unmei

68 

Loading.... (view fulltext now)

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

運命

(2)
(3)

運命   世 お の ず か ら   すう 数  と い う も の 有 り や 。有 り と い え ば 有 る が   ごと 如  く 、 無 し と   な 為  せ ば 無 き に も 似 た り 。  こうずい 洪水   天 に   はびこ 滔  る も 、   禹  の 功 こ れ を 治 め 、   たいかん 大旱   地 を   こが 焦  せ ど も 、   とう 湯  の 徳 こ れ を   すく 済  え ば 、 数 有 る が 如 く に し て 、   しか 而  も 数 無 き が 如 し 。  し ん 秦  の 始 皇 帝 、 天 下 を 一 に して  そ んごう 尊号  を称す。  い え ん 威  まことに当る  べ 可 からず。  しか 然 れども水 神 あ り て   か い ん 華陰   の 夜 に 現 わ れ 、   たま 璧  を 使 者 に 托 し て 、 今 年   そりゅう 祖龍   死 せ ん と   い 曰  え ば 、   はた 果  し て 始 皇 や が て   しゃきゅう 沙丘   に 崩 ぜ り 。  とう 唐  の   げんそう 玄宗   、 開元は三十年の太平を  う 享 け、  てんぽう 天宝  は十四年の  か し ゃ 華奢  をほしい ま ゝ に せ り 。然 れ ど も 開 元 の 盛 時 に 当 り て 、  い ち ぎ ょ う あ じ ゃ り 一行阿闍梨   、 陛下万里に行幸して、  せ い そ 聖祚    かぎり 疆   な 無 からんと奏したりしかば、 心得がたきことを  もう 白 すよとおぼされしが、  あんろくざん 安禄山  の乱起り て、天宝十五年  し ょく 蜀 に入りたもうに及び、  ばんりきょう 万里橋  にさしかゝ りて  く ぜ ん 瞿然  として悟り  たま 玉 えりとなり。  こ れ ら 此等  を思えば、数無き に 似 た れ ど も 、而 も 数 有 る に 似 た り 。  ていめいろく 定命録   、  ぞくていめいろく 続定命録   、   ぜんていろく 前定録  、  かんていろく 感定録  等、小説  やじょう 野乗  の記するところを見れば、吉 凶禍福は、皆定数ありて  いんたくしょうこく 飲啄笑哭  も、  ことごと 悉 く天意に  よ 因 るかと 疑わる。されど紛々たる雑書、何ぞ信ずるに足らん。  た と え 仮令   数ありとするも、測り難きは数なり。測り難きの数を  おそ 畏 れ て、  ふ げ き ぼ く そ う 巫覡卜相  の徒の前に  こ うべ 首 を  ふ 俯 せんよりは、知る可きの道 に 従 い て 、古 聖 前 賢 の   おしえ 教  の   もと 下  に 心 を 安 く せ ん に は   し 如  か じ 。 かつや人の常情、敗れたる者は天の  めい 命 を称して  た ん 歎 じ、成れ る者は己の力を説きて誇る。二者共に  ろう 陋 とすべし。事敗れ て  これ 之 を  わ 吾 が徳の足らざるに帰し、功成って之を数の定まる 有るに  ゆだ 委 ねなば、  そ の 其   ひと 人 偽らずして  しん 真 、其  き 器 小ならずして偉 なりというべし。先哲  いわ 曰 く、知る者は言わず、言う者は知 らずと。数を言う者は数を知らずして 、数を言わざる者  あるい 或  は  よ 能 く数を知らん。     いにしえ 古  よ り 今 に 至 る ま で 、   せいばい 成敗   の 跡 、 禍 福 の 運 、 人 を し て   おもい 思  を   ひそ 潜 めしめ  た ん 歎 を発せしむるに  た 足 るもの  もと 固 より多し。されども 人の奇を好むや、  な お 猶   もっ 以 て足れりとせず。  ここ 是 に  おい 於 て才子は才 を  は 馳 せ、  も うじん 妄人  は  もう 妄 を  ほしいいまま 恣  にして、空中に楼閣を築き、  む り 夢裏   に悲喜を  え が 画 き、  い せ つ ひ っ て つ 意設筆綴  して、  う ゆ う 烏有  の談を  つく 為 る。或は  すこ 微 し く  もと 本 づくところあり、或は全く  よ 拠 るところ無し。小説とい い 、   は い し 稗史   と い い 、 戯 曲 と い い 、   ぐうげん 寓言   と い う も の   すなわ 即  ち   これ 是  な り 。 作者の心おもえらく、奇を極め妙を極む と。  あに 豈   はか 図 らんや造 物 の 脚 色 は 、   き ご 綺語   の 奇 よ り 奇 に し て 、 狂 言 の 妙 よ り 妙 に 、 才 子の才も敵する  あた 能 わざるの  こ う ち 巧緻  あり、妄人の妄も及ぶ可か らざるの警抜あらんとは。吾が言をば信 ぜざる者は、  こころみ 試 に   み 看 よ  けんぶん 建文    えいらく 永楽  の事を。      我が  こ 古 小説家の  ゆう 雄 を  きょくていしゅじんばきん 曲亭主人馬琴  と  な 為 す。馬琴の作ると こ ろ 、 長 篇 四 五 種 、   はっけんでん 八犬伝   の 雄 大 、   ゆみはりづき 弓張月   の 壮 快 、 皆   こ う こ 江湖   の   さくさく 嘖々  として称するところなるが、八犬伝弓張月に比して  まさ 優  るあるも劣らざるものを  きょうかくでん 侠客伝  と  な 為 す。  うら 憾 むらくは其の叙 するところ、  けだ 蓋 し  い ま 未 だ十の三四を  おわ 卒 るに及ばずして、  ひっけん 筆硯  

(4)

運命 空しく曲亭の  じょうき 浄几  に  のこ 遺 りて、主人既に  ゆ 逝 きて  はくぎょくろう 白玉楼  の  し 史 と なり、  は ぎ の や 鹿鳴草舎  の  おきな 翁 これを  つ 続 げるも、  また 亦 功を遂げずして死 せるを  もっ 以 て、世  そ 其 の結構の  い 偉 、  りんかん 輪奐  の美を  み 観 るに至らずし て  や 已 みたり。  しか 然 れども其の意を立て材を排する  ゆ え ん 所以  を考う る に 、   な ん し 楠氏   の   こ じ ょ 孤女   を   か 仮  り て 、 南 朝 の   ため 為  に 気 を 吐 か ん と す る 、 おのずから  こ 是 れ一大文章たらずんば  や 已 まざるものあるをば 推知するに足るあり。  おし 惜 い  かな 哉 其の成らざるや。   侠 客 伝 は   じ ょ せ ん が い し 女仙外史   よ り   かんこつだったい 換骨脱胎   し   きた 来  る 。其 の 一 部 は   こうきゅうでん 好逑伝   に   藉  る あ り と   いえど 雖  も 、 全 体 の 女 仙 外 史 を   か 化  し   きた 来  れ る は   お お 掩  う   べ 可  か らず。  これ 此 の  こ ま ひ め 姑摩媛  は  すなわ 即 ち  こ 是 れ  かれ 彼 の  げっくん 月君  なり。月君が  けんぶんてい 建文帝   の為に兵を挙ぐるの事は、姑摩媛が南朝の為に力を致さん とするの  らんぽん 藍本  たらずんばあらず。  こ 此 は  こ 是 れ馬琴が  こ う し り 腔子裏  の 事なりと  いえど 雖 も、  かり 仮 に馬琴をして在らしむるも、  わ 吾 が言を聴 かば、  がんしょう 含笑  して  てんとう 点頭  せん。      女仙外史一百回は、  しん 清 の  いつでんそう 逸田叟  、  りょゆう 呂熊  、  あざな 字 は  ぶんちょう 文兆  の  あらわ 著 す ところ、  こ う き 康熙  四十年に意を起して、四十三年秋に至りて業 を   おわ 卒  る 。  そ 其  の 書 の   たい 体  た る や 、   す い こ で ん 水滸伝     へいようでん 平妖伝   等 に 同 じ と   いえど 雖  も 、   りつげん 立言   の   し 旨  は 、   こ うじょう 綱常   を   ふしょく 扶植   し 、 忠 烈 を 顕 揚 す る に 在 り と い う を   もっ 以  て 、   なんあん 南安   の 郡 守   ちんこうせん 陳香泉   の 序 、   こうせい 江西   の   れ ん し 廉使     りゅうざいえん 劉在園   の 評 、 江 西の学使  ようねんてい 楊念亭  の論、  こうしゅう 広州  の太守  しょうなんでん 葉南田  の  ばつ 跋 を得て世に行 わる。  げ ん き わ い ざ つ 幻詭猥雑  の談に、  か ん か 干戈  弓馬の事を  はさ 挿 み、  こ うがい 慷慨  節義の   だん 譚 に、  しんせんひょうびょう 神仙縹緲  の  し ゅ 趣 を  まじ 交 ゆ。  さ い ゆ う き 西遊記  に似て、  しか 而 も其の  こ た ん 誇誕   は 少 し く   ゆず 遜  り 、 水 滸 伝 に 近 く し て 、 而 も   そ 其  の 豪 快 は 及 ば ず 、 三国志の  ご と 如 くして、而も其の殺伐はやゝ  すくな 少 し。たゞ其の三 者の  か ち 佳致  を併有して、一編の奇話を構成するところは、女 仙外史の西遊水滸三国諸書に  まさ 勝 る  ゆ え ん 所以  にして、其の大体の   ふ う ど 風度  は平妖伝に似たりというべし。  うら 憾 むらくは、  つうへん 通篇    じゅせい 儒生   の  こうふん 口吻  多くして、説話は  こ う こ ぼ っ そ つ 硬固勃率  、談笑に  りゅうちょうせんしん 流暢尖新  のとこ ろ  すくな 少 きのみ。  女仙外史の名は其の  じつ 実 を語る。主人公  げっくん 月君  、これを  たす 輔 く る の   ほ う し 鮑師   、   ま ん に 曼尼   、   こうそんたいじょう 公孫大娘   、   しょういんじょう 聶隠娘   等 皆 女 仙 な り 。  ほうしょう 鮑聶   等 の女仙は、もと古伝雑説より取り  きた 来 って彩色となすに過ぎ ず、  しこう 而 して月君は  すなわ 即 ち  さ ん と う ほ だ い 山東蒲台  の  よ う ふ 妖婦    と う さ い じ 唐賽児  なり。賽児の 乱 を な せ る は   みん 明  の   えいらく 永楽   十 八 年 二 月 に し て 、   えん 燕  王 の   さんだつ 簒奪   、   けんぶん 建文   の  そ ん い 遜位  と相関するあるにあらず、建文  なお 猶 死せずと  いえども 雖 、簒奪 の事成って既に十八春秋を  へ 経 たり。賽児何ぞ実に建文の  ため 為  に 兵 を 挙 げ ん や 。た ゞ 一 婦 人 の 身 を 以 て 兵 を 起 し 城 を   ほふ 屠  り 、   あんえんこう 安遠侯    りゅうしょう 柳 升 をして征戦に労し、  と し き 都指揮    えいせい 衛青  をして  げきじょう 撃攘  に   つと 力  め し め 、 都 指 揮   りゅうちゅう 劉忠   を し て   せんぼつ 戦歿   せ し め 、 山 東 の 地 を し て 一時  そうじょう 騒擾  せしむるに至りたるもの、真に  こ 是 れ  は い し 稗史  の好題目 たり。  これ 之 に加うるに賽児が  どうけん 洞見  預察の  めい 明 を有し、幻怪  き ひ 詭秘   の 術 を   能  く し 、 天 書 宝 剣 を 得 て 、   けいみん 恵民   布 教 の 事 を   為  せ る も 、   また 亦 真に是れ稗史の絶好資料たらずんばあらず。賽児の  じっせき 実蹟   既に  かく 是 の  ご と 如 し。  これ 此 を  か 仮 り  きた 来 りて  もっ 以 て建文の位を  ゆず 遜 れるに涙

(5)

運命 を  おと 堕 し、  えんてい 燕棣  の国を奪えるに歯を  くいしば 切 り、  こうがい 慷慨  悲憤して以て 回天の業を  な 為 さんとするの  じょえいゆう 女英雄  となす。女仙外史の人の 愛読  た んがん 耽翫  を  ひ 惹 く  ゆ え ん 所以  のもの、決して  せんしょう 尠少  にあらずして、而 して又実に一  ぺん 篇 の  り ん り 淋漓  たる  ひつぼく 筆墨  、  ぎ が 巍峨  たる結構を得る所以 のもの、決して偶然にあらざるを見る。    さ い じ 賽児  は  ほ だ い ふ 蒲台府  の  たみ 民   りんさん 林三  の妻、  わか 少 きより仏を好み経を  しょう 誦 せ るのみ、別に異ありしにあらず。林三死して  これ 之 を郊外に  ほうむ 葬  る 。賽 児 墓 に 祭 り て 、   かえ 回  る さ の   みち 路  、 一 山 の   ふもと 麓  を 経 た り し に 、 たま 〳〵 豪雨の後にして土崩れ石  あら 露 われたり。これを  み 視 る に  せきこう 石匣  なりければ、  つ 就 いて  うかが 窺 いて  つい 遂 に異書と宝剣とを得た り。賽児これより妖術に通じ、紙を  き 剪 って人馬となし、  け ん 剣  を  ふる 揮 って  じゅしゅく 咒祝  を  な 為 し、髪を削って尼となり、  おしえ 教 を  り り ょ 里閭  に  し 布  く 。  いのり 祷  に は 効 あ り 、   ことば 言  に は   げん 験  あ り け れ ば 、 民   きゅうぜん 翕然   と し て 之 に 従いけるに、賽児また  き し ゃ 饑者  には  し 食 を与え、凍者には衣を給 し、  し んさい 賑済  すること多かりしより、  つい 終 に追随する者数万に及 び 、   とうと 尊  び て 仏 母 と 称 し 、   その 其    いきおい 勢     はなは 甚  だ   こうだい 洪大   と な れ り 。官   これ 之  を   にく 悪  み て 賽 児 を 捕 え ん と す る に 及 び 、 賽 児 を 奉 ず る 者   とうげんこう 董彦杲   、   りゅうしゅん 劉俊   、   ひんこう 賓鴻   等 、 敢 然 と し て   た 起  っ て 戦 い 、   え き と 益都   、   あんしゅう 安州   、   きょしゅう 莒 州  、   そくぼく 即墨   、   じゅこう 寿光   等 、 山 東 諸 州   ていふ つ 鼎沸   し 、 官 と 賊 と   こ もごも 交々   勝 敗 あ り 。官 兵  ようや 漸 く多く、賊勢日に  しじ 蹙 まるに至って賽児を捕え得、  まさ 将 に 刑に処せんとす。賽児  い ぜ ん 怡然  として  おそ 懼 れず。衣を  は 剥 いで之を   ばく 縛  し 、   とう 刀  を 挙 げ て 之 を   き   る に 、   とうじん 刀刃   入 る   あた 能  わ ざ り け れ ば 、   已  むを得ずして  また 復 獄に下し、  か い か 械枷  を  たい 体 に  こうむ 被 らせ、  てっちゅう 鉄鈕  もて足 を  つな 繋 ぎ置きけるに、  に わか 俄 にして皆おのずから  げ だ つ 解脱  し、  つい 竟 に  のが 遯  れ去って終るところを知らず 。  さんしぐんけんしょうこう 三司郡県将校    ら 等 、皆  あだ 寇 を失 うを以て  ちゅう 誅 せられぬ。賽児は  い か が 如何  しけん其後  そうせき 踪跡    よう 杳 として 知るべからず。永楽帝怒って、およ そ  ほくけい 北京    さんとう 山東  の  に こ 尼姑  は  ことごと 尽  く逮捕して京に上せ、厳重に  かんもん 勘問  し、  つい 終 に天下の尼姑とい う尼姑を  と ら 逮 うるに至りしが、得る  あた 能 わずして  や 止 み、遂に後 の史家をして、  よ う か 妖耶    ひ と か 人耶  、  わ れ 吾   これ 之 を知らず、と  い 云 わしむるに 至れり。  世の伝うるところの賽児の事既に  はなは 甚 だ奇、修飾を  か 仮 らず して、一部  は い し 稗史  たり。女仙外史の作者の  か 藉 りて  もっ 以 て筆墨を   こ 鼓 するも  ま た 亦   むべ 宜 なり。  しか 然 れども賽児の徒、  はじめ 初 より大志ありし にはあらず、官吏の  かぎゃく 苛虐  するところとなって  しこう 而 して後爆裂   へいはつ 迸発  して  ほのお  を揚げしのみ。其の永楽帝の賽児を   もと 索 むる甚だ 急なりしに考うれば、賽児の徒  きんきゅう 窘窮  して  ほこ 戈 を  と 執 って立つに 及び、  あるい 或 は建文を称して永楽に抗するありしも亦知るべか らず。永楽の時、史に曲筆多し、今いずく にか  その 其   じつ 実 を知る を 得 ん 。永 楽   さんだつ 簒奪   し て 功 を 成 す 、   しか 而  も   そうめい 聡明     ご う き 剛毅   、   まつりごと 政  を   為  す 甚 だ 精 、   さ 補佐   ま た 賢 良 多 し 。こ ゝ を 以 て 賽 児 の 徒   たちまち 忽  に し て 跡 を 潜 む と   いえど 雖  も 、  も 若  し   し んまつ 秦末     か ん き 漢季   の   ごと 如  き の 世 に   出  で し め ば 、   ちんしょう 陳渉    ちょうかく 張角  、  つい 終 に天下を動かすの事を  な 為 すに至りたるやも 知る  べ 可 からず。  あ あ 嗚呼  賽児も亦  き じ ょ し 奇女子  なるかな。而して  この 此 奇 女 子 を   か 藉  り て 建 文 に   く み 与  し 永 楽 と 争 わ し む 。女 仙 外 史 の 奇 、   そ 其 の奇を求めずして而しておのずから  しか 然 るあらんのみ。然

(6)

運命 りと雖も  よ 予   なお 猶   おも 謂 えらく、  いつでんそう 逸田叟  の脚色は  か 仮 にして後  わずか 纔 に奇 なり、造物  や や 爺々  の  し い 施為  は真にして  か つ 且 更に奇なり。        みん 明 の  けんぶん 建文  皇帝は実に  た い そ 太祖    こう 高 皇帝に  つ 継 いで位に  つ 即 きたまえ り 。時 に   こ う ぶ 洪武   三 十 一 年   うるう 閏  五 月 な り 。す な わ ち   み ことのり 詔  し て 明 年 を建文元年としたまいぬ。  み よ 御代  しろしめすことは  まさ 正 しく五 歳 に わ た り た も う 。  しか 然  る に   びょうし 廟諡   を 得 た も う こ と 無 く 、   しょうとく 正徳   、   ばんれき 万暦  、  すうてい 崇禎  の間、事しば 〳〵 議せられて、  しか 而 も  つい 遂 に行われ ず 、   みん 明  亡 び 、   しん 清  起 り て 、   けんりゅう 乾隆   元 年 に 至 っ て 、 は じ め て   きょうびんけい 恭憫恵   皇帝という  おくりな 諡 を得たまえり。  その 其 国の徳衰え  たく 沢   つ 竭 きて、内憂 外患こも 〴〵   せま 逼 り、滅亡に  な りなん 垂 とする世には、崩じて  おく 諡 られ ざる  みかど 帝 のおわす  た めし 例 もあれど、明の  そ 祚 は  そ 其 の後  なお 猶 二百五十年 も続きて、  この 此 時太祖の盛徳偉業、  えんえん 炎々  の威を揚げ、  かくかく 赫々  の 光 を 放 ち て 、天 下 万 民 を 悦 服 せ し め し ば か り の   のち 後  な れ ば 、 か ゝ る 不 祥 の 事 は 起 る べ く も あ ら ぬ 時 代 な り 。さ る を   其  一 の  かく 是 の  ごと 如 くなるに至りし  ゆ え ん 所以  は、天意か人為かはいざ知ら ず、一  ぱ 波 動いて万波動き、不可思議の事の  ちょうじょう 重畳  連続して、 其の  きょうとう 狂濤  は四年の間の天地を  しんかん 震撼  し、其の  よ ら ん 余瀾  は万里の外 の邦国に  ぜんしん 漸浸  するに及べるありしが  ため 為 ならずばあらず。  建文皇帝  いみな 諱 は  いんぶん 允  、太祖高皇帝の嫡孫なり。  お んちち 御父    い ぶ ん 懿文  太 子 、 太 祖 に   つ 紹  ぎ た も う べ か り し が 、 不 幸 に し て 世 を 早 う し た まいぬ。太祖時に  おんとし 御齢  六十五にわたらせ  たま 給 いければ、  さ す が 流石   に  わいせい 淮西  の  い っ ぷ い 一布衣  より  おこ 起 って、  ようかん 腰間  の  けん 剣 、馬上の  むち 鞭 、四百余 州を十五年に  き 斬 り  なび 靡 けて、遂に帝業を成せる大豪傑も、薄 暮に  しょく 燭 を失って荒野の旅に疲れたる心地やしけん、堪えか ねて泣き  し お 萎 れたもう。  か ん り ん が く し 翰林学士  の  りゅうさんご 劉三吾  、  おんなげき 御歎  はさること ながら、既に皇孫のましませば何事か 候うべき、  ちょくん 儲君  と仰 せ出されんには、四海心を  か 繋 け奉らんに、  さ 然 のみは御過憂 あるべからず、と  も う 白 したりければ、  げ 実 にもと  う な ず 点頭  かせられ て 、   その 其    とし 歳  の 九 月 、 立 て ゝ 皇 太 孫 と 定 め ら れ た る が 、   すなわ 即  ち 後 に 建文の  みかど 帝 と申す。  こ く し 谷氏  の史に、建文帝、生れて十年にして   い ぶ ん 懿文     しゅっ 卒  す と あ る は 、   けだ 蓋  し   だ つ じ 脱字   に し て 、 父 君 に 別 れ 、   ち ょ い 儲位   に 立ちたまえる時は、  まさ 正 しく十六歳におわしける。資性  えいけい 穎慧   温和、孝心深くましまして、父君の病み たまえる間、三歳 に  わた 亘 りて昼夜  し っ か 膝下  を離れたまわず、  かく 薨 れさせたもうに及び ては、思慕の情、悲哀の涙、絶ゆる間も なくて、身も細々 と  や 瘠 せ細りたまいぬ。太祖これを見たまいて、  なんじ 爾 まことに 純孝なり、たゞ子を  うしな 亡 いて孫を頼む老いたる我をも  おも 念 わぬ ことあらじ、と  のたま 宣 いて、過哀に身を  やぶ 毀 らぬよう  あ い ぶ 愛撫  せられ たりという。其の性質の美、推して知るべし。  はじめ太祖、太子に命じたまいて、  しょうそう 章奏  を決せしめられ けるに、太子仁慈厚くおわしければ、刑獄 に  おい 於 て  なだ 宥 め軽め らるゝこと多かりき。太子  う 亡 せたまいければ、太孫をして 事に当らしめたまいけるが、太孫もまた 寛厚の性、おのず から徳を植えたもうこと多く、又太祖 に請いて、  あまね 遍 く  れいけい 礼経  

(7)

運命 を考え、歴代の刑法を  さんしゃく 参酌  し、刑律は  おしえ 教 を  たす 弼 くる  ゆ え ん 所以  なれ ば、  お よ 凡 そ  ご り ん 五倫  と  あい 相   わた 渉 る者は、  よろ 宜 しく皆法を屈して  もっ 以 て  じょう 情 を 伸ぶべしとの意により、太祖の  じゅんきょ 准許  を得て、律の重きもの 七十三条を改定しければ、天下  おおい 大 に喜びて徳を  しょう 頌 せざる無 し。太祖の  ことば 言 に、  われ 吾 は乱世を治めたれば、刑重からざるを 得ざりき、  なんじ 汝 は平世を治むるなれば、刑おのずから  まさ 当 に  か ろ 軽  うすべし、とありしも当時の事なり。明の律は太祖の  ぶしょう 武昌   を平らげたる  ご 呉 の元年に、  りぜんちょう 李善長    ら 等 の考え設けたるを  はじめ 初 と し、洪武六年より七年に  わた 亙 りて  りゅういけん 劉惟謙    ら 等 の議定するに及び て、  い わゆる 所謂    たいみんりつ 大明律  成り、同じ九年  こ い よ う 胡惟庸    ら 等 命を受けて  り せ い 釐正  す るところあり、又同じ十六年、二十二年の  へんせん 編撰  を経て、  つ い 終  に洪武の末に至り、  こうていたいみんりつ 更定大明律  三十巻大成し、天下に  わか 頒 ち 示されたるなり。呉の元年より  ここ 茲 に至るまで、日を積むこ と久しく、慮を致すこと  くわ 精 しくして、一代の法始めて定ま り、  し ゅ し 朱氏  の世を終るまで、獄を決し刑を擬するの準拠とな りしかば、後人をして唐に  くら 視 ぶれば  かんかく 簡覈  、  しか 而 して寛厚は  そ う 宗  に  し 如 かざるも、其の  そくいん 惻隠  の意に至っては、各条に散見せり と評せしめ、余威は遠く  わがくに 我邦  に及び、徳川期の識者をして   これ 此 を研究せしめ、明治初期の新律綱領をして  これ 此 に採るとこ ろあらしむるに至れり。太祖の英明にして意を民人に致せ し こ と の 深 遠 な る は 言 う ま で も 無 し 、 太 子 の 仁 、 太 孫 の 慈 、   また 亦 人君の度ありて、明律  よ 因 りて  もっ 以 て成るというべし。既に して太祖崩じて太孫の位に  つ 即 きたもうや、刑官に  さと 諭 したま わく、大明律は皇祖の親しく定めさせ たまえるところにし て、  ちん 朕 に命じて細閲せしめたまえり。前代に  くら 較 ぶるに往々 重きを加う。  けだ 蓋 し乱国を刑するの典にして、百世通行の道 にあらざる也。朕が  さき 前 に改定せるところは、皇祖  すで 已 に命じ て施行せしめたまえり。  しか 然 れども罪の  きょうぎ 矜疑  すべき者は、  なお 尚    これ 此 に  とど 止 まらず。それ律は大法を設け、礼は人情に  したが 順 う。民 を  ととの 斉 うるに刑を以てするは礼を以てするに  し 若 かず。それ天 下有司に諭し、務めて礼教を  たっと 崇 び、疑獄を  ゆる 赦 し、朕が  ばんぽう 万方   と  とも 与 にするを  よろこ 嘉 ぶの意に  かな 称 わしめよと。  あ あ 嗚呼  、既に父に孝 にして、又民に慈なり。帝の性の善良な る、  たれ 誰 がこれを然 らずとせんや。    かく 是 の如きの人にして、  みかど 帝 となりて位を保つを得ず、天に 帰して  おくりな 諡 を  う 得 る  あた 能 わず、  びょう 廟 無く陵無く、  せいざん 西山  の  い っ ぽ う ど 一抔土  、  ほう 封  せず  じゅ 樹 せずして終るに至る。  あ あ 嗚呼  又奇なるかな。しかも其 の  いんえん 因縁  の  きゅうてんさくざつ 糾纏錯雑  して、果報の惨苦悲酸なる、而して其の 影響の、  あるい 或 は  こくどく 刻毒  なる、或は  よ うびょう 杳渺  たる、奇も  また 亦   はなはだ 太甚  しとい うべし。      建文帝の国を  ゆず 遜 らざるを得ざるに至れる最初の因は、太 祖 の 諸 子 を 封 ず る こ と 過 当 に し て 、地 を 与 う る こ と 広 く 、 権を附すること多きに基づく。太祖の天 下を定むるや、前 代の  そう 宋   げん 元 傾覆の  ゆ え ん 所以  を考えて、宗室の孤立は、無力不競の

(8)

運命 弊源たるを思い、諸子を  おお 衆 く四方に封じて、兵馬の権を有 せしめ、  もっ 以 て帝室に  はんべい 藩屏  たらしめ、  け い し 京師  を  きょうえい 拱衛  せしめんと 欲せり。  こ 是 れ  また 亦 故無きにあらず。兵馬の権、他人の手に落 ち、金穀の利、一家の有たらずして、  しょうすい 将帥  外に  お ご 傲 り、  かんじゃ 奸邪     あいだ 間 に私すれば、一朝事有るに際しては、都城守る  あた 能 わず、   そうびょう 宗廟     まつ 祀  ら れ ざ る に 至 る べ し 。  も 若  し   夫  れ   おお 衆  く 諸 侯 を 建 て 、 分 ち て 子 弟 を 王 と す れ ば 、 皇 族 天 下 に 満 ち て 栄 え 、 人 臣   いきおい 勢  を 得 る の   すき 隙  無 し 。こ ゝ に   おい 於  て 、第 二 子   そう ※  1   しん 秦  王 に   ほう 封  じ 、藩 に  せいあん 西安  に  つ 就 かしめ、第三子  こう 棡 を  しん 晋 王に封じ、  た い げ ん ふ 太原府  に  お 居 ら し め 、 第 四 子   てい 棣  を 封 じ て   えん 燕  王 と な し 、   ほ く へ い ふ 北平府     すなわ 即  ち 今 の   ぺ き ん 北京   に 居 ら し め 、第 五 子   しゅく ※  2 封 じ て   しゅう 周  王 と な し 、  か い ほ う ふ 開封府   に 居 らしめ、第六子  てい 楨 を  そ 楚 王とし、  ぶしょう 武昌  に居らしめ、第七子  ふ 榑  を  せい 斉 王とし、  せいしゅうふ 青州府  に居らしめ、第八子  し 梓 を封じて  たん 潭 王と し 、   ちょうさ 長沙   に   お 居  き 、 第 九 子   き ※  3   ちょう 趙  王 と せ し が 、   こ 此  は 三 歳 に し て  しょう 殤 し、藩に就くに及ばず、第十子  たん 檀 を生れて二月にして   ろ 魯 王とし、十六歳にして藩に  えんしゅうふ 州府  に就かしめ、第十一子   ちん 椿  を 封 じ て   し ょく 蜀  王 と し 、   せ い と 成都   に   居  き 、 第 十 二 子   はく 柏  を   しょう 湘  王 と し 、   けいしゅうふ 荊州府   に 居 き 、 第 十 三 子   けい 桂  を   だい 代  王 と し 、   だ い ど う ふ 大同府   に 居 き 、 第 十 四 子   えい ※  4   しゅく 粛  王 と し 、藩 に   かんしゅうふ 甘州府   に 就 か し め 、第 十 五 子   しょく 植  1﹁木+爽﹂ 、 UCS-6A09 、 252-3 2﹁木+肅﹂ 、 UCS-6A5A 、 252-5 3﹁木+巳﹂ 、 252-7 4﹁木+英﹂ 、 UCS-6967 、 252-11 を 封 じ て   りょう 遼  王 と し 、  こ う ね い ふ 広寧府   に 居 き 、第 十 六 子   せん ※  5   けい 慶  王 と して  ね い か 寧夏  に居き、第十七子  けん 権 を  ねい 寧 王に封じ、  たいねい 大寧  に居らし め 、第 十 八 子   べん   を 封 じ て   びん 岷  王 と な し 、第 十 九 子   けい ※  6 封 じ て  こく 谷 王となす、谷王というは  そ 其 の  お 居 るところ  せ ん ふ 宣府  の  じょうこく 上谷  の 地たるを以てなり、第二十子  しょう 松 を封じて  かん 韓 王となし、  かいげん 開源   に居らしむ。第二十一子  ぼ 模 を  しん 瀋 王とし、第二十二子  えい 楹 を  あん 安  王 と し 、第 二 十 三 子   けい ※  7   とう 唐  王 と し 、第 二 十 四 子   とう 棟  を   えい 郢  王 と し 、第 二 十 五 子   い ※  8   い 伊  王 と し た り 。  しん 藩  王 以 下 は 、  えいらく 永楽   に 及 ん で 藩 に 就 き た る な れ ば 、  しば 姑  ら く   措  き て 論 ぜ ざ る も 、 太祖の諸子を  ほう 封 じて王となせるも  また 亦 多しというべく、  しこう 而 し て   し か 枝柯     はなは 甚  だ 盛 ん に し て   ほんかん 本幹     かえ 却  っ て 弱 き の   いきおい 勢  を 致 せ る に 近 しというべし。明の制、親王は  きんさつきんほう 金冊金宝  を授けられ、  さいろく 歳禄   は   まんせき 万石   、 府 に は 官 属 を 置 き 、 護 衛 の   こ う し 甲士   、   すくな 少  き 者 は 三 千 人 、 多き者は一万九千人に至り、  べんぷく 冕服    し ゃ き 車旗    ていだい 邸第  は、天子に  くだ 下 る こと一等、公侯大臣も伏して而して拝謁す。皇族を尊くし 臣下を抑うるも、  また 亦 至れりというべし。且つ  げん 元 の  えい 裔 の  なお 猶 存 し て 、 時 に   さ い か 塞下   に 出 没 す る を 以 て 、 辺 に 接 せ る 諸 王 を し て 、   こくちゅう 国中  に専制し、三護衛の  ちょうへい 重兵  を擁するを得せしめ、将を  や 遣  りて諸路の兵を  め 徴 すにも、必ず親王に関白して  すなわ 乃 ち発する ことゝせり。諸王をして権を得せしむるも、  また 亦 大なりとい 5﹁木+﹁旃﹂の﹁丹﹂に代えて﹁冉﹂ 、 252-12 6﹁木+惠﹂ 、 UCS-6A5E 、 253-2 7﹁木+經のつくり﹂ 、 UCS-6871 、 253-4 8﹁木+︵ヨ/粉/廾︶ ﹂ 、 253-5

(9)

運命 うべし。太祖の意に  おも 謂 えらく、  かく 是 の  ごと 如 くなれば、  ほ ん し 本支    あい 相   た す 幇  け て 、   し ゅ し 朱氏   永 く   さ か 昌  え 、 威 権   し も 下  に 移 る 無 く 、 傾 覆 の   うれい 患  も 生 ず る に地無からんと。太祖の  し ん ち 深智    たっしき 達識  は、まことに  よ 能 く前代の   ふくてつ 覆轍  に  かんが 鑑 みて、後世に長計を  のこ 貽 さんとせり。されども人智 は  かぎり 限 有り、天意は測り難し、  あに 豈   はか 図 らんや、太祖が熟慮遠謀 して  し い 施為  せるところの者は、  すなわ 即 ち是れ  こうりょう 孝陵  の土  いま 未 だ乾かず し て 、   ほ くへい 北平   の   ちり 塵  既 に 起 り 、   し せ き 矢石     けいじょう 京城   に   う ちゅう 雨注   し て 、 皇 帝   か す う 遐陬   に雲遊するの因とならんとは。   太 祖 が 諸 子 を 封 ず る こ と の 過 ぎ た る は 、   つと 夙  に   これ 之  を 論 じ て 、   しか 然 る  べ 可 からずとなせる者あり。洪武九年といえば建文帝未 だ 生 れ ざ る ほ ど の 時 な り き 。  その 其    とし 歳    うるう 閏  九 月 、 た ま 〳〵   てんもん 天文   の 変 あ り て 、   みことのり 詔  を 下 し   ちょくげん 直言   を 求 め ら れ に け れ ば 、   さんせい 山西   の   しょうきょしょう 葉居升   というもの、上書して第一には分封の  はなは 太 だ  おご 侈 れること、第 二には刑を用いる  はなは 太 だ  しげ 繁 きこと、第三には  ち 治 を求むる  はなは 太 だ 速やかなることの三条を言えり。其の分封  た い し 太侈  を論ずるに   いわ 曰 く、都城  ひゃくち 百雉  を過ぐるは国の害なりとは、  でん 伝 の文にも見 え た る を 、 国 家 今 や   しん 秦    しん 晋    えん 燕    せい 斉    りょう 梁    楚    呉    びん 閩  の 諸 国 、 各   その 其    地  を 尽 して  こ れ 之 を封じたまい、諸王の都城宮室の制、広狭大小、天 子の都に  つ 亜 ぎ、之に  たま 賜 うに甲兵衛士の  さかん 盛 なるを以てしたま えり。臣ひそかに恐る、  すうせい 数世  の後は  び だ い 尾大    ふる 掉 わず、  しか 然 して後 に 之 が 地 を 削 り て 之 が 権 を 奪 わ ば 、   すなわ 則  ち 其 の   うらみ 怨  を 起 す こ と 、 漢の七国、晋の諸王の如くならん。然らざれば  すなわ 則 ち  けん 険 を  た の 恃  み て   こう 衡  を 争 い 、 然 ら ざ れ ば 則 ち 衆 を 擁 し て 入 朝 し 、   はなはだ 甚  し け れ ば則ち  かん 間 に  よ 縁 りて而して  た 起 たんに、之を防ぐも及ぶ無から ん。  こうけい 孝景  皇帝は漢の高帝の孫也、七国の王は皆景帝の  どうそう 同宗     ふ け い て い 父兄弟    し そ ん 子孫  なり。然るに当時一たび其地を削れば則ち兵を 構えて西に向えり。晋の諸王は 、皆武帝の  し ん し そ ん 親子孫  なり。然 るに世を  か 易 うるの後は  たがい 迭 に兵を擁して、以て皇帝を  あやう 危 くせ り。昔は  か ぎ 賈誼  漢の文帝に勧めて、禍を  み ぼ う 未萌  に防ぐの道を  もう 白  せり。願わくば今  ま 先 ず諸王の  と ゆ う 都邑  の制を節し、其の衛兵を 減じ、其の  きょうり 彊里  を限りたまえと。  きょしょう 居升  の言はおのずから理 あり、しかも太祖は太祖の慮あり。其 の説くところ、  まさ 正 に 太祖の思えるところに反すれば、太祖 甚だ喜びずして、居 升を  ごくちゅう 獄中  に終るに至らしめ給いぬ。居升の上書の後二十余 年、太祖崩じて建文帝立ちたもうに 及び、居升の言、不幸 にして  しるし 験 ありて、漢の七国の  た とえ 喩 、  ま 眼 のあたりの事となれる ぞ是非無き。   七 国 の 事 、 七 国 の 事 、   あ 嗚呼   是 れ 何 ぞ   みんしつ 明室   と 因 縁 の 深 き や 。   しょうきょしょう 葉居升  の上書の  い 出 ずるに先だつこと九年、洪武元年十一月 の事なりき、太祖宮中に  たいほんどう 大本堂  というを建てたまい、  こ こ ん 古今   の図書を  み 充 て、儒臣をして太子および諸王に教授せしめら る 。  ききょちゅう 起居注   の   ぎ か ん 魏観     あざな 字  は   き ざ ん ※山   9 い う も の 、 太 子 に 侍 し て 書 を説きけるが、一日太祖太子に問いて、近ごろ儒臣経史の 何事を講ぜるかとありけるに、太子、昨日は  かんじょ 漢書  の七図漢 に  そむ 叛 ける事を講じ  きか 聞 せたりと答え  も う 白 す。それより談は其事 9﹁木+巳﹂ 、 256-9

(10)

運命 の上にわたりて、太祖、その曲直は  いずれ 孰 に在りやと問う。太 子 、 曲 は 七 国 に 在 り と 承 り ぬ と   こた 対  う 。時 に 太 祖   が えん 肯  ぜ ず し て 、   あらず 否  、   其  は 講 官 の 偏 説 な り 。  けいてい 景帝   太 子 た り し 時 、   はくきょく 博局   を 投 じ て   ご お う 呉王  の  せ い し 世子  を殺したることあり、帝となるに及びて、  ちょうさく 晁錯   の説を聴きて、諸侯の  ほう 封 を削りたり、七国の変は実に  これ 此 に 由る。諸子の  ため 為 に  この 此 事を講ぜんには、藩王たるものは、上 は 天 子 を 尊 み 、 下 は   ひ ゃくせい 百姓   を   撫  し 、 国 家 の   は ん ぽ 藩輔   と な り て 、 天 下 の公法を  みだ 撓 す無かれと言うべきなり、  かく 此 の如くなれば則ち 太子たるものは、九族を  とんぼく 敦睦  し、親しきを親しむの恩を  さ か 隆  んにすることを知り、諸子たるものは、王室を  きょうよく 夾翼  し、君 臣の義を尽すことを知らん、と評論したりとなり。  こ 此 の太 祖の言は、  まさ 正 に是れ太祖が胸中の秘を発せるにて、  はや 夙 くよ り  この 此 意ありたればこそ、  それ 其 より二年ほどにして、洪武三年 に 、   そ う ※  10   こう 棡  、   てい 棣  、   しゅく ※  11   てい 楨  、   榑  、   しん 梓  、   たん 檀  、   ※  12 九 子 を 封 じて、  しん 秦   しん 晋   えん 燕   しゅう 周 等に王とし、  その 其   はなはだ 甚  しきは、生れて  はじ 甫 めて 二歳、  あるい 或 は生れて  わずか 僅 に二ヶ月のものをすら藩王とし、  つ 次 い で洪武十一年、同二十四年の二回に、幼弱の諸子をも封じ たるなれ、  しこう 而 して又  はや 夙 くより此意ありたればこそ、  しょうきょしょう 葉居升   が上言に深怒して、これを獄死せしむるまでには至りたる なれ。しかも太祖が  い ぶ ん 懿文  太子に、七国反漢の事を  さと 喩 したり 10﹁木+爽﹂ 、 UCS-6A09 、 257-9 11﹁木+肅﹂ 、 UCS-6A5A 、 257-9 12﹁木+巳﹂ 、 257-10 し 時 は 、 建 文 帝 未 だ 生 れ ず 。明 の 国 号 は じ め て 立 ち し の み 。 然るに何ぞ図らん此の俊徳成功の太祖が熟慮遠謀して、  か 斯  ばかり思いしことの、  その 其   み 身 死すると共に  ただち 直 に  か た ん ら ん か い 禍端乱階  とな りて、  い ぶ ん 懿文  の子の  いんぶん 允  、七国反漢の  い にしえ 古 を今にして  くるし 窘 まんと は。不世出の英雄  しゅげんしょう 朱元璋  も、  めい 命 といい  すう 数 というものゝ前に は、たゞ  これ 是 一片の落葉秋風に舞うが如きのみ。  七国の事、七国の事、嗚呼何ぞ明室と因縁の深きや。洪 武二十五年九月、懿文太子の後を  う 承 けて  その 其   お ん こ 御子  允 皇太孫 の位に  つ 即 かせたもう。  けいしょう 継紹  の運まさに  かく 是 の如くなるべきが 上に、  しも 下 は四海の心を  か 繋 くるところなり。  かみ 上 は一  にん 人 の  めい 命 を 宣したもうところなり、天下皆喜びて、皇室万福と慶賀し たり。太孫既に立ちて皇太孫となり、明らかに  こ うちょ 皇儲  となり た ま え る 上 は 、  よわい 齢    なお 猶  弱 く と も 、や が て 天 下 の 君 た る べ く 、 諸王  あるい 或 は功あり或は徳ありと  いえど 雖 も、遠からず  ふ し ゅ 俯首  して  めい 命 を 奉ずべきなれば、理に  おい 於 ては  まさ 当 に  これ 之 を敬すべきなり。され ども諸王は積年の威を  はさ 挟 み、大封の  いきおい 勢 に  よ 藉 り、  か つ 且 は  しゅくふ 叔父  の 尊きを  もっ 以 て、  ふ そ ん 不遜  の事の多かりければ、皇太孫は  い か 如何  ばか り心苦しく  いと 厭 わしく思いしみたりけむ。  いちじつ 一日    とうかくもん 東角門  に坐し て 、   じ ど く 侍読   の   たいじょうけい 太常卿     こうしちょう 黄子澄   と い う も の に 、 諸 王   きょうまん 驕慢   の 状 を 告 げ、  し ょ 諸   しゅくふ 叔父  各大封  ちょうへい 重兵  を擁し、叔父の尊きを  たの 負 みて  ごうぜん 傲然  と し て 予 に 臨 む 、   ゆくすえ 行末   の 事 も   い か が 如何   あ る べ き や 、 こ れ に 処 し 、 こ れを制するの道を問わんと  のたま 曰 いたもう。子澄名は  てい 湜 、  ぶ ん ぎ 分宜   の人、洪武十八年の試に第一を以て及第したりしより累進

(11)

運命 し て こ ゝ に 至 れ る に て 、 経 史 に 通 暁 せ る は こ れ 有 り と   いえど 雖  も 、   せ い こ 世故  に練達することは  いま 未 だ足らず、侍読の身として日夕奉 侍すれば、一意たゞ太孫に忠ならんと欲して、かゝる例は   その 其 昔にも見えたり、但し諸王の兵多しとは申せ、もと護衛 の兵にして  わずか 纔 に身ずから守るに足るのみなり、何程の事か あらん、漢の七国を削るや、七国  そむ 叛 きたれども、間も無く 平定したり、六師一たび臨まば、  たれ 誰 か  よ 能 く之を支えん、も と よ り 大 小 の 勢 、 順 逆 の 理 、 お の ず か ら 然 る も の 有 る な り 、   みこころ 御心  安く  おぼしめ 思召  せ、と七国の  い にしえ 古 を引きて  こた 対 うれば、太孫は子 澄 が 答 を 、げ に   もっとも 道理   な り と 信 じ た ま い ぬ 。太 孫   なお 猶    と し 齢  若 く 、 子澄未だ世に老いず、  へ ん じ 片時  の談、七国の論、何ぞ  はか 図 らん他 日山崩れ海  わ 湧 くの大事を生ぜんとは。  太祖の病は洪武三十一年五月に起りて、  どう 同   うるう 閏 五月  せいきゅう 西宮  に 崩ず。  その 其 遺詔こそは感ずべく考うべきこと多けれ。山戦野 戦 又 は 水 戦 、   いくたび 幾度   と 無 く   おそ 畏  る べ き 危 険 の 境 を 冒 し て 、 無 産 無 官又  む か 無家  、  な ん ら 何等  の  たの 恃 むべきをも  も 有 たぬ孤独の身を振い、  つ い 終  に 天 下 を 一 統 し 、 四 海 に 君 臨 し 、 心 を 尽 し て 世 を 治 め 、   おも 慮  二 い   つく 竭  し て 民 を   すく 済  い 、   しこう 而  し て 礼 を   た っと 尚  び 学 を 重 ん じ 、 百   ぼう 忙  の   うち 中  、 手に書を  や 輟 めず、孔子の  おしえ 教 を篤信し、  し 子 は誠に万世の師な りと称して、衷心より之を尊び仰ぎ、施政の大綱、必ず  こ れ 此  に依拠し、又  そうさい 蚤歳  にして仏理に通じ、内典を知るも、  りょう 梁 の 武帝の如く  いんでき 淫溺  せず、又  ろ う し 老子  を愛し、  てんせい 恬静  を喜び、  みず 自 から   どうとくけいちゅう 道徳経註  二巻を  せん 撰 し、  かいしん 解縉  をして、  じょうそ 上疏  の中に、学の純な らざるを  そ し 譏 らしむるに至りたるも、漢の武帝の如く神仙を   こうしょう 好尚  せず、  かつ 嘗 て  そうれん 宗濂  に  い 謂 って、人君  よ 能 く心を清くし欲を  すくな 寡  くし、民をして田里に安んじ、衣 食に足り、  き き こ う こ う 熈々 々 とし て  みずか 自 ら知らざらしめば、是れ即ち神仙なりと  い 曰 い、詩文を   よ 善  く し て 、 文 集 五 十 巻 、 詩 集 五 巻 を   あ らわ 著  せ る も 、   せんどう 詹 同  と 文 章 を 論じては、文はたゞ誠意  いっしゅつ 溢出  するを  たっと 尚 ぶと為し、又洪武六 年 九 月 に は 、   みことのり 詔  し て 公 文 に   た い ぐ う ぶ ん じ 対偶文辞   を 用 い る を 禁 じ 、 無 益 の彫刻  そうかい 藻絵  を事とするを  とど 遏 めたるが如き、まことに通ずる こと  ひろ 博 くして  とら 拘 えらるゝこと  すくな 少 く、文武を  か 兼 ねて有し、智 有を  あわ 併 せて備え、体験心証皆富みて深き一大偉人たる此の 明の太 祖、  か い て ん こ う ど う ち ょ う き り つ き ょ く た い せ い し し ん じ ん ぶ ん ぎ ぶ し ゅ ん と く せ い こ う こ う 開天行道肇紀立極大聖至神仁文義武俊徳成功高   皇帝の  し ご う 諡号  に  そむ 負 かざる  しゅげんしょう 朱元璋  、  あざな 字 は  こくずい 国瑞  の  よ 世 を  じ 辞 して、  その 其  身は地に入り、其  し ん 神 は  くう 空 に帰せんとするに臨みて、言うと ころ  い か ん 如何  。一鳥の  び 微 なるだに、死せんとするや其声人を動 かすと云わずや。太祖の遺詔感ず  べ 可 く考う  べ 可 きもの無から んや。遺詔に曰く、  ちん 朕 皇天の命を受けて、大任に世に  あた 膺 る こ と 、 三 十 有 一 年 な り 、 憂 危 心 に 積 み 、 日 に 勤 め て 怠 ら ず 、 専 ら 民 に 益 あ ら ん こ と を 志 し き 。  い か ん 奈何   せ ん   か ん び 寒微   よ り 起 り て 、 古 人 の 博 智 無 く 、 善 を   よみ 好  し 悪 を   にく 悪  む こ と 及 ば ざ る こ と 多 し 。 今年七十有一、筋力衰微し、朝夕  き く 危懼  す、  はか 慮 るに終らざる ことを恐るのみ。今万物自然の理を  う 得 、  そ 其 れ  いずく 奚 んぞ哀念か こ れ 有 ら ん 。皇 太 孫   いんぶん 允   、 仁 明 孝 友 に し て 、 天 下 心 を 帰 す 、   よろ 宜 しく大位に登るべし。中外文武臣僚、心を同じゅうして

(12)

運命   ほ ゆ う 輔祐  し、  もっ 以 て  わ 吾 が民を  さいわい 福 せよ。葬祭の儀は、一に漢の文帝 の如くにして  こと 異 にする  なか 勿 れ。天下に布告して、朕が意を知 らしめよ。孝陵の  さんせん 山川  は、其の  ふるき 故 に因りて改むる  なか 勿 れ、天 下の臣民は、  こくりん 哭臨  する三日にして、皆服を  と 釈 き、  か し ゅ 嫁娶  を妨 ぐるなかれ。諸王は国中に  なげ 臨 きて、京師に至る  な か 母 れ。  もろもろ 諸 の 令の  う ち 中 に在らざる者は、此令を推して事に従えと。    あ あ 嗚呼  、何ぞ其言の人を感ぜしむること多きや。大任に  あ た 膺  る こ と 、 三 十 一 年 、 憂 危 心 に 積 み 、 日 に 勤 め て 怠 ら ず 、 専 ら 民に益あらんことを志しき、と云えるは、真に  こ 是 れ帝王の 言 に し て 、 堂 々 正 大 の 気 象 、   あいあいじんじょ 靄々仁恕   の 情 景 、 百 歳 の   し も 下  、 人 をして  きんごう 欽仰  せしむるに足るものあり。  い か ん 奈何  せん寒微より起 り て 、 智 浅 く 徳   す くな 寡  し 、 と い え る は 、   けんそん 謙遜   の 態 度 を 取 り 、   はんきゅう 反求   の工夫に切に、  い 諱 まず飾らざる、誠に美とすべし。今年七 十有一、死  たんせき 旦夕  に在り、といえるは、英雄も  また 亦   た いげん 大限  の  ようや 漸 く   せま 逼  る を   い か ん 如何   と も す る 無 き 者 。而 し て 、 今 万 物 自 然 の 理 を 得 、 其れ  いずく 奚 にぞ哀念かこれ有らん、と  い 云 える、  さ す が 流石  に  こうもうぶつろう 孔孟仏老   の  おしえ 教 に  おい 於 て得るところあるの言なり。酒後に英雄多く、死 前 に 豪 傑   すくな 少  き は 、世 間 の 常 態 な る が 、太 祖 は 是 れ   しん 真  豪 傑 、 生きて長春不老の  ち そ う 癡想  を  いだ 懐 かず、死して万物自然の数理に 安んぜんとす。  し ょうよう 従容  として  せま 逼 らず、  あんじょ 晏如  として  お そ 惕 れず、偉 な る   かな 哉  、偉 な る 哉 。皇 太 孫   い んぶん 允   、宜 し く 大 位 に 登 る べ し 、 と云えるは、一  げん 言 や鉄の鋳られたるが  ごと 如 し。衆論の糸の  も つ 紛  るゝを防ぐ。これより  さき 前 、太孫の  ち ょ い 儲位  に  つ 即 くや、太祖太孫 を愛せざるにあらずと  いえど 雖 も、太孫の人となり仁孝  そうえい 聡頴  にし て、学を好み書を読むことはこれ有り 、然も勇壮果決の意 気は  はなは 甚 だ欠く。  これ 此 を以て太祖の詩を賦せしむるごとに、  その 其  詩  えんびじゅうじゃく 婉美柔弱  、豪壮  か い い 瑰偉  の  ところ 処 無く、太祖多く喜ばず。一日太 孫をして  し く 詞句  の  ぞくたい 属対  をなさしめしに、  おおい 大 に  し 旨 に  かな 称 わず、  ふたた 復  び以て  えんおう 燕王    てい 棣 に命ぜられけるに、燕王の語は  すなわ 乃 ち佳なりけ り。燕王は太祖の第四子、  ようぼう 容貌    い 偉 にして  し ぜ ん 髭髯    うる 美 わしく、智 勇 あ り 、 大 略 あ り 、 誠 を 推 し て 人 に 任 じ 、 太 祖 三 に   肖  た る こ と多かりしかば、太祖も  これ 此 を  よ ろこ 悦 び、人も  あるい 或 は  こころ 意 を寄するも のありたり。  ここ 此 に  お い 於 て太祖  ひそか 密 に  ち ょ い 儲位  を  か 易 えんとするに  い 意 有 りしが、  り ゅうさんご 劉三吾    これ 之 を  はば 阻 みたり。三吾は名は  じょそん 如孫  、  げん 元 の遺臣 なりしが、博学にして、文を  よ 善 くしたりければ、洪武十八 年召されて  い 出 でゝ仕えぬ。時に年七十三。当時  おうえい 汪叡  、  しゅぜん 朱善   と  とも 与 に、  よ 世 称して三  ろう 老 と  な 為 す。人となり  こうがい 慷慨  にして城府を 設けず、自ら号して  たんたんおう 坦坦翁  といえるにも、其の風格は推知 すべし。坦坦翁、  せ いへい 生平  実に坦坦、文章学術を以て太祖に仕 え、礼儀の制、選挙の法を定むるの議に  あずか 与 りて定むる所多 く 、 帝 の   こうはん 洪範   の 注 成 る や 、 命 を   う 承  け て 序 を   つく 為  り 、   ちょくしゅう 勅修   の 書 、   せいきゅうろく 省躬録  、  しょでんかいよう 書伝会要  、  れいせいしゅうよう 礼制集要  等の  へんせん 編撰  総裁となり、  きょぜん 居然  た る一宿儒を以て、朝野の重んずるとこ ろたり。而して  たいせつ 大節   に臨むに至りては、  きつ 屹 として奪う  べ 可 からず。  い ぶ ん 懿文  太子の  こう 薨  ず る や 、 身 を   ぬき 挺  ん で ゝ 、 皇 孫 は   せいちゃく 世嫡   な り 、 大 統 を   う 承  け た ま わ ん こ と 、 礼   なり 也  、 と 云 い て 、 内 外 の   く 疑懼   を 定 め 、 太 孫 を 立 て ゝ

(13)

運命   ちょくん 儲君  となせし者は、実に此の劉三吾たりしなり。三吾太祖 の意を知るや、何ぞ  げん 言 無からん、  すなわ 乃 ち  いわ 曰 く、  も 若 し燕王を立 て   たま 給  わ ば   し んおう 秦王     しんおう 晋王   を 何 の 地 に 置 き 給 わ ん と 。秦 王   そう ※  13、晋 王  こう 棡 は、皆燕王の兄たり。  そん 孫 を廃して  し 子 を立つるだに、定 まりたるを  かえ 覆 すなり、まして兄を越して弟を君とするは序 を乱るなり、  よ 世   あ に 豈 事無くして  や 已 まんや、との意は言外に明 らかなりければ、太祖も英明絶倫の主なり、言下に非を悟 りて、  そ の 其 事  や 止 みけるなり。  かく 是 の如き事もありしなれば、太 祖みずから崩後の動揺を防ぎ、暗中の飛躍を  とど 遏 めて、  こと 特 に 厳しく皇太孫允   よろ 宜 しく大位に登るべしとは詔を  の こ 遺 された るなるべし。太祖の  ち 治 を思うの  りょ 慮 も遠く、皇孫を愛するの 情 も   あつ 篤  し と い う 可 し 。葬 祭 の 儀 は 、漢 の 文 帝 の   ごと 如  く せ よ 、 と云える、天下の臣民は  こくりん 哭臨  三日にして服を  と 釈 き、  か し ゅ 嫁娶  を 妨ぐる  な か 勿 れ、と云える、何ぞ  け ん そ 倹素  にして  じんじょ 仁恕  なる。文帝の 如くせよとは、  きんぎょく 金玉  を用いる勿れとなり。孝陵の山川は其 の  もと 故 に因れとは、土木を起す勿れとなり。嫁娶を妨ぐる勿 れとは、民をして  さいわい 福 あらしめんとなり。諸王は国中に  なげ 臨 き て、京に至るを得る無かれ、と云えるは、  けだ 蓋 し  その 其   い 意 諸王其 の封を去りて京に至らば、前代の  い げ つ 遺  、辺土の  かつごう 黠豪  等、  あるい 或  は虚に乗じて事を挙ぐるあらば、星火も延焼して、  りょうげん 燎原  の 勢を成すに至らんことを  おそ 虞 るるに似たり。  こ 此 も  また 亦 愛民憂世 の 念 、 お の ず か ら   ここ 此  に 至 る と い う べ し 。太 祖 の 遺 詔 、   あ あ 嗚呼   、 13﹁木+爽﹂ 、 UCS-6A09 、 265-7 何ぞ人を感ぜしむるの多きや。         しか 然  り と   いえど 雖  も 、 太 祖 の 遺 詔 、 考 う   可  き も   また 亦  多 し 。皇 太 孫   いんぶん 允   、 天下心を帰す、  よろ 宜 しく大位に登るべし、と  い 云 えるは、何ぞ や。既に立って皇太孫となる。遺詔無しと雖も、  まさ 当 に大位 に 登 る べ き の み 。特 に 大 位 に 登 る べ し と い う は 、 朝 野 の 間 、   あるい 或 は皇太孫の大位に登らざらんことを欲する者あり、太孫 の年  わ か 少 く  ゆう 勇 乏しき、自ら謙譲して諸王の  うち 中 の材雄に略大な る者に位を  ゆず 遜 らんことを欲する者ありしが  ごと 如 きをも  すい 猜 せし む。仁明孝友、天下心を帰す、と云えるは、何ぞや。  みん 明 の 世を治むる、  わずか 纔 に三十一年、  げん 元 の  えい 裔   なお 猶   いま 未 だ滅びず、中国に 在 る も の 無 し と   いえど 雖  も 、   ば くほく 漠北   に 、   さいせい 塞西   に 、   へんなん 辺南   に 、 元 の 同 種 の 広大の地域を有して  ばんきょ 踞 するもの存し、太祖崩じて後二十 余年にして猶大に  こ う わ 興和  に  あだ 寇 するあり。国外の  じょう 情   かく 是 の如し。   しこう 而 して域内の事、また英主の世を御せんことを  さいわい 幸 とせずん ばあらず。仁明孝友は  もと 固 より  たっと 尚 ぶべしと雖も、時勢の要す るところ、実は雄材大略なり。仁明孝友、天下心を帰する というと雖も、  あ るい 或 は恐る、天下を十にして其の心を帰する 者七八に過ぎざらんことを。中外文武臣僚、心を同じゅう し て   ほ ゆ う 輔祐   し 、   もっ 以  て   わ 吾  が 民 を   さいわい 福  せ よ 、 と い え る は 、 文 武 臣 僚 の 中、心を同じゅうせざる者あるを  おそ 懼 るゝに似たり。太祖の 心、それ安んぜざる有る  か 耶 、  ひ 非   か 耶 。諸王は国中に  なげ 臨 きて  け い 京 

(14)

運命 に至るを得る無かれ、と云えるは、何ぞや。諸王の  その 其   ほうこく 封国   を   むな 空  し ゅ う し て   かんごう 奸※   14 乗 ず る と こ ろ と な ら ん こ と を   おそ 虞  る と い う も 、 諸 王 の 臣 、   あに 豈  一 時 を   たく 托  す る に 足 る 者 無 か ら ん や 。 子 の 父 の   そう 葬  に   はし 趨  る は 、 お の ず か ら   是  れ 情 な り 、 是 れ 理 な り 、 礼にあらず道にあらずと  な 為 さんや。諸王をして葬に会せざ ら し む る   みことのり 詔  は 、 果 し て 是 れ 太 祖 の 言 に   出  づ る か 。太 祖 に し て  この 此 詔を  のこ 遺 すとせば、太祖ひそかに  そ 其 の  しりぞ 斥 けて聴かざりし   しょうきょしょう 葉居升  の言の、諸王衆を擁して入朝し、  はなはだ 甚 しければ  すなわ 則 ち  かん 間  に  よ 縁 りて  た 起 たんに、  これ 之 を防ぐも及ぶ無き  な り 也 、と云えるを思 えるにあらざる無きを得んや。  あ あ 嗚呼  子にして父の葬に会す る を 得 ず 、 父 の   意  な り と   い 謂  う と 雖 も 、 子 よ り し て 論 ず れ ば 、 父の子を待つも  また 亦   そ 疎 にして薄きの  うらみ 憾 無くんばあらざらんと す。詔或は時勢に  あた 中 らん、  しか 而 も実に人情に遠いかな。  およ 凡 そ   し い 施為  命令謀図言義を論ぜず、其の人情に遠きこと  はなはだ 甚 しきも の は 、 意 は 善 な る も 、 理 は 正 し き も 、   けい 計  は   あた 中  る も 、   けん 見  は 徹 す るも、必らず弊に  ざ 坐 し凶を招くものなり。太祖の詔、可な ることは  す なわ 則 ち可なり、人情には遠し、これより先に洪武十 五年  こう 高 皇后の崩ずるや、  しん 奏 王  しん 晋 王  えん 燕 王等皆国に在り、  しか 然 れ ども諸王  も 喪 に  はし 奔 りて  けい 京 に至り、礼を  お 卒 えて還れり。太祖の 崩ぜると、其  きさき 后 の崩ぜると、天下の情勢に関すること異な りと雖も、母の喪には奔りて従うを得て、父の葬には入り て会するを得ざらしむ。  これ 此 も亦人を強いて人情に遠きを  な 為  14﹁敖/馬﹂ 、 UCS-9A41 、 268-4 さしむるものなり。太祖の詔、まことに人情に遠し。  あに 豈 弊 を生じ凶を致す無からんや。果して  じ た ん 事端  は  ま 先 ずこゝに発し たり。崩を聞いて諸王は京に入らんとし、燕王は  まさ 将 に  わいあん 淮安   に至らんとせるに当りて、  せいたい 斉泰  は帝に  もう 言 し、人をして  ちょく  を   もた 賚  ら し て 国 に   かえ 還  ら し め ぬ 。燕 王 を   はじめ 首  と し て 諸 王 は 皆   よろこ 悦  ば ず 。 こ れ   しょうしょ 尚書     せいたい 斉泰   の   そ か ん 疎間   す る な り と   謂  い ぬ 。建 文 帝 は 位 に   つ 即  き て  へきとう 劈頭  第一に諸王をして悦ばざらしめぬ。諸王は帝の  しゅくふ 叔父   な り 、 尊 族 な り 、   ほ う ど 封土   を 有 し 、 兵 馬 民 財 を 有 せ る 也 。諸 王 に して悦ばざるときは、宗家の  し か 枝柯  、皇室の  はんぺい 藩屏  たるも何か あらん。  あ あ 嗚呼  、これ罪斉泰にあるか、建文帝にあるか、  そも 抑  又 遺 詔 に あ る か 、 諸 王 に あ る か 、   こ れ 之  を 知 ら ざ る 也 。又   ひ るがえ 飜  っ て思うに、太祖の遺詔に、果して諸王の入臨を  と ど 止 むるの語 ありしや否や。  あ るい 或 は疑う、太祖の人情に通じ、  せ い こ 世故  に熟せ る、まさに  かく 是 の如きの詔を  のこ 遺 さゞるべし。  も 若 し太祖に果し て  と う か 登遐  の日に際して諸王の葬に会するを欲せざらば、平生 無 事 従 容 の 日 、 又 は 諸 王 の 京 を 退 き て 封 に   つ 就  く の 時 に   お い 於  て 、 親しく諸王に意を諭すべきなり。然らば諸王も  また 亦   は つ が ほ ん そ う 発駕奔喪   の 際 に 於 て 、 半 途 に し て   ようかつ 擁遏   せ ら る ゝ の 不 快 事 に 会 う 無 く 、   おのおの 各    そ の 其 封に於て  こくりん 哭臨  して、他を責むるが如きこと無かるべ きのみ。太祖の智にして事  ここ 此 に  い 出 でず、詔を遺して諸王の 情 を 屈 す る は 解 す   可  か ら ず 。人 の 情 屈 す れ ば   すなわ 則  ち 悦 ば ず 、 悦ばざれば則ち  う らみ 怨 を  いだ 懐 き他を責むるに至る。怨を懐き他を 責むるに至れば、事無きを欲するも得べからず。太祖の人

(15)

運命 情に通ぜる何ぞ  これ 之 を知るの  めい 明 無からん。故に  いわ 曰 く、太祖の 遺詔に、諸王の入臨を  とど 止 むる者は、太祖の為すところにあ らず、疑うらくは斉泰  こうしちょう 黄子澄  の輩の仮託するところならん と。斉泰の輩、もとより諸王の帝に利あらざらんことを恐 る、詔を  た 矯 むるの事も、世其例に乏しからず、  かく 是 の如きの 事、未だ必ずしも無きを  ほ 保 せず。然れども  こ 是 れ推測の言の み。  し ん 真   か 耶 、  ぎ 偽   か 耶 、太祖の失か、失にあらざるか、斉泰の  い 為  か、為にあらざる  か 耶 、  はたまた 将又  斉泰、遺詔に托して諸王の入京 会葬を  とど 遏 めざる  あた 能 わざるの勢の存せしか、非  か 耶 。建文永楽 の   かん 間  、 史 に 曲 筆 多 し 、 今   あらた 新  に 史 徴 を 得 る あ る に あ ら ざ れ ば 、   うたがい 疑 を存せんのみ、  たしか 確 に知る  あた 能 わざる也。      太祖の崩ぜるは  うるう 閏 五月なり、諸王の  にゅうけい 入京  を  とど 遏 められて  よろこ 悦  ばずして帰れるの後、六月に至って  こ ぶ じ ろ う 戸部侍郎    たくけい 卓敬  というも の、  み っ そ 密疏  を  たてまつ 上 る。卓敬  あざな 字 は  いきょう 惟恭  、書を読んで十行  とも 倶 に下る と  い 云 われし  え い ご そ う び ん 頴悟聡敏  の士、天文地理より律暦兵刑に至るま で  きわ 究 めざること無く、後に  せ い そ 成祖  をして、国家  し 士 を養うこと 三 十 年 、  ただ 唯  一 卓 敬 を 得 た り と   たん 歎  ぜ し め し ほ ど の 英 才 な り 。   こうちょくこうがい 鯁 直慷慨  にして、避くるところ無し。  かつ 嘗 て制度  いま 未 だ備わら ず し て 諸 王 の   ふくじょう 服乗   も 太 子 に 擬 せ る を 見 、太 祖 に 直 言 し て 、   ちゃくしょ 嫡庶    あい 相   みだ 乱 り、尊卑序無くんば、何を  もっ 以 て天下に令せんや、 と 説 き 、 太 祖 を し て 、   なんじ 爾  の   げ ん 言    是  な り 、 と   い 曰  わ し め た り 。  そ 其  の 人となり知る  べ 可 きなり。敬の密疏は、  そうはん 宗藩  を  さいよく 裁抑  して、禍 根を除かんとなり。されども、帝は敬の 疏を受けたまいし の み に て 、 報 じ た ま わ ず 、 事   つい 竟  に   寝  み ぬ 。敬 の 言 、   けだ 蓋  し 故 無 くして発せず、必らず  ひそか 窃 に聞くところありしなり。二十余 年前の  しょうきょしょう 葉居升  が言は、  ここ 是 に  お い 於 て  その 其   あた 中 れるを示さんとし、七 国の難は今  まさ 将 に発せんとす。  えん 燕 王、  しゅう 周 王、  せい 斉 王、  しょう 湘 王、  だい 代  王、  みん 岷 王等、秘信相通じ、密使  たがい 互 に動き、穏やかならぬ流 言ありて、  ちょう 朝 に聞えたり。諸王と帝との間、帝は  そ 其 の  いま 未 だ 位に  つ 即 かざりしより諸王を  き た ん 忌憚  し、諸王は其の未だ位に即 かざるに当って  ちょくん 儲君  を侮り、  しゅくふ 叔父  の尊を  さしば 挟 んで  ふ そ ん 不遜  の事多 かりしなり。入京会葬を  とど 止 むるの事、遺詔に  い 出 づと云うと   いえど 雖 も、諸王、  せめ 責 を  ざ んしん 讒臣  に  たく 托 して、  しこう 而 して其の  かんあく 奸悪  を  のぞ 除 かん と云い、  こ う 香 を  こうりょう 孝陵  に進めて、而して吾が誠実を致さんと云 うに至っては、  けだ 蓋 し  じ へ い 辞柄  無きにあらず。諸王は合同の勢あ り、帝は孤立の状あり。  あ あ 嗚呼  、諸王も疑い、帝も疑う、相 疑うや何ぞ  か い り 睽 離 せざらん。帝も戒め、諸王も戒む、相戒む るや何ぞ  そ か く 疎隔  せざらん。疎隔し、 睽 離す、而して帝の  ため 為 に   ひそか 密 に図るものあり、諸王の為に  ひそか 私 に謀るものあり、  いわ 況 んや 藩王を  もっ 以 て天子たらんとするものあり、王を以て皇となさ んとするものあるに  おい 於 てをや。事  つい 遂 に決裂せずんば  や 止 まざ るものある也。   帝 の   ため 為  に   ひそか 密  に 図 る 者 を ば   たれ 誰  と な す 。  いわ 曰  く 、   こ うしちょう 黄子澄   と な し 、   せいたい 斉泰  となす。子澄は既に記しぬ。斉泰は  りっすい 水 の人、洪武十

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :