• 検索結果がありません。

稔弱・総 地学団体硯究会

壌単数膏と欝学運勢2馨畢(玉総彗隼i瞬}

地質環境の保全を

一有機塩素系溶剤による汚染の実態から一

中 馬 教 允蔀

はむ鵡に

 緯臆牽ぶ導とも言われる甕在磁全露的・大震摸 な大学義革韓,薦農大学にも一般教簿とそれに灘 達する専羅教官㊧一鶴1こ数変をもたらした.しか

し,そ鐙こととε雛質学サバイバル融道漣との饗 連で,蒋1こ記すほどのもの慧慧》.

 橿鶴大学毒‡人文鮭余寒3学籠からなる大学であ る.こ糞壷総合大学死するた誇に,(蓬〉工学無 学蔀の麟設が験討されている。筆意韓,難霧の灘

系学銘毒濠必ずしも舞箋整の葦餐境葬簿題意ど華こ鱒奏珪しえ

て毒らず,いっそう綾鬢髪考癒むた礒箋・教蓉が できる学認の麟設解必要では電墾かと考えて墾る.

 この点1こ麗達して,橿濫桑海鐙有機壌素系藩麟 による縫下承汚染華こ焦点を当て電解ら,地質学的 謁蓋・醗究の必要性巻遽べてみ蕗㌔.ある験麹 ヂ地質学サバイバ脚の進」につ鑑解る馨縫鍵のあ

る擁点を含んでいるのではな秘か,と考えるから

である.

麿機塩嚢系溶離による難下氷海染 全霞鐙撮要

 聚境窪警(潔境庁 欝弱)によると,鯵盤奪獲:

の全撰の春機壌素系濤葺彗1こよる越下水汚染の機要 は,第i褒の遜暮である.全講董昇の中に露める 飲料氷の承蟹基準鍵を超思す巻聾戸鐙数と割金は,

無縫ク欝欝エチレン(?C鷺〉:3聡警.3.§驚,テ

}ラク欝窃エチシン〔ぞ。露):ε翻聾,8.蔭難, i,

i,蓋一襲蓼ク欝籔エタン(M(穿: 7辞,{あ至∫嬉で あった.

 こ鐙白鬢撃乗ず数纏韓,湧染の一難を示すにす ぎな》羅能性癖あることを,福島察(串馬 欝総)

や神奈矯桑(橿‡ 欝鶴)の汚染実懇穣どから維 濃彗すること解できる.

 霧衡地菱雛管の事灘1こついて蟻下水の汚染灘を,

藩詑嚢翻こよって業種騨こ見てみると,丁儒が電 気機織器鬘製造業・金麟製品製造業に,童男鑑解洗 難業紅,嫉Cが金属製品製造業に多くなっている.

橿鳥漿の機妻

 懸島票下め鷲霊糟。鷺・M()にまる地下承汚染 麹琶は,厳密さに課題壱残すも纏の,合計懇§纏 薩に達して疑る(串馬 欝§鱗.このうち,飲料 承鐙氷質基準纏を超遜する汚染毒縫講された地馨 数毒ま騒,欝崇講鐙源染地籔数隷紛と壌っている.

 纏轟梁(豊§鑓,i欝茎,謄毅,i弱3.i弱縫)1こ基 づいて,全調査聾に轟める飲料水の水嚢基準麺を 纂零蓑 欝盤奪縫灘全羅灘難業旗汚染蒙溌

鞄学轡質名 饗壌駕鰻嚢

蓋,レジ憾雛簸ン毒.豊蟹垂ノ董,暮舞峯〉

シ烹嘆,盆ヴ擁灘脅ン馨.嚢箋(騒ノ蓋,馨欝叢〉

卦整學饗聾エ多妻ン{墨.窪箋《藍難ノ毒垂凝蔓韮寧〉

愛野多夢鬱鬱三藷夢ン§.§露(鍵擁,姦癬本〉

養.鑛( 重/亜盤峯)

警.鵡(磁ノ董,窪総本1〉

馨.驕(蓋纏ノ蓋,窪蕊奉〉

曇.臨( 2/董,隠抹》

分 率

 合

準戒?奪纐境糞意よ轡難癖もた.

激  霧轟文藻 藩鶴大学行政教会学額 撃鰯一舞 霧鶴離離驚濫舞1字嚢道嚢

一欝一

中  .馬  戦  允

講盛期織・鐸韓 豊麗む発猷

飲料承鐙

暫建〉氷質基準纏超進発戸

濃綻聾

ヒ数

@A〉

糞汚染

e弓激

@馨〉

碁ノ轟

i鷺〉

舞戸

煤B 蓉薙

i%〉

篤学

カ質

善戸

@数

最高

@濃度

基準

@纏雛 簸 高 濃 慶 鐙 場 靉

靆総 難総 欝。? 韓藍 2£.隻

ぞむ鷺

イ9置

T

縫暮

T書

Z

§、鍵

ヘ.縫 D総

露欝.§

}驚毅.馨

@雛.馨

須欝舞輔魑{炉鶴灘㈱$脚〉

Z無終離馨彌透離猿 タ達雛窪灘撫澱二

第驚嚢 縫鶴舞の奢機鑑嚢叢i欝懇こよ巻汚染鉾芦(摩羅 鵬轟)

      講甕難懸鰻総§一緯露難度

鵬;縛ク麗エ脅ン鐡;テ拷ク難工秒ン欝

承遊車め氷質基準懸濠,號:馨,総麗鳥鵬:辮漉ノも縫嚢:総麗/1であ翫

最高濃漫:麗ノ1

超邊する汚漿発揮数と害給壱彗渡糠こ算霞すると

欝〜欝器i酵,蟹き.嚢〜㌶.嚢%峯こ達する. この暮奪三鷺 毅}報砦蓼こ記録され甑発声承め叢高の汚染濃嚢:を見 ると,で。慧浮.欝搬ぎ/茎(欽繕承の氷質基準嚢み 馨4鋸),夢鐙:謄.総麗/茎偶?,辮慈〉降給

§.轍蓼/1(融.雛〉緯っている(第簾〉・

こ鐙3霧灘ま単独で汚染壷もたらしている場含が 多静も勇の,管C莚・欝C猛・醗Cの三者もしくはそ の二蓄撃緯欝に汚染をもたらして墾る縫麩もある,

 汚染錘薮は橿鳥桑中選鯵地方(餓棄載本線濃 い〉に隻中む,瞬戴濃由地や会津の出懇霊感こも 認めらる(第i馨〉.透葦,大小媛棲の霧密懸電 気機織雛翼製造業等がこうした地壊に逸雄し・あ る嘱ま,騨ライタ婆一二ング業。薮金業によって・

汚染がもたらされて籍胤

 橿鳥察下給率野内の汚染縫線,多く解海攣段壼

や坤稜麟蟹墨豹,汚禦鐵説縮縫雑嚢

霧中を,懇憾朧勤方灘や盆縫埋灘勤下藻へ

.捲憂緊噛二趣

   ゆ君、メデ / 響》無熱浮誉、諒

▽ジ盤議◇』☆

     〆・

一脹/

欝黙!

認!︑

第貿藤 纏灘肇鐙麿雛壇簾議灘麟菰素養難了承汚染纏褻(傘轟 欝総よ瞬馨繊〉

    酵ク離礁孟子シン・ヂ鯵タ欝欝叢墜シン・董.睾、董一緯食騒綴叢整ン醗霧嚢灘譲綾数韓饗に    よ巻溝染蕎景ず、蕪喪誘致響寧磯1承饗蕪準髄室ま澱藝巻汚染難灘・轟轟:購基童霧簸牽溝の溝染地麩1・

一灘一

縫質燦境の{繋金を

と鉱激している(中馬 欝縫〉.騨銭縷毒地では,

花露岩の暴紀雛を串・む1こ汚染が確認される鋸,そ め籔が鱗濠猜疑.

地質汚染麟策 全灘鵜機翼

 登本に纏,有機塩素黙藩葎餐こよる地質汚染地の 誉乾を定める法禽捻鐘かった(欝襲零の通常馨会 において,基質汚縄紡窺法の一編薮豊解なされ,

一驚の舗緯のもとで難事薯こ汚染漂石毒紅韓する浄 翫命金権解醤与さ舞た、i§欝奪纏驚i蕪から籠鴛

さ駿る.).翻遂癖:桑鼓び薦霧王右婁靉靆で絃,条{難や 要総を麹窪し,汚染地鐙講甕や繋策をとって》る

ところがある.これら鐙麟撲藤こ壌緒綜,書覆 総懸)・欝寒地質学会麗境麹質嚢究委舞会(i鱒溌・

菅野(欝懸嫉S)に繕膏されている、

 条纒や要霧に基づく汚染地雄浄乾繋策隷,千葉 撃殺ぴ講桑縫融妨窪溜孝等1こよつて糠力繰こ進 あられ,その成羅紗一躯絃欝総翼こ公表さ麟て憲た

(擬えば.地下駅翼題醗究会 欝欝;承暇支欝究 グループ 緯灘1蓉奉地質学会礫境地質襲究婁員 会 i繋碁β編擁s磁i A総勤s繊欝舞(}驚脚恥ご w就雛難滋脇鈴 舞懸〉.

権高察鐙撮要

 纏島集下劣奮機塵素系欝斉彗菰よる汚染舞籔ζのう ち,若干の鍵麩で響政捲導峯こよって浄化麟策巻 とって疑るところ熱ある.筆者の知る棲むで韓,

地下承汚染難竣に上水遷を敷設する以磐,この浄 建事業は工霧敷纏内に羅ら忽,汚染漂の土石を除 去し,ある躰億汚藥地下承を霧氷するなどして》

る.こうした汚染韓策捻嚢捧的に繧公表さ魏ず,

地蟻建罠解その事実髪難らな》騰金解一緩鹸であ る.福島講麹で絃,ク1卜講ング工場壱羅鑛もて 汚染地懸を欝ミ去もて墾る1こもかかわらず,工協藪 縫外の題下氷河簗講壷や繋策羅,筆老ら爵囑鰭講 蓋した時点ではなされてい鍍かったと疑う夢彗もあ

る.羅工場鵜下流離婁こ絃,難下承を穫篤して盗落 している鶏家が多数存姦してい尭.

 大蕪分の汚染地琶で縁,汚染質の濃簑を氷質汚 濁紡盛法に墓づ継て,隼に麦藏程縫纒続して灘足

して継る.

汚染地雄藩鷺鐙鎌要牲

 有機塩素孫溶麟による汚染地麩の浄鷺の意義に つ簸て,吉欝(縛懸〉は筆巻め意見を入れて垂点

にまとめている、ここで毒謡つの観点から浄鴛の 必要盤を述べてみたいウ第貰哉ま,有機塩素系溶 肇がもたらす健康聾題である.これは発ガソ盤iに とどまらない翼題壱食んで》ることが,嘗穣(豊§

鋤によってi鉾纏こ述べられている.第2減水 資灘の藻金の観点である.経本粥島で慧奪縫i鱒 癒露を越す地下駅が(水嚢支磯究グループi蟹3,

露§3),また福島盆建茎で纏彗環羅2,碁嬢}万誘程襲この題

下水解朝霧されて疑る(福農薬 欝雛〉.こうし た糞垂な水資糠解汚染によって失なわれてきてお

讐, 簸下取の漢悉勤書こ{幸う汚染質の毒議数茎こつれて,

その籔は繕撫して駆る.第3には,土麹資漂の懸 纏の1藪下の繍である.アメ暖海のシ婆コンバレー で韓,趣質湾染に纏う土逡や家渥の資産懸纏の抵 下癖,往戻によって心翫されて峯懸(○麟撫難捻 鷺.W、礎.C、唇.婚総).土雛が源染を叢ること によって.汚染行為と無難孫な建幾鐙土地辮霧権 が優害される叢験纏があるとも嘗えよう.第麟こ は,童ゾン屡の磯壊巻紡盛する観点である、MC が愈ゾン羅破壊鞠質であることに鑑み,霧氷紅鐸 い,ある霞確然麟猿面から大気寧へ移動する こめ犠質を,攣慧に濟鞍することが必要である.

r津ゾン麟を破壊する麹質に絶するモント13愈㎜

ル議定書擁壁〉纏縫によって,義解露縁欝総隼当霧 から醗Cの生産・穫罵が禁比さ轟ている (駿境庁 饑餓礫境編 鰺弱).繁きには,翻毒藻を中心に して大鏡穫に叢さ翻ている(蒋に鑓下で砂)土本 工事等の労鍵燦境を採金する観煮からも,春機壌 素桑港難1による縫楷下水湧染の浄琵が必要である,

有機塩棄桑藩麟による溝染地の籍握を

 鳶機塩素系溶離昇こよる筋質湾染捻,全蟹的茎こ深 麺な事態になって》るものと予想壽れる.そ轟に もかかわらず,そ砂実態雛一一藻の縫壊壱繊鯵て不 瞬である.縫質学1こ縣わ葛巻がその知識や援護誉 駆養して事態を聡らかにし,それを盤浅1こ認識し てもらう必要揮あろう.住民縁雛質汚染毒こ懸わる 憲らの健康や礫境緯題を.上述の汚染地の浄{毅〉

必要性との護1達から至愛解ずることができ輪ば,共 に溝染地鐙浄髭を求める遷藝勤毒こ産驚われるので慧な かろうか.

 シ撃瀞ンバレーを纏む誇として曽アメ解ガでど うして櫨質汚染の浄畿事業解構内的に慧さ翻るよ うになったのか,大学の覇究妻と爵号フ量ル晶ア

一3i一

関連したドキュメント