• 検索結果がありません。

教員研究活動の概要

N/A
N/A
Protected

Academic year: 2024

シェア "教員研究活動の概要"

Copied!
28
0
0

読み込み中.... (全文を見る)

全文

(1)

教員研究活動の概要(平成30年4月1日~平成31年3月31日)(2018. 4. 1 ─ 2019. 3. 31)

1  著書

・ Fundamental Science in EnglishⅡ 亀山太一・青山晶子・

武田 淳

成美堂(2019.1)

・ 授業力アップのための英語教育学の基礎 知識

佐竹直喜(久保田章・

林 伸昭(編))

第14章(リーディングの指導と評価, pp.234- 248) 担当:開拓社 2019年.

・ Fundamental Science in EnglishⅡ ─理工 系 学 生 の た め の 基 礎 英 語 Ⅱ ─ (Work book)

石貫文子・井上英俊・

大森 誠・紙谷 智・

佐竹直喜・菅原 崇 亀山 太一/青山晶子/

武田 淳監修

Workbook 担当:成美堂 2019年.

・ Nanolevel Surface Processing of Fine Particles by Waterjet Cavitation and Multifunction Cavitation to Improve the Photocatalytic Properties of Titanium Oxide

Toshihiko Yoshimura, Kumiko Tanaka, Masataka Ijiri

In Tech, Cavitation, (2018.11), pp. 1 -31.

・ 実践的技術者のための電気電子系教科書 シリーズ 電気回路

遠山和之・稲葉成基・

長谷川勝・所 哲郎

理工図書・pp. 1 -242, 7 . 8 章・ISBN978- 4 - 8446-0875- 2 (2018.4.)

・ 続・作って,遊んで,理科がわかる!身 近な素材で楽しむ工作教室

羽渕仁恵(分著) 日本評論社(2018年 6 月22日)

・ 水理公式集 2018年版 鈴木正人(分担執筆) 土木学会(2019.3)

2 章4.3. 1 ~ 3 , 2 章4.4. 1 ~ 3

・ 岐阜市史 通史編現代Ⅱ上巻 鶴田佳子(共著) 岐阜市, 2019年 3 月

第 2 部第 2 章 都市計画とまちづくり 1 - 2 および 2 - 2

・ はじめての「SonyNNC」 柴田良一 工学社・単著・2019/ 8

(2)

2  学術雑誌に掲載の論文

・ Effect of Weld Line Direction and Paint Orientation on Corrosion and Paint Deterioration Characteristics of Welded Part of Steel

M. Hirohata,

F. Takeda, H. Konishi, Y. Itoh

Corrosion Engineering, Science and Technology, Aug. 2018, 11 pages.

・ Galvanic Corrosion of Aluminium Alloy Members of Bridge Guiderails under Severe Atmospheric Exposure Conditions

M. Emmanuel, Y. Itoh, A. Kaneko

Corrosion Engineering, Science and Technology, Nov. 2018, 12 pages

・ Surface Roughness Characteristics of Corroded Steel Pipe Piles Exposed to Marine Environment

N. Gathimba,

Y. Kitane, T. Yoshida, Y. Itoh

Construction and Building Materials 203, 2019, pp.267-281

・ Sn添加鋼材の大気腐食環境の補修塗替え 塗装における腐食劣化特性と耐食性

伊藤義人,須崎雅人,

廣畑幹人,菅江清信,

上村隆之,壱岐 浩

土 木 学 会 論 文 集A 1 , Vol.75, No. 2 2019 pp.

239-248

・ 高専と大学の工学教育を経験して Quick Thoughts of Engineering Education at Technical College and University

伊藤義人 工学教育 Vol.67 NO. 4 2019- 7 pp. 25-26

・ 演習形式による消費者信用制度理解促進 の試み ─消費者教育の実践例として─

久保田圭司・空 健太・

小早川裕悟

岐阜高専紀要, 54号, 1 - 5 (2019年 3 月)

・ カズオ・イシグロの『私を離さないで』

における記憶と語り

野々村咲子 岐阜工業高等専門学校紀要,第54号, 6 -11

(2019年 3 月)

・ 「ベトナム銭流通に関する一考察 ─中世及 び中近世移行期日本との連関性から見る─」

小早川裕悟 出土銭貨研究会『出土銭貨』・第39号・135-

152頁(2019年 2 月)

・ EFL Learners’ Demotivation Reduction Through Goal Setting: Examination Based on the Hypothesis Model

SATAKE Naoki SELES Journal(四国英語教育学会紀要)39  1 -16 2019年.

・ 英語ライティングにおける気づきからイ ンテイクまでの詳細分析

佐竹直喜 岐阜工業高等専門学校紀要 54 12-17 2019 年.

・ 高専生のための英語教科書「Fundamental Science in EnglishⅠ」を使用した授業実 践報告 ─高専 1 年生の場合─

佐竹直喜 全国高等専門学校英語教育学会研究論集 38 

11-19 2019年.

・ 学童野球選手の野球技能と複合的運動課 題成就能力の関係

岡 将志・久保田浩史・

松本香奈・渡辺直勇・

麻草 淳・篠田知之・

川端 悠

教育医学, 第63巻第 4 号, 315-323(2018.6)

・ Control of rollover of sheared edge in punching of high strength steel sheets

K. Katoh, K. Kondo Procedia Manufacturing (Elsevier), Volume 15, 2018, pp.584-589. (2018年 9 月)

・ Shape optimization of unsteady natural convection fields

E. Katamine, S. Imai, K. Ishii

Inverse Problems in Science & Engineering, Vol.26, No. 5 , (2018.5), pp.691-707.

・ Shape design of heat convection fields based on the adjoint method

E. Katamine Mechanical Engineering Reviews, Vol. 5 , No. 2

(2018.7), DOI: 10.1299/mer.18-00046, 17pages.

・ Shape identification of unsteady heat convection fields to control temperature distribution

E. Katamine, N. Okada

Proceedings of the 9 th International Conference on Computational Methods (ICCM2018), Roma, Italy, (2018.8), pp.595-602.

(3)

・ Shape optimization problem for stability of Navier-Stokes flow field

Y. Kiriyama, E. Katamine, H. Azegami

International Journal of Computational Fluid Dynamics, Vol.32, Nos. 1 - 5 , (2018.8), pp.68- 87.

・ 非定常粘性流れ場における形状同定問題 の解法

片峯英次・尾関優汰 日本機械学会論文集, 84-868, (2018.12), DOI:

10.1299/transjsme. 18-00323, 17pages.

・ Visualization of flow patterns in a cell of redox flow battery by infrared thermography

Hiroshi Tanaka, Y. Miyafuji, J. Fukushima, T. Tayama, T. Sugita, M. Takezawa, T. Muta

Journal of Energy Storage, Vol.19, pp.67-72

(2018年10月)

・ Numerical evaluation of aerosol exhalation through nose treatment

H Calment, T Yamamoto, et al.

Journal of Aerosol Science, 128, 1 -13 (2019.2)

・ Influence of the location of nasal polyps on olfactory airflow and olfaction

H Nishijima, K Kondo, T Yamamoto,

T Nomura, et al.

International forum of allergy & rhinology, 8 ( 6 ), 695-706 (2018.6)

・ ゼロから始めるCubeSatモデルの設計と試 作 ─学生との共同開発を通じたCubeSat 開発課題の検討─

中谷 淳・土屋華奈 岐阜工業高等専門学校紀要(CD-ROM) 54 号 pp.18~25(2019年 3 月)

・ オンライン会議による工学系製作講座の 実践:宇宙人材育成のための缶サット講 座

笹岡由唯・上園波輝・

梶村好宏・中谷 淳・

北村健太郎・

上田真也・高田 拓

工学教育・第67巻・第 2 号・pp.63-68(2019 年 3 月)

・ 宇宙技術教育のためのCubeSat地上モデル の開発と活用実践: 1 .機体開発と製作 講座

上園波輝・笹岡由唯・

中谷 淳・土屋華奈・

梶村好宏・北村健太郎・

上田真也・高田 拓

工学教育・第67巻・第 2 号・pp.95-100(2019 年 3 月)

・ 宇宙技術教育のためのCubeSat地上モデル の開発と活用実践: 2 .機体開発と製作 講座

中谷 淳・高田 拓・

梶村好宏・北村健太郎・

上田真也・土屋華奈・

上園波輝・笹岡由唯

工学教育・第67巻・第 2 号・pp.101-106(2019 年 3 月)

・ Education in Aerospace Engineering: A Report on the 2016 KOSEN Space Camp

若林 誠・篠原 学・

島田一雄・高田 拓・

今井一雅・梶村好宏・

中谷 淳・

北村健太郎・

村上幸一・浅井文男・

徳光政弘

一般社団法人 日本航空宇宙学会 TRANSACTIONS OF THE JAPAN SOCIETY FOR AERONAUTICAL AND SPACE SCIENCES, AEROSPACE TECHNOLOGY JAPAN TRANSACTIONS OF THE JAPAN SOCIETY FOR AERONAUTICAL AND SPACE SCIENCES, AEROSPACE TECHNOLOGY JAPAN 17巻  3 号 pp.392~397(2019年 1 月)

・ Steel processed by water jet cavitation with ultrasonic irradiation

Masataka Ijiri, Daisuke Nakagawa, Kumiko Tanaka, Toshihiko Yoshimura

10th International Cavitation Symposium,

(2018.5).

・ Surface modification of Cr-Mo steel by a new water jet cavitation technology

Masataka Ijiri, Daichi Shimonishi, Kumiko Tanaka,

10th International Cavitation Symposium,

(2018.5).

(4)

・ Stress relaxation behavior of cavitation processed low alloy steel

Kumiko Tanaka, Bin Shinohara, Yudai Kitano, Daichi Shimonishi, Daisuke Nakagawa, Masataka Ijiri, Toshihiko Yoshimura

World Congress on Micro Nano Manufacturing,

(2018.9), pp.203-206.

・ Nano-Level Manufacturing by Multifunction Cavitation

Kumiko Tanaka, Masataka Ijiri, Daisuke Nakagawa, Toshihiko Yoshimura

Journal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Manufacturing, Vol.12, No. 5 ,

(2018.10), pp. 1 - 8 .

・ Thermal Stress Relaxation and High- Tmperature Corrosion of Cr-Mo Steel Processed Using Multifunction Cavitation

Masataka Ijiri, Norihiro Okada, Syota Kanetou, Masato Yamamoto, Daisuke Nakagawa, Kumiko Tanaka, Toshihiko Yoshimura

MDPI, materials, 11, 2291, (2018.11), pp. 1 - 9 .

・ Fatigue strength improvement of aluminum alloy by cavitation processing

Kumiko Tanaka, Toshihiko Yoshimura

International Journal of Scientific and Technical Research in Engineering, 3 , 7 ,

(2018.12), pp.46-51.

・ Stress relaxation behavior of cavitation processed Cr-Mo steel and Ni-Cr-Mo steel

Kumiko Tanaka, Daichi Shimonishi, Daisuke Nakagawa, Masataka Ijiri, Toshihiko Yoshimura

MDPI, Applied Sciences, 9 , 299, (2019.1), pp. 1 - 9 .

・ On Capacity with Incremental Learning by Simplified Chaotic Neural Network

Toshinori Deguchi, Naohiro Ishii

Springer, Theory and Practice of Natural Computing, TPNC 2018, Lecture Notes in Computer Science, Vol.11324, pp.377-387 (2018)

・ 岐阜高専シニアOBと連携した企業技術者い ち押し課題によるMoodleを用いた学修支援

河村洋子・田島孝治・

山田博文・所 哲郎

電気学会論文誌C(電子・情報・システム部 門誌)Vol.138, No.12, pp.1500-1507 (2018.12.)

・ 事例紹介 岐阜高専における外部機関と の連携による体験型原子力教育の実践

柴田欣秀・所 哲郎 日本工学教育協会・工学教育 J. of JSEE, 66- 6 , pp.88-93 (2018.11.)

・ Analysis of temperature and q-parameter dependencies of FCM with Tsallis entropy maximization

M. Yasuda Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics, Vol.22, No. 5 , pp.666-673, (2018.10)

・ PMSM位置センサレス制御のための仮想 誘起電圧表現に基づく制御用モデルに関 する考察

近藤翔太・道木慎二・

松本 純・冨田睦雄

電気学会論文誌D(産業応用部門誌), 139巻, 1 号 , pp. 1 -12, (DOI: 10.1541/ieejias.139.1),

(Online ISSN: 1348-8163, Print ISSN: 0913- 6339), (2019.01.01)

・ Stimulated Raman amplification in GaAs/

AlAs intermixed superlattices

I. Tomita, S. Saito, D. C. Hutchings

Phys. Rev. Applied 10, p.064005 (17 pages)

(2018.12).

・ Anomalous zero-group-velocity photonic bound states with local chirality

M. Sotto, K. Debnath, A.

Z, Khokhar, I. Tomita, D. Thomson, S. Saito

J. Opt. Soc. Am. B 35, pp.2356-2363 (2018.8).

(5)

・ Polarisation rotation and mode splitting in photonic crystal line-defect waveguide

M. Sotto, I. Tomita, K. Debnath, S. Saito

Frontiers in Physics-Optics & Photonics 6 , p.85 ( 9 pages) (2018.7).

・ Highly efficient cascaded-difference- frequency generation in periodically-poled LiNbO 3 devices with resonators

I. Tomita IEEJ Trans. Electrical & Electronic Eng. 13, pp.1214-1215 (2018.4).

・ 操作性・走行性能の高い全方向移動車い すの開発とその制御

北川秀夫 地域ケアリング, Vol.20, No.11, pp.82-85, 2018.10

・ Fubini’s Theorem for Non-negative or Non-positive Functions

Noboru Endou Formalized Mathematcs, Vol.26, Issue 1 , pp.49-67 (2018.4)

・ 減速比に着目した低重心型二輪移動ロボッ トのモデル化の検討

土屋充志・小林義光・

奥川雅之

計測自動制御学会中部支部 教育工学研究委員 会 教育工学論文集, Vol.41, pp.45-47 (2018.12)

・ 画像処理とオドメトリを併用した移動ロボッ トの軌道制御に関するの実習教材の開発

岩田鉄平・小林義光 計測自動制御学会中部支部 教育工学研究委員 会 教育工学論文集, Vol.41 pp.63-65 (2018.12)

・ Optical measurement of instantaneous ultrasound field containing light scatterers based on laser deflection method

Takanobu Kuroyama, Koichi Mizutani

Japanese Journal of Applied Physics, Vol.57, p.07LC12 ( 3 pages), June 2018.

・ Verification of contact force estimation method for the bone-conducted sound transducer with human subjects

Ogiso Satoki, Mizutani Koichi, Zempo Keiichi, Wakatsuki Naoto, Maeda Yuka

Japanese Journal of Applied Physics, Vol.57, No. 7 S 1 , 07LC11 ( 6 -pages), 2018

・ 簡易な現場地耐力試験の性能評価 若原千惠・玉手 聡・

堀 智仁・吉村優治

第13回地盤改良シンポジウム,日本材料学会,

(CD-Rom),2018.10/18~19.(査読付)

・ 岐阜高専における学科横断的原子力教育 の実践

吉村優治・藤本明一・

柴田欣秀・所 哲郎

「共同教育を通した特色ある実践的工学教育」

事例集,東海工業教育協会高専部会,pp. 1

~ 2 ,2019.3.

・ 岐阜高専環境都市工学科における卒業生 との連携による共同教育の事例

吉村優治 「共同教育を通した特色ある実践的工学教育」

事例集,東海工業教育協会高専部会,pp.21

~22,2019.3

・ 山地河川における河床変動と魚道の流入 土砂量の制御

和田 清・橋口喬太・

藤田裕一郎

土木学会河川技術論文集, 第24巻, pp.131-136, 2018年 6 月

・ 河川および農業用水路網における水みち の連続性に関する研究

和田 清・森 誠一・

米倉竜次・橋口喬太

土木学会環境システム研究論文集, 第46巻, pp.195-200, 2018年10月

・ 岐阜県外来生物情報システムにおける高 度情報提示の開発

廣瀬康之・西中智樹・

前野航輝・丹羽拓実・

田島孝治・浅井博次・

藤井勝敏・棚橋英樹・

馬渕洋介

情報処理学会, 第17回情報科学技術フォーラ ム, CO-010 (2018.9)

・ Influence of tetramethylammonium hydroxide (TMAH) on the microbial properties of anaerobic granular sludge acclimated to isoplophyl alcohol (IPA)

wastewater under psychrophilic conditions,

Danshita, T., Miyaoka, Y., Matsuura, N., Sumino, H., Yamaguchi, T., Syutsubo, K.,

Journal of Environmental Science and Health, Part A, 53 (11), p1015-1021, 2018

(6)

・ Evaluation of process performance and retained sludge properties of a psychrophilic UASB reactor for treatment of iso-plophyl alcohol ( 2 -propanol)-containing wastewater,

Danshita, T., Miyaoka, Y., Sumino, H., Iguchi, A., Yamaguchi, T., Syutsubo, K.,

Journal of Environmental Science and Health, Part A. 53 (13), p1177-1184, 2018

・ ロッキング橋脚の自立化で基礎に作用す る地震力軽減のための橋脚柱の浮き上が り免震機構

水野剛規・後藤芳顯 土木学会論文集A 1 , Vol.75 No. 1 , pp.26-45, 2019.2

・ ロッキング橋脚の自立化に伴う基礎への 地震作用軽減のための免震・制震機構

水野剛規・後藤芳顯 第21回性能に基づく橋梁等の耐震設計に関す るシンポジウム講演論文集, pp.389-396, 2018.7

・ Singular Behaviour on Folding Path Characterised by Rigid Foldability Analysis

N. Watanabe “Origami 7 ”, The proceedings from the 7 th international meeting on Origami in science, m a t h e m a t i c s , a n d e d u c a t i o n ( I S B N 9781911093923) 4 pp.1027-1042 (2018.9)

・ 内構材をもつ実矩形貯水槽の簡易バルジ ング応答推定

渡邉尚彦・宮崎泰樹・

行田 聡・青木大祐・

坂東芳行

土木学会構造工学論文集 65A pp.305-316

(2019.3)

・ 体積変化量に着目した七里御浜井田海岸 の海浜変形特性に関する研究

趙 容桓・小林泰輔・

菊 雅美・中村友昭・

水谷法美

土木学会論文集B 3 (海洋開発), Vol.74, No. 2 , pp.I_647-I_652(2018.9)

・ 高等専門学校における地理と土木とが連 携したモビリティ・マネジメント教育の 意義 ─単元「持続可能な街づくり」の開発・

実践─

阪上弘彬・川端光昭 日本地理学会・E-journal GEO, Vol.13, No. 2 , 549-559 (2018.12)

・ コペンハーゲン市ローカルプラン策定過 程における住民参加制度とその運用実態 に関する研究

河合有美・鶴田佳子 日 本 建 築 学 会 計 画 系 論 文 集, 751号, 1725- 1735, 2018年 9 月

・ フレッシュモルタルの透水係数とブリー ディングの関係に及ぼす使用材料と空気 量の影響

岩田匡平・藤森 繁・

犬飼利嗣・上原義己

コンクリート工学年次論文集, Vol.40, No. 1 , pp.1089-1094, 2018

・ 配合要因がフレッシュモルタルの透水係 数とブリーディングの関係に及ぼす影響

早矢仕啓太・藤森 繁・

犬飼利嗣・上原義己

コンクリート工学年次論文集, Vol.40, No. 1 , pp.1095-1100, 2018

・ フライアッシュの品種と凝結遅延剤の添 加率がジオポリマーモルタルの圧縮強さ 特性とフロー値の経時変化に及ぼす影響

野村太地・犬飼利嗣・

上原義己・廣瀬 貴

コンクリート工学年次論文集, Vol.40, No. 1 , pp.1815-1820, 2018

・ メタけい酸ナトリウムの添加方法と凝結 遅延剤がジオポリマーモルタルの圧縮強 さ特性とフロー値の経時変化に及ぼす影 響,コンクリート工学年次論文集

後藤 壮・犬飼利嗣・

上原義己・廣瀬 貴

コンクリート工学年次論文集, Vol.40, No. 1 , pp.1821-1826, 2018

・ Study on Compressive Strength and Flow Characteristics for Geopolymer Mortar Using Fly Ash as Activated Filler

Keita Hayashi, Ashidmaa Batsuuri, Toshitsugu Inukai, Takashi Hirose

Vietnam Journal of Construction, 57th Year, pp.94-100, 9 . 2018

(7)

・ Influence of Addition Method of Silicic Acid Sodium and Setting Retarder on Compressive Strength Characteristics and Aging of Flow Value for Geopolymer Mortar

So Goto,

Toshitsugu Inukai, Takashi Hirose

Vietnam Journal of Construction, 57th Year, pp.268-275, 9 . 2018

・ Active Learning Strategy at a Collegewide Level in NIT, Gifu College,

Nobuyuki Ogawa Procedia Computer Science, Vol.126, pp.1994- 2002, DOI: 10.1016/j.procs. 2018.07.253 (2018)

・ Some Psychological Responses Measured by a Commercial Electrooculography Sensor and Its Applicability

Hideyuki Kanematsu, Dana M.Barry, Nobuyuki Ogawa, Katsuko T.Nakahira, Michiko Yoshitake,, Tatsuya Shirai, Masashi Kawaguchi, Toshiro Kobayashi, Kuniaki Yajima;

Procedia Computer Science, Vol.126, 2018, pp.1014-1022, DOI: 10.1016/j.procs.2018.08.037

(2018)

・ Virtual workshop for creative teaching of STEM courses

Dana M. Barry, Hideyuki Kanematsu, Katsuko Nakahira, Nobuyuki Ogawa

Vol.126, pp.927-936, DOI: 10.1016/j.procs.

2018.08.027 (2018)

・ 北陸地方の幼稚園・保育所における空気 清浄機・加湿器の設置状況と冬季インフ ルエンザ対策

青木 哲・種市慎也・

水谷章夫

日本建築学会技術報告集, Vol.24, No.58, pp.

1135-1138 (2018.10)

・ Study on influences of ventilation on humidity and carbon dioxide concentration at a kindergarten during winter

Junpei Koyasu, Tetsu Aoki, Mine Sudo

The 15th Conference of the International Society of Indoor Air Quality & Climate, Paper ID.294, pp. 1 -10 (2018.7)

・ 岐阜県における木造駅舎の基礎的研究 ─ 近代木造駅舎の建築的特徴─

藤井耀午・清水隆宏 日本インテリア学会論文報告集, 29号, pp.45- 52 (2019.3)

・ 近代に建設された小学校校舎の建築的特 徴 ─岐阜県における木造校舎の基礎的研 究 その 1 ─

清水隆宏・藤井耀午 岐阜高専紀要, 第54号, pp.30-36 (2019.3)

(8)

3  特許など

・ 発明の名称:多数の太陽光パネルを使用 した発電システム

発明者:宗宮郷・

成瀬泰司・太田善彦・

佐藤貴志・吉村優治

特許第6358641号(登録日:平成30年 6 月29日)

・ 発明の名称:多数の太陽光パネルを使用 した発電システム

発明者:宗宮郷・

成瀬泰司・太田善彦・

佐藤貴志・吉村優治

特許第6414924号(登録日:平成30年10月12日)

・ 発明の名称:多数の太陽光パネルを使用 した発電システム

発明者:吉村優治・

宗宮郷・成瀬泰司・

太田善彦・佐藤貴志

特許第6468575号(登録日:平成31年 1 月25日)

・排水処理方法 髙石有希子・

角野晴彦・川上周司

特許証,特許第6436450号,2018

(9)

4  口頭発表の研究

・ 文部科学省APにより進める岐阜高専の ICT活用教育革命( 4 )

所 哲郎,伊藤義人 大学ICT推進協議会2019年度年次大会予稿集  8 pages

・ 地域の維持・発展の拠点と次世代を担う 課題解決型グローカル人材育成を目指し て

伊藤義人 長岡技術大学広報誌 2019 シリーズ 全国

高専めぐり  2 pages.

・ 高専生のため新しい英語教科書“Fundamental Science in English Ⅰ”を使ったアクティブ ラーニング授業

亀山太一・青山晶子・

武田 淳

全国高専フォーラムにおけるオーガナイズド セッションおよびポスター発表(2018.8)

・ 高専のスケールメリットを生かした反転 授業用教材のデータベース化とその共有

武田 淳・亀山太一・

青山晶子

全国高等専門学校英語教育学会第42回研究大 会(2018.9)

・ プロセス可視化による英語論文指導 青山晶子・亀山太一・

武田 淳・川畠嘉美

全国高等専門学校英語教育学会第42回研究大 会(2018.9)

・ 動画教材の共有化がもたらす反転授業の 新たな展開

武田 淳・亀山太一・

青山晶子・

全国英語教育学会JASELE第44回京都研究大 会(2018.8)

・ 英 語 学 習 に お け る 学 習 者 の 動 機 減 退

(demotivation)と動機向上の関係モデル の構築に向けて

佐竹直喜 英語授業研究学会(於:大阪樟蔭女子大学)

2019年

・ 意味順英語学習法はどこまで機械翻訳を 利用した英語ライティング指導を補うこ とができるか ─機械翻訳と意味順英語学 習法の接点を求めて─

森 和憲・佐竹直喜・

服部真弓・

ジョンストン ロバート

全国高等専門学校英語教育学会(於:国立オ リンピック記念青少年総合センター)2019年

・ 変数分離により可解な高次元宇宙モデル 菅菜穂美・國安正志・

白石 清・

滝本航士郎

日本物理学会2018年秋季大会, 信州大学(2018 年 9 月)

・ 分解断面積のチャネルごとの寄与を分離 するための近似的手法の提案

渡邉 慎・緒方一介・

松本琢磨

日本物理学会第74回年次大会(2019年 3 月)

・ 穴抜きのだれ量の制御についての基礎的 研究(第 2 報)

加藤浩三・近藤一義・

余郷時康・内藤貴之

第69回塑性加工連合講演会講演論文集, 341- 342.(2018年10月)

・ アクリル樹脂板の衝撃強度に関する基礎 的研究

小栗久和 日本機械学科・材料力学講演会 M&M 2018, GS0405 (218.12)

・ 大気圧マイクロプラズマジェットを応用 したシリコーンフィルム形成の基礎特性

石丸和博・佐藤大輝・

寺田知弘

第55回 日 本 伝 熱 シ ン ポ ジ ウ ム 講 演 論 文 集, H323 (CD), (2018.5)

・ 大気圧マイクロプラズマジェットを用い たシリコーンフィルム形成に及ぼす基板 加熱の影響

石丸和博・小林光希 日本機械学会東海支部第68期総会・講演会講 演論文集, No.193- 1 , No.423 (USB), (2019.3)

・ 温度分布を規定する非定常自然対流場の 形状設計

青木 崇・石井航平・

片峯英次

第23回日本計算工学講演会論文集(Vol.23),

(2018.6), 4 pages, ウインクあいち.

・ Shape design of unsteady heat-convection fields

E. Katamine Numerical simulation by a domain-specific language for finite element method, FreeFem++

(2018.6), Osaka University Cybermedia Center.

・ 非定常性を考慮した熱弾性場の形状最適 化

片峯英次・広瀬智史 日本応用数理学会2018年度年会講演予稿集

(2018.9), 2 pages, 名古屋大学.

(10)

・ 熱弾性場の 3 次元形状最適化解析 小森太陽・片峯英次 日本応用数理学会2018年度年会講演予稿集

(2018.9), 2 pages, 名古屋大学.

・ Solution to shape design problems of unsteady forced heat-convection fields

E. Katamine, N. Okada

The 12th European Fluid Mechanics Conference (FEMC12), Vienna, Austria,

(2018.9), 1 page.

・ 剛性最大化を目的とした非定常熱弾性場 の形状最適化

広瀬智史・片峯英次 日本機械学会2018熱工学コンファレンス講演 論文集, (2018.10), USB論文集, 5 pages, 富山 大学.

・ Freefem++を利用した 3 次元熱弾性場の 形状最適化

小森太陽・片峯英次 日本機械学会2018熱工学コンファレンス講演 論文集, (2018.10), USB論文集, 6 pages, 富山 大学.

・ Multi-objective Shape Optimization of Unsteady Heat-convection Fields

E. Katamine, N. Okada

71th Annual Meeting of the APS Division of Fluid Dynamics, Atlanta, (2018.11), 1 page.

・ 熱弾性場・熱対流場等のマルチフィジッ クス問題における形状最適化

片峯英次 大阪大学 workshop 「工学と数学の接点を求 めて」, (2018.11), 大阪大学.

・ 回転物体を有する流路における流路外形 形状の最適化シミュレーション

尾関優汰・倉橋貴彦・

片峯英次

日本機械学会北陸信越支部第56期講演会講演 論文集(2019.3), USB論文集, 5 pages, 富山 大学.

・ Freefem++を利用した静電場の形状最適 化

小椋鉱平・小森太陽・

片峯英次

日本設計工学会東海支部平成30年度研究発表 講演会論文集(2019.3), 4 pages, 名城大学.

・ 熱変位のコントロールを目的とした非定 常熱弾性場の形状決定

広瀬智史・片峯英次 日本設計工学会東海支部平成30年度研究発表 講演会論文集(2019.3), 4 pages, 名城大学.

・ 流体構造連成を考慮した構造体の形状最 適化

豊場亮太・片峯英次 日本機械学会東海学生会第50回学生員卒業研 究発表講演会講演前刷集(2019.3), pp.59-60, 岐阜大学.

・ 流体構造連成を考慮した流れ場の形状最 適化

三宅悠暉・片峯英次 日本機械学会東海学生会第50回学生員卒業研 究発表講演会講演前刷集(2019.3), pp.149- 150, 岐阜大学.

・ 揚力最大化を目的とした非定常粘性流れ 場の形状最適化

村山大騎・片峯英次 日本機械学会東海学生会第50回学生員卒業研 究発表講演会講演前刷集(2019.3), pp.147- 148, 岐阜大学.

・ 流速規定を目的とした非定常自然対流場 の形状決定

青木 崇・片峯英次 日本機械学会東海支部第67期講演会講演論文 集(2019.3), USB論文集, 2 pages, 岐阜大学.

・ Scilabを用いた制御工学実験の取り組み 山田 実 計測自動制御学会中部支部第164回教育工学

研究会,(2018,9)

・ ブロック教材を活用したリテラシー教育 教材の開発

山田 実 計測自動制御学会中部支部第165回教育工学

研究会,(2019,3)

・ 赤外線カメラによるレドックスフロー電 池のセル内可視化

田中 大・宮藤義孝・

福島淳一・田山利行・

杉田 武・武澤正枝・

牟田智孝

第55回日本伝熱シンポジウム講演論文集(CD- ROM), No.E113 (2018年 5 月)

・ サーモグラフィーを用いたレドックスフ ロー電池内部の流動特性の可視化

川島優介・宮藤義孝・

田中 大

日本機械学会東海学生会(TEC19), 第50回学 生員卒業研究発表講演会論文集, pp.179-180

(2019年 3 月)

(11)

・ サーモグラフィーを用いたレドックスフ ロー電池内部の伝熱特性の測定

寺田知弘・宮藤義孝・

田中 大

日本機械学会東海学生会(TEC19), 第50回学 生員卒業研究発表講演会論文集, pp.181-182

(2019年 3 月)

・ ミスト噴霧冷却された溶接部の曲げ特性 に関する基礎的研究

植村友信・宮藤義孝・

浅井 瞭・岩田泰我

日本機械学会東海学生会(TEC19), 第50回学 生員卒業研究発表講演会論文集, pp.259-260,

(2019年 3 月)

・ Analysis of Hemodynamics Effect of Fusiform Aneurysm for Fever Patient

Muhammad Nor Azam Hanafiah, Ishkrizat Taib, Takahisa Yamamoto

Environmental Sustainability, Disaster Prevention and Reduction, and Engineering Education (ESDPR&EE), (2019.1)

・ Computational Fluid Dynamics Analysis for Intranasal Aerosol Deposition Using Patient-Specific Data

Shuta Fujino, Takahisa Yamamoto

Environmental Sustainability, Disaster Prevention and Reduction, and Engineering Education (ESDPR&EE), (2019.1)

・ A Study on Hemodynamics Changes Caused by Patent Ductus Arteriosus

Masaya Iinuma, Takahisa Yamamoto

Environmental Sustainability, Disaster Prevention and Reduction, and Engineering Education (ESDPR&EE), (2019.1)

・ Study on Computational Fluid Dynamics Based on Deep Learning

Hiroki Ichihashi, Takahisa Yamamoto

Environmental Sustainability, Disaster Prevention and Reduction, and Engineering Education (ESDPR&EE), (2019.1)

・ Hemodynamic Characteristics in Aorta- PDA-Pulmonary Artery System

Takahisa Yamamoto, Mohamad Ikhwan, Kahar Osman

T S M E I n t e r n a t i o n a l C o n f e r e n c e o n Mechanical Engineering (2018.12)

・ Aerosol Deposition Characteristics During Exhalation Through the Nose Treatment: Relationship Between Impact Parameter and Deposition Ratio

Shuta Fujino, Takahisa Yamamoto

T S M E I n t e r n a t i o n a l C o n f e r e n c e o n Mechanical Engineering (2018.12)

・ Numerical Evaluation of Exhalation Through the Nose Treatment for Eosinophilic Chronic Rhinosinusitis Using Computational Fluid Dynamics

Takahisa Yamamoto, Yoshiki Kobayashi

2 nd Edition of Global Conference on Pharmaceutics and Drug Delivery Systems,

1 , 46 (2018.6)

・ 地球大気飛行による重力 ─空力アシスト の軌道解析

中谷 淳 第55回日本航空宇宙学会中部・関西支部合同

秋期大会 国内会議 口頭発表(一般)(2018 年11月)

・ 宇宙技術教育のためのCubeSat地上モデル キットの開発と 3 つの機能競技の設計

上園波輝・高田 拓・

上田真也・笹岡由唯・

中谷 淳

電気関係学会四国支部連合大会講演論文集

(CD-ROM)(2018年 9 月)

・ 地球大気を利用した重力 ─空力アシスト 軌道の概念検討

中谷 淳 第28回アストロダイナミクスシンポジウム 

国内会議 口頭発表(一般)(2018年 7 月)

・ 微細藻類をマイクロデバイス内で運動制 御するための局所光照射システムの開発

堀之内温人・

河野託也

平成30年度先進的技術に関するシンポジウム  2019年 3 月 6 日

・ LED光センサを活用した運動計測に関す る研究

塩中翔太・河野託也 平成30年度 第 3 ブロック専攻科研究フォー ラム 2019年 3 月 1 日

・ 光による原子の状態制御を利用した応用 研究

河野託也 第 4 回 ニューフロンティアリサーチワーク

ショップ 2018年12月 7 日

(12)

・ 微細藻類の運動制御法探索用局所光照射 システムの開発

堀之内温人・

河野託也

計測自動制御学会(SICE) 中部支部 若手 研究発表会 2018年11月29日

・ レーザー周波数安定化に学ぶ自動制御実 験教材の開発

青木皓平・河野託也 計測自動制御学会(SICE) 中部支部 若手 研究発表会 2018年11月29日

・ レール斜面を転がる物体運動を利用した 重力加速度の推定

塩中翔太・河野託也 計測自動制御学会(SICE) 中部支部 若手 研究発表会 2018年11月29日

・ LED光センサを用いた垂直落下測定装置 の開発

塩中翔太・青木皓平・

河野託也

第79回応用物理学会秋季学術講演会 2018年 9 月19日

・ レーザー周波数安定化で学ぶ自動制御の 実験教材開発

青木皓平・塩中翔太・

河野託也

第79回応用物理学会秋季学術講演会 2018年 9 月19日

・ 多点光照射システムを用いたミドリムシ の並列運動制御技術の確立

尾山佳之・中水泰輝・

長羅優幸・柴田隆行・

永井萌土・河野託也

精密工学会大会学術講演会講演論文集 2018 年 8 月20日

・ 炭素繊維強化プラスチックの新しいリサ イクル技術の開発に向けたキャビテー ション加工からのアプローチ

田中公美子・吉村敏彦・

井尻政孝・中川大典

日本機械学会第23回動力エネルギー技術シン ポジウム, (2018. 6 ), E222.

・ 超音波照射下の水中高速噴流を用いた新 しい技術による純AlおよびAl-Cu合金の表 面改質

井尻政孝・下西大地・

中川大典・田中公美子・

吉村敏彦

日本実験力学学会2018年度年次講演会, (2018.

8 ).

・ 機能性キャビテーション処理した酸化チ タンの懸濁液中における光触媒特性

下西大地・井尻政孝・

中川大典・田中公美子・

吉村敏彦

日本実験力学学会2018年度年次講演会, (2018.

8 ).

・ アルミニウム合金の表面性状とピーニン グ付与残留応力の特性解明

田中公美子・吉村敏彦・

井尻政孝・中川大典

日本機械学会2018年度年次大会, (2018. 9 ), G0400101.

・ 超音波を利用したウォータージェットピー ニング技術における超音波条件が金属表 面に及ぼす影響

井尻政孝・下西大地・

中川大典・田中公美子・

吉村敏彦

日本機械学会2018年度年次大会, (2018. 9 ), G0400204.

・ 超高温・高圧気泡生成機構の開発に向け たウォータージェットキャビテーション の基礎研究

下西大地・吉村敏彦・

井尻政孝・田中公美子・

中川大典

日本機械学会2018年度年次大会, (2018. 9 ), S0510402.

・ キャビテーション加工を施したステンレ ス鋼の減衰能特性評価

橘春貴・田中公美子・

下西大地・中川大典・

吉村敏彦

材 料 技 術 研 究 協 会 International Student Symposium 2018, (2018. 8 ), pp. 51-52.

・ キャビテーション加工を用いた熱可塑性 樹脂系CFRPのリサイクル性に関する研究

達川皓介・田中公美子・

河本遥平・中川大典・

吉村敏彦

材 料 技 術 研 究 協 会 International Student Symposium 2018, (2018. 8 ), pp. 55-56.

・ 超高温高圧キャビテーションを用いたTi 合金の熱衝撃特性評価

竹淵直輝・田中公美子・

村下悠行・中川大典・

井尻政孝・吉村敏彦

材 料 技 術 研 究 協 会 International Student Symposium 2018, (2018. 8 ), pp. 57-58.

・ メカノケミカル機能性キャビテーション 加工による熱硬化性樹脂系CFRPのリサイ クル性に関する研究

河本遥平・田中公美子・

達川皓介・中川大典・

吉村敏彦

材 料 技 術 研 究 協 会 International Student Symposium 2018, (2018. 8 ), pp. 49-50.

(13)

・ 機能性キャビテーションにより加工した Cr-Mo鋼の微細組織変化

村下悠行・田中公美子・

竹淵直輝・中川大典・

井尻政孝・吉村敏彦

材 料 技 術 研 究 協 会 International Student Symposium 2018, (2018. 8 ), pp. 53-54.

・ 機能性キャビテーション法による純Alお よびAl-Cu合金表面への影響

北島嵩・中川大典・

井尻政孝・田中公美子・

吉村敏彦

日本鉄鋼協会・日本金属学会 中国四国支部 鉄鋼第61回・金属第58回 合同講演大会, (2018.

8 ).

・ 機能性キャビテーション技術における圧 縮残留応力に及ぼす加工時間の影響

金藤祥太・中川大典・

井尻政孝・田中公美子・

吉村敏彦

日本鉄鋼協会・日本金属学会 中国四国支部 鉄鋼第61回・金属第58回 合同講演大会, (2018.

8 ).

・ Stress relaxation behavior of cavitation processed low alloy steel

Kumiko Tanaka, Bin Shinohara, Yudai Kitano, Daichi Shimonishi, Daisuke Nakagawa, Masataka Ijiri, Toshihiko Yoshimura

World Congress on Micro Nano Manufacturing,

(2018. 9 ), pp. 1 - 4 .

・ キャビテーション加工による圧縮残留応 力付与ステンレス鋼の機械的特性評価

橘 春貴・田中公美子・

金藤祥太・下西大地・

中川大典・吉村敏彦

2018年度材料技術研究協会討論会, (2018. 12), pp. 147-148.

・ 高温高圧キャビテーション加工を用いた 熱可塑性樹脂系CFRPのリサイクル性能評 価

達川皓介・田中公美子・

河本遥平・中川大典・

吉村敏彦

2018年度材料技術研究協会討論会, (2018. 12), pp. 177-178.

・ 機能性キャビテーション加工とショット ピーニング加工の圧縮残留応力測定にお ける特性評価

竹淵直輝・田中公美子・

村下悠行・中川大典・

井尻政孝・吉村敏彦

2018年度材料技術研究協会討論会, (2018. 12), pp. 183-184.

・ 熱硬化性樹脂系CFRPの再資源化を目指し たキャビテーション加工による実験的検 討

河本遥平・田中公美子・

達川皓介・中川大典・

吉村敏彦

2018年度材料技術研究協会討論会, (2018. 12), pp. 145-146.

・ 超高温高圧キャビテーション加工を施し た低合金鋼の熱衝撃特性評価

村下悠行・田中公美子・

竹淵直輝・中川大典・

井尻政孝・吉村敏彦

2018年度材料技術研究協会討論会, (2018. 12), pp. 175-176.

・ マンガン系酸化物粉末におけるガラスの 研磨性能評価

金藤祥太・田中公美子・

橘 春貴・下西大地・

中川大典・吉村敏彦

2018年度材料技術研究協会討論会, (2018. 12), pp. 159-160.

・ 摩擦撹拌点接合の新規装置開発とA2017/

A5052重ね点接合における接合性

清水誠人・岩月摩湖・

田中公美子・越智裕章・

貴島孝雄

2018年度材料技術研究協会討論会, (2018. 12), pp. 161-162.

・ 機能性キャビテーション技術の開発と新 材料表面の創製

吉村敏彦・田中公美子・

井尻政孝・中川大典・

下西大地

日本機械学会中国四国支部第57期総会・講演 会, (2019. 3 ), 「技術創造賞」受賞講演.

・ ガラスの研磨材料:酸化セリウムに替わ るマンガン系酸化物粉末の実験的検討

田中公美子・金藤祥太・

橘 春貴・下西大地・

中川大典・吉村敏彦

日本機械学会中国四国支部第57期総会・講演 会, (2019. 3 ), 310.

・ キャビテーションがステンレス鋼の減衰 田中公美子・吉村敏彦・ 日本機械学会中国四国支部第57期総会・講演

(14)

・ 大学教育再生加速プログラム及び系統的 なキャリア教育プログラムへの実践技術 ポイント制度の導入

稲葉成基・所 哲郎・

羽渕仁恵・田島孝治

第66回 年 次 大 会・ 工 学 教 育 研 究 講 演 会,

3 E12  工 学 教 育 研 究 講 演 会 講 演 論 文 集,

DOI https://doi.org/10.20549/jseeja.2018.0_466

(2018.8.)

・ コンクリート材料の表面状態の非破壊検 査に関する研究

大野開世・所 哲郎 平成30年度電気・電子・情報関係学会東海支 部連合大会,Po 2 -13(2018.9.)

・ コンクリート材料の表面状態の非破壊検 査に関する研究

大野開世・所 哲郎 第164回教育工学研究会,大同大学滝春校舎

(2018.9.)

・ 屋外電気絶縁用材料の撥水性計測を用い た材料評価手法の検討

所 哲郎 第49回電気電子絶縁材料システムシンポジウ

ムNP- 1 ,pp.221-224 (2018.9.)

・ 文部科学省APにより進める岐阜高専の ICT活用教育改革( 3 )

所 哲郎・伊藤義人 2018年度大学ICT推進協議会年次大会,札幌 コンベンションセンター,MP-30, pp. 1 - 8

(2018.11)

・ Vibration measurement system using an always vibrating FBG built-in sensor driven by photothermal energy

Hironori Kumazaki, Soya Shiraki.

Masahiro Ogawa,

OFS-26 26th International Conference on Optical Fiber Sensors, WF33, Lausanne, Switzerland (2018.9)

・ On utilization of Canopy clustering method for determination of q-parameter for Tsallis-entropy-maximized-FCM

M. Yasuda Proc. of the 2018 Int. Conf. on Natural Computation, Fuzzy Systems and Knowledge Discovery, P2122, (201. 7 )

・ 複数 q 値を持つ Tsallisエントロピー最大 化 FCM 法における各 q 値の推定

岡地涼輔・安田 真 第34回ファジィシステムシンポジウム講演論 文集, WF 2 - 4 , pp.879-882, (2018. 9 )

・ EEMFs Excited by Signal Injection for Position Sensorless Control of PMSMs and Their Performance Comparison by Using Imaginary Electromotive Force

Takumi Nimura, Shota Kondo, Shinji Doki, Mutuwo Tomita

Proceedings of the 8 th International Power Electronics Conference (IPEC-Niigata 2018 -ECCE Asia-), pp.1295-1300, ISBN978- 4 - 88686-403- 1 , IEEE CATALOG NUMBER:

CFP1854I-USB, DOI: 10.23919/IPEC.2018.

8507860, (TOKI MESSE, Niigata Convention Center, Japan), (2018.05.22),

・ IPMSMの位置センサレス制御のための拡 張誘起電圧に基づく同一次元オブザーバ の極配置

馬渕俊弥・冨田睦雄・

長谷川勝・道木慎二・

加藤真二

平成30年電気学会産業応用部門大会講演論文 集[III], pp.III-281-III-284, (横浜国立大学),

(2018.08.30)

・ 信号重畳起因拡張誘起電圧推定法におけ る意図的なパラメータ誤差による停止低 速時での位置推定に必要な重畳信号の低 減

二村拓未・道木慎二・

冨田睦雄

平成30年度 電気・電子・情報関係学会 東海 支部連合大会講演論文集, No.D 5 - 2 (企画 セッション「東海地区のモータドライブ技 術」),(名城大学),(2018.09.04)

・ Robust Position Sensorless Control against Inductance Variations of Synchronous Reluctance Motors in Low- Speed Region Using High-frequency Current Control

Takato Hatanaka, Toshiya Mabuchi, Mutuwo Tomita, Masaru Hasegawa, Shinji Doki, and Shinji Kato

Proceedings of the 2018 XIII International Conference on Electrical Machines (ICEM- 2018-Alexandroupoli, Greece), pp.1677-1683, ISBN: 978- 1 -5386-2476- 0 , IEEE Catalog Number: CFP1890B-USB, DOI: 10.1109/

ICELMACH.2018.8507089, (Ramada Plaza Thraki, Alexandroupoli, Greece), (2018.09.04),

(15)

・ “Investigating Pole Assignment of Full- Order Observer Based on Extended Electromotive Force for Position Sensorless Control of IPMSMs”

Toshiya Mabuchi, Takato Hatanaka, Mutuwo Tomita, Masaru Hasegawa, Shinji Doki, and Shinji Kato

Proceedings of the 2018 XIII International Conference on Electrical Machines (ICEM-

2018-Alexandroupoli, Greece), pp.1579-1585, ISBN: 978- 1 -5386-2476- 0 , IEEE Catalog Number: CFP1890B-USB, DOI: 10.1109/

ICELMACH.2018.8506894, (Ramada Plaza Thraki, Alexandroupoli, Greece), (2018.09.06),

・ 岐阜高専におけるグローバルエンジニア の育成に向けた取組

羽渕仁恵 平 成30年 度 全 国 高 専 フ ォ ー ラ ム  ワ ー ク ショップ・オーガナイズドセッション OS31  グローバルエンジニアの育成に向けた取組

(名古屋大学,2018年 8 月21日).

・ グラファイト状窒化炭素薄膜の電気伝導 特性の観測

青山宏明・安田和史・

羽渕仁恵・飯田民夫・

滝川浩史

第79回応用物理学会秋季学術講演会予稿集

(名古屋国際会議場,2018年 9 月18-21) 20p-

222-21.

・ 真空雰囲気下でのグラファイト状窒化炭 素薄膜の電気伝導

安田和史・青山宏明・

羽渕仁恵・滝川浩史

第79回応用物理学会秋季学術講演会予稿集

(名古屋国際会議場,2018年 9 月18-21) 20p-

222-22.

・ 応用物理学会東海支部でのリフレッシュ 理科教室の取り組み

羽渕仁恵 第79回応用物理学会秋季学術講演会予稿集

(名古屋国際会議場,2018年 9 月18-21)19p-

135- 7 .

・ “KOSEN(高専)4.0”イニシアティブ:

コンピテンシーを高めやり抜く力(Grit)

を家具組む高専キャリア教育

羽渕仁恵 平 成26年 度 大 学 教 育 再 生 加 速 プ ロ グ ラ ム

(AP)テーマI・II複合型 平成30年度報告書

(岐阜工業高等専門学校,2019年 3 月 8 日)p. 2

-21.

・ グラファイト状窒化炭素薄膜の合成方法 の検討とその性質

小林涼介・青山宏明・

安田和史・羽渕仁恵

第66回応用物理学会春季学術講演会予稿集

(東京工業大学,2019年 3 月 9 -12) 9 p-PA 3

- 6 .

・ 結晶性の異なる窒化炭素薄膜の合成とそ の電子物性

羽渕仁恵・小林涼介・

青山宏明・安田和史

第66回応用物理学会春季学術講演会予稿集

(東京工業大学,2019年 3 月 9 -12) 9 p-M113

- 3 .

・ 系統的なキャリア教育システムのPROGテ ストによる検証

羽渕仁恵・稲葉成基・

所 哲郎・田島孝治

第66回応用物理学会春季学術講演会予稿集

(東京工業大学,2019年 3 月 9 -12)11p-PA 7

- 2 .

・ 動画視聴時の表情に基づく視聴者間の嗜 好類似性の評価

小島一晃・山田博文 2018年映像情報メディア学会冬季大会講演予 稿集,21C- 4 (2018.12)

・ 加点情報の再構成 高田智和・田島孝治・

堤 智昭

情 報 処 理 学 会・ 研 究 報 告 人 文 科 学 と コ ン ピ ュ ー タ(CH), Vol. 2018-CH-117( 2 ), pp. 1 - 4 (2018.5).

・ 尚書(古活字版)の訓点データの基礎計 量

林 昌哉・田島孝治・

高田智和

情 報 処 理 学 会・ 研 究 報 告 人 文 科 学 と コ ン ピュータ(CH), Vol. 2018-CH-118( 7 ), pp. 1

- 6 (2018.8).

・ 電子化した加点情報を用いた書き下し文 生成ツールの試作

林 昌哉・田島孝治・

堤 智昭・小助川貞次

情報処理学会・人文科学とコンピュータシン ポジウム論文集, Vol.2018, pp.21-26 (2018.11).

・ 訓点資料の移点ツールとデータ校正への 田島孝治・林 昌哉 情報処理学会・人文科学とコンピュータシン

(16)

・ ヲコト点データベースの改良と書誌情報 の追加

堤 智昭・山田貴弘・

萩原泰地・田島孝治・

小助川貞次

情報処理学会・人文科学とコンピュータシン ポジウム論文集, Vol.2018, pp.211-216 (2018.11).

・ Analysis of pulse trapping of continuous wave in nonlinear optical loop mirror and all optical switching

Eiji Shiraki, Beta Noda, Norihiko Nishizawa

JSAP-OSA Joint Symposia, 20a-211B- 3

(2018.9)

・ Study of the plasma response on external rotating RMP field in a small tokamak device HYBTOK-II

Y. Shibata, M. Okamoto, N. Yoshimoto, K.Y. Watanabe, N. Ohno, Y. Kikuchi

23rd Workshop on MHD Stability Control - A US-Japan Workshop(2018/11)

・ 誘導制御による半自律走行システムの開 発

丹羽雅也・北川秀夫 平成30年度電気・電子・情報関係学会東海支 部連合大会,Po 2 - 8 , 2018.9

・ 夜間病棟における自律巡回ロボットのた めの体温推定

松永成偉人・北川秀夫 平成30年度電気・電子・情報関係学会東海支 部連合大会,Po 2 -12, 2018.9

・ CPUとFPGAの混在回路によるロボット 制御

〇村瀬功・福永哲也 平成30年度電気・電子・情報関係学会東海支 部連合大会,2018.9(台風で発表中止)

・ Adaptive Speed Control of Wheeled Mobile Robot on Uncertain Road Condition

Hiroyasu MIURA, Ryota SUZUKI, Yuri SANO,

Ayaka WATANABE, Yoshimitsu

KOBAYASHI and Masayuki OKUGAWA

The 14th International Conference on Motion and Vibration, (2018.8)

・ Non-contact Conveyance Control System with Self-identification Function of the Levitation Object -Investigation of Stability of the Conveyance Control System-

Yuuichiroh Mitani, Ryosuke Tanaka, Yoshimitsu Kobayashi, Yasushi Kami, Masaki Namie

The 14th International Conference on Motion and Vibration, (2018.8)

・ 非接触搬送制御システムにおける 有限個 周波数応答モデルを用いた制御系の有効 性の検証

田中椋祐・三谷祐一朗・

上泰・小林義光

平成30年 電気学会 電子・情報・システム部 門大会(2018.9)

・ 自律同定機能を有する非接触搬送制御シ ステムの安定性の検証

三谷祐一朗・松井陽樹・

小林義光・上泰・

浪江正樹

日本機械学会 2018年度年次大会(2018.9)

・ 画像処理とオドメトリを併用した移動ロ ボットの軌道制御に関するの実習教材の 開発

岩田鉄平・小林義光 計測自動制御学会(SICE)中部支部 第164 回教育工学研究会(2018.9)

・ 磁束特性を考慮した磁束と電流フィード バックによる磁気浮上系の制御設計

浦崎新八郎・小林義光・

上泰・三谷祐一朗

第61回自動制御連合講演会(2018.11)

・ 単純適応制御を用いた車輪型移動ロボッ トの旋回走行

鈴木亮太・奥川雅之・

三浦洋靖・小林義光

第19回計測自動制御学会システムインテグ レーション部門講演会(2018.12)

・ 電流と磁束の比例フィードバックによる 磁気浮上系の安定化制御

浦崎新八朗・小林義光・

佐々木実

日本機械学会東海学生会 第50回学生員卒業 研究発表講演会(2019.3)

(17)

・ ジンバル機構を用いたカメラ用制振装置 の動特性解析

澤井伸次・小林義光 計測自動制御学会(SICE)中部支部 第165 回教育工学研究会(2019.3)

・ 単純適応制御を用いた車輪型移動ロボッ トの走行性能の向上

日置智則・小林義光・

奥川雅之・鈴木亮太

計測自動制御学会(SICE)中部支部 第165 回教育工学研究会(2019.3)

・ 非造影X線CT画像を用いた腹部臓器領域 の抽出アルゴリズムの開発

真田剛毅・北川輝彦 平成30年度電気・電子・情報関係学会東海支 部連合大会 口頭発表No. I 1 - 2 : CD-ROM 収録 2018年 9 月

・ 腹部X線CT画像を用いた肝血管腫検出手 法の特徴量の検討

小島大輝・北川輝彦 平成30年度電気・電子・情報関係学会東海支 部連合大会 口頭発表No.I 1 - 3 : CD-ROM 収 録 2018年 9 月

・ 分割式モータの考え方を利用した積層モー タの試作

山内 隼・栗山嘉文・

國井真澄

第50回学生員卒業研究発表講演会,2019年 3 月,pp.187-188

・ 楽器計測の基礎 2018 黒山喬允・水谷孝一・

若槻尚斗

日本音響学会音楽音響研究会資料,Vol. 37, p.

MA2018-21 ( 2 頁),2018年 6 月.

・ レーザ後方散乱を用いる音響キャビテー ション空間分布の 3 次元計測

黒山喬允 日本音響学会2018年秋季研究発表会講演論文

集, pp. 83-86, 2018年 9 月.

・ 振幅変調超音波入射時の気泡半径振動に 基づく単一気泡系のパラメータ推定

北川雅千弥・黒山喬允 日本音響学会2018年秋季研究発表会講演論文 集,pp. 103-104, 2018年 9 月.

・ Viscosity dependence of harmonics and ultra-harmonics of acoustic cavitation noise

Takanobu Kuroyama 2018 IEEE International Ultrasonics Symposium Proceedings, p. P 2 -C 8 - 5 ( 8 pages), October 2018.

・ 楽器計測の基礎 2018( 2 ) 黒山喬允 日本音響学会音楽音響研究会資料,Vol. 37, p.

MA2018-65( 2 頁), 2019年 1 月.

・ Robust Localization of Mobile Robot in Reverberant Rooms Using Acoustic Beacons with Iterative Bayesian Filtering

Satoki Ogiso, Koichi Mizutani, Naoto Wakatsuki and Tadashi Ebihara

Proceeding of the 9 th International Conference on Indoor Positioning and Indoor Navigation

(IPIN2018), 212867 ( 6 -pages) (Nantes, France, 26 September, 2018).

・ Sensorless Contact Force Evaluation of Bone-conducted Sound Transducer by E l e c t r i c a l I m p e d a n c e i n L i m i t e d Frequency Range

Satoki Ogiso, Koichi Mizutani, Keiichi Zempo, Naoto Wakatsuki and Yuka Maeda

Proceeding of the 7 th IEEE Global Conference on Consumer Electronics (IEEE GCCE2018), pp.483-486 (Nara, Japan, 10 October, 2018)

・ 立体音響の基礎2018 小木曽里樹 日本音響学会, 音楽音響研究会講演論文集, Vol.

37, No. 8 , pp. 9 -10, (岐阜, 26 January 2019).

・ 骨導振動子の背職圧力による装着者外耳 道における音圧の変化

小木曽里樹・水谷孝一・

善甫啓一・若槻尚斗・

前田祐佳

日本音響学会音楽音響研究会講演論文集, Vol.

37, No. 8 , pp.11-14, (岐阜, 26 January 2019).

・ 録音信号の相互相関関数に基づく見通し 外音源の評価手法に関する研究

林 泰地・小木曽里樹 日本機械学会東海学生会第50会学生員卒業研 究発表講演会, pp.236-237, (岐阜, 6 March 2019).

・ 乳様突起部における骨導振動子の電気イ ンピーダンスと接触圧力に関する研究

広井健太郎・

小木曽里樹

日本機械学会東海学生会第50会学生員卒業研 究発表講演会, pp.236-237, (岐阜, 6 March 2019).

(18)

・ 簡易な現場地耐力試験の性能評価 ○若原千惠・玉手 聡・

堀 智仁・吉村優治

第53回地盤工学研究発表会,地盤工学会,( 2 頁)(CD-Rom),2018.7/24~26.

・ 卒業生との連携による岐阜高専環境都市 工学科におけるキャリア支援教育とその 成果

吉村優治 土木学会第73回年次学術講演会,CS 1 ,2 頁,

(CD-Rom),2018.8/29~31.(北海道大学)

・ 凍上量予測に関する一考察 吉村優治 雪氷研究大会(2018・札幌)講演要旨集,日

本雪氷学会・日本雪工学会,2018.9. 9 -9.12.

・ 岐阜高専における学科横断的原子力教育 の実践

○吉村優治・藤本明一・

柴田欣秀・所 哲郎

平成30年度度東海工業教育協会高専部会シン ポジウム(共同教育を通した特色ある実践的 工学教育),2018.12/14.

・ 間伐による森林機能改善評価及び間伐材 などの森林資源の有効活用方法の提案

○大野可南子・

京田達郎・堺 公香・

奥村泰大・吉村優治

(指導教員)

平成30年度「学生による地域課題解決提案事 業」成果報告会会場配布資料,pp.43~44,ネッ ト ワ ー ク 大 学 コ ン ソ ー シ ア ム 岐 阜,2018.

12/22.

・ 「これからのエネルギー環境教育~モデル 校の実践研究の成果から学んだこと,そ して課題~」

長谷川延明・倉島茂見・

吉村優治・林 卓己

(パネラー)・

コーディネーター出口 憲・

指定討論者:濱田栄作

「これからのエネルギー環境教育~モデル校 の実践研究の成果から学んだこと,そして課 題~」

・ 持続可能な環境負荷低減型社会の実現を 目指す人材育成と啓発活動による地域住 民へのエネルギー教育

吉村優治 H30年度エネルギー環境教育フォーラムエネ

ルギー教育モデル校実践報告会レジュメ集,

pp,39~40,経済産業省資源エネルギー庁,

2019.3/ 2 - 3 .

・ 凍上量予測に関する一考察 吉村優治 第 4 回寒冷地環境セミナーin岐阜「ここまで

きた凍害対策技術2018」,日本雪工学会凍害 対策研究委員会,2019.3/15.(岐阜高専)

・ 2018年 7 月豪雨による津保川の洪水氾濫 と避難困難度に関する研究

和田 清・諸橋果歩・

馬渕洋介

平成30年度土木学会中部支部研究発表会講演 概要集,II- 1 , pp.73-74, 2019年 3 月

・ ブロックマット工法による減勢および洗 掘防止効果に関する実験的研究

中神陽介・和田 清・

長谷川陣・関下啓誠

平成30年度土木学会中部支部研究発表会講演 概要集,II-46, pp.163-164, 2019年 3 月

・ 牧田川における魚道の縦断的連続性と土 砂流入対策に関する研究

橋口喬太・和田 清 平成30年度土木学会中部支部研究発表会講演 概要集,II-47, pp.165-166, 2019年 3 月

・ Disaster prevention education program in cooperation with prefectural area

Yasuyuki Hirose Environmental Sustainability, Disaster Prevention and Reduction, and Engineering Education (ESDPR&EE), pp. 58-67(2019. 1 )

・鉄道沿線まちづくりの調査と啓発活動 岩田治樹・上野 樹・

矢篦原光・矢﨑博之・

山田啓允・安田 涼・

加藤由都・鳥居大和・

中神光汰・廣瀬康之

平成30年度「学生による地域課題解決提案事 業」成果報告会, ネットワーク大学コンソーシ アム岐阜, pp. 11-12 (2018.12)

・ 防災情報システム開発と防災減災まちづ くりの啓発活動

丹羽拓実・大倉野傑・

傍嶋遥音・中村美沙希・

若原巧実・中村星奈・

戸松準貴・廣瀬康之

平成30年度「学生による地域課題解決提案事 業」成果報告会,ネットワーク大学コンソーシ アム岐阜, pp. 45-46 (2018.12)

(19)

・ 難分解性の有機溶媒を含む電子産業排水 の低温メタン発酵処理と分解特性の評価

段下剛志・山口隆司・

井口晃徳・角野晴彦・

珠坪一晃

土木学会第73回年次学術講演会講演概要集,

p229-230,2018.9

・ Methanogenic treatment of diethylene glycol mono butyl ether containing wastewater

Urasaki, K., Sumino, H., Hara, M., Danshita, T., Yamaguchi, T., Syutsubo, K.,

Proceedings of International Seminar of

“NIT, Gifu College” and Partner Universities

─ Environmental Sustainability, Disaster Prevention and Reduction, and Engineering Education ─(ESDPR & EE 2019), p87-95, 2019.1

・ TMAH,MEAおよび硫酸塩を処理する UASBリアクターの性能と保持汚泥特性

浦崎幹八郎・角野晴彦・

段下剛志・山口隆司・

珠坪一晃

平成30年度土木学会中部支部研究発表会概要 集,p573-574,2019.3

・ 難分解有機物(TMAH)を処理するUASB リアクターのスタートアップ手法の検討

浦崎幹八郎・角野晴彦・

段下剛志・山口隆司・

珠坪一晃

第53回日本水環境学会年会講演プログラム,

p47,2019.3

・ 水酸化テトラメチルアンモニウムのメタ ン発酵処理特性の評価

惣中英章・段下剛志・

山口隆司・竹村泰幸・

井口晃徳・角野 晴彦・

珠坪一晃

第53回日本水環境学会年会講演プログラム,

p235,2019.3

・ ロッキング橋脚の脚柱基部の浮き上がり の許容と制震デバイス付加による耐震補 強

水野剛規・後藤芳顯 土木学会年次学術講演会講演概要集第 1 部 Vol.73,pp.961-962,2018.9

・ 水平 2 方向地震動下におけるアンカー部 を考慮した鋼製橋脚の地震挙動特性

稲川桃子・水野剛規 平成30年度土木学会中部支部研究発表会講演 概要集,I-019,pp.37-38, 2019.3

・ 少数主桁橋の部材破断時における動的特 性に関する検討

大野凌雅・水野剛規 平成30年度土木学会中部支部研究発表会講演 概要集,I-031,pp.61-62 2019.3

・ 実矩形貯水槽のバルジング振動簡易推定 のための実験的研究

渡邉尚彦・宮崎泰樹・

行田 聡・青木大祐・

坂東芳行

土木学会第73回年次学術講演会概要集(2018.9)

・ 消波ブロックによる礫浜地形の堆積形態 に関する実験的検討

国本直樹・菊 雅美・

大内誠直

土木学会第73回年次学術講演会講演概要集,

II-160,pp. 319-320(2018. 8 )

・ 自己学習促進のためのLMSコンテンツの 効果

菊 雅美 土木学会年第73回次学術講演会講演概要集,

CS 1 -016,pp. 31-32(2018. 8 )

・ 公開講座によるUAV-SfM/MVS測量の啓 発

長屋佑美・菊 雅美・

山川奈巳

土木学会第73回年次学術講演会講演概要集,

CS 1 -018,pp. 35-36(2018. 8 )

・ 社会が高専生に求める測量能力に関する アンケート調査

山川奈巳・菊 雅美・

長屋佑美

土木学会第73回年次学術講演会講演概要集,

CS 1 -019,pp. 37-38(2018. 8 )

・ UAV-SfM/MVS測量における構造物の再 現性向上のための最適条件の検討

長屋佑美・菊 雅美 2018年度土木情報学シンポジウム講演集,

vol. 43,pp. 241-244(2018. 9 )

・ ディープラーニングによる海岸画像と波 浪条件の関連性に関する一検討

宮下侑莉華・菊 雅美・

中村友昭・水谷法美

平成30年度土木学会中部支部研究発表会講演 概要集,II-055,pp. 181-182(2019. 3 )

・ 礫浜海岸を対象としたUAV-SfM/MVS測 量における最適な解析方法に関する一検討

森 勇人・菊 雅美・

中村友昭・水谷法美

平成30年度土木学会中部支部研究発表会講演 概要集,II-056,pp. 183-184(2019. 3 )

(20)

・ 礫浜海岸に設置された消波ブロック周辺 の波浪場の再現計算に関する一検討

岩月雄登・菊 雅美・

中村友昭

平成30年度土木学会中部支部研究発表会講演 概要集,II-057,pp. 185-186(2019. 3 )

・ オルソ画像から読み取った七里御浜海岸 の構成物の変化に関する一考察

矢島幹大・菊 雅美・

中村友昭・水谷法美

平成30年度土木学会中部支部研究発表会講演 概要集,II-058,pp. 187-188(2019. 3 )

・ 風外力が導入されたCADMAS-SURF/ 3 D による風作用下の波浪場の再現に関する 一検討

山本祥太郎・菊 雅美 平成30年度土木学会中部支部研究発表会講演 概要集,II-063,pp. 197-198(2019. 3 )

・ UAV-SfM/MVS測量における一様な凹凸 部を有する構造物の再現性向上に関する 一検討

長屋佑美・菊 雅美 平成30年度土木学会中部支部研究発表会講演 概要集,VI-009,pp. 529-530(2019. 3 )

・ 広域都市計画区域縁辺市町市街化調整区 域における居住および生活拠点に関する 研究

根本一樹・鶴田佳子・

佐藤雄哉・櫻木耕史

日本都市計画学会都市計画報告集17号,109-

113, 2018年 8 月

・ コペンハーゲン市ローカルプラン策定過 程の住民参画制度に関わる法定地域住民 組織の 役割と活動実態に関する研究

一色寛登・鶴田佳子・

伊藤功多

日本都市計画学会都市計画報告集17号,134-

138, 2018年 8 月

・ コペンハーゲン市におけるローカルプラ ンの内容分析-ローカルプランの策定を 要する場合とコムーネプランとの関係に ついて-

木村祐太・鶴田佳子 日本都市計画学会都市計画報告集 17号,176

-180, 2018年 8 月

・ フレッシュモルタルのブリーディングと 透水係数の関係に及ぼす使用材料の影響

(その 1 :実験概要)

片桐侑華・岩田匡平・

藤森 繁・上原義己・

犬飼利嗣

日本建築学会大会(東北)学術講演梗概集,

A- 1 ,pp.403-404,2018.9

・ フレッシュモルタルのブリーディングと 透水係数の関係に及ぼす使用材料の影響

(その 2 :実験結果および考察)

岩田匡平・片桐侑華・

藤森 繁・上原義己・

犬飼利嗣

日本建築学会大会(東北)学術講演梗概集,

A- 1 ,pp.405-406,2018.9

・ 調合要因がフレッシュモルタルのブリー ディングと透水係数の関係に及ぼす影響

(その 1 :実験概要)

川本佳奈・早矢仕啓太・

藤森 繁・上原義己・

犬飼利嗣

日本建築学会大会(東北)学術講演梗概集,

A- 1 ,pp.407-408,2018.9

・ 調合要因がフレッシュモルタルのブリー ディングと透水係数の関係に及ぼす影響

(その 2 :実験結果および考察)

早矢仕啓太・川本佳奈・

藤森 繁・上原義己・

犬飼利嗣

日本建築学会大会(東北)学術講演梗概集,

A- 1 ,pp.409-410,2018.9

・ フライアッシュの品種がジオポリマーモ ルタルの圧縮強さに及ぼす影響(その 1 : 実験概要)

大塚彩乃・野村太地・

上原義己・犬飼利嗣・

廣瀬 貴

日本建築学会大会(東北)学術講演梗概集,

A- 1 ,pp.505-506,2018.9

・ フライアッシュの品種がジオポリマーモ ルタルの圧縮強さに及ぼす影響(その 2 : 実験結果および考察)

野村太地・大塚彩乃・

上原義己・犬飼利嗣・

廣瀬 貴

日本建築学会大会(東北)学術講演梗概集,

A- 1 ,pp.507-508,2018.9

・ メタけい酸ナトリウムの添加方法がジオ ポリマーモルタルの圧縮強さに及ぼす影 響(その 1 :実験概要)

安藤さやか・後藤 壮・

上原義己・犬飼利嗣・

廣瀬 貴

日本建築学会大会(東北)学術講演梗概集,

A- 1 ,pp.515-516,2018.9

・ メタけい酸ナトリウムの添加方法がジオ ポリマーモルタルの圧縮強さに及ぼす影 響(その 2 :実験結果および考察)

後藤 壮・安藤さやか・

上原義己・犬飼利嗣・

廣瀬 貴

日本建築学会大会(東北)学術講演梗概集,

A- 1 ,pp.517-518,2018.9

(21)

・ 築後50年を経過した鉄筋コンクリート構 造物の耐震診断と経年劣化調査(その 1 : 耐震診断の結果と経年劣化調査の概要)

犬飼利嗣・瀬古繁喜・

寺西浩司・朴 相俊・

藤森 繁・高垣内仁志・

山田一徳

日本建築学会大会(東北)学術講演梗概集,

A- 1 ,pp.643-644,2018.9

・ 築後50年を経過した鉄筋コンクリート構 造物の耐震診断と経年劣化調査(その 2 : 基本調査の結果)

山田

参照

関連したドキュメント

Makoto Yamagishi, Seiichiro Kobayashi, Junya Makiyama, Natsumi Araya, Makoto Nakashima, Masako Iwanaga, Atae Utsunomiya, Yuetu Tanaka, Toshiki Watanabe, Yoshihisa Yamano,

井上は,7月8日~7月16日と8月1日~8月10日の2回に渡り,拠点大学方式による学術交流で「中国

ササゲとエンドウの耐旱性に対するVA菌根菌の効果,サラダ菜の周年栽培と塩分に対する反応,地中

 

研究活動:

The Asian Conference on Psychology and the Behavioral Sciences 2015, The Osaka International Convention Center, Osaka, Japan, 2015.3.28, Kaori Hatanaka and

A case study in Kuzugawa Area of Totsukawa Village, Nara Prefecture Ryuto MATSUDA. ( Graduate School of Education, Student, Nara University of Education )

[r]