一手)か

|‐

戸)川〃

g メ Ij

l

窪 戸

IJI

1ノ

心戸

Iノ

計イー

旦卜一GJ〆)

牛ご旦勇 刀戸

“〃

7-〃

Iノ I

画〔

(〕F)

坐(-0一F)

シ〆坐 シメ‐

戸″一イ》戸

戸'一

I) (O

) V

戸ぃ

一〃

J〆

VO

LE

,9J戸

の介什@し

Illlr‘’

一イJr

匙〆

(28)

c\っ 皇十

局J川川Ⅶ川「()二〃

②(夛仙 斗

酔一功趨 ¥(‐》

(○)n脚一

(ク)リレ

4(Jご〃斗(三十

(ソ″‘○

〔Jr)

~タ

|〃

斗一(夕)(J〔!‐P

|ノ "--h

午〔夢)

一四)

〔‐イーヲ

〔辺玉仁一‐″Ⅷ

,-J

軍〉、牛(叩ゾ〆嵜似.

ソ+牛弛

〆J沖斗虫向ヅゞ(浜〃v戸ターラ|膿試諒

(pソ八)行lP)〆

/~、

(一十L沼)八ゾ、ⅡLn-lイメ)又’一

兵〃マイ)〆

P

(29)

ヨ 詞 .'卜 一十叶〆 〃

Iノ

卜jj--

/~、

卜'し

一U剛 J戸

〉戸

崎や〆

j

Col__

I、'ルー

、_ノ

(Iルゾ

111111111収

(一イ何)〆

ロ戸今I

9戸

(30)

トノ画 《罫いい〆一

上 e

〔-ナの く一十

のメ

J《

()〆).〃r

〔Jハ)〃僻

牛(◎ゾ〃一

ll

食″G

の芦

叶売。ン

(十

○ハ

斗豆)

″″科

+い{P)

牛へ()ご〃

(○)

手賓.)』

Iノ 十

Ⅱ一

侭迎〔

牌にし

◎戸

竿へへ《〆)〔メj‘P》j,

ド|の〆

〔芦jPソ

O〃

》《

誤l安)P

C芦

U戸

こ-l-、

一(

夕〃試夕司口

ナー伸昨Ⅲ催し()〔1.戸ノP

(声)Ⅱrの

#,

凶叫沖制阜のヅー

ヲヮ詞が叫学

(-歩

牛へ三

一○F)

)か

′己

〕〆I

(31)

研門師

凸■■■■■日日11.IiIIIIIIⅡⅡⅡ卜L

』 c+ 1

ノノ

〔一ナ、

<十

一一

(》戸)

くチ

()が)

、/

vO

<-イー

(夕)ナ

人汁)

斗へ。)+¥一(タ)()(j‐P)

JV叶(P一‐手 や(の

く+々

I

(P)

(口(

く-斗.

iく 刀

金一)

P)

(〆‐Jp)

r・) ノー

争二〔向J

rr卜LL

(い〔

戸)戸‐,P)

P)

(32)

四一同一『夕

I

何(j〆)Ⅱ

J,

1 小刀 3に

『ワN-7夕

〔一十

〔〉戸)

dハ#

叶(〉信一!‐

〔J〈

Wノ

ヘガゾョr〕

" I

<十ll 夕

P)ん

--

ll

T(〉〆)‐rT〔F)

190100日111ⅡIIII110Ⅱ0688Ⅱl80111Bll■1口080■ⅡL

卯〔〉二I印〈夕)

(夕)

w{→

〔-+

I

(つ戸)

一+

J(

Pか

I

づぞ〃

G=

千一へp)

〔シ、二)

P〃〆夕

〃←? に‘

〔〆I幻)

卵(〔、|)

〔ア、一))

ヨ|”誠崩

丘|‐

十斗斗扇〆9

l

r』ノー

〕マ訳へ舟m鋤

111

I <+可一

色一十>

(p)

一ニ

一一

(P〕〔)〔‐JP)P‐

n封戸p一″0

必言剴

》一⑧〃1JI〃|測脚一却〆

nJ(

一二F

斗毒祠

l

〔メータ)

{鼎J‐

『〃

J〔

力〔ど〃.0

4戸2〃”0

| ’

V

(33)

I

吃一割

1

酬〆VO

〈《(一

〆引一

等〔γ)〃

O c一○

ww卵討叫叶

で℃

〉《

J〔

州鄙州へ

のメ『

e II

の今《

ずゞ

-LfO

<-卜

(『叶平←妙〆‐

〉行

伊グ〃

Vル〆

昨〉戸下

()戸)

(c)〃

U伺十

ロハ

貝.〃6

G序

魂(o)

r′

11x側十

P一

|ノ

い ○〈ー ’一

一(

《、・'1-

()戸)

ゾかタコ『〕

川Ⅱ牛(ブ

‘-トラ

一一

望|-

(c)いⅢ一

一〆

C ○

がが

〔J戸一州Ⅷ

<b

(~,I

U何

《ノノ

ノ戸

」 ’0 「つ つ 〆

0

(34)

③ c-+7

牛cジ

〔〉()〃

(6)、{千‐〆)

イノ

一。》

q(ロJ十斗((P)

(今イ)FJ

lノ

ll

G十

×‐1- ,,・かP十

q、

靴夛)っこゞ〃

一(

牛(J二叩”

(J戸)Ⅱ味

‐〆1匁ゾィル屯一回)

J戸

+昨〔‐I-UJr牌‐

|‐

I

一半Jf

I-

(AJ ー一

n(十〕《〕f

(一イv戸)い

|〆

P 、-〆(,,

里ノー

(〕〔lp)

-イ.

(-I-

4-{。)I

里'一

千二〔。)〃’一

O II O m II

|Ⅳ

牛(似一伊)ハ)〆lP〕

((lイnJ似

Jの

,/J 0

(35)

|童 |萱

で‐ し十

pnv0

(〉戸)汕叫 JハハF《。

9H犯心 夕制”〃

一ou

PUC

({0イ)rソ

夕H那鋤

‐ラー

V八

〕瓠謝

ロ戸1,〆

{。W一,夕

)r〆,

○ ハ r、

所剖侮

〉合

(36)

茸一J『夕

一夕

八イ こ-+、

〕戸

いノ

〔〆)

罪が〕

,#

? 夏 li 〔‐ナ

p・~

(p)‐イ争一(p)《J戸jP一十

11

(〆〆

宣一鋼哉半々幻

b〃

‐ィ訓斗言〉〔3

r~、

J(夕 ア、

一〕)

弓|r科計

。雪桝

()戸‘,‐○シ)‐イー,

〕戸

+ | ‐

l一う

11 11

命戸身’一)一

〔声1戸)

ベ紙ゲ(→

群〉

〔夕)

(′』

〔重j一)夏j一

牛(P)〔¥j夕)

〔済IP)

I 、〆』

(37)

斗C二〃ん・戸

|童

アーlツ

手ろ

P〃。

プ〃イー

蚕〃イ

(b

〉(

例〕

II

q〔琴)Ⅲ

しナ

辨計皇P

(J〆》“r

強方)〔・ゾ”上

つ戸

一。-

{c》、(手

-↓. r'ノー

({イ〉戸.ソ ザ〆#

一一

。、‐イ

○ケ

P″0

P。。

1 0

卜 声b

←一

(〆

U(

が都

|→

00

一寺

rO

(三J一ソ一

|‐

rラ

on

●か

(38)

H

q垂 ll c-f 《Jr》

ll

ロハ rb

PUF

への口群し、″pの

P〕〆

郡劉

、〃

乳説

一角

叫心量目

参照

関連したドキュメント

まずゝi乙㌻而対応法は,櫻誇哉点を利川しそのi】乙i鶉は決定し  

[r]

[r]

そこで,火災原因の変化に対応して消防 機関は火災を防止する PR が必要である。例

佐藤道郎・鋲賀一博・口ノ町誠・福島博文・森 芸: 摺ケ浜の砂流失に関する現地観測, 海岸工学講演会論文集, pp.. 佐藤道郎・浦上博行・西原克夫:

1950 年代から 60 年代にかけて北アメリカに Zen-Buddhist が増え、ビート派詩人たちが多くの HAIKU 詩を書いた。 1963 年には最初の俳句専門誌 American HAIKU が創刊され、 1968

[r]

では,日本語教師として,学習者の欲求にどのように向かい,支援していけばい