01p表紙 コピー

64 

Loading.... (view fulltext now)

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

MSJクラブ機関紙第2号 2010年9月11日発行

The Best From ITALY

電気自動車

EV

)を知っておこう2

イタリア・カロッツェリア2

〒334-0013 埼玉県鳩ケ谷市南6丁目14-16 TEL 048-284-9000 FAX 048-284-8900 http://www.msjapan.co.jp/ mail@msjapan.co.jp 連 載

2

Numero Due

MSJSニュース、 お客様訪問、 コラム、 クチーナ・イタリアーナ、 クインタレッリ・コルセ

(2)

目次

第2号

CONTENTS

4

インタビュー:RuBis・高木美香社長

MS

JS写真ニュース 23,30,35,46

MS

JSニュース 43-45,47-49,54

オピニオン:MOGURA

お知らせ

36

クインタレッリ・コルセ カートレース情報

52

59

6

イタリア・カロッツェリア

カロッツエリア・プリマヴェーラ

コラム

小さなイタリアン・ヒストリー

フェラーリ&ランボルギーニ

50

リストランテ ラ・ジョコンダ オープン

64

クチーナ・イタリアーナ

  ラ・カンティネッタ

(大阪市西区)

56

MS

ワンワンクラブ

57

▼ 電気自動車を知っておこう

▼ お客様訪問

技術情報

アルミ対策:修理技法のコツを学ぶ1

14

e-ZONE

11

三菱・i-MiEV

17

光自動車(福岡県博多区)

24

真子自動車(佐賀県小城市)

26

ケーエムガレージ

(東京都東久留米市)

28

(3)

JAPAN SERVICE CO., LTD.

The Best From ITALY

 皆さま、暑い夏が続きました。いかがお過ごしでしょうか。  エムエスジャパンサービスは今年、ジグ式ボディ修正機「セリエタイガーベンチ」と、従来のスポット溶接機を進化さ せた「プントインバータープラス1.3」と「プントインバーター10000プラス」の2機種を発売しました。そして「Eco For You(エコ・フォー・ユー)!」というキャッチフレーズを掲げました。  板金作業のうち、70∼80%が小破、20∼25%は中破で、残りが大破といわれています。しかし一方では、7割の オーナーが、事故があっても愛車に乗り続けたいと思っているのです。私どもとしても、修復可能な事故車ならばでき るだけ修理してほしいと考えています。とりわけ大破車は、全損よりも修理をしやすくする環境づくりが望まれると考え ます。大破ほど、修理するほうがCO2削減につながるわけですから。  また、工場の作業環境の改善も目を向けていただきたいのです。車検整備用はリフトが圧倒的です。しかし、車体整 備では床式が主流ですが、リフトはあまり普及していないのが実情です。作業姿勢に負担をかけることなく、精度の高 い修理をスピードアップさせ、少ない投資でも導入できるボディ修正機が「セリエタイガー」なのです。  自動車メーカーはエコ化に合わせて、車体重量の軽量化と燃費向上を図る素材を採用し、ボディ構造をも変えてき ました。軽く強度を持つ鉄として開発された高張力鋼板やアルミがその例です。アルミ素材も再び見直され、今後さら に増えていく可能性があります。  その修理に欠かせないのが、ボディ修正機であり溶接機です。  とくに当社が扱う溶接機のなかでも、スポット溶接機「プントインバータープラス1.3」は、電気設備の増設する必要 がありません。200V32Aであれば、高張力鋼板のスポット溶接作業で必要とされる10,000A以上の基準を超す能力 を持っています。さらに半自動溶接でも、チェボラ社製半自動溶接機「デジタルインバーターパルス2035M」は、高張 力鋼板のプラグ溶接はもとより、アルミのミグ溶接でも誰もが簡単にプロのレベルで作業できるのです。  こうした状況を踏まえて、「溶接機下取りキャンペーン」を実施しています。円高のメリットを生かして、できるだけお 求めやすい価格で提供しています。  エムエスジャパンサービスは、自動車修理に関わる皆さまに、良い修理を効率良く作業できる「エコ(Eco)」を実践し ていけるよう、引き続きサポートしてまいります。 ■CADを用いて3次元の工場をレイアウトしています 作業効率が工場し利益もアップするベストな作業環境を提 供する工場レイアウト。必要な設備機器あなたの夢をかなえ るため、工場の人員配置、動線確認、経営シミュレーション などトータルソリューションをいサポートしてまいります。

引き続きEco For You

(4)

-3-∼小さBP工場の革新、

それは

「Eco for You!」∼

■初めて見た修復シーン  幼少時代、自転車のタイヤがパンクして引っ張りながら自転車屋さんに顔を出すと、おじさんは優しい笑み を浮かべなら話しかけてくれました。「どうした、パンクしたのか?」。おじさんは魚のはらわたをさばくようにタ イヤからチューブを引っ張り出し、水を入れた洗面器にチューブを浸しました。穴があいた箇所を調べて、や がて目には見えないところから、赤ちゃん金魚が呼吸するように小さな泡がでてくるのが見え、「坊や、このブ クブクをふさいでしまえば、また乗れるようになるからな…」。セピア色のこの思い出は、〝元どおりに直せるす ごいオジサン〟として今でも鮮明に覚えています。 ■エコの原点は「MOTTAINAI」  地球温暖化の要因は様々ありますが、そのほとんどは私たち人間が文明の利器を手に入れたことの負の 遺産といわれています。私たちは大量生産によって多くのエネルギーを使ってCO(二酸化炭素)2 を排出し、 自然の摂理を破壊してきたのです。地球に住んでいるのは人間だけでなく様々な生き物が存在し、命を育ん でいます。だから、人間が地球を破壊する行為など許されるものではありません。豊かさを求めた人間のエゴ は、もし、他の動植物が人間と同じ知性と機能があったなら、何らかの強い戒めを科していることでしょう。  でも、神様は人間に愚かさだけを与えたのではありません。なぜなら、今、壊れかけている地球の再生に向 けて世界の人々が、その修復作業について話し合い、着手し始めたからです。その第1歩が京都議定書の締 結です。  そして、2004年に環境分野で初めてノーベル平和賞を受賞したケニア出身の環境保護活動家、ワンガリ・ マータイさんが「もったいない」という言葉を世界に広めました。由来は翌年の2005年、京都議定書関連の 行事に、毎日新聞社が彼女を招聘し、インタビュー時に記者が「もったいない」の意味を説明し、マータイさ んが感激したということです。彼女は「もったいない」を3R+Rであると理解し、この美しい日本語を、環境を 守る世界共通語「MOTTAINAI」として世界に提唱し始めました。ご存知のように3Rは「Reduce=リデュー ス・抑制」「Reuse=リユース・再使用」「Recycle=リサイクル・再生利用」の意味で、最後に彼女は尊敬する という意味のリスペクトの「R」を付け加えました。これは46億年前に誕生した地球と、今この世にいるすべて の生き物に対して畏敬の念を持ち、人間の驕りを戒めようという考えから思いついたのかもしれません。  水の都といわれるヴェネツィア(ベニス)は水上にできた都市として世 界遺産に登録されている。地球の温暖化とともに、氷河が溶けると海 面が上昇し、こうした風景が様変わりしてしまう危険性もある。

オピニオン

静寂さが漂う深夜のヴェネチア

(5)

■リペア技術の向上が資源確保につながる  今、日本の技術革新を進める上で命題となっているのはレアメタルです。資源のない日本はアフリカ、中 東、英国、ロシアなどに求めているのが現状です。そして最近憂慮されている問題として鉄の元素である「鉄 鉱石」があります。理由はほとんど価格変動がなかった(ブラジル・ヴァーレ社と新日鉄の取り決めが世界標 準価格になっていた)鉄鉱石が、中国の需要拡大に伴って大幅に高騰し、ヴァーレ社が中国に目を向け、基 準価格を決定しようとしているからです。これからは自動車を含むあらゆる工業製品の価格が高騰するとみ ていいでしょう。そんな中、BP工場では、フェンダーやボンネット・ドア回りなどのボデー部品(鉄素材が含ま れているもの)はできるだけ修理・修復することが必要になるでしょう。何故なら資源有効活用および原材料 再生として国の重要な課題となる可能性があるからです。確かに中古部品の使用はリユースとして社会に貢 献していますが、さらにこれからはエコ・資源留保のため、BP工場は復元させるプロッフェショナルを目指す べきだと思います。 ■すぐれた「道具」がCO2排出削減と、信頼を得る   さて、自動車の進化や時代の流れの中で、整備工場はどのように変化しているのでしょうか。残念ながら3 Kといわれても仕方ない整備工場は相変わらず少なくありません。整備工場・BP工場は不具合を修整し、安 全に走行できるようリファインする場所です。そして本来、BP工場にはクリエイティブ的要素もステージに込 められているのです。「創造」、つまり伊語のラボーロ(作品)に近い感性でしょうか。修復し完成までは様々な 道具を駆使し、それだけ多くのプロセスがあるからです。工場における経営者の感性とは安全性、確実性、精 度の高さ、究極の美学、スピード、そして損保会社からの信頼などがバランスよくコンポーネントされているこ とです。BP工場こそ、コンプライアンスの遵守、環境保全、CO2削減などの企業理念が求められているので す。BP工場におけるエコ・CO2削減とはエネルギー(電気やガス、水等)を軽減させることです。例えば環境に やさしい、安全、精度が高い、省エネタイプ、扱い易い、作業時間短縮などの条件を満たす修正機や溶接機 器、塗装ブースなどをそろえることです。「信頼」という語彙をMSジャパンサービスの機械で例に挙げれば、ス パネージ製の「三次元マルチアライメント計測器〝タッチ〟」です。ボデーのねじれや、足回りの歪みなどを測定 し、プリントアウトできるシステムで、保険会社だけでなくお客様からも絶対的信頼を得ることができるアイテ ムです。

 MSジャパンサービスのスローガンは「Eco For You!」です。「BP工場(伊語:カロッツェリア)こそ社会的 責任を果たし、Ecoについても関心を持ち、そのための実行が求められる。BP工場は素晴らしい作品を創造 (修復)する場であり、それにふさわしいステージと道具が必要だ」。これはマルコ・スタチオーリ社長の美学 だけでなく、イタリアンテイストなのかもしれません。例えばフェラーリやランボルギーニなどの美しいフォルム がその一遍を物語っていると思いませんか?           (MOGURA)

(6)

-5-イタリア・カロッツェリア

■イタリア・カロッツェリア訪問■

∼高級車修理を中心に、高品質サービスを徹底∼

 古都フィレンツェ。日本の歴史的な街である京都 と姉妹都市関係を結ぶ。  イタリアを起源として14∼16世紀にかけてヨーロ ッパに広がったルネサンス(文芸復興)。芸術家を育 み、文化の華を世界に広げた歴史と文化の町として 知られ、今もなおその魅力を存分に伝え、世界中か ら多くの人を集める。市街地には、立ち並ぶ多くの教 会、宮殿、美術館をはじめ、そこかしこに建築、彫 刻、絵画など多くの芸術が残っており、その多くが世 界遺産となっている。何百年経った今もなお、その 生命力を放っている。  花の都フィレンツェの市街地南部、ルネサンス期 の代表的な画家の一人、サンドロ・ボッティチェッリ (1445/46-1510)の代表的な絵画「プリマヴェーラ (春)」を会社の名前に冠するカロッツェリア・プリマ ベーラがある。世界的な芸術を生んだ町にふさわし く、イタリアはもちろん世界を代表する修理工場とい っても過言ではない。カロッツェリアとは、工場や工 房という意味だが、単に技術を磨くだけでなく、常に 厳しい目に鍛えられた職人たちの熟練の技術が、人 間としての誇りをも磨いている。  このカロッツェリアを率いるフランコ・クィント氏は 82歳。経済学の博士号と税理士の資格を持つ。従 業員全員で徹底した品質管理を行っているのが特 徴だ。  すべてのアフターサービスにおける品質保証をマ ネジメントする国際規格であるISO9001と、ドイツを 起源として世界に広がる品質保証システムTÜVの両 方からの認証を取得している。当然のことながら、こ うした資格があるゆえ顧客も自動車メーカーからも 高い信頼を寄せられる取り組みとして大きな力を発 揮している。  同社は比較的交通量の多い表通りに面した立地 にある。工場内にはフェラーリ、マセラッティ、ランボ ルギーニ、ポルシェなどが並ぶ。欧州の高級車ばか りを専門に手がける指定工場であることはその技術 の高さを物語っている。  ヨーロッパは地続きで一つの経済共同体を形成 する。それゆえ、各国から顧客が同社に直接やって きて修理を依頼することもある。また、メーカーの担 当者らが同社の実践業務からさまざまなアドバイス

  

    

フランコ・クィント社長 プレパレーション(研磨)作業場。工場内はとにかくきれいだ メカ作業用リフトと個人用ハンドツールボックス

Carrozzeria Primavera

(カロッツェリア・プリマベーラ フィレンツェ市)

■顧客からもメーカーからも信頼される技術の高さ

(7)

 入庫した車両は、受付でさまざまなチェックが行 われる。まず、車両には修理作業中に出るホコリや 粉がシートにつかないようカバーをかけ、フロアには マットを敷く。受付における一連の作業であり、顧客 に対するエチケットの一つでもある。取り外した部品 は車両別に2階の部品庫に一旦片付けておく。入庫 してから組付けまでに時間を要するので、作業の邪 魔になることはいうまでもない。良い仕事をするため には、最初の準備が肝心という考えだ。  さて、遮断バーによって受付と工場との境界線が 明確に区切られている。工場内を眺めてみると、板 金エリアはボディ修正機が4基と、修正機を備えたア ルミボディ用の作業ブースが設けられている。エコ時 代の板金に欠かせない素材だけに、作業場を分ける 必要がある。続いて、天吊の乾燥機がセットされ、 天井と床から集塵できる集中システムを備えた研磨 (プレパレーション)エリアが4ベイ分ある。さらにメ カニックのための2柱リフトが5基で申し分のない設 備だ。作業者たちはそれぞれ、番号のつけられた USAG製のツールキャビネットを個人で管理してい る。 を求めるために訪問する。そのため、フロント担当は イタリア語以外にも、フランス語、ドイツ語、英語を 自在に話すことができる国際的なスタッフも欠かせ ない。

「成功の秘訣は、

作業環境、整理整頓。

仕事への情熱こそ、

若さを持ち続けるコツである」

     

( フランコ・クィント社長 )

■整理整頓が行き届き清潔さを常に保つ

受付と工場は、この遮断機で完全に区切られている。左奥に見えるのが アルミボディ専用の作業室 取り外したパーツは作業の邪魔になるため、予め2階の部品保管庫で 受付では車両を番号で管理すると便利だ ゴミ、ホコリから車を保護するシートカバーも配慮の一つ

(8)

-7- 塗装作業は水性塗料に対応できる塗装ブースが2 基設置されている。スプレーマンたちが使う準備室 が用意されている。ブースで作業するために身に着 けるウェア、スプレーガンも掃除が行き届き、整然と 並べられている。塗装ブースのダクトは金属パネル がむき出しではなくすべて化粧紙が貼られているほ ど。微に入り細に入り、品質へのこだわりを感じる。 環境対策として、すでに100%水性塗料を使って作 業している。塗料も複数のメーカーを使っているが、 「作業性も品質も問題なく導入できた」と話す。  工場での作業は土曜と日曜が休業で、その間に清 掃会社に依頼しているほど。ゴミとは無縁である。品 質管理への徹底ぶりにもまた驚く。工場の床はヨー ロッパに見られる多くの修理工場のように全面タイ ル張りだ。それだけではない。床は磨かれ、いつでも 道具類は整然としており、どこにどんな機器やツール があるかも一目瞭然。その情報を従業員がみな共有 している。整理整頓が徹底できていれば、むだな時 間を省けてお互いに気持ち良く作業をする環境につ ながる。  さらに工場の従業員たちは基 本的に就 業時間 中、他人と話すことをしない。「時は金なり」という言 葉どおり、与えられた目標に向かって黙々と作業を 進めている。作業効率の良さをもたらし成果を上げ るせいか、ほとんど残業もない。 各メーカーごとにトレーが用意され必要なクリップなどが入っている アルミ作業専用のブース (アルミ関連の記事は14ページをご覧ください)

■塗料の水性化は問題ありませんか?

消耗品の棚は整然としている 水性塗料が並ぶ

NEXT SETP

P.14

SPECIAL ADVISOR

(9)

 一方、顧客へのアフターサービスの徹底ぶりも貪 欲である。屋外にはレッカー車が4台あり、24時間 365日レッカーにも対応する。さらにバッテリー上が りをはじめ、チェボラ社製のプラズマカッターや溶接 機も備え、車両の故障に対応したサービスカーも用 意している。  「われわれのような独立系のカロッツェリアは仕 事がないと人は言う。けれども、自分たちの顧客にす るためには、その人脈を作ることが基本。技術の良さ はもちろんだが、レッカーサービスなどの緊急対応も 整えなければならない。困った人のための救急サー ビスを提供できれば、他社にないアドバンテージに なる。こうした顧客からは代金をもらわないが、結果 として当社に戻ってきてくれる。それができなければ お客はカーディーラーに行ってしまうのだから」と、 クィント社長はキッパリと話す。  同社は最近、隣接する土地を駐車場用地として購 入した。また、工場の裏地が更地になっているが、 新工場を建設する予定だ。実は、後継者がいない。 だが、それでも82歳にして れるパワーを持ち、「こ れからも工場で働く従業員たちの生活や、未来のカ ロッツェリアを考えなければならない」と仕事に情熱 を燃やしている。  このカロッツェリアは、エムエスジャパンサービス のマルコ・スタチオーリ社長が、21年前に来日する前 の時期を過ごして修業した場である。そして、クィント 社長から車体修理という仕事についての手ほどきを 受け、その流儀の多くを学んだ工場である。師と仰ぎ 尊敬してやまないクィント社長の情熱は今もなお、修 理工場の目指すべき姿を映しているように感じられ る。

■アフターサービスの良さゆえに

(2009年7月発行のMSJクラブニュース0号の記事を加筆し再収録しました) 緊急時のためのサービスカーとその内部。溶接機も備える 24時間対応のレッカー車が並ぶ工場裏

(10)

-9-*抜群の低電流(15A∼)の安定性、高張力鋼板の薄板(0.4mm∼)を完璧に溶接。 *パルス溶接により、硬くて厚い高張力鋼板の骨格も確実に溶接。 *パルス溶接により軟質・硬質アルミの薄板から板厚違いの溶接も簡単。 *59 種類の溶接モードを標準装備、オリジナル溶接条件を 9 つまで登録可能。 ■標準付属品(各 1 点) *3m スチール用溶接トーチ *0.6mm スペアチップ *4m アルミ用プルトーチ(0.8mm チップ付) *0.6/1.0mm スペア・アルミチップ *0.6mm/5kg スチールワイヤ *アースケーブル *ガス流量計

2035/M

SOUND MIG

2035/M

PULSE

フルデジタル・インバーター式 パルスMIG/MAG自動溶接機

溶接もデジタル!

溶接もデジタル!

誰もが確実に熟練工のテクニックを!

誰もが確実に熟練工のテクニックを!

溶接もデジタル!

誰もが確実に熟練工のテクニックを!

軟鋼、超高張力鋼板、ステンレス、アルミも、これ一台でOKの優れもの。

フルデジタル制御であらゆる材質、溶接条件に対応。

0.6mmのアルミワイヤーでも安定 した送給が出来、4000系アルミの 板厚0.6mmの突き合せMIG溶接 が可能です。従来のTIG溶接をMIG 溶接で可能にします。 型式 入力電源 定格入力(最大) 出力電流 使用率 適用ワイヤー径 格納ワイヤースプール直径/重量 (ワイヤーリールキット使用時) 重量 外形寸法(WxDxH) MSJ2035M 200V単相 5.5KW 7.4KVA 15∼200A 200A 35% 160A 60% スチール 㱵0.6/0.8/1.0 アルミ 㱵0.6/0.8/1.0/1.2 ステンレス 㱵0.6/0.8/1.0 真鍮(ロウ付) 㱵 0.8/1.0 㱵200/5kg (㱵300/15kg) 20kg 260x458x471 【テクニカルデータ】

超高張力鋼板も、アルミも、

超高張力鋼板も、アルミも、

  世界の自動車メーカーが認めた溶接機

  世界の自動車メーカーが認めた溶接機

超高張力鋼板も、アルミも、

  世界の自動車メーカーが認めた溶接機

ブラボー 2540/T SYNERGIC ブラボー 2540/T SYNERGIC 半自動溶接機 半自動溶接機 ブラボー 2540/T SYNERGIC 半自動溶接機 サウンドミグ 2035/M パルス サウンドミグ 2035/M パルス 半自動溶接機 半自動溶接機 サウンドミグ 2035/M パルス 半自動溶接機 パワースポット 5500 パワースポット 5500 アルミスタッド溶植 アルミスタッド溶植 パワースポット 5500 アルミスタッド溶植 インバーター・エアー インバーター・エアー プラズマカッター プラズマカッター インバーター・エアー プラズマカッター

溶接機ラインナップ

APPROVALS

APPROVALS

APPROVALS

(11)

∼PHPアニバーサリーモデルを限定100台(鉛電池仕様)発売∼

 オートレックス( 隈 英 彦 社 長 ) が 輸 入する韓 国 C T & T( 李 英 基 社 長 )社 製 の 電 気自動 車 ( E V ) 「e-ZONE」は6月8日、輸入自動車特別取扱届出書 (PHP)が国土交通省に受理された。型式認証を受け たのは鉛電池仕様二人乗りセダンタイプ。さらに、リチ ウムポリマー電池を搭載するタイプ(ZAA-KLPA10) も8月に型式認証を受けた。  e-ZONEはオートレックスが輸入し、特定非営利活 動 法 人 日 本 自 動 車 公 正 検 定 協 会( N P O 法 人 NAFCA、芳野雅彦理事長[写真])加盟の自動車整 備工場会員が中心となって販売、さらにメンテナンス など顧客のサポートを行っていく。  オートレックスは引き続きリチウム電池仕様の二人 乗りセダン、軽自動車規格のトラックなどの型式申請 を行い、今秋までにはリチウム電池仕様の車種のライ ンナップを える予定。  販売を担うNAFCAは、電気自動車の普及にはメ ンテナンス体制の充実が不可欠と考え、今秋に向け 会員募集を推進し全国販売体制を整える予定。これ により電気自動車の利用可能な地域が拡がり、電気 自動車の普及を促進していく。  またP H P 取 得を記 念し、鉛 電 池 仕 様のセダン 「PHPアニバーサリーモデル」を8月6日から限定100 台発売している。詳細はホームページで確認すること ができる。 e-ZONE URL:http://ezone.nafca.jp/ 株式会社 オートレックス 代表者:隈 英彦 所在地:福岡県福岡市早良区四箇1-8-5 連絡先:092-812-8558 URL:http://www.autorex.jp/ 概要:2005年5月 会社設立 2005年12月 韓国大宇自動車の「オールニューマティス」の販売開始 2009年4月 CT&T社と販売代理店契約 2009年8月 CT&T社の「e-ZONE」の販売開始

韓国製EV「e-ZONE」が日本で型式認証を取得

■CT&Tのe-ZONE、エコカーワールドで展示 「エコカーワールド2010」(日本自動車会議所主催)が6月5・6 日の両日、横浜・みなとみらい21地区の赤レンガ倉庫広場で開 催された。好天にも恵まれ、2日間で9万5,000人が来場した。  会場には燃料電池自動車、電気自動車、ハイブリッド車、LP ガス、天然ガスなど110台のエコカーが展示された。電気自動 車メーカーの韓国CT&T社もセダンタイプの「e-ZONE」(鉛・リ チウム)とリチウムの「e-VAN」(ピックアップ・ボックス)の4車種 を展示し、人気を集めた。 株式会社CT&T(シーティアンドティ) 代表者:李 英基

所在地:Duk-Myung Bldg 113-5, Banpo 4-dong, Seocho-Ku, Seoul, Korea 連絡先:+82-2-592-0598 URL:http://jap.ctnt.co.kr/ 概要:2002年2月 会社設立 2005年10月 「c-ZONE」(ゴルフカート)の量産開始 2007年9月 中国工場生産開始 2009年10月 東京モーターショー出品 特定非営利活動法人 日本自動車公正検定協会(NPO法人 NAFCA) 理事長:芳野 雅彦 所在地:広島県福山市明神町2丁目9-25 連絡先:084-940-0041 URL:http://nafca.jp/ 概要:2005年1月7日に内閣府より認証を受け設立し活動を開始。 全国の整備事業者を中心に組織され、21 世紀型の経済的で環境 にやさしい『新しいクルマ消費文化の創造』を目的に、中古車の品質 検定事業や電気自動車の普及等の活動を行っている。

(12)

-11-e-ZONE の車体構造とメンテナンスについて

■ボディ修正とボディアライメント

e-ZONE ホイールアライメントデータ(CT&T 社提供) 総重量:711kg = フレーム(465kg)+追加(225kg) アルミフレーム:80kg バッテリー:合計 228kg(38kgx6) タイヤ Ass y:各 32kg モーター & ミッション:56kg ペダル & ステアリング:8.5kg 前面衝突テストにおいて、50msec. でこのような変形が見られます。 また、○で囲んでいる部位への負荷がかかります。 (「MSJクラブニュース1」から再掲載しました) ●= 衝撃の波及は思わぬところに及びます。測定時のチェックポイントと確かな固定が重要になります。 ■スパネージ社 3次元マルチアライメントシステム「タッチ」 e-ZONE はアルミフレームを採用 しています。 アンダーボディに加えて、アッパー ボディの計測ポイントの設定も依頼 しています。アライメントが重視さ れる設計のため、マルチアライメント 測定が必要となっています。 トーイン (基準タイヤ外径 512mm) キャンバー角 キャスター角 キングピン角 キングピンオフセット トレイル(キャスターオフセット) ホイールトレッド ホイールベース フロント 0 15 0 2.0mm 0 30 2.5 30 13 30 9.47mm 11.09mm 1174 範囲 1870 リア 0 15 0 2.0mm 0 30 (-)1 30 13 30 29.01mm 4.33mm 1174

e-ZONE 技術情報

(13)

■ホイールアライメント簡易測定

これらのデータは、CT&T社より技術委員会が入手した衝突試験結果(2007年6月25日ESIグループが実施)の データより、イラストを中心に作成したものです。 スペースフレームにはアルミが採用されています。確実な修理のためにはジグが必要となり、ホイールアライメント も、アンダーのみならずアッパーでの測定が必要となります。 まず、3次元マルチアライメントシステム「タッチ」の活用をお勧めします。 正確なアライメント測定のためには、4輪ホイールアライメントテスターが必要です。 このようなアライメントデータを測定することができます。 タッチで測定したデータです。 e-ZONE は極めて正確なフレーム構造です。 簡単にアライメントデータを測定できます。 タッチで測定した e-ZONE の ボディアライメント測定値です。 グリーンの表示は許容範囲内を 示しています。 アルミフレームのアンダー ボディの固定パーツを提案。 ※ヤング率:弾性係数の一種 ジグで固定します。 ジグで固定作業が終われば、 アライメント測定も完了します。 ラチェットハンドルで上下左右、 前後に簡単にしかも正確に作業 できます。 <測定結果サンプル>

<ギアシステム>

驚異的な精度!

驚異的な精度!

驚異的な精度!

■スパネージ社 ジグ式修正機「セリエ」ギアシステムの特徴を持ち ミリ単位の測定ができます。

■アルミ溶接

■アンダーボディの固定と修正装置 アルミ溶接が必要です。誰でもプロ並みの作業ができるチェボラ社のミグ溶接機「サウンドミグ」 素材 ヤング率 降伏応力 アルミニウム(A6061-T6) スチール(SPCC) 70.5 Gpa 275 MPa ヤング率 降伏応力 206 Gpa 278 MPa

(14)

-13-アルミニウム対策:修理技法のコツを学ぶ(1)

技術情報

■軽さが特徴。

それ以外にも

 はじめに、アルミニウムの特性をごく簡単に紹介し たい。  アルミといえば軽いことはお分かりだろう。比重は 2.7。鉄7.8と比べて約1/3軽い。銅は8.9。熱や電気の 伝導率は鉄の4倍、融点は660℃(鉄は1,535℃) アル ミは鉄と素材が異なり、取扱いに注意が必要。酸素に 触れると、アルミ表面には何もしなくても酸化被膜が できる。鉄とは異なる特性を持った金属であることが わかるだろう。  ただし、アルミ素材の溶接作業の役に立つ知識に ついては、別の機会に詳しく記したい。

■作業に取り掛かる前に確認

次に、溶接作業の基本的なところを写真で示しつ つ理解しておきたい。ボディショップではMIG(ミグ)半 自動溶接機を使用することが一般的で、ガス、溶接用 ワイヤーを必需品としている。これらがあれば連続的 に作業ができる。  まずシールドガスの種類を選ばなければならない。 では、ガスの識別はどうすれば良いか?  ガスボンベは色分けされており、間違いを防ぐこと ができる。炭酸ガスはグリーン、アルゴンガスはグレ ー、アルゴンと炭酸の混合ガスの場合には、グレーの 地にグリーンのラインが入っている(写真1)。  アルミ溶接の場合、「アルゴンガス」を使用する。シ ールドガスで溶接部位にガスの膜をかけることによっ て溶接を可能にする。  また、ワークのためには母材に合わせてアルミ用ワ イヤーが必要になる。アルミ用ワイヤーは酸化しない ように、一つずつビニール袋に入れて梱包されている (写真2)。アルミ合金は、1000番台から7000番台ま での種類があり、特性に応じて使用される部位によっ て種類は異なる。補修作業では4000番、5000番が 多く用いられており、1.0mm、0.8mmなど径が異なる ワイヤーを使い分ける(次回に詳しく説明予定)。  自動車は近年「環境問題」を抜きに語れないことは周知のとおりだ。CO2排出削減を果たし、燃費向上を図 るため、ガソリン車やハイブリッド車でボディの軽量化対策を進めてきた。  なかでも、ボディにも樹脂やスチールを薄く軽くを目指し、高張力鋼板が多用されてきた。「超」高張力の 980Mpa級鋼板が採用されるなど、引っ張り強度を追求している。  もう一つの素材はアルミ。最近は、スチールの高張力鋼板に圧倒されて来た印象が強いが、昨年トヨタ・プ リウス(ZVW30型)やウィッシュ(ZGE2#型)のフードやバックドアでアルミが採用されたので、再びアルミが 注目されてきた。そこで今回から、スチールと異なるだけに基礎を理解し、アルミの補修技術について考えて みたい。 写真 1 写真 2

(15)

■ムダな作業をしないための工夫

 樹脂製のトーチライナーをアルミ用トーチに入れて 本体に取り付け(写真3)、ワイヤーを溶接機本体の 送給装置にセットする(写真4)。その際ケーブルの長 さに注意しなければならない。  トーチのボタンを押し続ければ、ワイヤーは自動的 に送給される。トーチケーブルは2mが理想的だが、 作業しづらくなる点もあり3mを使うことが多い。4mだ とアルミのワイヤーが柔く、ケーブルが長いほど送給 不良を起こしてしまう(写真5)ので、ケーブルの曲がり やねじれに注意が必要だ(写真6)。とくに送給不良の 失敗を繰り返すと、作業が進まずイライラの原因にも なる。時間もワイヤーのコストもムダになるから、送給 装置の加圧を調整するなど適切なバランスを考えた い。

■ステンレス製ワイヤブラシで酸化被膜を除去し、前進法で作業

 アルミは性質上、放置しておくだけで酸化被膜を形 成する。それが溶接トラブルの原因になるため、作業 前にステンレス製のワイヤブラシで被膜を取り除くこ とが肝心である(写真7・8)。 写真 3 写真 4 写真 5 写真 6 写真 7 写真 8 酸化皮膜を取り除いたあと

(16)

-15- そして溶接作業でトーチを握ると、どうしても初めは 「後退法」になるクセがある。アルミ溶接の場合「前進 法」で作業する。それは、シールドガスをかけながら作 業しなければならないからだ。ガスが足りないと、酸 化あるいは窒化してしまい、溶接不良の原因になるか らだ(写真9-1、9-2)。  溶接作業の際、溶接機のつまみでワイヤースピード と電圧で調整する(写真10)。溶接機の種類によって 調整方法が異なる。音も判断材料の一つ。そのほか、 アルミ材に対して溶接電流が低いと溶け込み不良に よりダマになる。逆に、溶接電流が高すぎると溶け落 ちて穴あきが起こることもある(写真11)。アルミ材の 体積(面積、厚み)と入熱によって、適切な電圧とワイ ヤー送給速度の調節(溶接電流)が必要になる。きれ いな溶接ができる(写真12)よう、半自動溶接機のコ ツをつかんでから作業にとりかかってみよう。(つづく) 写真 11 写真 9-1

トーチの方向(後退法)

トーチの方向(後退法)

トーチの方向(後退法)

ダマ

ダマ

ダマ

アナ

アナ

アナ

トーチの方向(前進法)

トーチの方向(前進法)

トーチの方向(前進法)

【悪い例】後退法(左)と【良い例】前進法(右)。トーチの角度は同じだが、波形(ビード)が異なることがお分かりいただけるだろう 写真 9-2 写真 10 写真 12 (63ページの次号予告をご覧ください)

NEXT SETP

P.63

(17)

∼発売から1年。先端を行く新世代電気自動車のテクノロジー∼

 今年5月、1970年の創業から40周年を迎えた三菱自動車工業。  同社は、 ること三菱重工時代の1966年から電気自動車の開発を行ってきた歴史がある。1994年には量産 車を電気自動車に改造し、鉛電池仕様の「リベロEV」を開発した。当時1台の車両価格は1,123万円という高嶺 の花だった。その後、リチウムイオン電池の技術開発が進んできたことにより、さらに「FTO-EV」を開発。20分の 急速充電と130km/h走行を繰り返した結果、24時間で2,142.3kmを走行し、ギネスブックにも登録された。 同社における電気自動車の開発は、急速に進化してきたといえるだろう。  その後、軽自動車「i(アイ)」をモデルとし、2006年から3年以上かけた実証試験を踏まえ、昨年夏、世界に先 駆けて量産型電気自動車「i-MiEV(アイ・ミーブ)」を発売した。販売価格は 398万円(税込み。経済産業省次世 代自動車振興センター及び各自治体の補助金は別)だ。発売から1年以上が経過し、法人、官公庁、自治体を中 心に販売した日本ではすでに2,000台以上の車両が走っている。さらに今年秋からはヨーロッパ、来年にはアメ リカに販売する計画。  100%電気で走るCO2を排出しない電気自動車は、「世の中を変える」と言われる。環境に優しいEVの注目度 は、低炭素社会のクルマとしてさらに世界中に高まっていくことは間違いない。EV元年といわれる今年だが、今 回は、三菱・アイ・ミーブの仕組みやテクノロジーについて紹介する。  来るべき新たなクルマ社会に先駆けて、どのようなポイントを知らなければならないかを考えてみたい。       (協力:三菱自動車工業) ■アイ・ミーブはガソリン車 iをベースに4 人乗り  アイ・ミーブの技術的な特徴をいくつか紹介しよう。  レイアウトは図 1のとおり。居住性はガソリン車 iと 同じ定員4 名である。車高は10mmアップ、約 230kg の駆動用バッテリーを積んだことによって、総重量は 190kg 増えて1,100kgとなった。  電気自動車ゆえ、エネルギーの伝達には大きく異 なる。高電圧系統、タイヤとモーターの関係は図 2の とおり。アイ・ミーブの駆動用バッテリーはリチウムイオ ン電池を採用している。DC3.7V50Ahの電池パック を88セル搭載しており、DC330V16kWhの出力とな る( 図 3)。

三菱自動車工業 i-MiEV(アイ・ミーブ)

図1 図2 図3

(18)

-17- 電気自動車のパワーユニットはモーター。メンテナ ンスフリーで小型軽量の永久磁石式同期モーターを 採用している。性能比較をすると、最大トルクがガソリ ン車(ターボ付)の2倍近くで、最大回転数も8500rpm まで上昇する(図4)。  さらにインバーターMCU(モーターコントロールユ ニット)でDCからACに変換し、モーターの回転数と 駆動力をコントロールする。OBC(オンボードチャージ ャー)は、駆動用バッテリーを充電するほか、補機用バ ッテリーを充電する(図5)。  充電方法は3通りある。空の状態から満充電まで、 家庭用100Vで14時間、家庭用200V(いずれも 15A)で7時間がおおよその目安となっている。さらに、 工業用三相交流200V電源を利用した急速充電器 (50Kw)であれば、約30分で80%まで充電可能だ (図6)。 ■航続距離は最大160km  アイ・ミーブの航続距離は、大容量のバッテリーを 搭載したことにより、1回の充電で最大160kmの走行 が可能(10・15モードで走行した場合)。しかしなが ら、使用環境により大きく変化するのが実情だ。  わが国では、経済産業省が[次世代自動車戦略 2010]を発表。「経済産業省は、今から10年後の 2020年には、次世代自動車の普及を最大50%にす る目標値を設置している。その為には充電設備等のイ ンフラの普及が不可欠であるが、同戦略では、2020 年までに急速充電器を5,000基(現状200基)、普通 充電器を200万基設置する目標を盛り込んでいる。  弊社でも、全国の三菱ディーラー(約700店舗)に、 普通もしくは急速充電施設を設置し、お客様のEV lifeをサポートする」(加来浩一国内営業・サービス本 部副本部長)。

三菱自動車工業 i-MiEV(アイ・ミーブ)

図4 図5 図6

(19)

■外観の違いはレスキュー時の参考に  ガソリン車アイとの違いも外観上で判断できる。 LEDヘッドライト、LEDテールライト、専用ロゴマーク、 マフラーの有無、専用メーターなどである。これらは、 レスキュー時の外観による判断基準として利用でき る。  運転席のメーターを見ると、エンジン回転計の代 わりにパワーメーターと呼ばれる電力計を備え、走行 中の使用電力量や、回生ブレーキによる充電量を確 認することができる。また、メーター右上には残りの航 続可能距離も表示される。充電中にはメーター内の コンセントのマークが点灯し、充電中であることを示 す(図7)。また、セレクターレバーを操作することによ り、D、Eco、Bの3つのドライビングポジションを自由に 選択することができ、状況にあわせて快適に走行する ことができる(図8)。 ■バッテリーの位置とボディ  紙面の都合で安全性という点で1つ記しておきた い。アイ・ミーブのボディ下面部は、フレーム構造と なっており、そのフレームの内側、シートの下にバッテ リーを配置している(図9)。堅牢なフレームで駆動用 バッテリーを保護し、高電圧部品は、ボディ骨格の内 側に搭載するとともに、駆動用バッテリーをフロアサイ ドメンバとバッテリークロスメンバから構成される井 桁状フレームで保護することで、全方位からの衝突に よるダメージに備えた構造となっている。  次回はメンテナンスのポイントについてレポートす る。

三菱自動車工業 i-MiEV(アイ・ミーブ)

図7 図8 図9 東京モーターショー2009にて

(20)

-19-MINI LIFT ECO

ミニリフトエコ

製品構成、

テクニカルデータ

・ベンチ高わずか11cmで邪魔になりません。

・便利なエアー油圧アームを装備装備しています。

・最新基準に沿った安全設計がされています。

・最大リフト高1220mm。

「ミニリフトエコ」

は、組立て、分解、準備と

塗装などの迅速な作業に理想的なリフトです。

ピット工事が要らず、簡単に設置出来ます。

2200 Kg ※ 300 bar 1220 mm 400 Kg

エアー油圧アーム付き

テクニカルデータ 最大荷重 モーター出力 油圧 最大リフト高 重量 ※ エアー油圧駆動 ■ミニリフトエコ 最大荷重:2200kg 幅の狭い箇所に設置

1cmで邪魔になりません。

圧アームを装備装備しています。

た安全設計がされています。

0mm。

は、組立て、分解、準備と

作業に理想的なリフトです。

ず、簡単に設置出来ます。

1643 1610 1220 1663 700 700 130.5 111 111 1663 472 466 93

(21)

RAFFAELLO

ラファエロ

オーバーヘッドライト合計6列及び25度傾斜ライト2列を搭載。送風量28,000∼34,000mc/hの 2台ファン付。4+4kW出力のモーター2台を搭載。ラファエロ塗装ブースは、乾燥時に回収システム の抽出作業を行うバランスの良い圧力装置を装備しており、85%の燃料節約を実現。

モーター

構造

照明

電源ボード

・送風量28,000∼34,000mc/h、2,200x1,700mmのファン2台。4+4kWモーター2台。発熱量240,000kcal/h。  ※送風量28,000mc/h、4,050x1,470mmの9.2kWエンジンを搭載の場合、発熱量150,000kcal/hまで可能。 ・サービスドア1枚。厚さ53mmのロックウール製断熱材。10/10mmのプラスチックコートスチールシート。  正面シャッター4枚。最大開口幅3.77m、長さ2.82m。 ・天井:蛍光灯3灯x6 傾斜2列。(全36本) / サイドパネル:30W蛍光灯2灯x6 4列(全48本)。 ・塗装、乾燥と冷却は自動的に行われています。

室内寸法

外形寸法

SP 511/A SP 511/B SP 511/C SP 511/D SP 511/E SP 511/F ・7.21 x 4.26 x H 2.90 ・7.21 x 4.57 x H 2.90 ・7.81 x 4.26 x H 2.90 ・7.81 x 4.57 x H 2.90 ・8.41 x 4.26 x H 2.90 ・8.41 x 4.57 x H 2.90 ・7.33 x 4.38 x H 3.60(架台付 4.00) ・7.33 x 4.69 x H 3.60(架台付 4.00) ・7.93 x 4.38 x H 3.60(架台付 4.00) ・7.93 x 4.69 x H 3.60(架台付 4.00) ・8.53 x 4.38 x H 3.60(架台付 4.00) ・8.53 x 4.69 x H 3.60(架台付 4.00)

SPANESI

BODY SHOP TECHNOLOGY

SPRAY BOOTH

(22)

乾燥用温風ガン

乾燥用温風ガン

乾燥用温風ガン

HYBRID

HYBRID

HYBRID

水性塗料に

水性塗料に

欠かせない逸品!

欠かせない逸品!

水性塗料に

欠かせない逸品!

インオンマックスは静電気を帯びた圧縮エアーをイオン 化することにより静電気のない中和イオンエアー(無体 電化エアー)が塗装の様々な悩みを解決します。特に塗 装作業時、樹脂部品への色留まりが良く、重ね塗りの回 数を減らします。塗装時間も短縮され、ボカシ塗装も簡 単に仕上がり、特にメタリック塗装においては粒子の均 一化によって今まで悩ませていたムラを防止できます。

(23)

JS

写真ニュース

■マルテーフェア京都 2月28日 パルスプラザ展示場(京都市伏見区) 塚刷毛製造京都営業所が主催する展示会。ジグ式ボ ディ修正機の新製品「セリエタイガーベンチ」の上に、 近畿オート(京都市南区)の協力を得て、NAFCAが扱 う電気自動車「e-ZONE」を載せて展示したほか、「タ ッチ」を使う正確な測定・診断と修理をアピールした。 ■FOODEX JAPAN/第35回国際食品・飲料展 3月2日∼5日 幕張メッセ(千葉市美浜区) 日本能率協会などが主催し、64カ国2,510社が展示 した食品業界最大の催し物。イタリア貿易振興会に 関連し、イタリアンレストラン向けの食材としてチーズ やワインを出品した。4日間の来場者は7万3,556人 だった。 ■大井産業「大の市」 4月10・11日 福岡国際センター 九州全域と中国地方をカバーする塗料販売店である 大井産業(花村禎三社長、本社=福岡市)が主催し、 毎年4月に開催している「大の市」。32回目となる今 年、同社は創業60年を迎えた記念の年であった。 3,317人が来場した。ジグ式ボディ修正機の新製品 「セリエタイガーベンチ」の上に、上田自動車(福岡県 田川市)の協力によりNAFCAが扱う電気自動車 「e-ZONE」とカットボディを載せて展示した。新型ス ポット溶接機「プントインバータープラス1.3」、「タッ チ」などを紹介した。  今年春から夏にかけて、週末には展示商談会が多くなる季節でした。こうした催しは関東周辺だけでなく、各 地で開催されました。エムエスジャパンサービスは、自動車板金塗装・車検整備に関連する業界の展示会はも ちろんですが、チーズやワインなどの食品、幅広い金属の溶接といった、さまざまな業界に向けてアピールしてい ます。その一部を紹介します。

(24)

-23-∼新しい技術を身につけスタッフとともに 50 年の歴史を刻む。∼

 古代から海をはさんで東アジアにおける日本での 交易の要衝であった博多。長い歴史を経て福岡市は 今、7つの区で146万人の人口が暮らす、言うまでも なく九州の中心都市である。空の玄関口は福岡空 港。そのすぐ近くに光自動車(森文洋社長)がある。  同社の創業は1959年(昭和34年)。先代の森文 次郎社長(今年6月に逝去)が、最初に板金塗装に着 手し、その後1974年(同49年)に民間車検工場の 資格を取得するなど、着実にその基盤を固めた。その 間、米国AIU保険のドライブインサービスセンター (DSC)をはじめ、損害保険会社各社の指定工場と なり、事故車修理でも万全の体制を整えた。今年7月 には、環境マネジメント「エコアクション21」の認証 を受けたばかり。「エコテック」を前面に、車両販売か ら車検整備やチューンナップをアピールするなど、市 内を代表する環境にも配慮した総合自動車修理工 場である。さらに、全国的にも知られるミニカーショ ップまであり、ファンにはたまらない店といえるだろ う。  現在のスタッフは正社員、派遣社員、パートを合わ せて総勢30名。板金塗装と整備など、直接作業に従 事するスタッフは16名。昨今、自動車業界全体の不 況の影響を受けて、「入庫は全盛期の入庫台数に比 べて40%近く減少している状況だから非常に厳しい」 と森社長は嘆く。  しかしながら、長年の歴史を持つ同社ゆえ、泰然と した工場設備が顧客満足を高めてきた歩みを感じ取 ることができる。設備ではまず、板金作業場にボディ修 正機が全部で3基設置されている。  そのなかでも、イタリア・スパネージ社が独自で開 発した最初のジグ式ボディ修正機「トーテム」を導入 (当時の輸入元は日新機械興業)しているのは日本で は同社だけだ。この機種は4柱型リフト付ベンチ。2本 のタワーは天井と床のレールで支持されて360 回転 するので、作業位置に合わせて固定し引き作業を行 うことができる。「当時、日本国内の新車データを測定 するため、スパネージ社の技術者たちが何度も来日し ていたことがあった」と振り返る。

光自動車(福岡市博多区)

Àźַຂඥ฻À

■ボディ修正機「トーテム」を導入。品質、作業効率にこだわり

ボディ修正機「トーテム」 森社長自らが溶接機をテストして性能を確かめる

(25)

 また塗装ブースも、イタリア・ブローサーム社製の1 号機をはじめ、3基設置されている。「同社のイタリア・ パドヴァの工場にも行ったことがあるが、ブース内に おける風の流れ、熱、風量など研究所があるので信頼 できる」という印象が今も残るゆえ、長年使用している 理由の一つだ。塗装ブースのテクノロジーが今では、 スパネージ社に引き継がれている。  補修作業で用いる塗料はドイツ製。日本でも少しず つではあるが普及の進む水性塗料ベースコートを昨 年導入し、今年6月には品質保証工場として認定を受 けた。水性の特性をさらに引き出すために、エムエス ジャパンサービスが輸入するイタリア・ワルコム社製 の圧縮空気温度湿度調整システム「TD3」を昨年か ら導入している。これは、塗装ブース内に供給するため にコンプレッサーで生成されたエア(圧縮空気)を、活 性炭やシリカゲルなどで湿度をゼロに近づけ、さらに 空気温度を70℃まで上げることができる新しいシス テムだ。  TD3について森社長は、「水性で塗装する場合に は思いどおりの作業性が得られる。とくに梅雨で湿気 の多い時期や、冬の寒い時期には、その性能を存分 に発揮できている」。現場のスプレー担当者も「作業 が早い」と良さを認める。

■水性塗料を活かすため、TD3を導入

 昨年創業50年を迎えた同社は福岡で、自動車のト ータルメンテナンスショップとして業界をリードしてき た。しかしながら、自動車業界の不況や損害保険業 界が統合・再編する激しい動きの中にあって、森社長 自身業界の先行きに不安を感じないわけでもない。だ が、厳しいなかにありながらも、一方では自信も感じさ せる一面もある。それがサービス業としてのあり方だ。 「われわれ板金塗装工場をはじめとする業者は、サー ビス業として、資本力のあるカーディーラーとは異なる 動きが必要だ。専業者が生き残るためには、今までの やり方を抜本的に変えなければならないこともある。 超高張力鋼板やアルミをはじめ、新しい技術を習得し て作業方法を確立することに力を注がなければなら ない」と力強く語る。  社長自らも同業者のみならず異業種からも積極的 に、さまざまな情報収集に動いている。会社でもその 知識を社員に還元する時間を持つほか、技術スタッ フ自らも情報入手し勉強する機会を必ず確保する。 毎週月曜日には、昼休み後の12時30分から30分間 と、終業後18時から1時間は板金スタッフのみで何ら かのテーマを決め、自主的に新しい技術を学ぶように している。取材した時にも「高張力鋼板の特性や歪み 方などを勉強する」スケジュールが立てられていた。  その理由も、「今までの常識が非常識にならないよ うに」するためだ。素材も変わり、技術も変わることへ の対応力が欠かせない。古い技術へのこだわりが、い つしか時代から取り残されることにもなりかねない。 常に社員が新しい技術力をつけることこそが、専業者 としての存在をといえるだろう。それは、どこにも負けな い高い技術力の支えが必要とされるからに他ならな い。  フロントに入ると、メンテナンスのサービス受付カウンターととも にミニカーを飾るキャビネットが目に入る。同社はカーメンテナン ス全般のみならず、世界各国で生まれた往年の名車など自動車 好きのためにユニークなビジネスを展開する。 さらに階段を上がり2階が「ミニカーギャラリーピット博多店」であ る。ここには、3000種類以上ものミニカーが整然と並び店頭で販 売している。また通信販売も行っており、インターネットでも購入 することができるため、全国のコレクターマニアから注文が入るそ うだ。

■常識が非常識にならないために

【さらに… 】 ブースにセットしているTD3 光自動車:福岡市博多区榎田 2-4-80 ホームページ http://www.eco-hikari.co.jp/ http://www.pitfukuoka.jp/

光自動車(福岡市博多区)

(26)

-25-∼タッチを 100%使いこなし、質の高いサービスを求め続ける。∼

 九州は佐賀県の県庁所在地である佐賀市の西に 位置する小城市。この地域を代表するお菓子「小城 ようかん」という名前をご存知の方も少なくないだろ う。  その町の国道203号線から少し南に下がったとこ ろに、来年7月で創業40年を迎える真子(まなご)自 動車工業(真子美好社長)がある。  親子と社員同志、スタッフは会話が基本。「なぜ?」 「どうして?」を繰り返しながら、修理技術を磨いて極 め、質の高い修理サービスを提供する。その確かな 技術は、周辺地域でも評判だ。  同社の作業において、その品質の高さを裏付ける 機器が、エムエスジャパンサービスの販売するスパネ ージ社の3次元マルチアライメント測定システム「タッ チ」だ。日本における1号機である。  「今までならば、ダメージのある車は計測作業がし づらかったり、あるいはできなかったりした。けれども、 タッチを使えはどの箇所も測ることができる。しかもパ ーツをはずさなくても、骨格を正確に計測できるので とても便利だ」と三女の真子美穂さんは業務に欠か せないタッチについて語ってくれた。  話は5年前にさかのぼる――。  毎年春、福岡市の国際センターで開催される展示 会「大の市」(九州最大の塗料販売店である大井産 業と関連グループ会社が主催。今年は4月10・11日に 開催された)を訪れ、そこで見たのが最初のタッチと の出会いだ。  父である真子美好社長が「見た瞬間に決めた」ほ ど、期待を膨らませるものに映ったようだ。「これを使 って娘たちに修理技術を教えるため」と理由を語っ た。  というのも、「自分たちは、何年も苦労して手探りで 修理方法を覚えてきた。けれどもタッチは測定結果が 数字で出る。修理の仕方を自分も理解できるし、理屈 を含めて若い世代の従業員に教えることもできる。だ から、人材育成にも貢献できる最も良い装置だ」と語 るるように、修理技術にも新たなテクノロジーが必要 とされる価値に、早々に気づいた。

真子自動車工業(佐賀県小城市)

Àźַຂඥ฻À

■タッチの 1 号機が大活躍。導入の理由は・・・

タッチの使い方:アームでの測定者とデータ入力者はペアで行う  日常業務の中でタッチをどのように生かしている か。美穂さんは「①修理の前と後に計測、②カット作 業の際のカットする寸法の合わせ、③単体部品の計 測、などで利用している」と付け加えてくれた。  そして、同業者からの反応や評価も高い。見学に来 た人たちからも、「障害物があったとしても計測ができ るので、パーツを外さなくても計測できる」「穴の3ポイ ントで中心を出して正確な数値がでるのがすごい」と いった声を感じ取っている。また、損害保険会社から の目線にも、「肉眼で見えないボディの曲がりや、損傷 がどこまで波及しているかをタッチで計測する。アジャ スターさんが来られた際には、説明すればその測定 料を見積りに反映できる対象だ」と話す。  さらに、「タッチを使えば1mmの誤差も無い正確 な骨格修正ができる。それによって、外板パーツの取 り付け作業もスムーズになる。それゆえトータルで作 業時間が短縮化し、しかも正確な仕上がりが可能に なる。こうしたメリットがあれば、業界全体にも利益を もたらすものであり、もう少し普及してほしい」と期待 をこめる。

■作業時間の短縮は

(27)

 同社はスパネージ社が持つ独特のテクノロジーで ある「ギアシステム」を搭載したジグ式ボディ修正機 「セリエ100」も導入し、タッチとセットで修理を完璧に 行っている。スポット溶接機のプントインバーター、チ ェボラの半自動溶接機「サウンドミグ」などの板金作 業に欠かせない機器も使いこなす。  同社には一般顧客からの入庫による修理が多い。 毎月の処理台数こそ平均すれば15∼25台というか ら、総勢5人のスタッフで営む修理工場としてはさほど 多いわけではないだろう。  25年前から認証整備工場の資格を取得していた が、数年前から24時間レッカーサービスを始めて以 来、手のかかる大破車も入るようになった。また、技術 的に難しいとされる側面から損傷を受けた事故車も 入庫する。しかし、セリエやタッチがあればこそ「安心 して修理できる」と皆が口にする。  効果をもたらしたのは、確かな修理ができること。

■ギアシステムのセリエとタッチが安心を生む

 同社を訪問してみると、2級整備士の資格を持つ社 長夫人の真子ちづ子さんとともに、人が集まる場所は 常に話し合いになることに気 づく。よく言 われる 5W1Hにあたる「いつ」「誰」「どこ」「何」「なぜ」「どのよ うに」という事柄を駆使し、素材、波及方向や修復方 法、時間など、技術に関して内容をまとめていくプロセ スのように思う。技術的なことには「なぜ?」を繰り返 すという。これは、同社が自ら長年築いてきた考え方 でありスタイルでもある。スタッフ同志はことばを通じ て作業内容を理解して取り掛かる。そして、時々は作 業中にも手を止めて話し合う。それが作業効率の良さ やスキルアップをもたらし、結果として作業時間が短く なることにつながる。  四六時中仕事のことばかりを考えるような環境だ が、コミュニケーションの良さは第三者の目から見て も印象的だ。それこそが「お客様に安全と安心を提供 するため」に仕事をこなし、信頼感のある工場としての 存在感をなさしめているといえるだろう。  同社の名刺は個性的だ。美好社長、美穂さんの名刺に は、それぞれの特徴をとらえた素敵なイラストが描かれて いる。埼玉県在住のイラストレーターの作だ。

■会話を基本に技術を

溶接機もプントとチェボラのイタリア製だ 真子自動車工業:佐賀県小城市小城町畑田 1999

真子自動車工業(佐賀県小城市)

(28)

-27-∼プロショップとして、逆輸入車インフィニティFX商品化に着目し販路を拡大∼

 「当社のモットーはいち早く輸入販売すること」と 語るケーエムガレージの島崎康正社長。同社は、日 産インフィニティFXをはじめとする逆輸入車の並行 輸入販売を行う。ニッチな分野であるとはいえ、「イ ンフィニティプロショップ」として全国に知られる存 在でもある。商品化のアイディア、品質へのこだわり が着実に顧客を増やす原動力となっている。  「ケーエムガレージ」の歩みは、父親で先代社長の 島崎健児氏が東京都東久留米市で自動車整備工場 を開業した1968年(昭和43年)に る。横文字のし ゃれた社名は、40年以上前から今も変わらないまま。 「開業当時は珍しかった。今でこそ整備工場に加え て、輸入車の販売をやるにはふさわしい名前。父親の 先見性には恐れ入る」という感想を抱く。  同社の拠点は3ヵ所ある。日産チェリー店としての 販売権を持つ東久留米市の本社と、小平市の新青 梅街道沿いにメインとなる指定工場資格を持つサー ビス工場を持つ。小平店では、新車・中古車販売、日 産インフィニティFXをはじめとする輸入車両の納車 前点検や、車検・整備・軽板金などメンテナンスサー ビスを行っており、毎月平均200台以上が入庫してい る。さらに新宿副都心に近い国道20号線(甲州街道) に「インポートカーショップ渋谷店」(渋谷区)があり、 インフィニティ専門店として米国、カナダ、英国などか ら逆輸入した車両をショールームで展示販売してい る。  モータリゼーションとともに歩み始めた同社は、役 員とパートを合わせ総勢18名の精鋭スタッフが、トー タルカーサービスを展開する。今年48歳を迎える二 代目社長の手腕も手伝って、国際色豊かな香りを放 つ会社となって成長を続けている。  島崎社長は、自動車整備士養成の専門学校を卒 業した。二級自動車整備士を取得し地元のトヨタ系 ディーラーでサービスマンを経験した。85年(同60 年)にケーエムガレージに入社して以来、整備士とし てのキャリアを積んだ。  しかし、「自分が勤めていたディーラーと比べて、町 工場の場合には労働環境が違う苦悩もあった。また、 クルマの作業性もメーカーによってまったく異なった」 と当時を振り返る。その後91(平成3)年からは、平日 に工場長を務める一方、週末になると車両販売に取 り組んだ。転機になったのは95(同7)年に「中古車販 売のネットワーク『オニキス』に加入してから」という。 全車種を扱う体制も整い、若いスタッフを含む3人の 営業マンで毎月40台ほどを販売するようになり、年商 も倍増し6億円ほどまで伸ばした。さらに現在の東久 留米店を開設したことにより、売上高は一気に14億 円まで伸びた。  ただ、その後の不況から販売にも翳りが見え始め、 「特徴を出さなければならない」との思いから、2004 年から並行輸入車の販売に着手した。日本国内で販 売していないSUVタイプのインフィニティFXに一目ぼ れして、アメリカから逆輸入した。そして2006年にはイ ンポートカーショップ渋谷店をオープンした。  首都圏だけでなく、インターネットで知り地方から 来店する人たちが後を立たない。主な購買層は、30 歳台半ばクルマ好きたちの個人事業主たちが中心 だ。  ただ車は良くても、輸入したままの状態では、日本 市場では相手にされない。「日本のナビゲーションシ ステムが使えない。左ハンドル車の場合、右側の視認 性が悪く、カメラを取りつけた」。斬新なアイディアを加 え、アフターサービス保証での安全性をアピールす る。今でもインフィニティは、コンスタントに毎月4∼5 台を販売しており、これまでの販売台数は累計400台 近くに及ぶ。

ケーエムガレージ(東京都東久留米市)

Àźַຂඥ฻À

■創業以来40年、社名は変わらない

■インフィニティFX専門の並行輸入車ディーラーとして全国に有名に

島崎康正社長

(29)

 島崎社長自ら企画設計を考え、インフィニティテク ノファクトリー小平のスタッフが加工する。何よりも、こ うしたオリジナリティを、市場に合わせてカスタムメイ ドできる専門的なスタッフがいるのが同社の強みとい えるだろう。「どこよりも早く輸入し、商品化して販売す る」というモットーが生きているからこそ、全国のお客 さんに届けることができる。  また島崎社長は5年前、整備工場の全国組織であ るロータスクラブ(全日本ロータス同友会)に加盟し、 輸入車研究会のメンバーとして参画した。それをきっ かけに、NAFCA(NPO法人日本自動車公正検定協 会の略称)(注)にも名を連ねることになった。オーク ションに出品する中古車査定のために、ボディアライ メントを測定する設備が必要だった。4年前、NAFCA の推奨商品であるエムエスジャパンサービスが販売 するイタリア・スパネージ社の3次元マルチアライメン トシステム「タッチ」を導入した。  「下取りした車を検査するため、入庫時に測定する ときに便利」とタッチを評価する。NAFCA検定の目的 のように、とくに事故歴や修復歴がある車両の場合 は、ボディアライメント測定ができるメリットは大きく、 「お客さんにとって安心を提供できることが付加価値 につながる」と語る。ただ最近は「なかなか付加価値 を上げることができない事情もある」そうだ。ユーザー から頼まれる大破車修理の場合にも、アンダーボディ をチェックし、損傷を受けているかどうかを確認してい る。板金塗装作業自体は外注しているものの、ボディ にどのくらいズレが生じているか、測定データを数値 で板金工場に対して示すことができる。  島崎社長は現在、NAFCAの理事であり技術委員 として重責を担っている。さらに、同団体が昨年から 販 売 を 始 め た 韓 国 C T & T 社 製 の 電 気 自 動 車 「e-ZONE」についても、納車前点検工場としての業 務を行っている。こうした取り組みを可能にするのも、 ここまで記した歩みを省みれば自ずと理解できるだろ う。新たなチャンスの獲得に向けて、同社のチャレンジ が続く。 (注):NAFCAは、2005年1月設立。内閣府の認証を受けた特 定非営利法人。クルマの機能、構造、消耗・劣化、保証など4つの 品 質 情 報を評 価し提 供するための検 査 機 関 。その情 報を 「NAFCA品質評価証明書」として発行。同会が定めたアライメ ント測定によるデータを検定データとして活用する検定制度を 独自に立ち上げている。

■「タッチ」で下取り車を検査

日本のマーケットに合わせてカスタマイズ。 ナビゲーション、カメラ、ドアミラーウィンカー。 5月末に東京ビッグサイトで開催されたスペシャル・インポート・カー ショーにもインフィニティFX5台を出展し人気を集めた ケーエムガレージ本社:東京都東久留米市中央町 1-1-23 ホームページ: http://www.onix-kmg.co.jp/

ケーエムガレージ(東京都東久留米市)

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :