wgj2018report_0702_150

12 

Loading.... (view fulltext now)

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

Wine &

Gourmet

Japan

2018

(2)

Wine & Gourmet Japan 2018

Returned with Dynamic Growth and High Professionality!

The ninth edition of Wine & Gourmet Japan made an impact

with its largest and most impressive international line-up to

date.

9th

Edition

Since 2009

78,011

Trade

Visitors

Highly

International

75%

Highly

Professional

Tasting & Lectures

(3)

Impressive participation from international exhibitors

How it develops

No. of EXHIBITORS

The events played host to an impressive 964 exhibitors including the partner fairs. 196 exhibitors from 19 countries and regions showcased a vast selection of high quality food, wines and spirits

at Wine & Gourmet Japan . Overseas exhibitors made up a record percentage of 75% of total exhibitors.

0

200

400

600

800

1,000

205

937

196

964

WGJ only

All combined

173

908

174

899

181

899

138

814

104

678

69

534

56

316

2009

2010

2012

2013

2014

2015

2016

2017

2018

International

National Pavilions

Local

• Australia • Bulgaria • Canada •Chile

• France •Hong Kong •Romania •South Africa

• Taiwan •Tunisia •USA

Georgia

Germany

Greece

Portugal

Japan

Korea

Italy

Spain

EXHIBITOR STATISTICS

(4)

The three-day trade fair, showcasing the world’s best wine, beer, spirits, and gourmet food.

Beer, Spirits & Sake

16%

Non-alc. Drinks

5%

Coffee & Tea

3%

Gourmet Food /

Confectionery

22%

Food service / Packaging

4%

Exhibitors by Product Category

Rate overall success

Excellent &

Good

75%

Average

21%

Did you meet your relevant customers?

Yes

93%

Wine

50%

No. of visitors

Excellent &

Good

83%

Average

14%

EXHIBITOR STATISTICS

(5)

Wine & Gourmet Japan 2018 welcomed over 78,000 trade visitors from all over Japan, Eastern Asia, Southeastern Asia and Oceania, comprising of importers, retailers,

manufacturers and professionals from the wine, spirits and food service markets.

Hotel,

Restaurant,

Café

32%

Wholesaler/

Importer

31%

Retailer

21%

Manufacturer

5%

Public &

Government Agency

2%

Others

9%

How it develops

No. of VISITORS

Based on the figures of all the partner fairs

Visitor Business Category Breakdown

0

50,000

60,000

70,000

80,000

2009

2010

2012

2013

2014

2015

2016

2017

2018

78,011

VISITOR STATISTICS

(6)

New products for Business

92%

New Partners

56%

Existing clients

23%

Seminars

22%

Others

32%

Trend & Information

71%

Visitors' Purpose of Visit

“The quality of visitors was just great and we would like to come back again for the 2019 edition to continue our branding in the important market.”

Mr Goncalo Furtado of Vinho Verde (Portugal)

Key Buyers Attend Wine & Gourmet Japan

Import & Wholesale

Mitsui Foods Fuji Trading Kokubu

LEAD-OFF JAPAN Mercian Mitsubishi Corporation

Itochu Shokuhin Inaba Overseas Suntory Wine International

••• and many more

Peninsula Hotel Grand Nikko Hoshino Resort

Mandarin Oriental Tokyo Prince Hotel Seven&i Holdings

••• and many more

HORECA

Mitsukoshi Isetan

Meidi-Ya Sogo & Seibu Seijo Ishii Keio

••• and many more

Retail

(7)

グラフ 2

Tasting & Matching Programmes

A hit with restauranteurs, sommeliers and professionals from the HORECA industry, the sessions included appreciation of alternative wines with regular Japanese cuisines, introductions to wine

distribution in Japan as well as a panel discussion chaired by Junko Tominaga, Japan Sommerlier Association (JSA) on wine ingredients.

Lecturer

with WSET® Level 4 Diploma

Importers as audience

Exhibitors

Exhibitors join the

tasting session

Registered Wines

(8)

Tasting & Matching Programmes

With 21 thematic seminars aimed at disseminating insights related to wine and gourmet food, visitors were treated to a buffet of business ideas and inspiration. Of these, 17 seminars were

organized by exhibitors from country pavilions namely, Germany, Greece, Portugal (Vinho Verde), Spain, Tunisia and Georgia to introduce country-specific specialty wines and 4 seminars were

held by organizer and reputable wine magazine in Japan, Wine Kingdom.

Seminar Room A

• Day One, 11th April 2018

12:30 - 13:15 Georgia - Cradle of Wine

National Wine Agency of Georgia

14:00 - 15:00 New German Wine Stories

Wine of Germany

15:30 - 16:50 5 factors to study international grape variety

Koelnmesse

• Day Two, 12th April 2018

11:00 - 11:45 Zenbei Kawakami, the father of Japanese Wine Grapes

Japan wine lover Association

12:30 - 13:15 Vinho Verde - its diversity of taste and native varieties

Vinho Verde

14:00 - 15:00 New German Wine Stories

Wine of Germany

15:30 - 16:50 5 factors to study international grape variety

Koelnmesse

• Day Three, 13th April 2018

11:00 - 12:00 Future trend in the Japanese Market

Wine Kingdom

12:30 - 13:15 Vinho Verde Seminar

ACOSTA

14:00 - 14:45 Tunisian Wine and Olive oil

Embassy of the Republic of Tunisia

15:30 - 16:50 5 factors to study international grape variety

Koelnmesse

Seminar Room B

• Day One, 11th April 2018

12:30 - 13:15

CCHJ - Bodegas Resalte

14:00 - 14:45 Bobal wines, a treasure from Spain

CCHJ - Bodega Vera de Estenas

15:30 - 16:15 Climate Change and Sustainability

CCHJ - Bodegas Fernández Pierola

• Day Two, 12th April 2018

11:00 - 11:45 Cultivating the Vineyards in Harmony with Nature

Bodegas Ontañón

12:30 - 13:15 Vinho Verde Seminar

ACOSTA

14:00 - 14:45 Greek Olive oil seminar

OECON

15:30 - 16:15 Spanish wine and wine drinking culture

CCHJ

• Day Three, 13th April 2018

11:00 - 11:45 Wine Market in Japan

Japan wine lover Association

12:30 - 13:15 Taste of Ribera del Duero, Rueda, Valencia and Organics wines

Wines & More

14:00 - 14:45 Nutraceuticals & Fine Foods from Italy

Innex

(9)

LABEL AWARDS 2018 RESULT

Finca Manzanos /

Love Cat Blanco 2014 (Spain)

Handled by local importer,

Trade Wind

SIDEWOOD ADELAIDE HILLS /

Mustang SHIRAZ 2014

Handled by local importer, GRN

QUINTA DE SANTIAGO /

QUINTA DE SANTIAGO ROSE

(Portugal, Vinho Verde)

handled by the winery,

QUINTA DE SANTIAGO

text by Toko MIYAWAKI(P163), photographs by Takeshi AIKO

グルメ

Wine

Gourmet Japan 2018

Report

2018年4月11∼ 13日、東京ビッグサイトにてワインと食の見本市「ワイン&グルメ」が開催され た。第9回となる今年の来場者数は、3日間で合計7万8011名を記録。ワインの輸入会社、ワイン に関するグッズや食品のほか、ドイツ、ヴィーニョ・ヴェルデ、ジョージアなどの生産者団体もブー スをかまえ、ワイントレンドに関する情報発信の場としても活用されている。

※同時開催の「ファベックス」「デザート・スイーツ & ベーカリー展」「食品&飲料 OEM マッチング EXPO」「ハラールマーケットフェア」「食肉産業展」「麺産業展」の 7 展合計 「ワイン王国ブース」のテーマは「パーソナル な思考に対応できるワインオペレーションの 提案」。ひとり焼肉、ひとり鍋など おひとり さま空間 を提供する飲食店が増えている。 ワインを楽しむシーンでも、今後 個のオペ レーション が大事になってくるのではない だろうか。そこで、ブースの中にパーソナル な空間を体験できるモデルルームを設置。AI スピーカーでの注文、卓上に置ける小型のワ インセラー、持ち運びができそのまま食洗機 にもかけられるグラスラック「グラズマター ズ」、いつでも手間なく適温でグラ スにサーブできるセラーサーバー 「ヴィノルンゴ」など、難しいオペ レーションが必要なくセルフで使 えるグッズや機器を完備した。  また、連日ブース内でセミナー を開催。飲食店へのトレンド発 信の場として、ロゼワインの多 様性や導入メリットなどを説く「ロゼワイン セミナー」、グラス1杯からワインをデカン タージュできるステンレス製のワイングッズ 「BIRDY.」のデモンストレーションを行った。 ワイン ジャパン 究極のパーソナリティ空間のモ デルとして設置したニュージー 航空のシート。ゆったりとした 座席、インターネット環境が整 い、映画や音楽などエンターテ インメントが楽しめ、料理とド リンクが提供される 働き方改革で、会社や家 だけではなく場所を選ば ず仕事ができる時代がく る。パーソナルを突き詰 めた飲食店こそが次世代 のトレンドになるだろう 愛知県豊田市で自動車部品など を作る横山興業㈱。「BIRDY. ブ ランドマネージャー」の横山哲 也氏が実演。デカンタージュ前 と後を参加者に飲み比べてもら うと「おーっ!」と、その違い にどよめきが上がった 生産国や品種別でなく、個人の嗜好に合 わせたワインりスト作りを提案。出展者 から提供されたワインを、参加者にサー ビスにワインの特徴などについて説明 パネルディスカッション ソムリエたちによるパネルディスカッ ション。今年のテーマは「日本のワイン業 界が目指すものと2018年のワイントレ ンド」。パネリストに「アピシウス」 シェ フソムリエ情野博之氏、「ティエリー・ マルクス」「ビストロ・マルクス」シェフ ソムリエ谷川雄作氏、「サッカパウ」シェ フソムリエ梁世柱氏を迎え、グローバル 化する日本のワイン市場、現在と未来、 2018年ワイントレンドは?、2020年の 東京オリンピックを見据えて飲食店の現 場はどう変わる? といったテーマについ てそれぞれの意見を交わした  ワイン王国ブースでは「ロゼワインセミ ナー」を毎日開催。講師にJSAシニアソ ムリエの五鬼上泰樹氏を迎え、ロゼワイ ンの魅力、店舗導入の利点とアドバイス、 店でのサービスポイントや料理とのマリ アージュなどをたっぷりと紹介した。最 終日には「ティエリー・マルクス」「ビス トロ・マルクス」シェフソムリエ谷川雄作 氏との座談セッションを行い、現場での ロゼワイン企画

ラベルコンテスト結果発表!

「ワイン&グルメ」期間中に開催された ワインのラベルコンテスト「ジャケ買いワインを探せ!」。 来場者の投票により、上位3位が決定した。結果は以下の通り。 キ ン タ ・ デ・ サ ン ティ ア ゴ ﹃ キ ン タ ・ デ・ サ ン ティ ア ゴ ロゼ﹄ ︵ キ ン タ ・ デ・ サ ン ティ ア ゴ ︶

3

完 熟 前 のブドウで 造 る マ ンサ ノ ス ワイナリー﹃ ラ ブ キ ャッ ト ブランコ﹄ ︵ 株 式 会 社 ト レー ド ウ イ ンド ︶

1

可愛くてギフトに最適、 サ イ ド ウッ ド﹃ ム スタ ン グ シラーズ﹄ ︵ G R N 株 式 会 社 ︶

2

頭が馬で体は人間という ワインや食品に関するたくさんのブースから 今注目の企業をセレクト。 ワイン界のトレンドをキャッチアップ!

注目のブースでインタビュー!

高品質な仏産オーガニックワイン 「TK フィールド」が扱うのは、フランス産の オーガニックワイン。北はシャンパーニュ、 南はプロヴァンスまでの主要 10 産地、約 40 の生産者から選りすぐりのラインナップをそ ろえ、手ごろな価格で提供する。 「オーガニックというと少し癖のある味わいを 想像される人も多いですが、当社のワインは 飲みやすく、クオリティーの高い味わいです。 ワイン愛好家にも喜んでいただいています」 と渡邊さん。出展は今年で 3 回目。「フランス のオーガニックに特化した会社は珍しいよう で、回を重ねるごとにお客さまが増えていま す。ソムリエからの注文が特に多くなりまし た」

TK

フィールド株式会社

TEL:03-5738-1160 企画営業 渡邊美友さん モンテネグロの 知られざるワイン  アドリア海を挟みイタリアの対岸 に位置するモンテネグロは、ブドウ 栽培に適した気候に恵まれ、古くか らワイン造りを行っている。希少価 値が高く、ヨーロッパ各地で愛されているこの国の ワインの輸入販売を行うのが「エネ・グローブ」だ。 「赤ワインなら豊かな果実味と心地いいタンニンが 特徴の、土着品種を使った『ヴラナッツ』がお勧め。

株式会社エネ・グローブ

TEL:03-6257-1882 ワインの味覚官能評価システム  飲料メーカーのための技術・製品開発を行 う「イースト・アジアチック・カンパニー・ジャ パン」が今年紹介したのは『フレーバーアク ティブ』。これはアルコール飲料やソフトド リンクの品質管理に携わる人々が、問題のある香り を嗅ぎ分け、正しい香りを感知する能力を高めるた めに使用する、イギリスで開発された訓練用キット だ。日本でも大手ビールメーカーが商品開発の分野 で取り入れている。「ワイン用には、試飲や品質管 理担当者のトレーニングに最適な、初心者向けの官 能評価薬キットもあります。今回は、ワイン製造に 携わる幅広い方々から注目していただきました」と 田部井さんは手応えを語った。

イースト・アジアチック・カンパニー・

ジャパン株式会社

TEL:03-6695-7135 営業部 田部井博美さん 洗練されたカリフォルニア・ワイン 「サマーウッドワイナリー&イン」は、 大阪に本社を置く「EH 株式会社」が、 アメリカ・カリフォルニア州パソ・ロブ レス地区で運営する、宿泊施設を併設し たワイナリー。ブドウの収穫量をおさえ、 品質を重視して丁寧に造られたワイン は、国際的にも高い評価を受けている。 「パソロブレスは寒暖の差が激しく、ブ ドウの旨味が凝縮されます。『シラー 2013 年』は果実味豊かでありながらアルコールを 強く感じさせず、エレガントな味わいが特徴です。 味わいもラベルも高級感があることから、今回はホ テルやレストランとの新規取引が増えました」と栗 山さんと岩岡さんは話す。

サマーウッド・ワイナリー&イン

(EH 株式会社) TEL:072-223-1111 海外事業部 栗山智納勢さん(左)、岩岡彩絵さん ブラジルワインの魅力を発信  ブラジル国内でスパークリングワインの シェアナンバーワンを誇る「サルトン」の総 輸入代理店を務める「DRINK OF BRASIL」。 1910 年、イタリアから移住してきたサル トンファミリーによって設立されたワイナ リーは現在、ブラジルを代表する造り手の一つとして 国内外で認知され、18 カ国に輸出を行い、各国で数々 のワイン賞に輝いている。 「フルーティーでトロピカルな香りと、フレッシュで

株式会社

DRINK OF BRASIL

TEL:03-6276-3315

The Best Looking Labels selected

by the trade visitors were covered

on the Wine Kingdom Magazine

(June 2018), which has a chance

to be introduced at wine shops in

Japan.

(10)
(11)

Tokyo Station

Tokyo Station

Tokyo Big sight

Shinjuku

Shinjuku

Shibuya

Shibuya

Tokyo Sky Tree

Tokyo Sky Tree

Tokyo Tower

Tokyo Tower

Haneda Int. Airport

Narita Int. Airport

VENUE MAP

(12)

Wine & Gourmet Japan 2019

17th - 19th April 2019

Tokyo Big Sight, West Hall 3

International Wine, Beer, Spirits,

Gourmet Food and Bar

Exhibition & Conference in Tokyo, Japan

International/Japan

Mr Makoto Takagi

Tel: +81 3 5793 7770

kmjpn@koelnmesse.jp

Germany

Ms Juliane Rieger

Tel: +49 221 821 3272

j.rieger@koelnmesse.de

Italy

Ms Marta De Lorenzi

Tel: +39 02 86961334

marta.delorenzi@koelnmesse.it

Spain & Portugal

Ms Maria Canino-Reyes

Tel: +34 91 216 5408

m.canino@koelnmesse.es

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :